く
ら
い
か
?
  
大
き
さ
的
に
は
 
た
ぶ
ん
佳
奈
と
同
じ
く
ら
い
:
:
1
5
0
c
m
  
じ
よ
う
に
お
っ
ぱ
い
が
大
き
く
な
っ
て
た
ん
だ
 °
  
そ
れ
に
 
俺
の
目
の
前
で
お
っ
ぱ
い
が
膨
ら
ん
で
た
 °
家
族
と
同
  
て
も
息
が
荒
く
な
っ
て
し
ま
う
 
そ
れ
ぐ
ら
い
の
破
壊
力
が
あ
る
 °
  
憧
れ
の
綾
乃
の
お
っ
ぱ
い
を
目
の
前
に
興
奮
し
た
 °
今
思
い
出
し
  
静
ま
る
教
室
に
一
人
昼
休
み
の
出
来
事
を
反
芻
す
る
 °
  
 
  
 
珍
し
い
な
:
:
あ
い
つ
が
い
な
い
な
ん
て
 °
 
  
 
  
に
使
っ
て
い
た
の
だ
ろ
う
 °
  
自
分
の
席
の
上
に
無
造
作
に
置
か
れ
た
抱
き
枕
 °
椿
姫
が
昼
休
み
  
そ
こ
に
は
い
つ
も
先
に
い
る
は
ず
の
椿
姫
が
:
:
い
な
か
っ
た
 °
  
俺
は
扉
を
開
け
て
生
徒
会
室
に
入
る
 °
  
ガ
ラ
ガ
ラ
  
 
  
表
|
3
話
 
種
明
か
し
  
  
ハ
ヤ
ト
 
作
  
椿
姫
の
希






















≪ <  

  
 
い
や
 
な
ん
で
も
な
い
 °
 
  
 
  
ち
ょ
っ
と
振
り
向
い
た
と
き
 
確
信
し
た
 °
  
 
  
 
ん
?
何
?
?
 
  
 
あ
れ
:
:
椿
姫
:
:
 °
 
  
 
  
椿
姫
が
教
室
の
端
に
あ
る
ポ
ッ
ト
に
向
か
う
 
ふ
と
気
付
く
 °
  
 
  
 
じ
ゃ
ぁ
と
び
っ
き
り
の
コ
|
ヒ
|
で
 °
 
  
|
に
す
る
?
 
  
 
え
ぇ
 
と
て
も
気
味
悪
い
わ
w
 
お
茶
淹
れ
よ
う
か
?
コ
|
ヒ
  
 
俺
声
に
出
し
て
た
?
 
  
 
  
び
っ
く
り
し
て
後
ろ
を
振
り
返
る
と
椿
姫
が
い
た
 °
  
 
  
 
何
気
持
ち
悪
い
笑
い
し
て
ん
の
よ
 °
 
  
な
:
:
む
ふ
ふ
ふ
 °
 
  
 
な
ん
か
 
最
近
 
俺
の
周
り
で
夢
み
た
い
な
こ
と
が
起
き
て
る
  
 

























   

  
も
う
構
う
も
ん
か
と
 
見
た
ま
ま
コ
|
ヒ
|
を
啜
る
 °
今
日
は
 
  
ら
し
ょ
う
が
な
い
 °
  
お
っ
と
 
胸
元
を
見
す
ぎ
た
よ
う
だ
が
 
実
際
目
が
離
せ
な
い
か
  
 
  
 
何
?
私
の
お
っ
ぱ
い
が
気
に
な
る
?
 
  
 
  
タ
ン
周
り
が
弛
ん
だ
り
 
引
っ
張
ら
れ
た
り
し
て
い
る
 °
  
動
く
し
 
上
下
の
運
動
に
つ
い
て
こ
れ
な
く
な
り
そ
う
な
ほ
ど
ボ
  
っ
ぱ
い
が
上
下
に
揺
れ
る
た
び
に
首
元
の
リ
ボ
ン
が
頷
く
よ
う
に
  
ま
ん
ま
る
な
乳
肉
が
は
っ
き
り
と
上
下
に
揺
れ
て
い
る
の
だ
 °
  
ブ
レ
ザ
|
の
中
で
パ
ツ
パ
ツ
の
ブ
ラ
ウ
ス
が
あ
っ
て
 
そ
の
中
で
  
に
も
関
わ
ら
ず
だ
 
椿
姫
の
お
っ
ぱ
い
が
揺
れ
て
い
る
 °
  
っ
て
そ
ぉ
っ
と
歩
い
て
く
る
 °
そ
れ
だ
け
静
か
に
歩
い
て
い
る
の
  
レ
ト
ル
ト
の
コ
|
ヒ
|
を
淹
れ
て
く
れ
た
椿
姫
が
こ
っ
ち
に
向
か
  
 
  
 
い
や
:
:
や
っ
ぱ
り
変
だ
 °
 
  
 
  
う
し
て
だ
?
∨
  
っ
張
り
が
綾
乃
ほ
ど
じ
ゃ
な
い
け
ど
 
目
立
っ
て
き
て
る
:
:
ど
  
∧
や
っ
ぱ
り
椿
姫
も
体
つ
き
が
変
わ
っ
て
る
:
:
お
っ
ぱ
い
の
出

   

  
 
素
直
じ
ゃ
な
い
w
 
  
 
  
彼
女
が
目
を
瞑
る
 °
  
俺
が
素
直
に
深
呼
吸
す
る
と
 
俺
の
息
が
椿
姫
の
顔
面
に
あ
た
り
 
  
 
  
 
  
 
す
ぅ
|
:
:
ふ
ぅ
|
 °
 
  
し
て
 °
ふ
ふ
 °
 
  
 
そ
ん
な
緊
張
し
な
く
て
も
い
い
ん
じ
ゃ
な
い
?
ほ
ら
 
深
呼
吸
  
 
  
育
し
た
胸
が
近
く
に
あ
る
と
ち
ょ
っ
と
緊
張
し
て
し
ま
う
 °
  
ス
レ
ま
で
近
づ
い
て
く
る
の
は
い
つ
も
の
こ
と
だ
け
ど
 
そ
の
発
  
椿
姫
が
俺
の
目
を
見
つ
め
な
が
ら
 
近
づ
い
て
く
る
 °
ま
ぁ
ス
レ
  
 
  
け
ど
 
椿
姫
の
 
こ
ん
な
だ
っ
け
?
?
 
  
 
い
や
 
こ
ん
な
に
見
つ
め
て
し
ま
っ
て
ち
ょ
っ
と
恥
ず
か
し
い
  
:
:
で
も
 
ち
ょ
っ
と
遅
す
ぎ
じ
ゃ
な
い
?
 
  
 
や
っ
と
信
弥
が
私
の
お
っ
ぱ
い
に
気
を
留
め
て
く
れ
た
の
ね
 °
  
 
  
ア
イ
ス
コ
|
ヒ
|
だ
っ
た
 °
一
気
に
飲
み
干
し
た
 °






   

  
椿
姫
の
上
目
遣
い
が
な
ん
と
も
厭
ら
し
い
 °
  
っ
た
乳
肉
と
谷
間
 °
  
す
べ
て
外
れ
て
広
く
開
い
た
襟
も
と
に
は
ギ
ュ
ウ
ギ
ュ
ウ
に
詰
ま
  
ど
ん
ど
ん
ブ
ラ
ウ
ス
の
ボ
タ
ン
が
外
れ
 
乳
房
の
あ
た
る
部
分
は
  
 
  
 
ぃ
や
 
強
烈
ぅ
 °
 
  
 
  
て
い
る
 °
  
驚
い
て
椿
姫
の
表
情
を
み
た
ら
汗
が
に
じ
ん
で
ち
ょ
っ
と
赤
面
し
  
お
っ
ぱ
い
が
ブ
ラ
ウ
ス
の
戒
め
を
解
い
て
肌
色
を
見
せ
て
い
た
 °
  
顔
の
下
を
見
る
と
先
ほ
ど
ま
で
ブ
ラ
ウ
ス
の
中
に
納
ま
っ
て
い
た
  
 
  
ン
ブ
ッ
ツ
ン
:
:
ブ
ツ
ッ
 
ブ
ツ
ッ
  
ぐ
ぐ
:
:
  
 
  
 
え
?
 
  
 
く
っ
:
:
は
ぁ
ん
:
:
 
限
界
 °
 
  
 
  
そ
う
言
っ
て
た
の
も
束
の
間
 °
  
 

























   

  
 
お
い
 
大
丈
夫
か
よ
?
詳
し
い
説
明
は
あ
と
で
い
い
か
ら
 
  
 
  
い
る
よ
う
に
見
え
て
い
る
ん
だ
 °
  
違
う
か
 
揺
れ
る
ん
じ
ゃ
な
く
て
大
き
く
な
っ
て
る
か
ら
揺
れ
て
  
乳
房
が
揺
れ
る
 °
  
椿
姫
は
自
身
で
立
っ
て
い
る
の
も
や
っ
と
な
く
ら
い
身
体
が
震
え
 
  
 
  
よ
す
ぎ
る
:
:
身
体
が
熱
い
:
:
 
  
 
や
っ
と
気
付
い
た
ん
だ
:
:
は
ぁ
は
ぁ
:
:
だ
め
:
:
気
持
ち
  
て
:
:
 °
 
  
 
ど
う
い
う
:
:
こ
と
だ
 
椿
姫
:
:
 °
お
ま
え
:
:
も
し
か
し
  
 
  
に
熱
か
っ
た
気
が
す
る
 °
  
そ
う
い
え
ば
 
佳
奈
の
お
っ
ぱ
い
が
大
き
く
な
っ
た
時
も
こ
ん
な
  
 
  
て
い
る
の
だ
 °
  
ら
ず
 
そ
れ
で
も
俺
の
身
体
に
押
し
付
け
る
よ
う
に
体
積
を
増
し
  
が
わ
か
る
し
 
そ
の
周
り
の
肉
が
寸
分
の
隙
間
が
な
い
に
も
関
わ
  
す
ご
く
熱
く
て
先
端
の
堅
い
モ
ノ
が
よ
り
堅
く
な
っ
て
い
る
く
の
  
お
っ
ぱ
い
の
先
っ
ぽ
は
俺
の
胸
板
に
当
た
り
熱
が
伝
わ
っ
て
く
る
 °

   

  
 
  
で
も
 
な
ん
か
わ
か
ら
な
い
け
ど
と
て
も
冷
静
で
い
ら
れ
た
 °
  
か
で
き
な
か
っ
た
 °
  
そ
の
他
は
 
も
う
ホ
ン
ト
出
来
る
こ
と
が
な
い
か
ら
見
る
こ
と
し
  
必
要
か
?
 
と
病
人
を
相
手
し
て
い
る
み
た
い
に
様
子
を
見
た
 °
  
そ
し
て
時
折
 
椿
姫
の
傍
に
よ
っ
て
は
 
大
丈
夫
か
?
 
 
何
か
  
が
分
か
ら
な
い
よ
う
に
し
た
 °
  
の
扉
の
鍵
を
閉
め
 
窓
の
カ
|
テ
ン
を
閉
め
て
 
外
か
ら
も
状
況
  
俺
は
ど
う
す
る
こ
と
も
で
き
な
い
か
ら
 
と
り
あ
え
ず
生
徒
会
室
  
 
  
ど
勢
い
よ
く
ボ
タ
ン
を
そ
の
重
み
で
外
し
た
 °
  
分
以
上
が
飛
び
出
す
と
 
ブ
ル
ン
と
自
ら
飛
び
出
た
か
と
思
う
ほ
  
長
し
て
い
る
 °
そ
の
球
体
に
近
い
お
っ
ぱ
い
が
ブ
レ
ザ
|
か
ら
半
  
で
い
て
 
お
っ
ぱ
い
が
縦
長
に
ロ
ケ
ッ
ト
の
よ
う
に
前
へ
前
へ
成
  
や
お
っ
ぱ
い
が
内
側
か
ら
せ
り
出
し
て
 
襟
が
乳
肉
に
喰
い
込
ん
  
ひ
と
つ
し
か
な
い
ボ
タ
ン
に
よ
り
背
広
の
よ
う
な
ブ
レ
ザ
|
も
今
  
 
  
椿
姫
の
身
体
を
寄
せ
る
と
 
椅
子
に
座
ら
せ
た
 °
  
 
  
は
落
ち
着
け
 °
 



















   

  
椿
姫
の
胴
体
よ
り
太
い
し
 
厚
い
 °
ズ
ン
と
座
っ
た
乳
肉
は
ま
だ
  
俺
の
身
体
に
も
当
た
る
く
ら
い
お
っ
ぱ
い
が
大
き
い
 °
片
房
で
も
  
ま
だ
椿
姫
の
近
く
に
寄
り
そ
う
 °
顔
色
を
伺
う
 °
  
 
  
 
だ
か
ら
?
 
  
 
  
く
な
っ
て
い
た
 °
2
m
は
カ
タ
い
気
が
す
る
 °
淡
い
希
望
 °
  
椿
姫
か
ら
飛
び
出
し
た
お
っ
ぱ
い
は
臍
を
隠
し
 
股
下
ま
で
大
き
  
 
  
だ
:
:
か
  
  
 
信
弥
:
:
は
ぁ
は
ぁ
:
:
お
っ
ぱ
い
:
:
ス
キ
で
し
ょ
?
:
:
  
 
  
え
て
き
た
 °
  
す
ぐ
横
で
喘
い
で
た
椿
姫
は
段
々
慣
れ
て
き
た
の
か
言
葉
数
も
増
  
 
  
 
で
も
な
ん
で
俺
の
周
り
で
 
こ
ん
な
こ
と
が
:
:
?
 
  
 
  
そ
ん
な
具
合
だ
 °
  
 
  
∧
椿
姫
の
お
っ
ぱ
い
綾
乃
よ
り
大
き
く
な
っ
た
な
:
:
∨




   

  
 
  
ら
は
み
出
て
い
る
 °
  
に
鎮
座
し
て
い
る
 °
乗
り
き
ら
な
い
分
は
膝
を
包
む
よ
う
に
足
か
  
座
っ
た
椿
姫
の
前
に
大
玉
の
バ
ラ
ン
ス
ボ
|
ル
が
2
つ
 
足
の
上
  
か
も
う
わ
か
ら
な
い
 °
  
ま
だ
ま
だ
大
き
く
な
っ
て
い
る
 °
一
体
ど
れ
く
ら
い
に
な
っ
た
の
  
 
  
た
が
伊
達
綾
乃
の
こ
と
を
下
の
名
で
呼
ぶ
と
は
:
:
ね
 °
 
  
な
い
わ
 
信
弥
の
コ
|
ヒ
|
に
入
れ
た
の
 °
そ
れ
に
し
て
も
あ
な
  
 
や
っ
ぱ
り
伊
達
綾
乃
も
大
き
く
な
っ
た
の
ね
 °
で
も
私
に
じ
ゃ
  
く
な
っ
た
ん
だ
ぞ
?
混
ぜ
た
っ
て
ど
う
や
っ
て
:
:
 °
 
  
に
佳
奈
や
母
さ
ん
 
そ
れ
に
佳
奈
の
友
達
だ
っ
て
お
っ
ぱ
い
大
き
  
 
で
も
よ
 °
椿
姫
だ
け
じ
ゃ
な
い
だ
ろ
う
?
綾
乃
も
そ
う
 °
そ
れ
  
 
  
こ
っ
ち
に
見
せ
る
憂
い
の
瞳
 °
何
か
を
欲
し
て
い
る
よ
う
だ
っ
た
 °
  
 
  
た
の
 °
 
  
 
だ
か
ら
:
:
ね
 °
お
っ
ぱ
い
大
き
く
す
る
薬
を
コ
|
ヒ
|
混
ぜ
  
 
  
ま
だ
体
積
を
増
し
て
 
太
も
も
 
膝
を
隠
そ
う
と
す
る
 °




   

  
 
  
 
え
!
?
 
  
 
  
ガ
タ
ッ
  
 
  
 
  
る
の
 °
 
  
 
そ
う
 
そ
の
は
ず
:
:
そ
れ
も
近
け
れ
ば
近
い
ほ
ど
大
き
く
な
  
て
こ
と
か
?
 
  
 
そ
れ
で
俺
の
周
り
の
女
の
子
は
お
っ
ぱ
い
が
大
き
く
な
っ
た
っ
  
 
  
ど
ん
遠
ざ
か
っ
て
い
た
 °
  
し
て
も
自
分
の
肉
に
埋
ま
る
だ
け
で
 
乳
首
ま
で
の
距
離
も
ど
ん
  
ほ
ど
膨
ら
ん
だ
の
で
半
分
す
ら
届
か
な
い
 °
ど
ん
な
に
腕
を
の
ば
  
椿
姫
は
自
分
の
腕
を
乳
首
へ
伸
ば
す
が
 
片
房
で
す
ら
抱
え
な
い
  
 
  
 
:
:
そ
う
 °
 
  
か
?
 
  
|
ヒ
|
に
混
ぜ
た
?
っ
て
こ
と
は
俺
が
そ
の
膨
乳
薬
を
飲
ん
だ
の
  
 
綾
乃
の
こ
と
は
ど
う
だ
っ
て
い
い
だ
ろ
?
そ
れ
よ
り
 
俺
の
コ

   

  
椿
姫
も
思
い
っ
き
り
集
中
し
て
力
を
入
れ
た
ら
自
然
と
立
ち
あ
が
  
て
た
け
ど
重
い
 °
な
か
な
か
立
た
な
い
 °
  
手
を
差
し
伸
べ
て
 
椿
姫
を
立
た
せ
る
 °
:
:
け
ど
 
予
想
は
し
  
 
  
 
大
丈
夫
か
?
 
  
 
  
っ
た
ん
じ
ゃ
な
い
だ
ろ
う
か
 °
  
き
っ
と
こ
の
世
で
一
番
の
巨
乳
:
:
い
や
 
超
乳
の
持
ち
主
に
な
  
潰
し
な
が
ら
椿
姫
を
支
え
る
こ
と
が
で
き
る
ほ
ど
に
ま
で
大
き
い
 °
  
に
つ
く
 °
大
玉
ほ
ど
ま
で
大
き
く
な
っ
た
お
っ
ぱ
い
は
形
を
や
や
  
そ
の
動
き
に
 
上
半
身
か
ら
お
っ
ぱ
い
が
完
全
に
零
れ
お
ち
て
床
  
て
し
ま
っ
た
 °
  
俺
の
驚
き
に
驚
い
た
椿
姫
が
バ
ラ
ン
ス
を
崩
し
て
椅
子
か
ら
落
ち
  
 
  
 
あ
っ
:
:
き
ゃ
ぁ
 °
 
  
 
  
が
教
室
内
で
響
く
 °
  
驚
い
て
立
っ
た
ら
椅
子
を
倒
し
て
し
ま
っ
た
 °
椅
子
の
倒
れ
る
音
  
 
  
ガ
タ
ン
ガ
タ
ン




















   

  
片
房
で
す
ら
抱
え
る
こ
と
が
難
し
い
ほ
ど
大
き
い
の
だ
 °
  
女
の
身
体
の
幅
よ
り
広
い
 °
俺
も
当
り
前
だ
が
こ
の
大
き
さ
だ
と
  
じ
ゃ
な
く
 
膝
ま
で
お
っ
ぱ
い
し
か
見
え
な
い
 °
幅
も
余
裕
に
彼
  
正
面
か
ら
見
る
と
乳
房
本
体
は
ま
ん
ま
る
に
見
え
 
上
半
身
だ
け
  
大
き
い
の
に
ま
っ
た
く
色
が
濃
く
な
く
淡
い
ピ
ン
ク
色
だ
っ
た
 °
  
包
め
な
い
ほ
ど
に
ぷ
っ
く
り
し
て
い
る
 °
そ
れ
だ
け
じ
ゃ
な
い
 
  
だ
 °
乳
輪
も
半
端
な
い
 °
椿
姫
が
超
乳
化
す
る
前
の
ブ
ラ
で
す
ら
  
手
で
す
ら
掴
め
な
い
ほ
ど
だ
 °
教
室
に
あ
る
ポ
ッ
ト
と
い
い
勝
負
  
じ
ゃ
確
認
で
き
な
い
だ
ろ
う
け
ど
 
と
て
つ
も
な
く
大
き
い
 °
  
椿
姫
の
乳
首
が
上
下
に
揺
れ
て
い
る
 °
そ
の
大
き
さ
は
本
人
か
ら
  
一
歩
下
が
っ
て
い
る
に
も
か
か
わ
ら
ず
 
俺
の
顔
の
す
ぐ
下
で
は
  
 
  
 
な
ん
か
:
:
恥
ず
か
し
い
 °
 
  
 
  
に
見
つ
め
た
 °
  
直
立
で
き
た
椿
姫
を
一
歩
下
が
っ
て
上
か
ら
下
ま
で
舐
め
る
よ
う
  
 
  
し
か
し
 
な
ん
て
巨
大
化
し
た
こ
と
だ
ろ
う
 °
  
よ
う
に
凄
い
と
思
っ
た
ほ
ど
だ
 °
  
る
事
が
出
来
た
よ
う
だ
っ
た
 °
そ
の
時
は
ク
ラ
ラ
が
立
っ
た
時
の

   

  
利
用
し
て
た
み
た
い
で
信
弥
に
近
づ
い
て
い
た
よ
う
だ
け
ど
:
:
  
る
の
よ
 °
そ
れ
に
 
伊
達
さ
ん
は
そ
ん
な
事
情
を
知
ら
ず
知
ら
ず
  
ば
山
と
な
る
っ
て
い
う
じ
ゃ
な
い
?
だ
か
ら
結
果
と
し
て
膨
乳
す
  
に
急
激
に
大
き
く
な
る
こ
と
は
無
い
だ
ろ
う
け
ど
 
塵
も
積
も
れ
  
識
の
う
ち
に
吸
い
込
ん
だ
せ
い
 °
そ
れ
ら
は
さ
っ
き
の
私
み
た
い
  
う
閉
ざ
さ
れ
た
空
間
に
漂
う
信
弥
の
息
や
馴
染
ん
だ
匂
い
を
無
意
  
信
弥
の
お
母
様
や
妹
ち
ゃ
ん
の
が
大
き
く
な
っ
た
の
は
 
家
と
い
  
あ
ん
た
の
息
を
濃
く
吸
っ
た
人
ほ
ど
お
っ
ぱ
い
が
大
き
く
な
る
の
 °
  
を
見
か
け
た
の
よ
 °
渡
り
廊
下
で
 °
そ
れ
は
も
う
い
い
わ
 °
要
は
 
  
 
い
い
か
ら
 °
あ
ん
た
と
伊
達
さ
ん
は
昼
休
み
の
終
わ
り
に
信
弥
  
 
お
ま
 
な
ん
で
昼
休
み
の
こ
と
:
:
 °
 
  
 
  
実
際
は
通
常
で
は
な
く
 
慣
れ
て
し
ま
っ
て
い
る
の
だ
が
:
:
  
す
っ
か
り
正
常
に
戻
っ
た
よ
う
に
見
え
る
椿
姫
は
語
り
始
め
た
 °
  
 
  
も
お
っ
ぱ
い
が
大
き
く
な
っ
た
の
 °
 
  
か
ら
今
の
私
も
 
昼
休
み
の
伊
達
さ
ん
も
あ
な
た
の
家
の
妹
さ
ん
  
 
こ
れ
は
 
信
弥
の
近
く
に
い
れ
ば
い
る
ほ
ど
膨
乳
す
る
の
 °
  
 
ど
 
ど
う
い
う
シ
ス
テ
ム
だ
?
 
  
 

























   

  
 
  
 
|
!
!
!
 
  
 
信
弥
の
あ
そ
こ
が
固
く
な
っ
て
る
お
 °
 
  
 
  
う
こ
と
か
よ
り
興
奮
し
て
い
る
よ
う
だ
っ
た
 °
  
お
尻
の
下
に
固
く
な
っ
た
テ
ン
ト
が
あ
る
こ
と
に
椿
姫
は
 
あ
ろ
  
 
  
顔
面
も
乳
肉
の
下
に
あ
っ
て
 
今
物
凄
く
苦
し
い
 °
  
感
触
が
 
そ
の
ま
ま
顔
ま
で
が
広
が
っ
て
い
る
 °
言
い
か
え
る
と
  
の
股
間
に
お
尻
の
感
触
が
 
上
半
身
に
は
お
っ
ぱ
い
の
柔
ら
か
い
  
仰
向
け
に
倒
れ
 
そ
の
上
に
椿
姫
が
覆
い
か
ぶ
さ
っ
て
き
た
 °
  
椿
姫
の
そ
の
膨
乳
し
た
巨
体
で
俺
に
の
し
か
か
る
 °
勢
い
で
床
に
  
 
  
 
お
 
お
い
!
危
な
い
だ
ろ
う
!
 
  
 
:
:
も
ぉ
|
!
こ
の
鈍
感
野
郎
!
!
 
  
 
何
が
?
?
 
  
 
そ
ん
な
の
 °
ス
キ
だ
か
ら
に
決
ま
っ
て
い
る
じ
ゃ
な
い
 °
 
  
と
し
た
ん
だ
?
 
  
 
ふ
ふ
 °
っ
て
お
い
 °
ど
う
い
う
こ
と
だ
よ
 °
な
ん
で
そ
ん
な
こ
  
今
と
な
っ
て
は
私
よ
り
大
き
い
女
性
は
い
な
い
わ
 °
ふ
ふ
 °
 


   

  
 
  
 
  
ん
:
:
意
識
が
 
朦
朧
と
し
て
き
た
:
:
 °
  
っ
て
も
が
い
て
も
全
然
び
く
と
も
し
な
い
:
:
し
 
だ
ん
:
:
だ
  
て
:
:
だ
か
ら
綾
乃
に
逃
げ
て
た
ん
だ
:
:
  
だ
け
ど
 
俺
か
ら
言
え
な
か
っ
た
ん
だ
よ
 °
な
ん
か
恥
ず
か
し
く
  
れ
て
い
る
こ
と
も
 °
  
自
分
が
鈍
感
だ
と
い
う
こ
と
も
椿
姫
が
俺
の
こ
と
好
き
で
い
て
く
  
っ
て
い
う
か
 
鈍
感
野
郎
だ
と
?
そ
ん
な
ん
前
か
ら
知
っ
て
た
さ
 °
  
ず
だ
 °
  
い
か
ら
俺
が
顔
ま
で
埋
も
れ
て
い
る
こ
と
に
気
づ
い
て
い
な
い
は
  
椿
姫
は
た
ぶ
ん
自
分
の
お
っ
ぱ
い
の
大
き
さ
が
把
握
で
き
て
い
な
  
る
乳
肉
を
ど
か
さ
な
い
と
窒
息
し
て
し
ま
う
 °
  
と
か
言
っ
て
る
ん
だ
ろ
う
な
と
か
思
い
つ
つ
 
こ
の
密
着
し
て
く
  
 
  
が
私
を
成
長
さ
せ
る
ん
だ
か
ら
!
 
  
 
も
っ
と
 
も
ん
で
い
い
の
よ
信
弥
 °
私
の
信
弥
 °
こ
の
気
持
ち
  
 
  
じ
な
い
ん
だ
ろ
う
な
ぁ
 °
  
超
乳
の
下
で
悶
え
る
俺
の
行
為
は
た
だ
揉
ま
れ
て
い
る
と
し
か
感

   

  
か
っ
た
 °
  
途
中
コ
ン
ビ
ニ
に
寄
っ
た
り
商
店
街
ぶ
ら
つ
い
た
り
し
て
家
に
向
  
俺
も
家
路
に
就
く
 °
  
 
  
 
  
 
  
帰
っ
た
の
か
 
勝
手
な
奴
め
 °
  
椿
姫
は
:
:
い
な
い
 °
  
た
 °
  
窓
の
外
は
も
う
暗
い
 °
最
終
下
校
時
刻
ま
で
あ
と
5
分
も
な
か
っ
  
起
き
上
が
り
辺
り
を
見
渡
す
 °
机
や
椅
子
が
散
乱
し
て
い
る
 °
  
目
が
覚
め
る
と
 
一
人
生
徒
会
室
で
横
に
な
っ
て
た
 °
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 

























   

  
信
号
待
ち
な
が
ら
心
の
中
で
椿
姫
に
助
け
を
求
め
る
 °
超
乳
に
な
  
 
  
こ
れ
は
ど
う
い
う
こ
と
だ
?
お
い
 °
 
  
 
状
況
が
悪
化
し
て
る
ん
じ
ゃ
な
い
か
?
こ
れ
:
:
お
い
 
椿
姫
 
  
 
  
イ
ト
さ
ん
は
咄
嗟
の
こ
と
で
硬
直
し
て
し
ま
っ
て
い
た
 °
  
え
な
く
な
る
ま
で
膨
乳
し
て
た
 °
状
況
が
把
握
で
き
な
か
っ
た
バ
  
お
っ
ぱ
い
の
輪
郭
が
制
服
に
浮
き
出
て
た
し
 
手
元
や
レ
ジ
が
見
  
っ
て
言
っ
た
だ
け
で
 
制
服
が
一
気
に
盛
り
上
が
り
裾
が
浮
い
て
  
レ
ジ
の
バ
イ
ト
さ
ん
も
俺
が
会
計
中
に
 
細
か
い
の
あ
り
ま
す
 °
 
  
や
襟
口
が
伸
び
て
 
臍
が
見
え
て
い
た
 °
  
済
ま
し
た
時
に
は
 
着
て
た
T
シ
ャ
ツ
が
パ
ツ
パ
ツ
に
な
り
絵
柄
  
シ
ャ
ツ
姿
の
女
子
大
生
は
ぺ
っ
ち
ゃ
ん
こ
だ
っ
た
の
に
 
レ
ジ
を
  
っ
て
い
う
の
も
 
コ
ン
ビ
ニ
に
入
店
し
た
時
に
同
時
に
入
っ
た
T
  
だ
 °
  
こ
の
膨
乳
効
果
 
ま
だ
続
い
て
る
ど
こ
ろ
か
強
力
に
な
っ
て
た
の
  
で
も
 
も
う
一
軒
コ
ン
ビ
ニ
に
立
ち
寄
っ
た
時
に
気
づ
い
た
 °
  
 
  
チ
ャ
ッ
ク
は
:
:
閉
ま
っ
て
る
よ
 
な
 °
  
な
ん
だ
ろ
う
 
皆
俺
の
方
ば
か
り
見
て
く
る
 °








   

  
  
  
  
  
つ
づ
く
 °
  
 
  
 
  
が
 
何
か
知
っ
て
い
る
ん
だ
ろ
う
 °
  
こ
と
 °
状
況
が
進
行
し
て
い
る
こ
と
に
は
言
葉
を
濁
ら
せ
て
き
た
  
返
信
メ
|
ル
に
は
解
毒
剤
は
無
く
 
時
間
で
効
果
が
切
れ
る
と
の
  
 
  
 
な
ん
だ
と
?
 
  
 
  
い
た
 °
  
信
号
が
変
わ
り
 
横
断
歩
道
を
渡
り
き
る
こ
ろ
に
は
返
信
が
来
て
  
 
  
と
 °
  
メ
|
ル
で
さ
ら
に
ク
レ
|
ム
を
い
れ
る
 °
 
解
毒
剤
を
く
れ
!
 
  
才
も
彼
女
し
か
い
な
い
 °
  
っ
た
椿
姫
だ
が
 
こ
の
状
況
を
い
ち
早
く
理
解
し
解
決
で
き
る
天

  > ≫