感染 エピローグ

ハヤト 作
Copyright 2007 by Hayato all rights reserved.

極秘資料をそっと、閉じた。
あれ以来、私はウイルスの事後調査として、幾度となく青陵市を訪れた。
このみや希が母乳を流したところを中心的に調査し、ウイルスの生き残りがいないかどうか、環境影響には問題がのこっていないかどうか、そして彼女たちの身体の変化である。

11人の感染予備軍についてはもう調査範囲外なので調べていない。
しかしながら、いつそれがまた発生するかわからないが…。

とりあえず本内容に話を戻そう。

本間このみは県立高校に進学し、彼氏はおっぱいと毎日いちゃいちゃしているんだとか。このみのおっぱいは彼氏とHをして少しずつ成長し、237cmだそうだ。母乳はいくら搾っても出てこないと言っていた。そしてこのみのバイトしている駅前の格安イタリア風レストランはこのみが働き始めてから売り上げが150%伸びているらしい。制服は決して小さいわけでもないが200cmオーバーのおっぱいが収まる制服などない。それに僅かながら成長するおっぱいが配膳の時など胸のあたりがパッツンパッツンになっている制服を突き破るのではないかと専ら話題になっているのだ。私もコーヒーを頼んで観察していたがあれはヤバイ。忙しく働くこのみの制服が汗で透けているのだ。純白のブラに巨大な乳首が浮き出ていた。

片桐麻衣は専門学校に通って、看護の勉強をしているそうだ。バイトも近所にある亀梨医院で働いている。こちらも162cmの爆乳がボタンとボタンの隙間から肌が覗いていて、238cmのヒップもはち切れそうなほどむっちりと豊満にスカートを膨らましている。
お客の大半が老人なのだが、ドジっ気がないぶん一生懸命身体を密着させてきて一時は高血圧になったとしても麻衣の身体と笑顔でみな元気に回復するという。究極の天使だと評判である。鼻血が出てきた。私も看病して欲しい。

そして水野希は東京の私立高校に進学した。セーラー服がすごく刺激的である。東京は痴漢が多い。希は敏感肌になってしまったのですぐに乳首がたって痴漢を奮い立たせてしまう。近年の東京は痴漢の現行犯が急増しているのも希の身体の所為だとは言わなくてもわかるだろう。
登下校中、よく取材を受けるそうだが、3年前の件についてはWHOや政府から口止めされているので、しゃべる事ができない。いつも“成長”しました。で通しているそうだ。バイトはしていないがたまに雑誌の表紙を飾ることが度々ある。巨乳はいても希ほどの超乳はいない。注目度抜群でグラビア進出の噂が業界を揺るがしているが希にそんな意思は全くない。
希のおっぱいは288cmに、巨尻も204cmにまで落ち着いた。
そして驚くべきことに希には、夫がいるのだ。去年の結婚式のときはこのみも麻衣も式場に来て空間が狭く感じたものだった。ウエディングケーキの生クリームは母乳も使用し、来賓者の方たちに希ブランドを配ったものだ。そしてウエディングドレスももちろん特注品だが水野財閥には安いものだったらしい。あまり値段は気にしてはいけない。大事なのは愛だ。私の研究は希のお陰で難なく進んでいる。

月瀬要24歳。そしてその妻は月瀬希17歳。

朝は希のおっぱい即ち母乳で始まる。

終わり