愛美の娘たちの恋アナザー

ガラシア 作
Copyright 2016 by Garashia All rights reserved.

懐かしの母校と悪魔編その6<頑強な呪い>

「まさか出産人数が増え続ける呪いがあるなんて…解呪するにはどうすればいいの?」

「ブレストレーダーで調べてみるね…ん?…デリアのお腹に何か紋章が見えるよ…インビジブルシー!」

すると…複雑な模様がデリアのお腹に現れた…この模様は古代悪魔文字と呼ばれる暗号である…

「やっぱり暗号だね…なんて書いてあるんだろ…えっと…この呪いを解くには6属性の石を揃えよ…その後トパーズとアンバーとスタールビーとスターサファイアを用意せよ…」

「これは…相当長い道になるわね…ってトパーズですって?…強大な力を持った土属性の石だわ…これを手に入れられれば土属性の魔法が使用可能になるわね…」

「アンバーも強大な力を持った石だよ…木属性の強化石だもん…これがないと木属性の魔法が使えないよ…」

「スタールビーとスターサファイアって何ですの?」

「名前通り星の形が見えるルビーまたはサファイアの事ね…スタールビーはルビーの中でも一際珍しい宝石で…その分強大な力を宿しているわ…」

「スターサファイアもサファイアの中でも一際珍しくて…強大な力を宿しているし…スターサファイアとスタールビーと組み合わせると奇跡が起こるって言われてるよ…」

「その奇跡というのが呪いの解呪の事ですわ…ところで…この黄色い石と黒い玉は何ですの?」

「あっ…それは…ヘリオドールね…雷属性の強化石よ…ついに6属性が揃ったわね…それとこの黒い玉…これは超希少な黒真珠よ…こんな珍しい物を見つけられるなんて…」

「これが超希少な黒真珠…強大な魔力反応を感じますわ…胸がむずむずしますわ…」

「うん…デリアだけじゃないんだね…私も胸がむずむずする…まるでブレストレーダーの性能が上がったみたいに…」

「本当に上がってたりしてね…」

「ええ…感知した対象の形までわかるようになりましたわ…それとより遠くまで感知できるようになった気がしますわ…」

「ちょっと待って…なんだか胸の奥から…」

「私も胸の奥から何か…ああっ…我慢できませんわ…」

ぶっしゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!

「んんっ…んあああああああああぁ……母乳噴き出るの気持ちいい…止まらない…止まらない…全然止まらないよ…」

「んあああああぁ…これは…気持ち良すぎますわ…」

「なるほどね…ブレストレーダーの性能が上がる代わりに大量の母乳が噴き出るようになるのね…止まらないなら無理矢理に止めれば大丈夫よ…どうしても出るなら放置するしかないわね…」

「母乳がびゅうびゅう噴き出るのが気持ち良すぎて止めたくないよ…しばらくこのままでいさせて…」

「はぁ…仕方ないわね…ミルクブラストで搾ってあげる…」

「駄目!…余計に気持ちよくなるからやめ…」

「観念しなさい…ミルクブラスト!」

「きゃああああああああああああああああああああああああああ!!!…」

ブレストレーダー強化&ミルクブラストで噴き出る母乳の量と快感はミルクブラストだけの時の何倍にも跳ね上がる…ルナは胸から今まで見たこともない大量の母乳を噴き出しながら悶絶する事となった…

デリアもルナの何万倍という超大量の母乳を胸から噴き出しながら悶絶する事となった上に…強すぎる快感で乳腺が発達し…元々8000cm以上の超巨乳だったがさらにデリアの胸は大きくなり…9000cm台に突入した…

「ものすごい量だわ…今まで見たこともない量…」(私もこれくらい大量の母乳が噴き出たら気持ちよさそう…しかもデリア…ちゃっかり豊胸に成功してる…羨ましくなんて…あるけど…)

「何してるの?…って搾乳だね…なんか見たこともない石を見つけたから持ってきたけど…」

「ステラ…いいところに戻って来たわね…これはトパーズの原石よ…余分な石と純度の低い部分を削り取ればトパーズとして使えるわ…問題はどうやってこの硬い原石を削るかだけど…」

「勢い良く回転する砥石を表現できるものが1つあるよ?」

「え?…どこに?」

「ここにあるじゃん!…胸だよ!」

「…あっ…なるほどね…噴き出る母乳の勢いを砥石の代わりに使うのね…さすがステラ…よく思いついたわね…」

「うん!…実は…勢い良く噴き出る母乳に指を当てたら結構痛くて…もっと勢いがあったらどうなるか想像した結果…思いついたの…」

「勢い良く噴き出る母乳は刃物にもなるわ…今後噴き出る母乳を直接指で触るのはやめなさい…」

「直接じゃないよ?…ちゃんと防御壁で指を保護してたから大丈夫!」

「ならいいわ…ちょうど私も母乳を出したかったところなの…原石を貸して…」

「うん…ミルクブラスト!」

ぶっしゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!ががががががががががががががががががががががっっ!!

「すごっ…ちゃんと削れてる…」

「んっ…くっ…」(気持ち良すぎて集中が…そろそろ限界…)

「もういいと思うよ?」

「はぁ…はぁ………もう限界…」

ベラも母乳が噴き出る快感に酔い潰れる事となった…トパーズ原石は無事トパーズに加工された…

………………………………………………

「よかった…ちゃんと宝石に加工出来たみたいね…」

「そうだね…これがトパーズ…希少宝石の1つ…これがあれば土属性が使えるんだっけ?…ストーンブラスト!」

すると周囲の石が空中に浮かび上がり…女の子たちの胸から母乳が噴き出て小さな石を大きな岩に変化させる…変化した岩は勢い良く射出され…岩はキャンプ場の結界にぶつかり…大きな音を響かせながら砕け散った…

「結構離れてるのにここまでも衝撃が伝わってくる…ぶつけられたら痛そう…」(これならサタンに対抗できるかも…)

「吹き飛ばし魔法としてはとても優秀な魔法ね…土がノックバックさせる魔法なら木はたぶん…ダウンさせる魔法ね」

「ノックバック?ダウン?…さっぱりわからないんだけど…」

「吹き飛ばしをノックバック…転倒をダウンっていうの…基本中の基本だよ?…ちなみに風属性も吹き飛ばしがあるけど全然強度が違うね…」

「風属性は仰け反らせるだけじゃなくて本当に吹き飛ばしちゃうの…といってもここにいる女の子たちはそう簡単に吹き飛ばないでしょうね…」

「それもそうですわね…大きな胸があれば…暴風もへっちゃらですわ」

女の子たちの大きすぎる胸は吹き飛ばしを無効にできるほどの重さがあるが…重力操作の魔法で実際に体感している重量は100分の1もない…

「ほう…ここが小娘どもの本拠地か…」

「サタン…また来たのね…」

「ああ…来てやったぞ…お前たちでは我らに勝てぬ…今一度教えに来たのだ…さっさと諦めて我らの言う事を聞け!」

「嫌よ!…何度言われても同じ答えだわ…」

「では問おう…そこにいる巨大な腹の女…呪いを解除したければ15ヶ月の妊娠に耐え…出産してみせよ…できるか?」

「できますわ…これくらいの苦痛…耐えぬいてみせます…」

「ちょっとデリア?…ただでさえ100つ子を妊娠してるのに15ヶ月なんて…」

「心配は無用ですわ…まだまだ私のお腹は膨らめますわ…」

「いい答えだ…さあ褒美だ…持っていけ…ふんっ!」

「んああああああああああぁ…気持ちいい…」

「なんだと…悶絶する程の快楽を与えているんだぞ?…それが気持ちいいだと…!?」

「修業の成果が出てますわね…さあ反撃ですわ…ストーンブラスト!」

ぼごおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!

「ぐふぅうううううううぅ…くそっ…ここまで力をつけていたとは…だがあと1歩足りないな…」

「足りるわ!…アンバーを見つけて加工してきたわ…」

「アネット…いいところに…それがあれば木属性の魔法が使えるわ…ウッドブラスト!」

すると木の根がサタンの足元に生え…サタンの足を力強く払った…そしてサタンは仰向けに転倒した…さらに木の根はサタンを縛り上げて抵抗を封じた…

「ぐあっ!…動け…くそっ…なんて日だ…」

「ふふっ…今まで苦しめられた分苦しめてあげるわ…」

「不完全な悪魔ごときに何ができる…このサタンをどうやって屈服させる気だ?」

「まずは…アンバーと一緒に見つけたこれ…」

「スピネル…ふんっ…超名器を手に入れたところで何もできない事に変わりはない…」

サタンの言う通りスピネルには超名器になる効果がある…この効果によってスピネルを持つ女は性行為がとても上手になり…男を何度も絶頂させ…最終的に骨抜きにしてしまうという危険な宝石である…

「減らず口も今のうちよ?…私の中にたくさん出して…」

「ふんっ…出させるのはいいが…呪いは大丈夫なのか?」

「呪いなら問題ないよ…このスタールビーと!」

「スターサファイアがあるからな!」

「ミカとハムレット…どこにいたの?」

「黄色い鳥に襲われながらも無事原石を見つけて加工してきたよ…逃げるのが大変で…やっと戻ってこれたよ…」

「ちっ…条件を揃えたか…だがそう簡単に解呪させるわけにはいかない…そうだな…最後に試練を乗り越えてもらおう…貴様らの中から1人犠牲者を選べ…おっとそこの巨大な腹の女以外だ…妊婦を犠牲にするわけにはいかん…せめてもの慈悲だ…」

「ありがたく慈悲を頂戴しますわ…」

「アネット…私と代わって…サタンと決着を着けるのはこの私だから…」

「ミカ…気をつけて…」

「やはりお前が来たか…来い…存分に相手をしてやる!」

「仇敵は私の手で直接倒さないとね…覚悟しなさい!」

「むぐ!?…で…でかい…いつの間に…」

収乳を解除したミカの胸はサタンも驚くほど大きくなっていた…なんとデリアを超える10000cm…サタンへの恨みとアレクサンダーへの愛が乳腺の発達を促進したのであろう…

「私よりも大きい…ミカ…今でもアレクサンダーの事を…」

「私の愛人を殺した恨み…今こそ晴らしてやるわ…この胸でサタン…あなたを倒してアレクサンダーと再会してみせる…!」

「アレクサンダーも私のパイズリで何度も射精してくれた…この胸でまた射精してほしい…んっ!んっ!んっ!んっ!」

「くっ…やめろ…」

「やめない…絶対にやめないんだから…アレクサンダーを取り戻すまでは…」

「ぐっ!…うあぁあああああああああああああああ!!!」

どぴゅ!どっびゅううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううう!

サタンの特濃精液がミカの胸に爆射される…精液は吸収されて魔力として利用され…一部は乳腺に吸収され…元々超巨大な胸がさらに巨大になる…

「はぁ…はぁ…悪魔の王が射精するなど…何たる恥辱…他の悪魔が見ていたら何と言われるか…」

「パイズリで終わりじゃないよ…私の中に頂戴…赤ちゃんができちゃってもいいから…」

「2度も射精させる気か…これ以上の恥辱には耐えられぬ…」

ずにゅううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううう!!

「ぐっ…うおっ…」(挿入しただけで絶頂しかけるだと…なんなんだこれは…名器にも程があるだろう…)

「動くよ…んっ…あっ…」

「駄目だ…動くな…うっ…」

「大丈夫…私も怖かったから…安心して…もう何も怖くない…私に身を委ねて…アレクサンダー…」

「うっ…ぐっ…うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!」

「んあっ…アレクサンダー…んあぁああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!」

………………………………………………

「はぁ…はぁ…まだ気持ちいい余韻が続いてる…それで…決着は…」

「着いたぞ…ただいま…」

「アレクサンダー!…おかえりなさい!…ずっとあなたの事探してたのよ…死んだかと思ってたけど…どうして?」

「実はあの時…サタンに憑依していたんだ…気づかれないようにこっそりと…そしてついさっきミカのおかげで肉体の支配を逆転して元の肉体を分離して取り出す事ができたんだ…」

「サタンはどこにいるの?」

「ここだ…まさか憑依されていたとはな…ダークネスイレイサーで消え去る直前に肉体を分解し…我が体に潜り込むとは…中々の豪胆だ…」

「悪魔の王が倒されたと知られればベルフェゴールとマモンとルシファーが黙っていないだろう…」

「ちっ…あいつらが残っていたか…面倒な3人だ…我がいても戦闘は避けられん…覚悟して臨む事だ…」

「血の気が多そうな3人だからな…覚悟はできてる…だろ?」

「うん!…久しぶりに朝までしたいな…」

「いいだろう…今夜は寝かせないからな!」

「はぁ…カップルが2組に増えたわね…今夜は騒がしいかもね…」

「うん…」

その後…2人の声は朝まで途切れることがなかった…サタンですら呆れる程の愛し愛されっぷりであった…アレクサンダーはとてつもなく大きくなったミカの超々巨乳を揉む吸う搾る…母乳を飲む浴びる…盛大で熱烈なミカの歓迎に歓喜していた…

「お楽しみのところ悪いが…最後の試練の内容だ…呪いはまだ解呪されていない…ミカ…お前にはデリアよりも多い200つ子を産んでもらう…これが達成できれば呪いは解呪される…」

「うぅ…多すぎ…まあいいや…アレクサンダーを取り戻した代償でしょ?」

「それもあるが…デリアに呪いを全て背負わせるわけにはいかん…なぜなら一度に300人以上の赤子を産む必要があるからだ…100つ子を妊娠している状態でこれ以上増やすのは酷であろう?」

「そうだね…200つ子か…私のお腹…どこまで大きくなるのかな…」

サタンが最後に課した試練…それはミカが200つ子の出産を成功させる事であった…ミカはこの試練を成功させる事ができるのか…そしてデリアは無事15ヶ月の妊娠ができるのか!?

続く!