ダ
メ
か
ぁ
 °
や
っ
ぱ
り
逃
げ
道
が
な
い
 °
  
だ
よ
ぉ
 
  
よ
 °
り
っ
く
ん
が
カ
ゼ
ひ
い
ち
ゃ
っ
た
ら
お
ね
え
ち
ゃ
ん
の
責
任
  
 
ダ
 
ダ
メ
っ
!
 
そ
ん
な
少
な
い
お
湯
じ
ゃ
あ
っ
た
ま
ら
な
い
  
な
い
か
ら
 
  
 
じ
ゃ
あ
ぼ
く
 
お
ね
え
ち
ゃ
ん
の
後
で
い
い
よ
 °
お
湯
は
足
さ
  
 
お
ね
え
ち
ゃ
ん
だ
っ
て
熱
い
う
ち
に
入
り
た
い
ん
だ
も
ん
っ
 
  
 
だ
っ
た
ら
ぼ
く
の
後
に
入
れ
ば
:
:
:
:
 
  
湯
が
あ
ふ
れ
ち
ゃ
う
と
も
っ
た
い
な
い
じ
ゃ
な
い
 
  
 
ほ
 
ほ
ら
 
お
ね
え
ち
ゃ
ん
身
体
が
大
っ
き
い
で
し
ょ
?
 
お
  
 
け
ど
:
:
:
:
だ
か
ら
っ
て
一
緒
に
お
風
呂
に
入
ら
な
く
て
も
 
  
 
だ
か
ら
ね
 
水
は
大
切
に
使
わ
な
き
ゃ
い
け
な
い
の
 
  
お
ね
え
ち
ゃ
ん
 
今
考
え
た
で
し
ょ
?
そ
の
理
由
 °
  
 
う
ん
:
:
:
:
学
校
で
習
っ
た
よ
 
  
不
足
に
悩
ま
さ
れ
て
き
た
土
地
な
の
 
  
県
は
た
め
池
で
有
名
だ
よ
ね
?
 
そ
れ
だ
け
雨
が
少
な
く
て
 
  
 
え
|
と
:
:
:
:
ほ
ら
 
り
っ
く
ん
 
私
た
ち
の
住
ん
で
い
る
  
  
カ
ゼ
リ
 
作
  
全
日
本
ビ
ッ
グ
バ
ス
ト
選
手
権
 
そ
の
2
3









≪ <  

  
な
ん
せ
 
お
ね
え
ち
ゃ
ん
は
す
ご
く
身
体
が
大
き
い
け
ど
 
特
に
  
な
る
の
で
 
正
直
ち
ょ
っ
と
 
い
や
 
か
な
り
き
ゅ
う
く
つ
だ
 °
  
湯
ぶ
ね
の
中
で
 
ぼ
く
は
お
ね
え
ち
ゃ
ん
に
抱
っ
こ
さ
れ
る
形
に
  
 
  
る
よ
な
ぁ
∨
  
∧
あ
|
あ
:
:
:
:
友
達
に
知
ら
れ
た
ら
 
絶
対
に
バ
カ
に
さ
れ
  
で
 
結
局
そ
の
日
も
一
人
で
お
風
呂
に
は
入
れ
な
か
っ
た
 °
  
っ
!
 
  
 
そ
 
そ
ん
な
わ
け
な
い
よ
っ
!
 
入
る
!
 
一
緒
に
入
る
か
ら
  
:
:
:
:
?
 
  
の
?
 
お
ね
え
ち
ゃ
ん
の
こ
と
 
き
 
嫌
い
に
な
っ
ち
ゃ
っ
た
の
  
 
り
っ
く
ん
:
:
:
:
お
ね
え
ち
ゃ
ん
と
お
風
呂
入
る
の
イ
ヤ
な
  
今
に
も
泣
き
そ
う
な
目
を
し
て
る
 °
  
ク
ラ
ッ
と
後
ろ
に
よ
ろ
け
た
お
ね
え
ち
ゃ
ん
の
顔
を
見
上
げ
る
と
 
  
み
た
い
だ
!
  
う
わ
っ
!
 
案
の
定
 
と
い
う
か
予
想
以
上
に
シ
ョ
ッ
ク
だ
っ
た
  
 
!
!
!
!
!
!
!
!
!
!
!
!
 
  
ん
だ
け
ど
 
  
 
ぼ
く
 
も
う
す
ぐ
4
年
生
だ
よ
 °
そ
ろ
そ
ろ
一
人
で
入
り
た
い
  
:
:
:
:
な
ら
 
思
い
切
っ
て
言
う
し
か
な
い
か
 °






   

  
 
り
っ
く
ん
 
今
日
も
お
ね
が
い
ね
 
  
 
  
け
ど
 
だ
か
ら
こ
そ
困
る
ん
だ
 °
  
当
の
お
ね
え
ち
ゃ
ん
は
全
然
恥
ず
か
し
く
思
っ
て
な
い
み
た
い
だ
  
:
  
か
と
言
っ
て
 
向
か
い
合
う
の
は
も
っ
と
恥
ず
か
し
い
し
:
:
:
  
∧
さ
す
が
に
今
は
:
:
:
:
寄
り
か
か
れ
な
い
よ
な
あ
∨
  
く
も
な
ん
だ
か
恥
ず
か
し
く
な
っ
ち
ゃ
っ
て
 °
  
も
の
す
ご
い
勢
い
で
お
っ
ぱ
い
が
ふ
く
ら
み
始
め
て
:
:
:
:
ぼ
  
で
も
ぼ
く
が
2
年
生
 
お
ね
え
ち
ゃ
ん
が
中
3
の
頃
だ
っ
た
か
な
 °
  
お
っ
ぱ
い
は
ま
だ
全
然
小
さ
か
っ
た
か
ら
 °
  
そ
の
頃
の
お
ね
え
ち
ゃ
ん
は
 
身
長
は
す
で
に
高
か
っ
た
け
ど
 
  
ち
ゃ
ん
に
抱
っ
こ
さ
れ
て
た
記
憶
が
あ
る
 °
  
ぼ
く
が
1
年
生
の
時
ま
で
は
 
何
の
遠
慮
も
な
く
お
風
呂
で
お
姉
  
∧
お
風
呂
に
入
っ
て
る
の
に
 
逆
に
つ
か
れ
る
な
ん
て
:
:
:
:
∨
  
半
身
を
起
こ
し
て
な
き
ゃ
な
ら
な
い
 °
  
そ
の
巨
大
ク
ッ
シ
ョ
ン
に
よ
り
か
か
ら
な
い
よ
う
に
 
ず
っ
と
上
  
埋
も
れ
ち
ゃ
い
そ
う
だ
 °
  
ク
ラ
ス
の
男
子
で
一
番
小
さ
い
ぼ
く
な
ん
て
 
谷
間
に
身
体
ご
と
  
お
っ
ぱ
い
は
と
ん
で
も
な
く
大
き
い
 °











   

  
て
震
え
る
こ
と
が
あ
る
 °
  
お
ね
え
ち
ゃ
ん
は
と
き
ど
き
 
ヘ
ン
な
声
を
上
げ
て
ぶ
る
ぶ
る
っ
  
 
は
ぁ
う
 
ん
:
:
っ
 
  
あ
と
 
ぼ
く
が
背
中
を
洗
っ
て
る
と
  
た
い
だ
け
ど
 
だ
か
ら
こ
そ
困
る
ん
だ
 °
  
当
の
お
ね
え
ち
ゃ
ん
は
 
今
で
も
お
っ
ぱ
い
を
洗
っ
て
ほ
し
い
み
  
く
の
身
長
を
と
っ
く
に
超
え
ち
ゃ
っ
た
っ
て
ん
だ
か
ら
 °
  
な
ん
せ
 
お
ね
え
ち
ゃ
ん
の
胸
囲
∧
正
し
く
は
バ
ス
ト
∨
は
 
  
も
し
れ
な
い
 °
  
そ
れ
以
前
に
 
ど
ん
な
に
が
ん
ば
っ
て
も
持
ち
上
げ
ら
れ
な
い
か
  
∧
さ
す
が
に
今
は
:
:
:
:
さ
わ
っ
ち
ゃ
ま
ず
い
よ
な
あ
∨
  
去
年
ま
で
は
 
す
ご
く
重
た
い
の
を
持
ち
上
げ
て
洗
っ
て
た
け
ど
 
  
さ
わ
ら
な
い
よ
う
に
注
意
し
な
き
ゃ
 °
  
だ
け
ど
 
両
側
か
ら
半
分
近
く
は
み
出
し
て
い
る
お
っ
ぱ
い
に
 
  
き
れ
い
な
ん
だ
 °
だ
か
ら
 
洗
う
の
は
イ
ヤ
じ
ゃ
な
い
 °
  
お
ね
え
ち
ゃ
ん
の
背
中
は
と
っ
て
も
広
い
け
ど
 
白
く
て
す
ご
く
  
だ
か
ら
一
緒
に
お
風
呂
に
入
り
た
い
ん
だ
っ
て
 °
  
お
ね
え
ち
ゃ
ん
が
言
う
に
は
 
ぼ
く
は
背
中
を
洗
う
の
が
上
手
で
 
  
そ
し
て
い
つ
も
 
ぼ
く
に
背
中
を
洗
わ
せ
る
 °
  
 
う
 
う
ん
:
:
:
:
 
















   

  
 
:
:
:
:
ぼ
く
も
負
け
て
ら
れ
な
い
や
 °
早
く
大
き
く
な
ら
な
  
き
っ
と
 
そ
ん
な
自
分
を
変
え
よ
う
と
が
ん
ば
っ
て
い
る
ん
だ
な
 °
  
る
く
ら
い
だ
 °
  
し
つ
こ
い
セ
|
ル
ス
を
断
る
の
も
 
ぼ
く
の
方
が
ハ
ッ
キ
リ
言
え
  
以
外
と
は
あ
ま
り
上
手
に
し
ゃ
べ
れ
な
い
 °
  
お
ね
え
ち
ゃ
ん
は
超
が
つ
く
ほ
ど
の
恥
ず
か
し
が
り
屋
で
 
ぼ
く
  
ア
イ
ド
ル
に
な
る
だ
な
ん
て
∨
  
∧
そ
れ
に
し
て
も
 
お
ど
ろ
い
た
な
あ
 °
あ
の
お
ね
え
ち
ゃ
ん
が
  
だ
 °
  
行
っ
て
い
る
間
 
ぼ
く
は
広
い
湯
ぶ
ね
を
ま
ん
き
つ
し
て
い
る
ん
  
お
ね
え
ち
ゃ
ん
が
ア
イ
ド
ル
に
な
る
た
め
の
大
会
で
海
外
ロ
ケ
に
  
∧
さ
す
が
に
:
:
:
:
4
年
生
に
も
な
れ
ば
ね
∨
  
人
で
お
風
呂
に
入
っ
て
い
る
 °
  
だ
け
ど
 
そ
れ
も
先
月
ま
で
の
話
 °
今
は
こ
う
し
て
 
ぼ
く
も
一
  
 
  
こ
っ
ち
が
悪
い
こ
と
し
た
気
分
に
な
っ
て
く
る
よ
 °
  
を
浮
か
べ
て
 
泣
き
そ
う
な
顔
し
て
る
ん
だ
よ
な
ぁ
 °
な
ん
だ
か
  
い
つ
も
そ
う
答
え
る
け
ど
 
そ
の
時
の
お
ね
え
ち
ゃ
ん
 
目
に
涙
  
 
だ
:
:
:
:
大
丈
夫
 °
ち
ょ
っ
と
く
す
ぐ
っ
た
か
っ
た
だ
け
 
  
 
ど
 
ど
う
し
た
の
?
 
















   

  
も
し
か
し
た
ら
ぼ
く
 
 
大
き
く
見
ら
れ
た
い
 
っ
て
い
う
願
望
  
今
ま
で
ず
っ
と
お
ね
え
ち
ゃ
ん
の
そ
ば
で
育
っ
て
き
た
せ
い
で
 
  
か
?
∨
  
∧
で
も
:
:
:
:
そ
れ
っ
て
 
本
当
に
ぼ
く
の
初
恋
な
ん
だ
ろ
う
  
な
っ
て
る
ん
だ
 °
  
で
 
笑
顔
が
か
わ
い
い
そ
の
子
の
こ
と
が
 
最
近
ち
ょ
っ
と
気
に
  
ク
ラ
ス
で
唯
一
ぼ
く
よ
り
小
さ
い
女
子
 °
元
気
で
 
お
し
ゃ
べ
り
  
背
の
小
さ
い
女
の
子
が
好
き
み
た
い
な
ん
だ
 °
  
ど
う
や
ら
:
:
:
:
ぼ
く
:
:
:
:
  
か
ら
 
絶
対
に
秘
密
だ
け
ど
:
:
:
:
∨
  
∧
お
姉
ち
ゃ
ん
が
知
っ
た
ら
絶
対
に
す
ご
い
シ
ョ
ッ
ク
を
受
け
る
  
け
ど
 °
  
4
年
生
で
そ
ん
な
こ
と
考
え
る
の
は
 
ま
だ
早
い
か
も
し
れ
な
い
  
う
に
な
る
の
か
な
 °
  
そ
し
た
ら
 
お
ね
え
ち
ゃ
ん
以
外
の
女
子
と
も
 
つ
き
合
え
る
よ
  
∧
そ
し
た
ら
:
:
:
:
∨
  
き
っ
と
 
で
っ
か
い
男
に
成
長
し
て
や
る
ぞ
!
  
く
だ
っ
て
 
あ
の
お
ね
え
ち
ゃ
ん
の
弟
な
ん
だ
!
  
今
は
身
体
が
小
さ
い
か
ら
友
達
か
ら
も
ナ
メ
ら
れ
て
る
け
ど
 
  
き
ゃ
 























   

  
 
お
兄
様
|
 
お
背
中
流
し
ま
す
の
☆
 
  
俺
が
入
っ
て
1
分
も
経
つ
と
 
見
計
ら
っ
た
よ
う
に
  
そ
う
 °
い
つ
も
だ
っ
た
ら
 
こ
う
は
い
か
な
い
 °
  
∧
フ
ゥ
:
:
:
:
一
人
で
落
ち
着
い
て
入
る
風
呂
は
最
高
だ
な
∨
  
く
の
を
感
じ
た
 °
  
熱
い
湯
に
浸
か
る
と
 
疲
れ
た
筋
肉
が
じ
ん
わ
り
と
弛
緩
し
て
い
  
呂
に
入
る
 °
  
今
日
も
厳
し
い
稽
古
を
終
え
帰
宅
し
た
俺
は
 
汗
を
流
す
べ
く
風
  
方
な
い
と
思
っ
て
い
る
 °
  
ら
続
く
農
家
の
長
男
に
生
ま
れ
た
っ
て
事
で
 
ま
あ
そ
の
点
は
仕
  
カ
ン
イ
チ
ロ
ウ
な
ん
て
名
前
 
古
め
か
し
い
響
き
だ
が
 
古
く
か
  
を
務
め
て
い
る
 °
  
俺
の
名
は
柑
一
郎
 °
県
立
高
校
に
通
う
3
年
生
で
 
剣
道
部
主
将
  
 
  
 
  
た
 °
  
深
い
た
め
息
を
つ
い
て
 
ぼ
く
は
湯
ぶ
ね
に
ト
プ
ン
と
顔
を
沈
め
  
い
男
だ
な
ぁ
 
  
 
は
ぁ
|
:
:
:
:
わ
れ
な
が
ら
情
け
な
い
や
 °
ま
だ
ま
だ
小
さ
  
が
あ
る
の
か
も
し
れ
な
い
 °















   

  
る
の
だ
 °
  
シ
ョ
ン
の
大
会
に
出
場
し
 
こ
こ
数
日
 
海
外
ロ
ケ
に
行
っ
て
い
  
し
か
し
 
そ
ん
な
妹
が
何
を
思
っ
た
の
か
 
ア
イ
ド
ル
オ
|
デ
ィ
  
っ
た
 °
  
昔
か
ら
少
し
も
変
わ
ら
ず
 
あ
い
つ
は
筋
金
入
り
の
ブ
ラ
コ
ン
だ
  
恋
愛
対
象
を
求
め
な
い
 °
  
マ
セ
ガ
キ
で
耳
年
増
な
く
せ
に
 
ど
う
い
う
わ
け
だ
か
俺
以
外
に
  
だ
か
ら
も
う
最
近
は
 
あ
き
ら
め
る
事
に
し
て
い
た
 °
  
と
俺
に
迫
っ
て
く
る
 °
  
な
ん
べ
ん
注
意
し
た
と
こ
ろ
で
 
あ
い
つ
は
直
情
的
に
グ
イ
グ
イ
  
っ
て
な
具
合
で
 
微
塵
も
反
省
す
る
様
子
が
な
い
 °
  
し
て
く
れ
て
る
ん
で
す
の
?
 
き
ゃ
っ
☆
 
  
せ
ん
の
!
 
あ
 
も
し
か
し
て
キ
ッ
カ
の
事
 
女
性
と
し
て
意
識
  
 
も
う
っ
!
 
兄
妹
な
ん
だ
か
ら
ノ
|
プ
ロ
ブ
レ
ム
じ
ゃ
あ
り
ま
  
や
っ
た
ん
だ
が
 
  
何
度
や
め
ろ
と
怒
鳴
っ
た
だ
ろ
う
 °
時
に
は
ゲ
ン
コ
ツ
も
く
れ
て
  
も
な
く
 
堂
々
と
入
っ
て
く
る
 °
  
着
に
ぎ
ゅ
う
ぎ
ゅ
う
に
押
し
込
ん
で
 
全
く
恥
ず
か
し
が
る
様
子
  
小
学
生
並
に
チ
ビ
の
く
せ
に
 
顔
よ
り
で
か
い
胸
を
ス
ク
|
ル
水
  
と
か
言
っ
て
 
あ
い
つ
が
侵
入
し
て
く
る
 °









   

  
∧
し
か
し
さ
す
が
に
:
:
:
:
冗
談
ぬ
き
で
 
あ
の
胸
だ
け
は
ど
  
な
い
の
だ
 °
  
と
言
う
か
そ
も
そ
も
 
妹
に
対
し
て
そ
ん
な
劣
情
を
抱
く
は
ず
も
  
容
易
い
 °
  
だ
が
俺
も
剣
道
部
主
将
 °
よ
こ
し
ま
な
雑
念
な
ど
振
り
払
う
の
は
  
∧
本
気
で
あ
い
つ
の
頭
ん
中
が
心
配
に
な
っ
て
く
る
な
:
:
:
:
∨
  
た
り
 °
  
新
品
の
下
着
を
い
ち
い
ち
見
せ
び
ら
か
し
に
来
て
 
感
想
を
求
め
  
ゃ
ぶ
っ
た
り
 °
  
て
い
る
の
が
滑
稽
な
ほ
ど
色
っ
ぽ
く
ア
イ
ス
キ
ャ
ン
デ
ィ
|
を
し
  
風
呂
上
が
り
に
バ
ス
タ
オ
ル
一
枚
で
歩
き
回
っ
て
は
 
背
伸
び
し
  
強
調
し
た
り
 °
  
と
言
っ
て
向
か
い
合
わ
せ
に
座
っ
て
は
 
卓
上
に
載
せ
た
谷
間
を
  
 
お
兄
様
|
 
宿
題
が
わ
か
ら
な
い
ん
で
す
の
 °
教
え
て
?
 
  
俺
を
誘
惑
し
て
き
た
 °
  
思
い
返
せ
ば
妹
は
 
日
常
で
も
う
ざ
い
ほ
ど
に
あ
の
手
こ
の
手
で
  
 
  
兄
と
し
て
そ
れ
は
喜
ぶ
べ
き
成
長
だ
ろ
う
 °
  
か
な
∨
  
∧
中
3
に
な
っ
て
 
よ
う
や
く
俺
か
ら
卒
業
し
て
く
れ
た
っ
て
事

   

  
母
が
一
度
病
院
に
診
せ
に
行
っ
た
が
 
何
て
こ
と
は
な
い
 
全
く
  
う
の
も
 
無
理
は
な
い
だ
ろ
う
 °
  
見
る
人
が
こ
と
ご
と
く
 
胸
に
栄
養
を
吸
い
取
ら
れ
て
る
 
と
思
  
イ
ズ
に
見
え
た
か
も
し
れ
な
い
 °
  
園
児
の
身
体
に
対
比
す
る
と
 
お
そ
ら
く
5
段
階
く
ら
い
上
の
サ
  
か
ら
 
そ
れ
だ
け
に
胸
の
迫
力
は
と
ん
で
も
な
い
も
の
が
あ
っ
た
 °
  
当
時
か
ら
 
同
年
代
の
子
と
比
べ
て
背
は
ひ
と
き
わ
小
さ
か
っ
た
  
母
に
ね
だ
っ
た
 °
そ
の
時
す
で
に
D
カ
ッ
プ
だ
っ
た
と
い
う
 °
  
だ
っ
た
あ
い
つ
は
 
年
長
組
で
早
く
も
本
格
的
な
ブ
ラ
ジ
ャ
|
を
  
年
中
組
ま
で
ス
ポ
|
ツ
ブ
ラ
で
凌
い
だ
が
 
当
時
か
ら
マ
セ
ガ
キ
  
い
つ
の
間
に
か
覚
え
て
し
ま
っ
た
だ
け
だ
∨
  
も
一
方
的
に
胸
が
で
か
い
こ
と
の
苦
労
話
を
語
っ
て
く
る
か
ら
 
  
∧
勘
違
い
し
な
い
で
ほ
し
い
が
 
こ
れ
ら
の
情
報
は
 
妹
が
何
度
  
け
た
こ
と
が
な
い
 °
  
も
ち
ろ
ん
 
既
製
品
の
ブ
ラ
ジ
ャ
|
な
ん
て
こ
れ
ま
で
一
度
も
着
  
の
頃
か
ら
す
で
に
膨
ら
ん
で
い
た
 °
  
恐
ろ
し
い
事
に
 
あ
い
つ
の
胸
は
3
歳
:
:
:
:
幼
稚
園
年
少
組
  
は
っ
き
り
言
っ
て
 
妹
の
早
熟
ぶ
り
は
異
常
だ
 °
  
 
  
う
に
か
し
て
ほ
し
い
∨

















   

  
妹
の
あ
か
ら
さ
ま
な
行
動
を
見
れ
ば
 
俺
に
好
意
を
寄
せ
て
い
る
  
 
  
の
だ
ろ
う
?
  
え
た
と
し
て
 
あ
の
胸
の
発
育
ス
ピ
|
ド
は
ど
う
な
っ
て
し
ま
う
  
恐
ろ
し
い
事
実
に
気
付
い
て
し
ま
っ
た
 °
も
し
今
後
成
長
期
を
迎
  
け
膨
ら
ん
だ
っ
て
事
か
!
?
∨
  
∧
そ
れ
が
ま
だ
だ
と
す
る
と
:
:
:
:
 
平
常
運
転
 
で
あ
れ
だ
  
の
期
間
に
大
き
く
発
育
す
る
も
の
だ
 °
  
言
わ
れ
て
み
れ
ば
 
普
通
は
1
0
代
前
半
で
成
長
期
を
迎
え
 
  
う
す
れ
ば
き
っ
と
 
背
も
ぐ
|
ん
と
伸
び
ま
す
の
に
 
  
 
は
ぁ
:
:
:
:
キ
ッ
カ
の
成
長
期
は
い
つ
来
る
の
か
し
ら
 °
  
妹
は
と
き
ど
き
 
困
っ
た
よ
う
に
語
る
 °
  
カ
ッ
プ
の
ペ
|
ス
で
発
育
を
続
け
て
い
る
と
い
う
 °
  
小
学
校
入
学
時
は
E
カ
ッ
プ
 °
そ
れ
か
ら
は
規
則
正
し
く
 
年
1
  
∧
あ
の
細
い
腕
の
 
ど
こ
に
そ
ん
な
力
が
あ
る
ん
だ
か
∨
  
う
わ
け
か
あ
い
つ
は
馬
鹿
力
で
 
ケ
ン
カ
に
負
け
た
こ
と
は
な
い
 °
  
と
き
ど
き
男
子
に
か
ら
か
わ
れ
た
り
も
し
た
よ
う
だ
が
 
ど
う
い
  
し
て
お
り
 
同
性
の
友
達
か
ら
人
気
が
あ
っ
た
よ
う
だ
 °
  
本
人
も
大
き
な
胸
に
困
っ
て
い
る
様
子
は
な
く
 
む
し
ろ
自
慢
に
  
の
健
康
優
良
児
だ
と
い
う
 °















   

  
ば
さ
み
が
た
く
さ
ん
付
い
た
や
つ
∨
は
 
窓
際
の
高
い
所
に
か
け
  
妹
の
部
屋
に
入
っ
て
み
る
と
 
確
か
に
ピ
ン
チ
ハ
ン
ガ
|
∧
洗
濯
  
確
信
犯
だ
と
い
う
こ
と
が
十
分
う
か
が
え
た
 °
  
少
し
も
残
念
そ
う
じ
ゃ
な
い
 °
ウ
イ
ン
ク
し
て
舌
を
出
す
様
子
に
 
  
届
か
な
い
ん
で
す
の
 
  
 
え
へ
っ
☆
 
そ
れ
が
ザ
ン
ネ
ン
な
こ
と
に
 
キ
ッ
カ
の
背
じ
ゃ
  
 
:
:
:
:
お
前
 
自
分
で
干
せ
る
だ
ろ
 
  
ミ
の
言
葉
も
な
く
 
し
ば
し
唖
然
と
す
る
 °
  
当
然
の
流
れ
の
よ
う
に
俺
の
部
屋
を
訪
ね
て
き
た
妹
に
 
ツ
ッ
コ
  
く
だ
さ
い
な
っ
☆
 
  
 
お
っ
に
ぃ
っ
さ
ま
|
♪
 
キ
ッ
カ
の
洗
濯
物
干
す
の
手
伝
っ
て
  
そ
こ
ま
で
は
い
い
の
だ
が
 
  
と
 
自
分
の
洗
濯
物
を
2
階
の
自
室
に
持
っ
て
行
っ
た
 °
  
の
っ
!
 
  
ィ
で
す
の
よ
 °
屋
外
に
干
す
な
ん
て
デ
リ
カ
シ
|
が
あ
り
ま
せ
ん
  
 
も
う
っ
 
お
母
様
っ
た
ら
!
 
キ
ッ
カ
は
も
う
お
年
頃
の
レ
デ
  
母
が
洗
濯
物
を
干
そ
う
と
し
た
こ
と
ろ
 
  
た
と
え
ば
 
こ
の
前
の
よ
く
晴
れ
た
日
の
こ
と
だ
 °
  
 
  
の
だ
と
わ
か
る
 °



















   

  
む
き
ゅ
っ
  
 
  
と
 
俺
を
力
ず
く
で
所
定
の
位
置
に
立
た
せ
る
と
 
  
わ
せ
に
な
る
よ
う
に
プ
リ
|
ズ
で
す
の
 
  
 
ハ
イ
こ
っ
ち
こ
っ
ち
 °
で
 
こ
|
向
き
 °
キ
ッ
カ
と
向
か
い
合
  
 
は
?
 
  
 
あ
|
 
そ
っ
ち
じ
ゃ
な
い
で
す
の
 
  
し
か
し
 
  
ま
あ
そ
れ
く
ら
い
な
ら
 
と
俺
は
O
K
す
る
 °
  
し
い
で
す
の
 
  
す
る
と
危
険
だ
か
ら
 
キ
ッ
カ
が
干
し
て
る
間
 
押
さ
え
て
て
ほ
  
 
:
:
:
:
わ
 
わ
か
り
ま
し
た
の
 °
で
も
 
イ
ス
が
グ
ラ
グ
ラ
  
1
0
秒
論
破
 °
相
変
わ
ら
ず
だ
な
 
こ
い
つ
の
浅
知
恵
は
 °
  
 
う
っ
 
  
 
じ
ゃ
あ
 
イ
ス
に
乗
れ
ば
自
分
で
洗
濯
物
干
せ
る
よ
な
?
 
  
 
え
っ
?
 
そ
 
そ
れ
は
:
:
:
:
イ
ス
に
乗
っ
て
 
  
 
で
 
お
前
は
ど
う
や
っ
て
あ
の
位
置
に
ハ
ン
ガ
|
か
け
た
ん
だ
?
 
  
 
日
当
た
り
を
考
え
れ
ば
当
然
で
す
の
 
  
 
な
ん
で
あ
ん
な
高
い
位
置
に
あ
る
ん
だ
よ
?
 
  
て
あ
る
 °






















   

  
 
!
?
 
  
 
  
カ
シ
ャ
ン
  
 
  
バ
カ
げ
た
サ
イ
ズ
の
ブ
ラ
ジ
ャ
|
を
干
し
始
め
る
 °
  
そ
ん
な
俺
の
顔
面
に
体
重
を
あ
ず
け
な
が
ら
 
妹
は
手
を
伸
ば
し
 
  
意
識
が
遠
の
い
て
い
た
 °
  
加
え
て
 
侮
っ
て
い
た
妹
に
一
杯
食
わ
さ
れ
た
と
い
う
屈
辱
感
で
 
  
る
芳
香
 °
  
頬
に
伝
わ
る
柔
ら
か
な
感
触
と
 
脳
の
原
始
的
な
部
位
を
刺
激
す
  
∧
橘
香
!
 
最
初
か
ら
こ
の
つ
も
り
だ
っ
た
の
か
!
∨
  
ら
れ
た
の
だ
と
悟
る
 °
  
面
に
ぐ
に
ぐ
に
と
押
し
付
け
ら
れ
な
が
ら
 
俺
は
ま
ん
ま
と
ハ
メ
  
白
い
ブ
ラ
ウ
ス
の
布
越
し
 °
弾
力
に
満
ち
あ
ふ
れ
た
双
球
を
 
  
よ
う
に
 
し
っ
か
り
押
さ
え
て
て
ね
っ
!
 
  
 
お
兄
様
 
ち
ょ
っ
と
の
間
ガ
マ
ン
で
す
の
 °
イ
ス
が
揺
れ
な
い
  
 
ゥ
む
ッ
!
?
 
  
胸
を
 
大
胆
に
押
し
付
け
て
き
た
 °
  
イ
ス
の
上
に
乗
っ
た
妹
は
 
ち
ょ
う
ど
俺
の
顔
の
高
さ
に
な
っ
た
  
 

























   

  
∧
湿
っ
た
バ
ス
タ
オ
ル
と
同
じ
重
さ
:
:
:
:
?
∨
  
り
合
っ
て
い
る
 °
す
な
わ
ち
 
  
そ
し
て
 
反
対
側
に
バ
ス
タ
オ
ル
を
吊
る
し
て
や
っ
と
重
さ
が
釣
  
人
間
が
着
用
す
る
と
は
 
に
わ
か
に
信
じ
ら
れ
な
い
 °
  
一
緒
に
干
さ
れ
た
パ
ン
ツ
の
小
さ
さ
を
見
て
も
 
こ
れ
ら
を
同
じ
  
は
 
丼
よ
り
さ
ら
に
一
回
り
で
か
い
 °
  
の
部
分
は
短
い
が
 
そ
の
く
せ
本
体
部
分
∧
正
し
く
は
カ
ッ
プ
∨
  
身
体
が
非
常
に
華
奢
な
た
め
 
ベ
ル
ト
∧
正
し
く
は
ス
ト
ラ
ッ
プ
∨
  
改
め
て
 
妹
の
ブ
ラ
ジ
ャ
|
が
と
ん
で
も
な
い
代
物
だ
と
わ
か
る
 °
  
∧
う
わ
:
:
っ
!
∨
  
洗
濯
物
を
見
て
み
る
と
  
約
3
0
秒
の
圧
迫
か
ら
解
放
さ
れ
 
呼
吸
を
整
え
つ
つ
干
さ
れ
た
  
 
ぷ
は
っ
 
  
 
で
|
き
た
っ
と
 °
お
兄
様
 
サ
ン
キ
ュ
|
で
す
の
 
  
に
戻
る
 °
  
オ
ル
を
干
し
て
い
く
 °
す
る
と
 
ピ
ン
チ
ハ
ン
ガ
|
は
再
び
水
平
  
陽
気
に
鼻
歌
を
歌
い
な
が
ら
 
そ
の
反
対
側
に
パ
ン
ツ
や
バ
ス
タ
  
 
ふ
|
ん
ふ
ふ
|
ん
♪
 
  
た
ブ
ラ
ジ
ャ
|
の
重
み
で
 
片
側
へ
急
角
度
に
傾
い
た
の
だ
 °
  
何
か
と
思
え
ば
 
そ
れ
は
ピ
ン
チ
ハ
ン
ガ
|
が
傾
く
音
 °
干
さ
れ

   

  
理
想
を
言
わ
せ
て
も
ら
え
ば
俺
∧
1
8
3
c
m
∨
よ
り
も
高
身
長
  
な
ぜ
な
ら
 
俺
の
好
み
は
大
柄
な
女
性
 °
  
橘
香
の
想
い
に
応
え
て
や
れ
な
い
 °
  
悪
い
が
 
  
と
い
う
事
実
を
抜
き
に
し
た
と
こ
ろ
で
 
俺
は
  
し
か
し
:
:
:
:
  
 
  
く
俺
を
篭
絡
し
よ
う
と
し
て
き
た
ん
だ
 °
  
と
に
か
く
あ
い
つ
は
露
骨
な
や
り
方
で
 
こ
れ
ま
で
に
幾
度
と
な
  
あ
の
時
赤
面
し
て
い
た
ら
と
思
う
と
 
羞
恥
に
身
悶
え
す
る
 °
  
∧
く
っ
!
 
今
思
い
出
し
て
も
:
:
:
:
あ
れ
は
屈
辱
だ
っ
た
∨
  
 
  
か
く
慌
て
て
妹
の
部
屋
を
去
っ
た
気
が
す
る
 °
  
あ
の
時
 
俺
が
ど
う
反
応
し
た
の
か
覚
え
て
い
な
い
 °
が
 
と
に
  
 
!
!
!
 
  
と
さ
さ
や
き
 
ブ
ラ
ウ
ス
の
ボ
タ
ン
へ
指
を
か
け
た
 °
  
 
ど
う
せ
な
ら
 
中
身
 
に
興
味
あ
り
ま
せ
ん
の
?
 
  
さ
ら
に
 
至
近
距
離
に
顔
を
近
づ
け
る
と
甘
い
声
で
  
唖
然
と
す
る
俺
の
背
中
を
 
照
れ
笑
い
し
な
が
ら
叩
い
た
妹
 °
  
し
げ
と
鑑
賞
し
な
い
で
く
だ
さ
い
で
す
の
っ
☆
 
  
 
い
ゃ
ん
 
お
兄
様
の
え
っ
ち
!
 
妹
の
ラ
ン
ジ
ェ
リ
|
を
し
げ

   

  
深
い
た
め
息
を
つ
き
 
雫
の
落
ち
て
く
る
天
井
を
見
上
げ
た
 °
  
も
し
れ
な
い
な
∨
  
∧
い
や
:
:
:
:
い
っ
そ
幻
滅
さ
れ
た
ほ
う
が
 
お
互
い
の
為
か
  
そ
れ
だ
け
は
絶
対
に
防
ぐ
 °
  
な
い
 °
  
低
身
長
で
悩
む
あ
い
つ
は
 
相
当
な
シ
ョ
ッ
ク
を
受
け
る
に
違
い
  
だ
 °
  
期
の
男
子
な
ん
だ
 
許
せ
!
∨
を
 
発
見
さ
れ
で
も
し
た
ら
大
変
  
秘
蔵
し
て
い
る
高
身
長
ロ
シ
ア
人
女
性
の
写
真
集
∧
俺
と
て
思
春
  
 
あ
い
つ
に
だ
け
は
 
絶
対
に
知
ら
れ
ち
ゃ
い
け
な
い
:
:
:
:
 
  
包
容
力
の
あ
る
女
性
に
甘
え
た
い
願
望
が
あ
る
よ
う
だ
 °
  
周
囲
に
は
硬
派
な
イ
メ
|
ジ
で
通
っ
て
い
る
俺
だ
が
 
そ
の
実
 
  
∧
ち
っ
!
:
:
:
:
我
な
が
ら
情
け
な
い
!
∨
  
い
て
も
 
捨
て
置
け
な
い
 °
  
加
え
て
 
や
さ
し
い
安
堵
感
を
も
た
ら
す
ふ
く
よ
か
な
腹
肉
に
つ
  
に
勝
る
も
の
な
し
 
と
い
う
の
が
俺
の
持
論
だ
 °
  
が
 
や
は
り
女
性
の
魅
力
は
 
滑
ら
か
な
曲
線
美
を
描
く
長
い
脚
  
も
ち
ろ
ん
 
大
き
な
胸
も
嫌
い
で
は
な
い
 °
  
い
る
 °
  
が
ベ
ス
ト
だ
が
 
そ
ん
な
女
性
 
稀
有
で
あ
る
こ
と
は
わ
か
っ
て

   

  
ダ
を
意
識
す
る
お
年
頃
っ
て
こ
と
じ
ゃ
な
い
で
す
の
?
∨
  
が
強
い
で
す
の
ね
 °
ま
あ
 
陸
く
ん
も
い
よ
い
よ
女
の
子
の
カ
ラ
  
∧
む
 
む
|
ち
ゃ
ん
:
:
:
:
気
弱
そ
う
に
見
え
て
意
外
と
押
し
  
つ
け
て
一
緒
に
入
っ
た
け
ど
ね
∨
  
∧
う
ん
 °
で
も
結
局
 
水
が
も
っ
た
い
な
い
か
ら
 
と
か
理
由
を
  
が
る
よ
う
に
な
り
ま
し
た
の
ね
∨
  
∧
あ
ら
あ
ら
 
と
う
と
う
陸
く
ん
も
一
緒
の
お
風
呂
を
恥
ず
か
し
  
の
 °
シ
ョ
ッ
ク
だ
っ
た
よ
ぉ
∨
  
日
の
夜
ね
 
一
人
で
お
風
呂
に
入
り
た
い
っ
て
言
わ
れ
ち
ゃ
っ
た
  
∧
う
ん
:
:
:
:
り
っ
く
ん
も
こ
の
春
4
年
生
に
な
る
か
ら
 °
  
∧
う
ふ
ふ
 °
そ
っ
ち
は
ど
う
で
す
の
?
 
陸
く
ん
と
は
∨
  
∧
ゆ
 
ゆ
う
わ
く
っ
て
:
:
:
:
き
|
ち
ゃ
ん
大
胆
だ
よ
ぉ
∨
  
☆
∨
  
ッ
ク
な
と
こ
ろ
が
ま
す
ま
す
好
き
に
な
っ
ち
ゃ
う
ん
で
す
け
ど
っ
  
惑
し
て
も
 
つ
れ
な
い
態
度
な
ん
で
す
の
 °
ま
 
そ
ん
な
ス
ト
イ
  
∧
|
|
と
い
う
わ
け
で
 
お
兄
様
っ
た
ら
キ
ッ
カ
が
ど
ん
な
に
誘
  
の
通
話
記
録
 °
  
以
下
は
 
愛
媛
と
香
川
の
県
境
を
越
え
て
交
わ
さ
れ
た
 
あ
る
夜
  
 
  
 

























   

  
∧
う
ん
 °
年
に
1
回
し
か
会
え
な
い
か
ら
 
り
っ
く
ん
に
は
甘
え
  
な
さ
っ
て
る
ん
で
し
た
っ
け
∨
  
∧
そ
う
い
え
ば
む
|
ち
ゃ
ん
の
お
母
様
 
ず
っ
と
海
外
で
お
仕
事
  
:
:
:
∨
  
が
お
母
さ
ん
代
わ
り
に
な
っ
て
あ
げ
る
の
 °
そ
れ
だ
け
で
十
分
:
  
れ
る
だ
け
で
幸
せ
だ
も
ん
 °
寂
し
い
思
い
を
し
な
い
よ
う
に
 
  
∧
そ
 
そ
ん
な
:
:
:
:
私
は
た
だ
 
り
っ
く
ん
と
一
緒
に
居
ら
  
ら
今
か
も
し
れ
ま
せ
ん
の
よ
?
∨
  
く
ん
 
よ
く
持
ち
こ
た
え
て
い
ま
す
の
 °
一
気
に
攻
め
落
と
す
な
  
∧
む
ふ
|
 
お
姉
ち
ゃ
ん
の
ダ
イ
ナ
マ
イ
ト
バ
デ
ィ
を
前
に
 
  
か
ら
:
:
:
:
∨
  
∧
そ
 
そ
ん
な
こ
と
な
い
よ
 °
私
な
ん
て
身
体
が
大
き
い
だ
け
だ
  
せ
ん
の
∨
  
∧
す
っ
ご
ぉ
!
 
M
カ
ッ
プ
の
キ
ッ
カ
な
ん
て
足
元
に
も
及
び
ま
  
ろ
そ
ろ
限
界
 °
X
か
 
も
し
か
し
た
ら
Y
か
も
:
:
:
:
∨
  
∧
W
カ
ッ
プ
に
な
ん
と
か
詰
め
込
ん
で
る
ん
だ
け
ど
:
:
:
:
そ
  
ま
す
も
の
ね
 °
ち
な
み
に
今
は
ど
れ
く
ら
い
?
∨
  
∧
む
|
ち
ゃ
ん
の
お
っ
ぱ
い
 
す
ん
ご
い
ス
ピ
|
ド
で
膨
ら
ん
で
  
持
ち
悪
く
思
わ
れ
ち
ゃ
っ
た
ん
じ
ゃ
な
い
か
な
ぁ
?
∨
  
∧
う
ぅ
:
:
:
:
そ
う
か
な
ぁ
?
 
私
の
胸
が
大
き
す
ぎ
て
 

   

  
 
  
る
よ
う
だ
 °
  
悩
め
る
乙
女
の
恋
愛
ト
|
ク
は
 
ポ
エ
ミ
|
に
盛
り
上
が
っ
て
い
  
携
帯
片
手
に
 
ベ
ッ
ド
上
で
パ
ジ
ャ
マ
姿
の
2
人
 °
  
 
  
い
ま
す
の
!
∨
  
∧
キ
ッ
カ
も
 
む
|
ち
ゃ
ん
と
陸
く
ん
が
結
ば
れ
る
日
を
願
っ
て
  
応
援
し
て
る
か
ら
ね
∨
  
∧
で
も
私
だ
け
は
き
|
ち
ゃ
ん
の
味
方
だ
よ
 °
お
兄
さ
ん
と
の
恋
 
  
∧
イ
ン
セ
ス
ト
タ
ブ
|
は
イ
ノ
セ
ン
ト
ブ
ル
|
で
す
の
∨
  
∧
禁
断
の
恋
は
イ
バ
ラ
の
道
だ
ね
∨
  
∧
だ
か
ら
こ
そ
 
多
く
の
困
難
を
避
け
て
は
通
れ
ま
せ
ん
の
∨
  
に
な
っ
ち
ゃ
っ
た
∨
  
∧
う
ん
:
:
:
:
私
た
ち
 
決
し
て
結
ば
れ
な
い
相
手
を
 
好
き
  
を
好
き
に
な
っ
て
し
ま
っ
た
者
同
士
で
す
も
の
ね
∨
  
下
の
差
こ
そ
あ
れ
 
キ
ッ
カ
と
む
|
ち
ゃ
ん
は
実
の
き
ょ
う
だ
い
  
∧
 
普
通
の
 
か
:
:
:
:
耳
に
痛
い
言
葉
で
す
の
 °
年
上
と
年
  
:
:
:
私
み
た
い
に
な
ら
ず
に
∨
  
り
っ
く
ん
に
は
普
通
の
恋
を
し
て
ほ
し
い
っ
て
思
っ
て
る
ん
だ
:
  
ら
れ
る
相
手
が
必
要
だ
と
思
う
の
 °
そ
れ
に
ね
:
:
:
:
い
つ
か
 

   

  
∧
だ
 
だ
っ
て
む
|
ち
ゃ
ん
 
人
一
倍
恥
ず
か
し
が
り
屋
で
あ
が
  
∧
私
も
参
加
す
る
よ
 
そ
の
大
会
∨
  
∧
な
|
ん
て
 
今
の
は
冗
談
:
:
:
:
え
え
え
|
っ
!
?
∨
  
∧
う
ん
∨
  
∨
  
と
思
い
ま
す
の
 °
も
ち
ろ
ん
む
|
ち
ゃ
ん
も
参
加
す
る
で
し
ょ
?
  
∧
こ
れ
か
ら
さ
っ
そ
く
 
ビ
ッ
グ
メ
ロ
ン
 
に
申
込
書
を
書
こ
う
  
∧
な
 
な
る
ほ
ど
:
:
:
:
∨
  
の
!
 
き
ゃ
|
☆
∨
  
一
番
大
切
な
存
在
は
す
ぐ
そ
ば
に
い
た
ん
だ
!
 
っ
て
寸
法
で
す
  
に
気
付
く
!
 
い
な
く
な
っ
て
初
め
て
気
づ
い
た
:
:
:
:
俺
の
  
嫉
妬
と
危
機
感
に
よ
っ
て
 
い
つ
し
か
お
兄
様
は
キ
ッ
カ
へ
の
愛
  
さ
|
あ
 
放
っ
と
い
た
ら
誰
か
に
奪
わ
れ
ち
ゃ
う
ぞ
っ
☆
 
そ
の
  
 
独
占
し
て
い
た
可
愛
い
妹
が
 
一
躍
有
名
に
な
っ
ち
ゃ
っ
た
 °
  
と
こ
ろ
が
 
キ
ッ
カ
が
ア
イ
ド
ル
に
な
っ
た
ら
ど
う
な
り
ま
す
の
?
  
ぎ
て
 
お
兄
様
は
き
っ
と
現
状
に
満
足
し
ち
ゃ
っ
て
る
ん
で
す
の
 °
  
∧
イ
エ
ス
!
 
キ
ッ
カ
が
思
う
に
 
兄
妹
と
い
う
関
係
が
身
近
す
  
∧
:
:
:
:
え
え
っ
?
 
ア
イ
ド
ル
デ
ビ
ュ
|
?
∨
  
:
:
:
∨
  
∧
と
こ
ろ
で
最
近
 
耳
よ
り
な
情
報
を
ゲ
ッ
ト
し
た
ん
で
す
の
:

   

  
は
た
ち
ま
ち
一
転
 
恋
敵
に
な
り
か
ね
な
い
 °
  
も
し
こ
の
先
 
4
人
が
そ
れ
ぞ
れ
の
存
在
を
知
っ
た
ら
 
大
親
友
  
し
か
し
皮
肉
な
事
に
 
想
い
人
の
好
み
は
見
事
に
交
差
し
て
い
る
 °
  
し
て
い
た
 °
  
2
人
は
秘
密
の
同
盟
を
組
ん
で
 
互
い
の
許
さ
れ
ざ
る
恋
を
応
援
  
む
つ
み
と
橘
香
 °
  
そ
う
 °
大
き
す
ぎ
る
胸
以
外
に
も
共
通
の
悩
み
を
持
っ
て
い
た
 
  
 
  
∧
大
親
友
で
す
も
の
ね
!
∨
  
ュ
|
し
よ
う
よ
 °
だ
っ
て
私
た
ち
∨
  
∧
だ
か
ら
一
緒
に
出
場
し
よ
う
 °
そ
し
て
 
2
人
そ
ろ
っ
て
デ
ビ
  
∧
む
|
ち
ゃ
ん
:
:
:
:
∨
  
え
る
よ
う
な
 
明
る
く
て
強
い
お
姉
ち
ゃ
ん
に
な
り
た
い
の
!
∨
  
と
し
て
見
て
も
ら
え
な
い
な
ら
 
せ
め
て
り
っ
く
ん
が
誇
り
に
思
  
み
た
い
に
も
っ
と
積
極
的
に
な
ら
な
き
ゃ
 
っ
て
:
:
:
:
恋
人
  
:
:
:
こ
の
ま
ま
じ
ゃ
ダ
メ
だ
っ
て
思
っ
て
る
の
 °
き
|
ち
ゃ
ん
  
∧
は
:
:
恥
ず
か
し
い
の
は
覚
悟
の
上
だ
も
ん
!
 
私
だ
っ
て
:
  
合
わ
な
く
て
も
い
い
ん
で
す
の
よ
?
∨
  
|
ズ
と
か
と
ら
さ
れ
る
か
も
:
:
:
:
無
理
し
て
キ
ッ
カ
に
付
き
  
り
性
じ
ゃ
あ
り
ま
せ
ん
の
 °
水
着
審
査
も
あ
る
し
 
エ
ッ
チ
な
ポ

   

  
え
な
い
 °
  
一
瞬
に
し
て
訪
れ
た
静
寂
 °
応
援
席
か
ら
の
声
も
 
も
は
や
聞
こ
  
∧
な
:
:
:
:
に
:
:
:
:
コ
レ
:
:
:
:
∨
  
込
ま
れ
て
い
く
 °
  
そ
こ
へ
飛
び
込
ん
だ
ら
 
ど
こ
ま
で
も
顔
面
が
ズ
ブ
ズ
ブ
と
飲
み
  
長
い
長
い
縦
一
直
線
を
描
く
谷
間
が
 
最
後
に
見
た
光
景
 °
  
 
  
す
っ
!
∨
  
 
そ
の
ま
ま
二
の
腕
で
圧
を
加
え
 
頭
部
を
ホ
|
ル
ド
し
て
い
ま
  
受
け
止
め
た
っ
!
  
∧
む
つ
み
選
手
 
寅
美
選
手
の
突
進
を
1
5
0
c
m
の
バ
ス
ト
で
  
 
  
ぎ
ゅ
む
う
っ
!
  
∧
お
姉
ち
ゃ
ん
 
負
け
な
い
っ
!
∨
  
|
|
話
は
会
場
に
戻
る
 °
  
∧
:
:
:
:
だ
か
ら
 
こ
の
状
況
が
ど
ん
な
に
恥
ず
か
し
く
て
も
∨
  
 
  
 
  
て
い
る
の
だ
っ
た
 °
  
そ
ん
な
現
実
な
ど
つ
ゆ
知
ら
ず
 
ブ
ラ
コ
ン
同
士
の
友
情
は
続
い

   

  
 
:
:
:
:
い
い
な
ぁ
|
 
  
す
る
葉
子
と
胡
桃
 °
  
も
は
や
応
援
す
る
の
も
忘
れ
て
 
む
つ
み
の
乳
房
に
た
だ
恐
々
と
  
谷
間
ア
ル
 
  
 
相
手
を
食
べ
て
る
よ
う
に
す
ら
見
え
る
ヨ
:
:
:
:
恐
ろ
し
い
  
 
お
っ
ぱ
い
も
身
体
も
 
ス
ケ
|
ル
が
違
い
す
ぎ
る
わ
 
  
ネ
 
  
 
わ
か
ら
な
い
ア
ル
 °
も
し
か
し
た
ら
勝
負
ア
リ
か
も
し
れ
な
い
  
 
あ
 
あ
れ
っ
て
 
呼
吸
で
き
て
る
の
?
 
  
 
  
陶
酔
に
融
け
込
む
よ
う
に
 
寅
美
の
意
識
は
遠
の
い
て
い
っ
た
 °
  
も
に
全
身
が
脱
力
し
て
い
く
 °
  
ジ
タ
バ
タ
と
足
掻
こ
う
と
す
る
も
 
叶
わ
な
い
 °
息
苦
し
さ
と
と
  
∧
完
全
に
覆
わ
れ
て
る
!
:
:
:
:
い
き
が
 
で
 
き
:
:
:
:
∨
  
倒
的
質
量
だ
っ
た
 °
  
一
応
巨
乳
を
自
負
し
て
き
た
寅
美
が
 
格
の
違
い
を
思
い
知
る
圧
  
埋
没
さ
せ
る
こ
と
も
で
き
た
だ
ろ
う
 °
  
も
し
ビ
キ
ニ
の
紐
が
阻
ま
な
け
れ
ば
 
 
後
頭
部
ま
で
 
完
全
に
  
す
で
に
寅
美
の
両
耳
を
ふ
さ
ぎ
 
側
頭
部
に
至
っ
て
い
る
の
だ
 °
  
そ
れ
も
そ
の
は
ず
 °
左
右
か
ら
押
し
寄
せ
ら
れ
た
乳
肉
の
荒
波
は
 

   

  
も
う
ひ
と
つ
は
 
 
気
密
性
 
  
 
  
寅
美
の
頭
部
を
圧
迫
し
て
い
る
の
だ
 °
  
今
も
 
腕
で
加
え
る
圧
力
が
乳
房
を
や
わ
ら
か
な
万
力
と
成
し
 
  
さ
れ
る
パ
ワ
|
が
 
破
壊
力
を
倍
加
す
る
 °
  
乳
房
本
来
の
重
量
に
加
え
て
 
む
つ
み
自
身
の
巨
躯
か
ら
繰
り
出
  
ひ
と
つ
は
 
 
重
圧
 
  
 
  
の
強
み
が
あ
る
 °
  
そ
も
そ
も
 
こ
の
乳
相
撲
に
お
い
て
 
む
つ
み
の
乳
房
に
は
3
つ
  
 
  
∧
寅
美
さ
ん
:
:
:
:
ど
う
し
て
そ
ん
な
に
一
生
懸
命
な
の
!
?
∨
  
つ
に
な
く
真
剣
だ
 °
  
そ
う
思
い
な
が
ら
も
 
あ
り
す
が
寅
美
に
向
け
る
ま
な
ざ
し
は
い
  
使
っ
て
ギ
ブ
ア
ッ
プ
す
れ
ば
楽
に
な
れ
る
の
に
∨
  
∧
こ
ん
な
の
で
苦
し
む
な
ん
て
バ
カ
み
た
い
:
:
:
:
早
く
手
を
  
る
 °
  
彼
女
な
ら
ば
谷
間
で
圧
死
し
て
も
本
望
だ
ろ
う
 °
生
粋
の
M
で
あ
  
た
 °
  
し
か
し
案
の
定
 
葉
山
も
も
だ
け
は
瀕
死
の
寅
美
を
羨
望
し
て
い

   

  
雲
散
霧
消
し
て
し
ま
う
 °
  
い
は
 
同
性
を
も
魅
了
し
て
や
ま
ず
 
安
ら
ぎ
の
内
に
闘
争
心
は
  
大
脳
辺
縁
系
:
:
:
:
脳
の
奥
の
原
始
的
な
部
分
に
訴
え
る
に
お
  
か
 °
  
彼
女
自
身
が
も
つ
母
性
的
な
 
に
お
い
 
と
表
現
す
る
の
が
適
切
  
ェ
ロ
モ
ン
∨
と
は
ま
た
異
な
る
 °
  
と
言
っ
て
も
 
い
わ
ゆ
る
異
性
を
惹
き
つ
け
る
誘
引
物
質
∧
性
フ
  
最
後
の
ひ
と
つ
は
 
芳
香
 
  
 
  
の
だ
 °
  
そ
れ
ゆ
え
に
 
ひ
と
た
び
密
着
す
れ
ば
逃
れ
る
の
は
容
易
で
な
い
  
地
は
な
い
 °
  
物
と
の
間
に
一
切
の
間
隙
を
残
さ
ず
 
わ
ず
か
な
空
気
も
入
る
余
  
ど
っ
し
り
と
重
く
 
し
か
し
柔
軟
に
形
を
変
え
る
乳
肉
は
 
対
象
  
い
う
ど
ん
生
地
の
如
し
 °
  
香
川
に
ち
な
ん
で
喩
え
る
な
ら
 
職
人
が
手
打
ち
し
た
コ
シ
の
強
  
た
が
 
そ
れ
と
対
を
成
す
 
極
上
の
感
触
 °
  
湯
川
温
子
は
ツ
ル
ツ
ル
ス
ベ
ス
ベ
の
温
泉
た
ま
ご
肌
が
特
徴
だ
っ
  
つ
く
 
究
極
の
も
ち
肌
 °
  
白
く
モ
チ
モ
チ
と
し
て
き
め
細
か
い
 
触
れ
れ
ば
ペ
タ
リ
と
吸
い

   

  
 
谷
間
の
中
で
何
が
起
こ
っ
た
ん
や
ろ
 
  
 
あ
っ
ち
ゃ
|
 
チ
ャ
ン
ス
や
っ
た
の
に
!
 
  
 
  
だ
わ
か
り
ま
せ
ん
っ
!
∨
  
 
乳
圧
の
万
力
に
挟
ま
れ
勝
負
あ
り
か
と
思
わ
れ
ま
し
た
が
 
  
∧
お
|
っ
と
寅
美
選
手
 
谷
間
か
ら
脱
出
!
  
 
  
す
る
 °
  
そ
の
隙
に
 
寅
美
は
顔
面
を
乳
房
か
ら
引
き
剥
が
し
 
窮
地
を
脱
  
 
ぷ
は
ぁ
|
っ
!
 
  
突
然
 
艶
め
か
し
い
喘
ぎ
声
を
上
げ
脱
力
す
る
む
つ
み
 °
  
 
ひ
ぁ
ア
ぁ
っ
 
ッ
ん
ん
っ
ッ
!
?
 
  
が
!
  
 
  
:
:
:
:
  
そ
し
て
今
 
安
息
の
底
な
し
沼
で
溺
死
し
よ
う
と
し
て
い
る
の
だ
  
と
す
れ
ば
す
る
ほ
ど
 
芳
香
を
吸
引
し
闘
争
心
は
奪
わ
れ
て
い
く
 °
  
重
圧
と
機
密
性
に
よ
り
息
苦
し
く
な
っ
て
 
必
死
に
呼
吸
し
よ
う
  
す
な
わ
ち
 
寅
美
の
状
況
は
こ
う
だ
 °
  
 

























   

  
 
ハ
ァ
:
:
:
:
ハ
ァ
:
:
:
:
 
  
 
  
を
奏
し
た
 °
  
酸
欠
状
態
で
肺
の
中
の
空
気
を
出
す
こ
と
は
賭
け
だ
っ
た
が
 
  
な
ら
ば
 
空
気
を
送
り
込
ん
で
や
れ
ば
よ
い
 °
  
は
ぺ
っ
た
り
密
着
し
て
い
る
 °
  
そ
も
そ
も
 
空
気
の
入
る
隙
間
が
な
い
か
ら
こ
そ
 
む
つ
み
の
肌
  
こ
と
 
で
あ
る
 °
  
あ
の
状
況
で
寅
美
の
脳
裏
に
閃
い
た
活
路
 
そ
れ
は
息
を
 
吹
く
  
テ
ィ
ン
グ
ス
ピ
リ
ッ
ト
を
消
す
こ
と
は
で
き
な
か
っ
た
 °
  
香
り
が
も
た
ら
す
リ
ラ
ク
ゼ
|
シ
ョ
ン
効
果
も
 
寅
美
の
フ
ァ
イ
  
そ
う
 
 
虎
 
の
闘
志
を
甘
く
見
る
べ
き
で
は
な
い
 °
  
 
  
:
 
っ
て
と
こ
で
す
か
 
  
 
 
押
し
て
ダ
メ
な
ら
引
い
て
み
ろ
 
 °
 
吸
っ
て
ダ
メ
な
ら
:
  
湯
飲
み
を
手
に
 
茶
湯
里
は
訳
知
り
顔
 °
  
 
ふ
う
む
 °
寅
美
さ
ん
も
や
り
ま
す
ね
 
  
親
友
を
案
じ
る
橘
香
の
横
で
 
  
|
|
|
っ
?
 
  
 
む
 
む
|
ち
ゃ
ん
大
丈
夫
で
す
の
?
 
何
を
さ
れ
た
ん
で
す
の

   

  
 
  
身
も
れ
な
く
感
じ
て
し
ま
う
敏
感
少
女
で
も
あ
っ
た
の
だ
 °
  
こ
の
打
越
む
つ
み
 
見
上
げ
る
ほ
ど
の
巨
体
で
あ
り
な
が
ら
 
  
 
敏
感
す
ぎ
る
こ
と
 
  
定
的
な
弱
点
 °
  
先
に
述
べ
た
3
つ
の
強
み
が
1
つ
で
チ
ャ
ラ
に
な
る
ほ
ど
の
 
  
そ
し
て
こ
れ
こ
そ
彼
女
の
弱
点
 °
  
力
し
た
の
だ
 °
  
み
は
く
す
ぐ
っ
た
い
と
い
う
レ
ベ
ル
超
え
た
快
感
に
襲
わ
れ
 
  
谷
間
に
吹
き
付
け
ら
れ
た
寅
美
の
吐
息
 °
突
然
の
気
流
に
 
む
つ
  
大
正
解
で
あ
る
 °
  
 
  
く
す
ぐ
っ
た
か
っ
た
の
か
な
?
∨
  
∧
あ
の
時
も
ヘ
ン
な
声
上
げ
て
:
:
:
:
私
の
息
が
 
そ
ん
な
に
  
当
然
 
寅
美
は
そ
れ
を
疑
問
に
思
っ
た
 °
  
  
  
な
ぜ
か
 
窒
息
さ
せ
て
い
た
側
の
む
つ
み
ま
で
息
を
荒
げ
て
い
る
 °
  
 
ひ
ぁ
:
:
ぁ
:
:
ふ
ぅ
 
  
え
る
 °
し
か
し
 
  
圧
迫
か
ら
逃
れ
た
寅
美
は
 
い
っ
た
ん
距
離
を
と
っ
て
呼
吸
を
整

   

  
発
達
し
 
皮
下
の
ご
く
浅
い
と
こ
ろ
を
綿
密
に
張
り
め
ぐ
っ
て
い
  
だ
が
そ
の
一
方
 
ど
う
い
う
わ
け
か
感
覚
神
経
だ
け
は
し
っ
か
り
  
精
一
杯
 °
  
こ
の
急
成
長
に
 
皮
膚
組
織
は
急
激
な
成
長
に
追
い
つ
く
だ
け
で
  
っ
た
 °
  
あ
ま
り
の
速
度
に
 
い
つ
し
か
乳
首
ま
で
乳
輪
に
埋
も
れ
て
し
ま
  
と
ア
ナ
ウ
ン
ス
し
た
が
 
そ
れ
は
つ
ま
り
来
月
の
こ
と
だ
 °
  
先
ほ
ど
臼
井
が
 
ア
ル
フ
ァ
ベ
ッ
ト
を
使
い
切
る
日
も
遠
く
な
い
  
は
と
ど
ま
る
こ
と
を
知
ら
な
い
 °
  
そ
し
て
高
2
の
現
在
に
至
る
ま
で
 
毎
月
1
カ
ッ
プ
と
い
う
勢
い
  
2
カ
ッ
プ
飛
ば
し
で
大
き
く
な
っ
て
い
っ
た
 °
  
ブ
ラ
は
耐
え
う
る
限
界
ま
で
使
用
に
努
め
た
が
 
3
か
月
ご
と
に
  
そ
れ
が
あ
る
日
突
然
 
爆
発
的
ス
ピ
|
ド
で
膨
張
を
開
始
す
る
 °
  
期
が
あ
っ
た
の
だ
 °
  
信
じ
難
い
こ
と
だ
が
 
む
つ
み
に
も
小
さ
い
胸
を
悩
ん
で
い
た
時
  
ス
ト
は
未
だ
A
カ
ッ
プ
 °
  
中
3
の
時
点
で
 
身
長
こ
そ
1
8
0
c
m
に
達
し
て
い
た
が
 
  
二
次
性
徴
は
遅
れ
て
や
っ
て
き
た
 °
  
3
歳
か
ら
胸
が
膨
ら
ん
で
い
た
橘
香
と
は
対
照
的
に
 
む
つ
み
の
  
原
因
は
お
そ
ら
く
 
彼
女
の
急
成
長
に
あ
る
 °








   

  
 
  
ど
と
小
さ
な
声
を
漏
ら
す
の
だ
が
:
:
:
:
  
張
っ
た
胸
を
押
し
当
て
る
た
び
に
 
む
つ
み
は
 
い
ゃ
あ
っ
 
な
  
っ
て
い
く
 °
  
足
場
に
注
意
し
つ
つ
 
俊
敏
な
フ
ッ
ト
ワ
|
ク
で
何
度
も
ぶ
つ
か
  
 
  
ヒ
ッ
ト
ア
ン
ド
ア
ウ
ェ
イ
戦
法
だ
|
っ
!
∨
  
 
し
か
も
今
度
は
:
:
:
:
ぶ
つ
か
っ
て
は
す
ぐ
に
距
離
を
と
る
 
  
臆
す
こ
と
な
く
再
度
突
撃
!
  
∧
お
お
っ
!
 
寅
美
選
手
 
あ
れ
だ
け
の
死
線
を
く
ぐ
っ
た
の
に
 
  
 
  
∧
ま
た
お
っ
ぱ
い
に
挟
ま
れ
る
の
は
危
険
:
:
:
:
そ
れ
な
ら
!
∨
  
寅
美
は
再
度
突
撃
を
し
か
け
る
 °
  
∧
チ
ャ
ン
ス
っ
!
∨
  
と
も
あ
れ
 
こ
の
隙
を
逃
が
す
手
は
な
い
 °
  
 
  
部
位
が
あ
る
の
だ
が
∨
  
の
で
あ
る
 °
∧
も
っ
と
も
 
さ
ら
に
そ
れ
を
上
回
る
デ
リ
ケ
|
ト
  
ゆ
え
に
 
全
身
敏
感
な
ボ
デ
ィ
の
中
で
も
乳
房
は
特
別
に
敏
感
な
  
る
の
だ
 °






















   

  
|
:
:
 
  
 
も
う
こ
れ
っ
て
ぇ
|
:
:
 
相
撲
 
じ
ゃ
あ
り
ま
せ
ん
よ
ね
ぇ
  
を
 
よ
ほ
ど
警
戒
し
て
る
ん
で
し
ょ
う
 
  
 
そ
|
で
す
ね
コ
ト
コ
先
バ
イ
 °
ま
た
お
っ
ぱ
い
に
挟
ま
れ
る
の
  
ぇ
|
:
:
せ
わ
し
な
い
動
き
で
す
ね
ぇ
|
:
:
 
  
 
ぴ
ょ
ん
ぴ
ょ
ん
と
ぉ
|
:
:
ぶ
つ
か
っ
て
は
ぁ
|
:
:
離
れ
て
  
 
  
前
進
も
後
退
も
し
ま
せ
ん
!
∨
  
 
し
か
し
 
む
つ
み
選
手
は
そ
れ
を
た
だ
受
け
止
め
る
の
み
で
 
  
∧
助
走
つ
き
で
何
度
も
バ
ス
ト
ア
タ
ッ
ク
を
続
け
る
寅
美
選
手
!
  
 
  
よ
 
  
 
で
も
さ
す
が
 
す
ご
い
安
定
感
だ
ね
 °
一
歩
も
動
か
せ
て
な
い
  
 
あ
あ
ん
 
む
|
ち
ゃ
ん
防
戦
一
方
で
す
の
 
  
 
  
∧
え
え
い
 
か
ま
わ
な
い
わ
!
 
こ
の
ま
ま
押
し
き
る
!
∨
  
し
か
し
反
撃
す
る
様
子
も
見
ら
れ
な
い
 °
  
い
の
だ
 °
  
体
重
差
の
た
め
 
何
度
胸
で
タ
ッ
ク
ル
し
よ
う
と
び
く
と
も
し
な
  
∧
ぜ
:
:
:
:
全
然
効
い
て
な
い
?
∨











   

  
 
そ
れ
に
し
て
も
何
と
い
う
威
力
っ
!
 
寅
美
選
手
を
土
俵
の
端
  
∧
今
の
は
俗
に
言
う
 
ち
ち
び
ん
た
 
と
い
う
や
つ
で
し
ょ
う
か
!
  
 
  
し
た
の
だ
 °
  
そ
の
動
き
が
偶
然
 
寅
美
の
向
か
っ
て
く
る
タ
イ
ミ
ン
グ
と
一
致
  
だ
け
だ
 °
  
も
ち
ろ
ん
 
今
 
む
つ
み
は
橘
香
の
声
が
し
た
方
を
ふ
り
返
っ
た
  
 
  
美
選
手
を
迎
撃
し
ま
し
た
|
っ
!
∨
  
 
身
体
を
ひ
ね
る
勢
い
で
振
る
っ
た
乳
房
が
 
向
か
っ
て
く
る
寅
  
∧
む
 
む
つ
み
選
手
 
突
然
の
反
撃
!
  
 
  
ぶ
る
ん
!
 
ば
ち
ぃ
い
い
ん
!
!
!
  
 
ふ
ぇ
?
 
  
 
  
 
む
|
ち
ゃ
|
|
|
ん
!
 
カ
ウ
ン
タ
|
パ
ン
チ
で
す
の
|
|
|
!
 
  
そ
し
て
声
を
上
げ
る
 °
  
∧
ボ
ク
シ
ン
グ
:
:
:
:
?
∨
  
偶
然
そ
の
会
話
を
聞
い
て
い
た
橘
香
が
 
ハ
ッ
!
 
と
気
づ
く
 °
  
 
確
か
に
 °
相
撲
っ
て
よ
り
は
ボ
ク
シ
ン
グ
に
近
い
か
も
 



   

  
∧
お
|
っ
と
 
ど
う
し
た
の
で
し
ょ
う
?
  
 
  
無
様
に
倒
さ
れ
た
寅
美
が
ゆ
っ
く
り
と
起
き
上
が
る
 °
  
け
れ
ば
倒
れ
て
も
続
行
な
の
が
ル
|
ル
 °
  
そ
う
 
ま
だ
場
外
で
は
な
い
 °
こ
の
乳
相
撲
 
プ
|
ル
に
落
ち
な
  
ど
 
  
 
:
:
:
:
も
っ
と
も
 
ホ
|
ム
ラ
ン
じ
ゃ
な
く
て
良
か
っ
た
け
  
肪
の
塊
が
ク
リ
|
ン
ヒ
ッ
ト
し
た
の
だ
 °
  
一
方
 
寅
美
の
ダ
メ
|
ジ
は
深
刻
 °
自
分
の
頭
部
よ
り
大
き
い
脂
  
打
た
れ
た
ボ
|
ル
の
気
分
だ
わ
∨
  
∧
や
:
:
ば
:
:
:
:
頭
ク
ラ
ク
ラ
す
る
:
:
:
:
ブ
ラ
ゼ
ル
に
  
 
  
ん
で
い
た
 
  
寅
美
の
顔
面
に
ぶ
つ
か
っ
た
部
分
が
 
わ
ず
か
に
ピ
リ
ピ
リ
と
痛
  
を
撫
で
る
 °
  
恥
ず
か
し
さ
を
隠
す
よ
う
に
う
つ
む
き
 
手
の
ひ
ら
で
そ
っ
と
胸
  
た
か
理
解
し
た
ら
し
い
 °
  
ア
ナ
ウ
ン
ス
に
赤
面
す
る
む
つ
み
 °
今
よ
う
や
く
自
分
が
何
を
し
  
 
  
ま
で
飛
ば
し
て
し
ま
っ
た
|
っ
!
∨












   

  
す
で
に
寅
美
も
 
そ
の
考
え
に
至
っ
て
い
た
 °
  
 
  
ち
ゃ
ん
!
 
  
 
こ
れ
っ
て
 
絶
対
防
御
 
じ
ゃ
な
い
で
す
の
?
 
さ
す
が
む
|
  
:
:
敵
の
タ
ッ
ク
ル
は
お
っ
ぱ
い
で
衝
撃
吸
収
:
:
:
:
あ
れ
?
  
 
逆
に
 
む
|
ち
ゃ
ん
が
中
心
に
い
る
限
り
浮
き
島
は
安
定
:
:
  
相
当
な
も
の
だ
ろ
う
 
と
言
い
か
け
て
と
ど
ま
る
 °
  
 
そ
っ
か
!
 
あ
の
身
体
な
ら
体
重
も
:
:
 
  
が
大
き
く
傾
く
と
 
わ
か
っ
て
る
ん
で
す
の
 
  
で
す
の
 °
う
か
つ
に
中
心
を
離
れ
た
ら
 
自
分
の
重
み
で
浮
き
島
  
 
た
ぶ
ん
 
む
|
ち
ゃ
ん
は
土
俵
の
中
心
か
ら
離
れ
た
く
な
い
ん
  
愛
矢
の
も
っ
と
も
な
疑
問
に
 
橘
香
が
答
え
る
 °
  
ゃ
ん
?
 
  
ん
だ
ろ
?
 
あ
ん
な
は
じ
っ
こ
な
ら
 
簡
単
に
押
し
出
せ
そ
う
じ
  
 
む
つ
み
ち
ゃ
ん
 
ど
う
し
て
今
と
ど
め
刺
し
に
行
か
な
か
っ
た
  
 
ち
っ
 
し
ぶ
と
い
で
す
の
!
 
  
 
  
し
た
|
っ
!
∨
  
 
そ
う
し
て
い
る
間
に
寅
美
選
手
:
:
:
:
今
 
立
ち
上
が
り
ま
  
 
む
つ
み
選
手
 
こ
の
チ
ャ
ン
ス
に
と
ど
め
を
刺
し
に
い
か
な
い
!

   

  
 
  
 
絶
対
防
御
 
は
 
崩
せ
な
い
!
  
能
に
近
い
の
だ
 °
  
手
を
使
わ
ず
む
つ
み
の
ビ
キ
ニ
を
ず
ら
す
こ
と
は
 
も
は
や
不
可
  
と
の
間
に
強
力
な
摩
擦
が
発
生
す
る
 °
  
さ
ら
に
 
ま
ん
丸
い
バ
ス
ト
自
体
の
張
力
も
相
ま
っ
て
 
ビ
キ
ニ
  
目
立
っ
て
い
な
い
 °
  
実
際
 
カ
ッ
プ
レ
ス
に
も
か
か
わ
ら
ず
 
む
つ
み
の
乳
首
は
全
然
  
か
ら
だ
 °
  
乳
首
の
突
起
が
な
い
分
 
乳
房
は
よ
り
な
め
ら
か
な
曲
面
を
描
く
  
こ
れ
は
 
む
つ
み
が
陥
没
乳
首
で
あ
る
こ
と
に
も
関
係
し
て
い
た
 °
  
む
隙
間
は
な
く
 
ぴ
っ
た
り
と
密
着
す
る
 °
  
原
理
は
先
ほ
ど
と
同
様
 °
白
い
ナ
イ
ロ
ン
生
地
に
空
気
の
入
り
込
  
 
  
そ
う
 
 
気
密
性
 
ゆ
え
に
!
  
い
三
角
ビ
キ
ニ
は
全
然
ず
れ
て
い
な
い
 °
  
な
ぜ
な
ら
 
あ
れ
だ
け
何
度
も
ぶ
つ
か
っ
た
の
に
 
む
つ
み
の
白
  
∧
:
:
:
:
ダ
メ
 
そ
れ
も
不
可
能
だ
わ
∨
  
ポ
ロ
リ
に
よ
る
失
格
 °
す
な
わ
ち
 
ビ
キ
ニ
ず
ら
し
を
狙
う
か
?
  
∧
ぶ
つ
か
り
合
い
じ
ゃ
到
底
勝
て
な
い
体
重
差
:
:
:
:
な
ら
 

   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
て
い
た
 °
  
こ
ん
な
状
況
で
も
 
た
っ
た
一
つ
だ
け
最
後
の
可
能
性
を
見
出
し
  
∧
:
:
:
:
や
る
し
か
な
い
わ
!
∨
  
対
し
て
寅
美
は
 
  
 
  
離
さ
な
い
!
  
再
度
寅
美
を
 
捕
獲
 
す
る
つ
も
り
だ
ろ
う
 °
そ
し
て
今
度
こ
そ
  
両
手
で
持
ち
 
構
え
る
 °
  
自
分
に
言
い
聞
か
せ
る
よ
う
に
つ
ぶ
や
い
た
む
つ
み
は
 
乳
房
を
  
ル
に
な
る
ん
だ
か
ら
 
  
 
ま
 
負
け
な
い
も
ん
:
:
:
:
き
|
ち
ゃ
ん
と
一
緒
に
ア
イ
ド

  > ≫