お
腹
が
空
い
て
た
ん
だ
し
 
食
べ
れ
て
当
た
り
前
か
 °
  
と
い
う
間
に
な
く
な
っ
て
し
ま
っ
た
 °
  
し
か
し
 
そ
ん
な
不
安
を
余
所
に
 
食
べ
始
め
て
み
る
と
 
あ
っ
  
し
て
み
た
ら
 
ホ
ン
ト
に
食
べ
き
れ
る
か
不
安
に
な
っ
て
く
る
 °
  
し
よ
う
か
な
 °
そ
う
思
い
 
作
っ
て
み
る
も
 
い
ざ
食
べ
よ
う
と
  
 
 
 
今
日
は
ち
ょ
っ
と
お
腹
空
い
て
る
し
 
ト
|
ス
ト
2
枚
に
  
支
度
に
か
か
る
こ
と
に
し
た
 °
  
う
こ
う
考
え
て
い
る
う
ち
に
 
お
弁
当
が
出
来
上
が
り
 
朝
食
の
  
う
時
も
あ
る
か
 °
一
応
成
長
期
な
ん
だ
し
 
と
綾
は
考
え
た
 °
  
 
 
 
昨
日
 
結
構
食
べ
た
は
ず
な
の
に
:
:
 °
ま
ぁ
 
そ
う
い
  
か
ら
眠
く
な
い
 °
  
し
か
し
 
今
日
は
眠
く
な
い
:
:
正
確
に
は
お
腹
が
減
っ
て
い
る
  
と
た
ま
に
眠
く
て
辛
い
日
が
あ
る
 °
  
の
で
 
そ
れ
程
時
間
は
掛
か
ら
な
い
が
 
そ
れ
で
も
毎
日
と
な
る
  
作
る
た
め
に
台
所
へ
と
向
か
う
 °
い
つ
も
前
日
に
下
準
備
を
す
る
  
ま
し
た
 °
寝
惚
け
眼
の
綾
は
 
瞼
を
擦
り
な
が
ら
も
 
お
弁
当
を
  
カ
|
テ
ン
の
隙
間
か
ら
差
し
込
む
 
日
の
光
の
眩
し
さ
に
目
を
覚
  
  
ケ
イ
ト
 
作
  
∩
カ
プ
セ
ル
∪




















≪ <  

  
し
さ
を
覚
え
つ
つ
も
 
綾
は
着
席
す
る
 °
  
お
ら
ず
 
ク
ラ
ス
メ
|
ト
の
何
と
も
言
え
ぬ
視
線
に
 
気
恥
ず
か
  
を
開
け
駆
け
込
ん
で
み
る
も
 
ホ
|
ム
ル
|
ム
は
ま
だ
始
ま
っ
て
  
が
視
界
に
飛
び
込
ん
で
き
た
 °
自
分
の
ク
ラ
ス
だ
 °
勢
い
よ
く
扉
  
正
門
を
く
ぐ
り
 
階
段
を
駆
け
上
が
り
 
2
|
C
と
掛
か
れ
た
板
  
  
カ
バ
ン
を
掴
む
と
綾
は
急
い
で
学
校
へ
と
向
か
っ
た
 °
  
て
し
ま
う
 °
  
だ
が
 
今
は
そ
ん
な
悠
長
に
し
て
い
る
場
合
で
は
な
い
 °
遅
刻
し
  
れ
る
胸
が
苦
し
い
 °
  
僅
か
な
が
ら
で
は
あ
る
が
 
食
い
込
ん
だ
ブ
ラ
ジ
ャ
|
に
圧
迫
さ
  
う
な
:
:
 °
う
っ
:
:
や
っ
ぱ
り
昨
日
よ
り
ブ
ラ
が
キ
ツ
イ
 °
  
 
 
 
な
ん
か
昨
日
よ
り
心
な
し
か
胸
が
大
き
く
な
っ
て
い
る
よ
  
こ
と
に
す
ぐ
気
づ
く
 °
  
室
に
入
り
 
制
服
に
着
替
え
始
め
た
 °
着
替
え
始
め
て
 
と
あ
る
  
し
ま
っ
た
!
!
の
声
を
皮
切
り
に
 
綾
は
転
が
り
込
む
よ
う
に
自
  
の
ま
ま
だ
と
間
違
い
な
く
遅
刻
だ
 °
  
0
分
 °
学
校
に
行
く
に
は
 
2
0
分
く
ら
い
か
か
る
か
ら
:
:
こ
  
時
計
を
見
る
と
 
時
刻
は
8
時
 °
学
校
が
始
ま
る
の
は
 
8
時
3
  
う
い
え
ば
 
今
何
時
だ
っ
け
 °














   

  
と
 
書
か
れ
て
い
る
 °
  
パ
ン
の
ビ
ニ
|
ル
が
握
ら
て
い
る
 °
よ
く
見
る
と
焼
き
そ
ば
パ
ン
  
と
気
づ
く
 °
あ
れ
?
私
今
ま
で
何
し
て
た
ん
だ
ろ
:
:
 °
手
に
は
  
気
に
せ
ず
 
が
っ
つ
き
始
め
た
 °
食
べ
終
わ
っ
て
暫
く
し
て
 
  
支
払
い
を
済
ま
せ
て
す
ぐ
さ
ま
 
焼
き
そ
ば
パ
ン
を
周
り
の
目
を
  
は
い
よ
 
と
い
う
声
と
共
に
焼
き
そ
ば
パ
ン
が
で
て
く
る
 °
綾
は
 
  
 
焼
き
そ
ば
パ
ン
2
つ
!
!
 
と
言
っ
た
 °
  
ら
ず
 
綾
は
 
売
店
の
お
ば
ち
ゃ
ん
に
 
  
店
へ
と
走
っ
て
い
っ
た
 °
走
っ
て
息
を
切
ら
し
て
い
る
に
も
関
わ
  
:
 
授
業
が
終
わ
っ
た
 °
綾
は
教
室
を
飛
び
出
し
 
一
目
散
に
売
  
そ
う
思
っ
て
い
た
時
だ
っ
た
 °
 
キ
|
ン
コ
|
ン
カ
|
ン
コ
|
:
  
れ
に
し
て
も
お
腹
空
い
た
 °
早
く
終
わ
ら
な
い
か
な
ぁ
:
:
 °
  
腹
が
空
く
な
ん
て
 
私
ど
う
か
し
ち
ゃ
っ
た
の
か
な
ぁ
 °
:
:
そ
  
 
 
 
今
朝
し
っ
か
り
食
べ
て
き
た
は
ず
な
の
に
:
:
 °
も
う
お
  
が
な
い
か
ら
だ
 °
  
巡
っ
て
い
る
 °
と
い
う
の
も
 
さ
っ
き
か
ら
お
腹
が
空
い
て
仕
方
  
の
だ
ろ
う
?
綾
は
さ
っ
き
か
ら
 
そ
の
こ
と
ば
か
り
が
頭
の
中
を
  
ら
い
経
っ
た
の
だ
ろ
う
か
 °
い
や
 
あ
と
何
分
で
授
業
が
終
わ
る
  
チ
ャ
イ
ム
が
1
限
目
の
始
ま
り
を
知
ら
せ
て
か
ら
 
一
体
何
分
ぐ
  
 
 
 
と
に
か
く
 
間
に
合
っ
て
ホ
ン
ト
良
か
っ
た
:
:
 °



   

  
に
せ
っ
か
ち
だ
っ
た
っ
け
:
:
 °
  
気
づ
け
ば
綾
の
後
ろ
姿
が
小
さ
く
な
っ
て
い
た
 °
綾
っ
て
あ
ん
な
  
ら
な
:
:
 °
 
  
千
紗
は
 
珍
し
い
ね
!
綾
が
お
弁
当
だ
け
で
お
腹
い
っ
ぱ
い
に
な
  
と
言
い
残
し
売
店
へ
と
向
か
う
こ
と
に
し
た
 °
  
 
千
紗
|
 °
ち
ょ
っ
と
売
店
行
っ
て
く
る
 
  
売
店
で
買
っ
て
食
べ
よ
う
か
な
:
:
と
思
っ
た
綾
は
 
  
て
し
ま
っ
た
 °
だ
け
ど
 
な
ん
か
ま
だ
お
腹
空
い
て
る
し
 
何
か
  
他
 
箸
の
進
み
は
早
く
 
あ
っ
と
言
う
間
に
お
弁
当
は
空
に
な
っ
  
取
り
留
め
の
無
い
会
話
を
し
な
が
ら
の
食
事
だ
っ
た
が
 
思
い
の
  
あ
 
学
食
で
食
べ
よ
う
 °
:
:
と
返
し
た
 °
  
い
つ
も
 
千
紗
と
お
昼
を
食
べ
て
い
る
私
は
 
も
ち
ろ
ん
!
じ
ゃ
  
 
綾
 
一
緒
に
食
べ
よ
う
 °
 
  
づ
い
て
く
る
 °
ク
ラ
ス
メ
|
ト
の
千
紗
だ
 °
  
お
昼
休
み
の
時
間
と
な
っ
た
 °
綾
|
と
い
う
声
と
共
に
誰
か
が
近
  
2
限
 
3
限
:
:
と
こ
な
し
て
い
き
 
遂
に
は
4
限
が
終
わ
り
 
  
  
と
に
し
た
 °
  
わ
っ
か
ん
な
い
な
|
 
と
呟
き
つ
つ
綾
は
そ
の
場
を
後
に
す
る
こ
  
 
し
か
も
何
故
か
私
は
売
店
に
い
る
 °
 










   

  
学
食
に
戻
っ
て
き
た
綾
に
 
千
紗
は
少
し
意
外
そ
う
な
声
を
掛
け
  
ま
っ
た
 °
  
て
し
ま
っ
た
の
で
 
ビ
ニ
|
ル
は
 
近
く
の
ゴ
ミ
箱
に
捨
て
て
し
  
ら
パ
ン
を
食
べ
始
め
た
 °
学
食
に
戻
る
頃
に
は
パ
ン
は
無
く
な
っ
  
う
に
パ
ッ
ケ
|
ジ
か
ら
パ
ン
を
取
り
出
す
と
 
学
食
に
戻
り
な
が
  
支
払
い
を
済
ま
せ
 
パ
ン
を
受
け
取
っ
た
綾
は
 
引
き
ち
ぎ
る
よ
  
た
い
 °
  
る
こ
と
に
し
た
 °
そ
ん
な
こ
と
よ
り
 
こ
の
空
腹
を
早
く
満
た
し
  
し
て
会
話
が
拗
れ
る
の
は
ど
う
も
面
倒
な
の
で
 
適
当
に
合
わ
せ
  
の
空
似
か
何
か
な
ん
だ
ろ
う
と
綾
は
思
っ
た
が
 
わ
ざ
わ
ざ
訂
正
  
 
私
は
今
日
初
め
て
こ
こ
に
来
た
は
ず
な
の
に
 °
 
き
っ
と
他
人
  
と
返
っ
て
き
た
 °
こ
の
お
ば
さ
ん
 
何
を
言
っ
て
る
ん
だ
ろ
う
 °
  
 
お
や
 
ま
た
あ
ん
た
か
い
?
最
近
の
子
は
良
く
食
べ
る
ね
ぇ
 
  
そ
れ
に
対
し
売
店
の
お
ば
ち
ゃ
ん
は
 
  
下
さ
い
 °
 
  
 
お
ば
ち
ゃ
ん
!
ク
リ
|
ム
パ
ン
2
と
チ
ョ
コ
レ
|
ト
パ
ン
1
つ
  
と
決
め
た
 °
  
た
後
 
う
ん
 °
ク
リ
|
ム
パ
ン
と
チ
ョ
コ
レ
|
ト
パ
ン
に
し
よ
う
  
色
々
あ
る
け
ど
れ
に
し
よ
う
か
迷
う
な
|
:
:
と
 
し
ば
し
迷
っ
  
売
店
に
は
 
様
々
な
種
類
の
パ
ン
が
あ
る
 °
そ
れ
ら
を
見
比
べ
 

   

  
苦
し
い
が
 
学
校
は
次
の
6
限
さ
え
我
慢
す
れ
ば
終
わ
り
な
の
で
 
  
る
が
 
そ
れ
以
上
に
何
か
苦
し
い
も
の
が
あ
る
 °
  
長
時
間
付
け
て
い
れ
ば
 
段
々
に
苦
し
く
な
っ
て
い
く
の
は
分
か
  
朝
よ
り
苦
し
く
な
っ
て
い
る
 °
サ
イ
ズ
が
合
っ
て
い
な
い
の
に
 
  
サ
イ
ズ
が
合
っ
て
い
な
い
ブ
ラ
を
し
続
け
て
い
る
せ
い
な
の
か
 
  
胸
が
苦
し
い
 °
  
て
は
そ
う
は
い
か
な
か
っ
た
 °
  
い
つ
も
な
ら
 
そ
う
不
真
面
目
に
考
え
る
綾
だ
が
 
今
日
に
限
っ
  
む
程
良
い
光
が
い
い
感
じ
に
眠
気
を
誘
い
 
夢
の
世
界
へ
:
:
と
  
の
授
業
が
始
ま
る
 °
お
腹
が
い
っ
ぱ
い
に
な
り
 
窓
か
ら
差
し
込
  
楽
し
い
時
間
は
あ
っ
と
い
う
間
に
過
ぎ
て
し
ま
う
物
で
 
5
限
目
  
  
て
 
笑
わ
れ
て
し
ま
っ
た
 °
  
な
ぁ
に
?
そ
れ
 °
ち
ょ
っ
と
 
し
っ
か
り
し
な
さ
い
よ
綾
 °
な
ん
  
事
に
し
た
 °
  
っ
た
綾
は
 
う
う
ん
 
や
っ
ぱ
気
の
せ
い
だ
っ
た
:
:
と
答
え
る
  
べ
て
し
ま
っ
た
と
は
 
恥
ず
か
し
く
て
死
ん
で
も
言
え
な
い
と
思
  
ま
さ
か
 
ク
リ
|
ム
パ
ン
2
つ
も
買
っ
て
 
戻
り
な
が
ら
全
部
食
  
 
あ
れ
?
な
に
も
買
っ
て
こ
な
か
っ
た
の
?
 
と
 °
  
て
き
た
 °






















   

  
そ
の
時
だ
っ
た
 °
突
然
 
ミ
シ
ッ
と
い
う
音
が
し
た
か
と
思
っ
た
  
に
膨
れ
た
こ
と
だ
し
 
さ
ぁ
 
下
着
コ
|
ナ
|
に
行
こ
う
:
:
と
 
  
う
ち
に
ペ
ロ
リ
と
平
ら
げ
て
し
ま
っ
た
 °
お
腹
も
丁
度
い
い
感
じ
  
熱
く
て
最
初
 
食
べ
づ
ら
か
っ
た
が
 
そ
れ
で
も
数
分
も
し
な
い
  
店
の
人
に
悪
い
と
思
い
 
結
局
全
部
食
べ
る
こ
と
に
し
た
 °
  
る
 °
初
め
は
頼
み
す
ぎ
た
と
 
訂
正
し
よ
う
か
と
思
っ
た
が
 
  
あ
い
よ
っ
!
と
い
う
威
勢
の
良
い
声
の
後
 
た
い
焼
き
が
出
て
く
  
た
い
焼
き
5
つ
下
さ
い
 °
 
と
声
が
出
て
い
た
 °
  
た
い
焼
き
屋
の
前
に
着
く
と
 
無
意
識
の
内
に
 
す
み
ま
せ
|
ん
 °
  
が
は
っ
き
り
と
分
か
る
よ
う
に
な
っ
て
き
た
 °
  
れ
て
 
店
舗
の
合
間
か
ら
た
い
焼
き
屋
が
顔
を
覗
か
せ
て
い
る
の
  
は
た
い
焼
き
の
よ
う
だ
 °
案
の
定
 
匂
い
の
も
と
に
近
づ
く
に
つ
  
々
と
匂
い
が
は
っ
き
り
と
し
て
き
た
 °
ど
う
や
ら
 
匂
い
の
正
体
  
れ
 
フ
ラ
フ
ラ
と
食
品
コ
|
ナ
|
へ
と
足
を
運
ん
で
い
っ
た
 °
  
と
思
っ
た
も
の
の
 
何
処
か
ら
と
も
な
く
漂
う
い
い
匂
い
に
誘
わ
  
デ
パ
|
ト
に
着
い
た
綾
は
 
直
ぐ
に
下
着
コ
|
ナ
|
に
向
か
お
う
  
か
っ
た
 °
  
が
鳴
る
や
否
や
 
一
目
散
に
一
番
近
く
に
あ
る
デ
パ
|
ト
へ
と
向
  
こ
う
し
て
な
ん
と
か
我
慢
し
た
綾
は
 
6
限
目
終
了
の
チ
ャ
イ
ム
  
我
慢
す
る
こ
と
に
し
た
 °
















   

  
こ
れ
か
ら
大
き
く
な
る
こ
と
を
考
え
て
 
綾
は
ブ
ラ
を
二
つ
だ
け
  
や
 
そ
ん
な
こ
と
は
ど
う
で
も
い
い
感
じ
が
し
て
き
た
綾
だ
っ
た
 °
  
し
て
随
分
大
き
く
な
っ
た
よ
う
な
気
が
し
な
く
も
な
い
が
 
も
は
  
店
員
に
計
ら
れ
 
6
5
の
C
で
あ
る
こ
と
が
分
か
っ
た
 °
1
日
に
  
な
っ
て
き
た
と
い
う
の
も
た
る
 °
  
の
を
止
め
た
 °
そ
れ
よ
り
も
 
小
腹
が
空
い
て
き
た
こ
と
が
気
に
  
に
 
な
ん
か
急
に
ど
う
で
も
よ
く
な
っ
て
き
て
し
ま
い
 
考
え
る
  
る
綾
に
全
く
動
じ
な
い
 
店
員
の
す
ま
し
た
態
度
を
見
て
い
る
内
  
き
く
な
っ
て
い
る
 °
そ
の
こ
と
に
最
初
は
驚
い
た
が
 
驚
い
て
い
  
っ
た
理
由
が
分
か
っ
た
 °
今
朝
み
た
時
よ
り
も
明
ら
か
に
胸
が
大
  
り
 
服
に
手
を
か
け
て
 
す
ぐ
さ
ま
 
今
日
一
日
中
胸
が
苦
し
か
  
寸
を
お
願
い
す
る
こ
と
に
し
た
 °
採
寸
す
る
た
め
に
試
着
室
に
入
  
苦
し
い
な
が
ら
も
 
下
着
コ
|
ナ
|
に
着
い
た
綾
は
 
早
速
 
  
よ
う
と
決
め
た
 °
  
ら
 
と
考
え
た
綾
は
 
と
り
あ
え
ず
寄
る
だ
け
寄
っ
て
帰
る
こ
し
  
り
あ
え
ず
 
せ
っ
か
く
デ
パ
|
ト
ま
で
足
を
運
ん
で
来
た
ん
だ
か
  
ゃ
な
く
て
 
何
か
こ
う
強
く
圧
迫
さ
れ
て
い
る
よ
う
な
:
:
 °
  
 
 
 
う
っ
:
:
く
 
く
:
:
 
苦
し
い
 °
胸
焼
け
っ
て
感
じ
じ
  
き
た
 °
  
次
の
瞬
間
 
先
程
ま
で
苦
し
か
っ
た
胸
が
 
更
に
苦
し
く
な
っ
て

   

  
い
ず
れ
に
せ
よ
 
時
間
を
掛
け
ジ
ッ
ク
リ
観
察
す
る
必
要
が
あ
る
  
で
 
効
果
が
徐
々
に
現
れ
始
め
て
き
た
か
ら
だ
と
考
え
ら
れ
る
が
 
  
る
と
い
う
こ
と
だ
 °
ま
だ
 
投
与
か
ら
半
日
経
過
し
て
い
な
い
の
  
に
段
々
と
 
食
事
量
な
ら
ば
増
え
 
間
隔
は
短
く
な
る
傾
向
に
あ
  
た
 °
マ
ウ
ス
の
食
事
量
と
催
促
す
る
間
隔
が
 
回
数
を
重
ね
る
度
  
今
の
と
こ
ろ
順
調
だ
が
 
一
つ
気
に
か
か
る
こ
と
が
男
に
は
あ
っ
  
は
餌
を
貪
り
始
め
た
 °
  
に
餌
を
与
え
て
や
る
と
 
何
か
別
の
動
物
か
の
ご
と
く
 
マ
ウ
ス
  
マ
ウ
ス
は
キ
ィ
キ
ィ
と
声
を
あ
げ
 
餌
を
催
促
し
て
い
る
 °
試
し
  
に
比
べ
て
増
加
す
る
よ
う
で
 
先
程
餌
を
与
え
た
ば
か
り
な
の
に
 
  
が
分
か
っ
た
 °
ど
う
や
ら
 
そ
の
代
わ
り
に
食
欲
も
通
常
の
個
体
  
個
体
で
は
考
え
ら
れ
な
い
ス
ピ
|
ド
で
乳
房
が
成
長
し
て
い
る
の
  
い
が
 
実
験
過
程
は
良
好
で
 
こ
の
短
い
時
間
の
間
に
 
通
常
の
  
っ
た
と
こ
ろ
だ
っ
た
 °
投
与
し
て
ま
だ
半
日
程
度
に
し
か
な
ら
な
  
が
得
ら
れ
る
と
踏
ん
で
 
マ
ウ
ス
に
投
与
し
幾
ば
く
か
時
間
が
経
  
あ
れ
か
ら
も
う
一
回
薬
を
作
り
直
し
た
男
は
 
期
待
し
た
デ
|
タ
  
一
方
:
:
 °
  
  
そ
れ
よ
り
 
夕
飯
は
何
に
し
よ
う
か
:
:
 °
  
買
い
 
デ
パ
|
ト
を
後
に
し
た
 °













   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
と
男
は
考
え
た
 °



















  > ≫