に
乗
り
き
ら
ず
 
ベ
ッ
ド
の
上
に
広
が
っ
て
い
る
 °
  
い
る
椿
姫
の
身
体
に
は
 
二
つ
の
大
砲
と
も
い
え
る
乳
房
が
両
足
  
壁
に
寄
り
か
か
り
な
が
ら
ベ
ッ
ド
の
上
に
足
を
伸
ば
し
て
乗
っ
て
  
 
  
し
:
:
 °
 
  
信
弥
も
そ
れ
飲
ん
じ
ゃ
っ
た
し
 
私
の
お
っ
ぱ
い
も
こ
ん
な
ん
だ
  
の
効
き
目
が
切
れ
る
前
に
も
う
2
回
目
の
投
薬
し
ち
ゃ
っ
た
し
 
  
 
っ
て
 
そ
ん
な
こ
と
悩
ん
で
も
今
更
よ
ね
 °
だ
っ
て
 
1
回
目
  
 
  
有
り
得
る
の
だ
 °
  
れ
以
上
と
考
え
て
も
い
い
は
ず
だ
 °
下
手
し
た
ら
2
乗
倍
だ
っ
て
  
そ
れ
が
こ
の
市
販
の
も
の
の
効
果
だ
と
し
て
私
の
ア
レ
ン
ジ
は
そ
  
効
果
が
表
れ
て
し
ま
う
こ
と
ら
し
い
 °
  
も
う
一
度
服
用
す
る
と
 
個
人
差
は
あ
る
も
の
の
過
剰
な
ほ
ど
の
  
信
弥
に
伝
え
な
か
っ
た
こ
と
 
そ
れ
は
薬
を
効
果
が
切
れ
る
前
に
  
 
  
裏
|
4
話
 
裏
目
  
  
ハ
ヤ
ト
 
作
  
椿
姫
の
希






















≪ <  

  
あ
る
ん
だ
け
ど
:
:
  
揉
む
と
い
っ
て
も
表
面
の
一
部
に
し
か
握
れ
な
い
か
ら
 
限
界
が
  
お
っ
ぱ
い
を
無
意
識
の
う
ち
に
 
触
り
揉
ん
で
し
ま
う
 °
  
 
  
 
  
 
  
フ
フ
 
っ
ま
 
い
っ
か
 °
 
  
せ
ち
ゃ
う
な
ん
て
:
:
っ
て
 
な
っ
ち
ゃ
う
の
か
 °
私
の
責
任
で
 °
  
カ
だ
な
ぁ
:
:
私
が
い
る
の
に
他
の
女
ま
で
お
っ
ぱ
い
大
き
く
さ
  
妹
さ
ん
も
巨
乳
化
し
て
 
信
弥
は
興
奮
し
て
る
ん
だ
ろ
う
な
 °
  
 
そ
う
い
え
ば
 
信
弥
に
は
妹
さ
ん
が
い
る
ん
だ
っ
け
?
き
っ
と
  
 
  
顔
を
そ
の
超
乳
と
な
っ
た
お
っ
ぱ
い
に
埋
め
 
た
め
息
を
つ
く
 °
  
 
  
 
  
い
 °
 
  
 
信
弥
は
今
 
何
し
て
る
ん
だ
ろ
う
 °
あ
ぁ
:
:
信
弥
に
会
い
た
  
 
  
あ
る
こ
と
か
ら
床
に
当
た
っ
て
い
る
の
が
わ
か
っ
た
 °
  
先
端
は
ベ
ッ
ド
か
ら
は
み
出
し
 
乳
首
が
ひ
ん
や
り
し
た
感
触
が

   

  
び
っ
く
り
し
て
先
に
帰
っ
て
す
ぐ
薬
の
効
果
を
調
べ
た
の
 °
そ
れ
  
起
き
た
ら
意
識
失
う
前
の
比
じ
ゃ
な
い
く
ら
い
大
き
く
な
っ
て
て
 
  
神
し
ち
ゃ
っ
た
け
ど
 
私
も
少
し
の
間
意
識
が
飛
ん
で
る
の
 °
で
 
  
き
く
な
っ
た
で
し
ょ
?
そ
れ
に
押
し
倒
し
ち
ゃ
っ
て
 
信
弥
が
失
  
 
あ
の
ね
 
さ
っ
き
学
校
で
私
 
信
弥
の
目
の
前
で
お
っ
ぱ
い
大
  
 
な
ん
だ
 
ど
う
し
て
黙
っ
て
る
ん
だ
?
 
  
 
:
:
 
  
る
ん
だ
?
 
  
膨
ら
ん
だ
ん
だ
 °
時
間
が
解
決
し
て
く
れ
る
な
ら
 
い
つ
解
決
す
  
の
傍
に
い
た
女
は
ガ
キ
で
も
大
人
で
も
関
係
な
し
に
お
っ
ぱ
い
が
  
今
朝
以
上
に
熟
れ
て
厭
ら
し
い
ん
だ
が
:
:
そ
れ
に
帰
宅
中
 
  
 
:
:
あ
 
椿
姫
?
な
ん
か
家
に
帰
っ
た
ら
 
母
さ
ん
の
身
体
が
  
 
あ
 
信
弥
:
:
?
 
  
 
  
信
弥
だ
 °
  
ケ
|
タ
イ
が
震
え
て
音
が
鳴
る
 °
  
 
  
 
  
る
 °
  
気
づ
い
た
ら
い
つ
も
両
方
の
掌
は
自
分
の
お
っ
ぱ
い
に
伸
び
て
い

   

  
 
う
ん
 °
余
韻
が
あ
る
み
た
い
:
:
 
  
 
あ
ぁ
:
:
で
も
 
ま
だ
大
き
く
な
っ
て
る
の
か
?
 
  
と
大
き
い
と
思
う
ん
だ
け
ど
:
:
驚
か
な
い
で
ね
 °
 
  
 
そ
う
だ
け
ど
:
:
ま
ぁ
 
さ
っ
き
測
っ
た
値
だ
か
ら
今
は
も
っ
  
 
よ
く
 
言
え
る
な
 °
裸
体
を
俺
は
も
う
見
て
る
ん
だ
ぞ
 °
 
  
 
え
:
:
?
恥
ず
か
し
い
よ
 °
 
  
と
こ
ろ
で
椿
姫
 
お
ま
え
は
ど
れ
く
ら
い
に
な
っ
た
ん
だ
?
 
  
 
あ
ぁ
:
:
そ
う
い
う
こ
と
ね
:
:
ど
う
し
よ
う
も
ね
ぇ
じ
ゃ
ん
 
  
2
乗
倍
以
上
の
効
果
が
周
り
で
発
生
し
て
し
ま
う
わ
 °
 
  
 
私
は
 
信
弥
に
効
果
が
切
れ
る
前
に
も
う
1
回
投
薬
し
た
か
ら
 
  
 
と
い
う
こ
と
は
?
ど
う
い
う
こ
と
な
ん
だ
?
 
  
る
前
に
は
服
用
す
る
な
っ
て
書
い
て
あ
っ
た
 °
 
  
で
は
そ
れ
以
上
の
効
果
が
発
揮
さ
れ
る
か
ら
絶
対
に
効
果
が
切
れ
  
果
を
得
よ
う
と
思
っ
た
ら
2
倍
じ
ゃ
な
く
て
2
乗
倍
で
 
個
人
差
  
 
た
だ
 
効
果
が
切
れ
る
前
に
2
回
目
の
投
薬
を
し
て
2
倍
の
効
  
 
た
だ
:
:
?
 
  
 
う
ん
 °
た
だ
:
:
 
  
効
果
は
な
く
な
る
ん
だ
な
 °
 
  
 
な
ん
だ
 
2
4
時
間
か
:
:
じ
ゃ
ぁ
明
日
の
放
課
後
に
は
薬
の
  
に
時
間
で
切
れ
る
っ
て
2
4
時
間
で
効
果
が
な
く
な
る
の
 °
 


   

  
虜
に
す
る
の
 °
こ
の
お
っ
ぱ
い
は
も
っ
と
も
っ
と
大
き
く
な
れ
る
  
 
伊
達
さ
ん
よ
り
も
信
弥
の
家
族
よ
り
も
大
き
く
な
っ
て
信
弥
を
  
 
  
い
を
全
身
で
揉
み
し
抱
い
た
 °
  
私
は
 
信
弥
に
愛
で
ら
れ
て
る
の
を
妄
想
し
て
は
自
身
の
お
っ
ぱ
  
 
  
 
信
弥
に
こ
の
お
っ
ぱ
い
揉
ん
で
も
ら
い
た
い
な
ぁ
 
  
 
  
 
  
な
ん
か
ヤ
バ
か
っ
た
な
ぁ
 °
  
お
っ
ぱ
い
か
ら
熱
が
発
生
し
て
:
:
  
で
身
体
が
興
奮
し
て
い
る
の
が
わ
か
っ
た
 °
  
で
も
さ
っ
き
は
な
ん
か
ヤ
バ
か
っ
た
 °
信
弥
の
声
を
聞
い
た
だ
け
  
 
  
っ
て
切
れ
た
し
 °
  
 
  
 
ど
う
か
な
:
:
 
  
 
ふ
ぅ
|
 
  
 
:
:
さ
 
3
8
9
c
m
 
  
 
で
?
 






















   

  
  
  
  
  
  
つ
づ
く
  
 
  
・
  
・
  
・
  
 
  
を
想
っ
て
夜
が
更
け
た
 °
  
そ
ん
な
こ
と
を
し
て
 
お
っ
ぱ
い
に
刺
激
を
与
え
 
信
弥
の
こ
と
  
く
こ
と
で
乳
肉
が
波
打
つ
 °
  
そ
れ
な
り
に
持
ち
上
げ
て
み
て
は
腕
を
離
し
お
っ
ぱ
い
が
地
に
着
  
こ
と
は
で
き
な
か
っ
た
 °
  
す
ぎ
る
の
と
腕
が
乳
肉
に
溺
れ
る
だ
け
で
う
ま
い
事
持
ち
上
げ
る
  
そ
う
言
っ
て
片
房
を
持
ち
上
げ
よ
う
と
す
る
が
柔
ら
か
い
の
と
重
  
 
  
可
能
性
を
秘
め
て
い
る
ん
だ
か
ら
 °
 











  > ≫