に
声
が
響
い
た
 °
  
ぶ
る
る
っ
と
振
動
し
た
胸
の
中
か
ら
 
む
ず
か
ゆ
い
感
覚
と
と
も
  
  
 
ひ
ゃ
!
 
  
 
大
丈
夫
だ
 °
す
ぐ
に
解
る
 
  
  
四
肢
を
じ
た
ば
た
と
振
り
回
す
美
里
は
焦
り
を
浮
か
べ
て
い
た
 °
  
  
う
し
た
ら
い
い
の
?
 
  
 
で
も
こ
の
ま
ま
じ
ゃ
身
動
き
ひ
と
つ
で
き
な
い
わ
:
:
:
:
ど
  
  
し
な
が
ら
ぶ
る
ぶ
る
と
震
え
て
い
た
 °
  
お
っ
ぱ
い
は
急
な
膨
張
し
た
影
響
で
熱
を
持
ち
 
蒸
気
を
吐
き
出
  
5
メ
|
ト
ル
を
超
え
 
そ
こ
ら
の
一
軒
家
よ
り
も
大
き
い
巨
大
な
  
つ
い
に
長
年
の
夢
だ
っ
た
膨
乳
を
果
た
し
た
美
里
 °
  
  
演
出
・
脚
本
 
ハ
リ
ナ
  
原
作
・
シ
リ
|
ズ
構
成
 
b
a
k
u
  
・
イ
ン
フ
レ
|
シ
ョ
ン
 
  
私
 
膨
乳
し
ま
す
!
∧
リ
メ
イ
ク
版
∨
 
第
3
話
 
バ
キ
ュ
|
ム

≪ <  

  
肉
体
的
な
膨
乳
に
変
換
す
る
能
力
だ
け
で
は
な
く
 
超
々
乳
状
態
  
な
ぜ
な
ら
 
美
里
の
胸
に
融
合
し
た
 
あ
れ
 
は
 
膨
乳
願
望
を
  
か
と
い
う
不
安
は
 
す
ぐ
に
絶
対
的
な
自
信
へ
と
変
わ
っ
た
 °
  
瞬
間
 
美
里
が
感
じ
て
い
た
超
々
乳
化
し
た
後
ど
う
す
れ
ば
よ
い
  
  
 
:
:
:
:
そ
う
 
わ
か
っ
た
わ
!
 
  
  
分
が
そ
れ
を
体
験
し
て
い
る
か
の
よ
う
な
感
覚
が
刻
ま
れ
る
 °
  
い
く
つ
も
の
フ
ラ
ッ
シ
ュ
バ
ッ
ク
が
胸
の
中
に
映
り
 
ま
る
で
自
  
で
く
る
 °
  
そ
し
て
そ
こ
か
ら
 
そ
の
何
か
が
胸
元
 
美
里
本
体
に
流
れ
込
ん
  
  
 
ん
っ
:
:
:
:
い
ぃ
っ
あ
ぁ
ぁ
ぁ
っ
!
 
  
  
二
つ
の
胸
の
中
心
部
あ
た
り
に
何
か
が
集
ま
っ
て
く
る
感
覚
 °
  
  
ぶ
る
っ
ぶ
る
る
る
る
っ
!
 
ぶ
っ
る
ん
っ
!
!
  
  
す
る
と
超
々
乳
は
お
の
ず
と
震
え
始
め
た
 °
  
も
ち
ろ
ん
美
里
の
胸
に
融
合
し
た
 
あ
れ
 
の
声
だ
 °





   

  
さ
せ
る
 °
  
左
右
の
お
っ
ぱ
い
を
弾
ま
せ
 
超
々
乳
が
得
た
特
殊
能
力
を
発
動
  
き
存
在
だ
っ
た
 °
  
 
超
巨
大
な
お
っ
ぱ
い
の
形
を
し
た
新
し
い
生
命
体
 
と
言
う
べ
  
そ
こ
に
居
る
の
は
 
も
は
や
 
超
々
乳
化
し
た
美
里
 
で
は
な
く
  
に
乳
房
を
動
か
せ
る
の
だ
 °
  
そ
う
 
美
里
は
思
い
の
ま
ま
 
自
由
自
在
に
 
自
分
の
手
の
よ
う
  
て
い
た
 °
  
進
化
し
た
超
特
殊
筋
繊
維
が
超
々
乳
の
物
理
的
操
作
を
可
能
に
し
  
る
と
ぐ
わ
ん
と
振
り
回
し
た
 °
  
そ
れ
を
確
か
め
よ
う
と
美
里
は
お
っ
ぱ
い
を
グ
ニ
グ
ニ
と
歪
ま
せ
  
乳
房
の
先
端
に
ま
で
神
経
の
筋
が
行
き
届
い
て
い
る
よ
う
な
感
覚
 °
  
全
体
に
巡
ら
せ
る
 °
  
胸
に
力
を
込
め
 
エ
ネ
ル
ギ
|
の
流
れ
を
胸
い
っ
ぱ
い
 
超
々
乳
  
  
 
は
あ
っ
!
 
  
  
て
い
た
の
だ
 °
  
乳
と
な
っ
て
戦
っ
た
先
人
た
ち
の
記
憶
ま
で
も
美
里
に
も
た
ら
し
  
で
の
戦
闘
を
可
能
と
す
る
超
人
的
な
特
殊
能
力
や
 
か
つ
て
超
々

   

  
辺
り
が
見
え
続
け
る
違
和
感
な
ど
普
通
の
人
間
に
は
到
底
耐
え
る
  
も
の
す
ご
い
情
報
量
が
乳
房
に
与
え
ら
れ
 
目
を
閉
じ
て
い
て
も
  
見
る
事
が
で
き
る
 °
  
る
も
の
は
辺
り
一
面
 
3
6
0
度
常
に
あ
り
と
あ
ら
ゆ
る
も
の
が
  
本
来
の
自
分
の
目
は
お
っ
ぱ
い
し
か
見
え
な
い
が
 
胸
か
ら
見
え
  
全
天
周
囲
の
モ
ニ
タ
|
に
な
っ
た
よ
う
な
感
覚
だ
っ
た
 °
  
の
目
が
 
プ
ラ
ネ
タ
リ
ウ
ム
を
も
っ
と
凄
く
し
た
よ
う
な
二
つ
の
  
視
界
は
曲
面
状
 
全
周
囲
魚
眼
レ
ン
ズ
の
よ
う
な
も
の
で
 
自
分
  
に
水
平
 
垂
直
に
3
6
0
度
見
る
こ
と
が
で
き
る
 °
  
そ
の
大
き
く
膨
ら
ん
だ
二
つ
の
双
球
は
 
全
天
球
カ
メ
ラ
の
よ
う
  
だ
け
 
と
い
う
わ
け
で
は
な
い
 °
  
単
に
美
里
の
視
界
が
乳
房
し
か
見
え
な
い
か
ら
胸
に
目
が
つ
い
た
  
そ
こ
か
ら
の
視
覚
情
報
が
脳
に
送
ら
れ
る
よ
う
に
な
っ
た
の
だ
が
 °
  
正
確
に
は
 
超
々
乳
の
表
面
に
光
を
感
じ
る
組
織
が
形
成
さ
れ
 
  
す
る
と
巨
大
な
超
々
乳
そ
の
も
の
が
  
に
変
化
し
た
 °
  
  
 
ブ
レ
ス
ト
・
ア
イ
!
 
  
  
前
を
付
け
て
叫
ぶ
美
里
 °
  
中
二
病
ス
キ
ル
を
発
揮
し
て
 
そ
れ
ら
の
特
殊
能
力
に
瞬
時
に
名

   

  
左
右
の
タ
イ
ミ
ン
グ
を
合
わ
せ
れ
ば
 
超
々
乳
を
脚
代
わ
り
に
し
  
ぱ
い
で
動
い
て
い
る
だ
け
だ
っ
た
が
 
地
面
を
叩
く
強
さ
 
方
向
 
  
特
殊
能
力
と
い
っ
て
も
自
由
自
在
に
操
れ
る
よ
う
に
な
っ
た
お
っ
  
今
度
は
右
を
支
え
に
と
 
そ
の
動
作
を
左
右
繰
り
返
す
 °
  
を
支
え
に
し
て
右
乳
が
飛
び
出
し
地
面
を
叩
い
た
 °
  
乳
房
を
ぐ
に
ゅ
っ
と
少
し
潰
す
よ
う
に
地
面
に
押
し
付
け
 
そ
れ
  
そ
し
て
前
に
飛
び
出
し
た
お
っ
ぱ
い
が
地
に
着
い
た
と
き
 
左
の
  
ン
ド
し
た
 °
  
接
地
面
が
瞬
間
的
に
地
面
を
叩
く
と
 
超
々
乳
が
勢
い
よ
く
バ
ウ
  
既
に
莫
大
な
質
量
を
支
え
る
た
め
に
強
化
さ
れ
て
い
る
超
々
乳
の
  
ボ
ヨ
ン
ボ
ヨ
ン
と
揺
ら
し
あ
っ
た
乳
房
 °
  
  
 
ブ
レ
ス
ト
・
レ
ッ
グ
!
 
  
  
発
動
さ
せ
た
 °
  
る
こ
と
が
で
き
る
よ
う
に
な
っ
た
美
里
は
 
更
な
る
特
殊
能
力
を
  
ま
で
 
球
体
の
ま
ま
な
ら
美
里
の
背
中
以
外
あ
ら
ゆ
る
も
の
が
見
  
そ
し
て
谷
間
の
中
の
暗
闇
か
ら
自
分
の
顔
 
左
右
正
反
対
の
方
向
  
え
る
美
里
に
は
そ
れ
を
受
け
入
れ
る
こ
と
が
で
き
た
 °
  
こ
と
な
ど
で
き
な
い
が
 
巨
大
な
乳
房
が
自
分
そ
の
も
の
だ
と
思

   

  
  
も
ぞ
も
ぞ
と
震
え
 
声
が
胸
に
反
響
す
る
 °
  
  
の
だ
 
  
 
胸
に
取
り
込
ん
だ
大
量
の
膨
乳
エ
ネ
ル
ギ
|
を
吐
き
出
さ
せ
る
  
 
柔
華
が
!
 
ね
え
 
ど
う
し
た
ら
い
い
の
?
 
  
  
引
っ
張
ら
れ
て
い
る
 °
  
柔
華
本
人
は
自
分
よ
り
も
大
き
く
自
ら
動
く
胸
に
 
右
に
左
へ
と
  
ぐ
に
ゅ
ぐ
に
ゅ
と
歪
み
蠢
い
て
い
た
 °
  
  
 
ん
ん
ぅ
あ
あ
ぁ
っ
!
 
  
  
の
か
 
  
柔
華
の
胸
は
 
目
の
前
に
現
れ
迫
っ
て
く
る
超
々
乳
に
反
応
し
た
  
ス
ン
と
進
ん
で
い
く
 °
  
超
々
乳
は
右
 
左
と
地
面
を
叩
き
 
柔
華
に
向
か
っ
て
ド
ス
ン
ド
  
に
感
じ
て
い
た
 °
  
美
里
は
ま
る
で
本
当
に
超
々
乳
自
体
が
自
分
の
体
の
本
体
の
よ
う
  
て
全
力
疾
走
も
可
能
な
の
で
あ
る
 °












   

  
 
え
え
|
い
っ
!
 
  
  
空
中
で
一
回
転
し
 
巨
大
乳
を
真
上
か
ら
落
下
さ
せ
る
 °
  
  
 
ち
ょ
っ
と
痛
い
か
も
し
れ
な
い
け
ど
 
  
  
そ
の
勢
い
で
天
に
舞
っ
た
二
つ
の
球
体
 °
  
地
震
の
よ
う
な
衝
撃
が
辺
り
に
ず
し
ん
と
響
い
た
か
と
思
う
と
 
  
た
 °
  
地
面
に
叩
き
つ
け
 
お
っ
ぱ
い
を
バ
ウ
ン
ド
さ
せ
て
飛
び
上
が
っ
  
  
 
そ
れ
!
 
  
  
つ
の
乳
房
を
ぐ
っ
と
持
ち
上
げ
た
 °
  
あ
と
少
し
で
二
つ
の
超
々
乳
が
ぶ
つ
か
る
と
こ
ろ
で
 
美
里
は
二
  
弾
ま
せ
た
乳
で
 
一
直
線
に
柔
華
に
向
か
っ
て
走
る
 °
  
  
 
わ
か
っ
た
わ
 °
気
が
引
け
る
け
ど
 
や
る
し
か
な
い
の
ね
 
  
が
あ
る
 
  
 
そ
の
た
め
に
は
支
配
し
て
い
る
膨
乳
生
命
体
を
弱
ら
せ
る
必
要

   

  
 
だ
っ
た
ら
!
 
  
  
然
と
し
て
い
る
よ
う
だ
っ
た
 °
  
め
り
込
ん
だ
窪
み
か
ら
這
い
上
が
る
柔
華
の
お
っ
ぱ
い
は
ま
だ
平
  
面
に
乳
房
を
擦
り
つ
け
て
停
止
さ
せ
た
 °
  
美
里
の
お
っ
ぱ
い
は
勢
い
を
持
っ
た
ま
ま
ズ
ド
ン
と
着
地
し
 
  
  
 
そ
ん
な
っ
!
 
  
  
っ
ぱ
い
を
吹
き
飛
ば
し
た
 °
  
し
か
し
潰
さ
れ
た
柔
華
の
乳
房
は
 
勢
い
よ
く
弾
ま
せ
美
里
の
お
  
手
ご
た
え
も
感
じ
さ
せ
 
か
な
り
の
ダ
メ
|
ジ
を
与
え
た
は
ず
だ
 °
  
  
 
や
っ
た
わ
!
 
  
  
乳
房
に
は
 
地
面
に
め
り
込
む
ほ
ど
の
重
々
し
い
衝
撃
が
奔
っ
た
 °
  
地
面
と
超
々
乳
に
思
い
っ
き
り
サ
ン
ド
イ
ッ
チ
に
さ
れ
た
柔
華
の
  
を
押
し
潰
し
た
 °
  
重
力
に
よ
っ
て
加
速
し
た
超
々
乳
が
 
そ
の
質
量
で
柔
華
の
乳
房
  


























   

  
  
 
ひ
ぎ
ゃ
っ
!
 
  
  
さ
ら
に
振
動
し
た
か
と
思
う
と
 
  
し
た
 °
  
す
る
と
柔
華
の
ド
ラ
ム
缶
並
み
の
乳
首
が
前
に
向
か
っ
て
せ
り
出
  
バ
ァ
ン
と
弾
み
吹
っ
飛
ば
さ
れ
た
美
里
 °
  
  
 
き
ゃ
あ
ぁ
っ
!
 
  
  
返
し
た
 °
  
出
し
た
黒
い
波
動
が
乳
房
を
押
し
 
美
里
の
巨
大
な
乳
房
を
弾
き
  
大
き
さ
や
勢
い
で
美
里
が
優
勢
だ
っ
た
が
 
柔
華
の
胸
か
ら
溢
れ
  
巨
大
な
質
量
と
質
量
の
壮
絶
な
激
突
 °
  
加
速
さ
せ
 
そ
れ
を
美
里
の
お
っ
ぱ
い
に
ぶ
つ
け
た
 °
  
ラ
ッ
カ
|
の
よ
う
に
右
の
乳
房
で
 
左
の
乳
房
を
叩
き
 
勢
い
で
  
そ
れ
に
対
し
柔
華
の
乳
房
は
バ
イ
ン
と
弾
ん
で
 
ア
メ
リ
カ
ン
ク
  
び
か
か
っ
て
 
横
に
一
回
転
し
た
右
の
乳
房
を
叩
き
込
む
 °
  
弾
ま
せ
て
跳
ね
た
美
里
の
乳
は
 
振
り
回
し
な
が
ら
も
う
一
度
飛
  


























   

  
  
乳
房
を
持
ち
上
げ
 
体
制
を
立
て
直
す
と
 
  
悶
え
る
胸
が
ド
ク
ン
ド
ク
ン
と
激
し
く
震
え
て
い
た
 °
  
  
 
は
ぁ
:
:
:
:
は
ぁ
:
:
:
:
!
 
  
 
奴
ら
め
 
エ
ネ
ル
ギ
|
を
こ
の
よ
う
に
使
う
と
は
:
:
:
:
 
  
  
け
た
お
っ
ぱ
い
は
滑
り
な
が
ら
地
面
を
転
が
っ
た
 °
  
唸
る
よ
う
な
声
を
上
げ
た
美
里
と
共
に
空
中
で
バ
ル
ン
バ
ル
ン
弾
  
  
 
う
ぐ
あ
ぁ
っ
!
 
  
  
弾
け
 
吹
き
飛
ば
さ
れ
る
 °
  
胸
を
え
ぐ
る
よ
う
な
衝
撃
を
吸
収
し
き
れ
ず
お
っ
ぱ
い
が
激
し
く
  
胸
に
直
撃
 °
  
吹
っ
飛
ば
さ
れ
た
勢
い
も
あ
り
 
美
里
は
よ
け
る
こ
と
が
で
き
ず
 
  
  
 
ッ
!
?
 
  
  
そ
こ
か
ら
黒
い
光
弾
が
発
射
さ
れ
た
 °











   

  
ら
い
ま
で
お
っ
ぱ
い
は
伸
び
る
と
ビ
ク
ン
ッ
ビ
ク
ン
ッ
と
震
わ
せ
  
ま
る
で
伸
ば
し
た
餅
の
よ
う
に
 
球
体
だ
っ
た
超
々
乳
五
個
分
ぐ
  
き
に
楕
円
状
に
な
る
よ
う
勢
い
よ
く
伸
び
あ
が
っ
た
 °
  
そ
し
て
そ
の
勢
い
を
殺
さ
ぬ
ま
ま
球
体
だ
っ
た
乳
房
が
 
後
ろ
向
  
ル
ル
と
タ
|
ン
を
し
て
回
転
を
止
め
た
 °
  
高
速
回
転
す
る
超
々
乳
は
地
面
を
擦
り
ブ
レ
|
キ
を
か
け
 
ギ
ュ
  
ば
す
 °
  
そ
の
ま
ま
加
速
し
 
柔
華
の
乳
房
に
突
っ
込
み
 
そ
れ
を
弾
き
飛
  
な
い
だ
ろ
う
 °
  
も
は
や
こ
の
突
進
す
る
お
っ
ぱ
い
は
誰
に
も
止
め
る
こ
と
は
で
き
  
速
回
転
し
た
肌
色
の
塊
は
そ
れ
を
弾
い
た
 °
  
悶
え
た
柔
華
の
乳
首
か
ら
再
び
光
弾
を
放
つ
が
 
迫
っ
て
来
る
高
  
  
 
う
ん
ぎ
ぃ
!
 
  
  
っ
て
突
進
し
た
 °
  
二
つ
繋
が
っ
た
球
体
が
 
勢
い
よ
く
転
が
っ
て
柔
華
の
乳
に
向
か
  
地
面
を
叩
き
 
身
を
弾
ま
せ
る
と
今
度
は
縦
に
回
転
を
始
め
る
 °
  
  
 
だ
っ
た
ら
連
続
攻
撃
よ
っ
!
 













   

  
自
身
も
限
界
に
見
え
る
 °
  
常
識
で
は
考
え
ら
れ
な
い
ほ
ど
物
理
的
に
胸
を
刺
激
さ
れ
 
柔
華
  
  
 
あ
が
っ
あ
が
が
が
が
が
っ
!
 
  
  
を
起
こ
し
て
い
る
 °
  
華
の
胸
は
 
か
な
り
効
い
て
い
る
の
か
ぶ
る
っ
ぶ
る
と
ひ
き
つ
け
  
息
も
つ
か
せ
ぬ
連
続
攻
撃
を
叩
き
込
ま
れ
地
面
に
め
り
込
ん
だ
柔
  
反
動
で
跳
ね
た
美
里
の
超
々
乳
は
 
ず
し
ん
と
着
地
し
た
 °
  
地
面
を
え
ぐ
っ
て
砂
埃
を
巻
き
上
げ
た
 °
  
面
に
勢
い
を
つ
け
て
激
突
 °
  
当
然
受
け
止
め
る
は
ず
も
な
く
ぶ
っ
飛
ば
さ
れ
た
柔
華
の
乳
は
地
  
打
ち
出
さ
れ
た
超
々
乳
は
そ
の
膨
大
な
質
量
全
て
を
叩
き
込
む
 °
  
た
柔
華
に
向
か
っ
て
再
び
突
撃
し
た
 °
  
性
力
か
ら
叩
き
込
ま
れ
る
衝
撃
の
反
動
で
超
加
速
 
吹
き
飛
ば
し
  
今
度
は
限
界
ま
で
伸
ば
し
た
ゴ
ム
の
よ
う
に
バ
チ
ン
と
弾
け
 
  
  
 
い
っ
け
ぇ
!
 
  
  
た
 °
























   

  
我
々
が
受
け
た
ダ
メ
|
ジ
を
考
え
る
と
な
 
  
 
エ
ネ
ル
ギ
|
の
低
下
だ
 °
 
激
し
く
行
動
し
過
ぎ
た
 °
そ
れ
に
  
 
ど
 
ど
う
し
て
!
?
 
  
  
め
 
そ
の
よ
う
に
錯
覚
し
て
し
ま
っ
た
の
だ
 °
  
辺
り
一
面
見
渡
せ
た
ブ
レ
ス
ト
ア
イ
が
急
に
使
え
な
く
な
っ
た
た
  
な
り
 
視
界
が
薄
っ
ぺ
ら
く
見
え
る
違
和
感
が
美
里
を
襲
っ
た
 °
  
そ
の
上
視
界
が
暗
闇
に
包
ま
れ
た
 °
い
や
 
肌
色
し
か
見
え
な
く
  
動
か
そ
う
と
し
て
も
全
身
が
歪
む
だ
け
 °
  
突
然
美
里
の
超
々
乳
が
動
か
な
く
な
っ
た
 °
  
  
 
ひ
う
っ
!
 
胸
が
 
  
  
と
す
る
が
 
  
お
っ
ぱ
い
を
弾
ま
せ
 
そ
の
た
め
の
特
殊
能
力
を
発
動
さ
せ
よ
う
  
か
 
与
え
ら
れ
た
知
識
に
よ
り
わ
か
っ
て
い
た
 °
  
美
里
に
は
ど
う
や
っ
て
柔
華
に
融
合
し
た
乳
房
を
倒
せ
ば
い
い
の
  
  
 
ご
め
ん
ね
 
で
も
も
う
助
か
る
か
ら
!
 
  


























   

  
て
い
く
 °
  
膨
乳
す
る
わ
け
で
は
な
く
 
超
々
乳
の
中
に
エ
ネ
ル
ギ
|
が
満
ち
  
す
る
と
美
里
の
膨
乳
願
望
が
乳
房
に
注
ぎ
込
ま
れ
た
 °
  
  
 
ブ
レ
ス
ト
・
チ
ャ
|
ジ
!
 
  
  
そ
れ
を
特
殊
能
力
の
よ
う
に
名
付
け
叫
ん
だ
 °
  
溢
れ
出
て
く
る
膨
乳
欲
 °
  
  
 
は
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
っ
!
 
  
  
持
ち
が
後
押
し
す
る
 °
  
さ
ら
に
高
ま
っ
て
い
く
膨
乳
願
望
に
柔
華
を
助
け
た
い
と
い
う
気
  
  
ら
!
 
  
つ
ら
に
だ
っ
て
:
:
:
:
い
や
 
誰
に
だ
っ
て
負
け
な
い
ん
だ
か
  
 
膨
乳
:
:
:
:
そ
う
よ
 
膨
乳
し
た
い
っ
て
気
持
ち
な
ら
あ
い
  
と
願
う
だ
け
で
い
い
 
  
 
膨
乳
願
望
こ
そ
が
エ
ネ
ル
ギ
|
だ
 °
君
は
も
っ
と
膨
乳
し
た
い
  
 
な
ん
で
:
:
:
:
も
う
ち
ょ
っ
と
で
柔
華
を
助
け
れ
る
の
に
 

   

  
そ
こ
に
向
か
っ
て
ど
こ
か
ら
か
現
れ
た
光
の
線
が
列
を
成
し
て
集
  
上
が
っ
た
 °
  
そ
の
光
の
先
は
歪
み
 
切
り
取
ら
れ
る
よ
う
に
空
間
が
丸
く
盛
り
  
輝
き
は
強
ま
り
 
光
の
柱
と
な
っ
て
天
に
伸
び
る
 °
  
美
里
は
思
わ
ず
息
を
漏
ら
し
た
 °
  
  
 
ん
っ
:
:
:
:
 
  
  
輝
き
が
漏
れ
出
し
た
 °
  
す
る
と
乳
と
乳
の
境
目
 
谷
間
の
中
か
ら
丸
く
線
を
引
く
よ
う
に
  
  
 
ん
:
:
:
:
?
 
こ
れ
は
:
:
:
:
 
  
  
そ
れ
で
も
胸
は
膨
乳
願
望
を
取
り
込
ん
で
い
く
 °
  
美
里
の
強
い
膨
乳
願
望
は
す
ぐ
に
胸
い
っ
ぱ
い
に
満
ち
た
 °
  
発
動
し
 
胸
か
ら
辺
り
が
見
え
る
よ
う
に
な
っ
た
 °
  
エ
ネ
ル
ギ
|
が
補
給
さ
れ
た
た
め
か
ブ
レ
ス
ト
ア
イ
が
自
動
的
に
  
詰
め
込
ま
れ
て
い
る
の
だ
 °
  
が
美
里
の
胸
元
か
ら
 
お
っ
ぱ
い
と
い
う
エ
ネ
ル
ギ
|
タ
ン
ク
に
  
膨
乳
願
望
が
エ
ネ
ル
ギ
|
に
変
換
さ
れ
 
生
み
出
さ
れ
た
輝
く
光

   

  
ぱ
い
が
ぶ
つ
か
っ
た
 °
  
美
里
の
超
々
乳
と
輝
く
超
々
乳
 
同
じ
ぐ
ら
い
の
大
き
さ
の
お
っ
  
  
 
な
 
な
に
:
:
:
:
ん
ひ
ゃ
っ
!
 
  
  
な
が
ら
突
っ
込
ん
で
き
た
 °
  
谷
間
が
生
み
出
す
光
の
奔
流
に
逆
ら
っ
て
 
そ
れ
さ
え
も
吸
収
し
  
空
中
で
輝
く
巨
大
な
乳
房
の
形
を
と
っ
た
そ
れ
は
 
美
里
の
胸
の
  
で
成
長
し
た
 °
  
ン
と
破
裂
す
る
よ
う
に
一
気
に
大
き
く
な
っ
て
超
々
乳
ほ
ど
に
ま
  
巨
乳
か
ら
 
グ
ン
と
爆
乳
 °
さ
ら
に
ボ
ン
と
超
乳
 °
そ
し
て
バ
ァ
  
な
ほ
ど
の
揺
れ
る
お
っ
ぱ
い
そ
の
も
の
だ
っ
た
 °
  
そ
れ
は
ま
さ
し
く
ボ
イ
ン
ッ
ボ
イ
ン
ッ
と
言
う
音
が
聞
こ
え
そ
う
  
ン
膨
ら
ん
で
い
く
 °
  
淡
い
肌
色
に
も
見
え
る
光
の
球
体
は
押
し
合
い
な
が
ら
 
グ
ン
グ
  
  
 
ま
さ
か
:
:
:
:
 
  
  
光
は
集
ま
る
と
交
じ
り
合
っ
て
 
輝
く
二
つ
の
球
体
と
な
っ
た
 °
  
ま
っ
て
い
く
 °




















   

  
は
胸
の
芯
か
ら
輝
き
が
満
ち
て
い
く
 °
  
凝
縮
さ
れ
た
エ
ネ
ル
ギ
|
そ
の
も
の
吸
収
し
た
美
里
の
お
っ
ぱ
い
  
  
 
ん
ん
ぐ
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
っ
!
 
  
  
わ
っ
と
開
い
て
 
残
り
を
飲
み
込
ん
だ
 °
  
半
分
ぐ
ら
い
谷
間
の
中
に
入
っ
た
と
き
 
美
里
の
胸
の
谷
間
は
ぐ
  
ぎ
ゅ
む
っ
ぎ
ゅ
む
っ
と
谷
間
の
中
に
押
し
込
ま
れ
て
い
く
 °
  
と
な
っ
て
 
美
里
の
胸
の
谷
間
に
突
っ
込
ん
だ
 °
  
う
と
 
実
態
の
よ
う
な
形
を
維
持
し
た
ま
ま
エ
ネ
ル
ギ
|
の
奔
流
  
そ
し
て
光
の
超
々
乳
は
美
里
の
お
っ
ぱ
い
を
力
強
く
押
し
た
と
思
  
る
 °
  
込
む
 °
四
つ
の
球
体
は
負
け
じ
と
変
形
し
な
が
ら
揉
み
合
っ
て
い
  
右
が
押
せ
ば
左
が
押
し
返
え
さ
れ
 
左
が
押
さ
れ
れ
ば
右
を
押
し
  
  
 
あ
:
:
:
:
あ
ぅ
っ
!
 
  
  
合
う
 °
  
か
く
 
お
し
く
ら
ま
ん
じ
ゅ
う
の
よ
う
に
ぐ
に
っ
ぐ
に
っ
と
押
し
  
柔
華
の
乳
房
の
と
き
と
は
違
い
 
お
っ
ぱ
い
同
士
が
優
し
く
柔
ら

   

  
分
自
身
を
揉
み
始
め
た
の
だ
 °
  
感
じ
取
っ
て
し
ま
い
 
美
里
の
意
思
を
超
え
て
暴
走
 
そ
し
て
自
  
手
で
胸
を
押
さ
え
よ
う
と
し
た
イ
メ
|
ジ
を
敏
感
な
お
っ
ぱ
い
が
  
っ
ぱ
い
が
自
ら
を
変
形
さ
せ
て
い
る
だ
け
だ
っ
た
 °
  
実
際
に
揉
ま
れ
て
い
る
の
で
は
な
い
 °
揉
ま
れ
て
い
る
よ
う
に
お
  
れ
て
 
何
度
も
バ
ウ
ン
ド
し
形
を
歪
ま
せ
な
が
ら
盛
り
上
が
る
 °
  
悶
え
る
お
っ
ぱ
い
は
も
に
ゅ
ん
 
も
に
ゅ
ん
と
食
い
込
み
に
揉
ま
  
ま
れ
て
い
る
か
の
よ
う
だ
 °
  
そ
れ
は
ま
る
で
透
明
人
間
に
両
手
で
鷲
掴
み
に
さ
れ
て
激
し
く
揉
  
い
き
な
り
お
っ
ぱ
い
に
い
く
つ
も
の
食
い
込
み
が
現
れ
た
 °
  
美
里
は
思
わ
ず
声
を
荒
げ
て
し
ま
っ
た
 °
  
  
 
ひ
ゃ
あ
あ
あ
あ
あ
っ
!
 
  
  
ぱ
い
は
 
ぐ
に
ゃ
り
 
と
歪
ん
だ
 °
  
も
ち
ろ
ん
そ
ん
な
こ
と
は
で
き
な
い
 °
し
か
し
そ
の
瞬
間
に
お
っ
  
能
的
に
手
で
押
さ
え
よ
う
と
す
る
よ
う
に
 °
  
え
つ
け
よ
う
と
思
っ
て
し
ま
っ
た
 °
痛
い
と
思
っ
た
と
こ
ろ
を
本
  
想
像
以
上
の
あ
ま
り
の
激
し
さ
に
美
里
は
 
一
瞬
手
で
胸
を
押
さ
  
そ
し
て
そ
こ
に
エ
ネ
ル
ギ
|
が
駆
け
巡
る
 °









   

  
エ
ネ
ル
ギ
|
が
満
ち
溢
れ
た
超
々
乳
を
揉
ま
れ
る
た
び
 
美
里
の
  
挟
み
込
ん
だ
部
分
を
盛
り
上
げ
る
 °
  
食
い
込
み
は
何
度
も
何
度
も
場
所
を
変
え
な
が
ら
現
れ
て
は
消
え
 
  
う
も
に
ゅ
ん
と
変
形
し
続
け
て
い
た
 °
  
暴
走
す
る
お
っ
ぱ
い
は
強
く
自
分
自
身
を
揉
み
し
だ
き
 
も
に
ゅ
  
揉
ま
れ
る
感
覚
自
体
常
識
を
超
え
て
い
る
 °
  
そ
も
そ
も
あ
ま
り
に
も
巨
大
な
乳
房
を
鷲
掴
み
に
さ
れ
て
激
し
く
  
  
 
ん
っ
:
:
:
:
ん
ぁ
っ
:
:
:
:
あ
ん
っ
!
 
  
  
ん
て
 
彼
女
に
と
っ
て
理
解
不
能
で
不
可
解
極
ま
る
も
の
だ
っ
た
 °
  
そ
れ
は
す
べ
て
自
分
自
身
の
お
っ
ぱ
い
が
自
ら
起
こ
し
て
い
る
な
  
え
 
そ
し
て
乳
房
全
体
が
う
ご
め
い
て
い
る
 °
  
乳
房
の
表
面
に
指
の
形
を
し
た
食
い
込
み
が
次
々
に
現
れ
て
は
消
  
胸
の
中
を
激
し
く
駆
け
巡
り
続
け
て
い
た
 °
  
そ
の
上
胸
が
飲
み
込
ん
だ
光
の
お
っ
ぱ
い
の
エ
ネ
ル
ギ
|
は
今
も
  
す
る
こ
と
は
で
き
な
か
っ
た
 °
  
が
飛
び
か
か
っ
て
い
る
今
 
超
々
乳
化
を
自
分
で
コ
ン
ト
ロ
|
ル
  
し
か
し
胸
に
流
れ
た
エ
ネ
ル
ギ
|
の
影
響
で
 
理
性
の
ヒ
ュ
|
ズ
  
普
段
の
美
里
な
ら
ば
こ
ん
な
こ
と
に
は
な
ら
な
い
だ
ろ
う
 °



   

  
い
た
 °
  
も
で
き
な
い
状
態
で
た
だ
ひ
た
す
ら
そ
の
感
覚
が
美
里
に
奔
っ
て
  
あ
る
の
は
そ
の
感
覚
だ
け
 °
動
く
こ
と
は
お
ろ
か
 
考
え
る
こ
と
  
る
矛
盾
し
た
よ
う
な
感
覚
が
襲
っ
て
い
た
 °
  
意
識
の
無
い
美
里
に
真
っ
暗
な
暗
闇
で
光
の
奔
流
に
飲
ま
れ
て
い
  
形
し
た
ま
ま
沈
黙
し
た
 °
  
す
る
と
お
っ
ぱ
い
は
食
い
込
み
に
よ
っ
て
揉
ま
れ
て
る
よ
う
に
変
  
は
胸
の
中
に
溶
け
て
い
っ
た
 °
  
そ
し
て
揉
ま
れ
続
け
る
お
っ
ぱ
い
に
耐
え
ら
れ
ず
 
美
里
の
意
識
  
  
:
 
  
 
|
|
:
:
:
:
ッ
!
 
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
  
  
跳
ね
よ
う
と
す
る
が
 
食
い
込
み
に
抑
え
ら
れ
て
し
ま
う
 °
  
グ
ニ
ッ
グ
ニ
ッ
と
揉
ま
れ
な
が
ら
回
転
す
る
お
っ
ぱ
い
は
必
死
に
  
は
地
面
を
擦
り
な
が
ら
 
左
右
に
開
い
た
 °
  
し
か
し
美
里
が
本
能
的
に
抵
抗
し
よ
う
と
し
た
の
か
 
お
っ
ぱ
い
  
か
で
き
な
か
っ
た
 °
  
も
は
や
訳
も
分
か
ら
ず
 
ひ
た
す
ら
お
っ
ぱ
い
を
揉
ま
せ
る
事
し
  
理
性
が
飛
び
か
け
る
 °

















   

  
っ
て
歪
ん
だ
ま
ま
の
お
っ
ぱ
い
が
バ
ン
と
勢
い
よ
く
弾
け
元
の
球
  
胸
に
力
を
込
め
る
と
 
指
を
押
し
込
ん
だ
よ
う
な
食
い
込
み
に
よ
  
  
 
ふ
ん
っ
!
 
  
  
分
の
も
の
に
す
る
 °
  
胸
の
中
に
無
茶
苦
茶
に
流
れ
る
エ
ネ
ル
ギ
|
を
束
ね
る
よ
う
に
自
  
  
 
ん
ん
ん
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
 
  
  
胸
の
中
で
エ
ネ
ル
ギ
|
が
暴
れ
て
い
た
が
 
  
  
 
ん
は
っ
|
|
は
ぁ
:
:
:
:
は
あ
:
:
:
:
 
  
  
た
き
込
ま
れ
 
美
里
は
意
識
を
取
り
戻
し
た
 °
  
直
後
 
心
臓
マ
ッ
サ
|
ジ
を
す
る
よ
う
な
衝
撃
が
胸
の
中
か
ら
た
  
胸
の
中
に
 
そ
し
て
美
里
全
体
に
反
響
す
る
声
 °
  
  
 
起
き
る
の
だ
!
 
力
に
飲
ま
れ
て
は
い
け
な
い
 
  


























   

  
 
も
う
残
さ
れ
た
時
間
が
無
い
と
い
う
こ
と
だ
!
 
一
気
に
決
め
  
 
融
合
!
?
 
ど
う
い
う
こ
と
?
 
  
 
ま
ず
い
!
 
強
制
的
に
融
合
さ
せ
る
つ
も
り
だ
 
  
  
す
る
 °
  
し
く
膨
ら
み
 
柔
華
の
身
体
を
谷
間
の
中
に
引
き
ず
り
込
も
う
と
  
ま
る
で
最
後
の
悪
あ
が
き
の
よ
う
に
ぶ
り
ゅ
り
ゅ
り
ゅ
り
ゅ
と
激
  
め
た
 °
  
け
そ
う
に
は
な
い
柔
華
の
乳
房
が
ぶ
る
る
っ
ぶ
る
る
っ
と
震
え
始
  
柔
華
を
助
け
よ
う
と
動
き
出
し
た
瞬
間
 
相
当
な
ダ
メ
|
ジ
で
動
  
  
 
わ
か
っ
た
よ
 °
さ
あ
 
行
く
わ
よ
!
 
  
 
そ
れ
は
奴
を
倒
し
て
か
ら
聞
こ
う
 
  
わ
 
  
 
あ
り
が
と
う
 °
危
う
く
お
っ
ぱ
い
に
飲
ま
れ
る
と
こ
ろ
だ
っ
た
  
  
は
無
限
の
パ
ワ
|
あ
ふ
れ
出
て
い
た
 °
  
ぐ
に
ゃ
ぐ
に
ゃ
に
歪
ん
で
い
た
と
は
思
え
な
い
綺
麗
な
球
体
か
ら
  
そ
れ
は
は
地
面
に
め
り
込
む
ほ
ど
の
勢
い
 °
  
体
に
戻
り
 
そ
の
ま
ま
ボ
イ
ン
ッ
!
 
と
大
き
く
な
っ
た
 °



   

  
左
右
の
超
々
乳
に
あ
る
ド
ラ
ム
缶
サ
イ
ズ
の
乳
首
が
根
元
か
ら
裏
  
  
 
チ
ェ
ン
ジ
!
 
イ
ン
バ
|
テ
ッ
ド
・
ニ
ッ
プ
ル
!
 
  
  
せ
る
 °
  
そ
し
て
 
乳
を
弾
ま
せ
て
走
り
な
が
ら
次
の
特
殊
能
力
を
発
動
さ
  
た
乳
首
 °
  
突
き
抜
け
る
よ
う
に
一
気
に
ド
ラ
ム
缶
サ
イ
ズ
ま
で
大
き
く
な
っ
  
ま
で
グ
ン
と
大
き
く
す
る
 °
  
ず
っ
と
小
さ
い
ま
ま
だ
っ
た
乳
首
を
柔
華
の
乳
房
と
同
じ
く
ら
い
  
  
 
行
く
わ
よ
!
 
  
  
い
に
こ
れ
だ
け
の
パ
ワ
|
が
あ
る
の
な
ら
:
:
:
:
 °
  
妄
想
を
そ
の
ま
ま
現
実
に
変
え
る
こ
と
で
き
る
 °
自
分
の
お
っ
ぱ
  
す
ヴ
ィ
ジ
ョ
ン
が
あ
っ
た
 °
  
う
な
ず
く
か
わ
り
に
乳
を
揺
ら
し
た
美
里
の
頭
の
中
に
は
奴
を
倒
  
  
 
元
か
ら
そ
の
つ
も
り
よ
!
 
  
る
ぞ
!
 






















   

  
  
 
ニ
ッ
プ
ル
・
コ
ネ
ク
ト
!
 
  
  
っ
た
瞬
間
 
  
そ
し
て
 
美
里
の
超
々
乳
と
柔
華
の
超
々
乳
が
衝
突
し
そ
う
に
な
  
目
標
は
前
に
向
か
っ
て
反
り
立
つ
柔
華
の
乳
首
 °
  
を
打
ち
出
し
て
飛
び
出
し
た
 °
  
今
度
は
元
に
戻
る
反
動
で
 
地
面
を
思
い
っ
き
り
叩
い
て
 
自
ら
  
平
面
と
な
っ
た
背
面
が
波
打
つ
よ
う
に
震
え
立
つ
 °
  
ぐ
に
ゅ
う
う
と
押
し
つ
ぶ
す
よ
う
に
半
球
状
ま
で
変
形
さ
せ
る
と
 
  
自
ら
の
乳
を
後
ろ
側
 
背
面
を
ぐ
っ
ぐ
と
凹
ま
せ
た
 °
  
  
 
ふ
ん
:
:
:
:
は
ぁ
っ
!
 
  
  
い
た
 °
  
穴
を
囲
う
乳
輪
ま
で
も
が
 
つ
や
や
か
な
唇
の
よ
う
に
変
化
し
て
  
さ
な
が
ら
乳
首
が
口
に
な
っ
た
か
の
よ
う
だ
っ
た
 °
  
そ
の
窪
み
の
端
ま
で
さ
ら
に
変
形
し
 
ぐ
わ
っ
と
開
い
た
そ
れ
は
 
  
同
じ
大
き
さ
の
窪
み
が
現
れ
た
 °
  
返
る
よ
う
に
乳
房
の
中
に
沈
ん
で
ゆ
き
 
そ
こ
に
あ
っ
た
乳
首
と

   

  
  
ン
!
 
  
 
わ
 
わ
か
っ
て
い
る
わ
!
 
バ
キ
ュ
|
ム
・
イ
ン
フ
レ
|
シ
ョ
  
 
  
 
今
だ
!
 
膨
乳
さ
せ
て
い
る
エ
ネ
ル
ギ
|
を
全
て
吸
い
尽
く
せ
!
!
  
  
で
柔
華
は
乳
房
に
ず
ぶ
ず
ぶ
と
沈
ん
で
い
る
 °
  
し
か
し
 
そ
ん
な
感
覚
に
浸
っ
て
い
る
暇
は
無
か
っ
た
 °
目
の
前
  
配
し
 
脳
髄
に
駆
け
巡
る
 °
  
常
識
で
は
考
え
ら
れ
な
い
感
覚
が
突
っ
込
ま
れ
た
乳
首
の
奥
を
支
  
  
 
あ
っ
 
ん
ぅ
あ
あ
っ
!
 
  
  
議
な
感
覚
 °
  
二
組
の
超
々
乳
の
乳
首
接
続
し
合
っ
て
 
合
体
す
る
と
い
う
不
思
  
覆
い
隠
す
よ
う
に
一
気
に
そ
の
根
元
ま
で
咥
え
込
ん
だ
の
だ
 °
  
ま
い
そ
う
な
陥
没
乳
首
が
 
ド
ラ
ム
缶
サ
イ
ズ
の
乳
首
を
捕
ら
え
 
  
い
や
 
厳
密
に
は
人
間
一
人
く
ら
い
な
ら
簡
単
に
飲
み
込
ん
で
し
  
れ
る
 °
  
陥
没
し
た
乳
首
の
穴
に
 
ド
ラ
ム
缶
乳
首
が
勢
い
よ
く
差
し
込
ま

   

  
ギ
|
を
受
け
さ
ら
に
大
き
く
な
る
 °
  
グ
ン
グ
ン
大
き
く
な
る
お
っ
ぱ
い
 °
そ
の
上
 
吸
収
し
た
エ
ネ
ル
  
  
く
な
れ
ぇ
ぇ
ぇ
ぇ
ぇ
!
!
 
  
 
う
お
ぉ
ぉ
ぉ
ぉ
ぉ
ぉ
ぉ
ぉ
ぉ
ぉ
!
!
 
も
っ
と
 
も
っ
と
大
き
  
  
よ
っ
て
尋
常
で
は
な
い
膨
張
と
吸
引
力
だ
っ
た
 °
  
美
里
の
膨
乳
願
望
 
そ
し
て
チ
ャ
|
ジ
し
た
膨
乳
エ
ネ
ル
ギ
|
に
  
美
里
の
乳
房
の
中
に
吐
き
出
し
て
い
く
 °
  
人
間
と
は
思
え
な
い
叫
び
を
あ
げ
て
柔
華
は
膨
乳
エ
ネ
ル
ギ
|
を
  
  
 
あ
ぎ
ゃ
ぐ
ぉ
ぎ
ょ
う
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
あ
あ
ぇ
っ
!
 
  
  
大
限
に
活
か
し
た
最
終
技
で
あ
る
 °
  
る
膨
乳
エ
ネ
ル
ギ
|
を
吐
き
出
さ
せ
る
と
い
う
 
膨
乳
能
力
を
最
  
す
こ
と
に
よ
っ
て
内
部
圧
力
を
低
下
さ
せ
 
相
手
を
支
配
し
て
い
  
そ
れ
は
 
超
々
乳
の
構
成
物
質
を
増
や
さ
ず
に
体
積
だ
け
を
増
や
  
た
 °
  
飲
み
す
る
か
の
よ
う
に
 
柔
華
の
乳
首
を
思
い
っ
切
り
吸
い
上
げ
  
口
の
よ
う
に
な
っ
た
乳
首
は
 
極
太
の
ス
ト
ロ
|
を
使
っ
て
一
気

   

  
く
な
っ
て
い
く
 °
  
反
対
に
柔
華
の
胸
は
そ
れ
ら
を
吐
き
出
す
こ
と
で
ど
ん
ど
ん
小
さ
  
お
か
げ
で
も
り
も
り
と
膨
れ
上
が
っ
て
い
く
 °
  
そ
の
全
て
を
吸
収
 
同
化
 
そ
し
て
お
っ
ぱ
い
に
還
元
 °
  
ド
ラ
ム
缶
乳
首
か
ら
吐
き
出
さ
れ
て
い
る
が
 
美
里
の
超
々
乳
は
  
お
び
た
だ
し
い
量
の
母
乳
が
膨
乳
エ
ネ
ル
ギ
|
と
混
じ
り
あ
っ
て
  
を
外
れ
た
刺
激
に
柔
華
の
意
識
は
途
切
れ
た
 °
  
今
ま
で
耐
え
て
き
た
の
が
不
思
議
な
く
ら
い
 
あ
ま
り
に
も
常
識
  
  
ド
ボ
ボ
ボ
ボ
ボ
ボ
ボ
ッ
ッ
!
!
!
!
  
  
 
ア
び
ゃ
ッ
!
 
  
  
と
で
生
み
出
さ
れ
た
大
量
の
母
乳
ま
で
噴
き
出
し
た
 °
  
接
続
さ
れ
た
乳
首
の
穴
は
開
き
切
り
 
同
時
に
超
々
乳
化
し
た
こ
  
ボ
グ
ン
!
 
ボ
グ
ン
!
 
と
脈
を
上
げ
 
大
き
く
な
っ
て
い
く
 °
  
が
流
し
込
ま
れ
る
が
 
お
っ
は
い
は
全
て
吸
い
込
ん
で
い
く
 °
  
接
続
さ
れ
て
い
る
乳
首
か
ら
 
あ
り
っ
た
け
の
膨
乳
エ
ネ
ル
ギ
|
  
と
を
今
強
く
実
感
し
て
い
た
 °
  
膨
乳
願
望
が
激
し
い
ほ
ど
強
く
な
れ
る
:
:
:
:
美
里
は
そ
の
こ

   

  
  
今
度
は
右
の
陥
没
乳
首
が
一
気
に
吸
い
上
げ
た
 °
  
  
 
次
ィ
ッ
!
 
  
  
っ
た
 °
  
解
放
さ
れ
 
左
の
乳
房
が
接
続
さ
れ
た
ま
ま
ぶ
ら
下
が
る
形
に
な
  
し
ゃ
ぶ
っ
て
い
た
乳
首
を
プ
ッ
と
吐
き
出
す
よ
う
に
右
の
乳
房
が
  
な
状
態
に
な
っ
て
い
た
 °
  
で
 
右
の
乳
は
完
全
な
ツ
ル
ペ
タ
と
い
う
と
て
も
ア
ン
バ
ラ
ン
ス
  
柔
華
は
左
の
乳
房
だ
け
が
1
0
ト
ン
ト
ラ
ッ
ク
級
の
超
乳
の
ま
ま
  
取
っ
た
 °
  
そ
し
て
一
瞬
の
う
ち
に
美
里
は
柔
華
の
右
の
乳
房
を
完
全
に
吸
い
  
風
船
が
萎
む
よ
う
に
勢
い
よ
く
縮
む
 °
  
柔
華
に
と
っ
て
の
右
側
の
乳
房
が
思
い
っ
き
り
吸
い
上
げ
ら
れ
 
  
し
た
 °
  
半
分
ほ
ど
吸
い
込
ん
だ
ぐ
ら
い
美
里
は
左
側
の
吸
引
力
を
最
大
に
  
  
 
一
気
に
行
く
わ
よ
!
 
  


























   

  
の
穴
の
中
に
吸
い
込
ま
れ
て
し
ま
っ
た
 °
  
に
は
止
ま
ら
ず
 
乳
房
を
飲
み
込
ん
だ
後
そ
の
ま
ま
柔
華
は
乳
首
  
圧
倒
的
な
バ
キ
ュ
|
ム
・
イ
ン
フ
レ
|
シ
ョ
ン
に
よ
る
吸
引
は
急
  
  
 
ッ
!
!
!
!
!
 
  
  
か
の
よ
う
に
思
わ
れ
た
が
 
  
こ
う
し
て
柔
華
は
陥
没
乳
首
か
ら
完
全
に
開
放
さ
れ
た
 °
  
膨
ら
み
す
ら
な
い
ぺ
っ
た
ん
こ
な
胸
に
な
っ
て
い
た
 °
  
そ
し
て
柔
華
は
乳
房
を
完
全
に
吸
い
取
ら
れ
た
こ
と
で
 
ほ
ん
の
  
0
メ
|
ト
ル
ほ
ど
あ
る
だ
ろ
う
 °
  
そ
の
大
き
さ
は
直
径
約
1
8
メ
|
ト
ル
 °
バ
ス
ト
サ
イ
ズ
は
約
9
  
膨
れ
上
が
っ
て
い
た
 °
  
そ
の
時
 
美
里
の
超
々
乳
は
二
人
分
の
大
き
さ
を
超
え
 
大
き
く
  
こ
れ
で
美
里
は
柔
華
の
超
々
乳
を
完
全
に
飲
み
干
し
た
 °
  
縮
さ
れ
る
よ
う
に
一
瞬
で
姿
を
消
し
た
 °
  
よ
く
ぶ
ち
ま
け
 
1
0
ト
ン
ト
ラ
ッ
ク
レ
ベ
ル
の
お
っ
ぱ
い
は
圧
  
柔
華
の
ド
ラ
ム
缶
乳
首
は
そ
の
中
身
を
美
里
の
乳
首
の
中
に
勢
い
  
  
 
こ
れ
で
終
わ
り
よ
ッ
!
!
 














   

  
  
 
ち
ょ
っ
と
:
:
:
:
ま
っ
て
:
:
:
:
 
  
  
だ
 °
  
本
来
の
活
動
に
滞
ら
せ
る
こ
と
で
 
お
っ
ぱ
い
が
暴
れ
て
い
る
の
  
か
け
て
い
た
 °
  
吸
収
す
る
べ
き
で
は
な
い
と
い
う
美
里
の
本
能
が
 
ブ
レ
|
キ
を
  
い
る
 °
  
そ
し
て
ぶ
る
っ
ぶ
る
っ
と
ひ
き
つ
け
を
起
こ
し
た
よ
う
に
震
え
て
  
右
の
乳
房
の
中
が
も
ぞ
も
ぞ
す
る
 °
  
生
え
て
き
た
ド
ラ
ム
缶
ほ
ど
の
乳
首
が
も
た
げ
た
 °
  
  
 
あ
ぅ
っ
!
 
  
  
出
し
た
 °
  
ご
め
き
 
唇
が
重
な
る
よ
う
に
閉
じ
る
と
 
勢
い
よ
く
前
に
迫
り
  
た
ま
ら
ず
開
い
た
乳
首
が
 
口
を
も
ご
も
ご
と
さ
せ
る
よ
う
に
う
  
る
乳
房
の
膨
張
は
止
ま
っ
た
 °
  
後
 
よ
う
や
く
バ
キ
ュ
|
ム
・
イ
ン
フ
レ
|
シ
ョ
ン
と
そ
れ
に
よ
  
右
の
乳
房
の
中
に
 
混
入
し
た
異
物
の
よ
う
な
も
の
を
感
じ
た
直

   

  
ボ
ッ
!
 
ボ
ボ
ボ
ボ
ッ
!
 
ボ
イ
ン
ッ
!
 
ボ
イ
ッ
ボ
イ
ン
ッ
!
  
ボ
ン
!
 
ボ
ン
!
 
ボ
ン
!
 
ボ
ン
ッ
!
 
ボ
ッ
!
 
ボ
ッ
!
 
  
  
っ
!
 
  
 
あ
っ
!
 
あ
っ
!
 
あ
う
っ
!
 
あ
ぁ
っ
!
 
あ
あ
っ
!
 
あ
  
  
い
が
巨
大
な
心
臓
の
よ
う
に
拍
動
を
打
つ
 °
  
何
か
が
乳
房
の
中
を
駆
け
巡
り
 
ド
ク
ン
 
ド
ク
ン
と
 
お
っ
ぱ
  
そ
う
 
柔
華
は
美
里
の
超
乳
の
一
部
に
な
っ
て
し
ま
っ
た
の
だ
 °
  
里
と
一
体
化
し
て
し
ま
っ
た
 °
  
お
っ
ぱ
い
の
中
に
吸
収
さ
れ
た
柔
華
の
遺
伝
情
報
が
刻
ま
れ
 
  
へ
と
還
っ
て
い
っ
た
 °
  
だ
が
そ
れ
も
や
が
て
原
子
の
粒
と
な
り
 
美
里
の
お
っ
ぱ
い
の
中
  
唯
一
柔
華
の
存
在
を
示
す
も
の
は
 
今
や
遺
伝
子
だ
け
だ
っ
た
 °
  
そ
し
て
最
後
に
残
っ
た
の
は
D
N
A
  
り
に
分
解
さ
れ
た
 °
  
こ
と
が
で
き
ず
 
柔
華
と
い
う
個
体
は
お
っ
ぱ
い
の
中
で
散
り
散
  
ど
ん
な
も
の
も
取
り
込
む
お
っ
ぱ
い
の
中
で
は
 
人
の
姿
を
保
つ
  
む
事
な
ん
て
美
里
に
は
で
き
な
か
っ
た
 °
  
し
か
し
何
よ
り
も
優
先
さ
れ
る
お
っ
ぱ
い
の
膨
乳
活
動
を
抑
え
こ

   

  
反
動
で
ビ
グ
ン
ッ
ビ
グ
ン
ッ
と
弾
む
乳
 °
  
ル
ギ
|
だ
っ
た
 °
  
高
さ
と
三
次
元
的
に
激
し
く
膨
ら
ま
せ
ら
れ
る
ほ
ど
物
凄
い
エ
ネ
  
そ
れ
は
美
里
の
意
識
を
一
瞬
ふ
っ
と
ば
し
 
巨
大
な
球
体
を
縦
横
  
れ
が
美
里
の
お
っ
ぱ
い
を
強
制
的
に
膨
ら
ま
せ
た
 °
  
身
に
よ
っ
て
生
み
出
さ
れ
た
膨
乳
願
望
ま
で
も
が
吸
収
さ
れ
 
  
し
か
し
柔
華
自
身
が
美
里
に
吸
収
さ
れ
た
こ
と
に
よ
り
 
柔
華
自
  
バ
キ
ュ
|
ム
イ
ン
フ
レ
|
シ
ョ
ン
に
よ
っ
て
吸
収
さ
れ
た
 °
  
柔
華
に
取
り
つ
い
た
乳
房
と
 
そ
れ
が
取
り
込
ん
だ
膨
乳
願
望
は
  
ら
み
な
が
ら
 
最
後
は
一
気
に
膨
れ
上
が
っ
た
 °
  
何
度
も
小
刻
み
に
膨
ら
ん
だ
り
 
ゆ
っ
く
り
押
し
出
す
よ
う
に
膨
  
  
グ
:
:
:
:
ボ
ッ
ッ
ッ
オ
オ
オ
オ
オ
オ
オ
オ
ォ
ォ
ォ
ン
ッ
!
  
ボ
ボ
ボ
ボ
ン
ッ
!
 
ボ
グ
 
ボ
グ
 
ボ
グ
 
ボ
グ
グ
グ
グ
グ
グ
グ
  
  
い
ぃ
ぃ
ぃ
ぃ
っ
!
 
  
 
あ
あ
あ
ぁ
っ
!
!
 
あ
っ
あ
っ
!
 
あ
ひ
ぃ
い
い
い
い
い
い
い
  
  
す
る
と
何
度
も
何
度
も
と
め
ど
な
く
胸
が
膨
れ
上
が
っ
た
 °
  


























   

  
ん
だ
だ
け
だ
 
  
 
安
心
し
ろ
 °
彼
女
は
死
ん
だ
の
で
は
な
い
 °
君
の
胸
が
取
り
込
  
 
そ
ん
な
:
:
:
:
馬
鹿
な
こ
と
 
  
  
い
 °
  
そ
こ
か
ら
ド
ク
ン
ド
ク
ン
と
感
じ
る
こ
と
が
 
今
は
と
て
も
虚
し
  
美
里
は
震
え
た
手
で
 
力
な
く
乳
房
を
押
し
た
 °
  
  
 
う
そ
 
で
し
ょ
:
:
:
:
 
  
  
が
流
れ
始
め
た
 °
  
青
ざ
め
た
顔
か
ら
は
 
戦
い
に
よ
る
汗
と
は
別
に
急
に
冷
た
い
汗
  
  
 
あ
ぁ
:
:
:
:
に
ゅ
 
柔
華
?
 
  
  
解
し
た
美
里
 °
  
理
性
が
戻
っ
て
い
き
 
ど
う
な
っ
て
し
ま
っ
た
の
か
よ
う
や
く
理
  
  
 
あ
が
っ
!
 
ひ
ぃ
っ
:
:
:
:
ひ
ぅ
:
:
:
:
 
  


























   

  
胸
に
流
れ
込
ん
だ
意
識
が
 
直
感
的
と
も
言
え
る
よ
う
に
理
解
し
  
  
 
胸
の
中
に
 
確
か
に
柔
華
を
感
じ
る
わ
 
  
  
ン
と
胸
の
鼓
動
に
意
識
を
集
中
さ
せ
る
 °
  
胸
の
中
に
柔
華
の
イ
メ
|
ジ
を
浮
か
べ
た
美
里
は
 
ド
ク
ン
ド
ク
  
  
 
い
い
だ
ろ
う
 °
ま
ず
は
彼
女
を
思
い
描
く
の
だ
 
  
  
ド
ン
と
拳
で
乳
房
を
叩
い
た
 °
  
  
な
ら
 
そ
の
方
法
を
教
え
て
ち
ょ
う
だ
い
!
 
  
 
今
聞
き
た
い
の
は
そ
っ
ち
じ
ゃ
な
い
わ
 °
柔
華
を
助
け
ら
れ
る
  
は
な
い
の
だ
 °
な
ぜ
な
ら
私
達
の
:
:
:
:
 
  
 
言
っ
た
だ
ろ
う
 °
吸
収
さ
れ
た
と
い
っ
て
も
 
死
ん
だ
わ
け
で
  
 
:
:
:
:
ど
う
い
う
こ
と
 
  
い
い
 
  
 
話
を
聞
け
 °
君
は
奴
等
と
は
違
う
 °
彼
女
は
君
が
取
り
出
せ
ば
  
も
う
!
 
  
 
何
が
安
心
し
ろ
よ
!
 
同
じ
じ
ゃ
な
い
!
 
柔
華
は
 
柔
華
は

   

  
 
柔
華
っ
!
?
 
  
  
し
か
し
 
  
そ
れ
は
間
違
い
な
く
新
し
い
生
命
の
誕
生
 °
  
  
|
|
ド
ク
ン
|
|
  
  
美
里
は
そ
れ
を
形
作
る
イ
メ
|
ジ
で
練
り
上
げ
て
い
く
 °
  
も
の
 °
  
お
っ
ぱ
い
の
中
が
激
し
く
シ
ェ
イ
ク
さ
れ
る
か
つ
て
柔
華
だ
っ
た
  
か
き
混
ぜ
る
 °
  
バ
イ
ン
バ
イ
ン
と
お
っ
ぱ
い
を
回
転
さ
せ
 
胸
の
中
で
そ
れ
ら
を
  
の
中
心
に
集
め
て
ぎ
ゅ
っ
ぎ
ゅ
と
凝
縮
さ
せ
る
 °
  
そ
れ
ら
の
お
っ
ぱ
い
の
中
で
柔
華
を
感
じ
さ
せ
る
も
の
を
全
て
胸
  
か
つ
て
柔
華
だ
っ
た
お
っ
ぱ
い
や
 
柔
華
か
ら
吸
い
込
ん
だ
母
乳
 °
  
  
柔
華
を
:
:
:
:
 
  
 
:
:
:
:
わ
か
っ
た
わ
 °
も
う
感
覚
で
わ
か
る
:
:
:
:
私
が
  
  
た
 °
























   

  
た
り
 
潰
れ
た
り
し
て
激
し
く
変
形
す
る
 °
  
ぐ
り
ん
ぐ
り
ん
と
乳
房
が
そ
の
場
で
回
転
し
 
地
面
に
叩
き
つ
け
  
  
 
や
 
や
め
っ
!
 
  
  
胸
か
ら
響
く
声
で
す
ら
 
刺
激
に
感
じ
ら
れ
た
 °
  
  
 
彼
女
の
意
識
が
暴
走
し
て
い
る
 °
意
識
を
強
く
保
て
 
  
  
う
 °
  
押
し
付
け
合
う
と
 
ね
じ
り
合
い
 
乳
房
同
士
が
激
し
く
揉
み
合
  
ド
シ
ン
ド
シ
ン
と
衝
撃
を
響
か
せ
る
 °
  
美
里
の
意
思
を
離
れ
た
お
っ
ぱ
い
は
ピ
ス
ト
ン
し
 
跳
ね
ま
わ
る
 °
  
  
 
と
 
止
ま
ら
な
い
!
?
 
柔
華
が
暴
れ
て
る
の
!
?
 
  
  
た
 °
  
そ
れ
ど
こ
ろ
か
美
里
の
お
っ
ぱ
い
を
乗
っ
取
る
勢
い
で
暴
れ
さ
せ
  
形
作
ら
れ
た
そ
れ
は
激
し
く
胸
の
中
で
暴
れ
た
 °
  


























   

  
う
に
 
胸
の
谷
間
の
中
で
柔
華
が
産
み
落
と
さ
れ
た
 °
  
ブ
リ
ュ
ン
と
超
密
度
の
エ
ネ
ル
ギ
|
を
持
っ
た
塊
を
吐
き
出
す
よ
  
  
ぁ
ん
ぁ
っ
う
っ
う
ま
れ
り
ゅ
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
っ
!
!
 
  
 
ん
っ
ん
ん
ぅ
ぅ
っ
!
 
お
:
:
:
:
っ
ぴ
ゃ
っ
い
ぃ
か
ら
ぁ
ぁ
  
  
て
く
る
 °
  
す
る
と
暴
れ
る
胸
の
奥
底
か
ら
 
エ
ネ
ル
ギ
|
の
塊
が
せ
り
出
し
  
  
 
は
う
っ
!
 
  
  
ブ
ブ
ブ
ブ
ブ
ブ
ブ
ブ
ッ
!
  
バ
イ
ン
ッ
バ
イ
ン
ッ
バ
イ
ン
ッ
!
 
ブ
ル
ッ
ブ
ル
ッ
ブ
ル
ッ
!
 
  
  
お
っ
ぱ
い
の
天
辺
で
 
体
を
震
わ
せ
る
こ
と
し
か
で
き
な
い
美
里
 °
  
跳
ね
た
お
っ
ぱ
い
は
 
地
面
に
乳
首
か
ら
激
し
く
打
ち
付
け
る
 °
  
の
柔
華
を
か
き
混
ぜ
る
 °
  
ミ
キ
サ
|
と
な
っ
た
お
っ
ぱ
い
は
さ
ら
に
激
し
く
お
っ
ぱ
い
の
中
  
る
よ
う
に
熱
い
 °
  
ま
る
で
台
風
が
胸
の
中
で
強
く
激
し
く
暴
れ
 
胸
の
中
心
が
燃
え

   

  
  
 
あ
あ
 
い
き
な
り
で
よ
く
こ
こ
ま
で
が
ん
ば
っ
た
 
  
 
:
:
:
:
ふ
ぅ
:
:
:
:
や
っ
と
 
終
わ
っ
た
の
ね
:
:
:
:
 
  
  
を
地
面
に
下
し
た
 °
  
美
里
は
乳
を
包
む
よ
う
に
変
形
さ
せ
 
そ
の
ま
ま
伸
ば
し
て
柔
華
  
息
を
吐
き
出
し
 
乳
房
は
ぐ
っ
た
り
と
と
ろ
け
た
 °
  
  
:
:
 
  
 
あ
っ
:
:
:
:
は
ぁ
:
:
:
:
は
ぁ
:
:
:
:
よ
か
っ
た
:
:
  
  
お
っ
ぱ
い
を
ベ
ッ
ド
に
心
地
よ
さ
そ
う
に
眠
っ
て
い
る
 °
  
そ
れ
以
外
と
く
に
変
化
は
見
受
け
ら
れ
ず
 
す
ぅ
す
ぅ
と
美
里
の
  
爆
乳
レ
ベ
ル
ま
で
膨
ら
ん
で
い
た
 °
  
か
つ
て
の
母
乳
を
一
緒
に
素
材
に
し
た
た
め
か
胸
が
元
よ
り
も
 
  
柔
華
は
も
ち
ろ
ん
生
ま
れ
た
ま
ま
の
姿
 
裸
だ
っ
た
 °
  
を
吐
き
出
し
た
 °
  
そ
し
て
上
を
向
い
た
割
れ
目
か
ら
美
里
の
目
の
前
に
乳
房
は
柔
華
  
ら
ず
ぶ
ず
ぶ
と
押
し
上
げ
て
い
く
 °
  
乳
房
に
挟
ま
れ
埋
め
ら
れ
た
柔
華
を
 
お
っ
ぱ
い
は
谷
間
の
中
か

   

  
 
っ
て
こ
ん
な
の
絶
対
誰
か
に
見
ら
れ
て
い
る
じ
ゃ
な
い
!
 
  
  
に
考
え
る
と
:
:
:
:
 °
  
自
分
が
こ
ん
な
に
高
く
か
ら
辺
り
を
見
れ
る
と
い
う
こ
と
は
 
  
そ
こ
で
美
里
は
気
付
い
た
 °
  
入
っ
た
と
こ
ろ
で
感
動
も
何
も
な
い
 °
  
そ
も
そ
も
ブ
レ
ス
ト
ア
イ
で
常
に
見
て
い
る
景
色
の
一
部
が
目
に
  
な
っ
た
 °
  
し
か
し
余
計
に
周
り
に
大
し
た
も
の
が
無
い
と
思
い
知
る
こ
と
に
  
  
 
や
っ
ぱ
り
何
も
無
い
わ
:
:
:
:
 
  
  
て
み
た
 °
  
の
目
で
見
る
こ
と
が
で
き
る
と
思
い
顔
を
上
げ
乳
平
線
の
先
を
見
  
も
ち
ろ
ん
ブ
レ
ス
ト
ア
イ
で
見
渡
せ
た
が
 
こ
の
体
勢
な
ら
自
ら
  
辺
り
一
面
見
渡
せ
る
ほ
ど
の
高
さ
 °
  
た
 °
  
す
っ
か
り
大
き
さ
は
地
面
か
ら
2
7
メ
|
ト
ル
ほ
ど
に
な
っ
て
い
  
横
た
わ
っ
て
い
た
 °
  
美
里
の
身
体
は
お
っ
ぱ
い
の
谷
間
の
境
目
で
地
面
に
平
行
に
し
て

   

  
 
と
こ
ろ
で
 
流
石
に
ず
っ
と
こ
の
ま
ま
っ
て
わ
け
に
は
い
か
な
  
  
美
里
は
呆
れ
る
よ
う
に
笑
っ
た
 °
  
  
 
そ
れ
は
私
も
都
合
が
い
い
っ
て
思
っ
た
わ
 
  
跡
的
な
空
間
が
あ
っ
た
も
の
だ
 
  
 
そ
れ
に
し
て
も
 
よ
く
こ
ん
な
広
く
て
辺
り
に
誰
も
い
な
い
奇
  
 
こ
の
お
っ
ぱ
い
 
本
当
に
凄
い
の
ね
 
  
 
あ
あ
 
こ
れ
も
乳
房
の
能
力
の
一
つ
だ
 
  
 
こ
ん
な
に
大
き
い
の
に
?
 
  
ゃ
な
け
れ
ば
こ
の
乳
房
を
認
識
す
る
事
は
で
き
な
い
だ
ろ
う
 
  
 
大
丈
夫
だ
 °
今
回
の
状
況
な
ら
強
い
膨
乳
願
望
が
あ
る
も
の
じ
  
  
そ
の
こ
と
が
心
配
に
な
っ
た
が
 
  
く
暴
れ
ま
わ
っ
て
た
の
だ
 °
  
遠
く
か
ら
で
も
見
え
る
ほ
ど
大
き
い
上
 
ド
シ
ン
ド
シ
ン
と
激
し
  
い
く
ら
な
ん
で
も
気
付
か
な
い
わ
け
が
な
い
 °
  
だ
 °
  
何
も
な
い
河
原
に
 
急
に
二
つ
並
ん
だ
ガ
ス
タ
ン
ク
が
現
れ
た
の
  


























   

  
  
 
リ
バ
ァ
ァ
ァ
ス
ッ
!
 
ギ
ガ
ン
テ
ィ
ィ
ィ
ィ
ッ
ク
ゥ
ッ
!
 
  
  
い
た
言
葉
を
思
い
っ
き
り
叫
ん
だ
 °
  
|
ド
に
な
っ
た
と
こ
ろ
で
 
膨
乳
時
と
対
に
な
る
よ
う
に
考
え
て
  
キ
ュ
イ
ン
キ
ュ
イ
ン
と
点
滅
が
加
速
し
て
い
き
 
か
な
り
の
ス
ピ
  
た
り
を
繰
り
返
し
た
 °
  
お
っ
ぱ
い
全
体
が
輝
い
た
と
思
う
と
 
ゆ
っ
く
り
光
っ
た
り
消
え
  
す
る
と
超
々
乳
に
光
が
満
ち
て
い
く
 °
  
美
里
は
胸
の
小
さ
い
元
の
自
分
を
思
い
描
い
た
 °
  
  
 
な
る
ほ
ど
ね
 
  
い
や
元
に
戻
り
た
い
と
強
く
思
え
ば
い
い
 
  
 
基
本
的
に
は
膨
乳
す
る
と
き
と
同
じ
だ
 °
小
さ
く
な
り
た
い
 
  
  
な
か
っ
た
 °
  
超
々
乳
を
縮
ま
せ
る
記
憶
は
 
美
里
の
頭
に
イ
ン
プ
ッ
ト
さ
れ
て
  
  
た
ら
い
い
の
?
 
  
い
わ
 °
も
っ
た
い
な
い
け
ど
:
:
:
:
小
さ
く
す
る
に
は
ど
う
し

   

  
大
体
ビ
ル
の
8
階
か
ら
突
き
落
と
さ
れ
た
よ
う
な
も
の
だ
 °
  
約
2
7
メ
|
ト
ル
 
プ
|
ル
を
縦
に
し
た
よ
う
な
高
さ
 °
つ
ま
り
  
残
さ
れ
る
形
に
な
っ
た
美
里
が
地
面
に
向
か
っ
て
落
ち
始
め
た
 °
  
持
ち
上
げ
て
い
た
超
々
乳
が
い
き
な
り
消
滅
し
て
 
空
中
に
取
り
  
  
ぅ
ぅ
ぅ
!
!
 
  
 
嫌
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
!
!
 
落
ち
る
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
  
  
り
消
え
て
い
っ
た
 °
  
美
里
の
超
々
乳
は
実
体
を
維
持
で
き
な
く
な
っ
て
光
の
粒
子
に
な
  
残
っ
た
の
は
お
っ
ぱ
い
の
抜
け
殻
 °
  
の
膨
乳
エ
ネ
ル
ギ
|
が
す
べ
て
美
里
の
胸
に
吸
収
さ
れ
た
 °
  
胸
に
融
合
し
て
い
た
 
あ
れ
 
が
分
離
し
 
先
ほ
ど
の
超
々
乳
分
  
そ
し
て
一
瞬
ビ
カ
っ
と
眩
く
光
り
輝
い
た
か
と
思
う
と
 
美
里
の
  
を
波
の
よ
う
に
上
下
に
揺
ら
し
た
 °
  
も
に
ゅ
ん
も
に
ゅ
ん
と
形
を
歪
ま
せ
て
弾
む
胸
は
 
美
里
の
身
体
  
  
 
く
ぅ
っ
あ
ぁ
っ
!
 
  
  
瞬
間
 
乳
房
が
勢
い
よ
く
震
え
だ
し
た
 °










   

  
し
か
し
弾
丸
の
よ
う
な
勢
い
で
胸
板
か
ら
一
気
に
飛
び
出
し
た
お
  
ア
バ
ッ
グ
の
よ
う
に
衝
撃
を
吸
収
し
 
美
里
の
体
を
受
け
止
め
た
 °
  
間
一
髪
で
キ
ン
グ
ベ
ッ
ド
サ
イ
ズ
に
膨
乳
し
た
お
っ
ぱ
い
が
 
  
  
 
ッ
!
?
 
ひ
が
ッ
!
!
!
!
!
 
  
  
で
揺
れ
る
胸
が
勢
い
よ
く
膨
ら
む
 °
  
地
面
か
ら
1
メ
|
ト
ル
を
切
り
 
激
突
す
る
ま
さ
に
瞬
間
 
高
速
  
  
 
ビ
ィ
ィ
ギ
ガ
ン
テ
ィ
ッ
ク
ゥ
ゥ
ゥ
ゥ
ッ
!
 
  
  
広
げ
 
胸
を
地
面
に
向
け
て
叫
ん
だ
 °
  
た
っ
た
2
秒
 °
美
里
は
考
え
る
暇
も
な
い
ま
ま
大
の
字
に
四
肢
を
  
そ
し
て
美
里
に
融
合
す
る
と
 
胸
が
輝
き
 
震
え
だ
し
た
 °
  
け
 
再
び
胸
の
中
に
入
り
込
む
 °
  
落
下
中
の
美
里
に
追
い
付
い
た
 
あ
れ
 
は
意
識
に
直
接
呼
び
か
  
  
 
ま
ず
い
!
 
も
う
一
度
 
膨
乳
す
る
ん
だ
!
!
 
  
  
こ
の
高
さ
な
ら
地
面
ま
で
約
2
秒
で
到
達
す
る
 °







   

  
下
か
ら
全
力
で
盛
り
上
が
っ
て
い
く
そ
れ
は
ま
さ
に
お
っ
ぱ
い
エ
  
美
里
の
型
が
取
れ
る
ほ
ど
深
く
食
い
込
む
 °
  
勢
い
よ
く
膨
ら
む
お
っ
ぱ
い
に
押
し
付
け
ら
れ
る
こ
と
に
な
り
 
  
な
っ
た
 °
  
全
身
は
 
お
っ
ぱ
い
に
大
の
字
で
強
く
激
し
く
め
り
込
む
こ
と
に
  
重
力
に
相
反
し
て
爆
発
的
に
盛
り
上
が
る
乳
房
に
よ
っ
て
美
里
の
  
  
 
ん
ぶ
う
ぅ
ッ
!
!
!
!
 
  
  
め
る
プ
レ
ッ
シ
ャ
|
が
お
っ
ぱ
い
を
さ
ら
に
激
し
く
膨
張
さ
せ
る
 °
  
し
か
も
地
面
に
叩
き
込
ま
れ
た
イ
ン
パ
ク
ト
と
 
美
里
を
受
け
止
  
た
ば
か
り
だ
っ
た
 °
  
た
が
 
美
里
を
受
け
止
め
た
だ
け
で
あ
っ
て
膨
乳
は
ま
だ
始
ま
っ
  
そ
の
瞬
間
だ
け
で
も
お
っ
ぱ
い
は
体
よ
り
も
大
き
く
膨
ら
ん
で
い
  
殺
さ
せ
た
た
め
 
そ
の
エ
ネ
ル
ギ
|
は
凄
ま
じ
い
 °
  
気
に
質
量
が
膨
れ
上
が
っ
た
う
え
で
 
美
里
が
受
け
る
衝
撃
を
相
  
ッ
ト
の
よ
う
に
更
な
る
加
速
を
し
た
お
っ
ぱ
い
が
飛
び
出
し
 
  
自
由
落
下
に
よ
っ
て
加
速
し
て
続
け
て
い
る
美
里
か
ら
二
段
ロ
ケ
  
る
衝
撃
が
襲
っ
た
 °
  
っ
ぱ
い
は
 
地
面
に
思
い
っ
き
り
叩
き
つ
け
ら
れ
 
想
像
を
絶
す

   

  
 
う
に
ゅ
ぅ
:
:
:
:
助
か
っ
た
:
:
:
:
ほ
ん
と
 
死
ぬ
か
と
  
  
乳
の
上
で
悶
え
る
こ
と
に
な
っ
た
美
里
 °
  
い
衝
撃
と
理
解
を
超
え
る
感
覚
の
嵐
に
 
む
に
ゅ
う
む
に
ゅ
う
と
  
し
か
し
お
っ
ぱ
い
も
美
里
の
一
部
で
あ
り
 
胸
に
奔
っ
た
凄
ま
じ
  
体
は
無
傷
だ
っ
た
 °
  
も
ち
ろ
ん
衝
撃
は
お
っ
ぱ
い
が
す
べ
て
受
け
止
め
た
た
め
美
里
本
  
り
込
ん
で
い
く
感
覚
を
一
度
に
得
た
 °
  
お
っ
ぱ
い
が
身
体
を
受
け
止
め
る
感
覚
 
全
身
が
お
っ
ぱ
い
に
め
  
そ
の
一
瞬
で
美
里
は
お
っ
ぱ
い
が
地
面
に
叩
き
つ
け
ら
れ
る
感
覚
 
  
瞬
で
見
上
げ
る
ほ
ど
高
く
そ
び
え
立
っ
て
い
た
 °
  
間
に
は
 
お
っ
ぱ
い
は
質
量
と
体
積
の
大
爆
発
を
起
こ
し
て
 
  
そ
う
 
落
下
す
る
美
里
が
地
面
に
激
突
し
た
か
に
見
え
た
次
の
瞬
  
そ
れ
ら
は
ほ
ん
の
一
瞬
 
ほ
ん
の
瞬
き
す
る
よ
う
に
起
き
た
 °
  
高
さ
か
ら
地
面
を
見
下
ろ
し
て
い
た
 °
  
膨
張
が
終
わ
る
こ
ろ
に
は
美
里
は
地
面
か
ら
6
メ
|
ト
ル
ほ
ど
の
  
必
死
に
膨
乳
さ
せ
た
た
め
大
き
さ
の
調
整
な
ど
で
き
な
か
っ
た
が
 
  
里
は
お
っ
ぱ
い
か
ら
ト
ラ
ン
ポ
リ
ン
の
よ
う
に
弾
ん
だ
 °
  
そ
し
て
最
上
階
 
つ
ま
り
膨
乳
が
終
了
す
る
と
 
め
り
込
ん
だ
美
  
レ
ベ
|
タ
|
と
な
っ
て
美
里
の
身
体
を
打
ち
上
げ
た
 °





   

  
そ
し
て
 
つ
い
に
明
か
さ
れ
る
衝
撃
的
事
実
!
  
ど
う
す
れ
ば
い
い
の
?
  
何
と
か
柔
華
を
助
け
る
こ
と
が
で
き
た
け
れ
ど
 
私
達
こ
れ
か
ら
  
次
回
予
告
!
  
  
  
  
  
  
|
|
|
|
|
|
続
く
  
  
  
  
  
  
  
安
心
し
た
の
か
乳
は
ぐ
に
ゃ
あ
と
柔
ら
か
く
変
形
し
て
い
た
 °
  
お
っ
ぱ
い
と
い
う
ベ
ッ
ド
に
埋
ま
っ
た
美
里
 °
  
  
思
っ
た
よ
 





















   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
ビ
|
・
ギ
ガ
ン
テ
ィ
ッ
ク
!
  
次
回
 
 
二
人
の
決
意
 
に
  
 
私
 
膨
乳
し
ま
す
!
 
















  > ≫