の
中
は
さ
ほ
ど
冷
え
込
ん
で
い
る
風
で
は
な
か
っ
た
が
 
何
一
つ
  
 
寒
い
は
ず
だ
 °
こ
ん
な
ん
じ
ゃ
あ
風
邪
を
ひ
い
ち
ま
う
 °
部
屋
  
 
な
 
な
ん
じ
ゃ
い
こ
り
ゃ
あ
 
  
 
体
に
 
何
も
身
に
着
け
て
い
な
い
の
だ
 °
  
さ
ら
な
が
ら
あ
る
こ
と
に
気
が
つ
い
た
 °
  
か
か
り
 
冷
え
た
体
に
さ
ら
に
冷
た
い
点
が
生
じ
る
 °
そ
れ
で
今
  
 
口
か
ら
威
勢
よ
く
飛
び
散
っ
た
つ
ば
が
体
の
あ
ち
こ
ち
に
ふ
り
  
 
ハ
ク
シ
ョ
ォ
|
イ
!
 
  
鼻
が
こ
そ
ば
ゆ
く
な
っ
て
き
た
 °
  
が
か
か
っ
た
よ
う
に
は
っ
き
り
し
な
い
 °
そ
れ
よ
り
も
な
ん
だ
か
  
 
必
死
に
記
憶
を
掘
り
起
こ
そ
う
と
す
る
が
 
ま
る
で
頭
に
も
や
  
 
|
|
こ
こ
は
:
:
こ
こ
は
ど
こ
だ
:
:
 °
  
 
銭
形
警
部
は
身
震
い
し
な
が
ら
目
を
覚
ま
し
た
 °
  
 
|
|
う
う
 
寒
い
:
:
 °
  
 
  
3
 
銭
形
警
部
編
  
  
ジ
グ
ラ
ッ
ト
 
作
  
曲
  
C
a
p
r
i
c
c
i
o
 
i
n
 
F
 
|
不
二
子
を
め
ぐ
る
綺
想

≪ <  

  
い
う
だ
け
で
も
こ
れ
ほ
ど
ま
で
に
心
強
い
も
の
か
と
 
今
さ
ら
な
  
が
よ
ぎ
っ
た
が
 
結
局
そ
の
ま
ま
に
し
た
 °
布
一
枚
着
て
い
る
と
  
な
い
か
 °
そ
う
思
う
と
一
瞬
ま
た
脱
い
じ
ま
お
う
か
と
い
う
考
え
  
く
ぶ
ら
下
が
っ
て
い
る
 °
こ
れ
じ
ゃ
ま
る
で
変
質
者
か
何
か
じ
ゃ
  
目
の
前
に
は
 
自
分
の
性
器
が
寒
さ
で
縮
こ
ま
っ
た
状
態
で
力
な
  
 
コ
|
ト
を
羽
織
っ
た
彼
は
 
目
線
を
下
に
落
と
し
て
苦
笑
し
た
 °
  
 
|
|
そ
れ
に
し
て
も
 
こ
れ
だ
け
と
は
:
:
 °
  
な
か
っ
た
 °
  
て
く
る
 °
間
違
い
な
い
 °
彼
自
身
愛
用
し
て
い
る
も
の
に
間
違
い
  
子
を
目
深
に
か
ぶ
っ
た
 °
肌
に
直
接
 
着
慣
れ
た
感
触
が
伝
わ
っ
  
 
結
局
 
何
も
な
い
よ
り
は
 
と
銭
形
は
コ
|
ト
を
着
込
み
 
  
散
と
し
て
い
た
 °
  
 
し
か
し
見
回
し
て
も
そ
れ
以
外
に
は
特
に
見
当
た
ら
な
い
 °
  
 
|
|
こ
り
ゃ
:
:
こ
れ
だ
け
か
?
他
に
は
:
:
 °
  
無
造
作
に
脱
ぎ
散
ら
か
さ
れ
て
い
る
の
が
目
に
と
ま
っ
た
 °
  
の
ト
レ
|
ド
マ
|
ク
と
も
言
う
べ
き
ト
レ
ン
チ
コ
|
ト
と
帽
子
が
  
 
そ
う
呟
い
て
辺
り
を
見
回
す
 °
す
る
と
:
:
部
屋
の
隅
に
 
  
 
|
|
何
か
着
る
も
の
は
な
い
の
か
 
着
る
も
の
は
:
:
 °
  
せ
て
い
た
 °
  
身
に
着
け
て
な
い
心
も
と
な
さ
が
い
っ
そ
う
寒
さ
を
引
き
立
た
さ

   

  
 
改
め
て
記
憶
を
た
ど
っ
て
み
る
 °
動
か
ぬ
頭
を
ど
う
に
か
探
っ
  
思
い
出
せ
 
思
い
出
せ
:
:
 °
  
 
|
|
ち
く
し
ょ
う
 °
ど
う
し
て
こ
ん
な
こ
と
に
な
っ
た
ん
だ
 °
  
 
  
ん
だ
 °
  
に
間
違
え
ら
れ
か
ね
な
い
己
の
格
好
を
思
い
出
し
 
二
の
足
を
踏
  
外
を
探
り
た
い
衝
動
に
駆
ら
れ
た
が
:
:
コ
|
ト
一
枚
 
露
出
狂
  
に
あ
る
無
骨
な
ド
ア
が
ひ
と
つ
き
り
 °
銭
形
は
ド
ア
を
蹴
破
っ
て
  
分
か
ら
な
か
っ
た
 °
外
界
に
通
じ
て
い
る
も
の
と
い
え
ば
 
右
手
  
覆
っ
て
い
る
 °
時
計
も
な
い
か
ら
今
が
昼
な
の
か
夜
な
の
か
す
ら
  
コ
ン
ク
リ
|
ト
が
む
き
出
し
で
 
し
か
も
窓
ひ
と
つ
な
く
四
方
を
  
あ
る
だ
け
で
 
他
に
家
具
ら
し
き
も
の
は
見
当
た
ら
な
い
 °
壁
は
  
ら
持
ち
出
し
て
き
た
か
の
よ
う
な
簡
素
な
ベ
ッ
ド
と
ご
つ
い
机
が
  
に
四
角
い
部
屋
で
 
中
に
は
も
う
何
年
も
前
に
廃
業
し
た
病
院
か
  
さ
は
2
0
畳
ぐ
ら
い
だ
ろ
う
か
 °
き
っ
ち
り
定
規
を
当
て
た
よ
う
  
言
で
言
え
ば
 
殺
風
景
 
と
し
か
言
い
よ
う
の
な
い
部
屋
だ
 °
  
 
心
が
落
ち
着
く
と
 
あ
た
り
を
見
回
す
余
裕
も
出
て
き
た
 °
  
 
|
|
そ
れ
に
し
て
も
:
:
こ
こ
は
ど
こ
だ
 °
  
 
  
が
ら
思
っ
た
の
だ
 °


















   

  
に
も
忘
れ
ら
れ
な
い
 
峰
不
二
子
に
間
違
い
な
い
 °
そ
し
て
 
  
た
ま
ま
閉
じ
ら
れ
な
く
な
っ
た
 °
そ
の
声
 
そ
の
顔
 
忘
れ
よ
う
  
 
そ
の
姿
が
目
に
入
る
や
 
銭
形
警
部
の
口
は
あ
ん
ぐ
り
と
開
け
  
 
お
ま
え
は
:
:
 
  
部
屋
に
入
っ
て
き
て
い
た
 °
  
て
く
る
 °
い
つ
の
間
に
か
ド
ア
が
開
い
て
 
そ
こ
か
ら
女
が
一
人
 
  
 
必
死
に
頭
を
絞
っ
て
い
る
と
こ
ろ
に
 
女
の
声
が
ふ
り
か
か
っ
  
 
あ
ら
 
お
目
覚
め
の
よ
う
ね
 
  
 
  
 
|
|
く
そ
う
 
肝
心
な
所
が
思
い
だ
せ
ん
 °
  
た
気
が
す
る
ん
だ
が
:
:
 °
  
:
:
そ
し
て
|
|
何
か
と
て
つ
も
な
い
衝
撃
的
な
も
の
を
眼
に
し
  
を
押
さ
え
た
と
俺
は
い
き
り
立
っ
て
隠
れ
場
所
を
出
て
 
そ
し
て
  
 
そ
う
 
確
か
そ
こ
で
女
と
出
く
わ
し
た
気
が
す
る
 °
犯
行
現
場
  
せ
し
て
い
た
ん
だ
 °
し
か
し
そ
こ
で
:
:
 °
  
が
あ
る
と
踏
ん
だ
俺
は
 
単
身
犯
行
現
場
に
先
回
り
し
て
待
ち
伏
  
て
い
る
と
い
う
情
報
を
得
 
必
ず
や
そ
の
背
後
に
ル
パ
ン
の
動
き
  
在
東
京
で
開
か
れ
て
い
る
美
術
展
か
ら
ま
た
盗
み
を
働
こ
う
と
し
  
 
そ
う
 °
俺
は
不
二
子
の
奴
を
追
っ
て
い
た
ん
だ
 °
あ
の
女
が
現
  
て
い
く
う
ち
に
 
よ
う
や
く
頭
の
中
が
は
っ
き
り
し
て
き
た
|
|
 °

   

  
ろ
う
が
:
:
 °
そ
ん
な
言
葉
を
飲
み
込
ん
で
 
銭
形
は
改
め
て
不
  
到
底
無
理
そ
う
だ
っ
た
が
 °
成
長
っ
た
っ
て
:
:
変
わ
り
す
ぎ
だ
  
い
拡
げ
た
と
し
て
も
 
今
や
そ
の
す
べ
て
を
抱
え
込
む
こ
と
な
ど
  
る
よ
う
な
し
ぐ
さ
を
し
た
 °
も
っ
と
も
腕
を
ど
ん
な
に
め
い
っ
ぱ
  
 
そ
う
言
い
な
が
ら
 
不
二
子
は
両
手
で
自
分
の
胸
を
抱
え
あ
げ
  
ぶ
ん
と
成
長
し
た
し
 
  
あ
無
理
も
な
い
か
な
 °
こ
の
前
会
っ
た
時
か
ら
 
わ
た
し
も
ず
い
  
 
や
ぁ
だ
ぁ
 °
も
う
忘
れ
ち
ゃ
っ
た
の
 
わ
た
し
の
こ
・
と
 °
  
 
お
前
:
:
峰
|
|
不
二
子
な
の
か
 
  
何
倍
も
 
い
や
何
十
倍
に
も
大
き
く
膨
れ
あ
が
っ
て
い
る
 °
  
て
い
た
が
 
今
目
の
前
に
い
る
女
の
胸
は
 
そ
れ
と
比
べ
て
も
 
  
:
 °
確
か
に
不
二
子
は
元
々
人
並
み
は
ず
れ
て
豊
満
な
胸
を
持
っ
  
っ
て
い
た
も
の
に
 
い
き
な
り
遭
遇
し
て
し
ま
っ
た
深
い
驚
き
:
  
で
い
な
が
ら
決
し
て
出
会
う
こ
と
は
な
い
だ
ろ
う
と
ひ
そ
か
に
思
  
い
衝
撃
を
受
け
た
の
は
 °
心
の
底
で
長
い
こ
と
ず
っ
と
待
ち
望
ん
  
っ
て
い
る
所
が
あ
っ
た
 °
そ
う
 
そ
の
胸
だ
 °
俺
が
と
て
つ
も
な
  
 
た
だ
1
ヶ
所
 
彼
が
知
っ
て
い
る
峰
不
二
子
と
は
著
し
く
異
な
  
 
銭
形
警
部
 
お
久
し
ぶ
り
 
  
と
今
目
の
前
に
い
る
顔
と
が
一
瞬
に
し
て
一
致
し
た
 °
  
ほ
ど
フ
ラ
ッ
シ
ュ
バ
ッ
ク
の
よ
う
に
頭
に
よ
み
が
え
っ
た
女
の
顔

   

  
か
し
大
き
く
つ
き
出
し
た
胸
に
ひ
っ
か
か
っ
て
そ
れ
以
上
に
は
下
  
 
そ
の
途
端
 
ワ
ン
ピ
|
ス
が
肩
か
ら
す
っ
と
落
ち
か
か
る
 °
  
ク
を
器
用
に
は
ず
し
 
フ
ァ
ス
ナ
|
を
下
ろ
し
た
 °
  
 
そ
う
言
う
と
 
不
二
子
は
両
手
を
背
中
に
回
す
と
 
服
の
ホ
ッ
  
 
あ
ら
 
寒
い
の
?
ま
あ
 
無
理
も
な
い
わ
ね
 
  
 
そ
の
圧
倒
的
な
迫
力
に
 
銭
形
は
思
わ
ず
身
震
い
し
た
 °
  
 
  
て
い
た
 °
  
膨
ら
ま
せ
 
今
に
も
布
地
を
引
き
千
切
ら
ん
ば
か
り
に
伸
び
き
っ
  
作
ら
れ
て
い
る
ら
し
い
ワ
ン
ピ
|
ス
の
胸
の
部
分
を
ぱ
ん
ぱ
ん
に
  
隠
れ
て
し
ま
っ
て
い
る
 °
そ
の
胸
た
る
や
:
:
相
当
ゆ
っ
た
り
と
  
よ
り
前
方
に
大
き
く
張
り
出
し
た
バ
ス
ト
の
向
こ
う
に
ほ
と
ん
ど
  
そ
の
上
半
身
全
体
を
覆
わ
ん
ば
か
り
に
縦
に
横
に
 
そ
し
て
な
に
  
い
な
い
 
峰
不
二
子
だ
 °
し
か
し
:
:
自
慢
の
ウ
エ
ス
ト
も
今
は
 
  
や
か
に
伸
び
た
そ
の
足
は
今
も
変
わ
っ
て
い
な
い
だ
ろ
う
 °
間
違
  
ロ
ン
グ
ス
カ
|
ト
の
た
め
に
見
え
な
い
が
 
お
そ
ら
く
長
く
し
な
  
ラ
リ
と
締
ま
っ
た
ウ
エ
ス
ト
に
大
き
く
張
り
切
っ
た
ヒ
ッ
プ
:
:
 °
  
な
黒
髪
 
有
無
を
言
わ
さ
な
い
絶
世
の
美
貌
を
誇
る
顔
立
ち
 
  
 
彼
女
は
漆
黒
の
ワ
ン
ピ
|
ス
を
着
込
ん
で
い
る
 °
流
れ
る
よ
う
  
二
子
を
観
察
し
た
 °


















   

  
不
二
子
の
両
の
乳
房
で
あ
っ
た
こ
と
を
今
さ
ら
な
が
ら
思
い
知
ら
  
破
ら
ん
ば
か
り
に
押
し
広
げ
て
い
た
も
の
が
 
ま
ご
う
こ
と
な
き
  
う
に
見
え
た
 °
そ
し
て
今
ま
で
ワ
ン
ピ
|
ス
の
胸
の
部
分
を
突
き
  
は
な
ぜ
か
全
裸
よ
り
も
一
層
な
ま
め
か
し
さ
を
漂
わ
せ
て
い
る
よ
  
バ
ス
ト
を
含
む
上
半
身
に
は
何
も
身
に
着
け
て
い
な
い
 °
そ
の
姿
  
を
わ
ず
か
に
覆
う
シ
ョ
|
ツ
と
ガ
|
タ
|
ベ
ル
ト
の
み
で
 
そ
の
  
開
け
続
け
て
い
た
の
だ
 °
服
を
脱
ぎ
捨
て
た
そ
の
下
は
 
下
半
身
  
ら
気
が
つ
か
な
か
っ
た
 °
そ
れ
ほ
ど
我
知
ら
ず
口
を
あ
ん
ぐ
り
と
  
 
銭
形
は
 
自
分
の
の
ど
が
か
ら
か
ら
に
渇
い
て
い
る
こ
と
に
す
  
 
  
を
立
て
て
威
勢
よ
く
飛
び
出
し
て
き
た
 °
  
と
て
つ
も
な
く
大
き
な
2
つ
の
大
き
な
ふ
く
ら
み
が
ぷ
る
ん
と
音
  
り
落
ち
た
 °
そ
し
て
:
:
そ
の
下
か
ら
 
今
ま
で
隠
さ
れ
て
い
た
 
  
|
ワ
ン
ピ
|
ス
は
遂
に
耐
え
切
れ
ず
一
気
に
彼
女
の
足
元
ま
で
ず
  
そ
し
て
襟
の
線
が
胸
の
頂
点
に
さ
し
か
か
ろ
う
と
し
た
そ
の
時
|
  
て
そ
の
間
に
作
ら
れ
た
深
い
谷
間
が
次
第
に
姿
を
現
し
て
い
っ
た
 °
  
が
っ
て
い
く
 °
そ
れ
に
つ
れ
 
大
き
く
張
り
出
し
た
胸
が
 
そ
し
  
に
引
き
降
ろ
し
て
い
っ
た
 °
少
し
づ
つ
 
少
し
づ
つ
襟
ぐ
り
が
拡
  
頬
笑
み
を
口
元
に
浮
か
べ
な
が
ら
服
を
下
に
た
ぐ
る
よ
う
に
徐
々
  
が
ら
な
い
 °
不
二
子
は
静
か
に
袖
か
ら
手
を
抜
く
と
 
謎
め
い
た

   

  
の
脛
に
ベ
ッ
ト
が
当
た
る
 °
す
る
と
銭
形
は
体
の
力
が
抜
け
た
よ
  
一
歩
 
不
二
子
の
歩
み
に
合
わ
せ
て
後
退
す
る
銭
形
 °
ふ
と
銭
形
  
 
銭
形
は
催
眠
術
に
か
か
っ
た
か
の
よ
う
に
後
ず
さ
っ
た
 °
一
歩
 
  
わ
に
実
っ
た
お
っ
ぱ
い
が
前
後
左
右
に
大
き
く
揺
れ
た
 °
  
重
の
移
動
に
合
わ
せ
 
そ
の
胸
か
ら
は
み
だ
さ
ん
ば
か
り
に
た
わ
  
 
不
二
子
が
両
手
を
広
げ
て
銭
形
に
向
け
て
歩
み
を
進
め
る
 °
  
 
わ
た
し
が
あ
っ
た
め
て
あ
げ
る
 
  
 
  
き
出
し
て
い
る
 °
  
も
関
わ
ら
ず
そ
の
先
は
な
お
も
力
強
く
つ
ん
と
上
向
き
加
減
に
突
  
出
し
て
い
る
よ
う
で
す
ら
あ
っ
た
 °
今
も
 
何
の
支
え
が
な
い
に
  
り
と
重
量
感
を
併
せ
持
ち
 
以
前
に
も
増
し
て
大
き
く
前
に
張
り
  
関
わ
ら
ず
彼
女
の
胸
は
中
身
が
ぎ
っ
し
り
と
詰
ま
っ
た
よ
う
な
張
  
い
る
こ
と
は
間
違
い
な
い
だ
ろ
う
 °
し
か
し
 
そ
の
大
き
さ
に
も
  
も
後
半
 
い
や
3
メ
|
ト
ル
に
届
か
ん
ば
か
り
の
域
に
突
入
し
て
  
に
格
段
の
成
長
を
遂
げ
て
い
た
 °
お
そ
ら
く
も
う
2
メ
|
ト
ル
台
  
 
そ
う
 
不
二
子
の
胸
は
 
前
回
 
次
元
と
対
峙
し
た
時
よ
り
更
  
:
:
 °
  
き
物
の
よ
う
に
絶
え
ず
ふ
る
ふ
る
と
か
す
か
に
動
き
回
っ
て
い
る
  
さ
れ
た
 °
そ
の
乳
房
は
 
不
二
子
の
胸
の
上
で
 
ま
る
で
別
の
生

   

  
 
不
二
子
は
思
わ
ず
吹
き
だ
し
そ
う
に
な
っ
た
 °
い
く
ら
銭
形
と
  
ゃ
な
い
!
 
  
 
よ
:
:
嫁
入
り
前
の
若
い
娘
が
 
人
前
で
胸
を
は
だ
け
る
ん
じ
  
だ
け
で
も
び
く
っ
と
身
体
が
反
応
し
て
し
ま
っ
た
 °
  
づ
い
た
 °
そ
の
拍
子
に
ま
た
胸
が
大
き
く
た
わ
む
 °
銭
形
は
そ
れ
  
 
不
二
子
は
わ
ざ
と
銭
形
を
さ
ん
づ
け
で
呼
び
 
さ
ら
に
一
歩
近
  
銭
形
さ
ん
 
  
 
フ
フ
 
ど
う
し
て
も
お
っ
ぱ
い
が
気
に
な
っ
ち
ゃ
う
み
た
い
ね
 
  
っ
た
 °
  
磁
石
の
よ
う
に
銭
形
の
視
線
を
吸
い
付
け
て
離
そ
う
と
は
し
な
か
  
も
の
が
さ
ず
に
ゆ
さ
ゆ
さ
と
ゆ
れ
動
き
続
け
る
2
つ
の
乳
房
は
 
  
た
が
 
そ
の
努
力
は
徒
労
に
終
わ
っ
た
 °
身
体
の
わ
ず
か
な
動
き
  
 
銭
形
は
ど
う
に
か
し
て
不
二
子
の
胸
か
ら
目
を
そ
ら
そ
う
と
し
  
 
不
二
子
 
お
前
:
:
 
  
麻
薬
の
よ
う
に
魅
惑
的
だ
っ
た
 °
抗
え
な
い
 °
  
し
か
し
そ
れ
を
さ
し
引
い
て
も
 
不
二
子
の
裸
身
と
そ
の
言
葉
は
  
 
銭
形
は
こ
う
い
う
シ
チ
ュ
エ
|
シ
ョ
ン
に
慣
れ
て
い
な
か
っ
た
 °
  
と
し
て
あ
げ
る
ん
だ
か
ら
 
  
 
逃
げ
な
く
っ
て
い
い
の
よ
 °
こ
れ
か
ら
と
っ
っ
っ
て
も
い
い
こ
  
う
に
ベ
ッ
ド
の
上
に
腰
を
落
と
し
た
 °











   

  
っ
さ
り
と
詰
ま
っ
た
超
特
大
の
果
実
が
 
今
 
銭
形
の
目
の
前
に
  
で
そ
の
大
半
を
覆
わ
れ
て
し
ま
っ
た
 °
み
ず
み
ず
し
い
果
肉
が
ど
  
 
と
て
つ
も
な
く
大
き
い
 °
銭
形
の
視
界
は
 
不
二
子
の
バ
ス
ト
  
銭
形
の
前
に
さ
し
だ
し
て
み
せ
た
 °
  
 
不
二
子
は
そ
の
腕
で
や
さ
し
く
自
分
の
胸
を
す
く
い
上
げ
る
と
 
  
を
ひ
た
す
ら
見
つ
め
て
い
た
 °
  
て
い
た
 °
眼
は
そ
の
強
い
意
志
を
失
い
 
今
は
た
だ
不
二
子
の
胸
  
 
銭
形
は
完
全
に
不
二
子
の
魔
力
に
の
と
り
こ
に
な
っ
て
し
ま
っ
  
:
 
不
二
子
は
と
ろ
け
る
よ
う
な
声
で
銭
形
に
さ
さ
や
き
か
け
た
 °
  
ん
て
ほ
と
ん
ど
い
な
い
の
に
 °
ほ
ん
と
う
に
大
切
な
人
に
だ
け
:
  
に
哀
し
そ
う
な
眼
を
し
た
 °
 
わ
た
し
の
胸
を
じ
か
に
見
た
人
な
  
 
わ
た
し
が
そ
ん
な
女
だ
と
思
う
?
哀
し
い
な
 
不
二
子
は
本
当
  
見
せ
た
が
 
す
ぐ
に
矛
を
収
め
て
じ
っ
と
銭
形
の
眼
を
見
す
え
た
 °
  
し
ま
っ
た
 °
今
度
は
不
二
子
も
一
瞬
む
っ
と
す
る
よ
う
な
表
情
を
  
 
取
り
繕
お
う
と
し
て
さ
ら
に
墓
穴
を
掘
る
よ
う
な
発
言
を
し
て
  
 
お
 
お
前
は
誰
の
前
で
も
裸
に
な
る
よ
う
な
女
な
の
か
 
  
て
い
る
よ
う
に
見
え
た
 °
  
口
を
つ
い
て
出
て
し
ま
っ
た
も
の
だ
ろ
う
 °
自
分
の
言
葉
に
照
れ
  
は
ほ
と
ん
ど
ギ
ャ
グ
に
し
か
聞
こ
え
な
い
 °
銭
形
自
身
と
っ
さ
に
  
は
い
え
 
そ
の
言
葉
は
あ
ま
り
に
ア
ナ
ク
ロ
す
ぎ
た
 °
こ
の
場
で

   

  
詰
め
寄
っ
た
 °
そ
の
超
乳
は
 
今
や
2
人
の
間
の
空
間
を
ほ
と
ん
  
 
動
き
の
止
ま
っ
た
銭
形
に
 
不
二
子
は
さ
ら
に
す
ぐ
そ
ば
ま
で
  
子
の
胸
に
呪
縛
さ
れ
 
身
体
は
硬
直
し
て
い
た
 °
  
眼
は
懸
命
に
そ
の
動
き
を
追
っ
て
い
る
 °
彼
の
心
は
完
全
に
不
二
  
な
乳
房
が
 
た
ぷ
ん
た
ぷ
ん
と
お
互
い
ぶ
つ
か
り
合
う
 °
銭
形
の
  
 
不
二
子
は
不
意
に
胸
か
ら
腕
を
離
し
た
 °
支
え
を
失
っ
た
巨
大
  
 
  
た
意
思
の
力
で
必
死
に
食
い
止
め
て
い
る
よ
う
に
見
え
た
 °
  
の
胸
に
触
れ
た
い
衝
動
に
か
ら
れ
て
い
な
が
ら
 
わ
ず
か
に
残
っ
  
震
え
て
い
る
 °
あ
た
か
も
 
す
ぐ
に
で
も
手
を
伸
ば
し
て
不
二
子
  
 
銭
形
の
手
は
 
端
か
ら
見
て
も
は
っ
き
り
分
か
る
ほ
ど
大
き
く
  
返
し
て
い
た
 °
  
 
思
考
能
力
が
一
時
的
に
麻
痺
し
て
し
ま
っ
た
か
の
よ
う
に
繰
り
  
 
ほ
 
本
官
は
:
:
本
官
は
:
:
 
  
 
不
二
子
の
言
葉
に
 
銭
形
の
背
筋
が
ビ
ク
ッ
と
痙
攣
し
た
 °
  
い
わ
 °
ね
え
:
:
さ
わ
っ
て
み
た
く
な
い
?
 
  
|
|
こ
ん
な
大
き
な
お
っ
ぱ
い
 
ギ
ネ
ス
ブ
ッ
ク
に
も
載
っ
て
な
  
あ
る
の
よ
 °
今
も
す
ご
い
勢
い
で
ど
ん
ど
ん
大
き
く
な
っ
て
る
の
 °
  
 
ど
う
 
前
よ
り
ず
っ
と
大
き
い
で
し
ょ
う
 °
2
8
6
セ
ン
チ
も
  
ど
こ
ま
で
も
ど
こ
ま
で
も
広
が
っ
て
い
た
 °









   

  
 
反
語
の
接
続
詞
を
無
意
味
に
並
べ
て
反
抗
の
意
思
を
か
ろ
う
じ
  
 
だ
 
だ
が
:
:
 
  
さ
ん
 
  
 
あ
な
た
は
も
っ
と
自
信
を
持
っ
て
い
い
わ
 °
す
て
き
よ
 
銭
形
  
 
し
 
し
か
し
:
:
 
  
け
の
こ
と
は
あ
る
わ
 
  
ま
さ
し
く
全
身
こ
れ
筋
肉
 °
長
年
ル
パ
ン
を
追
い
続
け
て
い
る
だ
  
 
た
く
ま
し
い
の
ね
 °
が
っ
ち
り
し
て
る
と
は
思
っ
て
た
け
ど
 
  
肉
体
を
眺
め
た
 °
  
 
不
二
子
は
手
を
伸
ば
し
て
銭
形
の
コ
|
ト
の
前
を
開
き
 
そ
の
  
り
一
層
大
き
く
膨
ら
ん
で
い
く
よ
う
に
す
ら
見
え
た
 °
  
る
 °
な
ん
だ
か
不
二
子
が
息
を
吸
う
ご
と
に
 
そ
の
バ
ス
ト
は
よ
  
今
も
 
彼
女
自
身
の
呼
吸
に
合
わ
せ
て
か
す
か
に
揺
れ
動
い
て
い
  
食
い
入
る
よ
う
に
じ
っ
と
見
つ
め
て
い
た
 °
不
二
子
の
バ
ス
ト
は
  
 
銭
形
は
も
う
不
二
子
の
胸
か
ら
一
瞬
た
り
と
も
眼
を
離
さ
ず
 
  
て
い
く
の
が
不
二
子
に
も
伝
わ
っ
て
き
た
 °
  
ヴ
ォ
ル
テ
|
ジ
が
空
気
を
振
動
さ
せ
ん
ば
か
り
の
勢
い
で
上
が
っ
  
形
の
身
体
に
触
れ
ん
ば
か
り
に
近
づ
い
て
い
た
 °
銭
形
の
興
奮
の
  
て
い
る
ピ
ン
ク
色
の
小
さ
な
乳
首
は
 
あ
と
ほ
ん
の
わ
ず
か
で
銭
  
ど
埋
め
つ
く
し
て
し
ま
い
 
そ
の
先
端
に
ち
ょ
こ
ん
と
乗
っ
か
っ

   

  
れ
る
 °
そ
の
様
子
を
見
つ
め
て
い
た
不
二
子
は
 
あ
え
て
少
し
の
  
 
銭
形
の
眼
が
警
戒
と
期
待
が
な
い
交
ぜ
に
な
っ
た
色
で
満
た
さ
  
 
  
 
こ
の
 
世
界
一
の
お
っ
ぱ
い
を
味
あ
わ
せ
て
あ
げ
る
の
 
  
て
み
せ
た
 °
  
大
な
胸
を
抱
え
込
む
よ
う
に
し
て
銭
形
の
目
の
前
ま
で
持
ち
上
げ
  
 
そ
う
言
う
と
不
二
子
は
両
手
を
い
っ
ぱ
い
に
伸
ば
し
 
そ
の
巨
  
指
1
本
触
れ
は
し
な
い
わ
 °
触
れ
る
の
は
 
ほ
ら
 
こ
れ
だ
け
 
  
 
そ
ん
な
手
っ
て
ど
ん
な
手
?
安
心
し
て
 °
わ
た
し
は
あ
な
た
に
  
 
不
二
子
 
俺
は
:
:
そ
ん
な
手
に
は
:
:
 
  
 
不
二
子
は
や
さ
し
そ
う
に
銭
形
の
 
息
子
 
を
見
つ
め
た
 °
  
し
ょ
 °
た
ま
に
は
息
抜
き
し
な
き
ゃ
 °
こ
の
子
が
か
わ
い
そ
う
よ
 
  
 
ル
パ
ン
を
追
っ
て
 
ず
っ
と
単
身
赴
任
で
が
ん
ば
っ
て
る
ん
で
  
る
の
が
垣
間
見
え
た
 °
  
は
う
っ
て
か
わ
っ
て
 
い
つ
の
間
に
か
見
事
に
そ
そ
り
立
っ
て
い
  
し
ま
っ
て
は
い
た
が
 
そ
の
深
い
谷
間
の
向
こ
う
に
 
先
ほ
ど
と
  
を
見
た
 °
い
や
で
も
不
二
子
の
胸
が
視
界
の
ほ
と
ん
ど
を
覆
っ
て
  
 
そ
う
言
わ
れ
て
銭
形
は
む
き
出
し
に
な
っ
て
い
る
自
分
の
股
間
  
 
無
理
し
な
い
で
 °
身
体
は
正
直
よ
 
  
て
表
現
し
て
い
る
銭
形
だ
っ
た
が
 
そ
れ
も
も
う
限
界
だ
っ
た
 °

   

  
 
し
か
し
 
ル
パ
ン
一
味
逮
捕
の
使
命
感
に
燃
え
る
銭
形
の
脳
裏
  
く
な
っ
て
く
る
よ
う
な
気
が
し
た
 °
  
か
ら
快
楽
を
引
き
出
し
て
い
っ
た
 °
銭
形
は
そ
れ
だ
け
で
気
が
遠
  
一
分
の
隙
も
な
く
か
ら
み
つ
い
て
い
き
 
あ
り
と
あ
ら
ゆ
る
場
所
  
て
く
る
よ
う
な
弾
力
が
あ
る
 °
不
二
子
の
乳
房
は
銭
形
の
逸
物
に
  
側
か
ら
張
り
詰
め
て
お
り
 
押
せ
ば
そ
の
途
端
倍
の
勢
い
で
返
っ
  
で
絹
の
よ
う
に
な
め
ら
か
 °
し
か
し
そ
れ
で
い
て
み
っ
ち
り
と
内
  
 
な
ん
と
い
う
感
触
だ
ろ
う
 °
表
面
は
と
て
つ
も
な
く
や
わ
ら
か
  
わ
っ
た
 °
  
半
身
い
っ
ぱ
い
に
感
じ
 
頭
の
芯
が
し
び
れ
る
よ
う
な
感
興
を
味
  
 
銭
形
は
そ
の
 
今
だ
味
わ
っ
た
こ
と
の
な
い
至
福
の
感
触
を
下
  
 
う
ほ
っ
 
  
形
の
腿
全
体
に
押
し
拡
が
り
 
そ
の
大
半
を
包
み
こ
ん
だ
 °
  
飽
き
足
ら
ず
 
下
半
身
に
押
し
付
け
ら
れ
て
大
き
く
た
わ
み
 
  
 
そ
の
巨
大
な
乳
房
は
銭
形
の
股
間
を
飲
み
込
む
だ
け
で
は
到
底
  
ら
見
え
る
胸
の
谷
間
に
一
気
に
く
わ
え
込
ん
だ
 °
  
た
っ
て
い
る
逸
物
を
 
無
限
の
奥
深
さ
を
持
っ
て
い
る
よ
う
に
す
  
く
 °
不
二
子
は
そ
の
瞬
間
を
見
計
ら
い
 
銭
形
の
股
間
に
そ
そ
り
  
期
待
感
が
一
層
高
ま
り
 
そ
の
眼
か
ら
警
戒
の
色
が
薄
ら
い
で
い
  
間
そ
の
ま
ま
じ
っ
と
じ
ら
さ
せ
て
お
い
た
 °
待
た
さ
れ
る
こ
と
で

   

  
 
  
は
確
実
だ
っ
た
 °
  
刺
激
が
快
感
と
な
っ
て
彼
の
あ
ら
ゆ
る
神
経
に
侵
食
し
て
い
る
事
  
 
そ
の
次
の
瞬
間
 
銭
形
の
表
情
が
変
わ
っ
た
 
明
ら
か
に
そ
の
  
:
 
う
 
う
 
う
|
|
 
  
 
う
ぉ
っ
 
こ
れ
は
:
:
 °
し
か
し
:
:
 
あ
う
っ
:
:
 
が
:
  
た
 °
  
な
波
と
な
っ
て
銭
形
の
逸
物
に
さ
ら
に
強
烈
な
刺
激
を
与
え
始
め
  
2
つ
の
乳
房
が
ダ
イ
ナ
ミ
ッ
ク
に
揺
れ
動
く
 °
そ
の
揺
れ
が
大
き
  
っ
て
い
た
手
を
大
き
く
動
か
し
始
め
た
 °
そ
の
動
き
に
合
わ
せ
て
  
 
そ
の
言
葉
を
合
図
に
 
不
二
子
は
大
き
な
乳
房
の
下
に
あ
て
が
  
て
っ
て
あ
げ
る
 
  
た
男
な
ん
て
い
な
い
ん
だ
か
ら
 °
心
配
し
な
い
で
 °
天
国
に
連
れ
  
 
だ
ぁ
め
 °
こ
う
な
っ
て
 
わ
た
し
の
お
っ
ぱ
い
か
ら
逃
れ
ら
れ
  
調
を
鋭
く
し
て
囁
い
た
 °
  
 
そ
の
言
葉
を
耳
に
し
て
 
不
二
子
は
顔
を
あ
げ
 
い
く
ぶ
ん
口
  
中
:
:
 
  
 
い
 
い
や
:
:
し
か
し
:
:
私
は
公
僕
だ
 °
し
か
も
公
務
執
行
  
ま
だ
ど
こ
か
に
残
っ
て
い
た
 °
  
に
は
 
ど
う
し
て
も
そ
の
感
興
に
身
を
ゆ
だ
ね
き
れ
な
い
部
分
が

   

  
相
当
の
重
量
が
あ
る
の
だ
 °
そ
れ
を
彼
女
の
∧
鍛
え
抜
か
れ
て
い
  
た
 °
無
理
も
な
い
 °
不
二
子
の
超
特
大
の
バ
ス
ト
は
そ
れ
だ
け
で
  
 
そ
の
う
ち
 
不
二
子
の
両
の
腕
に
次
第
に
疲
れ
が
た
ま
っ
て
き
  
 
逆
に
不
二
子
の
方
に
あ
せ
り
の
色
が
出
始
め
た
 °
  
∧
な
ん
て
こ
と
な
の
:
:
 °
こ
ん
な
は
ず
は
:
:
∨
  
か
っ
た
 °
  
れ
を
は
る
か
に
越
え
て
も
銭
形
は
な
お
も
射
精
し
よ
う
と
は
し
な
  
っ
て
そ
の
快
感
に
耐
え
続
け
た
 °
1
分
:
:
2
分
:
:
い
や
 
  
 
し
か
し
|
|
銭
形
は
こ
こ
に
き
て
も
な
お
強
靭
な
自
制
心
を
持
  
:
 °
  
絶
対
の
自
信
が
あ
っ
た
 °
こ
れ
で
銭
形
も
程
な
く
堕
ち
る
 
と
:
  
ら
も
の
の
1
分
と
も
た
ず
に
果
て
て
し
ま
う
の
だ
 °
不
二
子
に
は
  
な
い
 °
あ
の
ル
パ
ン
で
す
ら
 
今
の
不
二
子
の
超
乳
に
挟
ま
れ
た
  
 
不
二
子
の
バ
ス
ト
の
魅
力
に
と
り
こ
に
な
ら
な
い
男
な
ん
て
い
  
ご
き
続
け
た
 °
  
 
不
二
子
は
銭
形
の
逸
物
を
飲
み
込
ん
だ
ま
ま
さ
ら
に
強
烈
に
し
  
 
よ
っ
ぽ
ど
わ
た
し
の
お
っ
ぱ
い
が
気
に
入
っ
た
み
た
い
ね
 
  
て
き
た
 °
  
鋼
の
よ
う
に
変
化
し
て
い
く
の
が
 
不
二
子
に
も
感
触
で
伝
わ
っ
  
 
銭
形
の
逸
物
が
 
不
二
子
の
胸
の
中
で
さ
ら
に
堅
く
 
ま
る
で

   

  
 
あ
ら
聴
こ
え
た
?
さ
す
が
い
い
耳
し
て
る
わ
ね
 °
そ
う
:
:
さ
  
か
 
あ
の
音
は
:
:
 
  
 
カ
シ
ャ
?
|
|
 °
お
い
今
カ
シ
ャ
っ
て
音
が
:
:
 °
あ
 
ま
さ
  
つ
 
そ
の
耳
に
響
い
て
き
た
 °
  
 
そ
の
時
|
|
銭
形
の
心
を
つ
き
刺
す
よ
う
な
刺
激
が
も
う
ひ
と
  
 
  
苦
戦
を
強
い
ら
れ
て
い
た
 °
  
か
 
銭
形
が
果
て
る
の
が
先
か
:
:
不
二
子
は
思
っ
て
も
み
な
い
  
何
分
こ
の
動
き
を
続
け
ら
れ
る
だ
ろ
う
 °
自
分
が
ば
て
る
の
が
先
  
不
二
子
は
両
腕
に
少
し
づ
つ
だ
る
さ
を
感
じ
始
め
て
い
た
 °
あ
と
  
イ
ン
ド
は
さ
ら
に
勢
い
を
増
し
て
い
く
 °
し
か
し
そ
の
一
方
で
 
  
快
楽
を
間
断
な
く
叩
き
込
ん
で
い
っ
た
 °
そ
の
胸
の
強
烈
な
グ
ラ
  
わ
ず
お
腹
と
言
わ
ず
 
そ
の
胸
が
触
れ
る
あ
ら
ゆ
る
所
に
極
上
の
  
動
は
そ
の
大
き
な
胸
全
体
に
共
鳴
・
増
幅
し
 
銭
形
の
股
間
と
言
  
形
の
下
半
身
を
攻
め
続
け
て
い
た
 °
不
二
子
の
腕
か
ら
生
じ
る
波
  
 
も
う
5
分
も
経
過
し
た
ろ
う
か
 °
不
二
子
は
な
お
も
果
敢
に
銭
  
∧
銭
形
が
:
:
こ
ん
な
に
手
ご
わ
い
だ
な
ん
て
:
:
∨
  
で
も
分
か
っ
た
 °
  
が
か
か
る
 °
腕
に
少
し
づ
つ
疲
労
が
蓄
積
さ
れ
て
い
く
の
が
自
分
  
る
と
は
い
え
∨
華
奢
な
腕
で
動
か
し
続
け
る
こ
と
は
大
き
な
負
荷

   

  
 
キ
ャ
ッ
 
  
顔
に
ま
で
降
り
か
か
っ
て
き
た
 °
  
不
二
子
の
奥
深
い
胸
の
谷
間
か
ら
を
も
飛
び
出
し
て
 
不
二
子
の
  
前
触
れ
も
な
く
大
量
に
噴
き
出
し
て
き
た
 °
勢
い
余
っ
た
そ
れ
は
 
  
 
長
い
こ
と
自
制
し
続
け
て
い
た
精
が
 
銭
形
の
逸
物
の
先
か
ら
  
 
決
着
は
唐
突
に
つ
い
た
 °
  
 
  
だ
 °
  
続
け
て
き
た
快
楽
が
脳
髄
の
奥
ま
で
一
気
に
駆
け
上
っ
て
き
た
の
  
壊
れ
か
け
 
そ
の
隙
を
突
い
て
不
二
子
が
今
ま
で
下
半
身
に
与
え
  
そ
れ
ま
で
巌
の
よ
う
に
堅
固
な
様
子
を
崩
さ
な
か
っ
た
自
制
心
が
  
 
し
か
し
 
今
の
銭
形
に
は
そ
の
動
揺
は
思
わ
ぬ
方
向
に
動
い
た
 °
  
し
た
 °
  
 
破
滅
だ
|
|
 °
銭
形
の
心
の
中
で
 
何
か
が
崩
れ
落
ち
た
気
が
  
行
行
為
 
そ
の
証
拠
写
真
!
!
  
た
の
か
 °
こ
の
変
質
者
の
よ
う
な
格
好
 
そ
し
て
敵
の
女
と
の
淫
  
 
銭
形
の
顔
か
ら
サ
ッ
と
血
の
気
が
引
い
た
 °
そ
う
い
う
事
だ
っ
  
わ
ね
 
  
撮
ら
せ
て
も
ら
っ
て
る
の
 °
フ
フ
:
:
ど
う
い
う
意
味
か
分
か
る
  
っ
き
か
ら
セ
ル
フ
タ
イ
マ
|
で
 
あ
な
た
の
様
子
を
連
続
写
真
に

   

  
 
ま
 
い
い
か
 °
と
り
あ
え
ず
目
的
は
達
成
で
き
た
ん
だ
し
 
  
 
  
い
た
 °
  
 
不
二
子
は
ち
ょ
っ
と
困
っ
た
表
情
で
そ
の
場
に
立
ち
つ
く
し
て
  
 
こ
こ
ま
で
や
る
つ
も
り
な
か
っ
た
ん
だ
け
ど
な
ぁ
 
  
分
目
覚
め
そ
う
に
な
い
 °
  
至
福
の
表
情
を
浮
か
べ
な
が
ら
 
完
全
に
気
を
失
っ
て
い
た
 °
  
 
不
二
子
が
駆
け
寄
っ
た
時
:
:
銭
形
は
見
た
こ
と
な
い
よ
う
な
  
発
の
パ
ン
チ
は
銭
形
の
心
身
を
喪
失
さ
せ
る
に
充
分
だ
っ
た
 °
  
態
に
あ
る
所
に
 
や
わ
ら
か
い
と
は
い
え
巨
大
な
質
量
を
持
つ
2
  
 
不
二
子
が
そ
う
思
っ
た
時
は
遅
か
っ
た
 °
射
精
直
後
の
虚
脱
状
  
 
あ
 
い
っ
け
な
い
 
  
形
の
顎
に
下
か
ら
ア
ッ
パ
|
カ
ッ
ト
を
喰
ら
わ
せ
た
 °
  
状
態
の
銭
形
の
右
頬
に
ぶ
ち
当
た
り
 
次
の
瞬
間
右
の
乳
房
が
銭
  
き
く
跳
ね
上
が
っ
た
の
だ
 °
そ
し
て
|
|
ま
ず
左
の
乳
房
が
放
心
  
増
幅
さ
れ
て
伝
わ
り
 
そ
の
反
動
で
2
つ
の
乳
房
が
こ
ぞ
っ
て
大
  
い
 °
腰
を
浮
か
し
た
勢
い
は
不
二
子
の
大
き
な
乳
房
に
何
倍
に
も
  
房
の
谷
間
か
ら
開
放
さ
れ
た
 °
し
か
し
そ
れ
だ
け
で
は
終
わ
ら
な
  
な
叫
び
声
を
上
げ
る
 °
思
わ
ず
腰
を
浮
か
し
た
拍
子
に
逸
物
が
乳
  
 
予
想
だ
に
し
て
い
な
か
っ
た
事
態
に
不
二
子
も
と
っ
さ
に
小
さ

   

  
一
そ
の
ネ
ガ
が
流
出
し
た
場
合
 
不
二
子
自
身
も
ま
ず
い
こ
と
に
  
実
際
に
写
真
を
撮
る
こ
と
も
考
え
た
が
 
そ
う
す
る
と
 
も
し
万
  
写
真
を
撮
ら
れ
た
 
と
思
い
込
ま
せ
る
こ
と
に
あ
っ
た
 °
最
初
 
  
 
そ
う
 °
今
回
 
不
二
子
の
真
の
目
的
は
 
銭
形
に
 
自
分
と
の
  
 
  
不
二
子
は
思
わ
ず
会
心
の
笑
み
を
浮
か
べ
た
 °
  
 
カ
シ
ャ
ッ
 °
カ
メ
ラ
が
ま
た
タ
イ
ミ
ン
グ
よ
く
音
を
立
て
る
 °
  
 
は
い
 
い
い
お
顔
で
す
ね
|
 °
そ
う
そ
う
 
笑
っ
て
|
 
  
を
構
え
て
写
真
を
撮
る
真
似
を
し
た
 °
  
 
不
二
子
は
ク
ス
ッ
と
微
笑
す
る
と
銭
形
の
方
を
向
き
 
カ
メ
ラ
  
物
だ
っ
た
 °
  
だ
 
等
間
隔
に
シ
ャ
ッ
タ
|
を
鳴
ら
す
よ
う
細
工
し
た
だ
け
の
代
  
 
実
は
 
そ
の
カ
メ
ラ
の
中
に
フ
イ
ル
ム
は
入
っ
て
い
な
い
 °
  
い
込
ん
で
く
れ
た
わ
 
  
 
銭
形
警
部
 
こ
の
音
を
聞
い
て
す
っ
か
り
撮
っ
て
る
も
の
と
思
  
れ
は
ま
た
 
カ
シ
ャ
ッ
 
と
乾
い
た
音
を
立
て
た
 °
  
て
あ
っ
た
小
型
の
カ
メ
ラ
を
取
り
出
し
た
 °
手
に
し
た
途
端
 
  
ん
ぷ
る
ん
と
踊
り
ま
わ
っ
て
い
る
 °
そ
し
て
 
隅
に
巧
妙
に
隠
し
  
で
も
な
い
の
に
 
両
胸
で
張
り
切
っ
た
2
つ
の
お
っ
ぱ
い
が
ぷ
る
  
 
不
二
子
は
部
屋
の
一
角
に
歩
み
寄
っ
た
 °
さ
し
て
激
し
い
動
き

   

  
こ
ぞ
と
ば
か
り
に
成
長
し
ち
ゃ
う
ん
だ
も
ん
な
ぁ
:
:
 
  
 
や
だ
 
ま
た
:
:
 °
も
う
 
常
に
締
め
つ
け
と
か
な
い
と
 
  
今
に
も
限
界
を
超
え
て
は
じ
け
飛
び
そ
う
だ
っ
た
 °
  
地
は
さ
っ
き
と
比
べ
物
に
な
ら
な
い
ぐ
ら
い
激
し
く
引
き
つ
り
 
  
ま
で
い
っ
た
も
の
の
 
フ
ァ
ス
ナ
|
を
上
げ
る
に
つ
れ
て
胸
の
布
  
に
苦
労
し
た
 °
な
ん
と
か
背
中
の
フ
ァ
ス
ナ
|
を
上
げ
る
と
こ
ろ
  
は
思
え
な
い
ぐ
ら
い
 
そ
の
胸
が
ひ
っ
か
か
っ
て
中
に
納
め
る
の
  
た
 °
し
か
し
 
つ
い
先
ほ
ど
ま
で
着
て
い
た
服
な
の
に
 
そ
う
と
  
先
ほ
ど
脱
ぎ
捨
て
た
ワ
ン
ピ
|
ス
を
も
う
一
度
身
に
着
け
は
じ
め
  
 
不
二
子
は
自
分
に
ふ
り
か
か
っ
た
銭
形
の
精
を
ふ
き
取
る
と
 
  
 
  
め
る
キ
|
ワ
|
ド
と
し
て
末
永
く
使
え
る
だ
ろ
う
 °
  
今
回
の
こ
と
だ
け
で
は
な
く
|
|
今
後
 
銭
形
の
動
き
を
封
じ
込
  
ん
な
ネ
ガ
な
ど
最
初
っ
か
ら
見
つ
か
る
訳
は
な
い
の
だ
 °
こ
れ
は
  
そ
の
写
真
の
ネ
ガ
を
完
全
に
処
分
す
る
ま
で
は
:
:
 °
し
か
し
そ
  
と
し
て
も
|
|
そ
の
写
真
の
存
在
に
お
び
え
続
け
る
に
違
い
な
い
 °
  
銭
形
は
|
|
お
そ
ら
く
今
後
不
二
子
が
ど
ん
な
に
否
定
し
続
け
た
  
そ
れ
な
ら
ば
自
分
に
リ
ス
ク
は
起
こ
り
え
な
い
し
 
一
方
実
直
な
  
も
し
な
い
写
真
を
撮
ら
れ
た
と
思
い
込
ま
せ
る
 
こ
と
だ
っ
た
 °
  
な
り
か
ね
な
い
 °
そ
こ
で
不
二
子
が
考
え
た
の
が
 
銭
形
に
あ
り

   

  
に
な
っ
て
ね
 °
  
も
の
 °
こ
れ
か
ら
は
ず
っ
と
わ
た
し
の
言
う
こ
と
を
き
く
い
い
子
  
 
そ
 
銭
形
さ
ん
 
こ
の
わ
た
し
と
あ
ん
な
い
い
こ
と
し
た
ん
だ
  
な
く
舞
い
降
り
る
 °
  
 
1
枚
の
便
箋
は
ひ
ら
ひ
ら
と
 
気
絶
し
た
銭
形
の
鼻
先
に
音
も
  
元
に
放
り
出
し
た
 °
  
 
最
後
に
便
箋
に
キ
ス
マ
|
ク
を
つ
け
る
と
 
ハ
ラ
リ
と
銭
形
の
  
 
  
二
子
 
  
 
忘
れ
ち
ゃ
だ
め
よ
 °
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
不
  
か
ら
ね
 °
  
 
二
人
の
思
い
出
は
 
フ
イ
ル
ム
に
し
っ
か
り
焼
き
付
け
と
い
た
  
 
銭
形
さ
ん
 
今
晩
は
素
敵
だ
っ
た
わ
 °
  
 
  
と
 
こ
う
走
り
書
き
し
た
 °
  
 
そ
し
て
最
後
に
 
机
の
上
に
置
か
れ
た
便
箋
を
1
枚
手
に
と
る
  
い
る
だ
ろ
う
:
:
 °
  
て
み
る
の
が
楽
し
み
に
な
っ
て
き
た
 °
今
度
は
何
セ
ン
チ
増
え
て
  
し
そ
う
だ
っ
た
 °
ア
ジ
ト
に
帰
っ
て
か
ら
 
ま
た
バ
ス
ト
を
測
っ
  
 
し
か
し
言
葉
と
は
う
ら
は
ら
に
 
不
二
子
の
顔
は
な
ん
だ
か
嬉

   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
に
包
ま
れ
た
 °
  
 
ド
ア
の
閉
ま
る
音
が
か
す
か
に
響
き
わ
た
り
 
部
屋
は
真
の
闇
  
 
  
起
こ
さ
な
い
よ
う
に
ド
ア
に
向
か
い
 
部
屋
の
電
気
を
消
し
た
 °
  
 
そ
う
言
い
残
す
と
 
不
二
子
は
例
の
カ
メ
ラ
を
手
に
 
そ
っ
と
  
 
|
|
そ
れ
じ
ゃ
 
お
や
す
み
な
さ
い
 










  > ≫