観
賞
す
る
醜
く
太
っ
た
貴
族
階
級
と
思
わ
れ
る
男
た
ち
  
結
界
の
中
に
入
っ
て
い
る
男
と
ゼ
シ
カ
を
ワ
イ
ン
を
飲
み
な
が
ら
  
冷
た
い
目
で
ゼ
シ
カ
を
見
下
ろ
す
男
  
無
惨
に
も
垂
れ
下
が
り
 
内
出
血
で
赤
黒
く
な
っ
た
バ
ス
ト
  
  
視
界
を
奪
わ
れ
な
が
ら
も
あ
ま
り
に
悲
惨
な
光
景
に
愕
然
と
す
る
  
腹
部
に
強
い
痛
み
を
感
じ
 
目
を
覚
ま
し
た
ゼ
シ
カ
は
強
い
光
に
  
  
ゼ
シ
カ
 
う
゛
ぐ
っ
:
:
ゲ
ホ
ッ
:
:
ゲ
ホ
ッ
:
:
  
  
  
?
 
ち
っ
:
:
ま
あ
い
い
 °
お
楽
し
み
は
こ
れ
か
ら
だ
ぜ
:
:
  
う
ゼ
シ
カ
 °
  
味
わ
っ
た
事
の
激
痛
に
の
た
う
ち
回
っ
た
後
に
気
を
失
っ
て
し
ま
  
  
ゼ
シ
カ
 
|
|
|
|
|
!
!
!
  
  
G
J
J
J
 
作
  
ゼ
シ
カ
修
行
編




















≪ <  

  
  
諦
め
き
れ
ね
ぇ
  
の
娘
に
目
を
付
け
た
は
い
い
が
対
象
が
え
ら
い
強
い
ら
し
い
 
  
ら
金
を
 
集
め
る
遊
び
を
し
て
る
ん
だ
が
 
と
あ
る
田
舎
の
領
主
  
こ
い
つ
ら
は
狙
っ
た
娘
を
拐
っ
て
は
見
世
物
に
し
て
貴
族
連
中
か
  
ら
依
頼
が
あ
っ
て
な
 °
  
?
 
有
名
人
な
ん
だ
っ
て
な
?
ア
ン
タ
 °
そ
こ
に
い
る
豚
ど
も
か
  
惑
し
て
い
る
ゼ
シ
カ
  
鼻
血
を
手
で
押
さ
え
な
が
ら
自
分
の
素
性
が
バ
レ
て
い
る
事
に
困
  
  
:
っ
  
ゼ
シ
カ
 
ゴ
ホ
ッ
:
:
ゴ
ホ
ッ
:
:
ッ
:
:
な
ん
で
:
:
名
前
:
  
  
い
 
ゼ
シ
カ
・
ア
ル
バ
|
ト
さ
ん
よ
お
!
  
?
 
さ
っ
さ
と
続
き
を
や
ろ
う
ぜ
:
:
?
世
界
を
救
っ
た
魔
法
使
  
  
ヤ
ケ
顔
で
口
を
開
く
  
理
解
し
難
い
状
況
に
困
惑
す
る
ゼ
シ
カ
の
顔
を
男
は
蹴
り
あ
げ
ニ
  
  
ゼ
シ
カ
 
え
:
:
?
あ
:
:
?
あ
ぐ
っ
:
:
!
?







   

  
長
々
と
喋
る
男
に
反
論
す
る
気
も
起
き
ず
 
呆
然
と
し
て
い
る
ゼ
  
  
乳
が
あ
っ
ち
こ
っ
ち
に
揺
れ
る
せ
い
で
力
が
分
散
さ
れ
す
ぎ
だ
  
そ
れ
に
格
闘
術
は
そ
も
そ
も
お
前
に
ゃ
向
い
て
ね
え
よ
 °
で
け
え
  
  
イ
モ
ン
ス
タ
|
ど
も
に
し
か
通
用
し
ね
え
よ
  
な
だ
け
で
ま
っ
た
く
洗
練
さ
れ
て
い
な
い
魔
力
な
ん
ざ
頭
の
ワ
リ
  
だ
が
魔
力
だ
け
は
強
い
が
使
い
方
は
ま
る
で
素
人
だ
 °
た
だ
派
手
  
  
っ
た
 °
  
乳
の
女
が
い
る
じ
ゃ
ね
え
か
 °
間
違
い
な
い
こ
い
つ
だ
と
俺
は
思
  
ト
の
や
つ
と
は
無
関
係
だ
強
い
魔
力
を
感
知
し
て
き
た
ら
で
け
え
  
?
 
だ
が
:
:
と
ん
だ
期
待
外
れ
だ
っ
た
ぜ
:
:
俺
は
こ
の
ア
ジ
  
  
  
れ
た
い
と
な
 °
  
と
く
に
歩
く
だ
け
で
揺
れ
る
胸
は
い
く
ら
金
を
積
ん
で
も
手
に
入
  
品
 °
  
世
界
を
救
っ
た
魔
法
使
い
 °
高
い
実
力
を
持
ち
な
が
ら
体
も
一
級
  
だ
か
ら
俺
に
依
頼
を
持
ち
掛
け
た
ん
だ
 °










   

  
の
つ
ま
み
に
最
適
で
す
な
:
:
ど
う
で
す
?
チ
ャ
ゴ
ス
王
子
:
:
  
貴
族
3
 
や
は
り
美
し
い
体
が
傷
付
き
壊
れ
て
い
く
の
は
ワ
イ
ン
  
  
1
0
歳
か
そ
こ
ら
の
時
に
は
既
に
胸
が
膨
ら
ん
で
い
ま
し
た
よ
  
貴
族
2
 
あ
の
娘
に
は
昔
か
ら
目
を
着
け
て
ま
し
て
ね
:
:
ま
だ
  
  
ロ
|
ザ
の
娘
も
彼
が
相
手
で
は
何
も
出
来
な
い
よ
う
で
  
貴
族
1
 
い
や
あ
 
た
ま
り
ま
せ
ん
な
あ
:
:
さ
す
が
の
あ
の
ア
  
  
:
が
ほ
っ
:
:
は
ぁ
っ
:
:
は
ぁ
っ
:
:
ぐ
っ
:
:
!
!
!
  
ゼ
シ
カ
 
あ
ぐ
っ
:
:
も
 
も
う
や
め
:
:
あ
゛
あ
゛
っ
!
?
:
  
  
抗
す
る
こ
と
も
出
来
ず
に
一
方
的
に
痛
め
付
け
ら
れ
て
い
く
  
完
全
に
痛
み
に
お
び
え
て
し
ま
っ
て
い
る
ゼ
シ
カ
は
ほ
と
ん
ど
抵
  
  
ゼ
シ
カ
 
ひ
っ
:
:
!
?
  
  
?
 
少
し
喋
り
す
ぎ
た
な
:
:
シ
ョ
|
の
始
ま
り
だ
っ
!
  
  
シ
カ
























   

  
ゼ
シ
カ
 
は
ぁ
っ
:
:
!
は
ぁ
っ
:
:
!
あ
゛
あ
゛
っ
!
?
  
  
惑
う
 °
  
観
衆
の
事
な
ど
気
に
す
る
余
裕
の
な
い
ゼ
シ
カ
は
結
界
内
を
逃
げ
  
  
る
な
ら
僕
は
大
満
足
だ
よ
 °
  
に
は
手
に
お
え
ん
 °
ま
 
こ
ん
な
素
晴
ら
し
い
シ
ョ
|
が
見
ら
れ
  
こ
の
手
で
復
讐
し
て
や
ろ
う
と
も
考
え
た
が
正
直
あ
の
女
は
常
人
  
  
こ
の
僕
に
!
  
け
て
お
き
な
が
ら
 
触
ろ
う
と
し
た
僕
に
メ
ラ
を
は
な
っ
た
ん
だ
!
  
あ
の
女
と
は
縁
が
あ
っ
て
ね
:
:
あ
ん
な
に
大
き
な
胸
を
見
せ
つ
  
金
は
僕
の
自
由
に
出
来
る
 °
  
チ
ャ
ゴ
ス
 
か
ま
わ
ん
か
ま
わ
ん
!
父
亡
き
今
サ
ザ
ン
ビ
|
ク
の
  
  
あ
の
娘
と
は
お
知
り
合
い
で
?
  
  
し
ま
せ
ん
で
し
た
 °
  
あ
の
男
を
雇
う
に
は
あ
な
た
様
の
莫
大
な
資
金
が
な
け
れ
ば
実
現
  
い
え
 
サ
ザ
ン
ビ
|
ク
王
 °















   

  
を
留
め
て
い
な
か
っ
た
 °
  
を
持
ち
な
が
ら
も
極
上
の
柔
ら
か
さ
を
持
つ
ゼ
シ
カ
の
胸
は
原
型
  
9
6
セ
ン
チ
と
い
う
サ
イ
ズ
を
誇
り
 
重
力
に
も
負
け
な
い
ハ
リ
  
男
は
手
を
伸
ば
し
ゼ
シ
カ
の
胸
を
掴
ん
で
持
ち
上
げ
る
 °
  
  
ゼ
シ
カ
 
あ
:
:
あ
:
:
  
  
る
ど
こ
ろ
か
這
い
つ
く
ば
っ
て
逃
げ
る
事
し
か
で
き
な
か
っ
た
  
増
し
 
腕
や
足
を
含
む
数
十
箇
所
の
骨
折
で
ゼ
シ
カ
は
立
ち
上
が
  
は
し
ゃ
ぐ
チ
ャ
ゴ
ス
の
リ
ク
エ
ス
ト
に
答
え
る
か
の
如
く
攻
撃
は
  
  
え
|
!
  
て
お
け
ば
こ
ん
な
事
に
は
な
ら
な
か
っ
た
ん
だ
ぞ
!
壊
し
て
し
ま
  
く
な
っ
て
い
く
お
っ
ぱ
い
を
!
ハ
ハ
ハ
!
い
い
ぞ
!
僕
に
触
ら
せ
  
チ
ャ
ゴ
ス
王
子
 
見
ろ
!
あ
の
だ
ら
し
な
く
垂
れ
下
が
り
 
赤
黒
  
  
ク
が
撃
ち
抜
く
と
ブ
ル
ン
!
ブ
ル
ン
と
激
し
く
揺
れ
動
く
 °
  
ボ
ロ
ボ
ロ
の
体
で
動
き
の
鈍
っ
た
ゼ
シ
カ
の
胸
を
強
烈
な
右
フ
ッ
  
  
貴
族
1
2
3
 
お
お
っ
!
















   

  
か
け
ぬ
け
る
  
薄
れ
ゆ
く
景
色
の
中
 
次
々
と
エ
イ
ト
た
ち
と
の
思
い
出
が
頭
を
  
  
れ
な
い
ね
:
:
あ
あ
:
:
そ
れ
な
ら
:
:
  
:
兄
さ
ん
も
:
:
兄
さ
ん
 
私
も
う
す
ぐ
そ
っ
ち
へ
行
く
か
も
し
  
ゼ
シ
カ
∧
私
:
:
も
う
:
:
死
ぬ
の
か
な
:
:
あ
 
お
母
さ
ん
:
  
  
物
を
見
て
い
た
  
と
口
を
開
く
が
も
う
声
す
ら
出
な
い
ゼ
シ
カ
は
走
馬
灯
の
よ
う
な
  
涙
と
血
で
ほ
と
ん
ど
視
界
を
塞
が
れ
て
い
る
ゼ
シ
カ
は
パ
ク
パ
ク
  
  
ゼ
シ
カ
は
ピ
ク
リ
と
も
動
か
ず
だ
ら
し
な
く
転
が
っ
て
い
た
  
そ
の
ま
ま
投
げ
捨
て
ら
れ
 
結
界
に
激
突
し
ズ
ル
ズ
ル
と
落
ち
た
  
  
カ
の
感
覚
は
麻
痺
し
は
じ
め
て
い
た
 °
  
に
集
中
し
て
お
り
 
と
て
つ
も
な
い
痛
み
の
は
ず
だ
が
既
に
ゼ
シ
  
ダ
ラ
リ
と
持
ち
上
げ
ら
れ
た
ゼ
シ
カ
の
全
体
重
は
左
胸
の
付
け
根
  
  
ゼ
シ
カ
 
あ
っ
:
:
あ
:
:
あ
:
:
  


























   

  
  
ゼ
シ
カ
 
ド
ラ
ゴ
ン
:
:
な
ぜ
:
:
あ
:
:
  
  
雄
叫
び
を
上
げ
る
ド
ラ
ゴ
ン
は
紫
色
の
闘
気
に
包
ま
れ
て
い
く
  
ド
ラ
ゴ
ン
 
ゴ
ア
ア
ア
ア
っ
|
|
|
!
!
!
  
で
一
瞬
で
灰
に
な
っ
て
し
ま
っ
た
  
そ
う
い
い
か
け
た
チ
ャ
ゴ
ス
含
む
貴
族
た
ち
は
ド
ラ
ゴ
ン
の
火
炎
  
  
壊
さ
れ
る
わ
け
が
な
い
!
ま
し
て
や
ド
ラ
ゴ
ン
に
な
ど
:
:
  
貴
族
 
バ
カ
な
!
あ
の
暗
黒
神
で
あ
ろ
う
と
こ
の
無
敵
要
塞
が
破
  
  
?
 
な
:
:
に
:
:
ド
ラ
ゴ
ン
だ
と
:
:
?
  
  
一
同
 
!
?
  
  
も
に
巨
大
な
ド
ラ
ゴ
ン
が
現
れ
る
  
そ
う
ゼ
シ
カ
が
願
っ
た
そ
の
刹
那
 
凄
ま
じ
い
轟
音
と
衝
撃
と
と
  
  
:
エ
イ
ト
:
:
助
け
:
:
て
:
:
  
み
ん
な
:
:
私
:
:
エ
イ
ト
:
:
エ
イ
ト
:
:
死
に
た
く
な
い
:

   

  
ゼ
シ
カ
 
あ
:
:
う
ん
:
:
遅
す
ぎ
:
:
よ
:
:
ば
か
:
:
  
  
エ
イ
ト
 
遅
く
な
っ
て
ご
め
ん
ね
 °
迎
え
に
き
た
よ
 °
  
  
エ
イ
ト
は
囁
く
 °
  
放
た
れ
る
エ
ネ
ル
ギ
|
に
押
し
潰
さ
れ
そ
う
に
苦
し
む
ゼ
シ
カ
に
  
ゆ
っ
く
り
と
近
づ
い
て
く
る
エ
イ
ト
に
対
し
ピ
ク
リ
と
も
動
け
ず
 
  
  
カ
は
恐
怖
を
覚
え
る
  
お
り
 
凄
ま
じ
い
形
相
で
竜
神
王
の
剣
を
構
え
る
エ
イ
ト
に
ゼ
シ
  
以
前
は
片
目
だ
け
に
現
れ
て
い
た
竜
の
目
は
両
方
と
も
発
現
し
て
  
  
知
る
エ
イ
ト
と
は
少
し
違
う
姿
だ
っ
た
  
バ
チ
バ
チ
と
雷
が
ス
パ
|
ク
す
る
中
か
ら
現
れ
た
の
は
ゼ
シ
カ
の
  
  
  
ゼ
シ
カ
 
う
ん
:
:
エ
イ
ト
:
:
な
の
よ
ね
:
:
?
  
  
暖
か
さ
を
感
じ
た
  
そ
し
て
凝
縮
さ
れ
て
い
く
エ
ネ
ル
ギ
|
の
中
に
よ
く
知
っ
て
い
る

   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
続
く
  
  
で
も
い
い
ぜ
ぇ
!
!
  
か
ん
ね
|
や
つ
だ
が
:
:
俺
を
楽
し
ま
せ
て
く
ら
る
ん
な
ら
な
ん
  
?
 
ハ
ッ
:
:
お
も
し
れ
え
:
:
ド
ラ
ゴ
ン
の
だ
か
人
間
だ
か
わ
  
  
ミ
は
一
撃
で
倒
し
一
刻
も
速
く
治
療
に
入
ら
な
い
と
 °
い
い
ね
?
  
エ
イ
ト
 
さ
て
 
こ
の
ま
ま
じ
ゃ
ゼ
シ
カ
が
危
な
い
 °
だ
か
ら
キ
  
  
る
よ
う
に
ゆ
っ
く
り
と
目
を
閉
じ
る
  
全
て
を
包
み
込
む
よ
う
な
優
し
い
微
笑
み
に
ゼ
シ
カ
は
安
心
し
眠
  


























  > ≫