い
つ
も
よ
り
落
ち
着
き
が
な
い
雫
ち
ゃ
ん
 °
:
:
か
わ
い
い
 °
  
し
く
 
そ
の
ま
ま
午
後
の
授
業
が
始
ま
っ
て
し
ま
っ
た
 °
  
か
を
探
し
て
い
る
 °
し
か
し
 
目
当
て
の
物
は
見
つ
か
ら
な
い
ら
  
昼
休
み
の
後
半
 °
雫
ち
ゃ
ん
は
机
や
鞄
を
何
度
も
確
認
し
て
 
  
 
:
:
っ
 
:
:
:
:
っ
?
?
 
  
 
  
な
雫
ち
ゃ
ん
の
秘
密
に
気
づ
い
て
し
ま
っ
た
 °
  
c
m
の
爆
乳
は
コ
ン
プ
レ
ッ
ク
ス
ら
し
い
 °
だ
け
ど
 
私
は
そ
ん
  
ん
だ
け
ど
 
ど
う
や
ら
雫
ち
ゃ
ん
に
と
っ
て
こ
の
バ
ス
ト
1
0
0
  
す
る
と
雫
ち
ゃ
ん
は
か
な
り
嫌
が
る
 °
こ
の
仕
草
も
た
ま
ら
な
い
  
 
や
だ
 
や
め
て
 
  
ち
ゃ
ん
の
胸
に
ち
ょ
っ
か
い
を
出
す
 °
  
女
の
子
同
士
と
い
う
の
を
利
用
し
て
 
私
は
こ
と
あ
る
ご
と
に
雫
  
い
な
爆
乳
が
大
好
き
 °
  
:
を
装
っ
て
い
る
け
ど
 
実
は
女
性
好
き
 
特
に
雫
ち
ゃ
ん
み
た
  
一
方
 
私
は
鈴
木
里
奈
 
な
ん
の
変
哲
も
な
い
普
通
の
女
子
 °
  
山
野
雫
 °
ク
ラ
ス
一
:
:
 
い
や
 
学
校
一
か
わ
い
い
女
子
だ
 °
  
  
カ
ズ
ロ
ウ
 
作
  
雫

























≪ <  

  
 
顔
色
が
悪
い
よ
 °
大
丈
夫
?
一
緒
に
保
健
室
に
行
っ
て
あ
げ
る
  
 
え
:
:
 
  
 
体
調
悪
い
の
?
 
  
し
て
い
る
よ
う
だ
 °
  
足
が
1
歩
下
が
っ
た
 °
い
つ
も
以
上
に
私
の
胸
ア
タ
ッ
ク
を
警
戒
  
生
地
が
伸
ば
さ
れ
て
 
下
乳
に
影
を
作
っ
て
い
る
 °
雫
ち
ゃ
ん
の
  
よ
う
に
努
力
し
て
い
る
 °
無
駄
無
駄
 °
そ
の
爆
乳
は
セ
|
タ
|
の
  
雫
ち
ゃ
ん
は
少
し
前
屈
み
に
な
っ
て
 
精
一
杯
胸
が
主
張
し
な
い
  
 
な
に
?
 
  
雫
ち
ゃ
ん
は
困
っ
た
表
情
で
応
え
る
 °
  
 
雫
ち
ゃ
|
ん
 
  
け
る
 °
  
た
 °
そ
し
て
 
す
ぐ
に
席
を
た
と
う
と
す
る
雫
ち
ゃ
ん
に
声
を
か
  
雫
ち
ゃ
ん
は
そ
わ
そ
わ
し
な
が
ら
も
 
次
の
休
み
時
間
ま
で
耐
え
  
べ
さ
せ
て
も
ら
っ
ち
ゃ
っ
た
 °
  
見
せ
た
こ
と
な
い
か
ら
 
不
思
議
に
思
っ
て
こ
の
薬
に
つ
い
て
調
  
ち
ゃ
ん
は
い
つ
も
飲
ん
で
た
け
ど
 
鼻
が
詰
ま
っ
た
様
子
な
ん
か
  
り
持
ち
出
し
た
コ
レ
 °
こ
の
お
薬
 °
 
鼻
炎
な
の
 
と
言
っ
て
雫
  
だ
っ
て
 
探
し
て
い
る
も
の
は
私
が
雫
ち
ゃ
ん
の
鞄
か
ら
こ
っ
そ
  
ラ
チ
ラ
と
 
ま
だ
鞄
を
確
認
し
て
い
る
 °
見
つ
か
る
は
ず
が
な
い
 

   

  
ん
が
出
て
き
た
 °
胸
が
さ
ら
に
強
調
さ
れ
て
い
る
 °
い
よ
い
よ
 
  
し
ば
ら
く
し
て
 
ト
イ
レ
を
流
す
音
が
し
た
 °
そ
し
て
 
雫
ち
ゃ
  
 
い
い
よ
い
い
よ
 
待
っ
て
る
よ
 
  
 
う
ん
|
:
:
 
ご
め
ん
 
里
奈
ち
ゃ
ん
 
戻
っ
て
て
:
:
 
  
み
た
 °
  
ト
イ
レ
は
1
つ
し
か
閉
ま
っ
て
い
な
か
っ
た
の
で
名
前
を
呼
ん
で
  
 
雫
ち
ゃ
ん
:
:
?
 
  
駆
け
込
ん
で
し
ま
っ
た
 °
  
で
揺
れ
る
胸
を
押
さ
え
な
が
ら
 
一
番
近
く
に
あ
っ
た
ト
イ
レ
に
  
雫
ち
ゃ
ん
は
突
然
目
を
見
開
い
た
 °
そ
し
て
 
か
わ
い
い
駆
け
足
  
 
:
:
っ
!
 
  
ら
廊
下
を
歩
い
て
い
く
 °
  
雫
ち
ゃ
ん
は
元
気
な
さ
そ
う
に
 
や
っ
ぱ
り
前
屈
み
に
な
り
な
が
  
 
あ
り
が
と
:
:
 
  
出
て
る
と
言
わ
れ
て
信
じ
て
い
る
み
た
い
だ
 °
  
雫
ち
ゃ
ん
自
身
が
体
調
に
思
い
当
た
る
節
が
あ
る
の
で
 
顔
色
に
  
雫
ち
ゃ
ん
の
顔
色
は
赤
ら
ん
で
い
る
く
ら
い
で
特
に
悪
く
な
い
 °
  
 
い
い
か
ら
い
い
か
ら
 
  
 
大
丈
夫
 
一
人
で
い
く
よ
 
  
よ
 
























   

  
を
振
る
わ
せ
た
 °
  
私
は
雫
ち
ゃ
ん
の
肩
に
手
を
か
け
た
 °
雫
ち
ゃ
ん
は
ぴ
く
ん
と
体
  
 
大
丈
夫
?
 
  
ド
の
縁
に
腰
を
下
ろ
し
 
俯
い
て
い
た
 °
  
カ
|
テ
ン
を
開
け
た
 °
雫
ち
ゃ
ん
は
上
履
き
を
は
い
た
ま
ま
ベ
ッ
  
 
雫
ち
ゃ
ん
 
  
保
健
室
の
ベ
ッ
ド
の
カ
|
テ
ン
の
1
つ
が
閉
め
ら
れ
て
い
た
 °
  
 
雫
ち
ゃ
ん
:
:
?
 
  
雫
ち
ゃ
ん
の
鞄
を
持
っ
て
き
た
 °
  
私
は
教
室
へ
戻
り
 
先
生
に
雫
ち
ゃ
ん
が
帰
る
こ
と
を
伝
え
る
と
 
  
 
じ
ゃ
あ
 
鞄
と
っ
て
き
て
あ
げ
る
 °
ち
ょ
っ
と
待
っ
て
て
 
  
 
う
|
ん
:
:
ウ
チ
に
誰
も
い
な
い
か
ら
:
:
 
  
 
誰
か
に
迎
え
に
き
て
も
ら
う
?
 
  
 
う
ん
:
:
 
  
 
ど
う
す
る
?
帰
る
?
 
  
保
健
室
に
着
い
た
け
ど
 
先
生
は
い
な
か
っ
た
 °
  
ユ
ッ
 
ユ
ッ
と
揺
れ
て
い
る
 °
  
な
い
よ
う
に
支
え
て
い
る
 °
そ
れ
で
も
足
の
リ
ズ
ム
に
合
わ
せ
て
  
雫
ち
ゃ
ん
は
 
お
腹
を
押
さ
え
る
:
:
ふ
り
を
し
て
 
胸
が
揺
れ
  
変
化
が
出
て
き
た
み
た
い
だ
 °














   

  
え
て
い
る
 °
  
に
し
て
い
る
余
裕
は
な
く
な
っ
た
み
た
い
で
 
両
手
で
胸
を
押
さ
  
ん
ブ
ラ
を
外
し
て
い
た
ん
だ
と
思
う
 °
雫
ち
ゃ
ん
は
私
の
目
を
気
  
し
い
暴
れ
方
を
し
て
い
る
 °
さ
っ
き
ト
イ
レ
に
入
っ
た
時
 
た
ぶ
  
向
か
っ
て
歩
い
た
 °
雫
ち
ゃ
ん
の
胸
は
 
た
だ
歩
く
だ
け
で
恐
ろ
  
私
は
雫
ち
ゃ
ん
の
鞄
を
持
っ
て
 
雫
ち
ゃ
ん
に
付
き
添
っ
て
駅
に
  
雫
ち
ゃ
ん
は
う
ん
 
と
頷
い
た
 °
  
 
落
ち
着
い
て
 
雫
ち
ゃ
ん
 °
一
緒
に
帰
っ
て
あ
げ
る
か
ら
 
  
 
私
:
:
薬
が
な
い
と
:
:
体
が
 
だ
め
な
の
 
  
1
2
0
c
m
と
か
そ
れ
以
上
か
も
し
れ
な
い
 °
  
規
格
外
の
サ
イ
ズ
だ
か
ら
自
信
が
な
い
:
:
で
も
た
ぶ
ん
バ
ス
ト
  
の
胸
が
ぶ
る
ん
と
持
ち
上
が
っ
た
 °
お
っ
ぱ
い
通
の
私
だ
け
ど
 
  
雫
ち
ゃ
ん
は
体
を
上
げ
て
こ
っ
ち
を
見
た
 °
同
時
に
 
雫
ち
ゃ
ん
  
 
雫
ち
ゃ
ん
:
:
 
  
 
里
奈
ち
ゃ
ん
:
:
助
け
て
 
お
願
い
 
  
 
雫
ち
ゃ
ん
 
私
一
緒
に
家
ま
で
い
く
よ
 
  
る
 °
  
隠
し
て
い
る
け
ど
 
雫
ち
ゃ
ん
の
胸
は
 
さ
ら
に
巨
大
化
し
て
い
  
何
が
起
こ
っ
て
い
る
の
か
 
私
は
わ
か
っ
て
い
た
 °
俯
い
て
胸
を
  
 
や
だ
:
:
や
だ
:
:
 
















   

  
 
う
ん
っ
 
だ
め
 
や
だ
 
出
る
っ
:
:
 
  
 
大
丈
夫
 
誰
も
こ
っ
ち
は
見
て
な
い
よ
 
  
を
隠
す
に
留
ま
っ
て
い
る
 °
雫
ち
ゃ
ん
は
そ
の
ブ
ラ
も
脱
い
だ
 °
  
も
ん
な
あ
 °
そ
し
て
今
や
そ
の
ブ
ラ
も
 
雫
ち
ゃ
ん
の
胸
の
一
部
  
元
々
で
か
い
雫
ち
ゃ
ん
の
ブ
ラ
を
外
し
た
ら
し
ま
う
場
所
が
な
い
  
ッ
ク
が
外
さ
れ
た
状
態
で
つ
け
ら
れ
て
い
た
 °
考
え
て
み
れ
ば
 
  
ブ
ラ
は
外
し
て
い
る
と
思
っ
た
け
ど
 
少
し
違
っ
た
 °
背
中
の
ホ
  
ど
だ
 °
  
れ
て
い
た
 °
ボ
タ
ン
を
外
す
と
 
プ
ッ
 
プ
ツ
ッ
と
音
が
す
る
ほ
  
ブ
ラ
ウ
ス
が
ボ
タ
ン
と
ボ
タ
ン
の
隙
間
が
開
く
ほ
ど
に
引
っ
張
ら
  
内
側
か
ら
の
圧
力
は
相
当
な
も
の
だ
っ
た
 °
セ
|
タ
|
を
脱
ぐ
と
 
  
を
誘
導
し
た
 °
私
は
雫
ち
ゃ
ん
の
セ
|
タ
|
を
脱
が
せ
て
あ
げ
た
 °
  
私
は
と
っ
さ
に
 
何
か
の
駐
車
場
の
奥
の
車
の
影
ま
で
雫
ち
ゃ
ん
  
 
雫
ち
ゃ
ん
っ
 
:
:
こ
っ
ち
!
 
  
 
だ
め
 
出
ち
ゃ
う
:
:
あ
っ
 
  
 
雫
ち
ゃ
ん
?
 
  
 
あ
 
里
奈
ち
ゃ
ん
:
:
 
あ
 
:
:
あ
っ
 
や
 
だ
め
:
:
 
  
赤
ら
ん
だ
顔
の
雫
ち
ゃ
ん
は
か
わ
い
い
 °
そ
し
て
 
胸
も
最
高
だ
 °
  
私
は
時
々
雫
ち
ゃ
ん
に
声
を
か
け
て
 
雫
ち
ゃ
ん
の
様
子
を
見
る
 °
  
 
大
丈
夫
?
 




















   

  
っ
て
い
る
間
に
私
が
ボ
タ
ン
を
閉
め
た
 °
セ
|
タ
|
は
無
理
矢
理
  
ン
が
届
か
な
い
の
で
 
雫
ち
ゃ
ん
に
胸
を
両
脇
か
ら
潰
し
て
も
ら
  
私
は
雫
ち
ゃ
ん
が
服
を
着
る
の
を
手
伝
っ
た
 °
ブ
ラ
ウ
ス
は
ボ
タ
  
 
う
ん
 
  
 
里
奈
ち
ゃ
ん
:
:
助
け
て
 
  
着
い
た
 °
  
そ
し
て
 
白
い
水
溜
ま
り
が
出
来
は
じ
め
た
こ
ろ
 
母
乳
は
落
ち
  
ま
ら
な
い
 °
  
雫
ち
ゃ
ん
は
エ
ッ
チ
で
か
わ
い
い
声
を
出
し
つ
づ
け
て
い
る
 °
  
 
里
奈
ち
ゃ
 
あ
っ
 
ん
っ
:
:
 
  
出
さ
れ
て
い
る
ん
だ
と
実
感
し
た
 °
  
以
外
な
ほ
ど
弾
力
が
あ
っ
て
 
溜
ま
り
に
溜
ま
っ
た
母
乳
が
吐
き
  
ム
ニ
ュ
ッ
  
い
る
左
の
乳
房
を
掴
ん
だ
 °
  
ほ
ど
で
か
く
な
っ
た
 
雫
ち
ゃ
ん
の
お
っ
ぱ
い
 °
私
は
 
余
っ
て
  
ま
ず
自
分
の
右
の
乳
房
を
揉
ん
で
い
る
 °
両
手
で
掴
ん
で
も
余
る
  
瞬
で
し
ず
く
に
な
り
 
飛
び
散
っ
て
い
く
 °
雫
ち
ゃ
ん
は
両
手
で
  
の
太
さ
の
乳
首
周
辺
か
ら
母
乳
は
滲
み
出
て
 
量
が
多
い
の
か
一
  
雫
ち
ゃ
ん
の
乳
首
か
ら
 
母
乳
が
漏
れ
は
じ
め
た
 °
親
指
ぐ
ら
い
  
ぴ
ち
ゃ
 
ぴ
ち
ゃ
っ


















   

  
 
こ
れ
以
上
:
:
や
 
あ
っ
:
:
 
  
な
り
だ
し
た
ん
だ
 °
  
あ
ま
り
わ
か
ら
な
い
け
ど
 
想
像
は
で
き
る
 °
ま
た
胸
が
大
き
く
  
 
う
:
:
:
:
 
う
ん
っ
:
:
:
:
 
  
雫
ち
ゃ
ん
の
顔
が
よ
り
赤
く
な
っ
た
 °
  
 
雫
ち
ゃ
ん
?
 
  
 
あ
:
:
 
や
:
:
:
:
 
  
電
車
に
揺
ら
れ
る
こ
と
数
分
 °
  
か
っ
て
い
る
 °
  
傾
に
な
っ
て
 
胸
を
隠
す
よ
う
に
座
っ
た
 °
足
に
 
乳
房
が
乗
っ
  
ゃ
ん
は
椅
子
に
腰
を
下
ろ
し
た
 °
私
は
そ
の
隣
 °
雫
ち
ゃ
ん
は
前
  
電
車
は
ガ
ラ
ガ
ラ
だ
け
ど
 
人
が
い
な
い
わ
け
で
は
な
い
 °
雫
ち
  
分
く
ら
い
で
着
く
 °
  
電
車
が
着
た
の
で
乗
っ
た
 °
確
か
雫
ち
ゃ
ん
が
下
り
る
駅
は
2
0
  
ち
ゃ
ん
の
胸
を
隠
す
よ
う
に
立
っ
て
あ
げ
た
 °
  
駅
に
着
い
た
 °
平
日
の
昼
間
だ
か
ら
人
は
少
な
い
 °
一
応
私
は
雫
  
ん
に
は
な
い
 °
  
た
 °
け
ど
 
そ
ん
な
こ
と
を
気
に
し
て
い
る
余
裕
は
も
う
雫
ち
ゃ
  
ら
し
く
 
若
干
右
の
胸
が
上
に
 
左
の
胸
が
下
に
ず
れ
て
し
ま
っ
  
着
て
も
ら
っ
た
 °
巨
大
な
乳
房
が
横
に
な
ら
ぶ
余
裕
が
も
う
な
い

   

  
 
こ
っ
ち
:
:
 °
近
い
か
ら
 
大
丈
夫
:
:
 
  
 
雫
ち
ゃ
ん
 
家
は
ど
っ
ち
?
 
  
セ
|
タ
|
の
裾
が
さ
ら
に
上
が
っ
て
た
 °
  
そ
し
て
 
膨
ら
み
続
け
て
い
る
よ
う
だ
 °
改
札
か
ら
出
た
頃
に
は
 
  
 
う
 
う
う
:
:
 
  
れ
な
い
 °
  
は
歩
き
出
し
た
 °
も
は
や
私
一
人
で
は
雫
ち
ゃ
ん
の
胸
を
隠
し
き
  
ゆ
っ
っ
さ
 
ゆ
っ
っ
さ
と
 
胸
に
揺
ら
さ
れ
な
が
ら
 
雫
ち
ゃ
ん
  
セ
|
タ
|
の
裾
が
終
わ
っ
て
し
ま
っ
て
い
る
 °
  
ト
1
5
0
c
m
 °
セ
|
タ
|
が
引
っ
張
ら
れ
て
 
つ
い
に
下
乳
で
  
私
は
雫
ち
ゃ
ん
が
立
ち
上
が
る
の
を
フ
ォ
ロ
|
し
た
 °
推
定
バ
ス
  
 
駅
だ
よ
 
  
り
込
ん
で
い
る
 °
  
み
出
し
て
 
抱
え
て
い
る
雫
ち
ゃ
ん
の
細
い
腕
が
胸
の
お
肉
に
め
  
る
 °
胸
は
前
屈
み
に
な
っ
て
い
る
雫
ち
ゃ
ん
の
体
か
ら
大
き
く
は
  
び
く
 
び
く
ん
 °
よ
く
見
る
と
雫
ち
ゃ
ん
の
鼓
動
が
伝
わ
っ
て
く
  
れ
た
ん
だ
 °
  
え
込
ん
だ
 °
た
ぶ
ん
 
中
の
ブ
ラ
ウ
ス
の
ボ
タ
ン
が
外
れ
た
か
と
  
胸
が
急
に
1
回
揺
れ
た
 °
雫
ち
ゃ
ん
は
慌
て
て
胸
を
よ
り
強
く
抱
  
プ
ル
ッ























   

  
左
の
胸
は
ブ
ラ
ウ
ス
が
張
り
付
い
て
い
る
け
ど
 
生
地
が
た
り
な
  
セ
|
タ
|
に
包
ま
れ
て
い
る
右
の
胸
も
 
び
っ
し
ょ
り
だ
っ
た
 °
  
 
は
あ
 
は
あ
っ
 
  
押
し
て
あ
げ
た
 °
  
う
と
し
た
ら
 
自
分
の
胸
が
立
ち
は
だ
か
っ
た
 °
私
が
ボ
タ
ン
を
  
に
入
り
 
エ
レ
ベ
|
タ
|
の
ス
イ
ッ
チ
を
:
:
 °
正
面
か
ら
押
そ
  
ん
は
も
は
や
構
わ
ず
歩
き
つ
づ
け
た
 °
雫
ち
ゃ
ん
は
マ
ン
シ
ョ
ン
  
は
な
い
 °
す
ぐ
に
 
ぼ
た
ぼ
た
と
母
乳
が
た
れ
て
き
た
 °
雫
ち
ゃ
  
左
乳
の
ブ
ラ
ウ
ス
に
染
み
が
広
が
っ
た
 °
さ
っ
き
の
勢
い
の
比
で
  
こ
の
マ
ン
シ
ョ
ン
が
雫
ち
ゃ
ん
の
家
ら
し
い
 
と
思
っ
た
瞬
間
 
  
 
い
い
 
も
う
 
う
ち
 
だ
し
:
:
:
:
あ
っ
 
  
再
び
し
ま
い
込
む
の
は
無
理
そ
う
だ
っ
た
 °
  
っ
た
 °
私
は
雫
ち
ゃ
ん
の
セ
|
タ
|
を
引
っ
張
っ
て
み
た
け
ど
 
  
の
外
れ
た
ブ
ラ
ウ
ス
が
ヒ
ラ
ヒ
ラ
し
て
い
る
だ
け
に
な
っ
て
し
ま
  
ら
外
れ
て
し
ま
っ
た
 °
雫
ち
ゃ
ん
の
左
乳
を
隠
す
の
は
 
ボ
タ
ン
  
上
下
の
揺
れ
で
 
セ
|
タ
|
の
縁
が
 
少
し
下
に
あ
っ
た
左
乳
か
  
 
あ
っ
 
  
う
 
回
避
不
能
だ
 °
  
駅
前
な
の
で
人
は
い
る
 °
や
は
り
 
注
目
を
浴
び
て
し
ま
う
 °
  
雫
ち
ゃ
ん
と
私
は
歩
い
た
 °
あ
ま
り
人
通
り
は
多
く
な
い
け
ど
 

   

  
ま
ず
 
予
備
の
薬
を
取
り
に
い
く
だ
ろ
う
 °
雫
ち
ゃ
ん
は
ガ
タ
ガ
  
た
 °
壁
に
母
乳
を
つ
け
な
が
ら
 
慌
て
て
部
屋
に
入
る
雫
ち
ゃ
ん
 °
  
雫
ち
ゃ
ん
の
胸
は
 
ド
ア
の
幅
に
引
っ
掛
か
る
ほ
ど
に
な
っ
て
い
  
 
う
う
 
ん
ん
っ
 
  
ア
の
鍵
を
あ
け
て
 
ド
ア
を
開
け
て
あ
げ
た
 °
  
私
は
雫
ち
ゃ
ん
の
鞄
か
ら
 
そ
れ
ら
し
い
も
の
を
見
つ
け
て
 
  
 
鍵
が
 
鞄
に
:
:
 
  
り
が
出
来
て
し
ま
っ
た
 °
廊
下
に
は
誰
も
い
な
い
 °
  
エ
レ
ベ
|
タ
|
の
ド
ア
が
開
い
た
 °
エ
レ
ベ
|
タ
|
に
は
水
溜
ま
  
|
タ
|
も
限
界
だ
 °
  
推
定
バ
ス
ト
 
2
0
0
c
m
 °
右
の
胸
に
引
っ
掛
か
っ
て
い
る
セ
  
ど
く
ん
 
ど
く
ん
 °
  
 
あ
 
う
う
っ
 
  
私
は
ボ
タ
ン
を
押
し
た
 °
  
 
4
:
:
 
  
 
何
階
?
 
  
エ
レ
ベ
|
タ
|
に
入
っ
た
 °
  
る
 °
  
る
 °
じ
ゅ
わ
っ
と
出
た
母
乳
は
 
足
元
に
た
ら
た
ら
と
た
れ
て
い
  
く
て
ギ
リ
ギ
リ
乳
首
が
隠
れ
て
い
る
状
態
だ
 °
乳
首
も
透
け
て
い

   

  
ぶ
し
ゅ
う
 
と
ベ
ッ
ド
を
濡
ら
す
雫
ち
ゃ
ん
の
胸
 °
  
ば
 
  
1
週
間
に
1
度
飲
め
ば
 
い
い
ん
だ
よ
ね
 °
た
だ
し
 
毎
日
搾
れ
  
 
雫
ち
ゃ
ん
が
苦
し
ん
で
そ
う
だ
っ
た
か
ら
 °
だ
っ
て
こ
の
お
薬
 
  
 
や
め
 
里
奈
ち
ゃ
ん
 
な
ん
で
っ
 
  
私
は
雫
ち
ゃ
ん
の
胸
を
揉
ん
だ
 °
  
 
本
当
の
雫
ち
ゃ
ん
が
 
見
た
か
っ
た
か
ら
 
  
 
な
ん
で
:
:
あ
っ
 
  
 
ご
め
ん
ね
 
雫
ち
ゃ
ん
 
  
 
:
:
:
:
:
:
!
!
?
 
  
 
雫
ち
ゃ
ん
 
探
し
て
た
の
 
こ
れ
だ
よ
ね
 
  
し
た
 °
  
私
と
雫
ち
ゃ
ん
の
体
の
重
み
が
雫
ち
ゃ
ん
の
胸
に
か
か
っ
て
変
形
  
 
あ
あ
あ
っ
 
  
雫
ち
ゃ
ん
は
胸
か
ら
ベ
ッ
ド
に
倒
れ
込
ん
だ
 °
  
 
き
ゃ
っ
!
 
  
に
押
し
倒
し
た
 °
  
私
は
 
雫
ち
ゃ
ん
に
後
ろ
か
ら
抱
き
着
い
て
 
そ
の
ま
ま
ベ
ッ
ド
  
 
雫
ち
ゃ
ん
!
 
  
タ
音
を
た
て
な
が
ら
 
な
り
ふ
り
構
わ
ず
部
屋
に
い
っ
た
 °



   

  
 
出
し
切
っ
ち
ゃ
っ
て
 
  
つ
い
た
 °
そ
し
て
 
私
の
手
の
隙
間
か
ら
母
乳
が
飛
び
散
っ
た
 °
  
雫
ち
ゃ
ん
は
ガ
ク
ン
と
膝
の
力
を
失
い
 
再
び
ベ
ッ
ド
に
お
尻
を
  
 
ひ
!
 
  
掴
ん
だ
 °
  
ら
 
で
も
気
持
ち
良
さ
そ
う
に
し
て
い
る
 °
雫
ち
ゃ
ん
の
乳
首
を
  
潤
滑
液
に
な
っ
て
 
気
持
ち
い
い
 °
雫
ち
ゃ
ん
も
恥
ず
か
し
な
が
  
私
は
雫
ち
ゃ
ん
の
左
の
乳
房
を
抱
き
抱
え
よ
う
と
し
た
 °
母
乳
が
  
た
の
 °
で
も
雫
ち
ゃ
ん
 
素
直
で
素
敵
 
  
 
こ
ん
な
大
き
く
な
ら
な
い
で
し
ょ
 
普
通
 °
ど
れ
だ
け
溜
め
て
  
う
と
:
:
3
0
0
c
m
?
わ
か
ら
な
い
 °
  
端
か
ら
は
じ
ゅ
る
じ
ゅ
る
と
母
乳
が
漏
れ
て
い
る
 °
バ
ス
ト
で
い
  
い
ほ
ど
の
大
き
な
乳
房
が
ふ
た
つ
 
ぶ
つ
か
り
合
っ
て
い
た
 °
  
と
ブ
ラ
を
と
り
 
ブ
ラ
ウ
ス
を
脱
い
だ
 °
両
手
で
も
抱
え
き
れ
な
  
雫
ち
ゃ
ん
は
 
私
の
指
示
に
従
っ
て
立
ち
上
が
っ
て
 
セ
|
タ
|
  
 
:
:
:
:
 
  
ん
 
も
っ
と
お
っ
ぱ
い
見
せ
て
 
  
 
雫
ち
ゃ
ん
 
み
ん
な
誰
だ
っ
て
エ
ッ
チ
な
ん
だ
か
ら
 °
雫
ち
ゃ
  
 
だ
っ
て
 
私
エ
ッ
チ
に
な
り
た
く
な
い
っ
:
:
 
  
 
な
の
に
雫
ち
ゃ
ん
 
毎
日
飲
ん
で
 











   

  
 
う
ん
 °
薬
飲
ん
で
 
今
日
一
日
ゆ
っ
く
り
し
て
れ
ば
 
戻
る
は
  
 
お
胸
大
丈
夫
?
 
  
残
念
 
測
ら
せ
て
は
く
れ
な
か
っ
た
 °
  
 
や
だ
:
:
や
め
て
よ
 
  
 
何
セ
ン
チ
あ
る
の
か
な
 
  
た
 °
  
か
わ
い
い
雫
ち
ゃ
ん
の
顔
は
い
つ
も
以
上
に
ぴ
ち
ぴ
ち
と
し
て
い
  
母
乳
で
び
し
ょ
び
し
ょ
と
い
う
の
も
あ
る
か
も
し
れ
な
い
け
ど
 
  
 
う
ん
 
  
 
大
丈
夫
 
雫
ち
ゃ
ん
 
  
く
止
ま
っ
た
 °
  
1
時
間
 
い
や
も
っ
と
だ
ろ
う
か
 °
雫
ち
ゃ
ん
の
母
乳
が
よ
う
や
  
 
  
熱
い
 °
い
い
匂
い
 °
雫
ち
ゃ
ん
:
:
:
:
 °
  
私
は
雫
ち
ゃ
ん
の
胸
に
倒
れ
込
ん
だ
 °
体
が
お
肉
に
包
ま
れ
る
 °
  
 
雫
ち
ゃ
ん
 
  
と
て
つ
も
な
い
量
の
母
乳
が
溢
れ
て
き
た
 °
  
ジ
ュ
ワ
ッ
 
ジ
ュ
ワ
ッ
  
 
里
奈
ち
ゃ
ん
:
:
気
持
ち
い
 
あ
 
ま
た
出
る
っ
 
  
私
は
胸
を
全
身
で
圧
力
を
か
け
 
揉
ん
で
あ
げ
た
 °






   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
雫
ち
ゃ
ん
は
 
こ
く
ん
と
頷
い
た
 °
  
 
明
日
か
ら
 
搾
っ
て
あ
げ
る
よ
 °
お
薬
は
体
に
よ
く
な
い
よ
 
  
も
ん
ね
 °
  
ち
ょ
っ
と
も
っ
た
い
な
い
け
ど
:
:
こ
の
胸
じ
ゃ
生
活
で
き
な
い
  
 
そ
っ
か
 
  
ず
 
























  > ≫