を
追
う
ご
と
に
小
熊
家
の
お
っ
ぱ
い
も
巨
大
化
し
て
い
る
ん
だ
そ
  
れ
た
超
乳
の
素
に
な
る
ホ
ル
モ
ン
が
徐
々
に
力
を
発
揮
し
 
世
代
  
ま
で
は
影
響
に
な
か
っ
た
ら
し
い
の
で
す
が
 
体
の
中
で
蓄
積
さ
  
昔
は
 
仕
え
て
い
て
母
乳
が
か
か
ろ
う
と
溺
れ
よ
う
と
も
人
体
に
  
っ
た
そ
う
で
す
 °
  
代
は
小
熊
家
の
人
間
ま
で
お
っ
ぱ
い
が
大
き
く
な
る
こ
と
は
な
か
  
で
も
 
お
っ
ぱ
い
が
大
き
く
な
っ
た
の
は
近
年
の
話
で
 
先
祖
の
  
 
  
家
の
よ
う
に
お
っ
ぱ
い
が
大
き
い
の
が
特
徴
で
す
 °
  
の
女
性
は
熊
野
家
と
同
じ
く
乳
腺
が
発
達
し
て
い
る
の
で
 
熊
野
  
小
熊
家
は
熊
野
家
と
は
違
い
姉
妹
は
い
ま
せ
ん
 °
そ
し
て
小
熊
家
  
る
家
系
で
す
 °
  
私
は
小
熊
環
絵
1
7
歳
で
す
 °
小
熊
家
は
代
々
 
熊
野
家
に
仕
え
  
ど
う
も
 
お
は
よ
う
ご
ざ
い
ま
す
 °
  
 
  
 
  
5
 
 
環
絵
  
  
ハ
ヤ
ト
 
作
  
次
女
























≪ <  

  
広
い
お
屋
敷
の
中
を
 
1
3
歳
に
し
て
1
2
0
c
m
の
お
っ
ぱ
い
  
た
 °
  
お
っ
ぱ
い
の
大
き
な
詩
帆
様
た
ち
に
手
伝
っ
て
も
ら
っ
て
い
ま
し
  
最
初
は
 
お
っ
ぱ
い
が
邪
魔
で
邪
魔
で
手
伝
い
ど
こ
ろ
か
私
よ
り
  
 
  
の
あ
と
を
継
い
だ
の
で
す
 °
  
中
学
3
年
間
で
一
通
り
の
こ
と
を
覚
え
 
中
学
卒
業
と
と
も
に
母
  
た
の
は
ち
ょ
う
ど
こ
の
こ
ろ
か
ら
で
し
た
 °
  
ろ
か
ら
出
入
り
は
し
て
い
た
の
で
す
が
 
母
の
手
伝
い
を
し
始
め
  
は
1
0
0
c
m
を
超
え
て
し
ま
い
ま
し
た
 °
熊
野
家
に
は
幼
い
こ
  
い
ま
す
が
 
そ
の
あ
と
も
す
く
す
く
育
ち
中
学
校
入
学
の
こ
ろ
に
  
○
学
校
5
年
生
の
時
に
初
め
て
ブ
ラ
ジ
ャ
|
を
し
た
の
を
覚
え
て
  
こ
れ
で
も
 
成
長
期
に
入
っ
た
の
は
一
般
の
方
と
同
じ
く
ら
い
で
  
え
る
ほ
ど
の
大
き
さ
に
育
っ
て
し
ま
い
ま
し
た
 °
  
歳
で
バ
ス
ケ
ッ
ト
ボ
|
ル
ど
こ
ろ
か
ビ
|
チ
ボ
|
ル
も
小
さ
く
見
  
に
し
て
バ
ス
ケ
ッ
ト
ボ
|
ル
ほ
ど
の
大
き
さ
で
し
た
が
私
は
こ
の
  
り
私
が
後
を
継
い
で
い
る
状
況
で
す
 °
母
の
お
っ
ぱ
い
は
大
き
さ
  
私
の
母
は
ま
だ
生
き
て
い
ま
す
が
 
家
政
業
か
ら
は
撤
退
し
て
お
  
 
  
う
で
す
 °






















   

  
し
た
が
 
重
す
ぎ
て
身
体
が
つ
ぶ
れ
そ
う
で
し
た
 °
ラ
ン
ニ
ン
グ
  
ま
い
 
腹
筋
は
大
き
す
ぎ
て
身
体
か
ら
溢
れ
 
床
に
着
い
て
い
ま
  
え
て
し
ま
い
ま
し
た
 °
腕
立
て
伏
せ
と
背
筋
で
は
床
に
つ
い
て
し
  
は
房
子
様
の
お
よ
そ
倍
の
1
9
0
c
m
で
 
翌
日
に
は
2
m
を
超
  
日
に
日
に
大
き
く
な
る
自
分
の
お
っ
ぱ
い
は
中
学
3
年
の
初
め
に
  
つ
き
ま
し
た
 °
腕
立
て
伏
せ
に
腹
筋
 
背
筋
 
ラ
ン
ニ
ン
グ
:
:
  
で
は
あ
り
ま
し
た
が
 
続
け
て
い
た
お
か
げ
で
体
力
だ
け
は
凄
く
  
自
分
の
爆
乳
に
負
け
な
い
よ
う
に
筋
肉
ト
レ
|
ニ
ン
グ
な
ど
些
細
  
年
齢
は
同
い
年
だ
っ
た
の
で
仲
良
く
さ
せ
て
い
た
だ
き
ま
し
た
 °
  
巨
乳
で
 
大
き
さ
も
他
の
姉
妹
に
比
べ
る
と
私
と
同
じ
く
ら
い
で
  
房
子
様
の
お
っ
ぱ
い
は
熊
野
家
に
似
合
わ
ず
 
御
椀
の
形
を
し
た
  
ま
し
た
 °
  
様
が
何
度
も
お
声
を
か
け
て
い
た
だ
い
た
の
で
頑
張
っ
て
ま
い
り
  
に
弄
ば
れ
て
い
る
の
で
は
な
い
か
と
思
う
ほ
ど
で
し
た
が
 
房
子
  
ま
り
 
姉
妹
の
母
乳
を
よ
く
浴
び
ま
し
た
 °
熊
野
家
の
超
乳
た
ち
  
美
和
様
の
3
m
の
超
乳
に
弾
か
れ
 
和
希
様
の
5
m
の
超
乳
に
埋
  
今
は
も
う
慣
れ
ま
し
た
け
ど
当
時
は
ホ
ン
ト
 
2
番
目
に
大
き
い
  
め
ま
せ
ん
で
し
た
 °
  
敷
は
ど
こ
を
行
っ
て
も
お
っ
ぱ
い
お
っ
ぱ
い
で
な
か
な
か
前
に
進
  
を
揺
さ
ぶ
り
な
が
ら
駆
け
回
っ
た
の
で
す
が
 
広
い
は
ず
の
お
屋

   

  
睦
美
様
の
母
乳
の
効
能
は
熊
野
家
で
は
す
ぐ
に
話
題
の
持
ち
き
り
  
い
つ
く
の
で
す
 °
母
乳
の
成
分
の
お
か
げ
で
し
ょ
う
か
:
:
 °
  
筋
肉
ト
レ
|
ニ
ン
グ
は
も
う
で
き
な
い
け
ど
不
思
議
と
体
力
が
追
  
任
せ
て
食
べ
て
い
た
ら
す
ぐ
に
肉
塊
に
な
る
気
が
す
る
ほ
ど
で
す
 °
  
美
様
の
特
徴
か
ら
か
食
欲
が
大
い
に
増
し
た
気
が
し
ま
す
 °
欲
に
  
た
の
で
す
が
一
気
に
3
9
8
c
m
に
ま
で
膨
ら
ん
だ
の
で
す
 °
  
っ
て
し
ま
い
ま
し
た
 °
サ
イ
ズ
で
い
う
と
以
前
2
4
8
c
m
あ
っ
  
い
が
数
倍
 
よ
り
大
き
く
な
っ
て
今
で
は
膝
が
隠
れ
る
ま
で
に
な
  
面
か
ら
浴
び
 
多
量
に
飲
ん
で
し
ま
い
ま
し
た
 °
影
響
で
お
っ
ぱ
  
学
校
へ
呼
び
出
さ
れ
ま
し
た
と
こ
ろ
睦
美
様
の
濃
厚
な
母
乳
を
顔
  
で
し
た
が
 
先
日
五
女
の
い
つ
き
様
と
六
女
の
睦
美
様
の
通
う
○
  
い
る
よ
う
で
す
 °
片
房
が
臍
ほ
ど
ま
で
が
隠
れ
る
ほ
ど
の
大
き
さ
  
私
の
お
っ
ぱ
い
も
姉
妹
に
負
け
な
い
勢
い
で
ま
だ
大
き
く
な
っ
て
  
て
い
ま
す
 °
  
姉
妹
の
お
っ
ぱ
い
は
留
ま
る
と
こ
ろ
を
知
ら
な
い
勢
い
で
成
長
し
  
も
う
4
年
が
た
ち
ま
し
た
 °
  
 
  
れ
る
乳
肉
が
苦
し
か
っ
た
の
を
覚
え
て
い
ま
す
 °
  
お
っ
ぱ
い
と
特
注
の
ス
ポ
|
ツ
ブ
ラ
が
食
い
込
み
 
そ
れ
か
ら
溢
  
は
一
般
市
民
の
目
の
や
り
場
を
奪
う
な
ど
し
ま
し
た
が
 
揺
れ
る

   

  
さ
れ
て
い
き
ま
す
の
で
お
っ
ぱ
い
の
上
に
の
せ
る
こ
と
が
で
き
な
  
を
置
い
て
い
る
と
柔
ら
か
さ
で
埋
も
れ
 
反
発
力
で
ど
っ
か
飛
ば
  
の
お
っ
ぱ
い
は
ホ
ン
ト
に
柔
ら
か
い
の
で
す
 °
ま
な
板
や
調
理
具
  
胸
の
上
で
調
理
す
れ
ば
?
と
い
う
意
見
も
頂
い
た
の
で
す
が
 
  
て
い
ま
す
 °
  
せ
ん
 °
身
体
を
横
に
し
て
も
流
し
の
半
分
は
お
っ
ぱ
い
が
邪
魔
し
  
そ
の
前
に
お
っ
ぱ
い
が
大
き
く
な
り
す
ぎ
て
流
し
に
手
が
届
き
ま
  
な
い
の
で
し
ょ
う
か
:
:
  
が
 
い
っ
た
い
何
十
人
?
い
や
 
何
百
人
前
作
ら
な
け
れ
ば
な
ら
  
さ
て
 
今
日
も
家
族
の
朝
食
作
り
し
な
け
れ
ば
な
ら
な
い
の
で
す
  
 
  
が
か
か
る
よ
う
に
な
り
ま
し
た
 °
  
つ
け
る
ほ
ど
:
:
そ
の
後
の
搾
乳
の
時
間
も
い
つ
も
以
上
に
時
間
  
通
常
の
倍
の
量
を
作
っ
た
に
も
関
わ
ら
ず
 
足
り
な
い
と
お
申
し
  
そ
れ
だ
け
で
は
あ
り
ま
せ
ん
 °
み
な
さ
ん
の
食
欲
が
増
し
て
い
て
  
肉
が
は
み
出
し
て
き
て
い
る
の
で
す
 °
  
に
切
れ
な
い
繊
維
の
お
洋
服
が
み
な
さ
ん
ピ
チ
ピ
チ
に
な
っ
て
乳
  
し
か
し
 
闇
で
は
み
な
さ
ん
飲
ま
れ
て
い
る
よ
う
で
 
 
絶
対
 
  
権
限
に
よ
り
睦
美
様
の
搾
乳
は
房
子
様
の
担
当
に
な
り
ま
し
た
 °
  
に
な
り
み
ん
な
が
欲
す
る
よ
う
に
な
り
ま
し
た
が
 
お
じ
さ
ま
の

   

  
妹
の
母
乳
は
誰
の
を
飲
ん
で
も
基
本
的
に
お
っ
ぱ
い
大
き
く
し
や
  
は
我
慢
し
て
美
和
様
の
母
乳
を
隠
し
味
に
し
ま
し
ょ
う
 °
熊
野
姉
  
っ
あ
 
だ
め
:
:
考
え
た
だ
け
で
も
身
体
が
疼
き
ま
す
わ
 °
こ
こ
  
ど
:
:
  
は
ド
ロ
っ
と
し
て
い
て
膨
乳
成
分
が
一
番
強
く
て
魅
力
的
で
す
け
  
帆
様
は
母
乳
は
サ
ラ
サ
ラ
し
て
い
る
の
に
味
が
強
く
て
 
睦
美
様
  
っ
て
害
の
な
い
母
乳
で
 
美
和
様
は
母
乳
の
香
り
が
強
く
て
 
  
ん
|
誰
の
母
乳
を
入
れ
ま
し
ょ
う
か
:
:
 °
和
希
様
は
こ
れ
と
い
  
 
  
れ
ま
せ
ん
し
:
:
  
房
子
様
も
こ
れ
で
だ
ん
だ
ん
お
っ
ぱ
い
が
大
き
く
な
れ
る
か
も
し
  
乳
を
混
ぜ
て
も
ば
れ
ま
せ
ん
か
ら
ね
 °
ふ
ふ
:
:
 °
  
豆
乳
は
お
っ
ぱ
い
に
優
し
い
で
す
し
 
隠
し
味
で
誰
か
さ
ん
の
母
  
 
  
|
ジ
で
す
が
 
一
人
2
|
3
個
は
食
べ
て
も
ら
い
ま
す
 °
  
相
撲
さ
ん
が
一
つ
の
鍋
を
輪
で
囲
み
た
く
さ
ん
食
べ
て
い
る
イ
メ
  
今
朝
は
豆
乳
味
の
ち
ゃ
ん
こ
鍋
に
し
ま
す
 °
ち
ゃ
ん
こ
鍋
っ
て
お
  
ご
は
ん
は
基
本
的
に
鍋
物
 °
切
っ
て
煮
る
だ
け
で
す
か
ら
ね
:
:
 °
  
お
っ
ぱ
い
が
大
き
く
な
っ
て
か
ら
は
と
り
あ
え
ず
妥
協
の
嵐
で
す
 °
  
い
の
で
す
 °





















   

  
 
  
を
思
い
悩
む
種
に
な
り
そ
う
で
す
 °
  
で
す
が
 
二
人
と
も
片
乳
ず
つ
抱
え
て
入
っ
て
く
る
様
は
こ
の
先
  
お
く
と
 
乳
圧
で
外
れ
て
し
ま
う
の
で
最
初
か
ら
外
し
て
お
く
の
  
最
初
に
起
き
て
く
る
の
は
双
子
の
姉
妹
で
す
 °
も
う
襖
を
閉
め
て
  
 
  
 
 
お
は
よ
う
ご
ざ
い
ま
す
!
 
 
  
 
  
た
 °
  
準
備
を
し
て
い
る
と
 
も
う
ほ
か
の
姉
妹
た
ち
が
起
き
て
き
ま
し
  
 
  
き
さ
の
鍋
で
す
け
ど
:
:
  
っ
て
も
さ
っ
き
言
っ
た
通
り
お
相
撲
さ
ん
が
み
ん
な
で
食
べ
る
大
  
伝
っ
て
も
ら
っ
て
食
卓
に
小
分
け
し
て
並
べ
ま
す
 °
小
分
け
と
言
  
超
特
大
の
鍋
を
使
っ
て
煮
込
ん
で
作
っ
た
お
鍋
は
 
房
子
様
に
手
  
 
  
き
が
大
き
く
な
る
だ
け
で
す
か
ら
 °
  
乳
に
気
づ
か
れ
る
と
 
う
る
さ
い
で
す
し
:
:
私
の
母
乳
へ
の
疼
  
ぱ
っ
ぱ
と
食
べ
さ
せ
て
早
く
追
い
出
し
て
し
ま
い
ま
し
ょ
う
 °
  
す
く
す
る
の
で
:
:
ま
ぁ
個
人
差
は
あ
り
ま
す
が
:
:
 °




   

  
 
  
す
 °
  
き
く
波
打
つ
た
び
に
顔
を
し
か
め
る
そ
の
姿
は
か
わ
い
ら
し
い
で
  
特
盛
り
で
3
8
5
c
m
あ
り
ま
す
 °
歩
く
た
び
に
膝
が
当
た
り
大
  
方
が
大
き
く
な
っ
て
し
ま
い
ま
し
た
が
 
詩
帆
様
の
お
っ
ぱ
い
も
  
そ
の
あ
と
静
か
に
入
っ
て
き
た
の
は
四
女
の
詩
帆
様
 °
現
状
私
の
  
 
  
と
て
も
あ
な
た
様
の
母
乳
が
入
っ
て
い
る
と
は
言
え
ま
せ
ん
:
:
  
私
は
笑
顔
で
早
く
食
べ
て
く
だ
さ
い
ね
と
返
事
し
ま
し
た
 °
  
な
か
な
か
痛
い
と
こ
ろ
を
つ
い
て
き
ま
す
 °
  
 
  
 
わ
ぁ
:
:
今
日
も
お
鍋
な
ん
だ
ね
!
母
乳
鍋
か
な
?
?
 
  
 
  
い
つ
き
た
い
で
す
と
も
 °
  
吸
っ
て
く
れ
と
誘
っ
て
い
る
か
の
よ
う
に
も
見
え
ま
す
 °
え
え
吸
  
れ
て
は
い
る
の
で
す
が
 
朝
立
ち
し
て
い
る
乳
首
は
見
て
い
る
と
  
先
っ
ぽ
の
乳
首
が
上
下
に
空
を
切
り
ま
す
 °
特
大
の
寝
巻
に
包
ま
  
止
ま
っ
て
い
て
も
心
臓
の
心
拍
で
し
ょ
う
か
 
微
動
す
る
揺
れ
が
  
お
っ
ぱ
い
は
別
の
生
き
も
の
の
よ
う
に
波
立
っ
て
い
ま
す
 °
立
ち
  
次
に
ド
ス
ド
ス
入
っ
て
き
た
の
は
三
女
の
美
和
様
 °
4
m
超
え
る

   

  
 
お
ぉ
も
う
み
ん
な
起
き
て
い
る
か
 
さ
っ
さ
と
席
に
つ
き
な
さ
  
 
  
当
主
で
あ
る
お
じ
さ
ま
で
す
 °
  
そ
し
て
最
後
に
起
き
て
い
ら
っ
し
ゃ
る
の
が
我
が
主
で
 
熊
野
家
  
 
  
私
が
お
兄
様
を
い
た
だ
き
ま
す
|
 °
  
兄
妹
で
結
ば
れ
る
こ
と
な
ん
て
有
り
得
ま
せ
ん
か
ら
 
必
然
的
に
  
ね
 °
姉
妹
の
み
な
さ
ん
は
 
あ
の
方
 
と
表
現
な
さ
っ
て
ま
す
が
 
  
で
も
長
男
の
あ
な
た
は
こ
の
私
が
い
た
だ
く
の
は
絶
対
で
す
か
ら
  
な
お
っ
ぱ
い
を
抱
え
て
あ
な
た
を
待
っ
て
い
る
の
で
す
よ
 °
  
今
は
別
居
中
の
長
男
と
同
じ
名
前
の
和
希
様
は
今
日
も
そ
の
大
き
  
次
に
起
き
て
く
る
の
は
長
女
の
和
希
様
 °
今
日
も
麗
し
い
で
す
 °
  
 
  
で
も
詩
帆
様
 
そ
ん
な
こ
と
を
し
て
し
ま
っ
た
の
で
す
よ
:
:
 °
  
に
な
っ
て
い
ま
す
 °
  
い
ま
す
 °
離
れ
た
時
に
は
互
い
の
寝
巻
は
は
だ
れ
て
残
念
な
こ
と
  
そ
う
言
っ
て
美
和
様
と
詩
帆
様
の
お
っ
ぱ
い
が
複
雑
に
潰
さ
れ
て
  
 
  
環
絵
さ
ん
が
そ
ん
な
こ
と
す
る
は
ず
な
い
よ
|
 °
 
  
 
母
乳
鍋
だ
っ
た
ら
朝
か
ら
大
変
な
こ
と
に
な
り
か
ね
な
い
よ
 °

   

  
こ
っ
と
笑
っ
て
返
し
た
ら
 
恥
ず
か
し
そ
う
な
表
情
で
お
っ
ぱ
い
  
詩
帆
様
が
こ
ち
ら
を
見
て
く
る
 °
気
付
か
れ
た
の
で
し
ょ
う
 °
  
房
子
様
も
ア
レ
ル
ギ
|
の
症
状
が
出
な
い
よ
う
で
よ
か
っ
た
 °
  
お
じ
さ
ま
の
一
言
で
朝
食
が
始
ま
る
 °
う
ん
 °
な
か
な
か
の
味
だ
 °
  
 
  
ょ
う
 °
 
  
 
そ
れ
で
は
 
毎
日
の
ご
飯
に
感
謝
し
て
今
日
も
が
ん
ば
り
ま
し
  
 
  
だ
く
 °
房
子
様
は
鍋
か
ら
よ
そ
っ
て
い
た
だ
く
 °
  
超
乳
姉
妹
と
私
は
暖
か
い
お
鍋
を
谷
間
に
挟
み
 
そ
の
ま
ま
い
た
  
 
  
わ
か
ら
な
い
が
喜
ば
し
い
表
情
を
し
て
い
た
だ
け
た
 °
  
な
の
か
一
人
だ
け
ち
ゃ
ん
と
し
た
朝
食
に
喜
ん
で
お
ら
れ
る
の
か
  
な
っ
て
し
ま
っ
た
 °
お
じ
さ
ま
は
私
の
深
く
な
っ
た
谷
間
を
見
て
  
り
す
る
 °
お
辞
儀
す
る
だ
け
で
お
っ
ぱ
い
が
床
に
触
れ
る
よ
う
に
  
私
は
お
じ
さ
ま
に
対
し
て
頭
を
下
げ
る
 °
乳
首
と
下
乳
が
ひ
ん
や
  
 
  
と
茶
漬
け
と
サ
ラ
ダ
を
ご
用
意
い
た
し
ま
し
た
 °
 
  
 
お
じ
さ
ま
 
お
は
よ
う
ご
ざ
い
ま
す
 °
お
じ
さ
ま
に
は
焼
き
魚
  
い
 °
部
屋
が
狭
い
か
ら
な
:
:
今
日
も
鍋
か
:
:
 






   

  
に
わ
か
に
へ
こ
ん
で
い
る
気
が
す
る
 °
  
ち
ょ
っ
と
揺
さ
ぶ
る
だ
け
で
大
き
く
た
わ
み
 
谷
間
に
挟
む
鍋
が
  
 
  
ぶ
る
ん
  
 
  
 
は
い
 °
楽
し
み
で
胸
が
躍
る
気
分
で
ご
ざ
い
ま
す
 °
 
  
 
じ
ゃ
ぁ
今
日
は
房
子
の
高
校
の
制
服
の
採
寸
に
行
こ
う
な
 °
 
  
 
  
 
っ
は
い
 °
 
  
 
で
も
立
派
な
お
っ
ぱ
い
に
な
っ
た
よ
な
!
 
  
 
:
:
申
し
わ
け
あ
り
ま
せ
ん
:
:
 °
 
  
し
ち
ゃ
う
し
:
:
 
  
 
た
ま
ち
ゃ
ん
な
ん
て
支
給
し
た
メ
イ
ド
服
1
日
で
ビ
リ
ビ
リ
に
  
 
  
お
じ
さ
ま
が
呟
き
ま
す
 °
  
 
  
な
っ
た
よ
な
:
:
 
  
 
な
ん
か
こ
こ
最
近
に
な
っ
て
 
お
っ
ぱ
い
の
壁
が
厚
く
 
高
く
  
 
  
を
撫
で
て
ま
し
た
 °


















   

  
身
体
が
反
応
し
て
し
ま
い
ま
す
 °
乳
首
が
固
く
大
き
く
な
り
睦
美
  
き
っ
と
あ
の
濃
い
母
乳
が
生
成
さ
れ
て
い
る
の
だ
と
考
え
る
と
 
  
感
じ
る
の
で
す
が
 
内
側
か
ら
熱
い
の
が
伝
わ
っ
て
き
ま
す
 °
  
ぴ
た
っ
と
く
っ
つ
く
睦
美
様
の
お
っ
ぱ
い
は
最
初
 
ひ
ん
や
り
と
  
て
上
手
く
脱
が
す
こ
と
が
で
き
ま
せ
ん
 °
  
た
だ
上
着
を
脱
が
せ
た
い
だ
け
な
の
に
 
お
っ
ぱ
い
が
潰
し
合
っ
  
ま
す
 °
  
れ
ど
こ
ろ
か
 
睦
美
様
の
超
乳
が
私
の
お
っ
ぱ
い
と
か
ら
み
始
め
  
脱
が
せ
た
い
の
に
巨
大
に
な
っ
た
お
っ
ぱ
い
が
邪
魔
し
ま
す
 °
  
 
  
 
さ
 
睦
美
様
お
着
替
え
く
だ
さ
い
 °
上
着
を
脱
が
し
ま
す
よ
 °
 
  
 
  
行
く
支
度
の
手
伝
い
を
し
に
行
き
ま
す
 °
  
私
は
房
子
様
と
睦
美
様
 
い
つ
き
様
の
部
屋
に
行
っ
て
○
学
校
へ
  
 
  
戻
り
学
校
へ
行
く
準
備
を
始
め
ま
す
 °
  
一
般
家
庭
の
何
十
倍
も
の
量
を
数
十
分
で
平
ら
げ
 
各
自
部
屋
に
  
 
  
気
の
せ
い
か
な
:
:
 °
  
大
き
く
な
っ
た
の
か
?

















   

  
こ
と
は
あ
り
ま
せ
ん
 °
そ
れ
ど
こ
ろ
か
お
っ
ぱ
い
の
柔
軟
さ
と
強
  
ラ
ン
ド
セ
ル
を
お
っ
ぱ
い
の
上
に
乗
せ
て
も
お
っ
ぱ
い
は
垂
れ
る
  
と
に
な
る
の
で
し
ょ
う
 °
  
く
見
え
て
し
ま
い
ま
す
 °
そ
れ
ほ
ど
お
っ
ぱ
い
が
巨
大
化
し
た
こ
  
が
 
お
っ
ぱ
い
の
上
に
置
く
と
片
手
で
摘
ま
め
そ
う
な
ほ
ど
小
さ
  
手
に
持
つ
ラ
ン
ド
セ
ル
は
以
前
と
変
わ
ら
な
い
大
き
さ
な
の
で
す
  
あ
れ
 
こ
ん
な
に
ラ
ン
ド
セ
ル
は
小
さ
か
っ
た
で
し
ょ
う
か
:
:
 °
  
 
  
出
し
ま
し
た
 °
  
く
睦
美
様
の
手
伝
い
を
任
せ
る
と
 
双
子
の
ラ
ン
ド
セ
ル
を
取
り
  
こ
う
な
っ
て
は
も
う
何
も
で
き
ま
せ
ん
 °
房
子
様
に
申
し
わ
け
な
  
 
  
々
に
揺
れ
て
身
体
全
体
ま
で
熱
く
な
っ
て
し
ま
い
ま
し
た
 °
  
し
赤
ら
め
乳
首
が
固
く
な
っ
た
お
っ
ぱ
い
が
ユ
ッ
サ
ユ
ッ
サ
と
悠
  
私
は
恥
ず
か
し
さ
の
あ
ま
り
慌
て
て
 
睦
美
様
か
ら
離
れ
る
と
少
  
 
  
:
 
  
 
た
 
た
ま
ち
ゃ
ん
の
お
っ
ぱ
い
が
:
:
む
|
の
お
っ
ぱ
い
に
:
  
 
  
様
の
お
っ
ぱ
い
に
め
り
込
ん
で
し
ま
い
ま
し
た
 °







   

  
美
和
様
の
母
乳
が
体
内
で
反
応
し
て
い
る
よ
う
で
す
 °
  
が
呼
び
戻
さ
れ
る
か
の
よ
う
に
お
っ
ぱ
い
に
熱
が
こ
も
り
ま
す
 °
  
水
は
ホ
ン
ト
ひ
ん
や
り
し
て
い
て
刺
激
的
で
す
 °
先
ほ
ど
の
感
覚
  
位
置
に
ま
で
お
っ
ぱ
い
が
主
張
し
て
い
る
の
間
違
い
で
す
ね
 °
  
水
飛
沫
が
お
っ
ぱ
い
ま
で
飛
ん
で
き
ま
す
 °
い
や
 
す
ぐ
か
か
る
  
 
  
ま
す
 °
  
す
だ
け
で
4
m
弱
の
お
っ
ぱ
い
が
激
し
く
波
打
ち
 
刺
激
し
合
い
  
作
る
時
同
様
に
身
体
を
横
に
向
け
て
洗
う
の
で
す
が
 
腕
を
動
か
  
 
  
難
な
く
進
み
ま
す
 °
  
洗
い
ま
す
 °
ご
飯
一
粒
 
御
汁
一
滴
残
さ
な
い
の
で
洗
い
も
の
は
  
外
し
た
襖
を
よ
そ
に
食
卓
か
ら
皆
さ
ま
が
食
べ
た
お
鍋
を
集
め
 
  
 
  
乳
肉
が
は
み
出
し
揺
れ
を
発
生
さ
せ
て
い
ま
し
た
 °
  
く
た
わ
み
引
き
延
ば
さ
れ
ま
す
 °
引
き
延
ば
さ
れ
た
そ
の
先
で
 
  
一
歩
歩
む
た
び
に
お
じ
さ
ま
か
ら
支
給
さ
れ
た
メ
イ
ド
服
が
大
き
  
し
か
出
ま
せ
ん
 °
房
子
様
と
双
子
を
後
に
し
て
台
所
へ
戻
り
ま
す
 °
  
そ
ん
な
お
っ
ぱ
い
の
持
ち
主
に
な
っ
て
し
ま
っ
た
こ
と
に
た
め
息
  
い
反
発
力
で
ラ
ン
ド
セ
ル
が
気
持
ち
よ
さ
そ
う
に
見
え
ま
す
 °


   

  
そ
れ
で
も
無
理
や
り
棚
の
上
を
拭
こ
う
と
お
っ
ぱ
い
を
棚
に
押
し
  
か
し
再
度
掃
除
機
を
か
け
る
始
末
で
す
:
:
 °
  
潰
し
て
身
体
の
脇
か
ら
溢
れ
た
お
っ
ぱ
い
は
物
を
倒
し
床
に
散
ら
  
た
び
に
体
内
に
電
撃
の
よ
う
な
快
感
が
走
り
抜
け
ま
す
 °
  
ま
ず
棚
や
机
を
拭
く
の
で
す
が
 
お
っ
ぱ
い
が
揺
れ
て
潰
さ
れ
る
  
を
拭
く
際
に
お
っ
ぱ
い
は
驚
異
的
に
邪
魔
で
す
 °
  
ミ
か
す
を
吸
っ
て
い
き
難
な
く
終
わ
り
ま
し
た
が
 
棚
の
上
や
下
  
最
初
は
掃
除
機
を
か
け
て
部
屋
の
隅
々
ま
で
埃
や
髪
の
毛
な
ど
ゴ
  
 
  
 
  
は
今
し
か
あ
り
ま
せ
ん
 °
  
お
じ
さ
ま
は
書
斎
に
い
る
の
で
敷
地
内
を
駆
け
回
り
掃
除
す
る
に
  
こ
の
時
に
皆
さ
ま
の
部
屋
の
掃
除
を
し
な
け
れ
ば
な
り
ま
せ
ん
 °
  
さ
て
 
姉
妹
た
ち
も
学
校
へ
行
き
 
熊
野
家
が
静
ま
り
返
り
ま
す
 °
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
ま
た
少
し
で
は
あ
る
け
ど
お
っ
ぱ
い
が
大
き
く
な
る
の
で
し
ょ
う
 °

   

  
す
 °
  
大
き
く
な
る
の
で
 
物
干
し
竿
の
ス
ペ
|
ス
が
減
っ
て
し
ま
い
ま
  
せ
ん
 °
た
だ
 
姉
妹
の
下
着
や
服
の
サ
イ
ズ
が
日
を
追
う
ご
と
に
  
こ
れ
は
別
に
つ
ら
い
こ
と
も
邪
魔
に
感
じ
る
こ
と
は
何
も
あ
り
ま
  
次
に
洗
濯
物
を
干
し
ま
す
 °
  
 
  
は
あ
り
ま
せ
ん
が
 
き
れ
い
に
な
っ
た
の
で
良
し
と
し
ま
し
ょ
う
 °
  
雑
巾
で
拭
い
た
の
か
自
分
の
超
乳
で
窓
を
拭
い
た
の
か
は
定
か
で
  
か
ら
溢
れ
て
い
る
の
が
想
像
で
き
ま
す
 °
  
な
お
っ
ぱ
い
が
窓
一
面
に
広
が
っ
て
 
そ
の
中
心
に
は
乳
首
が
服
  
か
ら
の
視
線
が
痛
い
で
す
 °
き
っ
と
道
路
側
か
ら
み
る
と
 
巨
大
  
仕
方
な
い
の
で
窓
拭
き
に
移
り
ま
す
 °
窓
を
拭
い
て
い
る
と
道
路
  
の
は
気
持
ち
が
悪
い
で
す
ね
 °
  
ひ
ん
や
り
し
て
い
て
気
持
ち
が
い
い
で
す
が
 
掃
除
が
で
き
な
い
  
目
の
前
に
バ
ラ
ン
ス
ボ
|
ル
が
邪
魔
し
て
い
る
感
覚
で
す
 °
床
は
  
お
っ
ぱ
い
が
邪
魔
し
て
上
手
く
棚
の
下
が
覗
け
ま
せ
ん
 °
  
次
に
棚
の
下
を
拭
き
ま
す
 °
う
つ
伏
せ
に
な
っ
て
拭
く
の
で
す
が
 
  
 
  
ら
離
れ
て
し
ま
う
の
で
す
 °
  
つ
け
て
拭
い
て
い
る
と
身
体
が
お
っ
ぱ
い
に
沈
み
手
が
棚
の
上
か

   

  
い
ま
し
た
 °
  
等
の
速
さ
で
食
べ
き
り
 
あ
ま
つ
さ
え
お
か
わ
り
を
頼
ん
で
し
ま
  
た
そ
う
で
す
が
 
私
は
お
じ
さ
ま
が
ラ
ン
チ
を
食
べ
き
る
の
と
同
  
ど
ち
ら
も
1
時
間
で
食
べ
き
れ
ば
5
0
0
0
円
プ
レ
ゼ
ン
ト
だ
っ
  
配
し
て
ま
し
た
が
あ
ま
り
気
に
し
ま
せ
ん
 °
  
ラ
|
メ
ン
を
頼
み
ま
し
た
 °
お
っ
ぱ
い
が
テ
|
ブ
ル
の
殆
ど
を
支
  
チ
を
 
私
は
大
食
い
チ
ャ
レ
ン
ジ
の
ジ
ャ
ン
ボ
餃
子
と
ジ
ャ
ン
ボ
  
途
中
 
定
食
屋
さ
ん
に
寄
り
ま
し
た
 °
お
じ
さ
ま
は
普
通
の
ラ
ン
  
 
  
も
自
然
と
道
が
開
け
ま
す
 °
  
女
性
も
立
ち
止
ま
る
か
避
け
る
か
で
ど
ん
な
に
混
ん
で
い
る
道
で
  
4
m
近
い
お
っ
ぱ
い
は
一
般
の
方
に
は
珍
し
い
ら
し
く
 
男
性
も
  
き
ま
す
 °
  
こ
こ
か
ら
高
校
ま
で
は
電
車
で
2
駅
の
距
離
で
す
 °
駅
ま
で
は
歩
  
ま
す
 °
  
お
昼
か
ら
は
お
じ
さ
ま
と
一
緒
に
房
子
様
の
高
校
へ
採
寸
に
行
き
  
 
  
た
 °
  
そ
う
こ
う
し
て
い
る
う
ち
に
掃
除
だ
け
で
午
前
中
が
終
わ
り
ま
し
  
 

























   

  
し
か
し
 
ど
う
い
う
訳
か
一
希
様
を
狙
っ
て
い
る
の
は
私
だ
け
で
  
は
心
を
射
ら
れ
て
い
る
の
で
す
 °
  
で
す
が
 
毅
然
と
し
た
立
ち
振
る
舞
い
と
紳
士
的
な
優
し
さ
に
私
  
象
し
か
あ
り
ま
せ
ん
 °
  
重
に
育
て
ら
れ
た
は
ず
で
す
が
お
じ
さ
ま
に
似
て
自
由
奔
放
な
印
  
熊
野
家
の
家
系
は
男
が
生
ま
れ
る
可
能
性
が
低
く
 
一
希
様
は
丁
  
し
て
い
ま
す
 °
  
う
面
倒
く
さ
さ
で
す
が
 
今
は
大
都
会
 
東
京
で
一
人
暮
ら
し
を
  
一
希
様
は
長
女
の
和
希
様
と
双
子
で
 
名
前
の
読
み
が
同
じ
と
い
  
を
し
て
く
れ
ま
し
た
 °
近
く
熊
野
家
に
帰
っ
て
く
る
そ
う
で
す
 °
  
そ
う
い
え
ば
 
昼
ご
は
ん
中
に
お
じ
さ
ま
が
長
男
‥
一
希
様
の
話
  
 
  
お
腹
す
い
て
ま
す
よ
 °
  
お
じ
さ
ま
は
見
兼
ね
て
 
材
料
費
を
払
っ
て
ま
し
た
が
私
は
ま
だ
  
た
 °
  
る
こ
と
な
く
1
時
間
で
店
の
材
料
を
食
べ
尽
く
し
て
し
ま
い
ま
し
  
よ
う
に
見
え
た
に
違
い
あ
り
ま
せ
ん
 °
私
の
お
腹
は
腹
八
分
に
な
  
傍
か
ら
見
れ
ば
 
超
乳
抱
え
た
華
奢
な
女
の
子
が
爆
食
し
て
い
る
  
た
し
て
く
れ
る
は
ず
が
あ
り
ま
せ
ん
 °
  
だ
っ
て
1
5
人
前
の
餃
子
と
5
人
前
の
ラ
|
メ
ン
で
は
お
腹
を
満

   

  
駅
は
さ
す
が
に
大
勢
の
人
が
い
ら
っ
し
ゃ
い
ま
す
が
 
み
な
さ
ん
  
そ
う
こ
う
し
て
い
る
う
ち
に
駅
に
着
き
ま
し
た
 °
  
 
  
な
ん
と
も
不
思
議
な
方
で
す
:
:
  
か
っ
た
の
を
覚
え
て
い
ま
す
 °
  
美
和
様
は
3
m
の
超
乳
だ
っ
た
の
に
 
こ
れ
と
い
っ
た
反
応
も
な
  
私
も
1
3
歳
に
し
て
カ
ッ
プ
か
ら
溢
れ
る
大
爆
乳
だ
っ
た
の
に
 
  
一
希
様
は
平
然
と
し
て
お
ら
れ
ま
し
た
 °
  
に
は
下
半
身
を
押
さ
え
て
ト
イ
レ
に
駆
け
た
り
す
る
の
で
す
が
 
  
普
通
の
男
性
な
ら
ば
1
0
0
c
m
超
え
ず
と
も
大
き
な
お
っ
ぱ
い
  
 
  
が
1
2
0
c
m
ほ
ど
で
し
た
か
ら
:
:
 °
  
し
た
 °
た
ぶ
ん
中
1
く
ら
い
だ
っ
た
か
と
思
い
ま
す
 °
お
っ
ぱ
い
  
前
に
会
っ
た
の
は
一
希
様
が
忘
れ
物
を
取
り
に
本
家
に
来
た
時
で
  
本
家
の
息
子
に
嫁
入
り
で
き
る
か
っ
て
あ
た
り
が
不
安
要
素
で
す
 °
  
ら
い
え
ば
私
が
負
け
る
は
ず
が
な
い
の
で
す
が
:
:
分
家
の
私
が
  
よ
く
わ
か
り
ま
せ
ん
 °
兄
妹
で
結
婚
は
で
き
な
い
の
で
 
結
論
か
  
し
ょ
う
か
 °
  
一
度
と
い
わ
れ
る
 
男
 
の
逸
材
に
お
っ
ぱ
い
が
と
き
め
く
の
で
  
な
く
熊
野
家
の
姉
妹
も
ま
た
一
希
様
を
狙
っ
て
い
ま
す
 °
百
年
に

   

  
ま
し
た
 °
健
全
で
す
ね
 °
  
私
の
本
体
が
通
る
と
き
に
は
駅
員
さ
ん
は
な
ぜ
か
下
を
向
い
て
い
  
駅
員
さ
ん
の
目
の
前
を
特
上
の
柔
ら
か
お
っ
ぱ
い
が
通
り
ま
す
 °
  
仕
方
な
い
の
で
有
人
改
札
を
通
り
ま
し
た
 °
  
ま
っ
て
し
ま
い
そ
う
で
す
 °
  
に
な
っ
て
し
ま
い
ま
す
 °
こ
の
ま
ま
直
進
し
て
も
お
っ
ぱ
い
が
挟
  
ま
せ
ん
 °
で
も
身
体
を
横
に
す
る
と
隣
の
改
札
を
利
用
者
の
邪
魔
  
I
C
カ
|
ド
を
タ
ッ
チ
す
る
に
は
身
体
を
横
に
し
な
け
れ
ば
な
り
  
っ
て
し
ま
い
ま
し
た
 °
  
お
っ
ぱ
い
が
セ
ン
サ
|
に
触
れ
て
改
札
機
が
音
を
鳴
ら
せ
て
閉
ま
  
し
か
し
慎
重
に
歩
ん
で
い
く
と
I
C
カ
|
ド
を
タ
ッ
チ
す
る
前
に
  
ね
ば
な
り
ま
せ
ん
 °
  
こ
こ
か
ら
2
駅
先
に
高
校
が
あ
る
の
で
す
が
 
ま
ず
改
札
を
通
ら
  
 
  
に
揺
れ
お
洋
服
が
悲
鳴
を
挙
げ
て
い
ま
す
 °
  
ぎ
る
お
っ
ぱ
い
は
歩
く
振
動
で
縦
に
揺
れ
 
足
が
当
た
る
と
左
右
  
持
っ
て
い
る
こ
と
に
少
し
興
奮
し
堂
々
と
歩
き
ま
し
た
 °
巨
大
す
  
私
は
姉
妹
が
い
な
い
こ
の
場
で
は
誰
に
も
負
け
な
い
お
っ
ぱ
い
を
  
め
て
で
す
か
?
  
私
の
方
を
凝
視
し
て
き
ま
す
 °
こ
ん
な
に
大
き
な
お
っ
ぱ
い
は
初

   

  
い
が
窓
に
あ
た
り
ま
す
 °
  
走
行
中
 
電
車
は
よ
く
揺
れ
ま
す
 °
揺
れ
る
た
び
に
私
の
お
っ
ぱ
  
 
  
 
:
:
あ
ぅ
:
:
気
持
ち
い
い
で
す
:
:
 °
 
  
 
  
ぶ
る
る
ん
ば
っ
ち
ん
  
ぶ
る
ん
ぶ
る
ん
  
ぶ
る
ん
:
:
ば
っ
ち
ん
  
ぶ
る
ん
ぶ
る
ん
  
 
  
ガ
タ
ン
ゴ
ト
ン
  
ガ
タ
ン
ゴ
ト
ン
  
 
  
に
な
っ
て
い
ま
し
た
 °
  
ペ
|
ス
は
私
だ
け
で
い
っ
ぱ
い
で
お
じ
さ
ま
は
通
路
に
立
つ
は
め
  
お
じ
さ
ま
と
電
車
の
車
い
す
ス
ペ
|
ス
に
立
ち
ま
す
が
 
そ
の
ス
  
い
は
相
当
な
重
さ
の
よ
う
で
す
 °
  
傾
い
た
気
が
し
ま
し
た
 °
4
m
弱
に
ま
で
大
き
く
な
っ
た
お
っ
ぱ
  
電
車
に
乗
り
ま
す
 °
片
足
を
車
内
に
踏
み
込
ん
だ
だ
け
で
車
両
が
  
 

























   

  
 
  
 
っ
て
て
:
:
も
ぅ
|
何
|
?
 
  
 
  
 
う
わ
ぁ
:
:
 
  
 
  
ド
ス
ッ
  
 
  
 
き
ゃ
っ
!
 
  
 
  
キ
キ
ィ
|
ッ
!
!
!
  
 
  
た
時
で
し
た
 °
  
そ
れ
を
い
い
こ
と
に
私
は
電
車
の
中
で
自
慰
行
為
に
移
ろ
う
と
し
  
ら
し
く
み
な
さ
ん
下
を
向
い
た
ま
ま
顔
を
あ
げ
て
く
れ
ま
せ
ん
 °
  
お
っ
ぱ
い
を
揉
む
行
為
は
一
般
の
お
客
さ
ま
に
は
刺
激
的
だ
っ
た
  
 
  
目
を
盗
ん
で
お
っ
ぱ
い
を
軽
く
揉
み
ま
し
た
 °
  
い
に
た
ま
る
こ
の
む
ず
痒
さ
を
ど
う
に
か
し
た
く
 
お
じ
さ
ま
の
  
お
じ
さ
ま
は
何
や
ら
中
吊
り
広
告
を
見
て
い
ま
す
 °
私
は
お
っ
ぱ
  
あ
た
る
た
び
に
ち
ょ
う
ど
良
い
刺
激
が
走
り
ま
す
 °






   

  
 
あ
 
あ
の
大
丈
夫
で
す
か
?
し
っ
か
り
し
て
く
だ
さ
い
!
 
  
 
  
で
す
 °
  
の
男
の
子
は
ど
こ
か
幸
せ
そ
う
な
表
情
で
気
を
失
っ
て
い
る
よ
う
  
男
の
子
を
仰
向
け
に
返
し
ま
す
 °
紺
の
フ
ァ
ス
ナ
|
の
学
ラ
ン
姿
  
 
  
 
え
:
:
や
だ
っ
 °
ど
う
し
よ
う
:
:
潰
し
ち
ゃ
っ
た
か
な
:
:
 
  
 
  
に
男
子
学
生
が
出
て
き
た
の
で
す
 °
  
や
っ
と
の
こ
と
で
お
っ
ぱ
い
を
持
ち
上
げ
る
と
下
か
ら
う
つ
伏
せ
  
の
中
に
し
ま
う
の
は
困
難
極
ま
り
な
か
っ
た
で
す
 °
  
再
び
動
き
出
し
た
電
車
で
片
房
1
2
0
k
g
あ
る
お
っ
ぱ
い
を
服
  
て
上
手
く
い
き
ま
せ
ん
 °
お
じ
さ
ま
に
手
伝
っ
て
も
ら
お
う
に
も
  
私
は
慌
て
て
 
お
っ
ぱ
い
を
メ
イ
ド
服
に
し
ま
い
ま
す
が
 
感
じ
  
か
し
い
く
ら
い
に
大
き
く
ビ
ン
ビ
ン
に
立
っ
て
い
ま
し
た
 °
  
ま
す
 °
さ
っ
き
ま
で
揉
ん
で
い
た
せ
い
も
あ
っ
て
 
乳
首
が
恥
ず
  
っ
ぱ
い
が
服
か
ら
完
全
に
こ
ぼ
れ
 
床
に
ド
|
ン
と
広
が
っ
て
い
  
ま
し
た
 °
私
は
背
を
起
こ
し
て
女
の
子
座
り
に
な
り
ま
す
が
 
  
お
っ
ぱ
い
に
掴
ん
で
た
私
は
バ
ラ
ン
ス
を
崩
し
て
転
ん
で
し
ま
い
  
電
車
が
急
停
車
し
た
の
で
 
手
す
り
や
つ
り
革
に
で
な
く
自
分
の

   

  
は
掴
み
き
れ
ま
せ
ん
 °
  
ど
ん
な
に
掴
も
う
と
し
て
も
大
き
く
て
柔
ら
か
い
私
の
お
っ
ぱ
い
  
 
  
し
の
お
っ
ぱ
い
を
両
腕
い
っ
ぱ
い
に
広
げ
て
掴
ん
で
き
た
の
で
す
 °
  
窒
息
し
そ
う
に
な
っ
た
時
に
目
を
覚
ま
し
た
よ
う
で
 
急
に
わ
た
  
ま
し
た
 °
  
で
す
が
 
案
の
定
男
の
子
も
ま
た
お
っ
ぱ
い
に
埋
も
れ
て
し
ま
い
  
お
っ
ぱ
い
が
大
き
す
ぎ
て
膝
が
お
っ
ぱ
い
に
埋
も
れ
て
し
ま
う
の
  
 
  
 
あ
っ
:
:
だ
:
:
め
:
:
 
  
 
ん
:
:
ん
|
ん
|
:
:
ん
!
 
  
 
  
男
の
子
も
気
が
つ
い
た
よ
う
で
す
 °
  
電
車
は
下
車
駅
に
滑
り
込
み
ま
す
 °
  
く
の
を
待
ち
ま
し
た
 °
  
あ
る
程
度
 
揺
さ
ぶ
っ
た
と
こ
ろ
で
 
膝
ま
く
ら
に
し
て
目
を
開
  
ま
い
ま
す
 °
こ
れ
で
は
意
識
が
戻
っ
て
も
目
を
開
け
れ
ま
せ
ん
 °
  
ぱ
い
も
盛
大
に
揺
れ
て
男
の
子
の
顔
に
容
赦
な
く
ぶ
つ
か
っ
て
し
  
男
の
子
の
肩
を
掴
ん
で
身
体
を
揺
さ
ぶ
る
の
で
す
が
 
私
の
お
っ
  
 

























   

  
 
何
言
っ
て
る
ん
で
す
か
?
自
分
の
姿
は
他
人
し
か
見
れ
な
い
ん
  
様
の
お
っ
ぱ
い
も
私
の
と
さ
し
て
変
わ
り
ま
せ
ん
が
:
:
 °
 
  
 
い
え
美
和
様
 
ま
だ
編
入
し
て
い
ま
せ
ん
が
:
:
そ
れ
に
美
和
  
巨
大
な
乳
房
が
制
服
に
包
ま
れ
る
な
ん
て
:
:
 
  
 
よ
う
こ
そ
私
立
逢
美
女
子
高
等
学
校
へ
 °
た
ま
ち
ゃ
ん
の
そ
の
  
 
  
正
門
に
は
美
和
様
と
房
子
様
が
出
迎
え
て
く
れ
ま
し
た
 °
  
 
  
 
  
 
  
 
  
子
様
の
通
う
高
校
に
到
着
で
す
 °
  
再
び
改
札
で
苦
戦
し
ま
し
た
が
 
な
ん
と
か
で
る
こ
と
が
で
き
房
  
 
  
さ
ま
を
追
い
か
け
て
電
車
を
降
り
ま
し
た
 °
  
私
は
 
男
の
子
を
抱
い
て
起
こ
す
と
お
っ
ぱ
い
を
揺
ら
し
て
お
じ
  
 
  
 
あ
 
は
|
い
!
 
  
 
た
ま
ち
ゃ
ん
 
降
り
る
ぞ
!
 
  
 

























   

  
ベ
ッ
ド
に
腰
を
か
け
ま
し
た
 °
  
そ
れ
を
見
た
美
和
様
は
つ
ま
ら
な
そ
う
に
保
健
室
に
備
え
て
あ
る
  
で
美
和
様
の
手
を
借
り
る
必
要
は
あ
り
ま
せ
ん
で
し
た
 °
  
で
す
が
私
の
服
は
後
ろ
の
フ
ァ
ス
ナ
|
さ
え
下
ろ
せ
ば
脱
げ
る
の
  
揉
み
し
だ
く
よ
う
で
危
な
い
で
す
 °
  
何
や
ら
美
和
様
の
表
情
が
輝
き
と
手
の
動
き
が
ワ
シ
ャ
ワ
シ
ャ
と
  
 
  
ま
す
よ
|
 °
 
  
 
さ
っ
さ
:
:
私
が
そ
の
キ
ツ
そ
う
な
服
を
脱
が
す
手
伝
い
を
し
  
 
  
を
す
る
保
健
室
に
案
内
さ
れ
ま
し
た
 °
  
と
も
あ
れ
 
私
と
お
じ
さ
ま
は
房
子
様
と
美
和
様
の
案
内
で
採
寸
  
 
  
と
は
あ
り
ま
せ
ん
 °
  
も
ち
ろ
ん
 
ど
ん
な
に
片
腕
を
上
げ
て
も
乳
房
が
持
ち
上
が
る
こ
  
り
自
分
の
乳
房
を
下
か
ら
持
ち
上
げ
る
よ
う
に
撫
で
ま
し
た
 °
  
私
は
美
和
様
の
は
ち
切
れ
そ
う
な
4
2
6
c
m
の
超
乳
を
見
る
な
  
 
  
と
が
で
き
な
い
ん
で
す
か
ら
 °
 
  
で
す
か
ら
私
と
同
じ
く
ら
い
の
超
乳
は
た
ま
ち
ゃ
ん
し
か
見
る
こ

   

  
な
い
で
し
ょ
!
!
 
  
 
ち
ょ
っ
と
た
ま
ち
ゃ
ん
 
動
か
な
い
で
!
正
確
な
数
値
が
測
れ
  
 
  
し
な
い
と
:
:
  
お
じ
さ
ま
は
ち
ょ
っ
と
目
を
離
す
と
こ
れ
だ
か
ら
私
が
し
っ
か
り
  
 
  
 
も
う
暇
だ
か
ら
っ
て
養
護
の
白
衣
に
手
を
出
す
な
ん
て
:
:
 
  
 
あ
 
い
や
:
:
暇
で
:
:
 
  
匂
い
嗅
い
で
る
ん
で
す
か
?
 
  
 
ち
ょ
:
:
お
じ
さ
ま
!
何
ハ
ン
ガ
|
に
か
か
っ
て
い
る
白
衣
の
  
 
  
お
じ
さ
ま
は
:
:
あ
れ
?
  
き
ま
す
 °
  
私
は
房
子
様
を
自
分
の
お
っ
ぱ
い
で
包
む
よ
う
に
採
寸
さ
れ
て
い
  
 
  
足
の
つ
ま
先
ま
で
隠
れ
て
乳
首
が
床
す
れ
す
れ
で
揺
れ
て
い
ま
す
 °
  
美
和
様
の
4
m
以
上
あ
る
お
っ
ぱ
い
は
腿
も
膝
も
ふ
く
ら
は
ぎ
も
  
 
  
ド
ス
ン
:
:
ギ
ギ
ギ
  
 

























   

  
き
ま
せ
ん
 °
  
く
れ
て
い
る
の
で
す
が
 
ま
っ
た
く
も
っ
て
そ
の
お
姿
が
確
認
で
  
房
子
さ
ま
が
私
の
お
っ
ぱ
い
を
目
の
前
に
し
て
サ
イ
ズ
を
測
っ
て
  
 
  
 
あ
い
よ
 
  
 
じ
ゃ
ぁ
美
和
は
後
ろ
に
回
っ
て
メ
ジ
ャ
|
支
え
て
!
 
  
 
  
に
も
飛
ん
で
い
き
そ
う
で
す
 °
  
下
に
も
っ
て
い
か
れ
ぶ
る
ん
ぶ
る
ん
と
た
わ
み
ぼ
た
ん
周
り
が
今
  
た
だ
飛
び
跳
ね
た
こ
と
で
お
っ
ぱ
い
に
密
着
し
て
い
た
制
服
が
上
  
く
れ
ま
し
た
 °
  
美
和
が
ベ
ッ
ド
か
ら
飛
び
跳
ね
る
よ
う
に
私
の
と
こ
ろ
ま
で
来
て
  
 
  
ギ
ギ
:
:
ド
ス
  
 
  
 
は
|
い
 °
 
  
 
美
和
 
手
伝
っ
て
!
 
  
 
  
私
が
動
い
た
こ
と
で
房
子
の
作
業
が
円
滑
に
進
ま
な
い
 °
  
 

























   

  
 
  
:
:
じ
ゃ
ぁ
ど
う
し
て
?
?
  
大
き
く
な
る
時
は
隠
し
味
と
か
じ
ゃ
な
く
て
直
接
飲
ん
だ
時
だ
け
  
お
っ
ぱ
い
ま
で
大
き
く
な
る
こ
と
は
滅
多
に
な
か
っ
た
 °
  
今
ま
で
も
姉
妹
の
母
乳
を
ブ
レ
ン
ド
す
る
こ
と
は
あ
っ
て
も
私
の
  
い
や
 
そ
う
じ
ゃ
な
い
 °
  
確
か
に
今
朝
の
鍋
は
美
和
様
の
母
乳
を
ブ
レ
ン
ド
し
ま
し
た
が
 
  
 
  
ね
ぇ
房
子
ち
ゃ
ん
 
私
も
測
っ
て
ほ
し
い
な
|
 
  
 
成
長
し
た
ん
で
す
よ
 
今
朝
の
怪
し
い
お
鍋
の
所
為
で
す
よ
 °
  
 
え
?
大
き
く
な
っ
て
な
い
?
 
  
:
:
4
0
2
c
m
だ
ね
:
:
ヒ
ッ
プ
は
9
2
c
m
!
 
  
 
え
っ
と
 
バ
ス
ト
の
ア
ン
ダ
|
が
7
1
c
m
で
ト
ッ
プ
が
:
:
  
 
  
そ
れ
か
ら
お
じ
さ
ま
は
窓
か
ら
ず
っ
と
外
を
見
て
い
ま
す
 °
  
て
い
る
こ
と
に
気
づ
い
て
い
な
い
の
で
し
ょ
う
か
 °
  
の
よ
う
で
お
っ
ぱ
い
が
私
の
身
体
を
包
ん
で
し
ま
い
そ
う
に
な
っ
  
暖
か
い
で
す
 °
美
和
様
は
メ
ジ
ャ
|
を
持
つ
こ
と
に
精
い
っ
ぱ
い
  
そ
れ
か
ら
後
ろ
に
い
る
美
和
様
の
超
乳
が
背
中
に
広
が
っ
て
い
て
  
私
の
お
っ
ぱ
い
は
そ
ん
な
に
大
き
い
の
で
し
ょ
う
か
:
:
 °



   

  
緒
に
頼
ん
で
し
ま
い
ま
し
た
 °
  
私
も
な
ぜ
か
房
子
様
の
サ
イ
ズ
が
気
に
な
っ
た
の
で
美
和
様
と
一
  
 
  
 
房
子
様
も
測
っ
て
く
だ
さ
い
!
 
  
 
え
?
私
は
い
い
よ
 °
 
  
:
も
う
:
:
次
は
房
子
ち
ゃ
ん
の
番
だ
よ
 °
 
  
 
そ
ん
な
:
:
た
っ
た
6
0
c
m
も
大
き
く
な
ら
な
い
な
ん
て
:
  
ッ
プ
は
1
0
1
c
m
 °
 
  
|
バ
ス
ト
は
7
5
c
m
 
ト
ッ
プ
は
:
:
:
:
4
8
5
c
m
 
  
 
ち
ょ
っ
と
美
和
 
し
っ
か
り
立
っ
て
!
:
:
え
っ
と
 
ア
ン
ダ
  
て
暖
か
い
:
:
 °
そ
れ
に
ど
ん
ど
ん
沈
ん
で
い
く
:
:
 °
 
  
 
あ
:
:
た
ま
ち
ゃ
ん
の
お
っ
ぱ
い
が
背
中
い
っ
ぱ
い
に
広
が
っ
  
 
  
私
が
今
度
は
美
和
様
を
包
み
込
む
番
で
す
 °
  
房
子
様
の
手
を
煩
わ
せ
る
ま
で
も
あ
り
ま
せ
ん
で
し
た
 °
  
和
様
の
制
服
の
ボ
タ
ン
が
い
く
つ
か
自
然
と
外
れ
て
い
き
ま
す
 °
  
ほ
い
っ
と
美
和
様
が
胸
を
房
子
様
に
突
き
出
す
と
そ
れ
だ
け
で
美
  
 
  
外
し
て
く
れ
る
?
 
  
 
は
い
は
い
 
交
代
交
代
 °
房
子
ち
ゃ
ん
 
私
の
制
服
の
ボ
タ
ン

   

  
 
  
お
じ
さ
ま
が
び
っ
く
り
し
て
転
ん
で
し
ま
っ
た
の
で
す
 °
  
い
ま
す
 °
空
気
も
振
動
し
て
い
る
よ
う
に
感
じ
ま
し
た
 °
  
規
格
外
で
戒
め
の
な
い
超
乳
が
狭
い
保
健
室
内
で
盛
大
に
揺
れ
て
  
し
た
 °
  
し
く
な
っ
て
し
ま
っ
て
房
子
様
の
周
り
で
は
し
ゃ
い
で
し
ま
い
ま
  
房
子
様
の
周
り
で
美
和
様
が
喜
ん
で
い
ま
す
 °
私
も
な
ん
だ
か
嬉
  
 
  
 
や
っ
た
ね
!
1
m
ま
で
あ
と
1
c
m
だ
よ
 °
房
子
ち
ゃ
ん
!
 
  
 
  
な
ん
と
1
c
m
大
き
く
な
り
9
9
c
m
に
な
っ
て
い
た
の
で
す
 °
  
成
長
が
止
ま
っ
て
い
た
と
思
わ
れ
て
い
た
房
子
様
の
お
っ
ぱ
い
が
  
 
  
く
な
っ
た
!
 
  
 
バ
ス
ト
サ
イ
ズ
が
9
9
c
m
:
:
え
?
う
そ
?
1
c
m
も
大
き
  
 
  
自
分
自
身
で
メ
ジ
ャ
|
を
巻
い
て
し
ま
い
読
み
上
げ
ま
し
た
 °
  
る
の
に
何
人
も
の
手
を
煩
わ
す
必
要
が
あ
り
ま
せ
ん
 °
  
ッ
チ
リ
と
可
愛
ら
し
か
っ
た
で
す
 °
し
か
し
私
ど
も
み
た
い
に
測
  
房
子
様
の
お
っ
ぱ
い
は
小
さ
い
な
が
ら
も
形
が
綺
麗
で
乳
首
も
ポ

   

  
る
の
で
す
が
:
:
 °
 
  
 
と
こ
ろ
で
 
お
じ
さ
ま
?
採
寸
な
ら
ば
家
で
も
で
き
た
気
が
す
  
 
  
閃
い
た
時
の
表
情
で
す
よ
:
:
 °
  
お
じ
さ
ま
 
そ
れ
だ
け
と
言
い
な
が
ら
そ
の
顔
は
何
か
い
い
こ
と
  
 
  
子
も
あ
ん
な
恰
好
し
て
い
た
か
ら
な
 °
う
ん
 °
そ
れ
だ
け
だ
 °
 
  
 
そ
う
か
 °
環
絵
が
来
る
途
中
 
電
車
の
中
で
ぶ
つ
か
っ
た
男
の
  
 
  
だ
っ
た
気
が
:
:
  
れ
て
し
ま
っ
た
時
に
潰
し
た
男
の
子
も
紺
の
フ
ァ
ス
ナ
|
学
ラ
ン
  
紺
の
フ
ァ
ス
ナ
|
の
学
ラ
ン
:
:
そ
う
い
え
ば
行
き
の
電
車
で
倒
  
 
  
ァ
ス
ナ
|
の
学
ラ
ン
着
て
る
で
し
ょ
?
 
  
 
そ
れ
は
た
ぶ
ん
隣
に
あ
る
男
子
高
の
生
徒
だ
と
思
う
 °
紺
の
フ
  
と
:
:
 
  
 
お
じ
さ
ま
 
こ
こ
は
女
子
高
で
す
の
で
男
子
生
徒
は
い
な
い
か
  
も
い
る
の
か
?
 
  
 
あ
ぁ
大
丈
夫
だ
 °
そ
れ
よ
り
房
子
 °
こ
の
学
校
に
は
男
子
生
徒
  
 
お
じ
さ
ま
!
し
っ
か
り
し
て
く
だ
さ
い
!
 








   

  
て
降
り
ら
れ
ま
せ
ん
 °
私
は
ち
ょ
っ
と
揺
ら
し
て
隙
間
を
作
ろ
う
  
お
兄
さ
ん
が
降
り
よ
う
と
席
を
立
つ
と
私
の
お
っ
ぱ
い
が
邪
魔
し
  
だ
っ
た
に
違
い
あ
り
ま
せ
ん
 °
  
向
か
い
に
座
っ
て
い
た
若
い
お
兄
さ
ん
の
股
間
は
き
っ
と
大
惨
事
  
被
ら
な
か
っ
た
こ
と
だ
け
が
幸
い
で
し
た
 °
  
立
っ
て
い
る
時
よ
り
邪
魔
な
私
の
お
っ
ぱ
い
は
帰
宅
ラ
ッ
シ
ュ
と
  
ま
し
た
 °
  
お
兄
さ
ん
の
膝
に
乳
首
が
当
た
っ
て
刺
激
さ
れ
て
勃
起
し
ち
ゃ
い
  
通
路
を
塞
い
で
し
ま
う
だ
け
で
な
く
反
対
側
に
座
っ
て
い
た
若
い
  
そ
れ
に
 
ロ
ン
グ
シ
|
ト
の
車
内
で
は
お
っ
ぱ
い
が
大
き
す
ぎ
て
  
分
と
っ
て
し
ま
い
ま
し
た
 °
  
の
で
す
が
 
座
席
は
1
人
分
で
収
ま
る
は
ず
も
な
く
1
人
で
3
人
  
帰
り
は
行
き
の
反
省
も
踏
ま
え
て
電
車
の
中
で
は
着
席
し
て
い
た
  
 
  
や
片
づ
け
て
お
じ
さ
ま
と
帰
宅
し
ま
し
た
 °
  
な
ん
か
騙
さ
れ
た
気
が
し
て
や
み
ま
せ
ん
 °
私
た
ち
は
測
る
や
否
  
 
  
 
な
ん
な
ん
で
す
か
:
:
そ
れ
:
:
 
  
だ
 °
社
会
科
見
学
の
よ
う
な
も
ん
だ
 °
 
  
 
ん
?
い
 
い
や
|
そ
れ
は
だ
な
:
:
そ
う
だ
な
:
:
:
:
ア
レ

   

  
向
っ
て
謝
り
ま
す
 °
  
私
は
お
っ
ぱ
い
の
せ
い
で
見
え
な
い
 
し
が
み
つ
く
お
兄
さ
ん
に
  
 
  
鳴
ら
れ
て
し
ま
い
申
し
訳
あ
り
ま
せ
ん
で
し
た
:
:
 °
 
  
た
か
存
じ
ま
せ
ん
が
 
私
 
小
熊
環
絵
の
淫
ら
な
胸
の
所
為
で
怒
  
兄
さ
ん
は
電
車
か
ら
降
り
ら
れ
ま
せ
ん
し
:
:
 °
あ
の
:
:
ど
な
  
う
に
も
今
は
人
が
多
い
の
で
:
:
そ
れ
に
こ
う
で
も
し
な
い
と
お
  
 
お
 
お
じ
さ
ま
?
私
は
大
丈
夫
で
す
よ
 °
私
の
超
乳
は
動
か
そ
  
 
  
そ
の
一
言
に
ど
う
し
た
ら
い
い
の
か
わ
か
り
ま
せ
ん
 °
  
 
  
神
聖
な
る
乳
房
を
も
っ
て
い
る
の
だ
ぞ
!
 
  
 
お
い
 
私
の
か
わ
い
い
娘
に
何
を
す
る
!
?
熊
野
家
の
女
性
は
  
 
  
で
し
た
 °
そ
れ
に
お
兄
さ
ん
に
向
っ
て
言
っ
た
の
で
す
 °
  
で
す
が
:
:
た
だ
一
人
 
お
じ
さ
ま
だ
け
が
赤
面
し
て
い
ま
せ
ん
  
の
異
様
な
光
景
に
み
な
さ
ん
が
赤
面
し
て
い
ま
し
た
 °
私
も
そ
う
  
男
の
人
が
身
体
全
体
で
刺
激
を
与
え
て
く
れ
ま
す
 °
車
内
で
は
そ
  
ぷ
っ
く
り
膨
れ
た
乳
輪
に
し
が
み
つ
い
て
し
ま
い
ま
し
た
 °
  
と
し
た
の
で
す
が
 
お
兄
さ
ん
は
私
の
乳
首
が
股
下
を
持
ち
上
げ

   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
さ
て
晩
御
飯
つ
く
ら
な
き
ゃ
 °
  
な
表
情
に
不
安
が
残
る
一
日
で
し
た
 °
  
し
ま
う
の
で
は
な
い
か
と
 
そ
れ
か
ら
お
じ
さ
ま
の
何
や
ら
策
士
  
一
希
様
を
目
の
前
に
し
た
ら
お
っ
ぱ
い
で
理
性
が
持
っ
て
か
れ
て
  
 
  
ん
て
厭
ら
し
い
お
っ
ぱ
い
な
の
で
し
ょ
う
か
 °
  
見
知
ら
ぬ
男
性
に
こ
ん
な
に
も
ム
ラ
ム
ラ
し
て
し
ま
う
な
ん
て
な
  
た
 °
  
し
て
私
の
お
っ
ぱ
い
に
口
づ
け
を
し
て
電
車
を
降
り
て
行
き
ま
し
  
お
兄
さ
ん
は
何
も
悪
く
な
い
の
に
軽
く
謝
っ
て
く
れ
ま
し
た
 °
  
 

























  > ≫