ゼ
シ
カ
∧
く
う
っ
:
:
や
ば
い
:
:
も
う
 
ダ
メ
か
も
:
:
  
  
押
さ
え
 
左
手
は
ス
カ
|
ト
を
ギ
ュ
ッ
と
握
り
締
め
て
い
た
 °
  
エ
イ
ト
た
ち
3
人
よ
り
少
し
後
ろ
を
歩
く
ゼ
シ
カ
は
右
腕
で
胸
を
  
  
も
あ
る
き
続
け
る
エ
イ
ト
た
ち
  
時
折
ピ
ク
ッ
と
体
を
震
わ
せ
る
ゼ
シ
カ
の
様
子
を
気
に
し
な
が
ら
  
け
っ
:
:
だ
か
ら
:
:
  
ゼ
シ
カ
 
だ
 
大
丈
夫
よ
:
:
少
し
疲
れ
た
:
:
あ
ん
っ
:
:
だ
  
  
ヤ
ン
ガ
ス
 
顔
も
赤
い
で
ガ
ン
ス
  
ク
ク
|
ル
 
ど
う
し
た
ハ
ニ
|
?
息
が
上
が
っ
て
る
ぜ
?
  
  
が
 
様
子
の
お
か
し
い
少
女
が
ひ
と
り
 °
  
エ
イ
ト
一
向
は
探
索
の
た
め
あ
ち
こ
ち
歩
き
回
っ
て
い
た
 °
  
  
ゼ
シ
カ
 
ん
っ
:
:
あ
っ
:
:
は
あ
:
:
は
あ
  
  
G
J
J
J
 
作
  
ゼ
シ
カ
修
行
編




















≪ <  

  
  
い
ほ
ど
に
敏
感
に
な
っ
て
い
た
 °
  
首
が
布
に
す
れ
る
刺
激
だ
け
で
ゼ
シ
カ
は
快
楽
を
押
さ
え
き
れ
な
  
ハ
ワ
|
ド
邸
で
エ
イ
ト
に
い
か
さ
れ
て
以
降
 
揺
れ
る
た
び
に
乳
  
  
た
 °
  
ま
れ
そ
う
な
谷
間
と
ひ
く
ひ
く
と
布
を
押
し
上
げ
る
突
起
が
あ
っ
  
ゼ
シ
カ
は
胸
を
隠
し
て
い
た
右
腕
を
ど
け
る
 °
そ
こ
に
は
吸
い
込
  
  
く
な
っ
ち
ゃ
っ
た
じ
ゃ
な
い
の
よ
お
:
:
  
ゼ
シ
カ
 
エ
イ
ト
ぉ
:
:
あ
ん
た
の
せ
い
で
:
:
私
の
体
お
か
し
  
  
う
に
へ
た
り
こ
み
 
ビ
ク
ッ
ビ
ク
ッ
と
震
え
る
ゼ
シ
カ
 °
  
ク
ク
|
ル
と
ヤ
ン
ガ
ス
の
姿
が
見
え
な
く
な
る
と
糸
が
切
れ
た
よ
  
  
に
行
く
事
に
 °
  
ゼ
シ
カ
と
エ
イ
ト
を
 
残
し
ヤ
ン
ガ
ス
と
ク
ク
|
ル
は
水
を
汲
み
  
い
た
エ
イ
ト
は
一
休
み
し
よ
う
と
提
案
す
る
 °
  
目
を
ギ
ュ
ッ
と
瞑
り
 
内
股
で
よ
ろ
よ
ろ
と
歩
く
ゼ
シ
カ
に
気
付
  


























   

  
な
ぜ
サ
|
ベ
ル
ト
に
触
ら
れ
る
以
外
で
は
感
じ
な
か
っ
た
の
か
  
  
押
さ
え
き
れ
な
く
な
り
力
を
発
揮
出
来
な
い
で
い
た
 °
  
闘
技
術
こ
そ
向
上
し
て
い
る
も
の
の
 
長
期
戦
に
な
る
と
快
楽
を
  
そ
れ
か
ら
も
旅
は
続
く
が
敏
感
に
な
っ
て
し
ま
っ
た
ゼ
シ
カ
は
戦
  
  
か
の
タ
イ
ツ
は
ポ
タ
ポ
タ
と
滴
る
ほ
ど
の
愛
液
で
濡
れ
て
い
た
 °
  
ビ
ク
ッ
ビ
ク
ッ
と
体
を
震
わ
せ
 
捲
れ
上
が
っ
た
ス
カ
|
ト
の
な
  
  
:
:
!
  
ゼ
シ
カ
 
あ
っ
:
:
ん
ん
っ
:
:
い
っ
 
い
っ
ち
ゃ
っ
:
:
う
っ
  
目
で
エ
イ
ト
に
寄
り
か
か
っ
た
 °
  
エ
イ
ト
が
服
越
し
に
見
え
る
突
起
を
摘
ま
む
と
ゼ
シ
カ
は
虚
ろ
な
  
  
ゼ
シ
カ
 
も
う
私
:
:
あ
ん
っ
:
:
!
  
ト
に
押
し
付
け
る
 °
  
う
っ
と
り
と
し
た
目
で
エ
イ
ト
を
見
つ
め
 
汗
ば
ん
だ
体
を
エ
イ
  
  
た
び
に
気
持
ち
よ
過
ぎ
て
全
然
集
中
出
来
な
い
の
:
:
  
ゼ
シ
カ
 
歩
い
て
時
だ
け
じ
ゃ
な
い
わ
:
:
戦
闘
中
も
 
揺
れ
る

   

  
し
り
も
ち
を
つ
い
て
し
ま
う
ゼ
シ
カ
に
婆
竜
神
は
ニ
ヤ
ニ
ヤ
と
語
  
  
ゼ
シ
カ
 
ひ
あ
っ
!
?
  
  
伸
ば
し
た
指
先
が
ゼ
シ
カ
の
乳
首
に
ヒ
ッ
ト
す
る
  
  
婆
竜
神
 
ん
ん
|
?
最
近
目
が
悪
く
て
の
:
:
ど
れ
ど
れ
:
:
  
  
ぐ
っ
と
胸
を
自
慢
気
に
つ
き
出
す
ゼ
シ
カ
  
  
い
っ
て
い
う
の
?
  
ゼ
シ
カ
 
ち
ょ
っ
と
!
こ
の
ボ
ン
ッ
キ
ュ
ッ
ボ
ン
が
目
に
入
ら
な
  
婆
竜
神
 
お
お
 
エ
イ
ト
か
?
 
  
  
る
 °
  
竜
神
の
里
に
つ
い
て
あ
る
老
人
に
よ
っ
て
事
実
は
あ
き
ら
か
と
な
  
  
っ
た
の
か
 °
  
な
ぜ
全
身
が
性
感
体
に
で
も
な
っ
た
か
の
よ
う
に
変
化
し
て
し
ま
  
エ
イ
ト
は
な
ぜ
感
じ
た
の
か
 
そ
し
て
エ
イ
ト
に
触
ら
れ
て
以
降

   

  
ン
ト
ロ
|
ル
出
来
ず
に
お
嬢
ち
ゃ
ん
の
そ
の
お
っ
ぱ
い
に
力
が
流
  
婆
竜
神
 
あ
の
子
は
ハ
|
フ
だ
か
ら
ね
 °
竜
神
の
力
を
う
ま
く
コ
  
  
:
  
だ
け
で
頭
が
お
か
し
く
な
る
ほ
ど
敏
感
に
な
っ
て
る
理
由
に
は
:
  
ゼ
シ
カ
 
で
 
で
も
!
ち
ょ
っ
と
こ
す
れ
た
り
 
触
っ
た
り
す
る
  
  
い
う
 °
  
そ
れ
を
エ
イ
ト
は
竜
神
族
の
も
つ
特
別
な
力
で
消
し
飛
ば
し
た
と
  
  
う
な
呪
い
 °
  
で
は
他
人
は
お
ろ
か
自
分
の
手
で
す
ら
感
覚
を
失
っ
て
し
ま
う
よ
  
呪
い
を
か
け
た
の
は
お
そ
ら
く
サ
|
ベ
ル
ト
 °
サ
|
ベ
ル
ト
以
外
  
  
い
た
ら
し
い
 °
  
ど
う
や
ら
ゼ
シ
カ
の
体
に
は
少
し
呪
い
の
よ
う
な
も
の
が
残
っ
て
  
ド
キ
ッ
と
す
る
ゼ
シ
カ
は
な
ぜ
わ
か
っ
た
の
か
聞
い
て
み
る
と
 
  
  
え
?
  
り
か
け
る
婆
竜
神
 
ア
ン
タ
 
エ
イ
ト
に
お
っ
ぱ
い
触
ら
れ
た
ね

   

  
魔
導
王
 
ま
あ
よ
い
 °
フ
フ
:
:
こ
れ
を
見
よ
  
  
く
な
っ
て
き
ち
ゃ
っ
た
し
:
:
  
い
だ
っ
て
:
:
小
さ
い
小
さ
い
っ
て
言
わ
れ
過
ぎ
て
自
信
:
:
無
  
ゼ
シ
カ
 
だ
 
だ
か
ら
!
そ
れ
も
何
と
か
し
な
さ
い
よ
!
お
っ
ぱ
  
  
い
の
か
?
  
に
戦
え
な
い
か
ら
竜
神
王
の
試
練
を
越
え
ら
れ
な
い
だ
け
じ
ゃ
な
  
魔
導
王
 
つ
ま
り
だ
な
 
敏
感
過
ぎ
る
の
が
ダ
メ
で
貴
様
が
ろ
く
  
  
の
  
ゼ
シ
カ
 
と
い
う
わ
け
で
 
私
の
体
は
お
か
し
く
な
っ
ち
ゃ
っ
た
  
  
  
  
  
ゼ
シ
カ
 
え
え
:
:
  
  
で
 
痛
覚
や
ら
触
覚
が
お
か
し
く
な
っ
ち
ゃ
っ
た
ん
だ
ろ
う
ね
ぇ
  
れ
込
ん
だ
ん
だ
ろ
う
 °

















   

  
ピ
ッ
タ
リ
と
体
の
ラ
イ
ン
が
出
る
そ
の
服
は
乳
首
や
乳
輪
 
割
れ
  
  
て
:
:
と
い
う
よ
り
も
う
一
体
化
し
て
る
よ
う
な
:
:
  
ゼ
シ
カ
 
ん
ん
:
:
?
へ
ぇ
:
:
す
ご
い
 
勝
手
に
体
に
密
着
し
  
  
す
る
 °
  
場
で
服
を
脱
ぎ
 
魔
導
王
の
持
っ
て
い
た
そ
れ
を
躊
躇
な
く
装
着
  
裸
を
見
ら
れ
る
事
に
も
は
や
抵
抗
の
無
く
な
っ
た
ゼ
シ
カ
は
そ
の
  
  
あ
る
ん
で
し
ょ
う
?
耐
え
て
み
せ
る
:
:
  
ゼ
シ
カ
 
や
っ
 
や
っ
て
や
る
わ
!
ど
う
せ
変
な
仕
掛
け
が
し
て
  
  
カ
は
覚
悟
を
決
め
る
 °
  
全
身
タ
イ
ツ
の
よ
う
な
見
た
目
の
服
を
ジ
ロ
ジ
ロ
と
見
つ
め
ゼ
シ
  
  
は
ち
と
き
つ
い
か
も
し
れ
ん
の
う
  
の
魔
女
ど
も
の
お
仕
置
き
に
使
っ
て
い
た
ん
じ
ゃ
が
:
:
人
間
に
  
魔
導
王
 
こ
れ
は
の
 
ワ
シ
の
特
別
製
で
な
あ
 
生
意
気
な
弟
子
  
  
ゼ
シ
カ
 
服
:
:
?


















   

  
を
:
:
!
?
  
ゼ
シ
カ
 
き
ゃ
あ
っ
:
:
!
あ
っ
:
:
く
:
:
!
い
き
な
り
な
に
  
  
シ
カ
は
潮
を
吹
い
て
し
ま
う
  
そ
の
刹
那
 
突
然
魔
導
王
に
乳
首
を
指
で
い
き
な
り
弾
か
れ
た
ゼ
  
  
魔
導
王
 
全
身
の
穴
と
い
う
穴
 °
毛
穴
 
と
か
の
?
  
  
顔
を
赤
ら
め
る
ゼ
シ
カ
に
ニ
ヤ
リ
と
笑
う
魔
導
王
 °
  
  
し
ょ
う
ね
:
:
  
ゼ
シ
カ
 
な
に
よ
急
に
:
:
お
尻
の
穴
と
か
い
う
ん
じ
ゃ
な
い
で
  
は
あ
る
か
?
  
魔
導
王
 
お
い
小
娘
 
お
っ
ぱ
い
や
膣
以
外
を
責
め
ら
れ
た
経
験
  
  
モ
ジ
モ
ジ
と
体
を
揺
ら
す
ゼ
シ
カ
に
魔
導
王
は
声
を
か
け
る
  
  
ゼ
シ
カ
 
う
う
:
:
裸
よ
り
こ
れ
 
恥
ず
か
し
い
か
も
:
:
  
  
目
の
形
ま
で
も
が
浮
き
出
て
い
た
 °












   

  
く
体
の
自
由
 
そ
れ
で
も
な
お
溢
れ
て
し
ま
う
自
ら
の
愛
液
 °
  
今
か
ら
何
が
起
こ
る
か
わ
か
ら
な
い
恐
怖
 
段
々
と
奪
わ
れ
て
い
  
  
ね
ぇ
!
  
ゼ
シ
カ
 
ち
ょ
 
ち
ょ
っ
と
!
待
っ
て
!
置
い
て
か
な
い
で
よ
!
  
  
ど
っ
か
の
森
で
引
き
こ
も
っ
て
お
る
じ
ゃ
ろ
な
  
以
前
お
仕
置
き
し
た
魔
女
ど
も
は
み
な
後
者
じ
ゃ
が
の
 °
今
ご
ろ
  
れ
て
自
我
を
失
う
か
 °
  
自
信
の
体
を
コ
ン
ト
ロ
|
ル
し
快
楽
に
打
ち
勝
つ
か
 
快
楽
に
溺
  
2
つ
 °
  
に
反
応
し
て
女
の
体
を
責
め
続
け
る
か
ら
の
 °
服
を
脱
ぐ
方
法
は
  
魔
導
王
 
せ
い
ぜ
い
頑
張
る
が
よ
い
 °
そ
の
服
は
体
の
あ
る
体
液
  
  
:
:
い
  
ゼ
シ
カ
 
ひ
っ
:
:
い
や
あ
:
:
な
に
こ
れ
:
:
く
っ
 
脱
げ
な
  
  
き
始
め
る
 °
  
着
て
い
た
服
か
ら
髪
よ
り
細
い
触
手
の
よ
う
の
も
の
が
無
数
に
蠢
  


























   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
続
く
  
  
  
人
の
手
で
は
味
わ
え
無
い
快
楽
地
獄
が
今
 
始
ま
る






  > ≫