て  く  早  ろ      ┐       ジ  A  
                                い  な  い  か  帰  あ     作  グ     
                                た  り   ° ら  ろ  の        ラ  H  
                                だ  始  明  声  う  :        ッ  A  
                                け  め  か  を  と  よ        ト  P  
                                に  て  り  か  鞄  か       ┌┐ P  
                                び  い  を  け  を  っ        物  Y  
                                く  た  消  ら  持  た        語     
                                っ  が  さ  れ  ち  ら       └┘ N  
                                と   ` れ  た  上   `       ・  E  
                                し  他  た   ° げ  一        K  W  
                                た  に  教  冬  た  緒        r     
                                 ° 誰  室  の  所  に        o  Y  
                                   も  の  陽  で  帰        a  E  
                                   い  中  が   ` ら        h  A  
                                   な  は  落  い  な       ┌┐ R  
                                   い  既  ち  き  い        挿     
                                   と  に  る  な  ?        し     
                                   思  薄  の  り └         絵     
                                   っ  暗  は  後          └┘    
                                                              

  よ  え      ┐ て  ら  も  と  っ      ┐                            
  う  冷  申  あ  い   ` 生  か  て  振  な                             
  に  え  し   ` た  い  真  そ  い  り  ん                             
  頬  と  訳  ご   ° つ  面  う  た  返  だ                             
  が  し  な  め     し  目  い   ° る  委                             
  上  て  さ  ん     か  そ  う  委  と  員                             
  気  る  そ   °    皆  う  訳  員   ` 長                             
  し  の  う  驚     か  で  で  長  同  か                             
  て  に  に  か     ら  お  は  と  じ  :                             
  い   ` 顔  せ     そ  と  な  言  ク └                              
  た  ま  を  ち     う  な  い  っ  ラ                                
   ° る  俯  ゃ     呼  し   ° て  ス                                
     で  か  っ     ば  い  し  も  の                                
     ほ  せ  た     れ  キ  か  別  藤                                
     て  る  ?     る  ャ  し  に  掛                                
     っ   °└      よ  ラ  そ  ク  理                                
     て  辺        う  ク  の  ラ  沙                                
     る  り        に  タ  い  ス  子                                
     か  は        な    か  委  が                                
     の  冷        っ  か  に  員  立                                
                                                              



  輝     な  に  っ   ┐ の      ┐ っ  か  目  え  時     な  し  し  ス     
  い  藤   ` |  て  あ  小  ほ  |  と  ら  遣  き  間  ど  ん  た  て  に  正  
  た  掛  と  |  し   ` さ  と  |  ど  覗  い  れ  が  う  で  こ  い  い  直  
   ° の  い  藤  ま  い  な  ん  だ  ぎ  く  に  な  た  し  い  と  た  た  俺  
  こ  顔  う  掛  っ  い  声  ど  め  ま  瞳  こ  い  だ  て  き  な  訳  こ  は  
  ん  が  気  と  た  よ  が  聞  ?  ぎ  は  ち  か  流  い  な  ん  で  と  と  
  な   ` が  一   °└   口  こ └   し  思  ら  の  れ  い  り  て  も  は  ま  
  ふ  ぱ  こ  緒  別  俺  か  え     た  い  を  よ  て  か  |  数  な  確  ど  
  う    の  に  に  は  ら  る      ° の  見  う  い  分  |  え  い  か  っ  
  に  っ  時  帰  断  な  漏  か        ほ  る  に  く  か   ° る   ° だ  て  
  明  と  ふ  る  る  ん  れ  ど        か   ° 俯   ° ら     ほ  用  け  い  
  る  み  っ  の  理  と  る  う        つ  大  い  藤  な     ど  事  ど  た  
  い  る  と  も  由  い   ° か        ぶ  き  た  掛  い     し  の  も   ° 
  顔  み  湧   ` は  う     ぎ        ら  な  ま  は  う     か  あ   ` 3  
  を  る  い  な  な  か     り        で  眼  ま  そ  ち     な  る  さ  年  
  し  嬉  て  ん  い   `    ぎ         ` 鏡  ち  の  に     い  時  し  間  
  た  し  き  か  し  勢     り        俺  の  ら  空  何     だ  以  て  同  
  藤  そ  た  い   ` い     ぐ        は  向  り  気  も     ろ  外  親  じ  
  掛  う  の  い  そ  で     ら        ち  こ  と  に  な     う  で  し  ク  
  な  に  だ  か  れ  言     い        ょ  う  上  堪  い      ° 話  く  ラ  
         °                                                    



     ら  て  て  く  し  っ  っ  ひ  パ  つ  彼  な  り  変        づ  っ  ん  
  た  い  普  い  ら  た  気  か  た    も  女  し  前  わ  と     く  と  て  
  だ  だ  段  る  え  こ  は  り  す  マ  い  の  も  と  っ  は     も  し  見  
   `  ° は  他  で  と  ま  と  ら  も  た  こ  人  言  た  い     の  て  た  
  そ     存  の  制  も  っ  後  ま  脱  け  と  並  え  も  え     が  :  事  
  ん     在  女  服  な  た  ろ  っ  色  ど  を  み  ば  の  藤     あ └┘ が  
  な     自  生  を  い  く  で  す  も   `  ┐ は  当  で  掛     っ     な  
  彼     体  徒  改  の  な  束  ぐ  し  そ  歩  ず  た  は  の     た  鈍  い  
  女     が  の  造  で  い  ね  背  た  う  く  れ  り  な  格      ° 感   ° 
  で     埋  中  し  は   ° ら  中  こ  言  校  て  前  い  好        な ┌┐ 
  も     没  に  た  な  お  れ  ま  と  わ  則  き  だ   ° は        俺  あ  
   `    し  混  り  か  そ  て  で  な  れ └   っ  が  制  い        で  れ  
  体     て  じ  ち  ろ  ら  い  伸  い  て  な  ち   ` 服  つ        も   ` 
  の     し  る  ゃ  う  く  る  び  だ  も  ん  り  そ  な  も         ` こ  
  中     ま  と  っ  か  口   °  ` ろ  し  て  と  の  ん  と        な  い  
  で     い   ` か   ° 紅  顔  も  う  か  か  し  制  だ  と        ん  つ  
  た     そ  地  り  校  ひ  に  ち  そ  た  ら  て  服  か  り        と  |  
  だ     う  味  化  則  と  も  ろ  の  が  か  い  の  ら  た        な  |  
  1     な  す  粧  く  つ  化  ん  髪  な  う  た  着  当  て        く  ひ  
  箇     く  ぎ  し  そ  さ  粧  し  は  い  や   ° こ  た  て        気  ょ  
                              `  °                            



 ┌┐ 回  そ  体  て     う  っ  サ  も  た  の  確  い  ぎ  感  き  な  が  所  
  す  っ  の  を  い  そ   ` て  イ  時   ° 間  か  ほ  わ  を  上  い  胸   ` 
  げ  て  わ  は  る  の  と  い  ズ  々  さ  に  そ  ど  す  主  げ  の  だ  人  
  |  い  ず  ず   ° 胸  も  て  は  ど  す  か  れ  の  グ  張  て  に  っ  並  
  |  る  か  ま  妙  が  っ   ` 間  れ  が  こ  ほ  大  ラ  し  こ   ` た  み  
 └┘  ° な  せ  に  今  ぱ  お  違  ぐ  に  ん  ど  き  ビ  て  ん  今   ° は  
        動  る  う   ` ら  そ  い  ら  こ  な  で  さ  ア  い  も  も  別  ず  
        き  よ  き  俺  の  ら  な  い  の  に  も  だ  ア  る  り  セ  に  れ  
        も  う  う  の  噂  く  く  あ  胸  大  な   ° イ   ° と    太  て  
        の  に  き  目  だ  ブ  1  る  に  き  か  俺  ド  胸  盛  ラ  っ  目  
        が  俺  と  の  っ  ラ  メ  の  関  く  っ  の  ル  だ  り    て  立  
        さ  の  し  前  た  ジ    か  し  膨  た  記  な  け  上  服  い  つ  
        ず  そ  て  で   ° ャ  ト  話  て  ら  と  憶  ん  で  が  の  る  所  
        に  ば  い  た       ル  題  は  ん  思  で  か  言  り  布  訳  が  
        増  を  る  ふ     は  を  に  は  で  う  は  問  え   ` 地  で  あ  
        幅  駆  よ  た     特  大  な  男  し  け  1  題  ば  強  を  は  っ  
        し  け  う  ふ     注  き  る  子  ま  ど  年  に  雑  烈  大  ぜ  た  
        て  回  で  と     品  く  け  の  っ   ` の  な  誌  に  き  ん   ° 
        跳  り  体  揺     だ  上  ど  間  て  い  頃  ら  を  存  く  ぜ  そ  
        ね   ` 全  れ     ろ  回  も  で  い  つ  は  な  に  在  突  ん  れ  
                              `                               



  ん  き      ┐ っ  け  ど  を  ら  点  盛  襟  そ  上        よ  な  て     
  な  た  何  委  て  が  こ  手  一  に  り  か  の  に  校     う  視  し  俺  
  こ  り  話  員  胸  ぐ  ま  で  見  ス  上  ら  胸  コ  門     だ  線  ま  は  
  と  な  し  長  の  ぐ  で  保  太  ト  が  胸  の    へ     っ  に  っ  思  
  さ  こ  て  っ  大  っ  も  と  っ  ン  り  に  大  ト  と     た  す  た  わ  
  え  と  い  て  き  と  奥  う  て  と   ` か  き  を  並      ° ら   ° ず  
  知  を  い   ` さ  浮  深  と  見  ま  ち  け  さ  着  ん        気  し  そ  
  ら  訊  か  家  が  か  く  お  え  っ  ょ  て  は  込  で        が  か  の  
  な  い  分  ど  強  び  手  腹  な  す  う  ぐ  隠  ん  歩        つ  し  胸  
  か  て  か  っ  調  上  が  の  い  ぐ  ど  う  し  で  く        か  藤  を  
  っ  み  ら  ち  さ  が  埋  あ  こ  下  バ  っ  よ  い   °       な  掛  食  
  た  た  ず  の  れ  っ  も  た  と  に  ス  と  う  る  藤        い  は  い  
  ん   °  ` 方  て  て  れ  り  も  落  ト  も  が  の  掛        ほ  そ  入  
  だ  考  と  だ  し  く  て  を  な  ち  の  の  な  だ  は        ど  ん  る  
  な  え  り  っ  ま  る  い  押  い  て  先  す  い  が  セ        浮  な  よ  
   ` て  あ  け  っ   ° っ  さ  の  い  あ  ご   °  `         か  あ  う  
  と  み  え  ?  て  そ  て  え  だ  る  た  い  コ  そ  ラ        れ  か  に  
  今  れ  ず └   い  れ   ` る  が   ° り  角          て  ら  見  
  さ  ば  あ     た  で  胸  と   ` だ  を  度  ト  で  服        い  さ  つ  
  ら  こ  り      ° 却  だ   ` 鞄  か  頂  で  の  も  の        る  ま  め  
                                                              



  た   ┐  ┐ 年   ┐  ┐ 途  で  り  く     知  や   ┐  ┐ お  寄  り     な  
  い  う  大  が  あ  野  切  は  こ   ` そ  っ  ら  う  な  そ  り  す  し  が  
  な    学  明  っ  球  れ  な  ん  自  ん  て  |  ん  ん  ら  駅  る  か  ら  
   ° ん  入  け  た  部  ず  か  だ  然  な  い  | └   だ  く  こ  ほ  し  驚  
  部   ` っ  た  り   ` に  っ   ° と  だ  た  む  藤   ` 1  そ  ど  答  く  
  活  も  た  ら  ま  も  会  た  そ  2  っ  み  こ  掛  そ  5  ひ  自  え   ° 
  で  う  ら  受  え  う  話  が  の  人  た  た  う  は  ん  分  と  分  を     
  や  こ  |  験  だ  や  が   ` 間  は  か  い  は  嬉  な  ぐ  つ  の  聞     
  る  れ  |  だ  ろ  め  続  ぽ   ` 同  ら  だ  こ  し  に  ら  手  家  い     
  の  か  ま  し  う  ち  い  つ  特  じ   ` っ  っ  そ  近  い  前  の  て     
  は  ら  た  さ   ° ゃ  た  り  に  方  そ  た  ち  う  か  し  だ  近  さ     
  も  は  や └   だ  っ   ° ぽ  話  向  の   ° が  に  っ  か  け  く  ら     
  う  草  る     っ  た     つ  が  の  ま     近  う  た  か  ど  だ  に     
  ち  野  の     て  ん     り  は  電  ま     所  な  の  か  も  っ  驚     
  ょ  球  ?     も  だ     と  ず  車  別     だ  ず  ?  ら   ` た  い     
  っ  で └      う  ね      ` む  に  れ     っ  い └   な  歩  か  た     
  と  も        3  :     そ  と  一  る     て  た     い  い  ら   °    
  ね  楽        年 └      れ  い  緒  で     こ   °    だ  た  だ  び     
  :  し        だ        で  う  に  も     と  ど     ろ  っ   ° っ     
 └   み        ぜ        も  訳  乗  な     を  う     う  て  最  く     
               °                                °             



  を  て  さ  自 ┌┐ た   ┐  ┐ の  球  目  レ  い  ま  れ  の     っ   ┐    
  見  ま  か  覚  え └   う  へ  実  は  立  ギ  の  た  に  野  こ  こ  野  藤  
  て  た  な  が  :     ん  ぇ  力  好  た  ュ  弱  夢  う  球  れ  よ  球  掛  
   `  ` ぁ  あ  !?     |   ` に  き  な  ラ  小   ` ち  を  に  か   ` は  
  そ  言 └┘ っ └┘    |  委  見  だ  い    校  3  の  観  は  っ  や  び  
  の  っ  と  た        秋  員  切  っ  上  に  だ  回  高  て  こ  た  め  っ  
  疑  た  半  か  自     山  長  り  た  に  は   ° 戦  校  た  っ  の  ち  く  
  惑  瞬  信  ら  分     く   ` を  け  特  な  し  ま  は  こ  ち  に  ゃ  り  
  が  間  半   ` が     ん  野  つ  ど  に  っ  か  で  甲  と  の  な  う  し  
  ま  耳  疑  さ  も     が  球  け   ` 活  た  も  残  子  自  方  ぁ  の  た  
  た  ま  だ  っ  て     出  な  て  正  躍  も  俺  っ  園  体  が └   ?  よ  
  む  で  っ  き  る     る  ん  い  直  し  の  は  た  を  知  驚        う  
  く  真  た  気  男     試  か  た  と  た  の   ` た  目  ら  い     |  な  
  む  っ  の  づ  で     合  観   ° っ  憶  7  ど  め  指  な  た     |  顔  
  く  赤  だ  い  は     は  る     く  え  番  う  し  す  か   °    秋  を  
  と  に  が  た  な     :  ん     の  も  セ  や  が  な  っ  藤     山  し  
  湧  し   ` 事  い     応  だ     昔  な  カ  ら  な  ん  た  掛     く  た  
  き  た  こ  も  と     援 └      に  い  ン  3  い  て  し  が     ん   ° 
  あ  藤  う ┌┐ い     し        自   ° ド  年  ぐ  夢   ` 部      `    
  が  掛  し  ま  う     て        分  野   ` で  ら  の  そ  活     か     
                                                              



  が     浮  頭  ず  じ     て  ト  し  ず  い  黒  変  髪  か  様    ┌┐ っ  
  い  そ  か  の  か  っ  恥  い  の  て  し  顔  く  な  も  わ  子  そ  藤  た  
  き  の  ん  中  し  と  ず  る  上  い  か  も  輝  こ  一  い  を  れ  掛   ° 
  な  時  で  が  さ  見  か   ° か  さ  っ   ` く  と  見  く  見  に  っ     
  り   ` こ  ぐ  を  つ  し     ら  さ  た  肌  よ  し  無  思  て  俺  て     
  急  身  な  る  打  め  げ     で  か   ° が  う  て  造  え   ` の   `    
  停  体  か  ぐ  ち  て  に     も  荒  そ  つ  に  な  作  て  な  方  ひ     
  車  中  っ  る  破  し  俯     は  く  れ  る  つ  い  に  き  ん  も  ょ     
  し  に  た  空  り  ま  い     っ  な  に  ん  や  せ  し  て  か   ` っ     
  た  強   ° 回  た  う  た     き  っ  な  と  や  い  ば  し  藤  な  と     
  の  烈     り  い  俺  ま     り  た  に  し  か  か  ら  ま  掛  ん  し     
  だ  な     す  ん   ° ま     と  呼  よ  て  だ  少  れ  っ  の  だ  て     
   ° G     る  だ  な  の     分  吸  り  こ  し  し  て  た  事  か  |     
     が     だ  が  ん  藤     か  に  そ  の   ` も  い  の  が  そ  |     
     か     け   ` と  掛     る  合  の  上  化  痛  る  だ  と  ん  俺     
     か     で  喋  か  を     ほ  わ  胸  な  粧  ん  よ   ° て  な  の     
     る     な  ろ  こ  つ     ど  せ  :  く  っ  で  う  そ  つ  け  こ     
      °    ん  う  の  い     隆  て   ° み  気  な  だ  の  も  な  と     
     電     に  に  気  つ     起   ` 上  ず  の  く  が  長  な  げ  :     
     車     も  も  恥  い     し  コ  気  み  な   `  ` い  く  な └┘    
                                                             



  は      ┐ 思  ら  ぷ  形  れ     り  ひ  の    ┌┐ い  と  も     方   ┐ 
  ま  社  停  議  か  り  の  な  そ  に  し  巨  服  こ  や  て  に  真  へ  あ  
  だ  内  止  な  い  と  な  い  れ  広  ゃ  大  の   ` わ  つ  重  正  と  っ  
  動  に  信  躍  の  し  い  ぐ  は  が  げ  な  上  こ  ら  も  な  面  倒 └   
  か  無  号  動  で  た  も  ら  今  っ  て  胸  か  れ  か  な  り  に  れ  小  
  な  機  で  感  は  な  の  い  ま  た   ` が  ら  は  い  く  合  向  こ  さ  
  い  的  す  が  な  ん  の  や  で  の  俺   ` で  |  感  大  う  き  ん  な  
  ま  な   ° あ  い  と  よ  わ  想  を  の  俺  も  |  触  き   ° 合  だ  叫  
  ま  ア  し  っ   ` も  う  ら  像   ° 胴  と  は └┘ が  な  そ  っ   ° び  
  だ  ナ  ば  た  コ  い  で  か  し     体  彼  っ     覆   ` の  て     声  
   ° ウ  ら   ° シ  え  い  い  た     を  女  き     っ  今  途  た     を  
  俺  ン  く     と  な  て  感  こ     す  の  り     た  ま  端  か     上  
  と  ス  お     い  い   ` 触  と     っ  体  と      ° で   ` ら     げ  
  藤  が  待     う  弾  そ  だ  の     ぽ  の  分        感  俺  2     て  
  掛  流  ち     か  力  れ  っ  な     り  間  か        じ  の  人      ` 
  も  れ  く      `  ° で  た  い     覆  に  っ        た  胸  の     藤  
  動  る  だ     そ  単  い   °  `    わ  挟  た        こ  の  体     掛  
  か   ° さ     ん  に  て  ま  信     ん  ま   °       と  辺  が     が  
  ず  電  い     な  や  ぷ  る  じ     ば  れ  藤        の  り  ま     俺  
  |  車 └      不  わ  り  で  ら     か  て  掛        な  を  と     の  
                                                              



    ┌┐ た  る  る    ┌┐ ぐ  と  密  た      ┐ と  い  で      ┐ じ  |  
  そ  え   ° う   ° 自  緊  ら  藤  着   ° 藤  う  し  な  呼  気  藤  っ  い  
  れ  ?     ち  ど  分  張  い  掛  す  体  掛  ん  た  が  ん  が  掛  と  や  
  と └┘    に  く  の  |  激  の  る  を  は  |   ° ら  で  つ   ` 立   ` 
  と        そ  ん  腕  |  し  心   ° 起  ど  |      ` い  く  大  っ  動  
  も        の  ど  に  し  く  臓  そ  こ  う └      彼  た  と  丈  て  け  
  に        鼓  く  寄  て  伝  の  れ  そ  と        女   °  ` 夫  い  ず  
  あ        動  ん  り  る  わ  音  と  う  も        の  そ  俺  か  た  に  
  る        が  ど  添  の  っ  が  と  と  と        体  し  は └    ° ぴ  
  変        ど  く  っ  か  て  こ  も  し  れ        を  て          っ  
  化        ん  ん  た  ?  き  ち  に  て  る        そ  心  委        た  
  に        ど  ど  藤 └┘ た  ら  |  よ  あ        っ  配  員        り  
  気        ん  く  掛      ° ま  |  り  い        と  す  長        と  
  が        早  ん  の        で  ど  一  ま        抱  る          寄  
  つ        く  |  手        伝  く  層  い        き  よ  で        り  
  い        な  |  に        わ  ん  2  な        か  う  は        添  
  て        っ   ° 力        っ   ` 人  返        か  な  な        っ  
  き        て  み  が        て  ど  の  事        え  風  く        た  
  た        い  る  こ        く  く  体  を        よ  を  苗        ま  
   °       っ  み  も        る  ん  が  し        う  装  字        ま  
                                                              



  り  消     っ   ┐ つ  ら     た  そ      ┐ 音  通  か      ┐ よ  め  2  
  て  え  電  き  じ  か  藤  間  よ  の  俺  あ  が  り  り  藤  あ  う  て  人  
  い  入  車  は  ゃ  め  掛  も  う  ま  を  |  聞  越  の  掛  っ  に  き  の  
  っ  り  が  ご   ` ず  は  な  だ  ま  突  |  こ  し  勢  は   ` 感  て  間  
  た  そ  藤  め  わ  に  一  く  っ  い  き  ご  え  て  い  い  だ  じ   ` に  
   ° う  掛  ん  た  気  言  電  た  つ  飛  め  て  紅  で  き  め  ら  む  は  
  俺  な  の  ね  し  ま  も  車   ° も  ば  ん  く  潮  体  な  っ  れ  く  さ  
  の  声  降  :  は  ず  し  は     の  し  な  る  し  を  り  !!  た  む  ま  
  体  で  り └   こ  い  ゃ  再     お  て  さ  ぐ   ` 離   `└   の  く  れ  
  に  そ  る     こ  空  べ  び     と  し  い  ら  息  し  俺     だ  と  た  
  は  れ  駅     で  気  ら  走     な  ま  :  い  も  た  の      ° 一  胸  
   ` だ  に     |  が  ず  り     し  っ └   荒  ほ   ° 体        層  が  
  さ  け  着     |  流   ` 出     い  た     く  と  顔  を        盛  |  
  っ  言  く      ° れ  俺  し     藤  事     な  ん  つ  突        り  |  
  き  っ  と     秋  た  も  た     掛  に     っ  ど  き  き        上  徐  
  の  て   `    山   ° き  が     に  気     て  ぜ  は  飛        が  々  
  不  さ  ほ     く     っ   `    戻  づ     い  い  赤  ば        っ  に  
  思  っ  と     ん     か  そ     っ  い     た  ぜ  い  さ        て  張  
  議  と  ん      `    け  れ     て  て      ° い  の  ん        く  り  
  な  降  ど     さ     が  か     き   `       と  を  ば        る  つ  
                                                              



  す  学  っ  こ     :  し  た  い  触  と  一  れ  口  り      ┐    い  感  
  る  校  た  か  そ   ° ょ   ° つ  が  返  所  が  調  絞  次  き     つ  触  
  と  以   ° う  う     う  俺  し  い  し  懸  ち  は  る  の  の     ま  だ  
  ど  外  別  ち  し     が  が  か  つ  た  命  だ  相  よ  日  う     で  け  
  こ  で  に  と  て     な  話  こ  ま   ° な  っ  変  う   ` は     も  が  
  か  会  つ  け  い     い  し  ち  で  そ  の  た  わ  に  休  ご     消  今  
  ら  う  き  た  く      ` か  ら  も  れ  で  け  ら  し  み  め     え  も  
  と  こ  あ  空  う     と  け  か  忘  に  こ  ど  ず  て  時  ん     て  身  
  も  と  っ  気  ち     い  る  ら  れ  あ  ち   ` た  俺  間  な     く  体  
  か  も  て  が  に     う  と  も  ら  の  ら  俺  ど  に  に  さ     れ  中  
  く  な  る  流   `    風   ` 話  れ  日  か  は  た  声  藤  い     そ  に  
  藤  か  と  れ  俺     に  藤  し  な   ` ら  そ  ど  を  掛 └      う  な  
  掛  っ  か  る  と     に  掛  か  い  体  も  の  し  か  は        に  ま  
  が  た  い  よ  藤     っ  は  け  こ  を  な  様  く  け  必        な  な  
  現  が  う  う  掛     こ  も  る  と  合  る  子   ` て  死        か  ま  
  れ   ` 訳  に  の     り  う  よ  も  せ  べ  が  会  き  に        っ  し  
  て  帰  で  な  間     と  嬉  う  あ  た  く  あ  話  た  勇        た  く  
   ` ろ  は  っ  に     笑  し  に  っ  時  ち  ま  は   ° 気         ° 残  
  な  う  な  て  は     っ  く  な  て  の  ゃ  り  と  そ  を           っ  
  ん  と  く  い  ど     た  て  っ   ` 感  ん  に  ぎ  の  振           て  
         `                                                    



     が  つ  2  の  す  ね  た  藤  と  い     し  い  待     つ  で  い  と  
  と  来  い  人  を  か └   ら  掛   ` 会  そ  て  つ  ち  俺  よ  い  や  な  
  は  る  に  で  必  に  さ  な  と  進  話  し  見  い  に  の  う  る  で  く  
  い  の  や  同  死  震  り  か  一  路  を  て  当  目  す  方  に  時  も  一  
  え  か  け  じ  で  え  げ  っ  緒  の  楽  一  た  で  る  も  嬉   ` 気  緒  
  浮  も  て  キ  抑  て  な  た  な  こ  し  緒  ら  彼  よ   ` し  他  が  に  
  か  し  し  ャ  え  い  い   ° こ  と  む  に  な  女  う  だ  が  の  つ  帰  
  れ  れ  ま  ン  て  た  言   ┐ と  |  よ  帰  い  の  に  ん  っ  時  い  る  
  て  な  っ  パ  い   ° 葉  大  が  |  う  る  日  姿  な  だ  て  と  て  日  
  ば  い  た  ス  る  ま  だ  学  分   ° に  日  は  を  っ  ん  い  は  い  も  
  か  |   ° に  か  る  っ   ` か  俺  な  は  訳  探  て  に  る  明  た  多  
  り  |  俺  通  の  で  た  一  っ  の  っ  |  も  し  い  藤  事  ら   ° く  
  も   ° に  う  よ  喜  け  緒  た  第  て  |  な  て  っ  掛  を  か  藤  な  
  い     も  姿  う  び  ど  に  時  一  い  な  く  し  た  と  :  に  掛  っ  
  ら      ` を  な  で   ` 行  の  志  た  ん  が  ま   ° い   ° 違  が  て  
  れ     と  想  :  爆  そ  け  彼  望   ° て  っ  う  帰  る     っ   ` い  
  な     う  像   ° 発  の  た  女  の  家  こ  か  の  る  時     て  俺  た  
  い     と  し  俺  し  声  ら  の  大  族  と  り  だ  時  間     浮  と   ° 
   °    う  て  も  た  は  い  顔  学  の  は  く   °  ` を     き  2  俺  
  俺     春   `  ` い  か  い  っ  が  こ  な  る  そ  つ  心     立  人  は  
                              `        °                      



  件  い     が  ま  |  ら  と  日  事  に  陽        ま  し  今  だ  来  達  
  以  こ  そ  し  っ  言  し  も  も  も  な  は  そ     で  ま  本   ° る  は  
  来  と  れ  て  た  い  ば  何  な  な  っ  本  う     も  い  能  藤  か  な  
  ひ  が  に  :  ら  た  ら  も  ん  く  て  当  す     踏  そ  の  掛  ど  ん  
  と  あ   ` 却  と  い  く  し  と  終  し  に  る     み  う  ま  へ  う  と  
  月  っ  も  っ  め  事  会  ゃ  な  わ  ま  短  う     出  で  ま  の  か  い  
  た  た  う  て  ど  は  え  べ  く  り  う  く  ち     せ   ` 突  気  は  っ  
  ら   ° ひ  口  な  た  な  ら  2   `  ° な  に     ず  結  進  持  こ  て  
  ず  藤  と  を  く  く  く  な  人  終  結  り  い     に  局  し  ち  れ  も  
  の  掛  つ  開  ど  さ  な  い  一  業  局   ` よ     い   ┐ た  を  か  受  
  間  の  気  け  こ  ん  る   ° 緒  式  今  家  い     た  そ  ら  ひ  ら  験  
  に  胸  に  な  ま  あ  の  明  に  の  年  に  よ      ° の  一  し  の  生  
  |  の  な  い  で  る  だ  日  帰  日  の  帰  年        次  気  ひ  頑   ` 
  |  こ  っ  で  も  の   ° か  途  を  ク  る  も        の  に  し  張  本  
  藤  と  て  い  止  に  な  ら  に  迎  リ  頃  暮        一  箍  と  り  当  
  掛  だ  し  た  ま   ` ん  冬  つ  え  ス  に  れ        歩  が  感  で  に  
  の   ° ょ  の  ら  言  と  休  く  た  マ  は  て       └   は  じ  決    
  胸  あ  う  だ  な  っ  な  み   °  ° ス  真  き        が  ず  つ  ま  春  
  は  の  が   ° い  て  く  だ  2  こ  も  っ  た        い  れ  つ  る    
   ` 一  な     気  し  |  か  人  の  何  暗   °       つ  て  も  の  が  
                                                      `       



  目  俺      ┐ た  見     動  ら  も  う  ど  倍  た  っ  ぶ  に  て  変  明  
  つ  は  藤  あ   ° な  そ  い  ゆ  の   ° う  増  だ  て  っ  裾  も  な  ら  
  き  気  掛  の     い  の  て  ら  が  今  し  し  で  い  ち  野  1  言  か  
  が  を  の  :     よ  日  し  と  胸  や  た  て  さ  る  ゃ  は  ∫  い  に  
  鋭  緩  方 └      う  も  ま  揺  に  そ  っ  い  え  よ  け  も  2  方  前  
  く  め  が        に   ` う  れ  ふ  の  て  て  大  う  た  っ  割  だ  よ  
  な  な   `       し  悪   ° て  た  頭  胸   ` き  な  話  と  高  け  り  
  っ  い  や        て  い     |  つ  よ  も  藤  か  気   ` 格  く  ど  も  
  て  よ  っ        |  け     |  も  り  一  掛  っ  が  体  段  な   ` ず  
  た  う  と        |  ど     俺  飛  も  緒  の  た  し  積  に  っ  胸  っ  
  の  に  の        だ  で     の  び  明  に  顔  胸  て  で  広  た  の  と  
  だ  そ  こ        か  き     心  出  ら  飛  を  の  し  言  が  み  標  大  
  ろ  っ  と        ら  る     の  し  か  び  見  存  ょ  う  っ  た  高  き  
  う  ち  で        一  だ     箍  て  に  込  よ  在  う  と  た  い  が  く  
  か  を  口        層  け     も  い  大  ん  う  感  が  倍  と  で  あ  な  
   ` 見  を        気  藤     一  て  き  で  と  は  な  ぐ  い   ` の  っ  
  相  た  開        ま  掛     緒  絶  く  き  思  明  い  ら  う  そ  時  て  
  手  の  い        ず  の     に  え  な  て  っ  ら  の  い  か  れ  と  見  
  が  だ  た        か  方     揺  ず  っ  し  て  か  だ  に  |  と  比  え  
  ち  が   °       っ  は     れ  ゆ  た  ま  も  に   ° な  |  共  べ  た  
      `                                                     ° 



  じ   ┐  ┐ う  い   ┐  ┐ 始   ┐  ┐ ぐ   ┐ で   ┐└   な  こ  か   ┐ ょ  
  ゃ  そ  あ  に  と  う  あ  ま  年  あ  ら  今   ` あ     ら  の  ら  あ  っ  
  な  う  あ  さ  思  ん  あ  っ  が  あ  い  年  ま  の     な  ま └    ` と  
  い  な  あ   ` う  :   ` ち  明   ` 普  も  た  |     い  ま  し  ご  体  
  け  ん  そ  小  け   ° ほ  ゃ  け  そ  通  も  勇  |      ° で  か  め  を  
  ど  だ  こ  さ  ど  今  ん  う  た  う  の  う  気 └      必  は  し  ん  す  
  さ   °  ` な  |  年  と  ね  ら  だ  話  す  を  藤     死  ま  藤   ° く  
  :  あ  俺  天  |  は  も └    ` ね  だ  ぐ  振  掛     で  た  掛  ち  め  
 └   の  ん  神   ° も  う     も └   っ  終  り  は     誘  気  は  ょ  る  
  ま  :  ち  様  あ  う   `    う     た  わ  絞  ご     い  ま  口  っ  よ  
  る  今  の  が  の   ` 時     あ      ° り  る  く     水  ず  を  と  う  
  で  さ  す  あ   ` お  間     っ        だ  よ  り     を  い  つ  考  な  
  緊  ら  ぐ  る  秋  正  が     と        ね  う  と     出  思  ぐ  え  そ  
  張  神  そ  じ  山  月  ぜ     い       └   に  つ     し  い  ん  事  ぶ  
  し  頼  ば  ゃ  く  ど  ん     う        が  話  ば     た  を  で  し  り  
  て  み  だ  な  ん  こ  ぜ     ま        っ  し  を      ° し  し  て  を  
  息  だ  よ  い  の  ろ  ん     に        く  か  の      ┐ な  ま  た  み  
  が  っ └  └   町  じ  な     入        り  け  み     で  け  っ  も  せ  
  続  て        の  ゃ  い     試        く  た  こ      ` れ  た  の  た  
  か  訳        ほ  な  よ     が        る   ° ん     何  ば   ° だ   ° 
                   └                           ?              



  て        長      ┐ 言  体  て     こ  時  に  言     一   ┐ 引  話  な  
  く  ど     く  藤  い  う  も  い  藤  と  に  な  い  今  緒  あ  き  で  い  
  る  こ     息  掛  い  し   ` る  掛  に  な  っ  終  度  に  の  つ  も  か  
   ° か     を  は  よ  か  胸   ° は  気  っ  て  わ  は  天   ` っ  な  の  
  俺  遠     吐   `└   な  も  お  そ  が  て  い  っ  た  神  よ  て  い  よ  
  は  く     い  ほ     か  ぷ  そ  の  つ   ` っ  た  た  様  か  見  の  う  
  じ  か     た  ん     っ  る  ら  ま  い  初  た  途  み  に  っ  え  に  に  
  っ  ら      ° と     た  ぷ  く  ま  た  詣   ° 端  か  お  た  る   ` 一  
  と  か        に      ° る  息  の   ° に  ま   ` け  ま  ら  ほ  そ  旦  
  数  す         `       と  も  姿     一  ぬ  み  る  い  |  ど  の  そ  
  え  か        ほ        震  止  勢     緒  け  る  よ  り  |  思  顔  こ  
  て  に        っ        え  め  で     に  な  み  う  し  元  い  は  で  
  最  除        |        て  て  じ     行  こ  る  に  な  旦  つ  端  切  
  後  夜        |        い  い  っ     こ  と  と  一  い  の  め  か  っ  
  の  の        と        る  る  と     う  に  耳  気  ?  日  て  ら  た  
  1  鐘        し         ° だ  俺     と  俺  ま  に └    ` い  見   ° 
  0  が        た        俺  ろ  を     誘  は  で  言     わ  た  て  た  
  8  聞        よ        は  う  見     わ   ` 真  っ     た   ° も  い  
  つ  こ        う        こ   ° 詰     れ  そ  っ  た     し     顔  し  
  め  え        に        う  身  め     た  の  赤   °    と     が  た  
                                                              



  板  ら  い     い  掛  か  大  し  な  て  た  俺  び     た  と  時  わ  が  
  に  気  藤  す  た  の  っ  き  ょ  ん  俺  の  を  上  な   °  ` 間  せ  鳴  
  つ  が  掛  ぐ   ° 胸  た  い  う  だ  も  が  見  が  ん     意  が  た  り  
  い  つ  を  そ     は   ° よ  が  か  足  遠  つ  っ  だ     外  か  天  終  
  た  い  見  ば     そ  た  う  な  遠  を  目  け  て  か     に  か  神  わ  
  よ  た  る  ま     の  っ  な  か  近  速  か  た  く  人     も  る  様  る  
  う  け  の  で     間  た  :  っ  感  め  ら  途  る  ご     彼  だ  ま  と  
  に  ど  は  来     に  一   ° た  が  る  で  端  よ  み     女  ろ  で   ` 
   ` も  初  て     さ  週  し   ° 狂   ° も   ` う  の     の  う  は  一  
  そ   ` め   `    ら  間  か  な  っ  近  よ  顔  に  中     方  と  歩  目  
  の  い  て  そ     に  ぶ  し  ん  て  づ  く  が  見   `    が  ゆ  い  散  
  服  つ  だ  う     ず  り  |  か  い  い  分  ぱ  え  藤     先  っ  て  に  
  装  も  な  い     っ  だ  |  藤  る  て  か  あ  た  掛     に  く  5  家  
  は  の   ` え     と  と  見  掛  よ  い  っ  っ   ° の     着  り  分  を  
  無  地  と  ば     大  い  間  の  う  く  た  と  藤  顔     い  と   ` 出  
  地  味  今  制     き  う  違  胸  な  に   ° 明  掛  だ     て  歩  藤  た  
  の  っ  さ  服     く  の  い   ` 気  つ  そ  る  の  け     待  い  掛   ° 
  セ  ぷ  ら  じ     な  に  で  や  が  れ  れ  く  方  が     っ  て  の  待  
    り  な  ゃ     っ   ` は  た  し  |  を  な  も  浮     て  い  方  ち  
  タ  が  が  な     て  藤  な  ら  て  |  見  っ   ` か     い  く  が  合  
                                                             



  う  が  る      ┐ ん   ┐ い   ┐ か  う  こ  れ  た  れ  イ  上  セ  な  に  
  し   ` 息  よ  う  じ  お  ら  あ  っ  た  こ  も   ° そ  ズ  が    い  大  
  て  セ  に  く  う  ゃ  め  れ  け  た  め  ま  間  そ  う  に  り  タ  も  き  
  も    合  見  ん  な  で  な  ま  の  に  で  違  の  に  も   `   の  目  
  胸  タ  わ  る   ° い  と  い  し  だ  は  大  い  ど  な  関  ジ  を  だ  の  
  の    せ  と  で  の   ° 風  て   `  ` き  な  ち  か  わ  ャ  突  っ  ジ  
  ほ  の  て  ま  も  か  で  で  お  と  そ  く  く  ら  っ  ら  ン  き  た  ャ  
  う  外  胸  だ   ` ?  も  一  め   ° う  な  男  も  た  ず  パ  破   ° ン  
  に  側  が  少  一 └   早  気  で     で  っ  物  明   ° 前    ら  し  パ  
  目  か  ぽ  し  生     い  に  と     も  た  だ  ら  そ  の  は  ん  か    
  を  ら  よ  息  懸     な  ま  う     し  胸  ろ  か  の  ジ  明  ば  し  を  
  と  で  ん  が  命     ぁ  く └      な  を  う  に  時  ッ  ら  か  そ  着  
  ら  も  ぽ  荒  走      ` し  藤     け  か   ° サ  に  パ  か  り  の  込  
  れ  見  よ  い  っ     フ  た  掛     れ  ろ  し  イ  な    に  に  胸  む  
  て  て  ん   ° て     ラ  て  は     ば  う  か  ズ  っ  は  大  は  は  と  
  し  取  と  短  き     イ  た  じ     追  じ  し  違  て  到  き  げ  だ  い  
  ま  れ  揺  め  た     ン   ° っ     い  て   ` い  気  底  す  し  ぶ  う  
  う  た  れ  に └      グ     と     つ  で  彼  で  が  締  ぎ  く  だ  き  
   °  ° る  切        し     し     か  も  女   ` つ  め  る  盛  ぶ  ど  
  俺  ど  の  れ        た     て     な  覆  の  そ  い  ら  サ  り  の  ら  
                                                              



  し     り  い  う  に  受   ┐  ┐ た   ┐ |  な  と  振        っ  藤  は  
  か  初  し   ° で  何  験  何  え  ん  ず  |  ん  長  っ  2     た  掛  足  
  し  詣  た  な  目  が  生  っ  !?  だ  い  つ  か  い  て  人      ° の  早  
  俺  自   ° ん  が  あ  が  て └   ?  ぶ  い  す  こ   ` 並        姿  に  
  も  体     と  泳  る  こ  |  な └   ん  つ  ご  と  手  ん        を  駆  
  藤  は     な  い  っ  の  |  ぜ     長  い  い  目  を  で        想  け  
  掛  あ     く  で  て  時  合  か     か  後  ぐ  を  合  型        像  て  
  も  っ     分  い  言  期  格  藤     っ  で  ら  つ  わ  通        し  い  
  な  さ     か  て  う  天  祈  掛     た  訊  い  ぶ  せ  り        て  っ  
  ん  り     っ  こ  の  神  願  は     な  い  必  っ  て  に        思  て  
  と  と     た  ち  よ  様  に  ず      ° て  死  た  |  お        わ  胸  
  な  終     気  ら └   に  決  い     い  し  な  ま  |  賽        ず  が  
  く  わ     が  を  し  お  ま  ぶ     っ  ま  気  ま   ° 銭        顔  盛  
  別  っ     し  ま  か  ま  っ  ん     た  っ  が  動  藤  を        が  大  
  れ  て     て  と  し  い  て  あ     い  た  あ  か  掛  投        ゆ  に  
  る  し     俺  も  眼  り  る  わ     何   ° ふ  な  は  げ        る  揺  
  で  ま     は  に  鏡  し  で  て     お     れ  か  ず  て        ん  れ  
  も  っ     に  見  の  て  し  て     願     て  っ  い   `       で  て  
  な  た     ん  れ  向   ` ょ  い     い     い  た  ぶ  鈴        し  い  
  く   °    ま  な  こ  他   ° た     し     て   ° ん  を        ま  る  
   `                       °                                  



  ま  で  は     て  ら  さ  出     狭  ち  に      ┐ く  て  の  筋     そ  
  う  も  相  今  き  押  ら  し  藤  い  ぼ  駆  確  な  な  い  先  が  吐  の  
   ° そ  変  や  た  さ  に  た  掛  境  ち  け  か  ん  っ  る  ま  長  く  ま  
     の  わ  2   ° れ  体  胸  は  内  あ  つ  に  か  て   ° で  く  息  ま  
     突  ら  人     て  を  を  ほ  の  ち  け  そ  |  い  ほ  届  伸  が  辺  
     き  ず  の      ` 俺  ガ  と  中  こ  た  う  |  た  ん  か  び  白  り  
     出  俺  間     俺  の    ん  に  ち  か  だ  混   ° と  ず  て  い  を  
     し  の  は     と  方  ド  ど  人  か  ら  っ  ん      ` に  い   ° ぶ  
     た  方  ほ     藤  に  す  無  が  ら  か  た  で     思  す  く  呼  ら  
     胸  に  と     掛  向  る  意  密  集  そ   ° き     っ  べ  の  吸  ぶ  
     が  向  ん     の  け  よ  識  集  ま  う  俺  た     た  て  だ  す  ら  
     俺  い  ど     距  た  う  の  し  り  で  達  ね     以  消  が  る  し  
     の  て  隙     離   ° に  う  始  始  も  は └      上  え   ` た  て  
     体  い  間     は  し  腕  ち  め  め  な  年        に  て  見  び  い  
     に  る  が     次  か  を  に  て  た  か  が        そ  い  る  に  た  
     当  か  な     第  も  前  大  い  の  っ  明        の  っ  と  口   ° 
     た  ら  い     に  ま  に  き  た  だ  た  け        胸  て  藤  か     
     っ   `  °    縮  わ  か  く   ° ろ  が  て        は  し  掛  ら     
     て  い  藤     ま  り  ざ  突     う   ` 早        大  ま  の  白     
     し  や  掛     っ  か  し  き      ` ぼ  々        き  っ  胸  い     
                        `                                     



  よ  れ      ┐ 送  は  に      ┐    っ  な  直      ┐ ま  の  密  て   ┐ 
  う  に  そ  な  っ  だ  抜  や  ふ     て  い  し  藤  も  た  バ  着  い  あ  
  と  な  の  ん  た  け  け  っ  う     出   ° ば  掛  :  胸  ス  状  た   ` 
  す  ん  顔  か   ° た  る  と  っ     口  そ  ら  が  も  の  ト  態  が  ご  
  る  だ  は   `    ジ  と  の  |     へ  う  く  顔  う  鼓  の  に   ` め  
  か  か  ま  暑     ャ   ` 事  |     と  だ  こ  を  出  動  感  な  い  ん  
  の  無  だ  く     ン  藤  で └      向  な  の  真  ま  ま  触  っ  つ  な  
  よ  理  ほ  な     バ  掛  外        か   ` ま  っ  し  で  が  て  し  さ  
  う  矢  て  っ       は  に        っ  と  ま  赤  ょ  聞  い  い  か  い  
  に  理  っ  ち     を  暑  出        た  だ  で  に  う  こ  や  た  ぎ └   
  何  で  た  ゃ     手  苦  て         ° け  い  し └   え  が   ° ゅ  最  
  度  も  よ  っ     で  し   `          答  た  な     て  応  俺  う  初  
  も  自  う  た     ば  そ  人           え  か  が     き  に  の  ぎ  は  
  何  分  に   °    た  う  気           る  っ  ら     そ  も  胸  ゅ  藤  
  度  を  赤  気     つ  に  の           と  た  言     う  伝  と  う  掛  
  も  落  か  持     か  ひ  な           人  け  う     だ  わ  腹  に  も  
  深  ち  っ  ち     せ  と  い           ご  ど   °     ° っ  に  押  そ  
  呼  着  た  い     て  息  空           み   ` 俺        て   ` さ  う  
  吸  か   ° い     風  つ  き           を  仕  は        く  藤  れ  謝  
  を  せ  そ  :     を  き  地           縫  方  正        る  掛  て  っ  
          └          `                             °          



     ん   ┐ 向  し      ┐  ┐ い  に  も  は      ┐ た  う  く  感     繰  
  ま  ば  秋  け  か  言  う  ど  か  手  し  っ  小  あ   ° に  れ  触  し  り  
  る  ろ  山  た  し  っ  う  う  も  を  か  き  声  :  藤  体  そ  が  か  返  
  で  う  く   ° そ  て  ん  し  し  あ  め  り  だ  だ  掛  を  う  体  し  し  
  俺  ね  ん     れ  る   ` た  れ  て  気  俺  が  め  の  近  に  に  俺  て  
  の   °  `    を  そ  な  ?  な  て  味  の   `└   口  づ  な  く  は  い  
  前  今  今     は  ば  ん     い  い  だ  耳  し     が  け  い  っ   ` る  
  か  日  日     ね  か  で  苦   ° る  し  に  ん     か  て   ° き  ま   ° 
  ら  は  は     の  ら  も  し      °  ` 入  と     す  い  ほ  り  だ     
  さ  |  ど     け   ` な  い     先  な  っ  し     か  き  と  と  先     
  っ  |  う     る  顔  い  の     ほ  ん  て  た     に   ` ん  残  ほ     
  さ  も  も     よ  を  |  か     ど  だ  き  夜     動  手  ど  っ  ど     
  と  う  あ     う  さ  |  ?     の  か  た  の     く  を  引  て  感     
  立  帰  り     に  ら  つ └      深  息   ° 空      ° そ  き   ` じ     
  ち  ん  が     顔  に  :        呼  苦  よ  気        の  寄  簡  た     
  去  な  と     を  ゆ └         吸  し  く  に        胸  せ  単  藤     
  り  き   °    俺  が           も  そ  見  そ        に  ら  に  掛     
  た  ゃ  受     の  ま           そ  う  る  の        伸  れ  消  の     
  い └   験     方  せ           の  に  と  声        ば  る  え  胸     
  か     が     に  た           せ  胸  顔  は        し  よ  て  の     
                  °                                           



   ┐ た     そ  し      ┐ 谷  俺  な  俺        藤  ま  ス   ┐ 思  元  の  
  あ  よ  俺  う  俺  藤  え  間  は  ん  の  そ  ど  掛  っ  を  き  わ  を  よ  
  あ  う  の  と  は  掛   ` に  顔  て  顔  ん  よ  の  た  崩  ゃ  ず  立  う  
  っ  に  変  無  そ  の  な  さ  全  ぷ  は  な  ん  胸   ° し  っ  彼  ち  に  
   ` 鋭  化  我  の  と  に  ら  体  に   ` 音   ° の  一   ` !  女  去  |  
  や  く  に  夢  感  ま  :  に  に  ぷ  藤  が     谷  緒  背 └   の  ろ  |  
   ` な  気  中  触  ど  ?  突  埋  に  掛  し     間  に  中  い  腕  う  少  
  や  っ  が  に  を  う └   進  ま  と  の  た     が  つ  か  き  を  と  し  
  め  た  つ  な  む  よ     し  っ  し  胸  よ     ぐ  ん  ら  な  掴  す  足  
  て   ° い  っ  さ  う     よ  た  て  の  う     ん  の  俺  り  ん  る  元  
  ぇ     た  て  ぼ  な     う  感  や  谷  な     ぐ  め  の  掴  だ   ° を  
  っ     藤  い  る  声     と  触  わ  間  気     ん  っ  方  ま   ° し  よ  
  !!     掛  た  よ  が     顔  に  ら  に  が     迫  た  へ  れ     か  ろ  
 └      の   ° う  聞     を  我  か    す     っ  俺  と  て     し  か  
        声     に  こ     う  を  い  墜  る     て  の  倒  藤     心  せ  
        が     味  え     ず  忘  ん  落   °    く  顔  れ  掛     配  な  
         `    わ  る     め  れ  だ    そ     る  の  こ  は     に  が  
        あ     い   °    込   ` ろ  し  の      ° 前  ん  バ     な  ら  
        わ     尽  し     ん  そ  う  た  ま        に  で  ラ     っ  俺  
        て     く  か     だ  の   °  ° ま         ` し  ン     て  の  
                        °                                `    



  な  女  を   ┐ 吹  っ  |  そ  と  た  文  楚  て  の  タ     て  ち  今     
  ブ  の  上  う  っ  て  |  の  続   ° 字  な  し  時    俺  く  と  ま  し  
  ラ  胸  げ  ぉ  飛  い  今  ブ  く  俺  通  イ  ま  下  の  は  る  音  で  か  
  ジ  を  な  ぉ  ん  る  に  ラ  ブ  は  り  メ  っ  に  裾  一  よ  を  懸  し  
  ャ  わ  が  ぉ  だ  の  も  で  ラ  一  山    た  来  を  旦  う  立  命  も  
    し  ら  ぉ   ° を  ブ  も  ジ  瞬  の  ジ  ら  て  つ  顔  な  て  に  う  
  の  づ   `└      見  ラ  小  ャ  そ  よ  に  し  い  か  を  気  て  締  止  
  上  か  ブ  俺     て  か  さ    の  う  ぴ  い  た  ん  上  が  は  め  ま  
  か  み  ラ  は      ` ら  い  の  ま  に  っ   ` T  で  げ  し  じ  て  ら  
  ら  に  の  訳     箍  あ  の  面  る  大  た  そ  シ  一  る  た  け  き  な  
  で  し  上  の     の  ふ  か  積  で  き  り  の  ャ  気  と   ° 飛  た  い  
  も  た  か  分     最  れ   ` の  白  な  な  下  ツ  に   `    ん  理   ° 
   `  ° ら  か     後  出  彼  大  い  ブ  純  か  ま  ま  今     で  性  な  
  彼  か  構  ら     の  さ  女  き  高  ラ  白  ら  で  く  度     い  の  ん  
  女  な  う  な     一  ん  の  さ  原  ジ  の  は  一  り  は     く  箍  だ  
  の  り  こ  い     本  ば  お  に  の  ャ  |   ` 緒  上  藤     音  が  か  
  お  ご  と  雄     ま  か  っ  驚  よ    |  彼  に  げ  掛     が   ` 頭  
  っ  つ  な  た     で  り  ぱ  い  う  が  し  女  め  た  の     聞  ぶ  の  
  ぱ  そ  く  け     も  に  い  た  に  現  か  の  く   ° セ     こ  ち  中  
  い  う  彼  び     が  な  が  が  広  れ  し  清  っ  そ       え  ぶ  で  
                           ` 々                              ` 



  身  詰  か  こ    ┌┐ ち  状     腕  い  ん  手  彼  し  っ  物  わ  ぴ  の  
  が  ま  っ  と  俺  え  ょ  況  藤  を   ° 肉  を  女  ゃ  ぱ  が  っ  ち  と  
  ぎ  っ  た  に  は  :  っ  を  掛  胸  そ  が  い  の  ら  い  懸  て  ぴ  て  
  ゅ  て  お  気  次 └┘ と  把  は  に  れ  逃  っ  胸  に  が  命  く  ち  つ  
  う  く  っ  が  第     読  握  最  押  が  げ  ぱ  は  そ  は  に  る  と  も  
  ぎ  る  ぱ  つ  に     め  す  初  し  く  て  い  あ  の  じ  蠢   ° し  な  
  ゅ  よ  い  い  手     な  る  驚  つ  や  い  に  ま  胸  け  い  ま  た  い  
  う  う  が  た  に     い  に  い  け  し  っ  ひ  り  を  ま  て  る  生  や  
  に  な   `  ° 伝     よ  つ  て  た  く  て  ろ  に  も  く  る  で  き  わ  
  な  気  だ  最  わ     う  れ  と   ° て   ` げ  大  み  っ  よ  胸  の  ら  
  る  が  ん  初  る     な  痛  ま      ` ほ  て  き  し  た  う  の  良  か  
  ほ  し  だ  は  感     顔  い  ど     ま  ん  も  く  だ   ° に  上  さ  さ  
  ど  て  ん  ひ  触     を  ん  っ     す  の  指  て  い  俺   ` で  が   ` 
  ぱ   ` と  た  が     し  だ  て     ま  一  の   ` て  は  俺  2  ダ  跳  
  ん  し  中  す  変     た  か  い     す  部  間  俺  い  ま  の  つ  イ  ね  
  ぱ  ま  身  ら  わ      ° な  た     力  し  か  が  く  す  手  の  レ  回  
  ん  い  が  や  っ        ん  よ     ま  か  ら  ど   ° ま  の  別  ク  る  
  に  に  何  わ  て        だ  う     か  握  ど  ん  し  す  中  の  ト  よ  
  張  は  か  ら  く        か  だ     せ  れ  ん  な  か  が  で  生  に  う  
  り  中  で  か  る         ` が     に  な  ど  に  し  む  お  き  伝  に  
                           `                                  



  ず  け  中  た      ┐ き  き  む  ら     大   ┐ 物  下  の  電  た     つ  
   ` た  の  ブ  藤  あ  り  破  く  え  え  き  あ  に  で  不  車  よ  似  め  
  背   ° 方  ラ  掛  あ  と  ろ  と  か  ?  く  あ  な  起  思  が  う  た  て  
  中  あ  で  ジ  が  っ  伝  う  ふ  ね     な  っ  ら  こ  議  揺  な  よ  き  
  の  ま  ば  ャ  叫  !  わ  と  く  て  と  っ   ` な  り  な  れ  |  う  た  
  ホ  り  し    ん     っ  さ  ら  い  俺  ち  だ  い  つ  感  て  |  な  の  
  ッ  に  っ  が  だ  も  て  ら  ん  る  は  ゃ  め  ほ  つ  触  藤   ° 感  だ  
  ク  激   ` み  途  う  き  に  で  と  と  う  っ  ど  あ  だ  掛  そ  触   ° 
  が  し  ば  ち  端  だ  た  せ  い   ` っ  :  !!  急  る   ° が  う   `    
  す  い  し  み   ` め   ° り  っ  手  さ └      激  変  し  寄   ` 前     
  べ  膨  っ  ち  遂  っ     上  て  の  に     ま  だ  化  か  り  最  に     
  て  乳  と  と  に  !!     が   ` 下  そ      ` っ  は  し  添  初  も     
  吹  に  次  う  耐 └      っ  文  で  の     ま  た   ` 今  っ  に  感     
  っ  ブ  々  な  え        て  字   ` 言     た   ° あ   ` た  一  じ     
  飛  ラ  と  り  切        く  通  胸  葉     :     の  俺  時  緒  た     
  ん  が  何  を  れ        る  り  が  の     お     時  の  感  に  こ     
  で  耐  か  あ  な        の  ブ  む  意     っ     と  手  じ  帰  と     
  し  え  が  げ  く        が  ラ  く  味     ぱ     は  の  た  っ  が     
  ま  切  は   ` な        は  を  む  を     い     比  す   ` た  あ     
  っ  れ  じ  背  っ        っ  突  く  と     が     べ  ぐ  あ  日  っ     
                                                      `       



  た  く  ど  ま  が      ┐ が  っ  に  に  の  ッ  ら  っ     だ  返     た  
  い  な  の  が  ら  俺  そ  た  て  伸  倍  胸  プ  な  く  |  |  っ  そ  の  
  :  っ  間  り  も  は  の  い  い  ば  以  た  を  く  り  |  |  た  の  だ  
   ° て  だ  な   ` 申  胸   ` た  し  上  る  押  な  上  気   °  ° 時   ° 
     い  け  り  訊  し  は  驚   ° て  の  や  さ  っ  体  が     自  に     
     た  で  に  か  訳  |  く  自  も  大   ` え  た  を  つ     分  な     
      ° も  も  ず  な  |  ほ  分  や  き  つ  て  ブ  起  く     は  っ     
     そ   `   に  い  い  ど  の  っ  さ  い  ど  ラ  こ  と     い  て     
     し  彼  つ  は  気  っ  の  目  と  に  先  う  ジ  し   `    っ   `    
     て  女  き  い  持  た  急  で  抱  な  ほ  に  ャ  た  藤     た  俺     
     今  の  あ  ら  ち  い  成  見  え  っ  ど  か     ° 掛     い  は     
     も  胸  い  れ  で  :  長  て  き  て  と  胸  の  手  は     何  よ     
     |  は    な  い └   ぶ  も  れ  お  比  を  残  に  涙     を  う     
     |  目  だ  か  っ     り  に  る  り  べ  隠  骸  は  を     し  や     
      ° に  し  っ  ぱ     だ  わ  ほ   ` て  し  を   ` 流     よ  く     
     こ  見  た  た  い     っ  か  ど  両  も  て  持  使  し     う  ハ     
     れ  え  ひ   ° に     た  に  に  腕  あ  い  っ  い  な     と  ッ     
     は  て  と  2  な      ° は  ま  を  き  た  て  物  が     し  と     
     い  大  月  人  り        信  で  懸  ら   °  ` に  ら     た  我     
     っ  き  ほ  が  な        じ  な  命  か  そ  カ  な  ゆ     の  に     
                                                              



  は   ┐ た  な  も  て  に  う  取     ら  に  ド  開  浮  葉     を  い   ┐ 
  戻  そ   ° 事  入  も  改  体  り  し  ん  分  キ  い  か  を  ま  ぬ  が  わ  
  ら  の     を  り  ブ  め  質  戻  ゃ  じ  泌  す  た  ば  か  た  ぐ  大  た  
  な  |     し  そ  ラ  て  っ  し  べ  ゃ  さ  る   ° な  け  沈  う  き  し  
  い  |     て  う  は  驚  て  て  っ  う  れ  と   ┐ い  よ  黙  と  く  ね  
  の  大     し  に  も  い  |  き  て  ん  ち  な  そ   ° う  が   ` な   ` 
  か  き     ま  な  ち  て  |  た  い  だ  ゃ  ん  う  そ  と  流  や  っ  胸  
  い  く     っ  い  ろ  い  俺  よ  る  っ  っ  と  い  う  は  れ  っ  ち  が  
  ?  な     た   ° ん  た  は  う  う  て  て  か  う  す  思  る  と  ゃ  ド  
 └   っ      ` こ   `  ° そ  だ  ち └    ` っ  体  る  う   ° そ  う  キ  
     ち     と  の  セ  こ  の   ° に     お  て  質  う  の  俺  れ  の  ド  
     ゃ     今  寒    の  胸  そ  少     っ  い  な  ち  だ  は  だ └   キ  
     っ     さ  空  タ  大  の  れ  し     ぱ  う  の  に  が  と  け  藤  す  
     た     ら  の    き  あ  に  づ     い  ホ   ° 藤   ` に  言  掛  る  
     ら     な  中  も  さ  ま  し  つ     が  ル  な  掛  一  か  っ  は  と  
      `    が   ` ジ   ` り  て  落     一  モ  ん  が  言  く  た  な  |  
     も     ら  俺  ャ  ど  の  も  ち     気  ン  で  ま  の  な   ° ん  |  
     う     後  は  ン  う  大  そ  着     に  が  も  た  言  に     と  お  
     元     悔  大  パ  考  き  う  き     ふ  大  ド  口  葉  か     か  っ  
     に     し  変    え  さ  い  を     く  量  キ  を  も  言     涙  ぱ  
                                                              



  高  よ   ┐ い  う  か  お     も  言   ┐ た  と  が     な  の  は  言   ┐ 
  校   ° わ  る  に  け  う  そ  今  わ  あ   ° 俺  震  肌  っ   ° ね  葉  あ  
  に  む  た  こ   ` た  と  ん  ま  な  り     は  え  が  て  戻  |  に   ` 
  入  し  し  と  じ  上  し  な  で  き  が     着  て  外  い  っ  |  俺  落  
  っ  ろ  ね  に  ん  着  た  |  言  ゃ  と     て  い  気  る  て   ° は  ち  
  て  人   ` |  わ  か  が  |  え  と   °    い  る  に  |  も  で  ち  着  
  か  よ  中  |  り  ら  ハ  悪  な  は  こ     た   ° 触  |   ` も  ょ  い  
  ら  り  学   ° と  俺  ッ  い  く  思  ん     上  少  れ └   そ  元  っ  た  
   ` 小  の     嬉  の  と  の  っ  っ  な     着  し  て     の  の  と  ら  
  ド  さ  頃     し  体  し  は  て  て  変     を  で  い     前  大  ほ  あ  
  キ  い  は     そ  温  た  俺  |  た  な     脱  も  る     よ  き  っ  る  
  ド  ぐ  胸     う  を   ° の  |  ん  体     い  寒  せ     り  さ  と  程  
  キ  ら  も     な  感  藤  方  ご  だ  だ     で  さ  い     は  ま  し  度  
  が  い  普     笑  じ  掛  な  め  け  っ     藤  を  か     必  で  た  は  
  始  で  通     顔  取  は  の  ん  ど  て     掛  し   `    ず  戻   ° 戻  
  ま  :  だ     を  っ   ` に  ね  :   `    の  の  か     少  る   ┐ る  
  っ   ° っ     浮  て  ま  : └   ど  い     胸  げ  す     し  事  あ  よ  
  ち  で  た     か  い  る   °    う  つ     に  れ  か     大  は  る └   
  ゃ  も  ん     べ  る  で  と     し  か     か  ば  に     き  な  程  そ  
  っ   ` だ     て  よ  今  言     て  は     け   ` 体     く  い  度  の  
                                                              



  以  い  に  と  ん   ┐ ゃ  掛  ど  山  が  て  だ  っ  た  球  が   ┐    た  
  来  き  か  え  ま  で  っ  は  う  く  秋  驚  け  て  の  拾  練  学  ま  の  
   ` っ  結  だ  秋  も  た  自  に  ん  山  く  ど  な   ° い  習  校  る  :  
  少  て  果  め  山  高  |  分  も  を  く  ぐ  |  い  ま  し  し  帰  で └   
  し  声  を  で  く  校  |  の  止  見  ん  ら  |  頃  だ  て  て  り  昔     
  づ  を  残  も  ん  も └   胸  ま  る  だ  い  そ  で  ク  い  い  の  を     
  つ  か  し   ` と  終     を  ら  た  っ  ド  の   ` ラ  る  る  グ  思     
  だ  け  た  と  お  わ     ち  な  び  た  キ  途  見  ス  1  の  ラ  い     
  け  た  か  に  別  り     ら  く  に   ° ド  端  た  メ  年  を  ウ  起     
  ど  の  っ  か  れ  に     り  っ  ド  |  キ   ` 顔  イ  ら  見  ン  こ     
  秋  |  た  く  し  近     と  て  キ  |  し  自  だ  ト  し  て  ド  す     
  山  |  :  ぶ  た  づ     見   ` ド  そ  ち  分  な  の  き  |  で  よ     
  く   °  ° つ  く  い     た  こ  キ  れ  ゃ  で   ` 名  男  |   ` う     
  ん  嬉  だ  か  は  て      ┐ ん  の  か  っ  も  と  前  の  そ  た  に     
  と  し  か  っ  な  き     大  な  し  ら  た  な  だ  も  子  の  ま  目     
  仲  か  ら  て  か  て     き  に  通  3  の  ん  け  全  が  中  た  を     
  良  っ  こ  い  っ   `    く  |  し  年  :  だ  思  部  目  の  ま  閉     
  く  た  の  っ  た  こ     な  |  で  間   ° ろ  っ  憶  に  一  野  じ     
  な  :  前  て   ° の     っ └   :   ` そ  う  た  え  入  人  球  た     
  っ   ° 思  な  た  ま     ち  藤   ° 秋  れ  っ  ん  き  っ   ` 部   °    
                                                              



  そ  の  絶  吹     と  の   ┐  ┐ 深     っ  ゃ  た  |  で  っ  で  も  て  
  ん  せ  対  っ  そ  う  子  う  ご  く  ふ  た  っ   ° |  会  た  も  う  き  
  な  い  俺  飛  の  :  に  う   ` 息  と  ん  た  こ  自  え  の  信  今  て  
  彼  み  の  び  途 └    ` ん  ご  を  言  だ  か  の  分  る   ° じ  ま   ` 
  女  た  方  そ  端     今   ` め  は  葉  け  ら  ブ  で  っ  今  ら  で  し  
  が  い  な  う   `    日  こ  ん  い  を  ど   ` ラ  も  て  日  れ  以  ょ  
  か  に  の  に  俺     も  っ └   た  切  |  急  だ  押  考  だ  な  上  っ  
  わ  :  に  な  は     つ  ち      ° り  |  遽  っ  さ  え  っ  い  に  ち  
  い  申   ` っ  さ     き  こ         `└   新  て  え  た  て  ぐ  ド  ゅ  
  く  し  藤  た  っ     あ  そ        ま     年   ` が  だ   ` ら  ッ  う  
  て  訳  掛   ° き     っ  ご        る     用  あ  利  け  初  い  キ  お  
  し  な  と  そ  と     て  め        で     に  ん  か  で  め  胸  ド  話  
  ょ  い  来  ん  別     く  ん        た     特  ま  な  す  て  が  キ  す  
  う  の  た  な  の     れ   °       め     注  り  く  っ  学  大  の  る  
  が  と  ら  |  意     て  こ        息     で  大  な  ご  校  き  毎  よ  
  な  と  ま  |  味     |  ん        を     作  き  り  く  以  く  日  う  
  く  と  る  悪  で     |  な        つ     っ  く  そ  嬉  外  な  で  に  
  な  も  で  い  理     あ  変        く     て  な  う  し  で  っ  :  な  
  っ  に  自  の  性     り  な        よ     も  っ  だ  く  2  て  自  れ  
  て   ` 分  は  が     が  女        う     ら  ち  っ  て  人  い  分  て  
                                                            ` 



  よ        た   ┐ だ  き  ス  胸  聞   ┐ い  う  と     俺  ず  ど   ┐ し  
  う  そ     |  あ   °  ` ピ  が  こ  嬉  き  ち  ん  つ  :  っ  さ  あ  ま  
  と  れ     |   `    顔     ` え  し   ` に  と  い  藤  と  |  の  っ  
  い  か     大  ま     が  ド  先  る  い  思  先  し  勢  掛  |  |   ` た  
  ろ  ら     き   `    胸  で  ほ   ° |  わ  ほ  た  い  の  |  俺  こ  の  
  い  1     く  ま     に   ` ど  と  |  ず  ど  よ  で  こ  つ   ` ん  だ  
  ろ  時     な  た     う  ま  と  い └   顔  以  う  言  と  き  藤  な   ° 
  他  間     っ  す     ず  た  比  う  伏  を  上  な  っ   ` あ  掛  時     
  愛   `    ち  ご     も  む  べ  の  せ  伏  に  顔  ち  好  い  と  に     
  な  俺     ゃ  い     れ  く  て  も  た  せ  顔  を  ま  き  た  さ  言     
  い  は     う  ド     そ  む  も  |  顔  た  が  し  っ  だ  い   ` う     
  事  な     :  キ     う  く  は  |  か   ° ど  て  た  !  と  今  の     
  を  ん      ° ド     に  と  る  抱  ら     ん  い   °└   思  年  は     
  喋  と     止  キ     な  大  か  え  く     ど  た  藤     っ  も  ど     
  り  か     ま  し     っ  き  に  込  ぐ     ん  が  掛     て   ` う     
  続  落     ら  て     て  く  す  ん  も     紅   ` は     る  こ  か     
  け  ち     な  き     い  な  さ  だ  っ     く  み  一     よ  れ  と     
   ` 着     い  ち     っ  っ  ま  藤  た     な  る  瞬      ° か  思     
  藤  か     よ  ゃ     た  て  じ  掛  声     っ  み  き     そ  ら  う     
  掛  せ       っ     の  い  い  の  が     て  る  ょ     の  も  け     
          └                                        `  `       



  い  言  書   ┐ で  う  わ  だ  ゆ  て  の  り  ノ  胸  も     |  比  っ  の  
  か  っ  か  あ  ぴ  藤  け   ° っ  い  胸  上    を  な  そ  |  べ  て  胸  
  な  た  れ  の  っ  掛  に  俺  た  る  を  が  ブ  覆  か  れ  し  る  き  は  
  い   ° た  |  た  の  は  は  り   ° 突  っ  ラ  う  っ  で  か  と  た   ` 
  か  ま  表  |  り  言  い  そ  た  し  き  て  の  こ  た  も  し  そ   ° よ  
  ら  あ  札  本  つ  葉  か  ん  っ  か  上  先  胸  と  が   ` こ  れ  し  う  
   ` い  の  当  い  を  な  な  ぷ  も  げ  ほ  は  が   ` ブ  れ  で  か  や  
  今  き  前  に  て  無  か  彼  ん  少   ` ど  そ  で  シ  ラ  以  も  し  く  
  日  な  で  こ  送  視  っ  女  た  し  ほ  よ  れ  き  ャ  ジ  上  だ  :  少  
  は  り   ` こ  っ  し  た  を  っ  動  と  り  で  る  ツ  ャ  は  い  今  し  
  こ  家  彼  で  て  て   ° 夜  ぷ  く  ん  も  も  ま  や    無  ぶ  日  づ  
  こ  に  女  い  い   ` も  道  ん  た  ど  さ  み  で  セ  は  理  大   ` つ  
  で  上  は  い  っ  強  う  に  と  び  伸  ら  っ  に    壊  の  き  最  で  
  お  が  振  か  た  引  い  ひ  波  に  び  に  ち  は  タ  れ  よ  く  初  は  
  別  り  り  ら   ° に  い  と  打  大  き  激  り  な    て  う  な  に  あ  
  れ  こ  向  :     彼  か  り  っ  波  っ  し  と  っ  は  ど  だ  っ  会  る  
  せ  む  い └      女  ら  歩  て  の  て  く  前  て  ど  う  っ  た  っ  が  
  ざ  訳  て  藤     の   ` か  い  よ  し  セ  方  い  う  し  た  よ  た  元  
  る  に  そ  掛     家  と  せ  る  う  ま    に  た  に  よ   ° う  時  に  
  を  も  う  と     ま  い  る  の  に  っ  タ  盛   ° か  う     な  に  戻  
                                                             



   ┐ こ  で  し     に   ┐ た  な  と  だ  た   ┐ 一     ね   ┐ い     得  
  お  う   ` て  か  行  ね  い  い  ん  か  し  で  生  藤 └   あ  気  し  な  
  っ  さ  ほ  し    こ   ` と  ん  ど  ら  の  も  懸  掛     の  持  か  い  
  ぱ  さ  と  ど  っ  う  そ  必  だ  哀   ` 胸  :  命  も     |  ち  し  だ  
  い  や  ん  ろ  と   ° し  死  と  願  今   ` 今  言  お     |  で  俺  ろ  
   ` い  ど  も  こ  そ  て  に  い  に  は  ど  ま  葉  そ     今  い  は  う  
  さ  た  聞  ど  れ  う  一  な  う  近  |  う  た  を  ら     さ  っ   `  ° 
  わ   ° こ  ろ  以  し  緒  っ  事  か  |  な  秋  捜  く     ら  ぱ  な     
  ら     え  に  上  た  に  て  を  っ  か  っ  山  し  同     だ  い  ん     
  せ     る  な  な  ら  合  い  な  た  ん  ち  く  て  じ     け  だ  と     
  て     か  り  い  そ  格  る  ん   ° べ  ゃ  ん  時  気     ど  っ  な     
  あ     聞  な  ほ  の  し  か  と  別  ん  う  に  間  持      ` た  く     
  げ     こ  が  ど  時  て  の  か  に  し  か  さ  を  ち     受   ° ま     
  る     え  ら  赤  は   ` よ  分  嫌  て  わ  わ  つ  だ     験     だ     
  か     な  も  く  |  お  う  か  だ └   か  ら  な  っ      `    立     
  ら     い   ` な  |  ん  に  っ  っ  そ  ら  れ  い  た     が     ち     
  |     か  俺  っ └   な   ° て  て  の  な  た  で  の     ん     去     
  |     の  の  た     じ     も  訳  声  い  ら  い  だ     ば     り     
 └      声  耳   °    大     ら  で  は  の   ` た  ろ     ろ     が     
        で  元  そ     学     い  は  ほ   ° わ   ° う     う     た     
                                             °                



              触  さ ┌┐ っ  配  見  そ     頭  か  て   ┐ 言  な        
  そ     |     が  っ  合  く  は  つ  の  彼  を  ら  お  そ  っ  い  し     
  し     |     ま  き  格  り  な  め  場  女  下  も  め  れ  た   ° か     
  て     |     た  の  し  歩  い  て  を  が  げ   ` で  じ   ° 最  し     
  今     |     あ  む  た  き   ° い  去  い  る  よ  と  ゃ     後  も     
   `    |     ざ  く  ら  出  俺  た  り  な  と  ろ  う   `    に  う     
  窓     |     や  む  |  し  は   ° が  く   ` し  ご  あ     彼  こ     
  の     |     か  く  |  た  し  し  た  な  玄  く  ざ  ら     女  れ     
  外     |     に  と  そ   ° か  か  く  っ  関  お  い  た     は  以     
  で     |     蘇  盛  の     た  し   ` た  の  ね  ま  め      ` 上     
  は     |     っ  り  時     な  も  し  後  向  が  す  ま     ま  引     
  桜     |     て  上  こ     く  う  ば  も  こ  い   ° し     っ  き     
  が     |     き  が  そ     自  再  ら  俺  う  し  こ  て     す  伸     
  満           た  っ └┘    分  び  く  は  に  ま  と  |     く  ば     
  開            ° て        の  ド  じ  ま  消  す  し  |     俺  す     
  に              い  俺     家  ア  っ  だ  え └   も   °    を  こ     
  咲              く  の     の  が  と  な  て  ぺ  |  あ     見  と     
  き              胸  手     方  開  玄  ん  い  こ  |  け     て  も     
  乱              の  に     に  く  関  と  っ  ん  こ  ま     こ  で     
  れ              感   `    ゆ  気  を  も  た  と  れ  し     う  き     
                                       °                      



  あ  そ  も  た  確  た  第  て  受  ま  す  た  ぱ  彼  あ  入  一     |  て  
  い  う  ち  ら  定  す  一  受  け  で  べ  胸  ん  女  る  学  志  藤   ° い  
  つ  に  ろ └   し  べ  志  験  て  も  て   ` ぱ  の   ° 式  望  掛     る  
  の  俺  ん  と  て  り  望  ど  い  消  が  そ  ん  胸  一   ° 校  は      ° 
  頭  の  落  い  し  止  は  こ  て  え  脳  の  に  の  方  彼  に  そ     あ  
  は  元  ち  う  ま  め  も  ろ  も  な  裏  や  は  印  俺  女  現  の     れ  
  や  に  た  約  っ  ま  ち  じ  そ  か  に  わ  ち  象  は  は  役  後     か  
  っ  駆  と  束  た  で  ろ  ゃ  れ  っ   ` ら  き  が  と  今  合  も     ら  
  ぱ  け  分  も   ° こ  ん  な  が  た  そ  か  れ  あ  い  そ  格  順     ど  
  り  つ  か   ` だ  と   ` い  生   ° し  く  ん  ま  う  れ  を  調     う  
    け  っ  今  か  ご  絶   ° 々  勉  て  ぴ  ば  り  と  に  は  に     な  
  委  て  た  だ  ら  と  対  結  し  強  手  ち  か  に  |  出  た  試     っ  
  員  く  時  実   ` く  確  果  く  し  に  ぴ  り  強  |  か  し  験     た  
  長  れ  は  行   ┐ 落  実  と  思  て  焼  ち  に  烈  こ  け  た  を     の  
    た   ` さ  一  ち  と  し  い  い  き  と  ふ  過  の  て   ° 受     か  
  だ  の  本  れ  緒  て  言  て  出  て  つ  し  く  ぎ  初  い  今  け     と  
   ° だ  当  て  に   ` わ  |  さ  も  い  た  れ  た  詣  る  日   `    い  
  条  が  に  な  合  浪  れ  |  れ  試  て  感  上   ° の  は  は  見     う  
  件  |  心  い  格  人  て  俺  て  験  い  触  が  あ  時  ず  そ  事     と  
  が  |  配   ° し  が  い  は  き  を  つ  :  っ  の  の  で  の  第     |  
                                                              



     も  い  の  約     キ  る  か  る  を  は  嘘  こ  と  し     で  さ  そ  
     机  る  胸  束  来  ド   ° し  よ  見  杞  に  な  り  く  こ  持  わ  ろ  
     に  だ  は  を  年  キ  あ  確  う  に  憂  な  い  大  予  れ  ち  ら  わ  
     向  ろ  い  は  こ └   り  実  に └   ら  る  だ  学  備  か  越  せ  な  
     か  う  っ  た  そ  は  が  に  な  毎  し  の  ろ  に  校  ら  し  て  い  
     っ  か  た  す  は  今  た   ` っ  日  い  だ  う  や  に  1  な  く  か  
     て   ° い  の  |  も  い  彼  た  の   ° が  か  っ  通  年  ん  れ  ら  
     い  俺  ど  だ  |  続  こ  女   ° よ  藤  |  と  て  う  間  だ  な  と  
     る  は  れ   ° 絶  い  と  の  そ  う  掛  |  心   ` こ   ` と  い   ` 
     の  そ  ほ  そ  対  て  に  胸  し  に  は  ど  配  そ  と  藤   °  ° 今  
     だ  れ  ど  し  合  い   ` は  て  俺  な  う  に  の  に  掛     あ  だ  
      ° だ  ま  て  格  る  ど  大  今  の  に  や  な  間  る  は     の  に  
        け  で  そ  し  ら  う  き  も  と  か  ら  ら  に  だ  大     約  あ  
        を  に  の  て  し  や  く  少  こ  と  今  な  誰  ろ  学     束  の  
        楽  大  頃  や  い  ら  な  し  ろ  い  の  い  か  う  へ     は  胸  
        し  き  に  る  の  俺  り  づ  に  う  と  と  言   °  `    来  に  
        み  く  は   ° だ  へ  続  つ  押  と  こ  言  い  彼  俺     年  頑  
        に  な   ` そ   ° の  け  |  し   ┐ ろ  っ  寄  女  は     の  と  
         ` っ  藤  し      ┐ て  |  か  勉  そ  た  っ  を  さ     春  し  
        今  て  掛  て     ド  い  し  け  強  れ  ら  て  ひ  び     ま  て