と
し
た
時
 
妹
が
急
に
口
を
つ
ぐ
み
 
じ
っ
と
こ
ち
ら
を
見
つ
め
  
 
そ
ん
な
軽
口
を
た
た
き
な
が
ら
お
互
い
の
部
屋
の
前
に
入
ろ
う
  
 
だ
か
ら
|
|
ち
ょ
っ
と
だ
け
っ
て
言
っ
て
る
じ
ゃ
な
い
!
 
  
お
母
さ
ん
任
せ
だ
っ
た
じ
ゃ
な
い
か
 
  
 
う
そ
つ
け
 °
準
備
し
て
い
る
と
こ
ろ
見
て
た
け
ど
 
ほ
と
ん
ど
  
 
わ
た
し
も
ち
ょ
っ
と
は
手
伝
っ
た
ん
だ
か
ら
ね
 
  
っ
て
く
る
 °
  
 
そ
の
言
葉
に
 
妹
が
ち
ょ
っ
と
ふ
て
く
さ
れ
気
味
に
突
っ
か
か
  
も
ん
な
 
  
は
そ
の
お
祝
い
だ
っ
た
 °
 
お
母
さ
ん
 
す
ご
い
張
り
切
っ
て
た
  
た
妹
は
4
月
か
ら
僕
と
同
じ
高
校
に
通
う
こ
と
に
な
っ
た
 °
今
晩
  
 
今
日
は
妹
の
高
校
受
験
の
発
表
日
 °
見
事
第
一
志
望
を
突
破
し
  
 
今
日
は
す
ご
い
ご
ち
そ
う
だ
っ
た
よ
な
 
  
一
緒
に
階
段
を
上
っ
て
い
た
 °
  
 
夕
飯
を
終
え
た
後
 
僕
は
妹
と
そ
れ
ぞ
れ
の
部
屋
に
向
か
っ
て
  
 
  
第
1
話
  
  
ジ
グ
ラ
ッ
ト
 
作
  
僕
の
妹























≪ <  

  
の
前
か
ら
ま
だ
3
日
と
経
っ
て
い
な
い
の
に
 °
近
頃
だ
ん
だ
ん
間
  
と
い
う
葛
藤
が
心
に
渦
巻
い
て
い
た
 °
∧
け
ど
 
も
う
:
:
 °
  
ド
ア
を
閉
め
て
か
ら
 
ほ
ん
と
う
に
こ
れ
で
い
い
ん
だ
ろ
う
か
 
  
 
一
旦
そ
の
ま
ま
別
れ
て
互
い
の
部
屋
に
入
る
 °
し
か
し
部
屋
の
  
 
  
う
な
ず
く
し
か
な
か
っ
た
 °
  
僕
の
顔
を
見
つ
め
る
 °
そ
の
目
で
見
ら
れ
る
と
弱
い
 °
僕
は
た
だ
  
至
近
距
離
で
顔
を
上
げ
 
上
目
遣
い
で
哀
願
す
る
よ
う
に
じ
っ
と
  
 
ま
た
:
:
後
で
 
お
に
い
ち
ゃ
ん
の
部
屋
に
行
っ
て
い
い
?
 
  
た
 °
  
ぱ
り
:
:
 °
僕
は
そ
の
胸
の
感
触
か
ら
妹
の
次
の
言
葉
を
確
信
し
  
し
た
胸
を
無
造
作
に
こ
ち
ら
に
押
し
つ
け
て
く
る
 °
あ
あ
 
や
っ
  
 
妹
は
う
つ
む
き
加
減
に
近
づ
い
て
き
て
 
そ
の
大
き
く
突
き
出
  
何
を
言
い
出
す
か
は
も
う
よ
く
分
か
っ
て
い
た
 °
  
 
あ
:
:
 °
僕
は
察
し
て
表
情
が
こ
わ
ば
る
 °
妹
が
こ
う
い
う
時
 
  
を
つ
け
た
物
言
い
だ
っ
た
 °
  
ひ
っ
そ
り
と
 
下
に
い
る
両
親
に
は
絶
対
に
聞
え
な
い
よ
う
に
気
  
 
妹
の
口
が
開
く
 °
先
ほ
ど
と
は
明
ら
か
に
声
の
ト
|
ン
が
違
う
 °
  
 
お
に
い
ち
ゃ
ん
:
:
 
  
て
い
る
こ
と
に
気
づ
い
た
 °















   

  
 
し
か
し
数
ヶ
月
に
わ
た
っ
た
休
み
の
た
め
も
ち
ろ
ん
授
業
に
つ
  
と
か
進
級
す
る
こ
と
が
で
き
た
 °
  
な
い
ま
ま
急
に
持
ち
直
し
 
そ
れ
か
ら
は
1
日
も
休
ま
ず
に
な
ん
  
っ
た
 °
そ
れ
が
中
2
の
終
わ
り
頃
に
な
っ
て
理
由
が
よ
く
分
か
ら
  
ん
と
か
し
よ
う
と
は
し
た
が
ど
う
や
っ
て
も
塞
ぎ
込
ん
だ
ま
ま
だ
  
し
か
っ
た
妹
の
急
な
変
化
に
僕
も
両
親
も
訳
が
分
か
ら
な
い
 °
  
ま
で
行
っ
て
し
ま
っ
た
ぐ
ら
い
だ
 °
そ
れ
ま
で
真
面
目
で
お
と
な
  
ず
 
あ
や
う
く
留
年
に
な
る
か
も
し
れ
な
い
ギ
リ
ギ
リ
の
と
こ
ろ
  
学
校
に
も
ま
っ
た
く
行
か
な
い
日
が
続
い
た
 °
出
席
日
数
が
足
ら
  
抗
期
だ
っ
た
ん
だ
ろ
う
か
 
ほ
と
ん
ど
引
き
こ
も
り
状
態
に
な
り
 
  
 
そ
れ
よ
り
少
し
前
 
史
緒
は
し
ば
ら
く
の
間
荒
れ
て
い
た
 °
  
い
出
す
な
ん
て
そ
の
時
ま
で
想
像
だ
に
で
き
な
か
っ
た
 °
  
に
も
忘
れ
ら
れ
な
い
 °
ま
さ
か
妹
が
|
|
史
緒
が
あ
ん
な
事
を
言
  
緒
が
中
3
に
な
っ
て
間
も
な
い
頃
だ
っ
た
 °
あ
の
日
の
事
は
ど
う
  
 
僕
が
妹
の
史
緒
と
こ
ん
な
こ
と
に
な
っ
た
の
は
|
|
あ
れ
は
史
  
 
  
 
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
  
 
  
か
:
:
?
∨
  
隔
が
せ
ば
ま
っ
て
き
て
い
る
み
た
い
だ
|
|
本
当
に
大
丈
夫
な
の

   

  
校
は
一
応
進
学
校
っ
て
や
つ
で
 
僕
は
運
良
く
入
れ
た
も
の
の
入
  
言
し
た
の
だ
 °
こ
れ
に
は
父
も
母
も
驚
い
た
 °
僕
が
行
っ
て
る
高
  
前
で
い
き
な
り
 
お
に
い
ち
ゃ
ん
と
同
じ
高
校
に
行
く
!
 
と
宣
  
 
そ
し
て
無
事
中
3
に
進
級
し
た
あ
る
日
の
こ
と
 
妹
は
家
族
の
  
 
  
あ
っ
た
 °
  
う
こ
と
も
し
ば
し
ば
で
 
そ
の
頑
張
り
に
は
目
を
見
張
る
も
の
が
  
 
あ
 
そ
う
か
 °
こ
う
い
う
こ
と
ね
 
と
自
分
で
解
決
し
て
し
ま
  
が
 
意
外
に
呑
み
こ
み
の
い
い
妹
の
こ
と
 
話
し
て
い
る
内
に
  
い
た
事
も
多
く
こ
ち
ら
の
方
が
詰
ま
っ
て
し
ま
う
こ
と
も
あ
っ
た
  
く
て
時
間
の
許
す
限
り
つ
き
あ
っ
て
や
っ
た
 °
正
直
忘
れ
か
け
て
  
い
て
く
れ
な
か
っ
た
妹
の
急
変
ぶ
り
に
驚
き
つ
つ
も
 
内
心
嬉
し
  
な
っ
た
 °
僕
は
と
言
う
と
 
そ
れ
ま
で
し
ば
ら
く
ろ
く
に
口
も
聞
  
ど
う
い
う
意
味
だ
と
連
日
妹
の
質
問
攻
め
に
あ
わ
さ
れ
る
羽
目
に
  
は
 
家
に
帰
る
と
毎
日
 
こ
こ
は
ど
う
な
っ
て
る
ん
だ
 
あ
れ
は
  
つ
き
先
が
|
|
僕
だ
っ
た
 °
も
う
既
に
高
校
生
に
な
っ
て
い
た
僕
  
を
取
り
戻
そ
う
と
必
死
に
喰
ら
い
つ
こ
う
と
し
た
 °
そ
の
喰
ら
い
  
こ
か
ら
頑
張
っ
た
 °
自
棄
に
な
る
こ
と
も
な
く
 
な
ん
と
か
遅
れ
  
然
の
ご
と
く
成
績
は
急
落
し
て
し
ま
っ
た
 °
し
か
し
|
|
妹
は
そ
  
い
て
こ
れ
る
訳
は
な
く
 
完
全
に
置
い
て
け
ぼ
り
を
喰
ら
っ
て
当

   

  
く
る
様
を
可
愛
く
思
っ
た
が
|
|
一
方
で
 
単
に
妹
だ
か
ら
と
い
  
 
な
に
よ
り
 
お
に
い
ち
ゃ
ん
 
と
懸
命
に
こ
ち
ら
に
向
か
っ
て
  
っ
た
 °
  
え
て
い
き
 
や
が
て
2
年
の
時
の
遅
れ
を
完
全
に
取
り
戻
し
て
い
  
必
死
に
頑
張
る
う
ち
に
だ
ん
だ
ん
形
に
な
っ
て
い
く
の
が
目
に
見
  
手
を
つ
け
て
い
い
か
途
方
に
く
れ
る
ほ
ど
だ
っ
た
妹
の
学
力
も
 
  
を
す
る
よ
う
に
な
っ
た
 °
最
初
の
う
ち
は
ほ
ん
と
う
に
ど
こ
か
ら
  
 
そ
の
日
か
ら
 
妹
は
連
日
僕
の
部
屋
に
来
て
は
何
時
間
も
勉
強
  
 
  
に
な
っ
て
る
か
ら
 
と
折
れ
る
し
か
な
か
っ
た
 °
  
 
い
い
よ
僕
は
 °
ま
だ
2
年
だ
し
 
け
っ
こ
う
い
い
基
礎
の
復
習
  
時
ば
か
り
は
絶
対
に
自
分
の
意
見
を
翻
そ
う
と
し
な
い
 °
結
局
 
  
よ
う
に
続
け
ら
れ
る
か
ど
う
か
不
安
だ
っ
た
 °
し
か
し
妹
は
こ
の
  
強
も
こ
れ
か
ら
忙
し
く
な
り
そ
う
だ
し
 
正
直
こ
れ
か
ら
も
同
じ
  
言
え
な
い
こ
と
も
な
い
が
 
大
学
受
験
を
控
え
て
自
分
の
受
験
勉
  
ま
あ
そ
れ
ま
で
だ
っ
て
実
質
そ
う
な
っ
て
た
か
ら
 
大
差
な
い
と
  
 
そ
の
た
め
に
お
に
い
ち
ゃ
ん
に
勉
強
を
見
て
も
ら
い
た
い
 
と
 °
  
し
い
が
 
は
た
し
て
|
|
 °
し
か
し
妹
は
さ
ら
に
こ
う
続
け
た
 °
  
校
拒
否
し
て
い
た
妹
が
目
指
す
と
言
う
の
だ
 °
そ
の
気
持
ち
は
嬉
  
試
は
決
し
て
や
さ
し
く
は
な
い
 °
そ
れ
を
つ
い
こ
な
い
だ
ま
で
登

   

  
い
合
っ
て
座
っ
て
い
る
と
 
妹
の
側
の
机
が
そ
の
大
き
な
胸
で
か
  
そ
の
後
も
成
長
し
続
け
て
い
た
の
だ
ろ
う
 °
こ
う
し
て
机
に
向
か
  
っ
た
 
と
母
に
話
し
て
い
る
の
が
耳
に
入
っ
て
し
ま
っ
た
の
で
 
  
 
そ
れ
か
ら
も
何
度
か
 
妹
が
 
ま
た
ブ
ラ
が
き
つ
く
な
っ
ち
ゃ
  
で
は
ま
っ
た
く
収
ま
り
き
ら
な
い
サ
イ
ズ
に
ま
で
成
長
し
て
い
た
 °
  
だ
が
|
|
あ
き
れ
た
事
に
 
そ
の
時
も
う
既
に
妹
の
胸
は
既
製
品
  
が
修
復
し
た
後
 
ま
ず
2
人
し
て
行
っ
た
の
が
ブ
ラ
探
し
だ
っ
た
 °
  
て
し
ま
っ
た
 °
そ
の
後
 
妹
の
反
抗
期
が
納
ま
り
 
母
と
の
関
係
  
は
適
切
な
ブ
ラ
の
処
置
も
で
き
な
い
ま
ま
ま
す
ま
す
内
に
こ
も
っ
  
の
関
係
が
な
に
よ
り
一
番
こ
じ
れ
て
い
た
時
期
だ
っ
た
た
め
 
  
る
母
親
が
一
番
の
相
談
相
手
に
な
れ
る
は
ず
だ
が
|
|
特
に
母
と
  
て
い
た
 °
こ
う
い
う
時
 
家
の
中
で
は
普
通
 
唯
一
の
同
性
で
あ
  
た
り
前
だ
が
 
妹
の
胸
の
膨
ら
み
方
は
ち
ょ
っ
と
人
並
み
は
ず
れ
  
齢
的
に
そ
う
い
う
年
頃
だ
っ
た
ん
だ
か
ら
当
た
り
前
と
言
え
ば
当
  
に
見
え
て
ぐ
ん
ぐ
ん
と
前
に
せ
り
出
し
て
い
っ
た
 °
ち
ょ
う
ど
年
  
れ
て
い
る
頃
|
|
ち
ょ
う
ど
そ
の
あ
た
り
か
ら
 
史
緒
の
胸
は
目
  
 
そ
う
 
ち
ょ
う
ど
妹
が
荒
れ
て
家
の
中
が
険
悪
な
空
気
に
包
ま
  
 
  
も
否
定
で
き
な
か
っ
た
 °
  
う
だ
け
で
は
済
ま
さ
れ
な
い
気
持
ち
が
僕
の
心
に
湧
い
て
き
た
の

   

  
 
妹
と
は
い
え
 
年
頃
の
女
の
子
の
気
持
ち
は
分
か
ら
な
い
事
だ
  
∧
ど
う
し
た
ん
だ
ろ
う
∨
  
せ
な
か
っ
た
 °
  
反
抗
期
が
ぶ
り
返
す
よ
う
な
予
感
が
あ
っ
て
 
ど
う
し
て
も
見
放
  
い
と
は
思
っ
た
が
 
な
ん
だ
か
こ
こ
で
下
手
を
打
つ
と
か
つ
て
の
  
て
も
教
科
書
を
開
こ
う
と
も
し
な
い
 °
こ
れ
で
は
勉
強
に
な
ら
な
  
 
要
領
を
得
な
い
生
返
事
を
繰
り
返
す
だ
け
で
 
い
つ
ま
で
経
っ
  
 
う
 
う
ん
:
:
 
  
 
な
に
?
ど
う
か
し
た
?
 
  
め
た
顔
で
じ
っ
と
し
た
ま
ま
時
間
が
た
だ
過
ぎ
て
い
っ
た
 °
  
も
通
り
部
屋
に
入
っ
て
き
て
も
一
言
も
喋
ら
ず
 
な
に
か
思
い
つ
  
 
し
か
し
あ
の
日
 
史
緒
の
様
子
は
最
初
か
ら
変
だ
っ
た
 °
い
つ
  
 
  
胸
を
前
に
 
自
分
の
気
持
ち
を
押
さ
え
込
む
の
が
や
っ
と
だ
っ
た
 °
  
対
悟
ら
れ
て
は
な
ら
な
い
 °
日
に
日
に
迫
力
を
増
し
て
い
く
妹
の
  
し
か
し
兄
と
し
て
 
そ
ん
な
気
持
ち
を
抱
え
て
い
る
の
を
妹
に
絶
  
い
勢
い
で
ず
り
寄
っ
て
き
て
 
目
の
や
り
場
に
困
っ
て
し
ま
う
 °
  
て
く
る
も
の
だ
か
ら
 
そ
の
大
き
な
胸
が
さ
ら
に
こ
ち
ら
に
す
ご
  
こ
こ
な
ん
だ
け
ど
さ
ぁ
:
:
 
と
無
邪
気
に
こ
ち
ら
に
寄
り
添
っ
  
な
り
覆
わ
れ
て
し
ま
っ
て
い
る
 °
そ
の
上
 
 
お
に
い
ち
ゃ
ん
 

   

  
ら
な
い
 °
な
ん
で
こ
ん
な
こ
と
喋
る
の
に
あ
ん
な
に
悩
む
必
要
が
  
 
は
?
話
が
い
っ
た
い
ど
こ
に
飛
ん
で
い
く
の
か
ま
っ
た
く
分
か
  
の
肩
も
ん
で
た
じ
ゃ
な
い
 
  
 
あ
の
:
:
今
日
の
夕
ご
飯
の
後
 
お
に
い
ち
ゃ
ん
 
お
母
さ
ん
  
る
も
の
だ
っ
た
 °
  
と
開
い
た
妹
の
口
か
ら
出
た
言
葉
は
 
な
ん
だ
か
拍
子
抜
け
が
す
  
沈
黙
は
さ
ら
に
数
分
は
続
く
 °
い
い
加
減
焦
れ
て
き
た
頃
 
や
っ
  
 
し
か
た
が
な
い
 °
も
う
少
し
待
っ
て
み
よ
う
と
座
り
な
お
す
が
 
  
奪
わ
れ
て
し
ま
い
 
二
の
句
が
告
げ
な
く
な
っ
て
し
ま
っ
た
 °
  
こ
ち
ら
に
向
か
っ
て
せ
り
上
が
る
 °
僕
は
そ
の
胸
に
思
わ
ず
目
を
  
に
大
き
く
深
呼
吸
を
2
度
 
3
度
 °
そ
の
度
に
大
き
な
胸
が
一
層
  
ば
か
り
は
機
先
を
制
し
て
き
た
 °
そ
し
て
意
を
決
し
た
か
の
よ
う
  
 
待
っ
て
!
 
史
緒
は
こ
ち
ら
の
気
持
ち
を
察
し
た
の
か
 
こ
こ
  
と
口
を
開
き
か
け
た
そ
の
時
だ
っ
た
 °
  
な
っ
て
き
た
 °
今
日
の
と
こ
ろ
は
切
り
上
げ
た
方
が
よ
さ
そ
う
だ
  
 
僕
は
け
っ
こ
う
辛
抱
強
く
待
っ
た
が
 
い
い
加
減
時
間
も
遅
く
  
繰
り
返
す
ば
か
り
だ
っ
た
 °
  
回
り
す
る
だ
け
で
な
ん
の
言
葉
も
出
ず
 
ま
た
口
を
つ
ぐ
む
事
を
  
に
し
て
 
何
度
か
言
い
た
げ
な
顔
を
し
た
の
だ
が
 
結
局
唇
が
空
  
ら
け
だ
 °
あ
の
大
き
な
胸
を
抱
え
た
体
を
小
さ
く
縮
こ
め
る
よ
う

   

  
の
な
い
ほ
ど
激
し
い
声
で
制
止
し
た
 °
僕
は
思
わ
ず
び
く
ん
と
動
  
 
背
中
の
方
に
ま
わ
ろ
う
と
し
た
僕
を
史
緒
は
今
ま
で
聞
い
た
事
  
 
違
う
の
!
!
 
  
こ
|
|
 
  
 
そ
う
か
 °
史
緒
も
肩
も
ん
で
ほ
し
い
の
か
 °
い
や
 
遠
慮
す
る
  
|
|
 °
  
ろ
う
 °
で
も
中
学
生
で
肩
こ
り
持
ち
っ
て
の
が
恥
ず
か
し
く
っ
て
  
も
ん
な
 °
史
緒
の
や
つ
も
近
頃
肩
が
凝
っ
て
し
ょ
う
が
な
い
ん
だ
  
 
は
は
ぁ
 °
よ
う
や
く
話
が
見
え
て
き
た
 °
そ
っ
か
 
こ
の
胸
だ
  
手
な
ん
だ
よ
ね
 
  
く
気
持
ち
よ
さ
そ
う
に
し
て
て
|
|
お
に
い
ち
ゃ
ん
 
肩
も
み
上
  
 
お
に
い
ち
ゃ
ん
に
押
さ
れ
る
と
 
お
母
さ
ん
 
い
つ
も
す
っ
ご
  
を
込
め
ら
れ
る
よ
う
に
な
り
 
母
の
評
判
も
上
々
だ
っ
た
 °
  
い
た
け
ど
も
 
最
近
は
体
も
大
き
く
な
っ
て
ほ
ど
よ
い
加
減
に
力
  
は
力
も
ま
だ
弱
く
 
母
に
 
も
っ
と
強
く
 
と
ば
か
り
言
わ
れ
て
  
頃
か
ら
よ
く
肩
も
み
を
や
ら
さ
れ
た
 °
か
つ
て
は
子
供
だ
っ
た
頃
  
 
そ
う
 °
母
は
昔
っ
か
ら
ひ
ど
い
肩
こ
り
持
ち
で
 
僕
は
小
さ
な
  
も
ん
で
る
よ
ね
 
  
 
今
日
だ
け
じ
ゃ
な
い
 
お
に
い
ち
ゃ
ん
 
よ
く
お
母
さ
ん
の
肩
 
  
あ
る
ん
だ
?





















   

  
ら
わ
れ
た
の
か
一
旦
指
が
止
ま
っ
て
い
た
が
 
し
ば
ら
く
し
て
思
  
ラ
の
ホ
ッ
ク
に
手
を
か
け
る
 °
そ
こ
で
や
は
り
恥
ず
か
し
さ
に
と
  
∧
ま
さ
か
:
:
∨
史
緒
は
そ
の
ま
ま
両
手
を
背
中
に
ま
わ
し
 
  
い
な
か
っ
た
 °
  
下
に
は
 
目
に
ま
ぶ
し
い
ほ
ど
純
白
の
ブ
ラ
ジ
ャ
|
し
か
着
け
て
  
っ
切
る
か
の
よ
う
に
勢
い
よ
く
ブ
ラ
ウ
ス
を
脱
ぎ
捨
て
る
 °
そ
の
  
め
ら
う
こ
と
な
く
ボ
タ
ン
を
す
べ
て
は
ず
し
終
わ
る
と
迷
い
を
吹
  
く
な
っ
た
ん
じ
ゃ
な
い
か
と
頭
が
混
乱
し
た
 °
し
か
し
史
緒
は
た
  
る
 °
∧
史
緒
の
や
つ
 
い
っ
た
い
何
を
:
:
∨
て
っ
き
り
お
か
し
  
 
僕
は
驚
き
の
あ
ま
り
口
を
半
開
き
に
し
た
ま
ま
動
け
な
い
で
い
  
 
着
て
い
た
ブ
ラ
ウ
ス
の
ボ
タ
ン
を
上
か
ら
は
ず
し
始
め
た
の
だ
 °
  
動
を
取
り
始
め
た
 °
  
緒
の
様
子
を
見
て
い
る
と
 
史
緒
は
い
き
な
り
と
ん
で
も
な
い
行
  
∧
肩
じ
ゃ
な
い
っ
て
 
そ
れ
じ
ゃ
あ
:
:
∨
訳
が
分
か
ら
ず
に
史
  
て
ほ
し
い
の
:
:
 
  
っ
て
な
い
わ
 °
け
ど
|
|
あ
の
 
別
の
所
の
:
:
凝
り
を
ほ
ぐ
し
  
を
固
め
た
よ
う
に
口
を
開
い
た
 °
 
肩
は
:
:
大
丈
夫
 °
別
に
凝
  
 
史
緒
は
そ
れ
か
ら
ま
た
し
ば
ら
く
押
し
黙
り
 
よ
う
や
く
決
意
  
く
る
 °
 
肩
じ
ゃ
:
:
な
い
の
 
  
き
を
止
め
る
 °
史
緒
の
張
り
つ
め
た
思
い
が
部
屋
中
に
伝
わ
っ
て

   

  
ら
れ
た
 °
  
そ
れ
で
い
て
ま
だ
芽
吹
い
た
ば
か
り
の
蕾
の
よ
う
な
堅
さ
が
感
じ
  
で
ぷ
っ
く
り
と
盛
り
上
が
っ
て
い
る
 °
大
き
い
事
は
大
き
い
が
 
  
も
関
わ
ら
ず
 
ま
っ
た
く
下
を
向
く
こ
と
な
く
き
れ
い
な
お
椀
形
  
い
だ
っ
た
 °
確
か
に
大
き
か
っ
た
が
 
そ
の
大
き
さ
 
重
量
感
に
  
と
い
う
光
景
だ
ろ
う
 °
史
緒
の
胸
は
 
信
じ
ら
れ
な
い
ほ
ど
き
れ
  
 
し
か
し
そ
れ
は
確
か
に
僕
の
目
の
前
で
起
こ
っ
て
い
た
 °
な
ん
  
史
緒
が
:
:
 °
僕
の
前
で
自
分
か
ら
胸
を
さ
ら
す
だ
な
ん
て
|
|
 °
  
∧
!
!
!
!
!
∨
僕
の
口
が
声
の
な
い
叫
び
を
上
げ
る
 °
ま
さ
か
 
  
し
 
わ
ず
か
な
音
と
と
も
に
史
緒
の
膝
の
上
に
落
ち
た
 °
  
そ
し
て
あ
る
時
点
で
耐
え
切
れ
な
く
な
っ
た
よ
う
に
動
き
が
加
速
  
 
ツ
ツ
ツ
:
:
 
次
第
に
 
次
第
に
ブ
ラ
の
重
心
が
前
に
移
る
 °
  
つ
む
き
 
少
し
づ
つ
ブ
ラ
を
ず
ら
し
始
め
た
 °
  
を
確
か
め
る
と
 
な
ぜ
か
ほ
っ
と
し
た
よ
う
な
顔
を
し
て
ま
た
う
  
そ
っ
と
上
を
向
い
て
こ
ち
ら
を
見
る
 °
僕
が
ま
だ
こ
こ
に
い
る
事
  
え
る
 °
そ
れ
ま
で
ず
っ
と
う
つ
む
い
た
ま
ま
だ
っ
た
史
緒
の
目
が
 
  
り
出
し
て
く
る
よ
う
だ
っ
た
 °
遂
に
最
後
の
ホ
ッ
ク
も
は
ず
し
終
  
て
い
た
と
み
え
て
 
ホ
ッ
ク
を
は
ず
す
度
に
胸
が
ぐ
ん
と
一
層
せ
  
 
ひ
と
つ
 
ふ
た
つ
:
:
 °
ブ
ラ
は
も
う
既
に
相
当
き
つ
く
な
っ
  
い
切
っ
た
か
の
よ
う
に
ホ
ッ
ク
を
外
し
に
か
か
っ
た
 °





   

  
い
堅
さ
の
残
る
乳
房
 °
そ
の
大
き
さ
に
も
関
わ
ら
ず
乳
首
な
ど
よ
  
く
 
ふ
く
よ
か
で
 
し
か
し
ま
っ
た
く
型
崩
れ
せ
ず
中
学
生
ら
し
  
と
が
で
き
な
い
 °
服
の
上
か
ら
想
像
す
る
よ
り
も
は
る
か
に
大
き
  
 
そ
れ
に
 
僕
自
身
 
史
緒
の
胸
か
ら
ど
う
し
て
も
目
を
離
す
こ
  
の
も
初
め
て
だ
っ
た
 °
  
進
学
を
宣
言
し
た
時
も
含
め
 
妹
の
こ
れ
ほ
ど
真
剣
な
顔
を
見
る
  
る
史
緒
が
冗
談
を
言
っ
て
る
と
は
ど
う
し
て
も
思
え
な
い
 °
高
校
  
め
ず
 
言
う
だ
け
言
う
と
息
を
殺
し
て
じ
っ
と
僕
を
見
つ
め
続
け
  
っ
た
か
し
れ
な
い
 °
し
か
し
何
度
腕
を
つ
ね
っ
て
み
て
も
目
は
覚
  
な
い
 °
夢
じ
ゃ
な
い
か
 
な
に
か
の
冗
談
じ
ゃ
な
い
か
と
何
度
思
  
 
目
の
前
で
起
こ
っ
た
こ
と
な
の
に
と
て
も
現
実
と
は
信
じ
ら
れ
  
な
ん
て
:
:
 °
  
ら
僕
の
前
で
上
半
身
裸
に
な
り
 
し
か
を
胸
を
揉
ん
で
欲
し
い
だ
  
|
フ
ロ
|
を
起
こ
し
て
い
た
 °
ま
さ
か
 
史
緒
が
|
|
 °
自
分
か
  
 
ま
っ
た
く
思
い
も
か
け
な
い
事
態
に
僕
の
頭
は
完
全
に
オ
|
バ
  
 
  
い
 
も
み
ほ
ぐ
し
て
:
:
 
  
ち
ゃ
っ
て
し
ょ
う
が
な
い
の
 °
お
願
い
 
わ
た
し
の
|
|
お
っ
ぱ
  
よ
う
な
目
で
僕
に
言
っ
た
 °
 
こ
の
胸
 
苦
し
い
ぐ
ら
い
に
凝
っ
  
 
お
に
い
ち
ゃ
ん
 
も
う
一
度
顔
を
上
げ
る
 °
そ
し
て
哀
願
す
る

   

  
に
も
や
ま
し
い
こ
と
な
ん
か
な
い
 °
  
こ
れ
は
:
:
苦
し
ん
で
い
る
妹
へ
の
 
い
わ
ば
治
療
行
為
だ
 °
  
 
そ
の
声
に
 
僕
の
頭
の
中
で
な
に
か
が
音
を
立
て
て
砕
け
た
 °
  
ね
が
い
 
助
け
て
:
:
 
  
れ
て
 
史
緒
は
こ
れ
以
上
な
い
ほ
ど
せ
つ
な
い
顔
を
し
た
 °
 
  
め
る
人
が
い
な
い
の
 
あ
と
も
う
一
歩
の
と
こ
ろ
で
引
き
下
が
ら
  
 
お
に
い
ち
ゃ
ん
:
:
 °
こ
ん
な
こ
と
 
お
に
い
ち
ゃ
ん
し
か
頼
  
す
る
な
ん
て
 
理
由
は
ど
う
あ
れ
絶
対
許
さ
れ
や
し
な
い
 °
  
は
あ
わ
て
て
手
を
引
き
戻
し
た
 °
い
け
な
い
 °
妹
に
こ
ん
な
こ
と
  
し
指
先
が
触
れ
た
か
触
れ
な
い
か
の
瞬
間
 
理
性
が
目
覚
め
て
僕
  
す
 °
あ
と
も
う
1
セ
ン
チ
で
そ
の
胸
に
手
が
と
ど
く
:
:
 °
し
か
  
離
が
近
づ
く
に
つ
れ
て
見
て
い
ら
れ
な
い
か
の
よ
う
に
目
を
逸
ら
  
き
寄
せ
ら
れ
る
よ
う
に
手
を
伸
ば
し
か
け
た
 °
史
緒
は
2
人
の
距
  
死
で
そ
う
叫
ぶ
 °
し
か
し
一
方
で
僕
の
本
能
は
 
ふ
ら
ふ
ら
と
惹
  
 
妹
の
胸
を
も
み
ほ
ぐ
す
だ
な
ん
て
|
|
 °
僕
の
中
の
理
性
は
必
  
そ
ん
な
も
の
す
ら
あ
っ
た
 °
  
ほ
と
ん
ど
手
を
触
れ
る
の
が
は
ば
か
ら
れ
る
ほ
ど
の
神
々
し
さ
 
  
∧
き
れ
い
だ
:
:
∨
僕
は
た
だ
ひ
た
す
ら
そ
う
思
う
だ
け
だ
っ
た
 °
  
出
し
て
い
る
だ
け
で
 
ま
だ
ほ
と
ん
ど
色
づ
い
て
さ
え
い
な
い
 °
  
っ
ぽ
ど
よ
く
見
な
い
と
分
か
ら
な
い
ほ
ど
ぽ
つ
ん
と
小
さ
く
突
き

   

  
:
続
け
て
 
  
る
と
 
物
足
り
な
さ
げ
に
さ
さ
や
い
た
 °
 
い
い
の
 
も
っ
と
:
  
い
か
の
よ
う
に
押
し
殺
し
た
声
を
出
す
 °
し
か
し
僕
が
力
を
緩
め
  
る
 °
 
あ
:
:
お
:
:
む
ぅ
:
:
 
史
緒
が
ま
た
 
耐
え
切
れ
な
  
 
あ
:
:
あ
あ
 
僕
は
さ
ら
に
そ
の
し
こ
り
に
対
し
て
力
を
込
め
  
 
う
う
ん
 
そ
こ
:
:
な
の
 °
も
っ
と
強
く
押
し
て
:
:
 
  
の
だ
っ
た
の
で
 
僕
は
あ
わ
て
た
 °
 
あ
 
痛
か
っ
た
?
 
  
 
そ
の
声
の
感
じ
が
今
ま
で
ま
っ
た
く
聞
い
た
事
の
な
い
類
の
も
  
を
込
め
た
時
 
史
緒
の
口
か
ら
声
が
漏
れ
た
 °
 
あ
:
:
 
  
 
こ
れ
は
:
:
 
不
思
議
な
抵
抗
感
を
押
し
破
ろ
う
と
さ
ら
に
力
  
に
何
か
大
き
な
堅
い
し
こ
り
の
よ
う
な
も
の
を
感
じ
た
 °
  
り
だ
っ
た
 °
し
か
し
そ
の
中
に
踏
み
込
も
う
と
し
た
と
き
 
内
側
  
 
ん
?
 
触
れ
た
瞬
間
は
 
と
て
つ
も
な
く
や
わ
ら
か
い
肌
ざ
わ
  
込
め
て
そ
の
感
触
を
ま
さ
ぐ
っ
た
 °
  
体
を
硬
く
し
た
の
を
感
じ
る
 °
し
か
し
僕
は
さ
ら
に
指
先
に
力
を
  
持
つ
よ
う
に
さ
し
出
す
 °
指
が
触
れ
た
途
端
 
妹
が
息
を
呑
ん
で
  
 
改
め
て
両
手
を
伸
ば
し
 
ま
ず
は
史
緒
の
胸
を
下
か
ら
さ
さ
げ
  
べ
て
だ
っ
た
 °
  
 
う
ん
 
と
ば
か
り
に
史
緒
は
顎
を
わ
ず
か
に
引
く
 °
そ
れ
が
す
  
 
い
い
の
か
い
?
 


















   

  
と
な
ん
だ
ろ
う
か
 °
し
か
し
史
緒
は
僕
の
指
の
感
触
に
夢
中
に
な
  
 
史
緒
 
こ
れ
っ
て
:
:
 
こ
れ
が
史
緒
が
言
っ
て
る
凝
り
の
こ
  
き
た
 °
  
い
か
と
思
え
る
ほ
ど
奥
深
く
に
拡
が
っ
て
い
る
こ
と
が
分
か
っ
て
  
ほ
か
大
き
く
 
乳
房
の
内
側
の
ほ
と
ん
ど
を
占
め
て
る
の
で
は
な
  
ら
他
の
指
で
そ
の
周
り
を
ま
さ
ぐ
る
と
 
中
の
し
こ
り
は
思
い
の
  
っ
た
が
 
次
第
に
指
先
の
動
き
が
大
胆
に
な
っ
て
き
た
 °
そ
れ
か
  
そ
の
辺
り
を
さ
ら
に
攻
め
立
て
る
 °
最
初
こ
そ
お
そ
る
お
そ
る
だ
  
偶
然
ツ
ボ
を
押
し
当
て
た
ら
し
い
 °
 
こ
こ
か
 
僕
は
ち
ょ
う
ど
  
 
痛
い
所
を
突
か
れ
て
思
わ
ず
力
が
入
っ
て
し
ま
っ
た
の
だ
が
 
  
 
お
に
い
ち
ゃ
ん
 
そ
こ
:
:
い
い
 
  
史
緒
は
痛
さ
と
悦
び
が
一
緒
に
押
し
寄
せ
た
よ
う
な
顔
で
呻
く
 °
  
な
微
妙
な
表
情
を
浮
か
べ
る
 °
 
う
っ
!
 
し
か
し
一
瞬
の
後
 
  
 
ふ
ぅ
ん
 
史
緒
は
そ
の
時
 
ほ
っ
と
し
た
よ
う
な
 
嬉
し
そ
う
  
で
も
い
い
だ
ろ
う
 
そ
ん
な
こ
と
 
  
 
い
き
な
り
図
星
を
指
さ
れ
 
ぐ
っ
と
詰
ま
っ
た
 °
 
ど
 
ど
う
  
 
お
に
い
ち
ゃ
ん
て
:
:
 °
女
の
子
の
胸
さ
わ
る
の
初
め
て
?
 
  
:
 °
ぎ
こ
ち
な
い
動
き
を
繰
り
返
す
僕
に
 
史
緒
が
こ
う
訊
い
た
 °
  
と
は
勝
手
が
全
然
違
う
 °
ま
し
て
や
妹
の
お
っ
ぱ
い
だ
な
ん
て
:
  
 
そ
う
言
わ
れ
て
も
:
:
僕
は
と
ま
ど
っ
て
い
た
 °
肩
を
揉
む
の

   

  
大
き
な
し
こ
り
は
す
べ
て
胸
の
中
に
と
ろ
け
出
し
て
い
き
 
史
緒
  
 
ど
れ
ぐ
ら
い
こ
う
し
て
も
み
続
け
て
い
た
だ
ろ
う
 
い
つ
し
か
  
た
 °
  
っ
て
る
だ
け
な
ん
だ
と
心
の
中
で
念
仏
の
よ
う
に
唱
え
続
け
て
い
  
い
な
が
ら
 
こ
れ
は
マ
ッ
サ
|
ジ
な
ん
だ
 
凝
り
を
ほ
ぐ
し
て
や
  
ど
ん
増
し
て
い
っ
た
 °
僕
は
今
に
も
吹
っ
飛
び
そ
う
な
理
性
と
戦
  
に
吸
い
付
く
よ
う
な
張
り
と
も
ち
の
よ
う
な
き
め
細
か
さ
が
ど
ん
  
々
に
胸
の
中
に
溶
け
出
す
よ
う
に
小
さ
く
な
っ
て
い
き
 
代
わ
り
  
り
 
気
に
な
る
胸
の
中
の
し
こ
り
は
押
し
込
ん
で
い
く
に
従
い
徐
  
の
や
わ
ら
か
さ
と
は
ち
き
れ
ん
ば
か
り
の
弾
力
を
併
せ
持
っ
て
お
  
感
は
素
晴
ら
し
か
っ
た
 °
最
初
こ
そ
と
ま
ど
っ
た
も
の
の
 
極
上
  
す
か
自
分
で
も
不
安
に
な
っ
て
い
く
 °
そ
れ
ほ
ど
史
緒
の
胸
の
触
  
そ
う
す
れ
ば
す
る
ほ
ど
こ
ち
ら
の
箍
が
吹
っ
飛
ん
で
何
を
し
で
か
  
を
増
し
て
い
っ
た
 °
妹
の
声
が
な
ま
め
か
し
さ
を
増
し
て
い
き
 
  
 
し
か
し
|
|
そ
う
な
れ
ば
な
る
ほ
ど
理
性
と
の
戦
い
が
激
し
さ
  
少
し
づ
つ
余
裕
が
生
ま
れ
て
き
た
 °
  
う
す
れ
ば
い
い
の
か
 °
僕
は
だ
ん
だ
ん
に
要
領
が
分
か
っ
て
き
て
  
次
第
に
効
い
て
き
て
い
る
こ
と
は
確
か
の
よ
う
だ
 °
そ
う
か
 
  
漏
ら
す
だ
け
に
な
っ
て
い
っ
た
 °
よ
く
分
か
ら
な
い
が
僕
の
指
が
  
っ
て
い
る
の
か
な
に
も
答
え
ず
 
次
第
に
意
味
不
明
な
感
嘆
符
を

   

  
り
を
は
じ
き
飛
ば
し
て
し
ま
い
そ
う
だ
 °
僕
は
ま
た
理
性
の
箍
が
  
房
に
ほ
ん
の
り
赤
み
が
さ
し
 
あ
ふ
れ
ん
ば
か
り
の
弾
力
で
あ
た
  
っ
ち
ゃ
っ
た
 
見
る
と
 
先
ほ
ど
ま
で
蝋
の
よ
う
に
白
か
っ
た
乳
  
う
と
す
る
の
を
必
死
で
押
し
止
め
た
 °
 
胸
が
す
|
っ
と
軽
く
な
  
 
お
に
い
ち
ゃ
ん
す
ご
い
 
無
邪
気
に
こ
ち
ら
に
向
か
っ
て
こ
よ
  
明
る
く
な
っ
て
い
っ
た
 °
  
っ
て
何
か
を
確
か
め
る
よ
う
に
す
る
と
 
顔
が
次
第
に
ぱ
|
っ
と
  
々
に
目
に
力
が
戻
っ
て
い
っ
た
 °
そ
し
て
自
分
か
ら
胸
を
ゆ
さ
ぶ
  
り
戻
す
 °
上
気
し
た
顔
は
ま
だ
ど
こ
か
う
わ
の
空
だ
っ
た
が
 
  
 
史
緒
!
 
思
わ
ず
腕
を
掴
む
と
よ
う
や
く
ハ
ッ
と
し
て
我
を
取
  
と
い
っ
た
感
じ
で
体
が
横
に
す
べ
っ
て
い
く
 °
  
 
胸
か
ら
手
を
離
す
と
 
史
緒
は
ふ
ら
|
っ
と
心
こ
こ
に
あ
ら
ず
  
 
史
緒
?
 
  
反
応
が
な
く
な
っ
た
 °
  
と
し
た
か
の
よ
う
に
動
か
な
く
な
り
 
そ
れ
ま
で
絶
え
ず
あ
っ
た
  
達
し
た
か
の
よ
う
な
声
が
漏
れ
る
 °
そ
の
ま
ま
な
ん
だ
か
ぼ
|
ぅ
  
 
 
あ
あ
っ
 
不
意
に
史
緒
の
口
か
ら
短
い
 
し
か
し
何
か
に
到
  
緒
の
胸
を
マ
ッ
サ
|
ジ
し
続
け
て
い
た
 °
  
し
い
手
触
り
に
な
っ
て
い
く
 °
僕
は
い
つ
し
か
夢
中
に
な
っ
て
史
  
の
胸
は
ひ
た
す
ら
極
上
の
 
つ
き
た
て
の
も
ち
の
よ
う
な
す
ば
ら

   

  
た
 °
  
数
セ
ン
チ
も
間
が
開
い
て
し
ま
い
ど
う
に
も
届
き
そ
う
に
な
か
っ
  
取
っ
た
 °
し
か
し
ホ
ッ
ク
を
合
せ
よ
う
と
引
っ
ぱ
る
と
 
確
か
に
  
な
る
べ
く
視
線
を
そ
ら
し
な
が
ら
ど
う
に
か
両
の
ホ
ッ
ク
を
手
に
  
 
今
で
は
背
中
の
白
い
肌
す
ら
平
静
で
は
見
て
ら
れ
な
い
 °
僕
は
  
向
け
た
 °
 
ご
め
ん
 
後
ろ
 
留
め
て
く
れ
な
い
?
 
  
い
か
な
い
ら
し
く
 
お
ず
お
ず
と
こ
っ
ち
に
寄
っ
て
き
て
背
中
を
  
 
お
に
い
ち
ゃ
ん
:
:
 
と
こ
ろ
が
史
緒
は
ど
う
し
て
も
う
ま
く
  
早
く
|
|
し
ま
っ
て
く
れ
よ
∨
  
気
持
ち
が
ど
う
に
も
制
御
で
き
な
い
 °
∧
な
に
や
っ
て
ん
だ
よ
 
  
ら
し
い
 °
そ
ん
な
た
ど
た
ど
し
い
様
も
す
ご
く
か
わ
い
く
見
え
て
 
  
し
て
い
る
の
だ
が
 
な
か
な
か
う
ま
く
引
っ
か
か
っ
て
く
れ
な
い
  
に
胸
を
押
し
込
ん
で
手
を
後
ろ
に
回
し
て
ホ
ッ
ク
を
留
め
よ
う
と
  
 
僕
は
そ
の
声
に
ま
た
チ
ラ
リ
と
史
緒
を
横
目
で
見
る
 °
カ
ッ
プ
  
 
あ
れ
:
:
ど
う
し
て
?
だ
っ
て
さ
っ
き
ま
で
:
:
 
  
け
よ
う
と
し
た
 °
  
脱
ぎ
散
ら
か
し
た
ま
ま
に
し
た
ブ
ラ
を
拾
い
上
げ
て
あ
わ
て
て
つ
  
 
あ
 
ご
め
ん
 
気
恥
ず
か
し
さ
が
戻
っ
て
き
た
の
か
 
史
緒
は
  
 
ほ
 
ほ
ら
 
い
つ
ま
で
胸
出
し
て
る
ん
だ
 
早
く
ブ
ラ
し
ろ
よ
 
  
外
れ
そ
う
に
な
っ
て
目
を
逸
ら
す
 °












   

  
う
ち
に
 
史
緒
は
ま
た
部
屋
の
前
で
僕
の
耳
元
で
そ
っ
と
さ
さ
や
  
 
そ
う
 
こ
れ
は
始
ま
り
だ
っ
た
 °
あ
れ
か
ら
一
週
間
も
し
な
い
  
違
い
な
く
現
実
で
 
そ
れ
に
終
わ
っ
た
訳
で
も
な
か
っ
た
 °
  
起
こ
っ
た
事
な
の
か
確
信
が
持
て
な
く
な
っ
て
く
る
 °
し
か
し
間
  
 
ひ
と
り
部
屋
に
残
さ
れ
る
と
 
な
ん
だ
か
ま
た
今
の
が
本
当
に
  
∧
終
わ
っ
た
:
:
∨
  
 
  
っ
て
い
っ
た
 °
  
た
が
 
そ
れ
で
も
妹
は
お
礼
を
言
う
と
や
っ
と
自
分
の
部
屋
に
戻
  
そ
う
だ
 °
胸
全
体
を
締
め
付
け
ら
れ
て
か
な
り
息
苦
し
そ
う
だ
っ
  
い
い
お
っ
ぱ
い
が
ひ
し
ゃ
げ
て
て
 
今
に
も
あ
ふ
れ
出
て
し
ま
い
  
で
締
め
付
け
た
が
 
史
緒
が
こ
ち
ら
を
向
く
と
せ
っ
か
く
の
形
の
  
 
ご
め
ん
 
ち
ょ
っ
と
我
慢
し
て
 
苦
労
し
て
な
ん
と
か
力
づ
く
  
 
お
に
い
ち
ゃ
ん
 
痛
い
痛
い
:
:
 
  
|
っ
と
絞
り
こ
ん
だ
 °
  
の
ま
ま
部
屋
か
ら
出
す
訳
に
も
い
か
な
い
の
で
 
無
理
矢
理
ぎ
ゅ
  
 
し
か
し
到
底
そ
ん
な
風
に
は
思
え
な
い
 °
け
ど
|
|
ノ
|
ブ
ラ
  
そ
り
ゃ
ち
ょ
っ
と
は
き
つ
か
っ
た
け
ど
:
:
 
  
 
そ
ん
な
は
ず
な
い
よ
 °
だ
っ
て
さ
っ
き
ま
で
し
て
た
ん
だ
も
ん
 °
  
 
あ
れ
 
こ
れ
小
さ
い
ん
じ
ゃ
な
い
か
?
全
然
丈
が
足
り
な
い
ぞ
 

   

  
後
に
し
よ
う
 
今
度
こ
そ
終
わ
り
に
|
|
い
っ
た
い
何
度
そ
う
決
  
い
い
ん
だ
ろ
う
か
 
と
い
う
思
い
に
苛
ま
れ
て
い
た
 °
今
日
で
最
  
ま
れ
る
こ
と
こ
そ
な
か
っ
た
が
 
僕
は
毎
回
 
こ
ん
な
こ
と
し
て
  
段
か
ら
毎
日
の
よ
う
に
勉
強
し
に
来
て
い
た
か
ら
 
両
親
に
怪
し
  
緒
は
毎
週
の
よ
う
に
 
お
願
い
 
を
し
に
部
屋
に
来
た
 °
幸
い
普
  
 
あ
れ
か
ら
も
う
1
年
が
経
と
う
と
し
て
い
る
 °
こ
の
後
も
 
  
 
  
 
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
  
 
  
る
 °
そ
れ
も
 
明
ら
か
に
前
よ
り
大
き
い
:
:
 °
  
ら
か
く
な
っ
た
の
に
 
ま
た
胸
い
っ
ぱ
い
に
し
こ
り
が
で
き
て
い
  
 
  
そ
の
感
触
に
僕
は
驚
い
た
 °
あ
の
時
は
あ
ん
な
に
や
わ
  
顔
を
伏
せ
 
そ
っ
と
自
分
の
胸
を
押
し
つ
け
て
き
た
 °
  
た
:
:
 
こ
れ
以
上
は
恥
ず
か
し
く
て
言
え
な
い
 
と
言
う
風
に
  
う
に
も
我
慢
で
き
な
い
の
:
:
 °
お
に
い
ち
ゃ
ん
 
お
願
い
 
  
ぐ
ら
い
か
ら
ま
た
お
っ
ぱ
い
が
凝
っ
て
き
ち
ゃ
っ
て
|
|
も
う
ど
  
 
あ
れ
か
ら
2
|
3
日
は
ほ
ん
と
楽
だ
っ
た
の
 °
け
ど
お
と
と
い
  
け
た
 °
  
 
僕
が
信
じ
ら
れ
な
い
と
い
う
顔
で
驚
い
て
い
る
と
 
さ
ら
に
続
  
い
た
 °
 
お
に
い
ち
ゃ
ん
 
あ
の
:
:
ま
た
 
後
で
行
っ
て
い
い
?
 

   

  
む
だ
け
で
な
く
 
乳
房
の
隅
々
に
ま
で
栄
養
が
い
き
わ
た
っ
て
さ
  
り
を
ほ
ぐ
し
て
や
る
と
 
血
流
の
増
加
に
よ
っ
て
一
時
的
に
膨
ら
  
ま
う
の
を
史
緒
は
 
凝
り
 
と
認
識
し
て
い
る
ら
し
い
 °
そ
の
凝
  
ず
に
張
り
つ
め
た
乳
房
の
あ
ち
こ
ち
に
血
行
障
害
が
起
こ
っ
て
し
  
こ
と
だ
っ
た
 °
要
は
胸
の
発
育
が
激
し
す
ぎ
 
成
長
が
追
い
つ
か
  
と
 
血
行
が
よ
く
な
る
か
ら
か
成
長
が
さ
ら
に
倍
加
し
て
し
ま
う
  
 
さ
ら
に
は
っ
き
り
し
た
こ
と
は
 
史
緒
の
胸
の
凝
り
を
ほ
ぐ
す
  
層
掻
き
立
て
ら
れ
た
 °
  
密
か
に
そ
の
こ
と
を
期
待
し
て
い
る
自
分
を
見
つ
け
て
不
安
を
一
  
そ
の
先
 
に
突
き
進
ん
で
し
ま
う
の
で
は
|
|
そ
し
て
心
の
底
に
 
  
よ
う
が
な
い
 °
こ
の
ま
ま
こ
ん
な
こ
と
を
し
て
い
て
は
 
い
つ
か
 
  
ど
興
奮
し
て
い
き
思
わ
ず
我
を
忘
れ
そ
う
に
な
る
の
を
誤
魔
化
し
  
聞
か
せ
続
け
て
も
 
胸
を
揉
ん
で
い
る
う
ち
に
自
分
が
異
様
な
ほ
  
と
は
何
よ
り
自
分
が
一
番
分
か
っ
て
い
た
 °
い
く
ら
自
分
に
い
い
  
言
い
聞
か
せ
続
け
て
い
た
 °
し
か
し
 
こ
れ
が
言
い
訳
で
あ
る
こ
  
ほ
ぐ
し
て
い
る
 
単
な
る
マ
ッ
サ
|
ジ
だ
 
と
そ
の
度
に
自
分
に
  
波
が
何
度
と
な
く
押
し
寄
せ
た
が
 
い
や
 
こ
れ
は
凝
っ
た
所
を
  
揉
ん
で
い
る
最
中
に
も
 
仮
に
も
妹
の
胸
を
|
|
と
い
う
呵
責
の
  
ら
れ
る
と
|
|
あ
と
1
回
だ
け
:
:
と
心
が
鈍
っ
て
し
ま
う
の
だ
 °
  
意
し
た
こ
と
だ
ろ
う
 °
し
か
し
史
緒
に
あ
の
目
で
じ
っ
と
見
つ
め

   

  
 
そ
れ
は
僕
も
感
じ
て
い
た
 °
最
初
は
週
に
1
度
程
度
だ
っ
た
  
か
近
頃
 
凝
り
が
広
が
る
の
が
速
く
な
っ
た
み
た
い
で
|
|
 
  
 
う
ん
:
:
 
史
緒
は
申
し
訳
な
さ
そ
う
に
言
っ
た
 °
 
な
ん
だ
  
 
今
回
は
|
|
ず
い
ぶ
ん
早
い
じ
ゃ
な
い
か
 
  
上
が
っ
て
い
る
 °
  
く
な
り
 
そ
の
下
か
ら
ブ
ラ
ジ
ャ
|
の
線
が
く
っ
き
り
と
浮
か
び
  
も
破
裂
す
る
の
で
は
な
い
か
と
心
配
に
な
る
ほ
ど
胸
の
生
地
が
薄
  
つ
押
し
こ
ん
だ
か
の
よ
う
に
思
い
っ
き
り
引
き
伸
ば
さ
れ
 
今
に
  
の
T
シ
ャ
ツ
は
 
胸
に
な
に
か
と
て
つ
も
な
く
大
き
な
風
船
を
2
  
史
緒
の
胸
が
ド
ア
板
に
引
っ
か
か
っ
て
し
ま
う
 °
着
て
い
る
長
袖
  
な
る
べ
く
細
め
に
開
け
た
い
所
だ
が
 
思
い
っ
き
り
開
か
な
い
と
  
 
僕
は
そ
っ
と
ド
ア
を
開
け
て
史
緒
を
迎
え
入
れ
る
 °
本
当
な
ら
  
え
て
き
た
 °
  
 
お
に
い
ち
ゃ
ん
 
い
い
?
 
続
い
て
史
緒
の
ひ
そ
め
た
声
が
聞
  
 
コ
ン
コ
ン
 °
乾
い
た
ノ
ッ
ク
の
音
が
ド
ア
の
向
こ
う
か
ら
響
く
 °
  
 
  
緒
の
胸
は
今
や
:
:
 °
  
り
返
し
て
い
る
の
だ
 °
あ
れ
か
ら
1
年
 
元
か
ら
大
き
か
っ
た
史
  
い
っ
ぱ
い
に
し
こ
り
が
で
き
る
|
|
 °
そ
ん
な
事
を
ひ
た
す
ら
繰
  
ら
に
発
育
が
促
進
さ
れ
る
 °
そ
れ
で
ま
た
胸
が
凝
っ
て
き
て
乳
房

   

  
 
静
か
に
振
り
向
く
と
 
史
緒
が
目
を
ま
ん
ま
る
に
し
て
こ
ち
ら
  
気
が
史
緒
を
中
心
に
徐
々
に
固
ま
っ
て
い
く
よ
う
だ
っ
た
 °
  
後
ろ
で
史
緒
の
動
き
が
不
意
に
止
ま
る
の
を
感
じ
る
 °
部
屋
の
空
  
は
後
ろ
を
向
い
た
ま
ま
 
な
る
べ
く
冷
静
を
装
っ
て
口
に
出
し
た
 °
  
 
な
あ
史
緒
:
:
も
う
 
こ
ん
な
こ
と
 
や
め
に
し
な
い
か
 
僕
  
に
し
な
け
れ
ば
|
|
 °
  
ば
れ
た
ら
|
|
 °
も
う
:
:
い
い
加
減
 
こ
う
い
う
こ
と
は
最
後
  
が
ひ
ん
ぱ
ん
に
僕
の
部
屋
に
来
る
理
由
も
消
え
る
 °
も
し
両
親
に
  
り
 
一
緒
に
勉
強
を
見
る
こ
と
も
も
う
な
く
な
る
だ
ろ
う
 °
史
緒
  
て
し
ま
っ
て
は
ま
た
決
心
が
鈍
っ
て
し
ま
う
 °
高
校
受
験
も
終
わ
  
ら
ち
ら
と
背
後
を
伺
わ
ず
に
は
い
ら
れ
な
い
 °
∧
だ
め
だ
!
∨
見
  
し
か
し
実
際
は
 
衣
擦
れ
の
音
を
聞
く
だ
け
で
胸
が
高
鳴
り
 
  
 
僕
は
な
る
べ
く
背
中
を
向
い
て
見
な
い
よ
う
な
ふ
り
を
す
る
 °
  
ち
上
げ
始
め
た
 °
  
掛
け
る
と
 
黙
っ
て
T
シ
ャ
ツ
の
裾
を
持
っ
て
少
し
づ
つ
上
に
持
  
い
る
の
は
間
違
い
な
か
っ
た
 °
そ
の
ま
ま
僕
の
ベ
ッ
ド
の
上
に
腰
  
 
史
緒
は
言
葉
数
が
少
な
い
 °
凝
り
が
そ
う
と
う
き
つ
く
な
っ
て
  
成
長
が
加
速
し
て
い
る
|
|
?
  
が
狭
ま
っ
て
き
て
 
最
近
は
3
日
と
も
た
な
く
な
っ
て
き
て
い
る
 °
  
 
お
願
い
 
が
 
い
つ
し
か
5
日
に
1
度
 
4
日
に
1
度
と
間
隔

   

  
 
せ
め
て
今
日
は
|
|
わ
た
し
に
 
誕
生
日
プ
レ
ゼ
ン
ト
|
|
ち
  
僕
は
そ
の
胸
の
動
き
に
目
を
奪
わ
れ
て
動
け
な
い
 °
 
  
う
し
ば
ら
く
だ
け
|
|
 
そ
の
ま
ま
こ
ち
ら
の
方
に
歩
み
出
し
た
 °
  
揺
れ
る
の
だ
け
は
止
め
よ
う
が
な
い
 °
 
だ
か
ら
 
お
願
い
 °
  
が
っ
た
 °
し
か
し
ど
ん
な
に
静
か
に
動
い
て
も
 
胸
が
ぷ
る
ん
と
  
凝
り
も
お
さ
ま
る
だ
ろ
う
か
ら
:
:
 
史
緒
は
音
も
な
く
立
ち
上
  
少
し
 
こ
の
胸
の
成
長
が
落
ち
着
く
ま
で
|
|
そ
う
し
た
ら
こ
の
  
訳
に
は
い
か
な
い
っ
て
 
分
か
っ
て
る
 °
で
も
|
|
せ
め
て
も
う
  
 
わ
た
し
だ
っ
て
 
い
つ
ま
で
も
お
に
い
ち
ゃ
ん
に
迷
惑
か
け
る
  
言
 
言
葉
を
選
ぶ
よ
う
に
語
り
始
め
た
 °
  
 
そ
れ
だ
け
言
う
と
ま
た
ぐ
っ
と
息
を
呑
む
 °
そ
れ
か
ら
一
言
一
  
よ
 
  
 
お
に
い
ち
ゃ
ん
:
:
 °
わ
た
し
 
明
日
で
1
5
歳
に
な
る
ん
だ
  
げ
 
ま
っ
す
ぐ
こ
ち
ら
を
見
据
え
た
 °
  
 
ど
れ
ぐ
ら
い
時
間
が
経
っ
た
ろ
う
 
史
緒
が
ふ
っ
 
と
顔
を
上
  
|
|
兄
で
あ
る
僕
の
ほ
う
か
ら
言
い
出
さ
な
け
れ
ば
:
:
 °
  
も
し
て
い
て
い
い
は
ず
な
い
っ
て
こ
と
は
 °
冷
た
い
よ
う
だ
け
ど
  
っ
て
分
か
っ
て
い
る
は
ず
だ
 °
兄
妹
で
こ
ん
な
こ
と
 
い
つ
ま
で
  
に
目
を
逸
ら
し
 
じ
っ
と
僕
の
足
許
を
見
つ
め
だ
し
た
 °
史
緒
だ
  
を
見
て
い
る
 °
し
か
し
こ
ち
ら
が
見
返
す
と
耐
え
ら
れ
な
い
よ
う

   

  
に
は
ブ
ラ
ジ
ャ
|
し
か
残
さ
れ
て
い
な
い
 °
そ
こ
で
一
旦
手
が
止
  
シ
ャ
ツ
を
脱
い
だ
 °
服
を
袖
か
ら
引
き
抜
く
と
後
は
も
う
上
半
身
  
 
史
緒
は
再
び
ベ
ッ
ド
に
腰
掛
け
る
と
 
今
度
こ
そ
最
後
ま
で
T
  
 
  
 
史
緒
は
 
心
底
ほ
っ
と
し
た
よ
う
な
笑
顔
を
見
せ
た
 °
  
取
ら
れ
な
い
よ
う
に
一
音
一
音
気
を
つ
け
て
発
す
る
 °
  
 
わ
 
わ
か
っ
た
 °
|
|
今
日
だ
け
だ
ぞ
 
僕
は
息
の
荒
さ
を
気
  
っ
た
 °
  
こ
か
ら
視
線
を
引
き
剥
が
せ
ず
に
し
ど
ろ
も
ど
ろ
に
な
っ
て
し
ま
  
ジ
ャ
|
が
見
え
隠
れ
す
る
 °
一
度
目
に
は
入
る
と
ど
う
し
て
も
そ
  
く
れ
上
が
っ
た
T
シ
ャ
ツ
の
奥
か
ら
膨
れ
上
が
っ
た
純
白
の
ブ
ラ
  
い
て
し
ま
っ
た
 °
よ
う
や
く
史
緒
を
引
き
離
す
と
 
半
分
ほ
ど
め
  
と
に
 
史
緒
の
胸
の
感
触
を
直
に
受
け
て
 
僕
の
興
奮
に
火
が
つ
  
 
こ
れ
じ
ゃ
ま
と
も
に
息
も
で
き
な
い
 °
い
や
さ
ら
に
ま
ず
い
こ
  
 
ち
ょ
 
史
緒
|
|
や
め
:
:
こ
ら
:
:
 
  
う
ぎ
ゅ
う
に
せ
め
ぎ
あ
っ
て
僕
を
攻
め
立
て
る
 °
  
ら
れ
な
い
ほ
ど
の
成
長
を
遂
げ
た
超
乳
が
僕
と
史
緒
の
間
で
ぎ
ゅ
  
う
に
そ
の
ま
ま
僕
に
抱
き
つ
い
て
き
た
 °
こ
の
1
年
の
間
に
信
じ
  
 
僕
が
動
け
な
い
で
い
る
と
 
史
緒
は
何
か
を
決
意
し
た
か
の
よ
  
ょ
う
だ
い
 





















   

  
 
史
緒
の
消
え
入
り
そ
う
な
声
が
背
中
に
聞
え
る
 °
僕
は
心
の
焦
  
 
も
う
:
:
い
い
よ
 
  
え
切
れ
ず
目
を
じ
っ
と
瞑
っ
た
 °
  
い
た
 °
時
間
が
経
つ
の
が
お
そ
ろ
し
く
の
ろ
く
感
じ
る
 °
僕
は
耐
  
な
に
時
間
が
か
か
ろ
う
と
も
も
じ
っ
と
待
っ
て
い
る
こ
と
に
し
て
  
∧
あ
の
時
は
後
の
フ
ォ
ロ
|
が
大
変
だ
っ
た
:
:
∨
以
来
 
ど
ん
  
さ
で
顔
を
真
っ
赤
に
し
て
自
分
の
部
屋
に
逃
げ
帰
っ
て
し
ま
っ
た
 °
  
い
 °
し
か
し
前
に
1
度
そ
う
口
に
し
た
途
端
 
史
緒
は
恥
ず
か
し
  
く
れ
れ
ば
は
ず
し
て
あ
げ
る
の
に
∨
何
度
そ
う
思
っ
た
か
し
れ
な
  
っ
ぱ
い
に
張
り
つ
め
て
い
て
な
か
な
か
は
ず
れ
な
い
 °
∧
言
っ
て
  
を
決
し
て
背
中
の
ホ
ッ
ク
を
は
ず
し
に
か
か
る
が
 
い
っ
ぱ
い
い
  
し
ま
っ
て
い
る
 °
や
は
り
相
当
き
つ
い
の
だ
ろ
う
 °
よ
う
や
く
意
  
じ
き
飛
ば
さ
れ
そ
う
な
ほ
ど
中
身
が
満
杯
に
な
っ
て
伸
び
き
っ
て
  
そ
う
な
特
大
ブ
ラ
ジ
ャ
|
が
 
史
緒
の
胸
に
か
か
る
と
今
に
も
は
  
る
 °
片
方
の
カ
ッ
プ
に
ど
ん
な
大
き
な
ス
イ
カ
だ
っ
て
楽
々
入
り
  
史
緒
の
胸
は
そ
の
度
ご
と
に
一
層
大
き
く
 
重
量
感
を
増
し
て
い
  
ず
息
を
呑
ん
だ
 °
こ
の
1
年
 
何
回
も
見
て
い
る
は
ず
な
の
に
 
  
 
∧
す
ご
い
:
:
∨
改
め
て
史
緒
の
ブ
ラ
姿
を
見
た
僕
は
 
思
わ
  
な
り
の
勇
気
が
い
る
ら
し
い
 °
  
ま
る
 °
1
年
経
っ
た
今
で
も
 
僕
の
前
で
胸
を
さ
ら
す
瞬
間
は
か

   

  
ん
の
り
と
色
づ
い
た
だ
け
で
 
そ
の
頂
点
に
ぽ
っ
ち
り
と
申
し
訳
  
け
の
よ
う
に
見
え
る
 °
そ
の
頂
に
あ
る
乳
首
は
 
他
に
比
べ
て
ほ
  
た
が
|
|
今
も
な
お
 
そ
の
蕾
が
堅
い
ま
ま
大
き
く
膨
ら
ん
だ
だ
  
が
全
然
な
い
 °
1
年
前
に
も
そ
の
様
子
は
堅
い
蕾
の
よ
う
に
見
え
  
も
な
く
つ
ん
と
上
向
き
加
減
に
突
き
出
し
て
お
り
 
ゆ
る
ん
だ
所
  
大
き
さ
に
も
関
わ
ら
ず
相
変
わ
ら
ず
ま
っ
た
く
型
崩
れ
す
る
気
配
  
拡
張
せ
ん
と
ば
か
り
に
体
か
ら
は
み
出
し
続
け
て
い
る
 °
そ
ん
な
  
は
ほ
と
ん
ど
そ
の
乳
房
に
占
領
さ
れ
て
し
ま
い
 
さ
ら
に
領
土
を
  
 
間
近
で
見
る
迫
力
は
ひ
と
し
お
だ
っ
た
 °
も
は
や
史
緒
の
胴
体
  
る
 °
  
を
下
に
お
ろ
し
た
 °
目
の
前
に
史
緒
の
胸
の
全
貌
が
あ
ら
わ
に
な
  
緒
は
た
め
ら
い
が
ち
に
 
そ
っ
と
 
腕
を
胸
か
ら
は
ず
し
 
両
手
  
 
手
を
 
ど
け
て
 
僕
は
史
緒
の
前
に
跪
く
 °
 
う
:
:
ん
 
史
  
を
覆
う
の
が
精
一
杯
に
な
る
ほ
ど
成
長
し
て
い
た
 °
  
今
や
ど
ん
な
に
腕
を
伸
ば
そ
う
が
隠
し
切
れ
ず
 
掌
で
両
の
乳
首
  
胸
が
こ
こ
ま
で
大
き
く
な
る
な
ん
て
 
誰
が
想
像
出
来
た
ろ
う
 °
  
う
に
座
っ
て
い
る
 °
僕
は
ご
く
り
と
つ
ば
を
飲
み
込
む
 °
史
緒
の
  
 
そ
こ
に
史
緒
が
 
両
腕
を
一
杯
に
伸
ば
し
て
胸
を
抱
え
込
む
よ
  
を
開
け
た
 °
  
り
を
見
透
か
さ
れ
ま
い
と
 
わ
ざ
と
ゆ
っ
く
り
と
振
り
向
い
て
目

   

  
 
ま
ず
は
む
り
や
り
力
任
せ
に
胸
を
押
し
上
げ
て
み
る
 °
 
う
:
  
と
な
る
 °
  
ぐ
し
き
ら
な
け
れ
ば
な
ら
な
い
の
か
 
と
思
う
と
ち
ょ
っ
と
呆
然
  
と
い
っ
て
も
過
言
で
は
な
か
っ
た
 °
こ
の
か
た
ま
り
を
す
べ
て
ほ
  
巨
大
な
乳
房
の
隅
々
に
ま
で
拡
が
っ
て
お
り
 
そ
れ
自
体
が
本
体
  
∧
こ
り
ゃ
ま
た
で
か
い
ぞ
∨
恐
ろ
し
い
こ
と
に
 
そ
の
し
こ
り
は
  
り
あ
い
浅
い
所
で
 
そ
の
中
の
し
こ
り
に
到
達
し
た
 °
  
 
僕
は
さ
ら
に
力
を
込
め
 
胸
の
奥
を
探
っ
て
い
く
 
す
る
と
わ
  
∧
こ
れ
で
相
変
わ
ら
ず
肩
は
平
気
だ
っ
て
い
う
ん
だ
も
ん
な
:
:
∨
  
た
 °
  
史
緒
の
小
さ
な
体
で
支
え
続
け
て
い
る
こ
と
の
方
が
不
思
議
だ
っ
  
っ
て
も
抱
え
上
げ
る
だ
け
で
骨
が
折
れ
る
 °
こ
れ
だ
け
の
重
さ
 
  
ろ
う
 °
日
に
日
に
重
く
な
っ
て
い
き
 
今
で
は
両
腕
い
っ
ぱ
い
使
  
ほ
ど
の
重
量
が
手
に
か
か
る
 °
い
っ
た
い
何
1
0
キ
ロ
あ
る
ん
だ
  
∧
う
 
重
い
:
:
∨
持
ち
上
げ
よ
う
と
す
る
と
腕
が
抜
け
そ
う
な
  
が
っ
た
 °
  
も
の
よ
う
に
 
両
の
掌
を
上
に
向
け
 
乳
房
の
下
に
そ
っ
と
あ
て
  
 
じ
ゃ
 
い
く
よ
 
僕
の
言
葉
に
史
緒
は
か
す
か
に
頷
く
 °
い
つ
  
 
  
程
度
に
突
起
が
あ
る
だ
け
だ
っ
た
 °












   

  
と
 
っ
て
感
じ
で
に
こ
や
か
に
答
え
た
 °
  
 
ふ
と
も
ら
し
た
疑
問
に
 
史
緒
は
意
外
に
も
今
さ
ら
そ
ん
な
こ
  
の
で
は
|
|
 °
  
ず
っ
と
気
に
は
な
っ
て
い
た
け
ど
 
ひ
ょ
っ
と
し
て
悪
い
病
気
な
  
た
 °
こ
ん
な
大
き
な
し
こ
り
 
大
丈
夫
な
ん
だ
ろ
う
か
 °
今
ま
で
  
 
呼
吸
を
整
え
て
い
る
間
に
 
僕
は
だ
ん
だ
ん
心
配
に
な
っ
て
き
  
い
る
 °
  
 
も
う
?
 
と
で
も
言
い
た
げ
な
顔
で
物
足
り
な
さ
そ
う
に
し
て
  
だ
 °
こ
の
や
り
方
じ
ゃ
 
も
う
 
無
理
:
:
∨
し
か
し
史
緒
は
  
 
僕
は
ど
う
に
も
息
が
上
が
っ
て
胸
か
ら
手
を
離
し
た
 °
∧
だ
め
  
 
ち
ょ
 
ち
ょ
っ
と
休
憩
:
:
 
  
 
  
だ
け
で
も
う
限
界
だ
っ
た
 °
  
に
ど
ん
ど
ん
だ
る
く
な
っ
て
く
る
 °
ほ
ん
の
数
分
も
み
し
ご
い
た
  
し
か
し
ど
う
に
も
大
き
す
ぎ
る
 °
腕
が
そ
の
重
さ
を
支
え
き
れ
ず
  
押
し
殺
し
た
声
を
上
げ
る
 °
 
そ
 
そ
こ
:
:
 °
い
い
っ
!
 
 
  
ど
指
を
ず
ら
し
て
力
い
っ
ぱ
い
押
し
込
む
 °
 
う
ぅ
ぅ
 
史
緒
が
  
 
も
 
も
う
ち
ょ
っ
と
上
:
:
凝
っ
て
る
の
 
僕
は
数
セ
ン
チ
ほ
  
る
 °
  
:
あ
:
:
 
史
緒
の
口
か
ら
言
葉
に
な
ら
な
い
う
め
き
声
が
上
が

   

  
し
て
も
な
ん
だ
か
ピ
ン
と
こ
な
い
み
た
い
だ
っ
た
 °
な
ん
で
わ
た
  
ん
 
元
々
胸
大
き
く
な
い
し
 
し
こ
り
っ
て
ど
ん
な
に
真
剣
に
話
  
 
あ
の
頃
 
お
母
さ
ん
と
の
関
係
も
最
悪
だ
っ
た
も
ん
 °
お
母
さ
  
 
だ
っ
て
:
:
 
史
緒
は
な
ん
か
申
し
訳
な
さ
そ
う
な
顔
を
し
た
 °
  
 
で
も
:
:
お
母
さ
ん
に
相
談
す
れ
ば
よ
か
っ
た
の
に
:
:
 
  
の
引
き
こ
も
り
に
は
そ
ん
な
理
由
が
|
|
 °
  
 
初
め
て
聞
く
あ
の
頃
の
話
に
驚
い
た
 °
そ
う
だ
っ
た
の
か
 °
  
れ
で
学
校
に
も
行
か
ず
部
屋
に
閉
じ
こ
も
っ
て
:
:
 
  
に
な
っ
て
 
な
に
も
か
も
放
り
出
し
た
く
な
っ
ち
ゃ
っ
た
の
 °
  
っ
て
ね
 °
あ
あ
 
も
う
わ
た
し
は
死
ぬ
ん
だ
っ
て
思
っ
た
ら
自
棄
  
だ
 
乳
が
ん
に
な
っ
ち
ゃ
っ
た
ん
だ
っ
て
勝
手
に
思
い
込
ん
じ
ゃ
  
ん
大
き
く
な
っ
て
い
っ
ち
ゃ
う
し
|
|
 °
て
っ
き
り
自
分
は
病
気
  
た
だ
け
で
け
っ
こ
う
痛
み
が
あ
っ
た
の
 °
し
か
も
そ
れ
が
ど
ん
ど
  
の
夏
頃
に
な
っ
て
胸
に
急
に
し
こ
り
が
で
き
て
 
自
分
で
さ
わ
っ
  
ら
い
前
に
診
て
も
ら
う
ま
で
ず
|
っ
と
心
配
だ
っ
た
ん
だ
 °
中
2
  
 
心
配
し
て
く
れ
て
あ
り
が
と
 °
で
も
ね
|
|
わ
た
し
も
1
年
ぐ
  
住
ん
で
い
な
が
ら
ま
っ
た
く
知
ら
な
か
っ
た
 °
  
 
驚
い
た
 °
そ
ん
な
病
院
に
行
っ
て
い
る
だ
な
ん
て
:
:
一
緒
に
  
も
ら
っ
た
か
ら
 
  
 
あ
 
う
う
ん
大
丈
夫
 °
そ
れ
は
ち
ゃ
ん
と
専
門
の
先
生
に
診
て

   

  
の
わ
だ
か
ま
り
が
解
け
た
よ
う
な
気
に
な
っ
た
が
 
史
緒
の
方
は
  
 
と
り
と
め
も
な
い
話
は
3
0
分
ほ
ど
も
続
い
た
 °
僕
は
今
ま
で
  
 
  
く
な
っ
て
|
|
 
  
し
今
ま
で
な
ん
て
悪
い
子
だ
っ
た
ん
だ
ろ
う
っ
て
急
に
申
し
訳
な
  
け
た
み
た
い
に
す
|
っ
と
楽
に
な
っ
た
の
 °
そ
う
し
た
ら
 
わ
た
  
笑
顔
を
見
せ
た
 °
 
そ
の
言
葉
を
聞
い
た
ら
 
ま
る
で
魔
法
が
解
  
こ
れ
な
ら
大
丈
夫
だ
ろ
う
 
っ
て
 
史
緒
は
ふ
っ
き
れ
た
よ
う
な
  
に
様
子
が
変
わ
ら
な
け
れ
ば
 
今
後
ど
ん
な
に
大
き
く
な
っ
て
も
  
心
配
な
い
 °
確
か
に
人
よ
り
も
だ
い
ぶ
大
き
い
け
ど
も
 
で
も
特
  
た
の
 °
 
こ
れ
は
思
春
期
の
成
長
過
程
で
よ
く
あ
る
こ
と
で
全
然
  
知
ら
な
い
と
思
う
 °
そ
し
た
ら
そ
こ
の
女
の
先
生
が
言
っ
て
く
れ
  
の
 °
あ
 
お
に
い
ち
ゃ
ん
は
学
校
に
行
っ
て
い
る
間
だ
っ
た
か
ら
  
わ
た
し
を
む
り
や
り
連
れ
て
行
っ
て
く
れ
て
|
|
診
察
を
受
け
た
  
心
配
し
て
く
れ
て
た
 °
最
後
は
お
っ
ぱ
い
の
専
門
医
の
と
こ
ろ
に
 
  
づ
い
て
い
る
様
子
は
な
い
 °
 
で
も
間
違
い
だ
っ
た
 °
ち
ゃ
ん
と
  
し
か
し
史
緒
は
う
つ
む
い
た
ま
ま
で
 
幸
い
こ
ち
ら
の
顔
色
に
気
  
顔
か
ら
サ
ッ
と
血
の
気
が
引
い
た
こ
と
が
自
分
で
も
わ
か
っ
た
 °
  
ほ
ん
と
の
子
じ
ゃ
な
い
ん
だ
 
っ
て
気
が
し
て
き
て
|
|
 
僕
の
  
し
だ
け
|
|
っ
て
思
っ
て
る
う
ち
に
 
 
わ
た
し
 
お
母
さ
ん
の

   

  
か
っ
て
く
る
 °
ち
ょ
っ
と
苦
し
そ
う
な
顔
を
見
せ
た
 °
  
か
ら
な
い
の
は
い
い
が
 
今
度
は
史
緒
の
体
に
ま
と
も
に
の
し
か
  
 
改
め
て
そ
の
胸
に
手
を
置
く
 °
そ
の
重
量
が
こ
ち
ら
の
手
に
か
  
だ
 °
  
し
て
い
て
 
ち
ょ
っ
と
つ
つ
い
た
だ
け
で
は
じ
け
て
し
ま
い
そ
う
  
立
っ
て
い
る
 °
ま
る
で
む
き
た
て
の
ゆ
で
卵
の
よ
う
に
つ
る
ん
と
  
流
れ
る
こ
と
な
く
 
乳
房
が
胸
の
上
か
ら
山
脈
の
よ
う
に
そ
び
え
  
 
し
か
し
驚
い
た
 °
史
緒
の
バ
ス
ト
は
横
に
な
っ
て
も
ほ
と
ん
ど
  
 
何
言
っ
て
る
ん
だ
よ
 
ほ
ら
 
  
 
お
に
い
ち
ゃ
ん
の
匂
い
が
す
る
 
嬉
し
そ
う
に
小
さ
く
笑
っ
た
 °
  
 
史
緒
は
あ
お
む
け
に
寝
る
と
鼻
を
く
ん
と
な
ら
す
 °
  
だ
よ
ね
 
  
 
こ
こ
に
?
こ
れ
 
お
に
い
ち
ゃ
ん
が
い
つ
も
寝
て
い
る
ベ
ッ
ド
  
よ
う
提
案
し
た
の
だ
 °
 
  
と
確
実
に
腕
が
死
ぬ
 °
そ
こ
で
史
緒
の
方
に
横
に
な
っ
て
も
ら
う
  
 
先
ほ
ど
痛
感
し
た
の
だ
が
 
こ
の
ま
ま
の
姿
勢
で
続
け
て
い
く
  
 
ち
ょ
っ
と
 
そ
の
ま
ま
横
に
な
っ
て
く
れ
な
い
か
 
  
 
し
か
た
な
い
 °
僕
は
立
ち
上
が
る
と
 
一
計
を
案
じ
た
 °
  
事
に
だ
ん
だ
ん
焦
れ
て
き
た
の
か
 
目
で
何
か
を
訴
え
始
め
た
 °
  
ま
だ
そ
う
は
い
か
な
い
 °
い
つ
ま
で
も
休
憩
時
間
が
終
わ
ら
な
い

   

  
巨
大
な
乳
房
に
は
今
だ
手
が
届
い
て
い
な
い
所
が
沢
山
あ
っ
た
 °
  
 
僕
の
方
も
必
死
だ
っ
た
 °
ま
だ
ま
だ
道
の
り
は
遠
い
 °
史
緒
の
  
き
た
 °
  
れ
ま
で
以
上
に
変
化
に
富
ん
だ
攻
め
方
を
乳
房
に
す
る
こ
と
が
で
  
う
洩
ら
す
 °
そ
う
だ
ろ
う
 
横
に
な
っ
て
く
れ
た
お
か
げ
で
 
  
 
今
日
:
:
す
ご
く
:
:
い
い
 
史
緒
が
感
に
堪
え
な
い
風
に
こ
  
え
な
が
ら
全
体
を
ま
ん
べ
ん
な
く
揉
み
ま
く
っ
て
い
っ
た
 °
  
る
に
は
ま
だ
ま
だ
時
間
が
か
か
る
 °
僕
は
手
の
角
度
を
様
々
に
変
  
 
そ
れ
で
も
史
緒
の
巨
大
な
胸
の
し
こ
り
を
す
べ
て
ほ
ぐ
し
終
わ
  
指
に
伝
わ
っ
て
き
た
 °
  
そ
れ
と
と
も
に
胸
の
中
の
し
こ
り
が
徐
々
に
と
ろ
け
て
い
く
の
が
  
い
き
 
耐
え
切
れ
ず
に
口
か
ら
漏
れ
る
声
も
頻
度
を
増
し
て
い
く
 °
  
る
 °
史
緒
も
そ
れ
を
感
じ
た
の
だ
ろ
う
 
次
第
に
顔
が
紅
潮
し
て
  
む
ご
と
に
史
緒
の
胸
に
今
ま
で
以
上
に
ダ
イ
レ
ク
ト
に
力
が
伝
わ
  
が
断
然
違
う
 °
 
あ
:
:
あ
:
:
 
ぐ
い
っ
 
ぐ
い
っ
と
押
し
込
  
胸
の
マ
ッ
サ
|
ジ
に
専
念
で
き
る
 °
先
ほ
ど
と
は
力
の
込
め
具
合
  
 
け
ど
お
か
げ
で
こ
ち
ら
は
自
在
に
体
重
を
か
け
て
じ
っ
く
り
と
  
死
で
自
分
の
胸
の
重
さ
に
耐
え
て
い
る
よ
う
だ
っ
た
 °
  
 
う
ん
:
:
平
気
 
そ
れ
ほ
ど
平
気
そ
う
に
も
見
え
な
い
が
 
  
 
大
丈
夫
か
?
 



















   

  
胸
の
中
心
近
く
に
指
先
が
近
づ
く
こ
と
が
何
度
か
あ
っ
た
 °
し
か
  
 
だ
が
 
し
こ
り
を
追
っ
て
指
を
這
わ
せ
る
う
ち
に
意
識
せ
ず
に
  
こ
の
事
は
 
お
互
い
の
間
で
不
文
律
と
な
っ
て
い
た
 °
  
そ
こ
に
つ
い
て
は
決
し
て
触
れ
よ
う
と
し
な
か
っ
た
 °
い
つ
し
か
  
だ
ろ
う
 °
マ
ッ
サ
|
ジ
中
僕
に
注
文
を
出
す
こ
と
は
あ
っ
て
も
 
  
き
た
 °
そ
し
て
 
史
緒
も
な
ん
と
な
く
そ
の
事
を
感
じ
て
い
た
の
  
し
て
|
|
こ
れ
だ
け
は
 
最
後
の
砦
と
し
て
必
死
で
守
り
通
し
て
  
手
を
出
し
た
ら
こ
の
言
い
訳
も
す
べ
て
成
り
立
た
な
く
な
る
気
が
  
僕
が
や
っ
て
る
こ
と
は
あ
く
ま
で
マ
ッ
サ
|
ジ
な
ん
だ
 °
そ
こ
に
  
が
 
こ
の
部
分
だ
け
は
絶
対
に
手
を
触
れ
る
こ
と
を
避
け
て
き
た
 °
  
 
|
|
こ
の
1
年
 
何
度
も
史
緒
の
胸
を
マ
ッ
サ
|
ジ
し
て
き
た
  
て
押
し
止
め
た
 °
  
べ
て
お
終
い
に
な
る
!
そ
の
度
に
何
度
も
必
死
で
手
に
力
を
込
め
  
に
駆
ら
れ
る
 °
い
か
ん
 
そ
れ
だ
け
は
|
|
そ
れ
を
や
っ
た
ら
す
  
う
が
な
か
っ
た
 °
気
が
つ
く
と
そ
の
頂
に
手
を
伸
ば
し
た
い
衝
動
  
 
そ
し
て
 
僕
は
史
緒
の
胸
の
頂
点
の
突
起
が
気
に
な
っ
て
し
ょ
  
に
な
っ
て
し
ま
う
 °
  
ら
俯
瞰
す
る
こ
と
で
 
史
緒
の
乳
房
の
全
貌
が
よ
り
一
層
明
ら
か
  
終
わ
っ
て
な
い
部
分
を
考
え
る
 
し
か
し
横
に
な
っ
た
胸
を
上
か
  
自
分
の
興
奮
を
何
と
か
醒
め
や
ろ
う
と
 
な
る
べ
く
冷
静
に
ま
だ

   

  
が
は
じ
き
飛
ば
さ
れ
て
し
ま
い
そ
う
だ
 °
  
れ
ん
ば
か
り
の
弾
力
を
持
ち
始
め
た
 °
下
手
す
る
と
こ
ち
ら
の
方
  
を
増
し
 
中
身
が
た
っ
ぷ
り
と
詰
ま
っ
た
水
風
船
の
よ
う
に
あ
ふ
  
し
こ
り
は
 
徐
々
に
姿
を
消
し
つ
つ
あ
っ
た
 °
史
緒
の
胸
は
血
色
  
 
ど
れ
だ
け
時
間
が
経
っ
た
ろ
う
 
あ
れ
だ
け
大
き
か
っ
た
胸
の
  
 
  
そ
の
時
の
声
は
強
烈
に
耳
に
残
っ
て
い
た
 °
  
 
ご
 
ご
め
ん
 
僕
は
ひ
た
す
ら
謝
る
し
か
な
か
っ
た
 °
し
か
し
  
つ
な
そ
う
に
聞
え
る
 °
  
 
お
に
い
ち
ゃ
ん
 
そ
こ
|
|
だ
め
:
:
 
史
緒
の
声
は
妙
に
せ
  
 
内
心
し
ま
っ
た
 
と
思
い
腕
が
一
気
に
縮
こ
ま
る
 °
  
の
に
 
そ
の
反
応
の
大
き
さ
は
今
ま
で
と
ま
る
で
別
物
だ
っ
た
 °
  
胸
が
大
き
く
波
打
つ
 °
実
際
に
は
先
を
ほ
ん
の
な
す
っ
た
程
度
な
  
 
あ
|
|
!
 
史
緒
の
体
が
そ
の
途
端
ビ
ク
ン
と
揺
れ
 
反
動
で
  
ち
ょ
っ
と
触
れ
て
し
ま
っ
た
 °
  
 
中
心
近
く
に
伸
ば
し
た
指
が
 
勢
い
余
っ
て
 
禁
断
の
乳
首
に
  
 
そ
ん
な
時
 
事
件
は
起
こ
っ
た
 °
  
そ
う
な
そ
ぶ
り
を
見
せ
る
時
が
あ
る
よ
う
な
|
|
 °
  
い
く
気
が
す
る
 °
な
ん
だ
か
史
緒
の
方
も
む
し
ろ
さ
わ
っ
て
欲
し
  
も
そ
の
付
近
に
近
づ
く
ほ
ど
史
緒
の
反
応
が
よ
り
敏
感
に
な
っ
て

   

  
り
出
す
よ
う
な
声
を
上
げ
る
と
 
そ
の
ま
ま
動
か
な
く
な
っ
た
 °
  
 
あ
あ
っ
!
 
史
緒
は
遂
に
我
慢
し
き
れ
ず
に
の
ど
の
奥
か
ら
絞
  
な
が
ら
 
な
お
も
執
拗
に
ぎ
り
ぎ
り
の
線
を
攻
め
立
て
る
 °
  
 
僕
は
そ
れ
よ
り
内
に
踏
み
込
ま
な
い
よ
う
細
心
の
注
意
を
払
い
  
と
!
!
 
  
 
う
ぁ
ぁ
 
そ
こ
 
そ
こ
:
:
 °
だ
 
だ
め
っ
 
い
い
っ
!
も
っ
  
し
て
い
る
か
の
よ
う
に
 
史
緒
の
反
応
が
激
し
さ
を
増
し
た
 °
  
境
目
ぎ
り
ぎ
り
を
攻
め
立
て
た
 °
そ
こ
に
最
後
の
し
こ
り
が
集
中
  
 
け
ど
 
こ
こ
な
ら
|
|
と
僕
は
ほ
ん
の
り
色
づ
い
た
乳
輪
と
の
  
だ
!
∨
僕
は
念
仏
の
よ
う
に
心
の
中
で
唱
え
続
け
た
 °
  
∧
だ
め
だ
 
こ
こ
だ
け
は
|
|
忘
れ
ろ
 
さ
っ
き
の
は
事
故
な
ん
  
め
る
 °
  
つ
の
間
に
か
指
が
そ
ち
ら
に
向
か
っ
て
い
く
の
を
必
死
で
思
い
止
  
∧
も
う
一
度
|
|
い
や
だ
め
だ
!
∨
自
分
の
意
思
と
関
係
な
く
い
  
ろ
う
な
 
と
い
う
考
え
が
頭
を
よ
ぎ
る
 °
  
先
ほ
ど
の
激
烈
な
反
応
が
思
い
出
さ
れ
る
|
|
一
気
に
終
わ
る
だ
  
上
が
っ
て
き
た
よ
う
な
:
:
 °
今
 
あ
そ
こ
を
刺
激
し
た
ら
|
|
  
に
入
っ
て
く
る
 °
な
ん
だ
か
先
ほ
ど
よ
り
幾
分
ぷ
っ
く
り
と
盛
り
  
た
 °
あ
と
ど
れ
ぐ
ら
い
:
:
 °
そ
ん
な
時
 
ふ
た
た
び
乳
首
が
目
  
 
座
っ
て
い
る
時
よ
り
楽
と
は
い
え
 
い
い
加
減
疲
れ
が
出
て
き

   

  
に
吸
い
つ
く
よ
う
に
ま
と
わ
り
つ
く
 °
し
か
し
満
足
し
き
っ
た
か
  
な
姿
で
 °
僕
は
史
緒
の
胸
を
ち
ょ
っ
と
突
つ
い
て
み
た
 °
肌
が
指
  
 
僕
の
ベ
ッ
ド
で
 
し
か
も
胸
を
さ
ら
け
出
し
た
ま
ま
の
無
防
備
  
 
史
緒
:
:
寝
ち
ゃ
っ
た
の
か
い
?
 
  
言
う
と
ま
た
目
を
閉
じ
る
 °
程
な
く
静
か
な
寝
息
が
聞
え
て
き
た
 °
  
 
さ
っ
き
は
:
:
変
な
声
出
し
て
ご
め
ん
ね
 
最
後
に
そ
れ
だ
け
  
う
だ
っ
た
 °
  
う
 
ほ
と
ん
ど
全
力
を
使
い
果
た
し
て
口
を
開
く
の
も
億
劫
な
よ
  
た
よ
 
お
に
い
ち
ゃ
ん
 
い
つ
も
の
終
わ
っ
た
時
と
は
ど
こ
か
違
  
 
あ
り
が
と
う
 
声
に
も
力
が
な
い
 °
 
胸
 
す
ご
い
よ
く
な
っ
  
ぼ
|
っ
と
し
て
い
る
 °
  
 
し
か
し
や
は
り
ま
だ
ど
こ
か
心
こ
こ
に
あ
ら
ず
と
い
っ
た
風
で
  
見
た
 °
  
ふ
っ
と
気
が
つ
い
た
か
の
よ
う
に
史
緒
が
目
を
開
け
て
こ
ち
ら
を
  
 
え
?
史
緒
の
う
つ
ろ
な
声
が
信
じ
ら
れ
ず
聞
き
返
す
 °
そ
こ
で
  
 
も
っ
と
:
:
 
  
ら
思
い
も
よ
ら
な
い
言
葉
が
こ
ぼ
れ
た
 °
  
 
満
足
し
た
の
か
な
?
と
思
っ
て
声
を
か
け
る
と
 
史
緒
の
口
か
  
 
史
緒
:
:
?
 
  
 

























   

  
 
ど
う
に
も
自
分
が
制
し
き
れ
な
い
 °
僕
は
無
理
矢
理
目
を
逸
ら
  
よ
り
も
は
る
か
に
魅
力
的
だ
っ
た
 °
  
っ
く
り
観
察
し
た
事
は
な
か
っ
た
が
 
そ
れ
ま
で
見
た
ど
ん
な
時
  
 
い
つ
も
は
終
わ
っ
て
す
ぐ
服
を
着
て
し
ま
う
の
で
こ
ん
な
に
じ
  
∧
こ
れ
が
:
:
凝
り
が
ほ
ぐ
れ
た
時
の
史
緒
の
胸
な
の
か
∨
  
さ
ら
に
大
き
く
盛
り
上
が
っ
て
い
く
よ
う
に
す
ら
思
え
た
 °
  
に
生
気
に
満
ち
満
ち
て
 
呼
吸
で
上
下
す
る
た
び
に
む
く
む
く
と
  
い
て
い
る
よ
う
に
見
え
る
 °
そ
れ
ま
で
と
は
別
の
生
き
物
の
よ
う
  
ぐ
さ
れ
て
赤
み
が
か
っ
た
乳
房
が
 
ま
る
で
つ
や
や
か
に
光
り
輝
  
∧
な
ん
だ
こ
れ
は
:
:
∨
驚
き
の
あ
ま
り
息
を
呑
む
 °
凝
り
が
ほ
  
 
  
釘
づ
け
に
な
っ
て
し
ま
う
 °
  
に
し
よ
う
と
は
思
う
の
だ
が
 
ど
う
し
て
も
視
線
が
史
緒
の
胸
に
  
を
史
緒
の
胸
か
ら
引
き
摺
り
下
ろ
し
た
 °
な
ん
と
か
見
な
い
よ
う
  
∧
だ
め
だ
っ
!
!
∨
僕
は
な
け
な
し
の
自
制
心
を
振
り
絞
っ
て
手
  
に
違
う
 
己
の
欲
望
に
つ
き
動
か
さ
れ
た
動
き
に
:
:
 °
  
史
緒
の
胸
を
触
り
続
け
た
 °
先
ほ
ど
の
マ
ッ
サ
|
ジ
と
は
明
ら
か
  
 
史
緒
:
:
 
僕
は
反
応
が
な
い
の
を
い
い
こ
と
に
 
そ
の
ま
ま
  
な
か
っ
た
 °
  
の
よ
う
な
顔
で
既
に
熟
睡
し
て
し
ま
っ
た
の
か
 
起
き
る
気
配
は

   

  
 
僕
は
そ
の
日
 
史
緒
の
お
だ
や
か
な
寝
息
を
背
中
に
感
じ
な
が
  
 
  
知
ら
な
い
ん
だ
か
ら
な
 
  
|
た
と
え
実
の
兄
妹
じ
ゃ
な
い
と
し
て
も
:
:
 °
史
緒
は
そ
れ
を
  
 
史
緒
は
妹
な
ん
だ
ぞ
 °
決
し
て
許
さ
れ
る
こ
と
じ
ゃ
な
い
 °
  
し
つ
ぶ
さ
れ
て
し
ま
い
そ
う
だ
っ
た
 °
  
 
僕
は
史
緒
へ
の
想
い
が
ど
ん
ど
ん
大
き
く
な
っ
て
 
今
に
も
押
  
|
|
耳
に
こ
び
り
つ
い
て
離
れ
な
い
 °
  
て
く
れ
な
い
 °
そ
し
て
乳
首
を
な
す
っ
て
し
ま
っ
た
時
の
あ
の
声
  
ど
ま
で
の
感
触
が
腕
全
体
に
生
々
し
く
残
っ
て
い
つ
ま
で
も
消
え
  
上
に
座
り
 
両
手
を
じ
っ
と
い
つ
ま
で
も
見
詰
め
続
け
た
 °
先
ほ
  
頭
に
浮
か
び
上
が
る
 °
僕
は
ベ
ッ
ド
に
背
を
向
け
て
自
分
の
机
の
  
れ
を
見
た
だ
け
で
さ
っ
き
目
に
焼
き
つ
い
た
光
景
が
嫌
が
応
に
も
  
け
た
が
 
胸
の
あ
た
り
が
信
じ
ら
れ
な
い
ほ
ど
盛
り
上
が
り
 
  
 
仕
方
な
く
上
に
乗
せ
た
だ
け
で
そ
の
上
か
ら
さ
ら
に
毛
布
を
掛
  
∧
や
っ
ぱ
り
:
:
大
き
く
な
っ
て
い
る
!
?
∨
  
い
ほ
ど
 
そ
の
カ
ッ
プ
に
胸
が
収
ま
り
き
ら
な
か
っ
た
 °
  
う
と
す
る
が
|
|
と
て
も
さ
っ
き
ま
で
し
て
た
と
は
信
じ
ら
れ
な
  
ど
脱
ぎ
捨
て
た
ブ
ラ
が
目
に
入
っ
た
の
で
そ
れ
で
胸
を
覆
い
隠
そ
  
し
 
何
か
隠
す
も
の
を
:
:
と
あ
た
り
を
探
し
た
 °
史
緒
が
先
ほ

   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
ら
 
朝
ま
で
一
睡
も
で
き
な
か
っ
た
 °











  > ≫