て
き
た
の
だ
っ
た
 °
  
後
4
時
に
近
づ
く
に
つ
れ
て
綾
乃
の
ア
プ
ロ
|
チ
が
激
し
く
な
っ
  
大
袈
裟
だ
な
っ
て
思
っ
て
た
け
ど
 
膨
乳
薬
の
効
果
が
切
れ
る
午
  
 
  
 
  
で
き
れ
ば
生
き
て
く
れ
信
弥
 °
 
  
 
あ
の
目
は
尋
常
じ
ゃ
ね
ぇ
:
:
な
ん
か
危
険
な
香
り
が
す
る
 °
  
抱
え
て
や
っ
て
く
る
な
り
 
信
弥
を
探
し
て
い
る
と
 °
 
  
 
副
委
員
長
と
伊
達
さ
ん
が
巨
乳
を
越
し
て
と
ん
で
も
な
い
乳
を
  
 
  
の
だ
 °
  
仲
の
い
い
生
徒
は
み
な
俺
が
来
る
な
り
口
を
そ
ろ
え
て
こ
う
言
う
  
い
た
 °
  
俺
は
マ
ス
ク
を
し
て
登
校
す
る
も
 °
学
校
の
中
で
は
騒
然
と
し
て
  
次
の
日
 °
  
 
  
表
|
5
話
 
恒
常
  
  
ハ
ヤ
ト
 
作
  
椿
姫
の
希






















≪ <  

  
 
あ
ぁ
お
は
よ
う
 °
 
  
 
信
弥
く
ん
 °
お
は
よ
 °
 
  
 
  
っ
た
 °
  
俺
は
狙
わ
れ
た
小
動
物
の
よ
う
に
そ
の
場
で
立
ち
す
く
ん
で
し
ま
  
だ
俺
の
こ
と
を
見
つ
め
た
ま
ま
近
づ
い
て
く
る
 °
  
床
に
つ
く
そ
れ
は
擦
れ
て
い
る
に
も
か
か
わ
ら
ず
 
無
関
心
で
た
  
 
  
る
こ
と
に
な
る
だ
ろ
う
 °
  
し
て
い
る
ほ
か
は
 
制
服
を
着
て
い
た
か
ら
破
れ
た
ま
ま
着
て
い
  
っ
た
 °
後
ろ
か
ら
見
た
時
は
お
っ
ぱ
い
だ
け
が
左
右
か
ら
は
み
出
  
き
く
 
正
面
か
ら
見
る
と
お
っ
ぱ
い
に
顔
が
つ
い
て
い
る
だ
け
だ
  
そ
れ
ど
こ
ろ
か
彼
女
の
乳
房
は
母
さ
ん
の
お
っ
ぱ
い
み
た
い
に
大
  
い
る
 °
  
れ
た
時
の
よ
う
な
苛
々
と
獰
猛
な
野
獣
の
雰
囲
気
を
身
に
包
ん
で
  
の
よ
う
な
笑
顔
で
は
な
く
 
ど
こ
か
本
気
な
目
 °
ド
ラ
ッ
グ
が
切
  
本
人
は
笑
っ
て
い
る
よ
う
に
見
せ
て
い
る
の
だ
ろ
う
け
ど
 
昨
日
  
が
ら
近
づ
い
て
き
た
 °
  
も
目
が
つ
い
て
い
る
よ
う
に
 
振
り
返
り
 
俺
の
名
前
を
呼
び
な
  
ま
ず
朝
 
廊
下
で
俺
の
前
を
歩
い
て
い
た
綾
乃
は
ま
る
で
後
ろ
に

   

  
さ
い
ま
ま
 °
  
押
し
付
け
ら
れ
る
 °
こ
ん
な
に
も
巨
大
な
の
に
乳
首
や
乳
輪
は
小
  
身
体
を
押
し
つ
け
て
く
る
綾
乃
に
成
す
術
な
く
俺
は
廊
下
の
壁
に
  
 
  
信
弥
く
ん
が
欲
し
く
て
た
ま
ら
な
い
の
 °
 
  
の
近
く
に
来
た
ら
カ
ラ
カ
ラ
が
限
界
に
な
っ
ち
ゃ
っ
て
:
:
も
う
  
か
ら
な
い
し
何
も
変
わ
ら
な
い
 °
そ
れ
ど
こ
ろ
か
信
弥
く
ん
の
机
  
た
の
 °
学
校
に
き
た
ら
何
か
わ
か
る
か
と
思
っ
た
け
ど
 
何
も
わ
  
顔
に
当
て
て
過
ご
し
て
た
ら
 
こ
ん
な
お
っ
ぱ
い
に
な
っ
ち
ゃ
っ
  
て
し
ょ
う
が
な
か
っ
た
か
ら
借
り
た
ジ
ャ
|
ジ
を
ず
っ
と
抱
い
て
  
信
弥
く
ん
を
欲
し
て
や
ま
な
い
の
 °
ど
ん
ど
ん
カ
ラ
カ
ラ
に
乾
い
  
の
こ
と
が
忘
れ
ら
れ
な
い
の
 °
そ
れ
ど
こ
ろ
か
こ
の
お
っ
ぱ
い
が
  
 
ね
ぇ
信
弥
く
ん
 °
私
 
昨
日
の
昼
休
み
か
ら
ず
っ
と
信
弥
く
ん
  
 
  
ら
ず
 
俺
は
押
さ
れ
る
が
ま
ま
だ
っ
た
 °
  
つ
き
あ
た
り
押
し
つ
ぶ
さ
れ
る
こ
と
意
味
し
て
い
る
の
に
も
関
わ
  
近
づ
い
て
く
る
と
い
う
こ
と
は
俺
の
身
体
に
彼
女
の
お
っ
ぱ
い
が
  
て
い
た
 °
  
一
歩
近
づ
く
綾
乃
に
俺
は
 
ど
う
す
る
こ
と
も
で
き
ず
た
だ
立
っ
  
 

























   

  
そ
う
い
え
ば
 
放
課
後
ま
で
椿
姫
の
姿
を
一
度
た
り
と
も
見
な
か
  
 
  
か
っ
た
と
思
う
 °
  
け
て
た
の
は
 
彼
女
に
と
っ
て
は
生
き
殺
し
と
さ
し
て
変
わ
ら
な
  
綾
乃
の
誘
惑
を
避
け
た
り
 
ク
ラ
ス
の
皆
と
心
配
そ
う
に
気
に
か
  
そ
れ
を
考
え
る
と
汗
が
止
ま
ら
な
い
 °
で
も
何
と
か
す
り
抜
け
て
  
晩
の
母
さ
ん
と
同
じ
発
情
な
ん
だ
と
い
う
こ
と
は
気
付
い
て
た
 °
  
れ
は
近
く
に
い
れ
ば
い
い
と
か
 
そ
う
い
う
問
題
で
は
な
く
 
  
鎮
座
し
て
 
授
業
中
も
休
み
中
も
俺
を
欲
し
続
け
た
 °
た
ぶ
ん
こ
  
教
室
に
戻
っ
て
も
 
教
室
の
ど
真
ん
中
に
超
乳
を
抱
え
た
綾
乃
が
  
 
  
 
  
ま
ぁ
一
歩
だ
け
じ
ゃ
俺
は
解
放
さ
れ
る
は
ず
が
な
い
 °
  
我
に
返
っ
た
綾
乃
は
一
言
謝
る
と
一
歩
下
が
っ
た
 °
  
 
  
チ
ャ
イ
ム
が
鳴
る
 °
  
 
  
大
き
く
張
り
出
し
た
 °
  
自
身
が
乗
れ
そ
う
な
ほ
ど
大
き
い
乳
房
は
俺
の
傍
に
き
て
 
再
び
  
余
計
に
大
き
く
見
え
て
し
ま
う
 °













   

  
 
  
え
た
部
分
な
ん
だ
か
ら
ね
 °
 
  
の
作
品
 °
敢
え
て
言
う
と
こ
の
人
並
み
外
れ
た
膨
乳
力
は
私
が
加
  
 
闇
市
で
買
っ
た
も
の
に
手
を
加
え
た
だ
け
 
だ
か
ら
半
分
は
私
  
 
最
高
傑
作
っ
て
自
作
だ
っ
た
の
か
?
 
  
が
め
ち
ゃ
く
ち
ゃ
よ
 °
 
  
 
思
う
わ
よ
 °
私
の
最
高
傑
作
で
信
弥
を
イ
チ
コ
ロ
に
す
る
予
定
  
か
く
言
え
る
立
場
だ
と
思
う
の
か
?
 
  
 
お
い
お
い
 
事
の
発
端
人
が
巻
き
込
ま
れ
た
人
の
こ
と
を
と
や
  
な
ん
か
し
な
い
わ
 °
 
  
え
る
大
通
り
∧
廊
下
∨
で
一
人
の
男
子
を
お
っ
ぱ
い
で
弄
ん
だ
り
  
 
当
り
前
よ
 °
私
を
誰
と
勘
違
い
し
て
る
の
?
そ
ん
な
大
衆
に
見
  
 
お
 
椿
姫
 °
お
前
 
他
と
比
べ
て
冷
静
じ
ゃ
ね
え
か
 °
 
  
 
あ
 
や
っ
と
来
た
 °
 
  
 
  
と
は
比
べ
物
に
な
ら
な
い
大
き
さ
の
乳
房
を
持
っ
て
 °
  
そ
れ
で
も
放
課
後
生
徒
会
室
へ
行
っ
た
ら
 
椿
姫
が
い
た
 °
昨
日
  
 
  
ん
だ
か
ら
 °
  
っ
た
 °
ク
ラ
ス
に
行
っ
て
も
生
徒
会
室
に
行
っ
て
も
い
な
か
っ
た

   

  
 
う
ん
 °
も
う
大
丈
夫
み
た
い
 °
ほ
ら
:
:
 
  
 
大
丈
夫
か
?
身
体
 
暑
く
な
ら
な
い
か
?
 
  
 
  
ら
下
ろ
す
 °
ド
ス
ン
と
い
う
音
と
と
も
に
俺
に
近
づ
い
て
く
る
 °
  
お
っ
ぱ
い
に
も
た
れ
て
い
た
身
体
を
起
こ
し
 
お
っ
ぱ
い
を
机
か
  
 
  
 
:
:
あ
ぁ
 °
 
  
 
じ
ゃ
ぁ
 
私
も
?
 
  
 
  
 
あ
ぁ
:
:
好
き
だ
よ
 °
 
  
 
  
こ
こ
で
苦
手
な
ん
て
言
っ
た
ら
ど
う
な
る
ん
だ
?
  
 
  
 
信
弥
 
大
き
な
お
っ
ぱ
い
好
き
な
の
よ
ね
?
 
  
 
  
ん
で
も
な
い
 °
  
昨
日
は
2
つ
あ
れ
ば
事
足
り
た
だ
ろ
う
と
思
っ
て
い
た
が
:
:
と
  
こ
と
が
わ
か
る
 °
  
る
教
室
の
机
は
全
部
で
8
つ
 °
そ
れ
く
ら
い
の
大
き
さ
だ
と
い
う
  
自
信
満
々
に
し
ゃ
べ
っ
て
い
る
が
椿
姫
の
お
っ
ぱ
い
を
支
え
て
い

   

  
 
う
:
:
:
:
ん
?
信
弥
く
ん
?
?
私
:
:
 
  
 
大
丈
夫
?
 
  
 
  
 
  
あ
え
て
触
れ
な
い
で
お
こ
う
 °
  
朝
見
た
と
き
よ
り
も
お
っ
ぱ
い
が
数
段
大
き
く
な
っ
て
い
る
の
は
 
  
廊
下
で
自
身
の
お
っ
ぱ
い
を
ベ
ッ
ド
に
し
て
綾
乃
が
寝
て
い
た
 °
  
6
時
ご
ろ
 
ド
ア
を
開
け
て
空
気
を
入
れ
替
え
よ
う
と
し
た
ら
 
  
 
  
ま
ぁ
一
瞬
に
し
て
俺
は
撃
沈
し
た
が
ね
 °
  
せ
ず
 
椿
姫
と
や
れ
た
 °
  
途
中
 
廊
下
で
物
音
が
し
た
が
ド
ア
に
は
鍵
を
し
て
た
か
ら
気
に
  
 
  
俺
は
マ
ス
ク
を
外
し
て
 
椿
姫
を
抱
い
た
 °
  
だ
 °
  
息
や
匂
い
で
お
っ
ぱ
い
が
大
き
く
な
る
こ
と
は
な
く
な
っ
た
わ
け
  
お
っ
ぱ
い
の
大
き
さ
こ
そ
は
元
に
戻
ら
な
い
が
 
こ
れ
以
上
俺
の
  
 
  
時
計
を
指
差
し
た
そ
の
時
間
は
午
後
4
時
1
分
 °
  
 

























   

  
伊
達
さ
ん
も
教
室
の
中
に
入
っ
て
き
た
 °
  
 
  
 
私
と
伊
達
さ
ん
の
サ
イ
ズ
測
っ
て
 °
 
  
 
  
り
入
っ
た
り
す
る
と
き
は
片
房
ず
つ
丁
寧
に
出
入
り
し
て
い
る
 °
  
俺
の
手
を
引
っ
張
る
と
再
び
生
徒
会
室
に
入
る
 °
も
ち
ろ
ん
出
た
  
 
  
 
信
弥
 
お
願
い
が
あ
る
の
 °
 
  
 
  
認
し
て
い
る
 °
  
椿
姫
が
身
体
を
寄
せ
て
お
互
い
の
お
っ
ぱ
い
を
当
て
て
何
か
を
確
  
き
出
し
て
廊
下
の
半
分
を
占
め
て
い
る
 °
  
女
の
子
座
を
し
て
い
る
伊
達
さ
ん
の
お
っ
ぱ
い
は
膝
よ
り
前
に
突
  
 
  
憶
が
な
い
 °
 
  
 
う
ん
 °
大
丈
夫
そ
う
 °
私
ど
う
か
し
て
た
の
か
し
ら
 °
全
然
記
  
 
綾
乃
:
:
身
体
の
火
照
り
と
か
は
 
な
い
?
 
  
 
椿
姫
さ
ん
:
:
 °
 
  
け
て
居
眠
り
し
て
た
の
よ
 °
 
  
 
廊
下
で
一
人
 
他
の
学
生
に
そ
の
巨
大
な
お
っ
ぱ
い
を
見
せ
つ

   

  
 
  
 
  
 
  
 
  
彼
女
が
ず
っ
と
俺
を
欲
し
て
た
こ
と
は
言
わ
な
か
っ
た
が
:
:
  
と
を
話
し
た
 °
  
俺
は
膨
乳
薬
の
話
を
し
て
そ
の
影
響
が
伊
達
さ
ん
に
も
起
き
た
こ
  
 
  
 
ご
め
ん
 
あ
い
つ
が
ち
ょ
っ
と
暴
走
し
ち
ま
っ
て
:
:
 
  
き
く
な
っ
て
て
:
:
 °
 
  
大
き
な
お
っ
ぱ
い
が
つ
い
て
て
 
で
も
椿
姫
さ
ん
も
お
っ
ぱ
い
大
  
じ
が
す
る
 °
気
付
い
た
ら
さ
っ
き
で
 
身
体
に
は
と
て
つ
も
な
く
  
の
 °
そ
れ
ど
こ
ろ
か
昨
日
の
放
課
後
か
ら
す
っ
ぽ
り
抜
け
て
る
感
  
 
私
 
今
日
一
日
の
記
憶
が
な
い
み
た
い
 °
何
も
思
い
出
せ
な
い
  
 
  
ん
と
二
人
っ
き
り
に
な
っ
た
 °
  
す
る
と
椿
姫
は
お
も
む
ろ
に
教
室
を
飛
び
出
し
て
俺
は
 
伊
達
さ
  
 
  
の
シ
ル
エ
ッ
ト
が
教
室
を
余
計
に
暗
闇
に
す
る
 °
  
グ
ラ
ン
ド
の
照
明
が
教
師
の
一
部
を
明
る
く
す
る
が
巨
大
な
乳
房

   

  
を
巻
き
込
ん
で
ま
で
こ
こ
ま
で
お
っ
ぱ
い
を
膨
ら
ま
せ
た
の
に
は
  
 
そ
う
ね
 °
伊
達
さ
ん
は
知
ら
な
い
だ
ろ
う
け
ど
 
私
が
あ
な
た
  
 
一
緒
っ
て
?
 
  
ら
放
課
後
は
私
の
お
っ
ぱ
い
に
包
ま
れ
な
さ
い
よ
 °
 
  
 
そ
う
だ
 °
信
弥
 
せ
っ
か
く
一
緒
に
な
っ
た
ん
だ
か
ら
こ
れ
か
  
 
  
そ
ん
な
感
じ
だ
 °
  
か
わ
ら
な
い
と
い
う
よ
り
 
2
人
と
も
と
り
あ
え
ず
バ
カ
で
か
い
 °
  
に
思
え
る
が
実
際
の
モ
ノ
を
目
に
す
る
と
あ
ま
り
大
き
さ
自
体
は
  
綾
乃
は
5
6
9
c
m
 °
数
値
に
す
る
と
か
な
り
の
差
が
あ
る
よ
う
  
な
い
超
乳
だ
 °
  
結
果
 
椿
姫
は
7
9
2
c
m
あ
る
こ
と
が
わ
か
っ
た
 °
と
ん
で
も
  
綾
乃
を
測
る
と
き
は
椿
姫
が
メ
ジ
ャ
|
の
先
端
を
握
る
 °
  
先
端
を
綾
乃
に
持
っ
て
も
ら
い
 
俺
が
椿
姫
の
周
り
を
一
周
す
る
 °
  
 
  
り
な
い
こ
と
も
容
易
に
分
か
っ
た
 °
  
そ
ん
な
に
は
い
ら
な
い
の
は
わ
か
る
が
身
体
用
の
メ
ジ
ャ
|
で
足
  
m
は
測
れ
る
メ
ジ
ャ
|
 °
  
し
ば
ら
く
た
っ
て
椿
姫
が
戻
っ
て
き
た
 °
手
に
は
体
育
用
の
5
0
  
 

























   

  
え
な
い
こ
と
ね
 °
 
  
私
が
許
す
わ
 °
た
だ
し
 
二
人
で
私
の
手
を
離
れ
よ
う
な
ん
て
考
  
る
は
ず
よ
 °
だ
か
ら
伊
達
さ
ん
 
あ
な
た
が
信
弥
を
抱
く
こ
と
を
  
と
が
な
く
な
っ
て
も
信
弥
を
抱
き
た
い
気
持
ち
は
い
ず
れ
発
生
す
  
し
た
の
 °
で
も
こ
の
お
っ
ぱ
い
は
薬
の
効
果
が
切
れ
て
膨
ら
む
こ
  
こ
と
が
好
き
だ
か
ら
 
き
っ
と
私
に
劣
ら
な
い
お
っ
ぱ
い
を
て
に
  
意
識
し
た
人
を
巻
き
込
ん
だ
結
果
が
そ
れ
 °
伊
達
さ
ん
は
信
弥
の
  
し
た
の
は
 
薬
の
効
果
が
暴
走
し
て
た
か
ら
 
無
意
識
に
信
弥
を
  
ゃ
こ
ん
な
超
乳
を
手
に
す
る
こ
と
な
ん
て
無
謀
 °
街
の
人
が
膨
乳
  
は
 
薬
を
飲
ん
だ
信
弥
に
興
味
が
あ
る
と
い
う
こ
と
 °
じ
ゃ
な
き
  
 
そ
う
よ
ね
 °
こ
ん
な
に
お
っ
ぱ
い
が
大
き
く
な
る
と
い
う
こ
と
  
 
  
日
の
昼
休
み
の
行
為
は
俺
を
想
っ
て
の
行
為
だ
っ
た
の
か
 °
  
俺
は
耳
を
疑
っ
た
 °
最
初
は
気
の
せ
い
だ
と
思
っ
て
た
け
ど
 
  
 
  
 
:
:
:
:
信
弥
く
ん
 °
 
  
る
の
か
し
ら
:
:
?
 
  
 
ま
ぁ
そ
ん
な
と
こ
ろ
か
し
ら
ね
 °
伊
達
さ
ん
は
好
き
な
方
は
い
  
 
モ
ノ
っ
て
:
:
 °
付
き
合
っ
て
る
っ
て
こ
と
?
 
  
理
由
が
あ
っ
て
 
信
弥
を
私
の
モ
ノ
に
す
る
た
め
よ
 °
 




   

  
 
  
笑
え
ね
ぇ
:
:
  
 
  
 
フ
フ
 
冗
談
よ
 °
さ
 
も
う
一
度
 
私
た
ち
を
抱
い
て
 
  
 
  
が
包
帯
だ
ら
け
に
な
る
自
分
を
想
像
し
て
身
震
い
が
し
た
 °
  
み
た
い
に
な
っ
た
二
人
や
そ
の
強
大
な
お
っ
ぱ
い
で
叩
か
れ
身
体
  
脳
裏
に
 
筋
肉
補
強
に
よ
り
握
力
や
お
っ
ぱ
い
で
ス
|
パ
|
マ
ン
  
 
  
ろ
!
 
  
よ
っ
て
強
大
な
力
が
入
っ
た
ら
破
壊
行
為
し
か
で
き
な
く
な
る
だ
  
 
お
い
お
い
 
や
め
て
く
れ
 °
そ
の
人
外
シ
リ
|
ズ
は
 °
よ
り
に
  
身
体
に
し
よ
う
か
し
ら
 °
 
  
で
も
作
っ
て
 
こ
れ
以
上
お
っ
ぱ
い
が
大
き
く
な
っ
て
も
平
気
な
  
り
の
体
力
と
労
力
が
必
要
だ
わ
 
こ
の
胸
 °
今
度
は
筋
肉
補
強
剤
  
 
さ
ぁ
∧
笑
∨
そ
う
い
え
ば
 
校
庭
ま
で
の
往
復
で
さ
え
 
か
な
  
 
も
う
い
い
よ
 °
そ
の
お
っ
ぱ
い
俺
の
モ
ノ
っ
て
こ
と
だ
ろ
?
 
  
 
あ
ら
 
あ
な
た
の
自
由
の
時
間
が
減
る
の
に
 
余
裕
の
表
情
ね
 °
 
  
 
椿
姫
 
な
ん
か
怖
え
話
を
ケ
ロ
ッ
と
す
ん
な
よ
 °
 
  
 

























   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
終
わ
り
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
毎
日
な
 °
  
俺
は
包
ま
れ
 
搾
り
と
ら
れ
る
こ
と
に
な
っ
た
 °
  
部
脱
い
で
立
ち
は
だ
か
る
超
乳
な
二
人
の
女
子
生
徒
を
目
の
前
に
  
そ
う
言
う
と
 
俺
の
目
の
前
で
膨
乳
に
よ
っ
て
破
れ
た
制
服
を
全

  > ≫