か
っ
た
事
か
ら
 
少
し
散
歩
し
よ
う
と
思
い
 
い
つ
も
通
る
道
と
  
入
す
る
と
 
天
気
が
良
  
 
彩
は
外
出
の
目
的
で
あ
っ
た
予
約
し
て
い
た
漫
画
を
書
店
で
購
  
 
  
 
 
天
気
も
良
い
し
 
回
り
道
し
て
帰
ろ
う
か
な
 °
 
  
 
  
 
  
す
も
の
で
あ
る
 °
  
 
こ
の
物
語
は
 
こ
の
少
年
と
其
の
周
囲
で
起
っ
た
出
来
事
を
記
  
県
立
上
堰
∧
う
わ
せ
き
∨
高
校
に
通
う
高
校
二
年
生
で
あ
る
 °
  
∧
か
た
ひ
が
し
 
あ
き
ら
∨
 °
  
 
と
い
う
掛
け
声
と
共
に
家
を
出
る
少
年
の
名
は
 
潟
東
 
彩
  
 
  
 
 
行
っ
て
来
ま
|
す
 °
 
  
 
  
 
  
第
1
章
 
魔
法
の
薬
罐
?
  
  
蓮
沼
刑
部
 
作
  
薬
罐
の
魔
人
物
語



















≪ <  

  
 
  
 
臨
時
収
入
も
有
っ
た
事
だ
し
 
ち
ょ
っ
と
見
て
行
こ
う
か
な
 °
 
  
 
  
る
 °
  
催
さ
れ
て
い
る
の
で
あ
  
 
こ
こ
仲
江
神
社
で
は
毎
月
第
二
日
曜
日
に
は
 
古
物
市
 
が
開
  
 
  
 
あ
 
そ
う
か
 
今
日
は
第
二
日
曜
日
か
 °
 
  
 
  
と
書
か
れ
て
い
た
 °
  
 
  
 
 
古
物
市
開
催
中
 
  
 
  
お
り
 
  
る
 °
彩
が
ふ
と
 
境
内
の
入
り
口
に
目
を
遣
る
と
看
板
が
立
っ
て
  
来
た
 °
仲
江
神
社
で
あ
  
 
帰
り
道
も
半
ば
に
差
し
掛
っ
た
所
で
 
大
き
な
鳥
居
が
見
え
て
  
 
  
道
を
選
ん
で
帰
路
に
着
い
て
い
た
 °
  
は
違
う
 
少
し
遠
回
り
の
















   

  
 
 
る
ん
だ
な
 °
 
  
な
に
値
が
し
な
い
物
も
有
  
 
 
へ
え
|
 
骨
董
っ
て
高
価
な
イ
メ
|
ジ
が
有
る
け
ど
 
そ
ん
  
 
  
幅
広
い
物
が
置
か
れ
て
い
た
 °
  
と
さ
れ
て
い
る
物
ま
で
 
  
て
い
る
様
だ
が
 
其
の
値
段
は
何
十
万
円
と
す
る
物
か
ら
何
千
円
  
た
 °
主
に
骨
董
品
を
扱
っ
  
雰
囲
気
を
醸
し
出
し
て
い
る
御
爺
さ
ん
が
出
し
て
い
る
店
で
あ
っ
  
服
を
着
た
 
仙
人
の
様
な
  
一
箇
所
に
目
が
行
っ
た
 °
白
髪
に
白
鬚
で
 
茶
人
が
着
る
様
な
和
  
て
回
っ
て
い
る
と
 
或
る
  
 
古
物
市
は
そ
こ
そ
こ
の
人
出
で
あ
っ
た
 °
彩
が
ぶ
ら
ぶ
ら
と
見
  
 
  
ん
だ
の
で
あ
っ
た
 °
  
し
に
覗
い
て
行
こ
う
と
思
い
 
鳥
居
を
潜
り
 
古
物
市
に
足
を
運
  
事
も
有
り
 
何
の
気
は
無
  
行
っ
た
際
に
 
親
戚
の
伯
父
さ
ん
か
ら
御
礼
に
一
万
円
を
貰
っ
た
  
に
親
戚
の
家
に
手
伝
い
に
  
 
彩
は
古
物
や
骨
董
に
は
興
味
は
無
か
っ
た
が
 
こ
の
前
の
連
休

   

  
 
 
は
い
 
何
と
な
く
気
に
な
っ
て
 °
 
  
 
  
 
 
其
の
薬
罐
が
気
に
入
っ
た
の
か
い
?
 °
 
  
 
  
 
 
い
え
 
買
い
物
の
つ
い
で
に
立
ち
寄
っ
た
だ
け
で
す
 °
 
  
 
  
 
 
坊
ち
ゃ
ん
 
骨
董
に
興
味
が
有
る
の
か
い
?
 °
 
  
 
  
た
 °
  
の
老
人
が
話
し
掛
け
て
来
  
 
彩
が
ま
じ
ま
じ
と
其
の
薬
缶
ら
し
き
物
を
見
て
い
る
と
 
店
主
  
 
  
が
 
薬
缶
で
は
な
い
か
と
推
測
出
来
た
 °
  
少
し
趣
を
異
に
し
て
い
る
  
る
事
は
分
か
っ
た
 °
良
く
見
て
み
る
と
 
現
代
の
普
通
の
形
と
は
  
が
 
え
ら
く
古
い
物
で
あ
  
た
 °
そ
れ
が
何
物
で
あ
る
の
か
一
見
し
た
所
判
別
出
来
無
か
っ
た
  
品
の
一
つ
に
目
が
入
っ
  
と
呟
き
な
が
ら
見
て
い
る
と
 
彩
は
ふ
い
に
並
べ
ら
れ
て
い
る
商
  
 

























   

  
 
  
 
  
と
答
え
た
の
で
あ
っ
た
 °
  
 
  
 
 
御
願
い
し
ま
す
 °
 
  
 
  
る
程
 
其
の
薬
罐
に
見
入
ら
れ
た
様
に
其
の
薬
罐
が
欲
し
く
成
り
 
  
が
 
何
故
だ
が
見
れ
ば
見
  
 
そ
う
問
い
掛
け
ら
れ
た
彩
は
 
一
瞬
其
の
値
段
に
た
じ
ろ
い
だ
  
 
  
 
 
ど
 
如
何
か
い
?
 °
 
  
薬
罐
一
万
円
に
し
と
く
け
  
 
 
で
し
ょ
う
 °
ど
う
だ
い
坊
ち
ゃ
ん
 
坊
ち
ゃ
ん
に
な
ら
其
の
  
く
れ
そ
う
だ
し
 
大
丈
夫
  
 
 
そ
う
だ
ね
え
 
坊
ち
ゃ
ん
な
ら
大
事
に
し
っ
か
り
と
扱
っ
て
  
 
  
 
 
へ
え
|
 
そ
ん
な
に
古
い
物
な
ん
で
す
か
 °
 
  
 
  
 
 
そ
れ
は
 
室
町
末
期
頃
の
作
な
ん
だ
が
ね
 °
 
  
 

























   

  
 
  
 
  
 
  
 
  
つ
く
の
で
あ
っ
た
 °
  
後
に
し
て
 
再
び
帰
路
に
  
 
彩
は
紙
袋
を
受
け
取
る
と
 
老
人
に
挨
拶
を
し
て
 
古
物
市
を
  
 
  
彩
に
渡
す
の
で
あ
っ
た
 °
  
と
頬
笑
み
な
が
ら
言
う
と
 
包
装
さ
れ
た
薬
罐
を
入
れ
た
紙
袋
を
  
 
  
白
い
ん
だ
け
ど
ね
 °
 
  
 
か
ら
こ
そ
用
心
を
心
掛
け
な
い
と
だ
し
 
だ
か
ら
こ
そ
人
生
面
  
か
ら
な
い
も
の
だ
よ
 °
  
 
年
寄
り
と
し
て
言
え
る
事
は
 
人
生
何
が
転
機
に
成
る
か
は
分
  
 
  
し
な
が
ら
 
  
 
店
主
の
老
人
は
先
程
彩
が
買
っ
た
薬
罐
を
和
紙
で
二
重
に
包
装
  
 
  
 

























   

  
 
彩
が
も
や
も
や
を
一
応
振
り
切
り
薬
罐
を
良
く
見
て
み
る
と
 
  
 
  
 
 
ち
ょ
っ
と
汚
れ
て
る
な
あ
 °
 
  
様
が
無
い
か
 °
で
も
  
 
 
ま
あ
 
買
っ
ち
ゃ
っ
た
も
の
は
買
っ
ち
ゃ
ん
た
ん
だ
し
 
  
 
  
何
と
な
く
思
い
出
さ
れ
る
の
で
あ
る
 °
  
し
く
な
っ
た
と
い
う
事
は
  
か
っ
た
 °
た
だ
 
こ
の
薬
罐
を
見
て
い
る
内
に
 
ど
う
し
て
も
欲
  
ど
う
も
は
っ
き
り
し
な
  
薬
罐
を
買
お
う
と
思
っ
た
の
か
理
由
を
思
い
出
そ
う
と
し
た
が
 
  
思
い
 
何
故
自
分
は
こ
の
  
 
彩
は
改
め
て
考
え
て
み
る
と
や
は
り
一
万
円
は
惜
し
か
っ
た
と
  
 
  
 
  
 
 
何
で
 
一
万
円
も
出
し
て
こ
れ
を
買
っ
ち
ゃ
っ
た
ん
だ
ろ
う
?
 °
  
 
  
た
 °
  
罐
を
机
の
上
に
置
い
て
み
  
 
家
に
帰
っ
て
来
る
と
彩
は
自
分
の
部
屋
で
包
装
紙
を
解
き
 

   

  
 
と
い
う
大
き
な
音
と
共
に
 
大
量
の
煙
が
薬
罐
か
ら
噴
き
出
し
  
 
  
 
 
ぼ
わ
 
 
 
 
 
 °
 
  
 
  
 
急
に
一
瞬
薬
罐
が
光
っ
た
と
思
っ
た
ら
 
  
 
  
 
  
る
と
 
  
薬
罐
を
磨
き
始
め
た
 °
  
 
彩
は
布
巾
を
お
湯
に
漬
し
上
で
 
バ
ケ
ツ
の
上
で
買
っ
て
来
た
  
 
  
 
 
汚
れ
は
落
ち
る
か
な
あ
?
 °
 
  
 
  
分
の
部
屋
ま
で
運
ん
だ
 °
  
 
彩
は
脱
衣
場
で
バ
ケ
ツ
に
お
湯
を
張
る
と
 
布
巾
と
一
緒
に
自
  
 
  
 
 
磨
い
た
方
が
良
い
か
な
?
 °
 
  
 
  
て
 
古
惚
け
て
少
し
汚
れ
て
い
る
様
に
思
え
た
 °
  
か
な
り
古
い
物
だ
け
あ
っ
















   

  
あ
っ
た
 °
和
服
の
胸
の
部
  
 
し
か
し
 
彼
女
の
姿
の
中
で
一
番
目
を
引
く
の
は
其
の
胸
部
で
  
振
り
返
る
程
の
美
女
で
あ
る
 °
  
群
で
あ
り
 
正
に
誰
も
が
  
な
か
っ
た
 °
肌
も
肌
理
細
か
く
綺
麗
で
あ
っ
た
 °
ス
タ
イ
ル
も
抜
  
美
し
い
と
言
わ
ざ
る
お
え
  
良
く
似
合
っ
て
い
た
 °
黒
髪
の
髪
の
毛
は
肩
の
中
程
ま
で
あ
り
 
  
萌
黄
色
の
和
服
が
と
て
も
  
 
顔
は
モ
デ
ル
並
み
 
否
そ
れ
以
上
の
美
人
で
あ
り
 
着
て
い
る
  
 
  
見
た
事
も
無
い
和
服
姿
の
女
性
が
立
っ
て
い
た
 °
  
 
  
 
  
こ
に
は
何
と
 
  
そ
し
て
煙
が
消
え
る
と
そ
  
 
出
て
来
た
煙
で
彩
が
咽
て
い
る
と
段
々
と
煙
が
晴
れ
て
い
く
 °
  
 
  
 
 
え
 
何
 
 
 
 
 
げ
ほ
 
げ
ほ
 
 
 
 
 
 °
 
  
 
  
て
来
た
 °






















   

  
 
  
 
 
え
っ
と
 
僕
の
名
前
は
潟
東
 
彩
で
す
 °
 
  
 
  
 
 
の
名
前
は
?
 °
 
  
う
こ
∨
よ
 °
宜
し
く
ね
 °
  
 
 
え
 
私
?
 
私
の
名
前
は
 
紋
物
 
葉
子
∧
あ
や
も
の
 
よ
  
 
  
 
 
え
っ
と
 
ど
ち
ら
様
で
す
か
?
 °
 
  
 
  
 
ふ
わ
|
 
や
っ
と
出
ら
れ
た
!
 °
4
4
0
年
振
り
位
か
し
ら
 °
 
  
 
  
 
彩
が
呆
気
に
と
ら
れ
て
い
る
と
 
其
の
女
性
が
喋
り
だ
し
た
 °
  
 
  
の
薬
罐
だ
っ
た
の
?
 °
 
  
 
 
え
 
も
し
か
し
て
こ
の
薬
罐
 
魔
法
の
ラ
ン
プ
な
ら
ぬ
魔
法
  
 
  
 
  
よ
り
も
大
き
な
爆
乳
で
あ
っ
た
 °
  
の
あ
る
ど
ん
な
女
性
の
胸
  
分
を
下
か
ら
押
し
上
げ
て
い
る
其
の
胸
は
 
彩
が
今
ま
で
見
た
事

   

  
 
  
 
 
さ
れ
た
の
は
天
正
2
年
よ
 °
後
 
葉
子
で
良
い
わ
よ
 °
彩
君
 °
 
  
っ
た
か
ら
ね
 °
私
が
封
印
  
 
 
そ
う
よ
 °
封
印
さ
れ
て
い
る
間
も
時
間
の
経
過
は
大
体
分
か
  
 
  
 
恐
る
恐
る
彩
が
尋
ね
る
 °
  
 
  
 
 
あ
の
 
綾
物
さ
ん
は
4
4
0
年
前
の
方
な
の
で
す
か
?
 °
 
  
 
  
や
が
っ
て
 °
許
せ
な
い
 °
 
  
 
 
し
い
坊
主
め
 °
4
4
0
年
間
も
私
を
こ
ん
な
薬
罐
に
封
印
し
  
れ
に
し
て
も
 
あ
の
忌
々
  
 
 
そ
れ
で
良
い
の
よ
 °
そ
れ
が
封
印
解
除
の
方
法
だ
か
ら
 °
  
 
  
 
 
ど
 
 
 
 
 
 °
 
  
僕
で
す
け
  
 
 
え
っ
と
 
お
湯
に
漬
し
た
布
巾
で
こ
の
薬
罐
を
磨
い
た
の
は
  
 
  
か
な
?
 °
 
  
 
 
も
し
か
し
て
 
君
が
こ
の
薬
罐
か
ら
私
を
出
し
て
く
れ
た
の

   

  
 
  
 
と
葉
子
は
憤
る
 °
  
 
  
だ
っ
て
 °
 
  
 
 
印
解
除
の
方
法
も
 
 
千
夜
一
夜
物
語
 
と
一
緒
に
し
た
ん
  
対
お
か
し
い
 °
因
み
に
封
  
 
 
灯
の
代
わ
り
に
形
が
似
て
い
る
薬
罐
に
封
印
す
る
な
ん
て
絶
  
語
 
に
触
発
さ
れ
て
 
  
 
 
大
体
 
修
行
中
に
訪
れ
た
大
食
国
で
読
ん
だ
 
千
夜
一
夜
物
  
な
ん
て
 
有
り
得
な
い
!
 °
  
 
 
信
じ
て
私
を
こ
ん
な
薬
罐
の
中
に
4
4
0
年
間
も
封
印
す
る
  
ぎ
た
か
ら
っ
て
 
讒
言
を
  
 
 
そ
う
よ
 
あ
の
月
韻
僧
正
め
 °
私
が
ち
ょ
っ
と
術
を
使
い
過
  
 
  
 
と
彩
が
尋
ね
て
み
る
 °
  
 
  
っ
た
の
で
す
か
?
 °
 
  
 
 
1
5
7
4
年
で
す
か
 
 
 °
え
っ
と
 
4
4
0
年
前
何
か
有
  
 
  
 
美
女
か
ら
名
前
で
呼
ば
れ
て
彩
は
ド
キ
ッ
と
し
た
 °





   

  
 
 
体
重
が
6
0
k
g
で
 
バ
ス
ト
1
2
0
c
m
 
ウ
エ
ス
ト
5
  
 
  
 
 
よ
 °
 
  
は
1
尺
9
寸
 
臀
囲
は
2
尺
7
寸
  
 
 
因
み
に
私
は
 
体
重
は
1
6
貫
で
 
胸
囲
は
4
尺
で
 
腹
囲
  
 
  
 
慌
て
る
 
彩
 °
  
 
  
 
 
い
え
 
そ
ん
な
 
 
 
 
 °
 
  
 
  
 
 
え
 
何
 
私
の
姿
に
見
蕩
れ
て
い
る
の
か
な
彩
君
 °
 
  
 
  
の
姿
を
見
る
と
其
の
ス
タ
イ
ル
の
良
さ
に
目
が
惹
か
れ
る
 °
  
あ
っ
た
が
 
改
め
て
葉
子
  
 
事
情
が
分
か
っ
た
様
な
分
か
ら
な
い
様
な
気
持
ち
で
い
た
彩
で
  
 
  
正
さ
ん
は
 
 
 
 
 °
 
  
 
 
プ
の
代
わ
り
に
薬
罐
に
封
印
し
た
ん
で
す
か
 
其
の
月
韻
僧
  
 
に
触
発
さ
れ
て
 
ラ
ン
  
 
 
は
あ
 
 
 
 
 °
ア
ラ
ブ
で
読
ん
だ
 
ア
ラ
ビ
ア
ン
ナ
イ
ト

   

  
 
 
願
い
を
適
え
て
く
れ
る
の
よ
ね
 °
私
は
3
っ
て
数
字
よ
り
 
  
洋
灯
の
魔
人
は
3
つ
の
  
 
 
遠
慮
し
無
く
て
良
い
か
ら
 °
確
か
 
千
夜
一
夜
物
語
 
で
は
 
  
 
  
 
咄
嗟
に
辞
退
し
よ
う
と
す
る
彩
 °
  
 
  
 
 
い
え
 
御
構
い
無
く
 °
 
  
 
  
 
 
た
別
問
題
よ
ね
 °
 
  
け
ど
 
御
礼
と
な
れ
ば
ま
  
 
 
坊
主
が
触
発
さ
れ
た
 
千
夜
一
夜
物
語
 
に
則
る
の
は
癪
だ
  
を
し
な
く
ち
ゃ
ね
 °
あ
の
  
 
 
そ
う
だ
 
薬
罐
か
ら
出
し
て
く
れ
た
ん
だ
か
ら
 
何
か
御
礼
  
 
  
 
そ
れ
を
見
て
 
少
し
笑
い
な
が
ら
葉
子
が
言
う
 °
  
 
  
 
彩
は
そ
う
呟
い
た
後
 
し
ま
っ
た
と
思
い
赤
く
成
っ
た
 °
  
 
  
 
 
あ
 °
 
  
7
c
m
 
ヒ
ッ
プ
8
1
c
m
か
あ
 
 
凄
い
な








   

  
 
  
子
の
物
語
は
始
ま
る
の
で
あ
っ
た
 °
  
人
?
で
あ
る
 
綾
物
 
葉
  
 
こ
う
し
て
 
潟
東
 
彩
と
 
ラ
ン
プ
の
魔
人
な
ら
ぬ
薬
罐
の
魔
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
更
に
呆
気
に
と
ら
れ
る
彩
で
あ
っ
た
 °
  
 
  
 
 
君
 °
 
  
で
よ
ろ
し
く
ね
 
  
 
 
と
い
う
事
で
 
取
り
敢
え
ず
私
が
4
つ
の
願
い
を
適
え
る
ま
  
 
  
 
再
び
呆
気
に
と
ら
れ
る
彩
 °
  
 
  
 
 
る
 °
私
に
 
ま
 
か
 
せ
 
て
 
ね
 °
 
  
の
願
い
を
適
え
て
あ
 
げ
  
 
 
か
ら
 
彩
君
に
は
薬
罐
か
ら
出
し
て
く
れ
た
御
礼
に
 
4
つ
  
4
っ
て
数
字
の
方
が
好
き
だ















   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
続
く
 °























  > ≫