し
い
の
で
あ
る
 °
  
も
こ
の
家
と
共
に
 
葉
子
に
依
っ
て
グ
レ
|
ド
ア
ッ
プ
さ
れ
た
ら
  
と
言
う
事
に
成
っ
て
い
る
ら
し
い
 °
更
に
彩
以
外
の
彩
の
家
族
達
  
て
い
る
の
で
あ
る
 °
今
は
名
も
潟
東
 
葉
子
と
成
り
 
彩
の
実
姉
  
 
そ
う
 
葉
子
が
同
じ
テ
|
ブ
ル
に
着
い
て
一
緒
に
朝
食
を
食
べ
  
  
す
ら
も
い
つ
も
よ
り
は
一
膳
多
く
テ
|
ブ
ル
に
乗
っ
て
い
る
 °
  
も
の
は
自
分
自
身
と
こ
の
朝
食
だ
け
で
あ
っ
た
 °
否
 
其
の
朝
食
  
 
し
か
し
 
彩
に
と
っ
て
こ
の
場
に
於
い
て
い
つ
も
と
変
わ
ら
ぬ
  
|
で
あ
っ
た
 °
  
立
は
卵
焼
き
に
焼
き
鮭
 
サ
ラ
ダ
に
御
味
噌
汁
と
純
和
風
メ
ニ
ュ
  
 
い
つ
も
と
変
わ
ら
ぬ
掛
け
声
で
朝
食
が
始
ま
っ
た
 °
今
日
の
献
  
  
 
 
戴
き
ま
|
す
 °
 
  
  
第
3
章
 
2
つ
目
の
願
い
  
  
蓮
沼
刑
部
 
作
  
薬
罐
の
魔
人
物
語



















≪ <  

  
プ
さ
れ
て
い
る
の
で
あ
る
 °
  
子
程
で
は
な
い
も
の
の
 
縁
梨
と
結
香
の
胸
部
も
グ
レ
|
ド
ア
ッ
  
す
 °
す
る
と
や
は
り
赤
面
し
そ
う
に
成
る
 °
葉
子
に
依
っ
て
 
  
 
彩
は
そ
こ
に
目
を
奪
わ
れ
ぬ
様
に
苦
心
し
つ
つ
 
全
体
を
見
回
  
  
存
在
感
を
放
っ
て
い
る
 °
  
 
そ
し
て
 
其
の
Y
シ
ャ
ツ
の
胸
元
を
押
し
上
げ
る
胸
部
が
断
然
  
美
し
さ
が
漂
う
 °
  
め
て
着
た
の
で
は
な
い
か
と
も
思
う
が
 
や
は
り
其
の
姿
か
ら
は
  
今
は
彩
達
と
同
様
に
Y
シ
ャ
ツ
を
着
て
い
る
 °
Y
シ
ャ
ツ
等
は
初
  
 
最
後
に
 
こ
の
現
象
の
根
元
で
あ
る
葉
子
を
見
遣
る
 °
葉
子
は
  
  
比
べ
て
よ
り
か
わ
い
ら
し
く
成
っ
て
い
る
の
で
あ
っ
た
 °
  
 
其
の
次
に
妹
の
潟
東
 
結
香
の
方
を
眺
め
る
 °
結
香
も
昨
日
に
  
様
に
 
昨
日
に
比
べ
て
幾
段
か
美
女
と
成
っ
て
い
る
 °
  
は
ず
な
の
に
 
同
じ
様
に
2
0
代
に
し
か
見
え
な
い
 °
そ
し
て
同
  
 
次
に
母
の
潟
東
 
縁
梨
の
方
を
見
る
 °
縁
梨
も
4
6
歳
で
あ
る
  
て
 
昨
日
に
比
べ
て
幾
段
も
美
男
と
成
っ
て
い
る
 °
  
ず
な
の
に
 
今
は
ど
う
見
て
も
2
0
代
に
し
か
見
え
な
い
 °
そ
し
  
 
彩
は
再
び
父
の
潟
東
 
敏
孝
に
目
を
遣
る
 °
4
8
歳
で
あ
る
は

   

  
  
 
 
う
ん
 
 
有
り
難
う
 °
葉
子
さ
 
 
 
 
 
葉
子
姉
さ
ん
 °
 
  
  
 
葉
子
が
頬
笑
み
な
が
ら
言
う
 °
  
  
 
 
も
た
も
た
し
て
る
と
 
冷
め
ち
ゃ
う
よ
 °
 
  
  
 
慌
て
て
否
定
す
る
彩
 °
  
  
 
 
う
う
ん
 
何
で
も
な
い
よ
 °
 
  
  
 
溜
め
息
を
聞
い
て
尋
ね
る
縁
梨
 °
  
  
 
 
彩
 
ど
こ
か
体
の
具
合
が
悪
い
の
?
 °
 
  
  
め
息
を
着
く
 °
  
 
彩
は
そ
う
苦
悩
し
つ
つ
 
現
在
の
状
況
に
や
は
り
困
惑
し
 
  
  
 
∧
実
際
 
目
の
遣
り
場
に
困
る
な
あ
 
 
 
 
 
 °
  


























   

  
  
  
彩
は
食
堂
で
御
弁
当
を
縁
梨
か
ら
受
け
取
る
と
玄
関
に
向
か
う
 °
  
校
の
二
年
生
が
着
用
す
る
青
色
の
名
札
が
取
り
付
け
ら
れ
て
い
る
 °
  
背
負
い
学
校
に
行
く
準
備
を
す
る
 °
制
服
に
は
今
年
度
の
上
堰
高
  
 
彩
は
朝
食
を
食
べ
終
え
る
と
自
室
に
戻
り
 
制
服
を
着
て
鞄
を
  
  
  
  
  
し
て
い
た
せ
い
で
 
全
然
箸
が
進
ん
で
い
な
か
っ
た
 °
  
 
逸
早
く
食
べ
終
っ
た
の
は
敏
孝
で
あ
っ
た
 °
因
み
に
彩
は
困
惑
  
  
 
 
御
馳
走
様
 °
 
  
  
 
と
突
っ
込
む
結
香
で
あ
っ
た
 °
  
  
 
 
何
言
っ
て
ん
の
兄
 
変
な
の
 °
 
  
  
 
と
彩
が
ま
ご
つ
き
な
が
ら
答
え
る
 °











   

  
と
も
思
い
返
す
 °
  
い
た
の
を
見
た
時
点
で
 
何
か
し
ら
に
気
付
く
べ
き
で
あ
っ
た
か
  
 
彩
は
 
出
発
し
な
が
ら
葉
子
が
朝
食
の
時
に
Y
シ
ャ
ツ
を
着
て
  
  
る
 °
  
 
彩
 
葉
子
 
結
香
の
三
人
は
出
発
の
挨
拶
を
し
て
通
学
を
始
め
  
  
 
 
行
っ
て
来
ま
|
す
 °
 
  
  
  
  
  
緑
色
の
名
札
が
取
り
付
け
ら
れ
て
い
た
の
で
あ
っ
た
 °
  
子
の
制
服
で
あ
り
 
今
年
度
の
上
堰
高
校
の
三
年
生
が
着
用
す
る
  
で
い
た
の
で
あ
っ
た
 °
其
の
制
服
は
紛
れ
も
無
く
上
堰
高
校
の
女
  
 
其
の
横
に
は
同
じ
様
に
制
服
を
着
て
靴
を
履
い
た
葉
子
が
佇
ん
  
  
  
っ
た
 °
が
 
 
 
 
 
 °
  
 
玄
関
で
は
制
服
を
着
た
結
香
が
靴
を
履
い
て
家
を
出
る
所
で
あ

   

  
  
て
い
る
と
 
  
 
と
驚
い
て
い
る
彩
で
あ
っ
た
 °
こ
の
様
に
彩
が
思
い
を
巡
ら
せ
  
  
な
あ
|
 °
ち
ょ
っ
と
怖
い
か
も
 °
  
っ
か
り
う
ち
の
高
校
の
三
年
生
に
成
っ
た
み
た
い
だ
け
ど
 
凄
い
  
ら
今
年
度
の
名
札
の
色
ま
で
調
べ
て
 
調
達
し
て
 
其
の
上
ち
ゃ
  
 
∧
し
っ
か
し
 
葉
子
姉
さ
ん
 
一
晩
で
う
ち
の
高
校
の
制
服
か
  
  
 
と
考
え
る
彩
 °
  
  
あ
 °
  
一
緒
に
登
校
し
た
い
の
で
あ
っ
て
 
僕
は
つ
い
で
な
ん
だ
ろ
う
な
  
 
∧
ま
あ
 
結
香
と
し
て
は
葉
子
さ
 
 
 
 
 
葉
子
姉
さ
ん
と
  
  
今
ま
で
に
無
か
っ
た
事
で
は
あ
る
が
 °
  
尤
も
 
彩
と
結
香
が
途
中
ま
で
と
は
い
え
一
緒
に
登
校
す
る
事
等
  
可
能
な
所
に
所
在
し
て
お
り
 
途
中
ま
で
は
一
緒
の
道
程
で
あ
る
 °
  
 
上
堰
高
校
 
水
仙
中
学
校
は
共
に
潟
東
家
か
ら
は
徒
歩
で
通
学
  


























   

  
  
 
∧
こ
れ
じ
ゃ
あ
 
重
度
の
シ
ス
コ
ン
一
家
み
た
い
じ
ゃ
な
い
か
 °
  
  
は
 
  
し
葉
子
と
腕
を
組
み
 
頬
笑
む
 °
葉
子
も
頬
笑
む
 °
一
方
で
 
  
 
そ
う
言
う
と
結
香
は
 
葉
子
の
反
対
側
の
腕
に
自
分
の
腕
を
廻
  
  
 
 
あ
 
狡
い
私
も
 °
 
  
  
 
当
惑
す
る
彩
 °
  
  
 
 
 °
  
 
∧
当
た
っ
て
ま
す
よ
 
葉
子
姉
さ
ん
 
 
 
 
 
う
 
う
|
 
 
 
  
  
れ
 
彩
は
赤
面
す
る
 °
  
む
と
 
す
た
す
た
と
歩
き
始
め
る
 °
彩
の
腕
に
葉
子
の
胸
部
が
触
  
 
と
葉
子
が
言
い
 
自
分
の
腕
を
彩
の
腕
に
廻
し
て
彩
と
腕
を
組
  
  
に
遅
れ
ち
ゃ
う
よ
 °
 
  
 
 
何
ぼ
や
っ
と
し
て
い
る
の
彩
 °
も
た
も
た
し
て
い
る
と
高
校

   

  
の
か
な
あ
 °
ま
あ
 
霞
美
は
一
人
っ
子
だ
か
ら
姉
妹
が
や
っ
ぱ
り
  
と
登
校
し
て
い
る
み
た
い
だ
か
ら
 
状
況
は
改
善
し
た
と
言
え
る
  
 
∧
ふ
う
|
 
助
か
っ
た
 °
で
も
 
こ
れ
じ
ゃ
あ
僕
は
女
性
3
人
  
  
を
始
め
る
 °
其
の
間
隙
を
縫
っ
て
葉
子
の
腕
か
ら
逃
れ
出
た
彩
は
 
  
 
霞
美
は
結
香
の
隣
り
に
立
つ
と
 
葉
子
や
結
香
と
お
し
ゃ
べ
り
  
  
保
育
園
 
小
 
中
 
高
と
同
級
生
で
あ
る
 °
  
す
み
∨
で
あ
っ
た
 °
隣
家
に
住
む
霞
美
と
彩
と
は
幼
馴
染
で
あ
り
  
は
潟
東
家
の
隣
家
に
住
む
 
中
之
口
 
霞
美
∧
な
か
の
く
ち
 
か
  
 
と
言
う
声
が
聞
こ
え
て
く
る
 °
彩
が
振
り
返
る
と
其
の
声
の
主
  
  
ね
 °
羨
ま
し
い
な
あ
 °
 
  
 
 
お
は
よ
う
御
座
い
ま
|
す
 °
相
変
わ
ら
ず
仲
良
し
一
家
で
す
  
  
 
す
る
と
そ
こ
に
背
後
か
ら
 
  
  
  
窓
生
の
目
が
気
に
成
っ
て
気
が
気
で
な
い
の
で
あ
っ
た
 °
  
 
と
更
に
赤
く
成
る
 °
道
行
く
通
行
人
や
同
じ
く
通
学
途
中
の
同

   

  
  
 
と
 
ち
ら
っ
と
葉
子
の
姿
を
見
つ
つ
 
そ
う
思
う
彩
で
あ
っ
た
 °
  
  
抜
群
の
ス
タ
イ
ル
だ
か
ら
な
あ
 °
  
 
∧
そ
り
ゃ
そ
う
だ
よ
な
あ
 °
こ
ん
な
に
美
人
で
背
も
高
く
て
 
  
  
様
で
あ
る
 °
  
し
が
感
じ
ら
れ
た
 °
ど
う
や
ら
葉
子
は
校
内
で
は
人
気
者
で
あ
る
  
彩
に
は
葉
子
へ
の
同
窓
生
達
か
ら
の
注
目
の
視
線
と
羨
望
の
眼
指
  
て
来
る
 °
校
門
を
抜
け
て
生
徒
玄
関
に
向
か
う
3
人
で
あ
っ
た
が
 
  
は
上
堰
高
校
へ
向
か
う
 °
暫
く
す
る
と
上
堰
高
校
の
校
舎
が
見
え
  
 
途
中
の
分
か
れ
道
で
結
香
と
別
れ
た
彩
 
葉
子
 
霞
美
の
3
人
  
  
  
  
  
あ
っ
た
 °
  
 
と
 
お
し
ゃ
べ
り
を
続
け
る
女
子
3
人
を
見
な
が
ら
思
う
彩
で
  
  
羨
ま
し
い
の
だ
ろ
う
な
あ
 °

   

  
 
 
ラ
ブ
ラ
ブ
っ
て
何
だ
よ
 °
 
  
  
は
ク
ラ
ス
メ
イ
ト
で
友
人
の
山
口
で
あ
っ
た
 °
  
 
と
言
う
声
が
聞
こ
え
る
 °
彩
が
右
を
向
く
と
 
そ
う
言
っ
た
の
  
  
 
 
お
は
よ
う
 
彩
 °
今
日
も
ラ
ブ
ラ
ブ
だ
っ
た
な
あ
 °
 
  
  
を
開
け
1
時
間
目
の
授
業
の
準
備
を
始
め
る
 °
す
る
と
右
側
か
ら
 
  
 
彩
は
ク
ラ
ス
の
中
に
入
り
自
分
の
席
に
着
く
と
 
降
ろ
し
た
鞄
  
  
  
が
彩
の
ク
ラ
ス
で
あ
る
 °
因
み
に
 
霞
美
も
同
じ
ク
ラ
ス
で
あ
る
 °
  
 
第
一
校
舎
 
通
称
普
通
教
室
棟
の
2
階
に
有
る
 
2
年
4
組
 
  
っ
た
 °
  
内
履
き
に
履
き
変
え
る
と
 
2
階
に
有
る
自
分
の
ク
ラ
ス
に
向
か
  
校
内
の
情
報
収
集
も
万
端
の
様
で
あ
る
 °
彩
は
又
も
感
心
し
つ
つ
  
 
生
徒
玄
関
で
そ
う
言
い
 
三
年
生
の
下
駄
箱
へ
と
向
か
う
葉
子
 °
  
  
 
 
じ
ゃ
あ
 
ま
た
後
で
ね
 °
 
  


























   

  
 
 °
 
  
 
 
あ
 
あ
れ
は
 
葉
子
姉
さ
ん
が
無
理
矢
理
や
っ
た
事
で
 
 
 
 
  
  
イ
ト
で
彩
の
友
人
で
も
あ
る
後
藤
で
あ
っ
た
 °
  
 
と
彩
と
山
口
の
会
話
に
割
っ
て
入
る
の
は
 
同
じ
く
ク
ラ
ス
メ
  
  
か
 °
 
  
 
 
で
も
 
途
中
で
其
の
葉
子
先
輩
と
腕
を
組
ん
で
た
じ
ゃ
な
い
  
  
 
と
呆
れ
る
彩
 °
  
  
 
 
女
子
3
人
っ
て
言
っ
て
も
 
隣
人
と
姉
と
妹
じ
ゃ
な
い
か
 °
 
  
  
 
と
山
口
が
続
け
る
 °
  
  
ム
登
校
だ
っ
た
じ
ゃ
な
い
か
 °
 
  
 
 
し
ら
ば
っ
く
れ
る
な
よ
 °
女
子
3
人
を
引
き
連
れ
て
ハ
|
レ
  
  
 
彩
が
疑
問
と
少
し
の
憤
慨
を
交
え
つ
つ
言
葉
を
返
す
 °
  


























   

  
  
  
  
  
ぎ
て
行
く
の
で
あ
っ
た
 °
  
 
こ
う
し
て
彩
の
朝
学
活
前
の
時
間
は
こ
の
3
人
に
冷
か
さ
れ
過
  
  
導
室
行
き
確
定
の
代
物
を
制
作
し
て
い
る
変
人
で
あ
る
 °
  
ラ
ス
女
子
ラ
ン
キ
ン
グ
な
る
女
子
や
教
員
に
発
覚
し
た
ら
生
徒
指
  
メ
イ
ト
で
彩
の
友
人
の
四
郷
野
∧
よ
つ
ご
う
や
∨
で
あ
っ
た
 °
  
 
と
眼
鏡
に
手
を
や
り
な
が
ら
語
り
出
す
の
は
 
同
じ
く
ク
ラ
ス
  
  
グ
4
位
で
あ
る
中
之
口
さ
ん
じ
ゃ
な
い
か
 °
 
  
ば
れ
る
結
香
君
 
君
の
隣
人
は
う
ち
の
ク
ラ
ス
の
女
子
ラ
ン
キ
ン
  
呼
ば
れ
る
葉
子
先
輩
 
君
の
妹
は
水
仙
中
学
校
の
御
転
婆
姫
と
呼
  
ん
な
美
人
じ
ゃ
な
い
か
 °
君
の
姉
は
我
が
高
校
の
プ
リ
ン
セ
ス
と
  
 
 
し
か
も
 
姉
 
妹
 
隣
人
っ
て
言
っ
て
も
 
其
の
3
人
は
み
  
  
 
今
度
は
慌
て
ふ
た
め
く
彩
 °
  


























   

  
 
 
う
ん
じ
ゃ
あ
 
や
っ
ぱ
り
風
呂
上
り
に
手
揉
み
マ
ッ
サ
|
ジ
  
  
 
心
の
中
で
も
強
く
否
定
す
る
彩
 °
  
  
も
有
り
得
な
い
し
 °
  
 
∧
今
朝
か
ら
姉
弟
に
成
っ
た
ん
だ
し
 
例
え
そ
う
じ
ゃ
な
く
て
  
  
 
と
即
座
に
否
定
す
る
彩
 °
  
  
 
 
そ
ん
な
事
有
る
訳
無
い
だ
ろ
 °
 
  
  
部
員
の
佐
藤
で
あ
っ
た
 °
因
み
に
彩
は
歴
史
部
員
で
あ
る
 °
  
 
と
下
世
話
な
話
題
で
語
り
掛
け
る
の
は
ク
ラ
ス
メ
イ
ト
で
野
球
  
  
姿
の
葉
子
先
輩
と
か
拝
ん
で
ん
じ
ゃ
な
い
の
 °
 
  
前
 
葉
子
先
輩
の
風
呂
上
り
と
か
に
バ
ス
タ
オ
ル
1
枚
と
か
下
着
  
 
 
今
日
の
朝
も
葉
子
先
輩
美
人
だ
っ
た
な
あ
 
も
し
か
し
て
お
  
  
終
り
 
3
時
間
目
の
 
物
理
T
 
の
準
備
を
し
て
い
る
彩
に
 
  
 
1
時
間
目
の
 
数
学
U
B
 
と
 
2
時
間
目
の
 
現
代
文
 
が

   

  
 
3
時
間
目
の
 
物
理
T
 
 
4
時
間
目
の
 
日
本
史
B
 
が
終
  
  
 
 
ふ
わ
|
 
や
っ
と
御
昼
か
あ
 °
 
  
  
  
  
  
惑
す
る
彩
で
あ
っ
た
 °
  
 
苦
手
な
野
球
部
員
コ
ン
ビ
に
下
卑
た
話
題
で
か
ら
か
わ
れ
 
  
  
 
∧
何
な
ん
だ
よ
こ
の
2
人
は
 °
  
  
 
再
び
強
く
否
定
す
る
彩
 °
  
  
 
 
だ
か
ら
有
り
得
な
い
っ
て
ば
 °
 
  
  
で
野
球
部
員
の
岡
木
で
あ
る
 °
  
 
薄
笑
い
を
浮
か
べ
つ
つ
尋
ね
る
の
は
 
同
じ
く
ク
ラ
ス
メ
イ
ト
  
  
と
か
し
て
ん
の
 °
 


















   

  
  
 
 
一
緒
に
屋
上
で
御
昼
を
食
べ
よ
 °
 
  
  
で
来
る
と
 
葉
子
は
 
  
 
彩
が
御
弁
当
箱
の
包
み
を
手
に
持
っ
た
ま
ま
教
室
の
入
り
口
ま
  
  
 
 
な
 
何
 
葉
子
姉
さ
ん
 °
 
  
  
 
見
る
と
 
教
室
の
入
り
口
に
葉
子
が
立
ち
手
招
き
し
て
い
る
 °
  
  
 
と
呼
ぶ
声
が
す
る
 °
  
  
 
 
彩
 
彩
 °
 
  
  
開
け
様
と
す
る
と
 
  
 
彩
が
鞄
か
ら
御
弁
当
箱
の
包
み
を
取
り
出
し
て
 
自
分
の
席
で
  
  
 
 
さ
て
と
 °
 
  
  
り
 
背
伸
び
す
る
彩
 °
御
昼
休
み
で
あ
り
 
昼
食
の
時
間
で
あ
る
 °

   

  
っ
た
 °
  
屋
上
に
居
る
他
の
生
徒
か
ら
の
若
干
の
視
線
が
気
に
な
る
の
で
あ
  
 
彩
は
葉
子
と
同
様
に
御
弁
当
の
お
い
し
さ
は
感
じ
な
が
ら
も
 
  
  
 
と
微
笑
む
葉
子
 °
  
  
 
 
こ
の
コ
ロ
ッ
ケ
お
い
し
い
ね
 °
 
  
  
き
で
あ
っ
た
 °
∧
勿
論
 
冷
凍
物
で
は
あ
る
 °
  
 
御
弁
当
箱
を
開
け
る
と
 
今
日
の
お
か
ず
は
コ
ロ
ッ
ケ
と
春
巻
  
呑
ま
れ
 
同
様
に
座
り
 
御
弁
当
箱
の
包
み
を
広
げ
る
 °
  
当
箱
の
包
み
を
広
げ
始
め
る
 °
彩
は
未
だ
赤
面
し
つ
つ
も
状
況
に
  
持
っ
て
来
た
ビ
ニ
|
ル
シ
|
ト
を
敷
く
と
 
そ
こ
に
座
り
 
御
弁
  
も
の
生
徒
が
昼
食
を
取
っ
て
い
た
 °
や
は
り
用
意
の
良
い
葉
子
は
  
 
本
日
は
天
気
は
晴
れ
で
あ
る
 °
屋
上
で
は
彩
達
の
他
に
も
何
人
  
  
る
の
で
あ
っ
た
 °
  
 
彩
は
教
室
内
や
廊
下
か
ら
の
視
線
を
感
じ
な
が
ら
再
び
赤
面
す
  
め
る
 °
  
 
と
笑
顔
で
言
い
 
彩
の
手
を
取
る
と
ま
た
す
た
す
た
と
歩
き
始

   

  
 
 
あ
あ
言
う
の
を
 
世
の
中
で
は
シ
ス
コ
ン
っ
て
言
う
ん
じ
ゃ
  
  
 
厭
み
た
っ
ぷ
り
に
言
う
佐
藤
 °
  
  
あ
|
 °
 
  
 
 
い
や
|
 
お
姉
様
と
仲
が
良
い
事
で
 
頬
笑
ま
し
い
で
す
な
  
  
話
し
掛
け
て
来
た
 °
  
ラ
ス
メ
イ
ト
で
野
球
部
員
の
中
田
を
加
え
た
 
野
球
部
ト
リ
オ
が
  
準
備
を
し
て
い
る
彩
に
 
午
前
中
の
野
球
部
コ
ン
ビ
に
同
じ
く
ク
  
 
5
時
間
目
の
 
古
典
 
が
終
り
 
6
時
間
目
の
 
化
学
U
 
の
  
  
  
  
  
話
に
嘖
ま
れ
る
の
で
あ
っ
た
 °
  
っ
た
が
 
案
の
定
 
ク
ラ
ス
メ
イ
ト
か
ら
の
ジ
ト
目
と
ひ
そ
ひ
そ
  
 
御
弁
当
を
食
べ
終
り
葉
子
と
別
れ
2
年
4
組
に
戻
っ
た
彩
で
あ
  
  


























   

  
 
 
今
日
は
 
疲
れ
た
な
あ
 °
 
  
  
  
  
  
 
心
中
で
は
憤
る
彩
で
あ
っ
た
 °
  
  
い
る
の
だ
ろ
う
け
ど
 
本
当
に
何
な
ん
だ
ろ
う
こ
の
連
中
は
 °
  
り
嫌
だ
あ
 °
ま
あ
 
葉
子
姉
さ
ん
が
美
人
で
あ
る
事
に
起
因
し
て
  
 
∧
こ
い
つ
ら
野
球
部
の
厭
み
は
い
つ
も
通
り
だ
け
ど
 
や
っ
ぱ
  
  
 
彩
は
俯
い
て
い
る
の
で
あ
っ
た
 °
  
  
 
続
い
て
畳
み
掛
け
る
中
田
 °
  
  
 
 
全
く
リ
ア
充
は
爆
発
し
ろ
っ
 °
 
  
  
 
佐
藤
に
続
き
厭
み
を
言
う
岡
木
 °
  
  
な
い
の
か
な
|
 °
 


















   

  
  
壁
に
手
が
吸
い
込
ま
れ
て
い
る
様
に
見
え
る
 °
  
 
と
言
っ
て
 
壁
に
右
手
を
突
っ
込
む
葉
子
 °
成
る
程
 
確
か
に
  
  
 
 
私
の
部
屋
か
ら
壁
を
抜
け
て
今
来
ま
し
た
 °
 
  
  
 
驚
き
な
が
ら
尋
ね
る
彩
 °
  
  
 
 
い
 
い
つ
の
間
に
入
っ
て
来
た
の
で
す
か
?
 
葉
子
姉
さ
ん
 °
 
  
  
く
り
し
て
彩
が
振
り
返
る
と
 
そ
こ
に
は
葉
子
が
立
っ
て
い
た
 °
  
 
一
人
で
自
室
に
居
た
は
ず
な
の
に
 
急
に
声
が
し
た
の
で
び
っ
  
  
 
 
御
疲
れ
の
様
子
だ
け
ど
 
ど
う
し
た
の
か
な
 
彩
 °
 
  
  
日
は
彩
は
授
業
が
終
る
と
帰
宅
し
た
の
で
あ
る
 °
  
史
部
は
基
本
的
に
は
木
曜
日
に
し
か
活
動
は
無
く
 
月
曜
日
の
今
  
も
終
り
 
帰
宅
し
た
の
で
あ
る
 °
因
み
に
彩
の
所
属
し
て
い
る
歴
  
 
自
宅
の
自
室
で
溜
め
息
を
付
く
彩
 °
6
時
間
目
の
 
化
学
U
 
  


























   

  
リ
オ
か
ら
受
け
た
仕
打
ち
や
 
ジ
ト
目
で
見
ら
れ
た
事
等
の
あ
ら
  
 
と
 
今
日
ク
ラ
ス
で
山
口
達
に
冷
か
さ
れ
た
事
や
 
野
球
部
ト
  
  
す
よ
 °
 
  
か
さ
れ
た
り
 
野
球
部
ト
リ
オ
に
厭
み
を
言
わ
れ
た
り
し
た
ん
で
  
や
一
緒
に
昼
食
を
食
べ
た
事
を
 
ク
ラ
ス
メ
イ
ト
の
山
口
達
に
冷
  
 
 
は
い
 
今
日
ク
ラ
ス
で
葉
子
姉
さ
ん
と
一
緒
に
登
校
し
た
事
  
  
 
と
少
し
心
配
そ
う
に
尋
ね
る
葉
子
 °
  
  
 
 
溜
め
息
を
付
い
て
た
み
た
い
だ
け
ど
 
何
か
有
っ
た
の
?
 °
 
  
  
 
と
思
う
の
で
あ
っ
た
 °
  
  
し
い
な
あ
 °
  
 
∧
ち
ょ
っ
と
何
に
せ
よ
 
急
に
入
っ
て
来
る
の
は
勘
弁
し
て
欲
  
  
 
泳
ぎ
目
の
彩
 °
そ
う
言
い
つ
つ
 
  
  
 
 
へ
え
|
 
そ
ん
な
事
も
出
来
る
の
で
す
ね
 °
 






   

  
み
問
題
を
解
決
し
た
い
と
 °
 
  
 
 
そ
れ
で
 
何
と
か
こ
の
問
題
 
つ
ま
り
彩
へ
の
冷
か
し
&
厭
  
  
 
応
え
る
彩
 °
  
  
当
に
困
り
ま
す
 °
 
  
 
 
は
い
 
そ
う
な
ん
で
す
 °
明
日
以
降
も
こ
れ
が
続
く
と
 
  
  
っ
て
い
る
と
 °
 
  
ク
ラ
ス
で
男
子
達
に
か
ら
か
わ
れ
て
 
そ
れ
で
疲
れ
て
い
て
 
  
 
 
成
る
程
 
成
る
程
 
つ
ま
り
彩
は
私
と
一
緒
に
居
る
事
を
 
  
  
 
と
言
っ
て
再
び
溜
め
息
を
付
く
彩
 °
  
  
い
の
で
す
け
ど
 
や
っ
ぱ
り
疲
れ
ま
し
た
 °
 
  
論
 
葉
子
姉
さ
ん
が
悪
い
の
で
は
な
く
 
野
球
部
ト
リ
オ
等
が
悪
  
で
い
る
の
で
し
ょ
う
け
ど
も
 
何
で
す
か
ね
え
 
困
り
ま
す
 °
  
 
 
ま
あ
 
葉
子
姉
さ
ん
が
美
人
な
の
で
一
緒
に
居
る
僕
を
妬
ん
  
  
ま
し
を
葉
子
に
説
明
す
る
彩
 °














   

  
 
 
そ
れ
じ
ゃ
あ
 
今
回
は
早
速
行
き
ま
す
よ
 °
 
  
  
 
と
気
が
付
く
彩
 °
  
  
な
 °
  
 
∧
若
し
か
し
て
僕
 
2
つ
目
の
願
い
事
を
頼
ん
じ
ゃ
っ
た
の
か
  
  
 
其
の
言
葉
を
聞
き
驚
く
彩
 °
  
  
 
 
え
?
 °
 
  
  
 
と
 
満
面
の
笑
み
で
頬
笑
む
葉
子
 °
  
  
 
て
 
ね
 °
 
  
 
 
其
の
願
い
 
私
が
適
え
て
あ
 
げ
 
る
 °
私
に
ま
 
か
 
せ
  
  
 
と
答
え
て
 
何
か
引
っ
掛
か
る
も
の
を
感
じ
る
彩
 °
  
  
 
 
は
い
 °
 
  


























   

  
だ
 °
  
 
も
う
一
度
大
き
く
伸
び
を
す
る
 °
段
々
と
頭
は
覚
め
て
来
た
様
  
  
 
 
う
|
ん
 °
 
  
  
寝
惚
け
て
い
る
感
じ
が
す
る
 °
  
 
旧
版
青
い
猫
型
の
目
覚
し
時
計
の
声
で
目
を
覚
ま
す
彩
 °
ま
だ
  
  
 
 
ふ
わ
|
 
わ
 °
 
  
  
ま
し
ょ
う
 °
 
  
 
 
朝
で
す
 
朝
で
す
 
朝
で
す
よ
 °
朝
で
す
 
朝
で
す
 
起
き
  
  
  
  
  
意
識
は
遠
退
い
て
い
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
の
部
屋
を
包
ん
で
い
っ
た
 °
其
の
白
い
光
に
呑
み
込
ま
れ
た
彩
の
  
 
と
葉
子
が
言
う
と
 
葉
子
の
手
か
ら
白
い
光
が
溢
れ
出
し
 
  


























   

  
  
 
そ
う
言
っ
て
ベ
ッ
ト
か
ら
起
き
様
と
す
る
彩
 °
  
  
 
 
ま
あ
で
も
 
取
り
敢
え
ず
起
き
な
い
と
遅
刻
す
る
よ
ね
 °
 
  
  
 
2
日
の
間
に
色
々
有
り
過
ぎ
て
 
少
し
苦
悩
す
る
彩
 °
  
  
い
の
か
す
ら
 
も
う
良
く
分
か
ん
な
い
な
あ
 °
 
  
 
 
で
も
 
ど
こ
ま
で
が
夢
じ
ゃ
な
く
て
 
ど
こ
ま
で
は
夢
っ
ぽ
  
  
 
苦
笑
す
る
彩
 °
  
  
 
 
は
は
 
や
っ
ぱ
り
夢
じ
ゃ
な
か
っ
た
ん
だ
 °
 
  
  
で
あ
っ
た
 °
  
 
や
は
り
 
小
型
テ
|
ブ
ル
の
上
に
は
薬
罐
が
置
か
れ
て
い
る
の
  
を
迎
え
た
様
で
あ
る
 °
  
自
室
に
居
る
様
で
あ
る
 °
彩
は
自
室
の
ベ
ッ
ト
で
寝
て
い
て
 
  
 
彩
が
辺
り
を
見
回
す
と
意
識
を
失
う
前
と
変
わ
ら
ず
ど
う
や
ら
  


























   

  
  
無
か
っ
た
の
で
あ
る
 °
  
 
其
の
姿
見
に
写
る
自
分
の
姿
は
 
昨
日
ま
で
の
自
分
の
姿
で
は
  
  
  
  
  
 
彩
の
絶
叫
音
が
自
室
内
に
響
き
渡
る
 °
  
  
 
 
え
っ
!
!
 °
 
  
  
 
着
替
え
を
し
よ
う
と
姿
見
を
見
る
彩
 °
  
あ
る
 °
  
の
引
き
戸
の
内
側
に
姿
見
が
填
め
込
ま
れ
て
い
る
タ
イ
プ
の
物
で
  
 
ク
ロ
|
ゼ
ッ
ト
を
開
け
る
彩
 °
こ
の
ク
ロ
|
ゼ
ッ
ト
は
 
左
側
  
ク
ロ
|
ゼ
ッ
ト
ま
で
向
か
う
彩
 °
  
 
体
の
重
さ
を
感
じ
な
が
ら
も
 
着
替
え
を
し
な
け
れ
ば
と
思
い
 
  
  
な
あ
 °
 
  
 
 
何
か
体
が
重
い
な
あ
 
や
っ
ぱ
り
疲
れ
が
残
っ
て
い
る
の
か

   

  
 
 
っ
無
い
っ
!
 °
 
  
  
ン
の
方
に
手
を
遣
る
彩
 °
  
 
そ
し
て
 
も
は
や
恐
怖
に
駆
ら
れ
な
が
ら
 
パ
ジ
ャ
マ
の
ズ
ボ
  
 
と
言
う
彩
 °
  
  
 
 
有
る
 °
 
  
  
て
い
る
と
い
う
感
覚
が
伝
わ
っ
て
来
る
 °
  
か
ら
手
を
置
い
て
み
る
 °
す
る
と
 
明
ら
か
に
胸
部
に
触
れ
ら
れ
  
 
彩
は
恐
る
恐
る
姿
見
に
写
っ
た
自
己
の
胸
部
に
パ
ジ
ャ
マ
の
上
  
  
さ
れ
る
か
も
し
れ
な
い
 °
  
で
あ
る
 °
こ
れ
な
ら
ば
 
四
郷
屋
の
ラ
ン
キ
ン
グ
に
上
位
に
登
載
  
わ
い
さ
と
美
し
さ
の
双
方
が
際
立
つ
女
子
の
顔
と
成
っ
て
い
た
の
  
そ
し
て
顔
も
 
自
分
の
面
影
を
或
る
程
度
残
し
て
は
い
る
が
 
  
結
香
よ
り
一
段
大
き
く
 
縁
梨
よ
り
一
段
小
さ
い
位
の
物
で
あ
る
 °
  
物
が
見
受
け
ら
れ
る
 °
其
の
大
き
さ
は
葉
子
に
は
及
ば
な
い
が
 
  
其
の
胸
部
に
は
 
パ
ジ
ャ
マ
を
押
し
上
げ
大
き
く
自
己
主
張
す
る
  
 
背
丈
や
髪
の
長
さ
に
は
見
た
所
変
化
は
見
ら
れ
な
い
 °
し
か
し
 

   

  
  
 
と
頬
笑
む
葉
子
 °
  
  
 
 
2
つ
目
の
願
い
事
を
適
え
ま
し
た
 °
 
  
  
 
涙
目
の
彩
が
葉
子
を
詰
問
す
る
 °
  
  
 
 
葉
子
姉
さ
ん
 
ど
う
い
う
事
で
す
か
!
 °
 
  
  
 
と
い
う
 
昨
日
と
変
わ
ら
ぬ
声
が
す
る
 °
  
  
 
 
は
|
い
 
良
い
よ
 °
 
  
  
 
葉
子
の
部
屋
の
前
に
立
っ
た
彩
は
ド
ア
を
ノ
ッ
ク
す
る
 °
  
  
き
出
す
と
自
室
を
出
る
 °
目
指
す
は
隣
室
の
葉
子
の
部
屋
で
あ
る
 °
  
 
暫
し
呆
然
と
立
ち
竦
ん
で
い
た
彩
で
あ
っ
た
が
 
意
を
決
し
歩
  
  
 
と
叫
ぶ
彩
 °
  


























   

  
  
 
涙
ぐ
む
彩
 °
  
  
 
 
だ
か
ら
っ
て
こ
ん
な
方
法
を
取
ら
な
く
て
も
 
 
 
 
 
 
 °
 
  
  
 
や
っ
ぱ
り
頬
笑
む
葉
子
 °
  
  
ら
 
彩
へ
の
冷
か
し
&
厭
み
問
題
は
解
決
だ
ね
 °
ど
う
だ
っ
た
?
 °
 
  
事
を
 
さ
す
が
に
男
子
達
か
ら
か
ら
か
わ
れ
る
事
は
無
く
成
る
か
  
 
 
だ
か
ら
彩
と
私
が
姉
妹
に
成
れ
ば
 
彩
が
私
と
一
緒
に
居
る
  
  
 
涙
目
で
頷
く
彩
 °
  
  
 
確
認
す
る
様
に
し
ゃ
べ
る
葉
子
 °
  
  
が
今
日
以
降
も
続
く
と
困
る
と
 °
 
  
員
達
に
か
ら
か
わ
れ
て
 
大
変
だ
っ
た
ん
だ
よ
ね
 °
そ
れ
で
こ
れ
  
 
 
昨
日
彩
は
私
と
一
緒
に
い
た
事
を
ク
ラ
ス
の
男
子
や
野
球
部
  
  
 
未
だ
涙
目
の
彩
 °


















   

  
 
 
こ
れ
か
ら
も
よ
ろ
し
く
ね
 
彩
菜
 °
 
  
  
 
彩
菜
の
髪
を
撫
で
な
が
ら
葉
子
は
 
  
  
  
の
で
あ
っ
た
 °
  
と
何
故
か
 
不
安
や
恐
怖
 
葉
子
へ
の
抗
議
心
が
薄
ら
い
で
行
く
  
 
葉
子
に
抱
き
寄
せ
ら
れ
 
葉
子
の
胸
の
中
で
泣
く
彩
菜
 °
す
る
  
  
 
と
言
い
彩
菜
を
抱
き
寄
せ
 
彩
菜
の
髪
を
撫
で
る
葉
子
 °
  
  
い
て
い
る
か
ら
 
心
配
は
い
ら
な
い
よ
 °
 
  
 
 
大
丈
夫
 °
彩
菜
ち
ゃ
ん
こ
ん
な
に
か
わ
い
い
し
 
私
達
が
つ
  
  
 
泣
き
出
す
 
彩
菜
 
 °
  
  
 
話
を
続
け
る
葉
子
 °
  
  
か
ら
 
こ
れ
か
ら
は
彩
菜
∧
あ
き
な
∨
ね
 
彩
菜
 °
 
  
 
 
そ
れ
か
ら
 
彩
∧
あ
き
ら
∨
っ
て
名
前
は
女
の
子
に
は
変
だ

   

  
  
潟
東
 
彩
改
め
潟
東
 
彩
菜
∧
1
6
歳
∨
  
  
┏┓
こ
こ
ま
で
の
主
な
登
場
人
物
┗┛
  
  
  
  
  
  
  
続
く
 °
  
  
物
語
は
進
ん
で
行
く
の
で
あ
っ
た
 °
  
 
こ
う
し
て
 
潟
東
 
彩
改
め
潟
東
 
彩
菜
と
 
潟
東
 
葉
子
の
  
  
  
  
  
 
と
彩
菜
に
優
し
く
語
る
の
で
あ
っ
た
 °
  


























   

  
  
  
m
 
ウ
エ
ス
ト
 
5
2
c
m
 
ヒ
ッ
プ
 
6
8
c
m
  
 
身
長
 
1
5
4
c
m
 
体
重
 
4
4
k
g
 
バ
ス
ト
 
9
6
c
  
  
潟
東
 
結
香
∧
1
4
歳
∨
  
  
c
m
 
ウ
エ
ス
ト
 
5
8
c
m
 
ヒ
ッ
プ
 
8
0
c
m
  
 
身
長
 
1
5
8
c
m
 
体
重
 
5
2
k
g
 
バ
ス
ト
 
1
1
4
  
  
潟
東
 
縁
梨
∧
4
6
歳
∨
  
  
c
m
 
ウ
エ
ス
ト
 
5
7
c
m
 
ヒ
ッ
プ
 
8
1
c
m
  
 
身
長
 
1
7
4
c
m
 
体
重
 
6
0
k
g
 
バ
ス
ト
 
1
2
0
  
  
潟
東
 
葉
子
∧
?
歳
∨
  
  
m
  
ト
 
1
0
6
c
m
 
ウ
エ
ス
ト
 
5
6
c
m
 
ヒ
ッ
プ
 
7
4
c
  
 
身
長
 
1
6
8
c
m
 
体
重
 
5
9
k
g
↓
5
4
k
g
 
バ
ス

   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
m
 
ウ
エ
ス
ト
 
5
0
c
m
 
ヒ
ッ
プ
 
6
2
c
m
 
  
 
身
長
 
1
5
6
c
m
 
体
重
 
4
2
k
g
 
バ
ス
ト
 
7
0
c
  
  
中
之
口
 
霞
美
∧
1
6
歳
∨
  
  
  
2
k
g
  
潟
東
 
敏
孝
∧
4
8
歳
∨
 
 
身
長
 
1
7
2
c
m
 
体
重
 
6

  > ≫