3
 
上
記
を
行
っ
た
時
 
 
そ
れ
が
当
然
で
あ
る
 
と
指
定
し
た
  
想
像
で
き
る
限
り
自
由
に
想
像
・
実
現
す
る
こ
と
が
で
き
る
 °
  
2
 
こ
の
世
界
に
存
在
し
な
い
物
質
 
起
こ
っ
て
い
な
い
事
象
を
  
え
る
こ
と
が
で
き
る
 °
  
1
 
世
界
に
存
在
す
る
万
物
を
想
像
で
き
る
限
り
自
由
に
作
り
変
  
 
能
力
 
  
  
  
  
確
信
し
て
い
る
 °
  
俺
は
誰
に
も
こ
の
能
力
に
つ
い
て
話
す
こ
と
な
く
 
1
人
で
そ
う
  
  
た
プ
レ
ゼ
ン
ト
な
の
だ
ろ
う
 °
  
俺
に
そ
の
ド
ロ
ド
ロ
と
し
た
劣
情
を
有
効
活
用
す
る
よ
う
に
与
え
  
だ
か
ら
 
高
校
に
上
が
っ
て
手
に
入
れ
た
こ
の
能
力
は
 
神
様
が
  
  
俺
は
昔
か
ら
 
性
欲
が
す
ご
く
強
か
っ
た
 °
  
  
K
a
r
u
r
a
 
作
  
思
い
通
り
に
世
界
変
革

















≪ <  

  
  
 
あ
 
橘
先
生
 
  
  
俺
は
 
思
わ
ず
声
を
か
け
る
 °
  
  
ぎ
て
行
っ
た
 °
  
し
ば
ら
く
物
色
し
て
い
る
と
 
一
人
の
教
師
が
俺
の
横
を
通
り
過
  
  
ど
れ
だ
け
見
つ
め
た
と
し
て
も
 
誰
も
何
も
言
っ
て
こ
な
い
 °
  
勿
論
 
俺
が
何
を
し
て
も
怪
し
ま
な
い
よ
う
に
し
て
い
る
た
め
 
  
  
ロ
ジ
ロ
と
見
な
が
ら
歩
い
て
い
た
 °
  
放
課
に
な
り
 
俺
は
廊
下
に
出
て
通
り
過
ぎ
る
同
級
生
の
顔
を
ジ
  
  
 
さ
て
 
次
は
何
を
し
よ
う
か
な
 
  
  
  
  
4
 
使
用
し
た
人
間
は
死
ぬ
事
が
出
来
な
い
 °
  
人
間
∧
0
|
複
数
人
∨
の
認
識
を
改
変
さ
せ
る
こ
と
が
で
き
る
 °

   

  
 
え
 
私
何
か
マ
ズ
い
事
で
も
し
た
か
し
ら
?
 
  
  
そ
う
言
う
と
 
橘
は
首
を
傾
げ
た
 °
  
  
 
い
え
 
先
生
の
こ
と
に
つ
い
て
な
ん
で
す
が
 
  
  
 
あ
ら
 
何
か
授
業
で
分
か
ら
な
い
事
で
も
あ
っ
た
?
 
  
  
 
梶
で
す
 °
い
え
 
ち
ょ
っ
と
気
に
な
っ
て
い
た
こ
と
が
あ
っ
て
 
  
  
 
ん
 
ど
う
し
た
の
?
 
え
ぇ
と
:
:
 
  
  
が
 
若
々
し
さ
は
全
く
感
じ
ら
れ
な
い
 °
  
確
か
新
任
だ
っ
た
気
が
す
る
か
ら
 
2
0
代
前
半
の
は
ず
な
の
だ
  
  
に
で
も
い
そ
う
な
地
味
な
女
だ
 °
  
平
た
い
顔
を
し
て
 
体
つ
き
も
ぽ
っ
ち
ゃ
り
と
し
て
い
る
 °
ど
こ
  
  
い
た
 °
  
俺
の
声
に
振
り
返
っ
た
そ
の
教
師
は
 
実
に
地
味
な
容
貌
を
し
て

   

  
 
胸
な
ん
か
も
大
き
い
じ
ゃ
な
い
で
す
か
 °
今
何
カ
ッ
プ
な
ん
で
  
  
の
良
さ
が
際
立
っ
た
 °
  
ス
|
ツ
も
そ
れ
に
合
わ
せ
て
ビ
ッ
ク
サ
イ
ズ
に
な
り
 
ス
タ
イ
ル
  
  
の
つ
い
た
体
は
モ
デ
ル
の
よ
う
に
細
く
な
る
 °
  
俺
の
言
葉
に
呼
応
し
て
 
背
は
一
般
男
性
程
に
ま
で
伸
び
 
贅
肉
  
  
 
そ
れ
に
 
す
ご
く
ス
レ
ン
ダ
|
で
背
も
高
い
で
す
し
 
  
  
し
か
見
れ
な
い
よ
う
な
 
絶
世
の
美
女
の
も
の
に
変
わ
っ
て
い
た
 °
  
そ
う
言
っ
て
俺
に
笑
い
か
け
る
橘
の
顔
は
 
テ
レ
ビ
の
向
こ
う
で
  
  
 
あ
ら
|
 
急
に
ど
う
し
た
の
?
で
も
あ
り
が
と
う
ね
 
  
  
  
思
い
ま
し
て
 
  
 
い
や
 
や
っ
ぱ
り
先
生
は
す
ご
く
綺
麗
な
顔
を
し
て
る
な
 
  
  


























   

  
し
か
し
 
ま
だ
足
り
な
い
 °
  
  
な
っ
て
い
く
 °
  
大
き
な
サ
イ
ズ
が
言
わ
れ
る
事
に
 
橘
の
胸
は
ど
ん
ど
ん
大
き
く
  
  
 
え
ぇ
と
 
F
 
G
?
も
っ
と
大
き
か
っ
た
か
し
ら
?
 
  
  
し
っ
か
り
思
い
出
し
て
 
  
 
嘘
だ
ぁ
 
も
っ
と
あ
る
ん
じ
ゃ
な
い
で
す
か
?
ほ
ら
 
も
っ
と
  
  
だ
が
 
俺
は
そ
の
程
度
で
は
満
足
し
な
い
 °
  
  
ッ
プ
に
ま
で
な
っ
た
 °
  
橘
が
そ
う
い
っ
た
途
端
 
胸
は
膨
ら
み
だ
し
 
言
葉
通
り
の
F
カ
  
  
 
え
|
っ
と
 
確
か
F
カ
ッ
プ
だ
っ
た
か
な
?
 
  
  
橘
は
人
差
し
指
を
艶
か
し
い
唇
に
当
て
 
数
秒
黙
り
 
答
え
た
 °
  
  
す
か
?
 






















   

  
き
裂
い
て
し
ま
い
そ
う
な
く
ら
い
 
パ
ン
パ
ン
に
膨
れ
て
い
る
 °
  
キ
ュ
ッ
と
引
き
締
ま
っ
た
臀
部
は
見
る
影
も
な
く
 
ス
|
ツ
を
引
  
  
 
え
ぇ
 
本
当
に
困
っ
て
る
の
よ
ね
|
 
こ
こ
ま
で
大
き
い
と
 
  
  
か
あ
る
ん
じ
ゃ
な
い
で
す
か
?
 
  
 
そ
れ
に
 
お
尻
も
す
ご
い
大
き
い
で
す
よ
ね
 °
1
0
0
c
m
と
  
  
谷
間
が
隙
間
か
ら
見
え
て
し
ま
う
ほ
ど
に
な
っ
て
い
る
 °
  
ス
|
ツ
の
ボ
タ
ン
は
上
か
ら
順
に
プ
チ
ン
プ
チ
ン
と
外
れ
て
い
き
 
  
  
ど
に
ま
で
な
っ
た
 °
  
腰
の
細
さ
に
は
ア
ン
マ
ッ
チ
な
程
に
大
き
い
 
爆
乳
と
呼
べ
る
ほ
  
緩
や
か
だ
っ
た
膨
張
は
 
一
気
に
ハ
イ
ペ
|
ス
に
な
り
 
遂
に
は
  
  
し
ら
 
  
 
:
:
:
:
う
ん
 
そ
う
よ
ね
 °
私
っ
た
ら
何
を
言
っ
て
た
の
か
  
  
 
い
や
い
や
 
K
カ
ッ
プ
と
か
で
し
ょ
う
 
ど
う
見
た
っ
て
 
  


























   

  
  
イ
ム
が
鳴
り
響
い
た
 °
  
続
い
て
何
を
言
お
う
か
と
思
っ
て
い
る
と
 
廊
下
に
予
鈴
の
チ
ャ
  
  
そ
う
言
う
橘
は
 
ど
こ
か
ら
ど
う
見
た
っ
て
痴
女
の
そ
れ
だ
 °
  
腰
を
誘
う
よ
う
に
ク
ネ
ク
ネ
と
動
か
し
 
過
剰
に
顔
を
近
づ
け
て
  
  
イ
さ
ん
な
の
よ
ぉ
 
  
 
そ
う
よ
ぉ
 
先
生
は
す
ぐ
に
感
じ
ち
ゃ
う
 
す
|
ご
い
ヘ
ン
タ
  
  
な
喋
り
方
に
変
わ
っ
た
 °
  
す
る
と
 
橘
の
表
情
は
見
る
見
る
う
ち
に
蕩
け
 
媚
を
売
る
よ
う
  
  
淫
乱
だ
っ
て
い
う
の
は
本
当
で
す
か
?
 
  
っ
と
触
ら
れ
た
だ
け
で
感
じ
る
く
ら
い
敏
感
で
 
と
ん
で
も
な
い
  
 
あ
と
 
こ
れ
は
噂
に
聞
い
た
話
な
ん
で
す
け
ど
 
先
生
が
ち
ょ
  
  
を
仕
掛
け
る
よ
う
に
言
葉
を
繋
ぐ
 °
  
俺
は
ボ
ン
キ
ュ
ッ
ボ
ン
な
体
型
に
作
り
変
え
ら
れ
た
橘
に
 
追
撃
  


























  > ≫