警
官
 
は
い
:
:
エ
イ
リ
ア
ン
山
姥
が
宇
宙
に
帰
る
た
め
の
燃
料
  
女
性
記
者
 
こ
こ
が
隕
石
落
下
の
場
所
な
ん
で
す
ね
 
  
少
し
薄
気
味
悪
い
感
じ
だ
  
今
は
す
っ
か
り
夜
中
の
山
奥
  
マ
ス
コ
ミ
が
調
査
に
大
勢
が
駆
け
付
け
騒
動
に
な
っ
て
い
る
 °
  
は
な
い
か
?
と
い
っ
た
怪
現
象
が
起
き
る
事
態
に
な
り
 
警
察
や
  
見
た
と
言
う
報
告
も
あ
り
 
山
姥
が
現
れ
悪
さ
を
し
て
い
る
の
で
  
に
な
っ
た
り
 
小
柄
な
ミ
イ
ラ
の
よ
う
な
老
婆
ま
た
は
浮
遊
霊
を
  
見
に
来
た
野
次
馬
達
の
車
 
バ
イ
ク
な
ど
の
乗
り
物
の
燃
料
が
空
  
衝
撃
は
微
々
た
る
も
の
だ
っ
た
が
  
あ
る
日
の
夜
 
都
心
郊
外
の
山
奥
で
小
さ
な
隕
石
が
落
下
し
た
  
漂
着
し
て
地
球
に
来
て
し
ま
っ
た
ら
:
:
今
回
は
そ
ん
な
お
話
  
だ
が
 
も
し
そ
れ
す
ら
耐
え
切
っ
た
危
険
過
ぎ
る
宇
宙
の
刺
客
が
  
き
る
  
そ
れ
ら
は
地
球
に
来
て
も
殆
ど
は
大
気
圏
突
入
の
摩
擦
で
燃
え
尽
  
こ
の
銀
河
星
雲
に
は
無
数
の
漂
流
物
が
あ
る
  
無
限
に
広
が
る
大
宇
宙
  
  
ガ
ン
ガ
ン
 
作
  
き
ょ
う
い
の
宇
宙
生
命
体
プ
ル
ン
ガ












≪ <  

  
大
谷
 
え
え
 
妖
怪
な
ん
か
の
類
で
は
な
い
で
す
 °
け
ど
 
下
手
  
警
官
 
ほ
ぉ
 
山
姥
の
仕
業
で
は
な
い
ん
で
す
か
ぁ
:
:
 
  
く
て
で
す
ね
:
:
 
  
該
当
す
る
生
物
を
知
っ
て
い
る
の
で
す
が
ま
だ
判
断
材
料
が
少
な
  
大
谷
 
断
言
は
出
来
ま
せ
ん
が
可
能
性
は
高
い
で
す
 °
い
く
つ
か
  
エ
イ
リ
ア
ン
の
仕
業
な
ん
で
す
か
?
!
 
  
女
性
記
者
 
今
:
:
宇
宙
生
命
体
と
言
い
ま
し
た
が
:
:
や
は
り
  
の
受
け
売
り
で
私
も
や
っ
て
る
ん
で
す
 
  
大
谷
 
地
球
外
宇
宙
生
命
体
研
究
家
で
す
よ
お
巡
り
さ
ん
:
:
父
  
田
舎
者
な
の
で
よ
く
は
分
か
り
ま
せ
ん
が
:
:
 
  
谷
茉
都
香
∧
お
お
た
に
 
ま
ど
か
∨
博
士
だ
そ
う
で
す
 °
本
官
は
  
警
官
 
あ
ち
ら
の
方
は
宇
宙
の
何
と
か
研
究
を
し
て
い
ら
れ
る
大
  
つ
で
特
大
の
胸
が
バ
ル
ン
バ
ル
ン
と
弾
ん
で
い
る
  
|
ル
が
2
つ
上
半
身
付
い
た
よ
う
な
爆
乳
の
持
ち
主
だ
 °
動
作
一
  
遠
く
か
ら
見
て
も
胸
の
大
き
さ
が
分
か
る
く
ら
い
の
バ
ラ
ン
ス
ボ
  
隕
石
落
下
地
点
周
辺
を
調
査
し
て
い
る
白
衣
姿
の
女
性
が
い
る
が
  
女
性
は
ど
こ
か
の
研
究
者
で
す
か
?
 
  
船
だ
と
は
思
え
ま
せ
ん
け
ど
:
:
あ
ら
?
あ
ち
ら
に
い
る
白
衣
の
  
女
性
記
者
 
こ
の
燃
え
尽
き
て
小
さ
く
焼
け
焦
げ
た
隕
石
が
宇
宙
  
を
盗
ん
で
い
る
と
か
変
な
噂
に
な
っ
て
し
ま
っ
て
い
て
:
:
 


   

  
暗
い
の
で
よ
く
見
な
け
れ
ば
分
か
ら
な
か
っ
た
紐
状
の
物
が
車
の
  
女
性
記
者
 
見
て
!
他
の
車
た
ち
に
も
転
が
っ
て
る
わ
!
!
 
  
運
転
手
 
な
ん
だ
こ
り
ゃ
:
:
細
い
ロ
|
プ
か
?
 
  
博
士
は
車
の
周
辺
を
調
べ
て
道
端
に
転
が
る
紐
状
の
物
を
指
差
す
  
だ
さ
い
!
!
 
  
大
谷
 
そ
う
で
は
な
い
ん
で
す
!
:
:
あ
ッ
!
?
コ
レ
を
見
て
く
  
警
官
 
そ
う
で
す
車
が
使
い
物
に
な
ら
な
い
ん
で
す
か
ら
:
:
 
  
大
谷
 
コ
レ
は
マ
ズ
イ
わ
!
!
 
  
そ
れ
を
聞
い
た
大
谷
博
士
の
顔
が
一
変
す
る
  
女
性
記
者
 
な
ん
で
す
っ
て
|
!
?
 
  
た
よ
う
で
他
の
車
た
ち
も
立
ち
往
生
な
ん
で
す
よ
:
:
 
  
運
転
手
 
ど
う
に
も
い
つ
の
間
に
か
噂
の
山
姥
に
燃
料
を
盗
ら
れ
  
女
性
記
者
 
あ
ら
?
何
か
あ
っ
た
の
?
!
 
  
多
く
の
人
々
が
車
の
周
辺
で
騒
い
で
い
て
落
ち
着
か
な
い
様
子
だ
  
量
に
停
ま
っ
て
い
る
山
道
へ
戻
っ
て
い
く
 °
だ
が
:
:
  
女
性
記
者
は
博
士
を
連
れ
 
パ
ト
カ
|
や
取
材
陣
た
ち
の
車
が
大
  
大
谷
 
え
ぇ
 
少
し
だ
け
な
ら
:
:
 
  
て
頂
け
ま
せ
ん
か
?
 
  
女
性
記
者
 
大
谷
博
士
 
よ
ろ
し
か
っ
た
ら
取
材
班
の
車
で
話
し
  
を
す
る
と
そ
れ
以
上
に
危
険
な
物
の
可
能
性
も
あ
り
ま
す
:
:
!
 

   

  
だ
が
 
そ
の
顔
よ
り
も
大
き
な
気
球
サ
イ
ズ
の
爆
乳
に
目
が
い
く
  
木
よ
り
巨
大
な
女
性
の
よ
う
な
怪
物
が
茂
み
か
ら
顔
を
出
す
 °
  
る
  
直
後
に
茂
み
か
ら
巨
大
な
影
が
現
れ
 
そ
れ
ど
こ
ろ
で
は
な
く
な
  
者
も
い
た
の
だ
が
:
:
  
何
か
意
味
深
な
事
を
言
っ
た
大
谷
博
士
の
言
葉
に
問
お
う
と
す
る
  
元
凶
が
向
こ
う
の
茂
み
に
潜
ん
で
る
わ
:
:
 
  
流
者
:
:
そ
し
て
妖
怪
山
姥
の
正
体
と
私
を
こ
ん
な
身
体
に
し
た
  
大
谷
 
え
ぇ
 
コ
イ
ツ
こ
そ
隕
石
と
一
緒
に
来
た
宇
宙
か
ら
の
漂
  
女
性
記
者
 
そ
れ
が
こ
の
怪
現
象
の
張
本
人
?
!
 
  
の
あ
ま
り
の
危
険
さ
に
発
見
早
々
に
駆
除
し
た
ほ
ど
で
す
:
:
!
 
  
大
谷
 
そ
う
:
:
私
の
父
も
宇
宙
生
命
体
研
究
者
で
し
た
が
 
  
警
官
 
な
ん
だ
っ
て
?
!
危
険
生
命
体
:
:
の
毛
!
?
 
  
宇
宙
生
命
体
の
毛
よ
!
!
 
  
大
谷
 
行
か
な
い
方
が
い
い
わ
!
恐
ら
く
私
の
知
っ
て
る
危
険
な
  
女
性
記
者
 
あ
の
暗
い
林
の
中
に
何
か
あ
る
の
か
し
ら
:
:
 
  
紐
状
の
物
は
辿
る
と
山
林
の
中
へ
集
中
し
て
い
く
の
が
分
か
る
  
う
で
す
が
:
:
 
  
警
官
 
そ
の
紐
:
:
な
ん
か
向
こ
う
の
茂
み
の
方
か
ら
来
て
る
よ
  
数
に
合
わ
せ
 
無
数
に
転
が
っ
て
い
る











   

  
も
計
画
停
電
を
す
る
の
が
や
っ
と
で
あ
っ
た
  
都
心
は
プ
ル
ン
ガ
対
策
本
部
を
開
き
 
対
抗
策
を
打
と
う
と
す
る
  
  
都
心
上
空
を
覆
い
尽
く
す
ほ
ど
に
巨
大
化
し
て
し
ま
っ
て
い
る
  
し
更
に
膨
張
:
:
  
ン
ド
ン
と
成
長
し
食
料
が
豊
富
に
あ
る
の
だ
ろ
う
か
都
心
に
移
動
  
隕
石
と
共
に
地
球
に
飛
来
し
た
プ
ル
ン
ガ
は
電
気
な
ど
を
餌
に
ド
  
  
明
の
敵
よ
:
:
!
!
 
  
奴
は
エ
ネ
ル
ギ
|
を
餌
に
し
て
無
尽
蔵
に
膨
張
し
て
い
く
高
度
文
  
大
谷
 
奴
は
プ
ル
ン
ガ
:
:
父
が
ふ
ざ
け
て
付
け
た
名
前
よ
:
:
  
生
命
体
の
名
を
:
:
!
!
 
  
女
性
記
者
 
教
え
て
下
さ
い
博
士
!
!
あ
の
怪
物
:
:
危
険
宇
宙
  
大
谷
 
ダ
メ
よ
!
:
:
奴
に
は
効
か
な
い
わ
!
!
寧
ろ
逆
効
果
よ
!
 
  
:
:
  
警
官
が
銃
を
巨
大
な
爆
乳
の
怪
物
目
掛
け
発
泡
し
よ
う
と
す
る
が
  
警
官
 
ひ
い
い
い
い
ぃ
!
お
助
け
ぇ
:
:
!
 
  
:
マ
ズ
す
ぎ
る
:
:
!
!
 
  
大
谷
 
遅
か
っ
た
:
:
も
う
こ
こ
ま
で
成
長
し
て
い
る
な
ん
て
:
  
運
転
手
 
う
わ
あ
あ
あ
あ
!
!
化
物
だ
!
 









   

  
材
陣
は
絶
句
す
る
 °
  
最
後
に
は
接
地
す
る
ま
で
巨
大
化
す
る
超
乳
を
目
の
前
に
し
た
取
  
膨
張
し
て
  
臍
が
見
え
な
く
な
り
 
股
下
 
膝
下
の
順
に
見
え
な
く
な
る
ほ
ど
  
:
:
  
バ
ラ
ン
ス
ボ
|
ル
サ
イ
ズ
2
つ
の
双
乳
が
体
積
が
増
量
し
て
い
く
  
た
ら
目
に
見
え
る
勢
い
で
腫
れ
:
:
い
や
膨
れ
上
が
る
  
そ
の
胸
へ
揉
む
 
平
手
打
ち
 
角
材
で
叩
く
な
ど
の
打
撃
を
与
え
  
け
た
状
態
だ
  
大
谷
博
士
は
頭
よ
り
大
き
な
胸
を
晒
す
 °
だ
が
ニ
ッ
プ
レ
ス
を
付
  
質
に
な
っ
た
の
で
す
 °
こ
れ
が
そ
の
証
明
で
す
!
 
  
み
 
胸
に
対
し
て
揉
む
以
上
の
刺
激
や
衝
撃
を
乳
房
が
膨
ら
む
体
  
の
私
の
胸
に
掛
か
っ
て
か
ら
 
そ
れ
以
降
胸
が
ド
ン
ド
ン
と
膨
ら
  
大
谷
 
そ
の
時
に
飛
び
散
っ
た
プ
ル
ン
ガ
の
返
り
血
が
少
女
時
代
  
は
仕
留
め
て
プ
ル
ン
ガ
殺
せ
た
と
言
う
の
で
あ
る
 °
だ
が
:
:
  
萎
ん
で
い
る
状
態
だ
っ
た
と
言
う
の
だ
 °
こ
の
時
に
彼
女
の
父
親
  
の
は
恐
ら
く
プ
ル
ン
ガ
が
生
ま
れ
た
て
で
大
気
圏
に
突
入
し
弱
り
 
  
山
で
小
さ
な
老
婆
の
よ
う
な
浮
遊
霊
ま
た
は
妖
怪
を
見
た
と
言
う
  
プ
ル
ン
ガ
の
説
明
を
行
っ
た
  
そ
の
際
 
大
谷
博
士
は
会
見
を
行
い
 











   

  
見
た
目
が
老
婆
の
よ
う
な
報
告
が
あ
っ
た
の
は
萎
ん
で
い
た
為
で
  
飛
来
時
の
姿
は
幼
生
期
  
そ
の
後
も
プ
ル
ン
ガ
の
生
態
の
説
明
を
再
開
す
る
  
  
善
の
策
を
練
っ
て
い
ま
す
 °
 
  
に
も
縁
が
あ
り
ま
す
が
 
あ
く
ま
で
研
究
の
一
環
で
す
 °
今
も
最
  
大
谷
 
好
き
に
受
け
止
め
て
下
さ
い
:
:
プ
ル
ン
ガ
と
私
は
ど
う
  
マ
ス
コ
ミ
の
心
無
い
一
言
に
対
し
て
  
み
た
い
な
真
似
を
:
:
?
 
  
取
材
陣
 
博
士
は
先
代
の
父
の
無
念
を
晴
ら
す
為
に
学
会
に
報
復
  
し
:
:
 
  
爆
乳
は
意
外
な
位
に
軽
い
ん
で
す
よ
ノ
|
ブ
ラ
で
こ
の
張
り
で
す
  
母
乳
に
な
っ
て
排
出
さ
れ
元
の
サ
イ
ズ
に
戻
り
ま
す
 °
後
 
こ
の
  
代
謝
の
為
に
こ
の
膨
ら
ん
だ
胸
の
中
で
エ
ネ
ル
ギ
|
が
凝
縮
さ
れ
  
:
ち
な
み
に
プ
ル
ン
ガ
の
身
体
と
違
い
 
人
間
の
身
体
に
は
新
陳
  
今
な
ら
生
き
た
実
物
が
空
に
い
る
の
で
問
題
無
い
で
し
ょ
う
ね
:
  
で
す
が
 
生
き
た
実
物
が
い
な
い
為
結
局
却
下
さ
れ
ま
し
た
が
 
  
同
じ
事
を
し
ま
し
た
 °
  
ン
ガ
の
存
在
と
危
険
性
を
訴
え
た
際
 
少
女
時
代
の
私
も
こ
れ
と
  
大
谷
 
お
解
り
頂
け
ま
し
た
か
?
か
つ
て
私
の
父
が
学
会
で
プ
ル

   

  
ん
か
?
 
  
で
す
が
:
:
プ
ル
ン
ガ
は
こ
の
嵐
で
何
処
か
に
飛
ん
で
行
き
ま
せ
  
取
材
陣
 
博
士
:
:
最
近
 
大
型
台
風
が
接
近
を
し
て
い
る
そ
う
  
:
:
  
電
気
が
使
え
な
い
だ
け
で
文
明
人
は
大
変
不
便
な
事
極
ま
り
な
い
  
だ
た
だ
昔
の
時
代
の
よ
う
な
生
活
を
強
い
ら
れ
る
ば
か
り
だ
  
大
き
さ
が
増
す
ば
か
り
の
プ
ル
ン
ガ
に
打
つ
手
無
し
の
人
類
は
た
  
全
身
の
肉
付
き
も
増
し
て
ム
チ
ム
チ
し
て
い
る
よ
う
な
感
じ
だ
  
現
在
は
第
二
次
成
長
期
  
そ
し
て
更
に
巨
大
に
成
長
し
都
心
上
空
を
埋
め
尽
く
す
大
き
さ
の
  
の
爆
発
で
す
ら
餌
に
な
る
と
い
う
化
物
だ
  
こ
の
姿
に
な
る
と
も
う
駆
除
不
可
能
に
な
っ
て
し
ま
う
 °
核
兵
器
  
だ
ろ
う
  
あ
の
巨
大
な
爆
乳
に
は
膨
大
な
エ
ネ
ル
ギ
|
が
詰
ま
っ
て
い
る
の
  
上
半
身
が
覆
わ
れ
て
る
ほ
ど
に
膨
れ
上
が
っ
た
乳
房
を
し
て
い
た
  
肉
付
き
が
良
く
な
り
健
康
的
な
女
性
に
  
そ
れ
で
成
長
し
た
爆
乳
巨
人
形
態
が
一
次
成
長
期
  
の
文
明
の
エ
ネ
ル
ギ
|
を
奪
っ
て
ゆ
く
の
だ
  
り
 
そ
こ
か
ら
浮
遊
し
て
飛
び
回
り
触
手
を
伸
ば
し
 
電
気
な
ど
  
髪
と
手
足
は
木
の
枝
や
根
の
様
に
何
本
も
触
手
の
様
に
な
っ
て
お

   

  
か
:
:
 
  
す
事
が
な
い
ま
ま
 
我
々
の
文
明
は
滅
び
て
し
ま
う
の
で
し
ょ
う
  
女
性
記
者
 
も
う
こ
の
ま
ま
:
:
こ
の
大
都
会
に
太
陽
が
顔
を
出
  
ン
ガ
は
神
か
ら
の
啓
示
か
も
し
れ
ま
せ
ん
:
:
 
  
大
谷
 
え
ぇ
 
自
然
の
脅
威
す
ら
凌
駕
し
て
喰
ら
い
尽
く
す
プ
ル
  
大
な
お
っ
ぱ
い
怪
物
プ
ル
ン
ガ
が
食
べ
て
し
ま
う
ん
で
す
よ
ね
?
 
  
女
性
記
者
 
で
も
そ
の
台
風
も
あ
の
都
心
上
空
を
覆
い
尽
く
す
巨
  
大
谷
 
嵐
の
前
の
静
け
さ
も
あ
る
と
思
い
ま
す
よ
 
  
初
め
て
で
す
よ
 
  
女
性
記
者
 
こ
れ
だ
け
暗
く
て
静
か
な
真
昼
の
都
心
は
今
ま
で
で
  
も
 
  
大
谷
 
あ
ら
:
:
あ
の
山
の
時
の
記
者
さ
ん
:
:
そ
の
節
は
ど
う
  
女
性
記
者
 
大
谷
博
士
!
先
日
の
会
見
は
お
疲
れ
様
で
し
た
 
  
予
報
で
は
明
日
に
台
風
が
近
づ
く
予
定
の
都
心
の
河
原
に
て
  
  
こ
こ
ま
で
に
し
ま
す
 
  
定
で
す
 °
私
が
伝
え
た
い
事
は
も
う
な
い
の
で
 
今
回
の
会
見
は
  
し
ょ
う
:
:
で
す
が
 
そ
の
嵐
が
去
っ
た
後
に
最
善
策
を
行
う
予
  
自
然
の
脅
威
で
す
ら
奴
に
と
っ
て
は
ご
馳
走
に
し
か
な
ら
な
い
で
  
大
谷
 
プ
ル
ン
ガ
を
見
縊
っ
て
は
い
け
ま
せ
ん
:
:
凄
ま
じ
い
大

   

  
こ
の
ま
ま
成
長
を
続
け
れ
ば
他
の
国
に
も
魔
の
手
が
伸
び
て
し
ま
  
大
谷
 
今
や
こ
の
プ
ル
ン
ガ
は
第
三
次
成
長
期
に
入
り
ま
し
た
 °
  
そ
の
最
中
 
大
谷
は
再
度
 
会
見
を
行
っ
た
  
台
風
一
過
の
都
心
上
空
は
す
っ
か
り
快
晴
で
晴
れ
渡
る
  
太
平
洋
沖
に
移
動
し
た
プ
ル
ン
ガ
の
  
に
付
い
た
よ
う
な
超
乳
  
張
し
た
乳
房
は
比
較
す
る
と
ガ
ス
タ
ン
ク
か
飛
行
船
2
つ
が
身
体
  
国
土
半
分
を
覆
い
尽
く
し
そ
う
な
ほ
ど
は
ち
切
れ
ん
ば
か
り
に
膨
  
く
プ
ル
ン
ガ
 °
  
大
型
台
風
の
超
エ
ネ
ル
ギ
|
を
呑
み
込
み
一
気
に
巨
大
化
し
て
い
  
で
い
く
の
だ
  
大
型
台
風
に
近
づ
い
て
行
き
吸
収
し
て
ど
ん
ど
ん
大
き
く
膨
ら
ん
  
都
心
部
に
浮
遊
し
て
た
巨
大
な
お
っ
ぱ
い
が
空
に
大
き
な
目
:
:
  
捉
え
て
い
た
  
そ
し
て
後
日
 
台
風
が
接
近
す
る
が
空
の
彼
方
の
衛
星
カ
メ
ラ
は
  
  
女
性
記
者
は
大
谷
の
意
味
深
な
言
葉
に
と
や
か
く
言
わ
な
か
っ
た
  
女
性
記
者
 
宇
宙
に
帰
す
?
:
:
太
陽
:
:
?
 
  
せ
ば
い
い
ん
で
す
よ
:
:
そ
う
:
:
太
陽
の
力
を
借
り
て
 
  
大
谷
 
い
い
え
 
奴
は
宇
宙
生
命
体
:
:
な
ら
宇
宙
生
命
体
に
帰

   

  
そ
れ
が
奴
の
生
態
な
の
だ
と
私
は
思
い
ま
す
:
:
 
  
負
け
て
破
裂
し
て
宇
宙
の
あ
ち
こ
ち
に
子
供
を
ば
ら
撒
く
か
:
:
  
プ
ル
ン
ガ
が
太
陽
を
喰
ら
い
 
奴
が
太
陽
に
な
る
か
:
:
喰
ら
い
  
陽
に
:
:
 °
  
大
谷
 
い
え
 
奴
は
本
来
の
餌
に
気
付
い
た
だ
け
で
す
よ
:
:
太
  
去
り
ま
し
た
!
地
球
は
救
わ
れ
た
ん
で
す
!
 
  
女
性
記
者
 
や
り
ま
し
た
ね
博
士
!
プ
ル
ン
ガ
は
宇
宙
の
彼
方
へ
  
:
  
彼
方
へ
向
か
い
ど
ん
ど
ん
の
そ
の
巨
影
が
小
さ
く
な
っ
て
い
く
:
  
だ
が
 
そ
の
超
巨
大
な
お
っ
ぱ
い
が
降
下
す
る
事
は
な
く
宇
宙
の
  
プ
ル
ン
ガ
が
喰
ら
い
尽
く
し
た
の
だ
  
暫
く
し
て
そ
の
太
陽
は
消
え
る
  
更
に
上
へ
浮
上
し
て
い
く
  
プ
ル
ン
ガ
は
そ
れ
に
惹
か
れ
る
よ
う
に
  
が
昇
る
  
そ
れ
か
ら
ロ
ケ
ッ
ト
ミ
サ
イ
ル
が
発
射
さ
れ
上
空
に
巨
大
な
太
陽
  
の
で
現
状
打
破
が
出
来
ま
す
!
 
  
太
陽
を
搭
載
し
た
ロ
ケ
ッ
ト
ミ
サ
イ
ル
を
発
射
し
て
く
れ
ま
し
た
  
事
態
は
深
刻
に
見
え
ま
す
が
 
今
:
:
宇
宙
開
発
局
が
大
型
人
工
  
い
ま
す























   

  
  
  
し
れ
ま
せ
ん
:
:
  
あ
る
の
は
巨
大
な
お
っ
ぱ
い
:
:
プ
ル
ン
ガ
に
な
っ
て
い
る
か
も
  
い
つ
か
空
を
見
上
げ
て
眩
し
い
太
陽
を
見
よ
う
と
し
た
ら
そ
こ
に
  
だ
が
 
つ
か
の
間
の
平
和
な
の
か
も
知
れ
な
い
  
地
球
の
危
機
は
か
く
し
て
去
っ
た
  
話
す
る
  
宇
宙
の
彼
方
に
去
っ
て
行
く
超
危
険
生
命
体
を
尻
目
に
2
人
は
会
  
ゴ
ロ
ゴ
ロ
い
る
ん
で
し
ょ
う
ね
 
  
女
性
記
者
 
宇
宙
に
は
私
た
ち
の
常
識
を
超
越
す
る
も
の
が
ま
だ
  
す
 
  
充
分
で
す
 °
そ
の
為
に
宇
宙
生
命
体
の
研
究
を
進
め
て
い
る
の
で
  
我
々
に
は
あ
ま
り
に
も
危
険
:
:
こ
ん
な
悲
劇
は
私
の
代
だ
け
で
  
私
の
体
質
も
あ
る
の
で
利
用
方
法
も
あ
る
で
し
ょ
う
が
奴
は
今
の
  
る
か
も
し
れ
ま
せ
ん
:
:
  
の
文
明
が
発
達
す
る
か
滅
び
て
る
か
も
し
れ
な
い
遠
い
未
来
に
来
  
大
谷
 
ま
た
す
ぐ
来
る
か
も
知
れ
ま
せ
ん
ね
:
:
も
し
く
は
我
々
  
ね
:
:
一
応
二
度
も
飛
来
し
て
る
わ
け
で
す
し
:
:
 
  
女
性
記
者
 
確
か
に
超
が
付
く
ほ
ど
の
危
険
な
宇
宙
生
命
体
で
す

  > ≫