お
陰
で
 
ど
の
イ
ベ
ン
ト
で
も
私
ほ
ど
大
き
な
乳
房
を
持
つ
学
生
  
  
き
た
 °
  
っ
て
も
興
味
の
な
い
業
界
だ
っ
た
の
で
蹴
っ
て
更
に
成
長
さ
せ
て
  
少
し
ず
つ
適
当
な
会
社
を
受
け
て
は
 
成
長
さ
せ
て
 
仮
に
受
か
  
8
0
0
p
を
越
し
た
 °
  
け
ど
 
1
か
月
ち
ょ
っ
と
で
さ
ら
に
成
長
し
て
私
の
お
っ
ぱ
い
は
  
結
局
 
前
に
見
て
い
た
ベ
ン
チ
ャ
|
の
説
明
会
は
行
け
な
か
っ
た
  
  
て
気
持
ち
が
い
い
 °
  
し
か
も
傘
か
ら
流
れ
落
ち
る
雫
が
一
滴
一
滴
 
お
っ
ぱ
い
に
弾
け
  
う
た
め
び
し
ょ
濡
れ
だ
 °
  
傘
を
さ
し
て
い
て
も
お
っ
ぱ
い
の
3
/
4
は
 
傘
か
ら
出
て
し
ま
  
雨
の
中
 
傘
を
さ
し
て
本
命
の
最
終
試
験
地
に
向
か
う
 °
  
7
月
 
梅
雨
 °
  
  
後
半
  
  
ハ
ヤ
ト
 
作
  
就
活
生























≪ <  

  
昨
日
試
着
し
た
時
は
 
み
っ
ち
り
乳
肉
が
詰
ま
っ
て
い
た
け
ど
 
  
  
い
の
だ
が
:
:
 °
  
言
っ
て
も
見
え
た
と
し
て
も
ス
|
ツ
の
殆
ど
は
鏡
に
写
っ
て
い
な
  
な
い
 °
  
鏡
か
ら
2
m
以
上
離
れ
て
立
た
な
い
と
 
お
っ
ぱ
い
で
鏡
が
見
え
  
新
調
し
た
リ
ク
ル
|
ト
ス
|
ツ
を
着
て
鏡
の
前
に
立
つ
 °
  
  
こ
と
は
な
い
と
就
活
サ
イ
ト
に
は
書
き
込
み
が
あ
っ
た
 °
  
よ
ほ
ど
の
こ
と
が
な
い
限
り
 
こ
の
懇
親
会
の
後
に
落
と
さ
れ
る
  
  
前
の
懇
親
会
 °
  
私
の
谷
間
に
挟
ん
で
あ
げ
た
く
な
る
ほ
ど
で
 
今
日
は
そ
の
最
終
  
い
つ
も
私
の
成
長
ぶ
り
に
驚
い
て
い
て
凄
く
か
わ
い
い
 °
  
も
何
度
か
会
っ
て
い
た
 °
  
今
日
行
く
会
社
は
4
月
か
ら
受
け
て
い
る
会
社
で
 
担
当
の
方
と
  
  
い
が
目
の
前
ま
で
迫
っ
て
き
て
い
る
 °
  
前
に
友
人
か
ら
聞
い
た
1
0
0
0
p
で
は
な
い
が
 
私
も
お
っ
ぱ
  
は
少
な
く
な
り
 
街
中
で
も
目
立
つ
存
在
に
な
っ
た
 °





   

  
む
ち
む
ち
の
豊
満
な
自
分
に
見
惚
れ
て
い
る
と
 
 
遅
れ
る
わ
よ
  
  
イ
ズ
な
の
は
間
違
い
な
い
 °
  
抱
え
る
に
し
ろ
 
先
端
を
い
じ
る
に
し
ろ
 
一
人
で
は
困
難
な
サ
  
両
腕
を
広
げ
て
も
横
幅
の
半
分
ほ
ど
ま
で
し
か
届
か
な
い
 °
  
後
ろ
か
ら
で
も
お
っ
ぱ
い
は
余
裕
で
見
え
  
  
エ
ロ
イ
 °
  
0
p
ほ
ど
に
な
っ
て
ス
カ
|
ト
か
ら
伸
び
る
太
も
も
が
厭
ら
し
く
  
背
を
向
け
て
タ
イ
ト
ス
カ
|
ト
を
見
る
と
 
こ
こ
3
か
月
で
1
7
  
て
 
ボ
タ
ン
が
み
ち
み
ち
と
聞
こ
え
て
く
る
 °
  
ふ
る
ふ
る
と
身
体
を
揺
ら
す
と
お
っ
ぱ
い
が
ぐ
わ
ん
ぐ
わ
ん
揺
れ
  
  
て
書
い
て
あ
っ
た
し
:
:
お
尻
は
最
近
止
ま
っ
た
か
な
:
:
 
  
も
X
X
X
X
X
X
X
L
/
9
0
0
|
1
1
0
0
ま
で
は
い
け
る
っ
  
 
大
丈
夫
:
:
だ
よ
ね
 °
こ
れ
は
一
番
強
度
が
あ
っ
て
 
サ
イ
ズ
  
  
て
い
た
 °
  
す
で
に
ボ
タ
ン
の
回
り
が
裂
け
そ
う
に
ム
チ
ム
チ
と
肉
量
が
増
し
  
今
朝
は
も
っ
と
隅
々
ま
で
乳
肉
が
行
き
届
い
て
い
て






   

  
  
や
す
い
と
い
わ
れ
て
い
る
 °
  
し
た
こ
ろ
か
ら
地
に
着
い
て
し
ま
う
た
め
 
生
活
も
困
難
に
な
り
  
世
間
で
1
0
0
0
p
超
え
は
ま
だ
少
な
い
 °
こ
の
8
0
0
p
を
越
  
る
は
ず
だ
 °
  
か
月
前
ま
で
8
5
p
だ
っ
た
の
に
 
あ
の
頃
の
1
0
倍
に
な
っ
て
  
ホ
ン
ト
 
我
な
が
ら
お
っ
ぱ
い
の
大
き
さ
に
は
驚
く
 °
ほ
ん
の
数
  
  
り
込
む
 °
  
通
路
を
向
い
て
も
お
っ
ぱ
い
の
横
幅
は
左
右
の
お
客
さ
ん
に
の
め
  
の
お
客
や
窓
を
お
っ
ぱ
い
で
埋
め
て
し
ま
い
  
そ
の
ま
ま
片
房
ず
つ
奥
へ
詰
め
込
む
が
 
窓
を
向
い
た
ら
 
窓
際
  
で
押
し
潰
し
て
 
I
C
カ
|
ド
を
か
ざ
す
 °
  
運
賃
を
支
払
う
の
に
 
運
賃
箱
と
運
転
手
さ
ん
を
一
回
お
っ
ぱ
い
  
家
の
前
か
ら
乗
る
バ
ス
は
本
当
に
狭
い
 °
  
へ
向
か
う
 °
  
バ
ス
・
電
車
と
超
乳
に
は
優
し
く
な
い
公
共
交
通
を
使
用
し
会
場
  
  
  
|
 
と
の
母
の
声
で
我
に
返
る
 °













   

  
で
い
え
ば
よ
ほ
ど
の
こ
と
が
起
き
そ
う
な
会
場
だ
っ
た
 °
  
本
社
内
に
あ
る
会
議
室
で
行
わ
れ
た
懇
親
会
は
 
お
酒
有
で
一
言
  
  
・
  
・
  
・
  
  
い
で
お
く
 °
  
う
に
す
る
け
ど
 
内
心
は
ま
だ
ま
だ
大
き
く
す
る
か
ら
気
に
し
な
  
他
の
人
か
ら
奇
怪
な
目
で
見
ら
れ
た
け
ど
 
一
見
申
し
訳
な
さ
そ
  
よ
か
っ
た
 °
  
が
手
す
り
や
ド
ア
枠
に
め
り
込
む
と
ひ
ん
や
り
と
し
て
気
持
ち
が
  
途
中
 
カ
|
ブ
や
急
停
車
・
急
発
進
に
よ
る
揺
れ
で
 
お
っ
ぱ
い
  
塞
ぎ
 
駅
ま
で
乗
っ
た
 °
  
結
局
 
出
口
付
近
に
立
ち
 
ひ
ん
や
り
し
た
ド
ア
を
お
っ
ぱ
い
で
  
  
爪
先
ま
で
お
っ
ぱ
い
に
埋
も
れ
て
い
る
 °
  
長
座
で
い
て
も
 
足
の
甲
ま
で
お
っ
ぱ
い
に
埋
も
れ
た
し
 
今
や
  
0
0
p
く
ら
い
で
お
っ
ぱ
い
に
乗
れ
る
よ
う
に
な
っ
た
 °
  
か
く
い
う
私
も
2
0
0
p
ぐ
ら
い
か
ら
仰
向
け
で
は
寝
れ
ず
 

   

  
  
悲
鳴
を
上
げ
る
 °
  
そ
れ
だ
け
で
8
6
0
p
の
超
乳
が
上
下
左
右
に
揺
れ
 
ス
|
ツ
が
  
あ
た
ふ
た
す
る
の
を
必
死
に
抑
え
て
弁
明
す
る
 °
  
  
の
:
:
力
試
し
を
し
て
い
ま
す
:
:
 
  
 
え
?
え
と
:
:
そ
の
:
:
少
し
で
も
場
数
を
踏
み
た
く
て
 
  
か
な
?
 
  
 
:
:
こ
れ
は
当
社
以
外
に
も
受
け
ま
く
っ
て
い
る
と
い
う
こ
と
  
 
へ
へ
 °
 
  
 
高
城
さ
ん
 
少
し
見
な
い
間
に
ま
た
大
き
く
な
っ
た
ね
 °
 
  
  
ま
 
私
の
8
6
0
p
超
乳
が
一
番
だ
け
ど
 °
  
い
が
4
人
も
い
る
と
手
狭
に
さ
え
思
え
る
 °
  
臀
部
2
0
0
p
以
上
の
子
も
い
る
分
 
5
0
0
p
超
え
の
お
っ
ぱ
  
お
互
い
が
超
乳
に
す
る
こ
と
に
目
覚
め
て
し
ま
っ
て
い
る
 °
  
0
0
p
を
越
す
お
っ
ぱ
い
ち
ゃ
ん
 °
  
片
や
こ
ち
ら
も
男
子
1
名
 
女
子
4
名
の
5
名
 °
女
子
は
全
員
5
  
中
に
は
4
0
0
p
程
の
超
乳
が
い
る
 °
  
会
議
室
に
も
か
か
わ
ら
ず
 
採
用
側
は
担
当
の
男
性
含
め
5
名
 

   

  
が
 
試
験
を
受
け
る
時
に
還
元
さ
れ
 
結
果
を
貰
っ
て
も
ま
た
還
  
今
日
の
話
で
は
 
最
終
試
験
の
内
容
は
明
ら
か
に
さ
れ
て
い
な
い
  
  
受
け
る
だ
け
で
B
H
率
を
貰
え
る
と
の
こ
と
 °
  
ら
し
く
 
こ
の
懇
親
会
の
後
日
に
開
か
れ
る
最
終
面
接
で
は
  
ど
う
や
ら
こ
の
会
社
 
採
用
担
当
は
社
長
を
筆
頭
に
皆
超
乳
好
き
  
女
子
以
外
は
皆
飲
酒
し
て
い
て
 
ド
ロ
ド
ロ
の
雰
囲
気
に
:
:
  
中
を
見
渡
す
と
 
5
5
0
p
の
超
乳
・
1
3
0
p
の
臀
部
の
高
卒
  
  
感
覚
が
麻
痺
し
て
く
る
 °
  
一
般
的
な
セ
ク
ハ
ラ
は
 
超
乳
に
な
れ
ば
な
る
ほ
ど
寛
容
に
な
り
 
  
酔
う
以
前
に
私
の
お
っ
ぱ
い
が
大
き
い
だ
け
か
も
だ
け
ど
 °
  
私
の
お
っ
ぱ
い
に
身
体
を
当
て
て
く
る
 °
  
担
当
者
は
終
始
 
酔
っ
て
い
る
の
か
 
私
の
お
っ
ぱ
い
を
見
て
は
  
  
あ
っ
ぶ
ね
ぇ
!
  
  
 
は
い
!
も
っ
と
頑
張
り
ま
す
 °
 
  
性
は
ど
ん
ど
ん
増
え
る
べ
き
だ
と
思
う
ね
 
  
 
向
上
心
が
あ
っ
て
い
い
ね
 °
僕
個
人
と
し
て
は
自
身
を
磨
く
女

   

  
  
  
  
と
と
:
:
卒
論
だ
な
ぁ
:
:
 
  
 
:
:
て
思
っ
て
も
出
来
る
こ
と
は
お
っ
ぱ
い
大
き
く
さ
せ
る
こ
  
  
策
を
す
る
 °
  
最
終
選
考
は
8
月
末
な
の
で
 
そ
れ
ま
で
は
各
自
最
終
選
考
の
対
  
  
男
性
社
員
も
 
超
乳
好
き
で
な
い
と
入
社
で
き
な
い
 °
  
に
は
た
ま
ら
な
い
会
社
だ
 °
  
資
格
を
受
け
る
ご
と
に
成
長
で
き
る
ら
し
く
 
超
乳
・
膨
乳
好
き
  
さ
ら
に
入
社
後
に
も
B
H
率
の
独
自
の
シ
ス
テ
ム
を
使
っ
て
い
て
 
  
前
か
ら
社
会
人
で
も
5
0
0
p
に
到
達
し
そ
う
と
の
こ
と
 °
  
0
p
以
上
成
長
し
て
お
り
 
中
途
採
用
の
ウ
|
マ
ン
シ
ョ
ッ
ク
以
  
そ
の
お
か
げ
か
ウ
|
マ
ン
シ
ョ
ッ
ク
初
期
の
社
員
で
さ
え
 
5
0
  
  
る
ら
し
い
 °
  
内
定
式
に
も
 
入
社
式
に
も
都
度
 
お
っ
ぱ
い
を
成
長
さ
せ
て
い
  
元
さ
れ























   

  
今
日
は
キ
ャ
リ
ア
セ
ン
タ
|
に
就
活
状
況
の
報
告
を
し
に
来
た
 °
  
  
て
や
っ
て
来
た
 °
  
軽
自
動
車
と
同
じ
か
そ
れ
以
上
に
な
っ
た
お
っ
ぱ
い
を
ぶ
ら
下
げ
  
横
幅
だ
け
で
い
う
な
ら
ば
私
の
お
っ
ぱ
い
よ
り
も
狭
い
  
バ
ス
も
電
車
も
一
般
道
も
  
  
る
側
は
い
つ
破
裂
す
る
の
か
気
が
気
で
は
な
い
 °
  
3
/
4
カ
ッ
プ
か
ら
は
既
に
乳
肉
が
喰
い
こ
み
気
味
で
あ
り
 
  
本
人
は
気
に
し
て
い
な
い
が
  
  
ん
と
浮
か
び
着
地
を
繰
り
返
す
 °
  
8
8
2
p
の
超
乳
が
一
歩
歩
む
ご
と
に
僅
か
に
だ
っ
ぷ
ん
だ
っ
ぷ
  
る
 °
  
4
カ
ッ
プ
の
特
注
下
着
を
着
て
 
薄
め
の
カ
|
デ
ィ
ガ
ン
を
羽
織
  
真
夏
の
日
差
し
に
汗
を
か
く
の
は
判
り
切
っ
て
い
た
の
で
 
3
/
  
タ
|
に
向
か
う
 °
  
夏
休
み
で
人
気
の
少
な
い
キ
ャ
ン
パ
ス
を
歩
み
 
キ
ャ
リ
ア
セ
ン
  
梅
雨
が
明
け
る
こ
ろ
  


























   

  
  
 
ん
:
:
ん
ん
:
:
あ
ぁ
!
で
ち
ゃ
う
 
  
  
 
そ
う
 °
良
い
感
じ
よ
 °
 
  
 
こ
 
こ
う
で
す
か
?
 
  
 
あ
 
あ
:
:
も
っ
と
ぉ
 °
 
  
  
職
員
は
身
体
を
埋
め
る
 °
  
い
に
捏
ね
て
  
ま
ず
が
巨
大
な
乳
輪
よ
り
も
外
側
の
肌
を
撫
で
て
は
身
体
い
っ
ぱ
  
今
日
は
4
人
の
職
員
に
絞
っ
て
も
ら
え
る
 °
  
  
お
っ
ぱ
い
に
触
れ
る
複
数
の
感
触
で
何
人
い
る
か
が
判
る
 °
  
複
数
い
て
も
私
の
乳
塊
が
大
き
す
ぎ
て
見
え
な
い
が
  
大
人
の
男
性
が
目
の
前
に
立
っ
て
も
頭
の
先
っ
ぽ
し
か
見
え
な
く
  
  
そ
う
搾
乳
だ
 °
  
  
て
も
ら
っ
て
い
る
事
が
あ
る
 °
  
メ
|
ル
で
済
む
話
だ
が
 
私
に
は
あ
の
時
以
来
 
継
続
的
に
や
っ

   

  
戦
が
強
い
ら
れ
る
 °
  
倍
率
の
高
配
当
な
の
で
 
大
き
く
さ
せ
た
く
な
か
っ
た
ら
短
期
決
  
そ
れ
に
院
卒
や
博
士
号
は
次
の
就
活
時
の
B
H
率
が
学
卒
よ
り
高
  
で
成
長
し
た
お
っ
ぱ
い
が
元
の
サ
イ
ズ
に
戻
る
わ
け
で
は
な
い
 °
  
リ
セ
ッ
ト
は
B
H
率
が
リ
セ
ッ
ト
さ
れ
る
だ
け
で
 
5
0
0
p
ま
  
  
こ
え
て
き
た
 °
  
す
ぐ
に
カ
ウ
ン
タ
|
か
ら
リ
セ
ッ
ト
を
申
し
入
れ
て
い
る
声
が
聞
  
私
の
超
乳
を
見
て
 
少
し
ホ
ッ
と
し
て
い
た
よ
う
だ
が
  
  
就
活
で
苦
戦
を
強
い
ら
れ
て
い
る
よ
う
だ
 °
  
あ
の
大
き
さ
で
四
苦
八
苦
し
て
い
る
と
こ
ろ
を
見
る
と
 
本
当
に
  
る
と
可
愛
い
も
ん
だ
 °
  
途
中
5
0
0
p
ほ
ど
の
学
生
と
す
れ
違
う
が
 
私
の
超
乳
と
比
べ
  
  
キ
ャ
リ
ア
セ
ン
タ
|
を
後
に
す
る
 °
  
4
人
が
か
り
で
私
の
お
っ
ぱ
い
か
ら
母
乳
を
絞
っ
て
も
ら
っ
て
  
  
 
あ
り
が
と
う
ご
ざ
い
ま
し
た
|
 °
 
  


























   

  
 
大
丈
夫
で
す
よ
 °
生
活
出
来
て
ま
す
し
 
母
乳
も
絞
れ
ま
す
 °
  
 
別
の
意
味
で
な
 °
 
  
 
先
生
も
私
の
お
っ
ぱ
い
気
に
な
る
で
し
ょ
?
 
  
  
ら
だ
 °
  
そ
う
私
の
受
け
て
い
る
○
×
商
事
は
 
超
乳
好
き
に
は
有
名
だ
か
  
  
そ
う
だ
な
 
と
言
わ
れ
た
 °
  
 
今
の
お
前
な
ら
仕
方
な
い
 
そ
の
サ
イ
ズ
な
ら
秘
書
で
も
い
け
  
  
最
終
面
接
の
社
名
を
聞
く
な
否
や
納
得
し
た
表
情
だ
っ
た
 °
  
さ
す
が
に
ゼ
ミ
室
を
埋
め
尽
く
す
私
の
超
乳
に
は
呆
れ
て
い
た
が
 
  
ゼ
ミ
室
に
顔
を
出
し
て
教
授
に
進
捗
報
告
を
す
る
 °
  
  
て
き
た
 °
  
る
な
り
 
 
乗
れ
な
い
な
 
や
 
仕
方
な
い
ね
 
と
声
が
聞
こ
え
  
途
中
何
階
か
で
扉
が
開
い
た
が
 
中
が
乳
肉
で
埋
ま
っ
た
箱
を
見
  
無
理
や
り
エ
レ
ベ
|
タ
|
に
乗
り
込
み
 
上
層
階
を
目
指
す
 °
  
  
あ
の
子
は
こ
れ
か
ら
が
大
変
に
な
る
の
だ
 °









   

  
と
う
と
う
こ
の
日
が
や
っ
て
き
た
 °
  
  
再
度
新
調
し
た
ス
|
ツ
に
袖
を
通
す
 °
  
最
終
面
接
日
 °
  
  
  
・
  
・
  
・
  
  
も
ち
ろ
ん
卒
論
も
や
る
つ
も
り
だ
が
:
:
 °
  
次
に
先
生
と
会
う
時
に
は
度
肝
を
抜
か
せ
て
や
る
つ
も
り
だ
 °
  
  
ゼ
ミ
室
も
後
に
す
る
 °
  
優
し
く
し
て
っ
と
冗
談
を
抜
か
し
つ
つ
  
  
 
い
や
|
ん
 °
こ
わ
|
い
笑
 
  
 
揺
ら
ぐ
な
 °
卒
論
に
手
を
抜
い
た
ら
容
赦
し
な
い
ぞ
 °
 
  
い
い
で
す
よ
 °
 
  
卒
業
さ
せ
て
く
れ
た
あ
か
つ
き
に
は
こ
の
お
っ
ぱ
い
好
き
に
し
て

   

  
  
い
て
 
私
の
頭
を
と
う
に
超
え
て
天
井
の
梁
に
喰
い
こ
ん
で
い
る
 °
  
ス
|
ツ
に
包
ま
れ
た
お
っ
ぱ
い
は
壁
の
端
か
ら
端
ま
で
詰
ま
っ
て
  
お
っ
ぱ
い
 °
  
母
は
思
わ
ず
後
ず
さ
り
し
て
い
た
ほ
ど
に
大
き
く
立
派
に
育
っ
た
  
  
す
る
と
ぐ
わ
ん
ぐ
わ
ん
と
お
っ
ぱ
い
が
揺
れ
る
で
は
な
い
か
 °
  
に
少
し
身
体
を
振
っ
た
 °
  
母
に
手
の
届
か
な
い
あ
た
り
の
ボ
タ
ン
を
留
め
て
も
ら
い
 
左
右
  
が
ら
持
ち
上
げ
る
と
 
特
大
な
お
っ
ぱ
い
を
包
み
込
め
た
 °
  
広
げ
た
ス
|
ツ
に
袖
を
通
し
て
 
生
地
の
端
を
母
に
助
け
ら
れ
な
  
  
ら
こ
の
通
り
 °
  
昨
日
ま
で
は
ま
だ
ま
だ
余
裕
が
あ
っ
た
ん
だ
け
ど
 
今
朝
起
き
た
  
そ
の
部
屋
も
私
の
お
っ
ぱ
い
で
い
っ
ぱ
い
に
な
り
そ
う
な
ほ
ど
だ
 °
  
  
鏡
が
あ
る
だ
け
 °
  
客
間
は
8
畳
一
間
で
ベ
ッ
ド
は
敷
布
団
に
 
棚
は
一
切
な
く
 
  
い
客
間
に
な
り
  
気
づ
け
ば
 
2
階
に
あ
っ
た
私
の
部
屋
は
1
階
の
玄
関
に
ほ
ど
近

   

  
た
ま
に
角
か
ら
飛
び
出
し
て
き
た
何
か
に
感
触
は
あ
る
が
 
何
か
  
対
向
す
る
車
も
人
も
私
が
通
る
の
を
待
っ
て
く
れ
る
 °
  
  
わ
か
ら
な
い
も
ん
だ
 °
  
前
は
あ
ん
な
に
広
く
感
じ
た
の
に
 
今
や
い
つ
通
れ
な
く
な
る
か
  
ど
私
の
お
っ
ぱ
い
で
埋
め
て
し
ま
っ
た
 °
  
後
ろ
向
き
で
家
の
前
の
道
に
出
る
と
 
若
干
の
隙
間
を
空
け
て
殆
  
  
 
う
ん
 °
行
っ
て
く
る
ね
 °
 
  
 
気
を
付
け
て
ら
っ
し
ゃ
い
 
  
  
母
も
2
階
に
上
が
り
 
元
の
私
の
部
屋
か
ら
顔
を
出
す
 °
  
  
肉
は
め
り
込
み
な
が
ら
も
ス
ト
レ
ス
な
く
通
り
抜
け
て
く
れ
た
 °
  
窓
枠
よ
り
も
大
き
な
体
積
に
不
安
は
あ
っ
た
が
元
来
柔
ら
か
い
乳
  
側
か
ら
庭
に
出
る
 °
  
廊
下
や
玄
関
は
通
れ
な
い
の
で
 
そ
の
ま
ま
後
ろ
に
下
が
っ
て
縁
  
  
 
精
一
杯
が
ん
ば
っ
て
ら
っ
し
ゃ
い
 °
 
  
 
じ
ゃ
 
行
っ
て
く
る
ね
 °
 














   

  
中
で
座
っ
て
い
た
ほ
か
の
乗
客
は
私
の
超
乳
を
見
る
や
否
や
席
を
  
  
む
 °
  
数
本
見
送
り
 
割
か
し
空
い
て
い
る
電
車
に
お
っ
ぱ
い
を
詰
め
込
  
な
ら
な
い
 °
  
ぱ
い
の
方
が
大
き
い
か
ら
 
空
い
て
い
る
電
車
に
乗
ら
な
け
れ
ば
  
ホ
|
ム
の
幅
よ
り
も
電
車
の
幅
よ
り
も
ド
ア
の
高
さ
よ
り
も
お
っ
  
直
接
ホ
|
ム
に
上
が
る
 °
  
改
札
は
通
れ
な
い
の
で
 
車
い
す
同
様
 
ホ
|
ム
の
裏
か
ら
入
り
 
  
い
つ
も
よ
り
倍
の
時
間
で
駅
に
着
く
と
 
こ
れ
ま
た
困
難
だ
 °
  
  
  
だ
か
ら
私
は
前
後
に
つ
い
て
は
問
題
な
い
っ
て
わ
け
 °
  
手
元
に
あ
る
タ
ブ
レ
ッ
ト
に
映
し
出
さ
れ
る
の
だ
 °
  
実
は
ス
|
ツ
の
襟
に
小
型
カ
メ
ラ
を
仕
込
ん
で
い
て
そ
の
映
像
が
  
  
が
通
り
過
ぎ
て
い
く
 °
  
通
り
に
か
か
る
と
塀
よ
り
も
高
い
と
こ
に
頂
点
の
あ
る
お
っ
ぱ
い
  
向
こ
う
か
ら
見
れ
ば
角
っ
こ
に
あ
る
ミ
ラ
|
は
肌
色
一
色
だ
し
 
  
は
わ
か
ら
な
い
 °



















   

  
0
p
で
B
H
率
が
い
く
つ
か
わ
か
ら
な
い
の
よ
ね
 °
 
  
 
で
し
ょ
 
計
算
値
で
は
B
H
率
×
0
 
1
+
元
の
サ
イ
ズ
8
7
  
 
お
は
よ
 °
高
城
さ
ん
の
お
っ
ぱ
い
凄
く
成
長
し
た
わ
ね
 °
 
  
 
お
は
よ
|
 °
 
  
  
た
 °
  
皆
 
前
に
会
っ
た
時
よ
り
も
一
回
り
も
二
回
り
も
巨
大
化
し
て
い
  
○
×
商
事
の
前
に
は
同
期
が
何
人
か
着
い
て
い
た
 °
  
  
な
い
と
思
う
け
ど
:
:
 °
  
っ
ま
 
今
日
は
抑
制
剤
を
服
用
し
た
か
ら
 
す
ぐ
に
は
限
界
は
来
  
に
な
る
か
ら
 °
  
気
に
す
る
と
す
ぐ
に
母
乳
が
貯
ま
っ
て
は
爆
発
し
て
し
ま
い
そ
う
  
注
目
の
的
に
は
な
っ
た
が
気
に
し
て
は
い
け
な
い
の
だ
 °
だ
っ
て
  
で
降
り
て
い
く
 °
  
数
駅
乗
っ
て
 
最
寄
り
駅
で
降
り
る
時
も
同
じ
よ
う
に
裏
ル
|
ト
  
  
あ
る
一
角
は
私
の
お
っ
ぱ
い
で
い
っ
ぱ
い
に
な
る
の
だ
 °
  
そ
れ
も
そ
の
は
ず
で
私
の
超
乳
を
小
さ
な
箱
の
中
に
詰
め
込
む
と
 
  
は
ず
し
 
退
避
し
て
い
く
 °















   

  
 
失
礼
い
た
し
ま
す
 °
 
  
 
ど
う
ぞ
お
掛
け
く
だ
さ
い
 °
 
  
  
あ
る
の
で
一
礼
し
て
待
つ
 °
  
お
っ
ぱ
い
で
全
く
周
り
が
見
え
な
い
が
 
姿
勢
は
見
せ
る
必
要
が
  
少
し
広
め
の
扉
を
通
り
中
に
入
る
 °
  
  
 
失
礼
し
ま
す
 °
 
  
 
高
城
さ
ん
 
ど
う
ぞ
 °
 
  
  
・
  
・
  
・
  
  
  
 
そ
ん
な
:
:
ま
さ
か
ね
:
:
 
  
言
っ
て
た
 °
 
  
 
だ
っ
て
高
卒
の
子
測
っ
て
逆
算
し
た
ら
5
0
0
に
な
っ
た
っ
て
  
 
5
0
0
!
?
そ
ん
な
バ
カ
み
た
い
な
値
つ
け
る
?
 
  
 
噂
で
は
5
0
0
 
0
ら
し
い
よ
 °
 











   

  
・
  
  
・
  
・
  
・
  
  
 
本
当
で
す
よ
 °
 
  
 
じ
ゃ
 
B
H
率
5
0
0
倍
っ
て
の
は
:
:
 °
 
  
  
 
せ
ん
さ
ん
び
ゃ
く
?
 
  
 
:
:
1
3
7
0
p
 °
 
  
  
と
し
て
い
て
く
だ
さ
い
 °
 
  
 
い
え
大
丈
夫
で
す
 °
少
し
眩
し
い
か
も
し
れ
ま
せ
ん
が
 
じ
っ
  
 
え
:
:
と
脱
ぎ
ま
す
か
?
 
  
ト
サ
イ
ズ
を
測
ら
せ
て
頂
き
ま
す
 °
 
  
 
そ
れ
で
は
高
城
さ
ん
の
面
接
を
始
め
ま
す
ね
 °
そ
の
前
に
バ
ス
  
  
ギ
シ
っ
と
パ
イ
プ
い
す
に
座
る
と
前
方
か
ら
声
が
聞
こ
え
る
 °
  


























   

  
5
5
0
p
ほ
ど
  
学
友
た
ち
は
大
き
く
て
恋
津
さ
ん
の
8
0
0
p
程
で
 
他
の
皆
は
  
  
卒
業
間
近
で
海
に
卒
業
旅
行
へ
行
っ
た
 °
  
暫
く
は
学
校
で
寝
泊
ま
り
し
て
卒
論
を
仕
上
げ
て
  
  
数
日
後
に
は
内
定
が
貰
え
た
 °
  
い
ろ
い
ろ
言
わ
れ
た
け
ど
 
難
な
く
面
接
が
終
わ
り
  
  
  
め
る
人
が
絶
た
な
い
た
め
∨
  
た
だ
し
S
E
X
は
社
内
で
は
禁
止
と
の
こ
と
 °
∧
授
か
り
婚
で
辞
  
母
乳
は
い
つ
ど
こ
で
も
絞
っ
て
も
ら
え
る
こ
と
 °
  
内
定
式
で
も
入
社
式
で
も
超
乳
を
惜
し
み
な
く
揺
ら
す
こ
と
 °
  
少
し
ば
か
り
世
間
よ
り
セ
ク
ハ
ラ
ま
が
い
が
多
い
こ
と
 °
  
事
あ
る
ご
と
に
膨
乳
さ
せ
な
け
れ
ば
な
ら
な
い
こ
と
 °
  
入
社
後
は
独
身
寮
に
入
ら
な
け
れ
ば
な
ら
な
い
こ
と
 °
  
  
・
  
・

























   

  
完
  
  
:
:
い
や
2
0
0
0
p
か
ら
始
ま
る
 °
  
私
の
社
会
人
と
し
て
の
ス
タ
|
ト
は
4
/
1
 
1
8
8
0
p
か
ら
  
ら
な
い
 °
  
人
生
の
半
分
以
上
は
社
会
人
と
し
て
過
ご
す
の
は
昔
も
今
も
変
わ
  
  
の
だ
 °
  
×
商
事
で
は
世
の
超
乳
た
ち
の
先
駆
け
と
し
て
成
り
立
っ
て
い
る
  
ま
だ
ま
だ
超
乳
に
応
じ
た
社
会
に
は
な
っ
て
い
な
い
た
め
に
 
  
い
る
 °
  
露
出
狂
と
言
わ
れ
 
わ
い
せ
つ
容
疑
で
捕
ま
る
の
も
目
に
見
え
て
  
お
っ
ぱ
い
丸
出
し
に
し
て
良
い
ほ
ど
優
し
い
世
の
中
で
は
な
い
 °
  
巨
大
過
ぎ
て
着
れ
る
服
が
な
い
か
ら
と
言
っ
て
  
  
か
く
い
う
私
の
水
着
も
普
段
着
も
○
×
商
事
の
洗
礼
品
だ
 °
  
て
い
る
 °
  
み
ん
な
私
の
○
×
商
事
が
取
り
扱
う
超
乳
製
品
を
使
用
し
て
く
れ
  
  
私
は
と
い
う
と
1
8
8
0
p
ま
で
成
長
し
た
 °








  > ≫