ね
っ
 °
 
  
受
験
勉
強
な
ん
か
し
て
い
な
い
の
で
し
ょ
う
 °
  
や
っ
と
眠
り
に
つ
い
た
と
こ
ろ
な
の
だ
か
ら
 °
  
 
亜
里
沙
姉
ち
ゃ
ん
 °
  
 
  
年
生
の
妹
の
香
里
奈
を
起
こ
し
て
し
ま
い
ま
し
た
 °
  
実
際
 
隣
の
ベ
ッ
ド
で
静
か
に
寝
て
い
た
 
口
う
る
さ
い
中
学
二
  
 
  
 
  
の
所
で
す
 °
  
そ
ん
な
に
大
き
な
音
が
す
る
と
は
思
っ
て
い
な
か
っ
た
の
が
本
当
  
て
 
床
を
強
く
蹴
っ
て
し
ま
っ
た
と
い
う
感
じ
な
の
で
す
 °
  
自
分
の
感
覚
で
言
う
と
 
思
っ
て
い
た
よ
り
脚
が
少
し
だ
け
長
く
  
時
の
こ
と
だ
っ
た
の
で
す
 °
  
台
所
ま
で
麦
茶
を
飲
み
に
い
こ
う
と
し
て
 
ベ
ッ
ド
か
ら
降
り
た
  
の
ど
か
渇
き
過
ぎ
て
 
夜
中
に
眼
が
覚
め
ま
し
た
 °
  
七
月
下
旬
の
暑
い
夜
の
こ
と
で
し
た
 °
  
  
カ
ン
ソ
ウ
人
 
作
  
 
夢
の
よ
う
な
話
 
だ
け
ど
聞
い
て
下
さ
い









≪ <  

  
し
ょ
う
が
な
い
か
ら
 
寝
巻
き
の
乱
れ
た
の
を
直
し
て
か
ら
行
く
  
部
屋
の
出
口
に
近
い
妹
の
方
が
先
に
行
か
れ
て
し
ま
い
ま
し
た
 °
  
話
を
聞
か
ず
に
冷
蔵
庫
に
行
っ
て
し
ま
お
う
と
し
た
の
だ
け
れ
ど
 
  
 
  
そ
ん
な
ド
ジ
ば
か
り
し
て
い
る
訳
で
は
あ
り
ま
せ
ん
 °
  
思
わ
れ
る
か
も
し
れ
ま
せ
ん
が
 
誰
も
そ
ん
な
こ
と
は
し
ま
せ
ん
 °
  
こ
ん
な
事
を
言
う
と
 
い
つ
も
ベ
ッ
ド
か
ら
落
ち
て
い
る
よ
う
に
  
 
  
 
  
ら
口
の
減
ら
な
い
や
つ
だ
な
あ
と
思
っ
た
の
で
し
た
 °
  
寝
ぼ
け
て
い
て
も
 
い
や
み
が
自
然
に
話
せ
る
な
ん
て
 
妹
な
が
  
 
  
誰
か
が
ま
た
 
ベ
ッ
ド
か
ら
落
ち
た
の
か
と
 °
 
  
音
よ
り
も
揺
れ
が
凄
か
っ
た
よ
 °
  
 
そ
れ
に
し
て
は
 °
  
 
  
お
茶
を
飲
み
に
行
こ
う
と
し
て
少
し
大
き
な
音
が
し
た
の
 °
 
  
起
こ
す
つ
も
り
は
無
か
っ
た
の
 °
  
 
香
里
奈
ち
ゃ
ん
ご
免
な
さ
い
ね
 °
  
 

























   

  
 
  
そ
れ
も
相
当
だ
よ
 °
  
か
り
だ
よ
 °
  
 
亜
里
沙
姉
ち
ゃ
ん
の
サ
イ
ズ
 
大
き
く
な
っ
て
い
る
の
が
丸
分
  
 
  
 
香
里
奈
ち
ゃ
ん
 
何
が
無
理
な
の
?
 
  
 
  
で
も
絶
対
に
無
理
 °
 
  
で
し
ょ
う
 °
  
 
亜
里
沙
姉
ち
ゃ
ん
 
寝
巻
の
乱
れ
た
の
を
直
そ
う
と
し
て
い
た
  
 
  
の
で
す
 °
  
そ
こ
へ
 
妹
が
台
所
か
ら
帰
っ
て
来
て
部
屋
の
明
か
り
を
付
け
た
  
 
  
 
  
で
い
ま
し
た
 °
  
こ
の
違
和
感
を
ど
こ
か
ら
話
せ
ば
良
い
の
だ
ろ
う
か
な
ん
て
悩
ん
  
分
か
り
ま
せ
ん
 °
  
身
体
全
体
に
違
和
感
が
あ
る
の
で
す
が
 
暗
い
の
で
理
由
は
良
く
  
こ
と
に
し
ま
し
た
 °


















   

  
お
姉
ち
ゃ
ん
の
天
然
か
ら
考
え
る
と
 
グ
ラ
ビ
ア
と
バ
ラ
エ
テ
ィ
  
す
る
よ
り
も
良
い
の
だ
け
は
間
違
い
な
い
よ
 °
  
グ
ラ
ビ
ア
ア
イ
ド
ル
に
で
も
な
れ
ば
 
マ
ク
ド
ナ
ル
ド
で
バ
イ
ト
  
・
・
・
・
・
 °
  
話
は
 
お
姉
ち
ゃ
ん
が
落
ち
つ
い
た
明
日
の
朝
と
言
う
こ
と
で
・
  
 
  
で
も
 
そ
の
バ
ス
ト
や
ヒ
ッ
プ
に
比
べ
た
ら
ウ
エ
ス
ト
が
細
い
ね
 °
  
 
  
う
な
 °
  
そ
こ
ま
で
バ
ス
ト
が
大
き
か
っ
た
ら
 
男
の
子
た
ち
は
騒
ぐ
だ
ろ
  
 
  
と
に
か
く
 
お
休
み
な
さ
い
 °
  
い
う
か
鈍
感
と
い
う
か
 °
  
亜
里
沙
姉
ち
ゃ
ん
 
自
分
の
身
体
の
変
化
に
気
付
く
の
が
遅
い
と
  
急
成
長
し
た
ん
よ
ね
 °
  
 
  
そ
の
胸
じ
ゃ
あ
 
ブ
ラ
ジ
ャ
|
買
う
の
も
大
変
だ
よ
 °
  
台
所
へ
行
っ
て
 
鏡
を
見
て
ご
ら
ん
よ
 °
  
 
  
リ
ア
ク
シ
ョ
ン
が
遅
い
 °
















   

  
夜
中
の
内
に
測
っ
て
も
ら
っ
て
良
か
っ
た
と
思
っ
た
の
は
 
後
か
  
を
出
し
て
 
嫌
そ
う
に
し
て
い
る
香
里
奈
に
渡
し
ま
し
た
 °
  
私
は
か
ば
ん
に
入
れ
て
い
た
1
0
0
円
均
一
で
買
っ
た
メ
ジ
ャ
|
  
 
  
ハ
イ
ハ
イ
 °
 
  
寝
る
の
よ
 °
  
身
体
測
定
が
終
わ
っ
た
ら
 
さ
っ
さ
と
お
茶
を
た
く
さ
ん
飲
ん
で
  
 
そ
ん
な
に
大
き
な
声
出
し
た
ら
 
ご
近
所
中
聞
え
る
よ
 °
  
 
  
と
私
が
言
う
事
が
出
来
た
事
は
 
と
っ
て
も
幸
い
な
事
で
し
た
 °
  
 
香
里
奈
ち
ゃ
ん
 
私
の
サ
イ
ズ
を
測
っ
て
か
ら
寝
て
頂
戴
ね
 °
 
  
 
  
い
ま
す
 °
  
そ
れ
に
し
て
も
 
言
い
た
い
事
を
言
い
た
い
放
題
 
妹
は
言
っ
て
  
事
が
出
来
ず
に
 
思
い
切
り
良
く
話
を
す
る
事
が
気
出
ま
せ
ん
 °
  
私
は
 
自
分
に
起
こ
っ
た
違
和
感
に
つ
い
て
う
ま
く
言
葉
に
す
る
  
て
い
な
い
だ
け
で
な
く
 
5
%
も
分
か
っ
て
い
な
い
の
で
し
た
 °
  
後
か
ら
考
え
る
と
 
私
に
は
ま
だ
起
こ
っ
た
事
の
半
分
が
分
か
っ
  
 
  
の
両
立
が
可
能
だ
と
思
う
 °
 














   

  
嘘
み
た
い
な
数
字
で
し
た
が
 
妹
の
言
っ
て
い
た
事
に
お
お
よ
そ
  
|
6
6
 
ウ
エ
ス
ト
6
2
 
ヒ
ッ
プ
1
0
1
 
身
長
1
5
3
∨
  
∧
七
月
二
十
八
日
午
前
二
時
 
ト
ッ
プ
バ
ス
ト
1
0
3
 
ア
ン
ダ
  
メ
モ
に
は
こ
う
書
い
て
有
り
ま
し
た
 °
  
 
  
に
寝
て
し
ま
い
ま
し
た
 °
  
と
言
う
と
 
メ
モ
を
私
に
渡
す
と
 
ベ
ッ
ド
に
横
た
わ
る
と
す
ぐ
  
だ
け
ど
眠
た
い
か
ら
寝
る
 °
 
  
信
じ
ら
れ
な
い
 °
  
 
  
4
0
セ
ン
チ
 °
  
4
0
セ
ン
チ
よ
 °
  
く
な
る
な
ん
て
 °
  
背
も
高
く
な
っ
て
い
る
し
 
バ
ス
ト
が
4
0
セ
ン
チ
近
く
も
大
き
  
 
本
当
に
亜
里
沙
姉
ち
ゃ
ん
な
の
 °
  
 
  
 
  
は
サ
イ
ズ
を
測
っ
て
く
れ
ま
し
た
 °
  
眠
い
の
だ
か
ら
仕
方
が
有
り
ま
せ
ん
が
 
渋
々
な
が
ら
も
香
里
奈
  
ら
の
事
で
す
 °




















   

  
汗
を
た
く
さ
ん
か
き
 
ト
イ
レ
に
行
っ
て
お
し
っ
こ
を
た
く
さ
ん
  
1
0
リ
ッ
ト
ル
ぐ
ら
い
飲
ん
だ
と
思
い
ま
す
 °
  
冷
え
て
い
な
い
2
リ
ッ
ト
ル
の
ミ
ネ
ラ
ル
ウ
ォ
|
タ
|
も
含
む
と
 
  
し
た
が
 
冷
蔵
庫
に
あ
る
分
で
は
足
り
ま
せ
ん
 °
  
お
茶
と
ス
ポ
|
ツ
ド
リ
ン
ク
を
喉
の
渇
き
が
収
ま
る
ま
で
飲
み
ま
  
 
  
い
て
い
る
事
を
思
い
出
し
ま
し
た
 °
  
時
間
を
忘
れ
て
自
分
の
身
体
に
見
と
れ
て
い
ま
し
た
が
 
喉
が
渇
  
何
十
枚
も
撮
影
し
ま
し
た
 °
  
1
0
0
円
均
一
で
買
っ
た
三
脚
を
立
て
て
 
デ
ジ
タ
ル
カ
メ
ラ
で
  
い
ま
し
た
 °
  
こ
の
時
見
た
自
分
の
身
体
の
美
し
さ
は
忘
れ
て
は
い
け
な
い
と
思
  
 
  
自
分
の
姿
と
は
言
え
 
な
ん
て
美
し
い
身
体
な
の
で
し
ょ
う
か
 °
  
 
  
台
所
に
行
き
 
鏡
に
裸
に
な
っ
て
身
体
全
体
を
映
し
ま
し
た
 °
  
尻
の
所
や
脇
の
縫
い
目
が
破
れ
て
い
た
の
で
す
 °
  
寝
巻
は
自
分
の
身
体
に
合
っ
て
い
な
い
だ
け
で
無
く
て
 
実
は
お
  
 
  
納
得
が
い
き
ま
し
た
 °

















   

  
じ
ら
れ
な
い
 °
  
さ
っ
き
見
た
時
よ
り
も
 
ま
だ
大
き
く
な
っ
て
い
る
な
ん
て
 
  
信
じ
ら
れ
な
い
と
い
う
し
か
な
い
の
ね
・
・
・
・
・
・
・
 °
  
最
愛
の
お
姉
さ
ま
 
分
か
り
ま
し
た
 °
  
 
ハ
イ
ハ
イ
 °
  
 
  
つ
い
で
に
写
真
も
撮
っ
て
ね
 °
 
  
 
で
も
 
お
願
い
だ
か
ら
サ
イ
ズ
を
測
っ
て
 °
  
 
  
こ
ん
な
時
間
に
起
こ
す
の
 °
 
  
 
お
姉
ち
ゃ
ん
嘘
で
し
ょ
う
 °
  
 
  
寝
た
ば
か
り
の
妹
を
 
起
こ
す
こ
と
に
し
ま
し
た
 °
  
プ
し
て
い
る
の
が
分
か
り
ま
す
 °
  
さ
っ
き
立
て
た
三
脚
で
撮
影
し
た
ら
 
間
違
い
な
く
サ
イ
ズ
ア
ッ
  
思
え
た
だ
け
で
無
く
て
 
本
当
に
大
き
く
な
っ
て
い
る
の
で
す
 °
  
体
の
サ
イ
ズ
も
大
き
く
な
っ
た
よ
う
に
思
え
ま
し
た
 °
  
な
ん
だ
か
肌
が
奇
麗
に
な
っ
た
よ
う
に
見
え
た
だ
け
で
な
く
 
  
 
  
出
し
て
 
落
ち
着
い
て
鏡
の
前
に
戻
り
ま
し
た
 °







   

  
長
す
る
な
ん
て
 °
  
3
0
分
で
バ
ス
ト
が
1
5
セ
ン
チ
に
ヒ
ッ
プ
が
1
0
セ
ン
チ
も
成
  
 
信
じ
ら
れ
な
い
 °
  
 
  
ダ
|
6
8
 
ウ
エ
ス
ト
5
5
 
ヒ
ッ
プ
1
1
1
 
身
長
1
5
6
∨
  
∧
七
月
二
十
八
日
 
午
前
2
時
4
0
分
 
ト
ッ
プ
1
1
8
 
ア
ン
  
 
  
・
・
・
 °
 
  
ど
う
せ
 
寝
ぼ
け
て
い
て
 
正
し
く
な
い
だ
ろ
う
け
れ
ど
・
・
・
  
 
  
知
ら
な
か
っ
た
事
ば
っ
か
り
だ
 °
  
ヒ
ッ
プ
も
 
こ
こ
ま
で
大
き
い
と
こ
ん
な
揺
れ
方
を
す
る
の
ね
 °
  
正
し
い
サ
イ
ズ
な
ん
て
 
ど
う
や
っ
て
も
測
れ
な
い
 °
  
 
  
知
ら
な
か
っ
た
よ
う
 °
  
き
回
る
の
ね
 °
  
バ
ス
ト
っ
て
大
き
か
っ
た
ら
 
そ
ん
な
に
も
生
き
物
の
よ
う
に
動
  
大
き
く
揺
れ
る
 °
  
お
姉
ち
ゃ
ん
の
バ
ス
ト
っ
て
柔
ら
か
い
か
ら
 
触
る
と
ゆ
さ
ゆ
さ
  
 

























   

  
日
ま
で
と
同
じ
様
に
行
か
な
い
事
が
沢
山
あ
る
の
で
し
た
 °
  
バ
ス
ト
が
大
き
過
ぎ
る
こ
と
は
 
邪
魔
と
は
言
い
ま
せ
ん
が
 
  
 
  
も
う
 
違
和
感
な
ん
て
言
う
モ
ノ
で
は
あ
り
ま
せ
ん
 °
  
た
だ
寝
る
だ
け
で
も
 
今
ま
で
と
違
う
こ
と
だ
ら
け
で
す
 °
  
 
  
 
  
か
ら
 
仕
方
が
有
り
ま
せ
ん
で
し
た
 °
  
こ
の
サ
イ
ズ
に
合
う
服
な
ん
て
 
一
つ
も
持
っ
て
い
な
い
の
で
す
  
私
は
も
ち
ろ
ん
裸
で
寝
る
以
外
に
方
法
が
あ
り
ま
せ
ん
 °
  
 
  
 
  
ま
い
ま
し
た
 °
  
と
言
い
な
が
ら
も
 
十
数
枚
の
写
真
を
撮
っ
て
香
里
奈
は
寝
て
し
  
信
じ
ら
れ
な
い
け
ど
 
眠
た
い
 °
 
  
で
も
 
ど
う
や
っ
た
ら
 
7
セ
ン
チ
も
ウ
エ
ス
ト
が
減
る
の
か
な
 °
  
 
  
ね
 °
  
こ
の
ペ
|
ス
続
く
様
だ
っ
た
ら
 
明
日
の
朝
は
酷
い
事
に
な
る
よ
  
明
日
の
朝
 
ゆ
っ
く
り
拝
ま
せ
て
も
ら
い
ま
す
 °







   

  
だ
か
ら
と
言
っ
て
 
私
が
努
力
し
て
来
な
か
っ
た
訳
で
は
な
い
の
  
途
端
に
あ
っ
た
の
で
す
 °
  
こ
う
な
れ
ば
良
い
な
と
思
っ
て
い
た
以
上
の
成
果
が
 
目
覚
め
た
  
て
は
 
私
と
し
て
は
不
思
議
な
満
足
感
が
あ
り
ま
し
た
 °
  
鏡
の
前
で
見
と
れ
て
い
た
自
分
の
あ
ま
り
に
美
し
い
身
体
に
つ
い
  
っ
た
の
で
す
 °
  
そ
れ
ま
で
の
 
自
分
の
体
型
に
つ
い
て
は
 
実
は
不
満
が
一
杯
あ
  
 
  
 
  
の
で
し
た
 °
  
な
る
の
で
す
が
 
そ
れ
は
 
寝
る
 
と
い
う
事
に
限
っ
て
の
事
な
  
落
ち
着
い
て
寝
る
為
に
 
こ
れ
か
ら
色
ん
な
グ
ッ
ズ
を
試
す
事
に
  
り
に
す
ぎ
ま
せ
ん
で
し
た
 °
  
で
も
 
こ
れ
は
こ
れ
か
ら
私
に
降
り
掛
か
る
色
ん
な
事
件
の
始
ま
  
 
  
妹
の
蹴
飛
ば
し
て
い
た
枕
も
使
っ
た
り
・
・
・
・
・
・
 °
  
ベ
ッ
ド
の
上
で
 
体
の
向
き
を
色
々
と
変
え
て
 
枕
を
使
っ
た
り
 
  
難
し
い
の
は
間
違
い
あ
り
ま
せ
ん
 °
  
お
尻
の
肉
だ
っ
て
 
こ
こ
ま
で
分
厚
い
と
 
仰
向
き
に
寝
る
の
が
  
寝
る
の
だ
っ
て
 
い
ろ
い
ろ
と
工
夫
が
必
要
な
の
で
す
 °




   

  
 
  
そ
の
時
の
私
は
 
興
奮
し
て
い
た
の
で
し
ょ
う
ね
 °
  
た
 °
  
を
乗
り
越
え
て
行
か
ね
ば
な
ら
な
い
の
だ
と
 
気
付
い
た
の
で
し
  
こ
れ
か
ら
の
出
来
事
と
い
う
か
 
あ
し
た
の
朝
か
ら
起
こ
る
困
難
  
 
  
す
 °
  
め
て
行
か
ね
ば
な
ら
な
い
の
だ
と
 
高
校
一
年
生
な
ら
分
か
り
ま
  
そ
の
過
剰
さ
が
引
き
起
こ
す
諸
々
を
 
心
で
も
行
動
で
も
受
け
止
  
い
う
こ
と
で
す
 °
  
自
分
の
思
い
と
し
て
は
 
凄
過
ぎ
る
身
体
に
な
っ
て
し
ま
っ
た
と
  
 
  
起
こ
り
が
ち
な
の
で
す
 °
  
で
も
 
目
的
と
手
段
は
入
れ
替
わ
っ
て
し
ま
う
事
が
 
し
ば
し
ば
  
間
違
い
あ
り
ま
せ
ん
 °
  
の
視
線
を
ど
う
す
れ
ば
集
め
る
事
が
出
来
る
か
だ
と
思
い
ま
す
 °
  
女
性
が
美
し
く
有
り
た
い
と
思
う
の
は
 
第
一
義
的
に
は
 
男
性
  
 
  
ま
せ
ん
し
 °
  
で
す
が
 
努
力
し
た
か
ら
誰
で
も
こ
う
な
る
と
い
う
訳
で
も
あ
り

   

  
も
っ
と
他
の
所
 
例
え
ば
ア
メ
リ
カ
だ
っ
た
ら
あ
る
の
か
な
あ
?
  
ジ
で
も
 
見
た
こ
と
な
い
な
あ
 °
  
そ
ん
な
ブ
ラ
ジ
ャ
|
 
グ
ラ
マ
|
サ
イ
ズ
の
下
着
の
ホ
|
ム
ペ
|
  
P
だ
よ
 °
  
 
P
カ
ッ
プ
 °
  
 
  
い
け
れ
ど
 
後
ろ
か
ら
な
ら
お
尻
の
割
れ
目
が
隠
せ
な
い
か
も
 °
  
伸
縮
性
の
あ
る
ウ
ェ
ッ
ト
の
X
L
サ
イ
ズ
な
ら
入
る
か
も
知
れ
な
  
良
い
の
か
な
あ
 °
  
こ
の
真
ん
丸
な
お
尻
の
肉
を
 
ど
う
や
っ
て
ズ
ボ
ン
に
入
れ
れ
ば
  
の
差
が
5
6
セ
ン
チ
も
有
る
の
で
す
 °
  
1
1
1
|
5
5
‖
5
6
 
と
い
う
こ
と
は
 
ウ
エ
ス
ト
と
ヒ
ッ
プ
  
 
  
し
た
 °
  
そ
し
て
 
自
分
の
バ
ス
ト
が
P
カ
ッ
プ
に
な
っ
た
事
に
気
付
き
ま
  
ト
ッ
プ
と
ア
ン
ダ
|
の
差
が
 
4
8
セ
ン
チ
な
ん
て
 °
  
6
8
‖
4
8
と
い
う
計
算
が
頭
に
浮
か
び
ま
し
た
 °
  
ベ
ッ
ド
の
上
で
落
ち
着
く
姿
勢
を
発
見
し
た
あ
と
で
 
1
1
6
|
  
 
  
簡
単
に
は
寝
付
け
ま
せ
ん
で
し
た
 °












   

  
な
ら
な
い
程
 
技
術
が
進
ん
で
い
る
ら
し
い
し
 °
  
今
な
ら
 
か
な
り
い
ま
す
し
 
整
形
だ
っ
て
当
時
と
は
比
べ
物
に
  
い
で
す
 °
  
あ
の
頃
に
は
 
あ
ん
な
身
体
を
し
た
女
の
子
は
い
な
か
っ
た
ら
し
  
の
後
を
追
い
ま
わ
し
た
と
か
・
・
・
・
・
・
 °
  
友
だ
ち
数
人
で
新
島
へ
行
っ
た
時
に
 
男
ど
も
が
何
十
人
も
彼
女
  
の
 
か
と
う
れ
い
こ
さ
ん
 
の
伝
説
を
思
い
出
し
ま
し
た
 °
  
も
う
結
婚
し
て
し
ま
っ
た
け
れ
ど
も
 
巨
乳
グ
ラ
ビ
ア
ア
イ
ド
ル
  
 
  
 
  
そ
の
時
は
 
頭
の
中
で
色
ん
な
事
を
想
像
し
ま
し
た
 °
  
こ
ん
な
身
体
で
 
道
を
歩
く
と
 
ど
ん
な
騒
ぎ
に
な
る
の
だ
ろ
う
 °
 
  
な
 °
  
そ
の
前
に
 
家
に
あ
る
ど
ん
な
服
を
着
て
外
に
出
た
ら
良
い
の
か
  
 
  
そ
も
そ
も
 
ど
ん
な
店
で
購
入
し
た
ら
良
い
の
だ
ろ
う
か
 °
  
店
員
さ
ん
は
ど
ん
な
顔
を
す
る
の
だ
ろ
う
か
 °
  
あ
 °
  
お
店
で
採
寸
し
て
も
ら
う
時
 
ど
ん
な
風
に
言
え
ば
良
い
の
か
な
  
 

























   

  
 
  
 
  
て
も
ら
え
な
い
と
思
い
ま
す
 °
  
そ
の
事
は
 
い
つ
か
話
さ
な
け
れ
ば
私
の
事
を
本
当
に
は
分
か
っ
  
私
に
は
も
っ
と
も
っ
と
時
間
が
必
要
で
し
た
 °
  
で
も
 
そ
の
夢
に
は
深
い
意
味
が
あ
っ
た
と
わ
か
る
の
は
 
ま
だ
  
そ
の
時
は
た
だ
の
夢
に
過
ぎ
な
い
と
思
っ
て
い
た
の
で
す
 °
  
で
し
た
 °
  
こ
れ
か
ら
後
で
私
の
見
た
夢
は
 
忘
れ
る
こ
と
は
出
来
な
い
モ
ノ
  
 
  
そ
れ
は
 
誰
に
と
っ
て
も
同
じ
よ
う
な
気
も
し
て
き
ま
し
た
 °
  
合
っ
て
い
る
の
か
も
し
れ
ま
せ
ん
ね
 °
  
抽
象
的
に
考
え
る
よ
り
も
 
具
体
的
に
対
応
す
る
方
が
 
私
に
は
  
そ
の
う
ち
に
深
い
眠
り
に
入
っ
た
の
で
し
ょ
う
ね
 °
  
着
い
た
の
で
し
ょ
う
か
 
私
は
眠
く
な
っ
て
来
ま
し
た
 °
  
そ
ん
な
事
を
連
想
す
る
よ
う
に
頭
に
浮
か
べ
て
い
る
う
ち
に
落
ち
  
 
  
だ
け
ど
 
爆
乳
と
呼
ぶ
に
は
大
き
す
ぎ
る
の
で
は
な
い
か
な
 °
 
  
 
  
言
っ
と
き
ま
す
が
 
私
の
バ
ス
ト
は
本
物
で
す
 °







   

  
で
 
綺
麗
に
な
っ
て
い
る
よ
う
な
気
が
す
る
 °
  
こ
の
頃
気
が
付
い
た
の
だ
け
れ
ど
 
亜
里
沙
姉
ち
ゃ
ん
顔
立
ち
ま
  
い
つ
頃
 
そ
ん
な
に
変
わ
っ
た
の
だ
ろ
う
か
  
 
  
お
姉
ち
ゃ
ん
 
気
に
し
て
い
な
い
み
た
い
な
所
が
凄
い
な
あ
 °
  
だ
っ
て
 
毎
日
色
々
と
あ
る
か
ら
・
・
・
・
・
・
 °
  
ん
な
身
体
に
な
り
た
い
と
は
絶
対
に
思
い
ま
せ
ん
 °
  
 
亜
里
沙
姉
ち
ゃ
ん
の
身
体
は
見
て
い
た
ら
綺
麗
だ
け
れ
ど
 
  
 
  
う
こ
と
が
あ
り
ま
す
 °
  
高
校
受
験
を
目
の
前
に
し
て
 
香
里
奈
ち
ゃ
ん
は
こ
ん
な
風
に
言
  
 
  
 
  
始
め
に
皆
さ
ん
に
伝
え
て
お
き
ま
す
 °
  
 
私
の
変
身
 
に
は
 
一
か
所
安
心
出
来
な
い
所
が
あ
る
こ
と
を
 
  
ゴ
ル
・
ザ
ム
ザ
と
は
違
う
の
で
安
心
出
来
ま
す
 °
  
  
に
な
っ
た
訳
で
は
あ
り
ま
せ
ん
か
ら
 
そ
の
点
は
グ
レ
|
  
ょ
う
か
ね
 °
  
の
女
の
子
に
 
変
身
 
し
た
ら
 
ど
ん
な
事
件
が
起
こ
る
の
で
し
  
普
通
の
目
立
つ
事
の
無
い
女
子
高
生
だ
っ
た
私
が
 
こ
ん
な
身
体

   

  
そ
の
時
は
 
こ
ん
な
風
に
答
え
て
い
ま
す
 °
  
 
  
1
5
セ
ン
チ
分
ぐ
ら
い
で
良
い
か
ら
 °
 
  
の
少
し
だ
け
で
も
良
い
か
ら
 
分
け
て
欲
し
い
 °
  
こ
こ
は
小
さ
い
声
で
い
う
け
れ
ど
も
 
バ
ス
ト
と
ヒ
ッ
プ
を
ほ
ん
  
 
  
本
当
な
の
だ
か
ら
 
憶
え
て
い
た
方
が
良
い
と
思
う
 °
  
天
然
記
念
物
だ
か
ら
 °
  
許
し
て
く
れ
っ
て
ね
 °
  
お
前
の
姉
貴
 
あ
れ
見
た
ら
勃
起
す
る
だ
け
は
仕
方
が
無
い
か
ら
  
の
男
の
子
が
言
っ
て
い
る
の
よ
 °
  
女
は
ス
レ
ン
ダ
|
に
限
る
っ
て
言
う
 
爆
乳
嫌
い
の
私
の
友
だ
ち
  
な
視
覚
的
刺
激
な
の
よ
 °
  
亜
里
沙
姉
ち
ゃ
ん
の
姿
は
 
男
の
子
に
と
っ
て
は
 
か
な
り
危
険
  
妹
だ
か
ら
こ
そ
す
る
 
ア
ド
バ
イ
ス
だ
か
ら
聞
い
て
お
い
て
ね
 °
  
 
  
比
べ
ら
れ
る
の
は
許
せ
な
い
 °
  
で
も
 
お
姉
ち
ゃ
ん
の
横
に
並
ん
で
街
を
歩
く
の
は
絶
対
に
嫌
 °
  
よ
 °
  
気
が
す
る
じ
ゃ
無
く
て
 
本
当
に
あ
の
頃
と
比
べ
た
ら
大
違
い
だ

   

  
合
わ
せ
て
1
0
キ
ロ
じ
ゃ
あ
 
足
り
な
い
の
 °
  
 
香
里
奈
ち
ゃ
ん
 °
  
 
  
私
を
 
馬
鹿
に
す
る
の
も
い
い
加
減
に
し
て
よ
ね
 °
 
  
 
も
う
 °
  
 
  
合
わ
せ
て
1
0
キ
ロ
は
ど
う
か
な
あ
 °
 
  
バ
ス
ト
で
6
キ
ロ
 
ヒ
ッ
プ
で
4
キ
ロ
 °
  
な
あ
 °
  
そ
れ
と
も
 
思
い
切
っ
て
も
っ
と
沢
山
の
肉
を
あ
げ
ち
ゃ
お
う
か
  
 
  
・
・
・
 °
  
誰
だ
っ
て
 
巨
乳
の
仲
間
入
り
が
出
来
て
し
ま
う
け
れ
ど
・
・
・
  
 
  
ア
イ
 °
  
香
里
奈
ち
ゃ
ん
は
C
カ
ッ
プ
だ
か
ら
 
エ
|
ト
何
カ
ッ
プ
か
な
あ
 °
  
A
カ
ッ
プ
の
人
だ
っ
て
G
カ
ッ
プ
だ
よ
 °
  
シ
ッ
ク
ス
カ
ッ
プ
だ
よ
 °
  
少
し
だ
け
に
入
る
の
か
な
あ
 °
  
 
1
5
セ
ン
チ
っ
て
 °

















   

  
そ
ん
な
に
た
く
さ
ん
の
お
肉
 
誰
も
欲
し
く
は
あ
り
ま
せ
ん
か
ら
 °
  
 
  
5
0
キ
ロ
ず
つ
な
ん
て
 °
  
 
  
グ
ラ
マ
|
に
な
り
た
い
人
は
多
い
で
す
 °
  
バ
ス
ト
に
2
キ
ロ
 
ヒ
ッ
プ
に
2
キ
ロ
で
十
分
過
ぎ
ま
す
 °
  
亜
里
沙
姉
ち
ゃ
ん
に
と
っ
て
は
 
少
し
の
お
肉
か
も
し
れ
ま
せ
ん
 °
  
 
そ
れ
だ
っ
て
 
一
緒
 °
  
 
  
は
 
も
ら
っ
て
欲
し
い
な
 °
 
  
 
じ
ゃ
あ
 
バ
ス
ト
に
1
0
キ
ロ
 
ヒ
ッ
プ
に
1
0
キ
ロ
ぐ
ら
い
  
 
  
や
し
ま
せ
ん
か
ら
 °
 
  
誰
だ
っ
て
 
歩
く
こ
と
は
お
ろ
か
 
立
ち
上
が
る
事
だ
っ
て
出
来
  
な
る
と
思
っ
て
い
る
の
 °
  
5
0
キ
ロ
ず
つ
 
バ
ス
ト
と
ヒ
ッ
プ
に
お
肉
が
付
い
た
ら
 
ど
う
  
 
  
 
も
う
 
意
地
悪
な
の
だ
か
ら
 °
  
 
  
じ
ゃ
あ
 
5
0
キ
ロ
ず
つ
 
あ
げ
よ
う
か
な
あ
 °
 






   

  
そ
ん
な
こ
と
は
言
わ
な
い
で
ね
 °
  
香
里
奈
ち
ゃ
ん
 °
  
 
亜
里
沙
と
一
緒
に
並
ん
で
歩
く
の
は
嫌
な
ん
て
 °
  
 
  
 
御
免
な
さ
い
 °
 
  
 
  
っ
け
ね
 °
 
  
 
バ
ス
ト
と
ヒ
ッ
プ
を
分
け
て
と
言
い
だ
し
た
の
は
 
誰
で
し
た
  
 
  
意
地
悪
に
な
っ
た
の
ね
 °
 
  
本
当
に
 °
  
 
  
 
ベ
ニ
ス
の
商
人
 
か
ら
連
想
し
て
そ
ん
な
事
を
言
っ
て
い
る
の
 °
  
せ
ん
か
ら
 °
  
そ
も
そ
も
 
バ
ス
ト
や
ヒ
ッ
プ
を
分
け
て
も
ら
え
る
筈
 
あ
り
ま
  
 
  
小
さ
い
声
で
言
っ
た
で
し
ょ
う
 °
  
分
け
て
欲
し
い
の
で
す
と
言
わ
せ
て
下
さ
い
ね
 °
  
香
里
奈
に
は
 
ほ
ん
の
少
し
で
良
い
の
で
す
 °
  
 

























   

  
本
当
の
意
味
で
 
私
の
急
成
長
か
も
知
れ
ま
せ
ん
 °
  
来
た
事
だ
け
は
 
間
違
い
が
あ
り
ま
せ
ん
 °
  
急
成
長
か
ら
 
消
極
的
だ
っ
た
私
の
内
側
が
少
し
ず
つ
変
わ
っ
て
  
 
  
 
  
還
っ
て
目
立
っ
て
い
る
よ
う
に
思
え
る
の
で
す
 °
  
隠
し
切
れ
な
い
と
い
う
か
 
清
楚
に
学
校
の
制
服
を
着
る
方
が
 
  
見
せ
び
ら
か
し
て
男
に
媚
び
て
い
る
訳
で
も
無
い
の
で
す
 °
  
私
は
 
派
手
な
服
装
を
し
て
い
ま
せ
ん
し
 
こ
の
身
体
の
存
在
を
  
 
  
そ
れ
も
 
結
構
寂
し
い
気
が
し
ま
す
 °
  
る
の
は
間
違
い
あ
り
ま
せ
ん
 °
  
男
の
気
持
ち
も
女
の
気
持
ち
も
 
私
の
身
体
は
刺
激
す
る
所
が
あ
  
と
い
う
あ
た
り
の
所
で
す
 °
  
後
半
の
姉
妹
喧
嘩
の
所
で
は
無
く
て
 
私
の
横
に
並
ぶ
の
が
嫌
だ
  
良
い
の
か
分
か
ら
な
い
と
い
う
の
が
 
確
か
な
所
な
の
で
す
 °
  
私
に
は
 
香
里
奈
ち
ゃ
ん
の
思
い
を
ど
ん
な
風
に
受
け
止
め
た
ら
  
 
  
寂
し
く
な
っ
て
し
ま
う
か
ら
 °
 
  
お
願
い
 °






















   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
説
明
ば
か
り
長
く
て
ご
め
ん
な
さ
い
ね
 °










  > ≫