行
方
不
明
に
な
っ
て
か
ら
僅
か
2
日
後
に
学
校
の
前
で
純
白
の
ウ
  
ゃ
な
い
 
と
口
を
揃
え
て
い
た
 °
  
私
も
含
め
て
女
の
子
は
泣
い
た
し
 
男
子
は
 
俺
が
や
っ
た
ん
じ
  
ペ
|
タ
|
が
行
方
不
明
に
な
っ
た
 °
  
で
も
夏
休
み
が
明
け
て
か
ら
 
誰
の
仕
業
か
は
わ
か
ら
な
い
け
ど
  
 
  
 
  
雄
だ
っ
た
し
純
白
で
優
し
い
性
格
を
し
て
い
た
か
ら
:
:
  
い
 
名
前
を
ペ
|
タ
|
に
し
た
 °
  
私
も
そ
う
だ
っ
た
 °
○
学
3
年
生
の
時
に
ウ
サ
ギ
を
ク
ラ
ス
で
飼
  
 
  
若
干
の
誤
差
は
あ
れ
ど
 
小
動
物
を
飼
っ
た
こ
と
が
あ
る
は
ず
だ
 °
  
人
に
よ
っ
て
は
モ
ル
モ
ッ
ト
だ
っ
た
り
カ
メ
だ
っ
た
り
  
ろ
う
 °
  
誰
も
が
○
学
生
の
時
に
ク
ラ
ス
で
ウ
サ
ギ
を
飼
っ
た
こ
と
が
る
だ
  
 
  
1
 
ウ
サ
ギ
  
  
ハ
ヤ
ト
 
作
  
不
思
議
な
国
の
:
:


















≪ <  

  
反
∧
笑
  
首
に
は
ウ
サ
ギ
を
模
っ
た
ア
ク
セ
サ
リ
|
:
:
も
ち
ろ
ん
校
則
違
  
鞄
に
は
ウ
サ
ギ
の
キ
ャ
ラ
ク
タ
|
の
マ
ス
コ
ッ
ト
キ
|
ホ
ル
ダ
|
  
そ
ん
な
私
も
今
や
中
学
2
年
生
 °
  
 
  
 
  
サ
ギ
好
き
に
な
っ
て
い
た
 °
  
し
か
も
何
気
に
格
好
い
い
役
回
り
を
し
て
い
た
か
ら
 
余
計
に
ウ
  
お
と
ぎ
話
に
出
て
く
る
ウ
サ
ギ
は
決
ま
っ
て
純
白
 °
  
 
  
の
ウ
サ
ギ
が
好
き
だ
っ
た
 °
  
で
も
ま
ぁ
正
直
言
う
と
ペ
|
タ
|
が
好
き
な
ん
じ
ゃ
な
く
て
純
白
  
私
は
大
好
き
だ
っ
た
 °
ペ
|
タ
|
が
:
:
  
 
  
タ
|
の
墓
 
に
埋
め
た
 °
ご
め
ん
ね
っ
て
 °
 °
  
私
た
ち
は
 
そ
の
泥
ま
み
れ
で
倒
れ
て
い
た
ウ
サ
ギ
を
 
 
ペ
|
  
 
  
息
は
な
か
っ
た
 °
  
見
つ
け
た
 °
  
サ
ギ
が
泥
ま
み
れ
で
倒
れ
て
い
る
の
が
 
登
校
し
て
き
た
教
師
が

   

  
私
も
そ
ん
な
佑
磨
く
ん
に
ち
ょ
っ
と
恋
心
抱
い
て
る
け
ど
 
佑
磨
  
人
気
者
 °
  
あ
ま
り
活
発
で
な
い
私
に
話
し
掛
け
て
く
れ
る
優
し
い
ク
ラ
ス
の
  
の
付
き
合
い
 °
  
廊
下
で
私
を
呼
ん
で
い
る
男
の
子
 
佑
磨
く
ん
:
:
○
学
校
か
ら
  
 
  
 
あ
 
佑
磨
く
ん
 °
 
  
 
未
咲
|
 
帰
る
か
?
 
  
 
  
 
  
少
し
色
気
を
出
す
た
め
に
買
っ
た
赤
い
伊
達
メ
ガ
ネ
 °
  
な
身
長
 °
  
身
長
も
ほ
か
の
女
の
子
と
比
べ
て
も
さ
し
て
変
わ
ら
な
い
平
均
的
  
肩
ま
で
か
か
っ
た
髪
の
毛
は
淡
い
栗
の
色
 °
  
放
課
後
を
知
ら
せ
る
チ
ャ
イ
ム
と
同
時
に
教
室
を
颯
爽
と
出
る
 °
  
 
  
し
な
か
っ
た
 °
  
ま
さ
か
私
も
こ
こ
ま
で
無
類
の
ウ
サ
ギ
好
き
に
な
る
と
は
思
い
も
  
 
  
ケ
|
タ
イ
に
も
ジ
ャ
ラ
ジ
ャ
ラ
と
つ
い
た
ウ
サ
ギ
た
ち
 °
 °
 °


   

  
 
わ
ぁ
|
ウ
サ
ギ
だ
 °
生
ウ
サ
ギ
!
!
こ
っ
ち
み
て
る
ぅ
!
 
  
 
  
そ
こ
で
 
な
ん
と
私
た
ち
は
純
白
の
ウ
サ
ギ
に
出
逢
っ
た
の
だ
 °
  
 
  
次
の
角
で
佑
磨
く
ん
と
は
お
別
れ
:
:
っ
て
あ
れ
?
  
た
 °
  
ち
ょ
う
ど
 
一
昨
年
ま
で
在
籍
し
て
い
た
○
学
校
の
裏
に
来
て
い
  
下
校
し
て
い
る
と
  
途
中
 
ピ
ッ
ト
イ
ン
と
称
し
て
コ
ン
ビ
ニ
や
本
屋
で
涼
み
な
が
ら
  
楽
し
い
時
間
は
あ
っ
と
い
う
間
に
過
ぎ
て
い
く
  
 
  
自
然
と
汗
が
出
て
く
る
ほ
ど
だ
っ
た
 °
  
誰
よ
り
も
先
に
昇
降
口
を
出
る
と
外
は
真
夏
真
っ
盛
り
  
 
  
 
そ
う
だ
ね
 °
 
  
 
あ
っ
ち
ぃ
な
 °
 
  
 
  
 
  
か
ま
っ
て
く
れ
る
だ
け
で
も
幸
せ
 °
  
く
ん
な
り
に
好
き
な
人
が
い
る
み
た
い
だ
か
ら








   

  
っ
ぱ
い
だ
か
ら
帰
ろ
う
ね
 °
 
  
 
:
:
ウ
サ
ギ
さ
ん
:
:
○
学
校
か
ら
来
た
の
?
外
は
危
険
が
い
  
 
  
い
た
 °
  
て
い
た
が
 
急
に
大
人
し
く
な
っ
て
た
だ
た
だ
私
の
こ
と
を
見
て
  
ウ
サ
ギ
は
ビ
ク
ッ
と
反
応
し
て
 
膨
ら
み
か
け
の
胸
元
で
も
が
い
  
そ
し
て
抱
き
上
げ
る
こ
と
が
で
き
た
 °
  
 
  
私
は
ど
ん
ど
ん
ウ
サ
ギ
と
の
距
離
を
縮
め
て
い
く
 °
  
な
ん
て
カ
ワ
イ
イ
生
き
も
の
な
ん
だ
ろ
う
 °
  
じ
っ
と
見
つ
め
て
く
る
 °
  
そ
の
言
葉
に
反
応
し
た
の
か
 
ウ
サ
ギ
が
立
ち
止
ま
り
ま
た
私
を
  
 
  
 
  
 
お
 
お
い
未
咲
!
!
 
  
 
あ
 
待
っ
て
ペ
|
タ
|
!
!
 
  
 
  
た
ら
 
ぷ
ぃ
と
そ
っ
ぽ
を
向
い
て
ど
こ
か
へ
行
っ
て
し
ま
っ
た
 °
  
ウ
サ
ギ
は
警
戒
す
る
よ
う
に
私
の
方
を
見
つ
め
て
い
た
か
と
思
っ
  
 

























   

  
 
お
 
お
い
未
咲
ま
で
行
っ
て
ど
う
す
ん
だ
よ
 °
お
い
っ
て
ば
!
 
  
 
  
き
だ
と
思
っ
た
 °
  
に
思
え
た
し
 
私
は
ウ
サ
ギ
が
好
き
だ
か
ら
こ
れ
は
後
を
追
う
べ
  
数
歩
歩
む
た
び
に
私
を
見
つ
め
て
く
る
 °
私
を
誘
っ
て
い
る
よ
う
  
 
  
学
校
の
塀
の
下
に
穴
が
あ
り
 
隣
の
敷
地
へ
と
歩
ん
で
行
っ
た
 °
  
だ
し
た
 °
  
そ
ん
な
こ
と
を
考
え
て
い
た
ら
ウ
サ
ギ
は
あ
ら
ぬ
方
向
へ
と
歩
み
  
い
る
の
だ
ろ
う
か
 °
  
も
し
か
し
た
ら
ウ
サ
ギ
さ
ん
も
私
の
こ
と
が
好
き
で
い
て
く
れ
て
  
し
か
し
 
ウ
サ
ギ
は
私
か
ら
離
れ
な
い
 °
  
っ
た
 °
  
そ
う
言
っ
て
私
は
ウ
サ
ギ
を
抱
え
○
学
校
の
裏
門
か
ら
校
内
へ
放
  
 
  
 
う
ん
 °
 
  
そ
う
ぜ
 °
 
  
 
は
は
は
 
な
ん
じ
ゃ
そ
り
ゃ
 °
っ
ま
 
危
な
い
か
ら
校
内
に
返
  
 
う
う
ん
 °
白
ウ
サ
ギ
‖
ペ
|
タ
|
な
の
 °
 
  
 
て
か
 
ペ
|
タ
|
っ
て
 
未
咲
は
ウ
サ
ギ
‖
ペ
|
タ
|
な
の
か
?
 

   

  
 
大
丈
夫
?
目
が
覚
め
ま
し
た
?
 
  
 
  
て
 
そ
れ
で
追
い
か
け
て
た
ら
:
:
 
  
 
あ
れ
 
私
:
:
そ
う
だ
 
学
校
の
帰
り
道
に
ウ
サ
ギ
を
見
つ
け
  
 
  
目
を
覚
ま
し
た
ら
そ
こ
は
見
た
こ
と
も
な
い
部
屋
だ
っ
た
 °
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
道
端
で
 
未
咲
の
鞄
と
取
り
残
さ
れ
た
佑
磨
 °
  
 
  
私
は
落
ち
た
 °
  
そ
し
て
子
供
が
辛
う
じ
て
潜
れ
そ
う
な
穴
に
差
し
掛
か
っ
た
時
に
  
 

























   

  
 
  
 
こ
の
世
界
?
 
  
 
  
落
ち
て
こ
の
世
界
に
き
た
ん
だ
わ
:
:
 °
 
  
 
ま
ぁ
私
と
同
い
年
な
の
ね
 °
ウ
サ
ギ
っ
て
こ
と
は
あ
の
穴
か
ら
  
 
  
そ
れ
で
:
:
 
  
 
私
は
未
咲
 °
1
4
歳
 
学
校
帰
り
に
ウ
サ
ギ
を
見
つ
け
て
:
:
  
 
ゆ
っ
く
り
聞
い
て
ね
 °
私
は
ア
リ
ス
 °
あ
な
た
は
?
 
  
 
  
ッ
ド
の
上
で
横
に
な
る
 °
  
私
は
言
わ
れ
る
が
ま
ま
に
身
体
を
包
み
込
む
よ
う
な
柔
ら
か
い
ベ
  
外
人
さ
ん
は
日
本
語
を
流
暢
に
使
い
こ
な
し
て
い
る
よ
う
だ
っ
た
 °
  
 
  
 
  
 
も
う
少
し
こ
の
ま
ま
 
ゆ
っ
く
り
し
て
い
っ
て
く
だ
さ
い
ね
 °
 
  
 
  
が
私
の
顔
色
を
う
か
が
っ
て
い
た
 °
  
ふ
い
に
上
の
方
か
ら
声
が
す
る
か
ら
見
て
み
る
と
 
外
人
さ
ん
?
  
 

























   

  
襟
も
と
が
大
き
く
開
い
た
と
こ
ろ
か
ら
は
ぎ
ゅ
う
ぎ
ゅ
う
に
詰
め
  
絵
本
の
と
お
り
:
:
だ
け
ど
身
体
の
一
部
分
だ
け
違
う
 °
  
服
装
や
顔
立
ち
は
さ
っ
き
の
通
り
な
ん
だ
け
ど
 
華
奢
な
身
体
も
  
 
  
だ
っ
て
ア
リ
ス
の
身
体
が
絵
本
と
全
然
違
っ
た
か
ら
だ
 °
  
 
  
し
ま
っ
た
 °
  
ス
の
方
を
向
く
 °
そ
こ
で
私
は
再
び
頭
の
回
転
が
ス
ト
ッ
プ
し
て
  
だ
ん
だ
ん
頭
の
回
転
が
戻
っ
て
き
た
か
ら
身
体
を
起
こ
し
て
ア
リ
  
 
  
け
た
 
少
女
服
 °
  
し
た
顔
立
ち
:
:
そ
れ
に
水
色
の
ワ
ン
ピ
|
ス
に
白
い
飾
り
を
つ
  
と
い
う
よ
り
 
同
じ
 °
金
色
の
髪
の
毛
に
大
き
な
瞳
 
す
っ
き
り
  
た
 
不
思
議
の
国
の
ア
リ
ス
 
と
似
て
い
る
 °
  
そ
れ
に
し
て
も
 
こ
の
ア
リ
ス
さ
ん
 °
昔
 
絵
本
や
遊
園
地
で
見
  
 
  
め
て
し
ま
っ
た
 °
  
そ
し
て
今
い
る
場
所
が
異
世
界
な
の
を
な
ぜ
か
す
ん
な
り
呑
み
込
  
確
か
に
遠
く
上
の
方
か
ら
光
が
差
し
込
ん
で
い
る
の
が
わ
か
る
 °
  
ア
リ
ス
は
部
屋
の
一
角
を
指
差
し
 
私
は
そ
の
方
向
を
見
た
 °


   

  
の
人
も
滅
多
に
見
な
い
わ
 °
 
  
込
む
ほ
ど
大
き
な
お
っ
ぱ
い
に
会
っ
た
け
ど
 
こ
こ
ん
と
こ
は
そ
  
 
う
う
ん
 °
私
だ
け
:
:
以
前
は
私
ほ
ど
で
は
な
い
け
れ
ど
抱
え
  
 
よ
 
4
5
0
c
m
?
ア
リ
ス
の
家
族
は
皆
大
き
い
の
?
 
  
き
く
な
っ
て
い
る
の
 °
 
  
5
0
c
m
に
も
な
っ
て
た
わ
 °
今
も
1
日
2
0
|
3
0
c
m
は
大
  
っ
た
ん
だ
け
ど
 
最
近
は
ど
ん
ど
ん
成
長
し
て
今
朝
測
っ
た
ら
4
  
 
私
も
前
は
未
咲
み
た
い
に
可
愛
ら
し
い
大
き
さ
の
お
っ
ぱ
い
だ
  
 
大
き
す
ぎ
る
で
し
ょ
:
:
 °
 
  
っ
き
ま
で
私
の
お
っ
ぱ
い
の
上
で
横
に
な
っ
て
い
た
の
に
 °
 °
 
  
っ
ぱ
い
よ
 °
私
の
お
っ
ぱ
い
 
立
派
で
し
ょ
?
そ
れ
に
未
咲
は
さ
  
 
塊
な
ん
て
失
礼
じ
ゃ
な
い
か
し
ら
?
こ
れ
は
れ
っ
き
と
し
た
お
  
 
ア
 
ア
リ
ス
こ
の
大
き
な
塊
:
:
っ
て
 
  
 
  
の
塊
は
大
き
か
っ
た
 °
  
た
状
態
の
ア
リ
ス
が
一
人
で
大
玉
を
二
つ
抱
え
て
い
る
ほ
ど
に
そ
  
を
乗
り
越
え
て
ズ
|
ン
と
重
鎮
し
て
い
る
 °
ま
る
で
腰
を
下
ろ
し
  
そ
の
肌
色
は
前
へ
前
へ
と
ま
ん
丸
と
膨
ら
み
 
折
り
曲
げ
た
両
足
  
い
る
 °
  
こ
ま
れ
た
肌
色
が
あ
り
 
真
ん
中
に
は
深
い
深
い
谷
間
が
で
き
て

   

  
う
か
 
震
え
の
根
源
を
手
に
つ
か
み
 
取
り
出
し
た
 °
  
そ
し
て
し
ば
ら
く
す
る
と
 
私
は
バ
イ
ブ
レ
|
シ
ョ
ン
な
の
だ
ろ
  
 
  
 
あ
ぁ
ん
 °
お
っ
ぱ
い
が
膨
ら
ん
で
い
る
わ
 °
 
  
 
  
び
 
だ
ん
だ
ん
と
圧
力
が
高
ま
っ
て
い
る
 °
  
潜
り
込
む
 °
両
側
か
ら
締
め
付
け
て
く
る
乳
肉
は
相
当
な
熱
を
帯
  
ゴ
ム
毬
の
よ
う
に
張
り
が
あ
る
の
に
柔
ら
か
く
ど
こ
ま
で
も
腕
が
  
私
は
躊
躇
し
な
が
ら
も
ア
リ
ス
の
谷
間
に
腕
を
潜
ら
せ
る
 °
  
 
  
 
は
 
早
く
!
お
っ
ぱ
い
破
裂
し
ち
ゃ
う
ぅ
 °
 
  
 
何
を
?
 
  
未
咲
お
願
い
 
私
の
お
っ
ぱ
い
の
谷
間
か
ら
取
り
出
し
て
 °
 
  
 
あ
 
だ
め
:
:
感
じ
ち
ゃ
う
:
:
で
 
で
も
気
持
ち
い
い
:
:
  
 
  
小
刻
み
に
そ
れ
で
い
て
盛
大
に
揺
れ
だ
す
 °
  
乳
肉
が
溢
れ
て
い
る
 °
し
ば
ら
く
す
る
と
ア
リ
ス
の
お
っ
ぱ
い
が
  
チ
と
ア
リ
ス
の
服
を
パ
ツ
ン
パ
ツ
ン
に
引
き
延
ば
し
 
襟
口
か
ら
  
一
動
作
す
る
た
び
に
グ
ワ
ン
グ
ワ
ン
揺
れ
る
お
っ
ぱ
い
は
ミ
チ
ミ
  
 

























   

  
 
  
て
い
る
 °
  
あ
が
る
が
ア
リ
ス
の
身
体
の
半
分
は
お
っ
ぱ
い
で
隠
れ
て
し
ま
っ
  
も
む
ろ
に
立
ち
上
が
っ
た
 °
お
っ
ぱ
い
は
重
力
に
負
け
ず
に
持
ち
  
ア
リ
ス
は
話
終
わ
る
と
ケ
|
タ
イ
を
胸
ポ
ケ
ッ
ト
に
し
ま
い
 
  
っ
て
い
る
 °
  
か
ら
乳
肉
が
は
み
出
し
 
そ
の
面
積
も
時
間
を
追
う
ご
と
に
広
が
  
は
服
の
限
界
を
超
え
て
し
ま
っ
た
の
か
 
服
の
継
ぎ
目
は
至
る
所
  
お
か
げ
で
な
の
か
 
そ
の
所
為
で
な
の
か
 
ア
リ
ス
の
お
っ
ぱ
い
  
 
  
て
ま
し
た
よ
 °
そ
の
ケ
|
タ
イ
:
:
 
  
 
い
や
い
や
 
ア
リ
ス
さ
ん
?
十
分
に
バ
イ
ブ
の
替
わ
り
を
務
め
  
り
ま
し
た
の
 °
 
  
お
り
ま
せ
ん
わ
 °
た
だ
ど
こ
に
あ
る
か
わ
か
ら
な
く
て
探
し
て
お
  
携
帯
電
話
を
バ
イ
ブ
の
替
わ
り
に
?
そ
ん
な
ハ
シ
タ
ナ
イ
事
し
て
  
 
貸
し
て
:
:
 °
は
い
 
ア
リ
ス
で
す
 °
は
い
:
:
え
?
そ
ん
な
  
 
着
信
:
:
お
姉
様
:
:
 
  
 
  
る
と
見
慣
れ
た
も
の
で
 
そ
れ
は
携
帯
電
話
だ
っ
た
 °
  
と
り
だ
し
た
淫
乱
ア
リ
ス
さ
ん
の
バ
イ
ブ
レ
|
シ
ョ
ン
 
よ
く
見

   

  
ぱ
い
に
移
す
 °
  
ア
リ
ス
は
一
度
し
ゃ
が
み
こ
み
未
咲
を
掌
に
乗
せ
 
自
分
の
お
っ
  
 
  
 
う
ん
 °
凄
い
圧
倒
的
に
見
え
る
 °
 
  
か
ら
5
0
の
3
乗
倍
大
き
い
わ
 °
 
  
た
基
準
で
み
る
と
今
の
私
は
身
長
8
0
m
 
お
っ
ぱ
い
は
体
積
だ
  
い
 °
私
の
世
界
で
は
こ
の
身
長
が
1
6
0
c
m
な
の
 °
で
も
あ
な
  
 
驚
い
た
で
し
ょ
?
こ
れ
が
本
当
の
私
 °
さ
っ
き
の
5
0
倍
く
ら
  
 
  
巨
大
化
し
た
ア
リ
ス
が
い
た
 °
  
身
体
全
体
が
膨
張
し
て
気
づ
く
と
さ
っ
き
の
何
十
倍
に
も
大
き
く
  
す
る
と
ど
う
だ
ろ
う
 °
ア
リ
ス
の
お
っ
ぱ
い
が
:
:
と
い
う
よ
り
  
 
  
ら
小
瓶
を
と
る
と
中
に
入
っ
て
い
た
黒
い
液
体
を
飲
み
ほ
し
た
 °
  
そ
う
い
う
と
 
ア
リ
ス
は
部
屋
の
真
ん
中
に
あ
っ
た
テ
|
ブ
ル
か
  
 
  
界
の
奥
ま
で
進
ま
な
け
れ
ば
な
ら
な
い
け
れ
ど
:
:
 
  
自
分
の
世
界
に
ち
ゃ
ん
と
戻
れ
る
か
ら
 °
そ
の
た
め
に
は
こ
の
世
  
か
ら
私
の
世
界
に
ち
ょ
っ
と
戻
る
わ
ね
 °
:
:
大
丈
夫
 °
未
咲
も
  
 
ご
め
ん
ね
 °
未
咲
 °
ち
ょ
っ
と
お
姉
様
に
呼
ば
れ
て
し
ま
っ
た

   

  
ろ
す
 °
  
そ
う
優
し
く
言
う
と
 
ア
リ
ス
は
未
咲
を
摘
ま
み
暖
炉
の
前
に
下
  
 
  
し
 
自
分
が
な
ぜ
こ
こ
に
来
た
か
も
解
る
し
 °
が
ん
ば
っ
て
ね
 °
 
  
進
め
ば
 
ど
う
に
か
な
る
わ
 °
き
っ
と
ウ
サ
ギ
さ
ん
も
見
つ
か
る
  
見
て
も
小
さ
い
か
ら
 °
本
当
に
:
:
で
 
そ
の
扉
を
開
け
て
中
に
  
に
今
の
私
を
基
準
に
し
て
い
る
わ
け
で
は
な
い
わ
 °
あ
な
た
か
ら
  
あ
げ
る
 °
あ
な
た
は
こ
の
後
暖
炉
の
横
に
あ
る
小
さ
な
扉
:
:
別
  
元
の
世
界
に
は
戻
れ
な
い
の
 °
で
も
心
配
し
な
い
で
私
が
助
け
て
  
 
ね
ぇ
未
咲
 
あ
な
た
は
こ
れ
か
ら
こ
の
世
界
を
踏
破
し
な
い
と
  
 
  
ず
の
ア
リ
ス
の
顔
が
近
く
に
見
え
る
 °
  
で
は
乳
肉
は
少
し
も
沈
ま
な
い
 °
そ
れ
に
す
ご
く
遠
く
に
あ
る
は
  
超
乳
は
肌
理
細
や
か
だ
け
ど
大
地
み
た
い
で
 
私
を
乗
せ
た
だ
け
  
 
  
ア
リ
ス
の
超
乳
に
移
さ
れ
る
 °
  
し
た
が
 
そ
の
直
前
に
巨
人
と
化
し
た
ア
リ
ス
の
掌
乗
せ
ら
れ
 
  
屋
の
あ
ら
ゆ
る
も
の
を
押
し
つ
ぶ
し
て
未
咲
を
も
呑
み
込
も
う
と
  
し
ゃ
が
み
こ
ん
だ
ア
リ
ス
の
身
体
か
ら
超
巨
大
な
お
っ
ぱ
い
が
部
  
 

























   

  
む
と
こ
ろ
だ
け
ど
 
私
は
な
ん
の
躊
躇
い
も
な
く
白
い
方
を
飲
み
  
普
通
の
神
経
だ
っ
た
ら
液
体
に
疑
い
を
持
っ
て
飲
む
か
ど
う
か
悩
  
い
で
ど
こ
か
ワ
ク
ワ
ク
し
て
い
る
 °
  
れ
る
と
い
う
こ
と
だ
 °
な
ん
だ
か
絵
本
の
主
人
公
に
な
れ
た
み
た
  
と
 
い
う
こ
と
は
残
り
の
1
本
の
白
い
液
体
を
飲
め
ば
小
さ
く
な
  
い
た
 °
  
そ
し
て
ア
リ
ス
は
2
本
あ
る
う
ち
の
1
本
 
黒
い
液
体
を
飲
ん
で
  
体
が
縮
ま
っ
て
先
に
進
め
る
は
ず
だ
 °
  
用
っ
て
感
じ
 °
確
か
 
絵
本
で
は
小
瓶
の
中
の
液
体
飲
ん
だ
ら
身
  
確
か
に
小
さ
い
 °
頭
だ
け
な
ら
入
り
そ
う
な
サ
イ
ズ
 
ウ
サ
ギ
専
  
 
  
:
:
あ
っ
た
 °
  
 
  
気
を
取
り
直
し
て
暖
炉
横
に
あ
る
と
い
う
小
さ
な
扉
を
探
し
た
 °
  
 
  
と
巨
人
用
の
扉
が
あ
る
よ
う
に
も
見
え
た
 °
  
天
井
が
高
す
ぎ
て
あ
ま
り
気
に
し
て
な
か
っ
た
け
ど
 
よ
く
見
る
  
た
 °
  
が
ん
ば
っ
て
み
る
よ
っ
て
伝
え
る
と
 
ア
リ
ス
は
部
屋
か
ら
消
え
  
 

























   

  
急
に
身
体
が
重
く
な
り
私
は
暖
炉
に
身
体
を
寄
せ
て
目
を
瞑
る
こ
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
と
い
う
の
か
:
:
 °
  
:
:
て
 
あ
れ
?
眠
く
な
っ
て
き
た
:
:
 °
こ
こ
で
セ
|
ブ
し
ろ
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
こ
れ
で
お
話
は
先
に
進
め
る
は
ず
だ
 °
  
 
  
ほ
し
た
 °






















   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
続
く
 °
  
 
  
 
  
と
に
し
た
 °
目
が
覚
め
る
頃
に
は
小
人
さ
ん
だ
 °







  > ≫