ゼシカ修行編

GJJJ 作
Copyright 2016 by GJJJ All rights reserved.

女性「ねークッくん、クッくんってさー前お店に一緒に来たツインテールの女の子狙ってたんじゃなかったのー?あのおっぱいのおっきな子ー

ククール「バーカ。あれはそんなんじゃ無いって。それより、もっとパフパフしてくれよー!
女性「もークッくんイケメンだからサービスしちゃおっかなー?それー

ククール「あーゼシカの胸はもっと気持ちいいんだろうなー…うらやましいぜーエイトの野郎!
女性「もー聞こえてるからクッくん!失礼しちゃうなー私お店で一番大きいんだよー?


ヤンガス「ついに兄貴も結婚でガスな…やっぱりおっぱいが決め手…なんでガスかね…

ゲルダ(なんだこいつ…さっきからぶつぶつ言いながら自分の乳揉んで…

ゲルダ「なあヤンガス…おっぱい、私のでよかったら揉むか?

ヤンガス「うーん、ちょっと小さいでガ痛あ!

ゼシカ「エイトー?ちょっと来てー?

エイト「ん?うんすぐいくよ

ゼシカ「これ、後ろ止めて?
エイト「…
ゼシカ「ん?どうしたの?

エイト「また、大きくなってるよね?

ゼシカ「へへーん、正解。今ね114センチもあるんだよー?

エイト「114…すごいな。よし。

ゼシカ「やっ…ちょ…ちょっとエイトいきな…あっ…ん…

エイト「すごいよゼシカ!やっぱり君のおっぱいは世界一だよ!

ゼシカ「んあっ…ばかエイト…私っ…あっ…だめぇ…いっちゃう!いっちゃうからぁ…!!!