試着室

ケン 作
Copyright 2016 by Ken All rights reserved.

《Aルート:裸が一番似合う身体》


春香は試着室の鏡を見つめて、全裸になった自分の身体に起こる変化を待ち続けていた。

春香「あっ!少しずつ背が縮んで、おっぱいも小さくなってきたわ!」

徐々にではあるが、春香の常人離れした美しい身体は小さくなっていった。
今の春香は一般的な成人女性の様な身体になっている。だが変化はまだ終わらないようだ。

春香「今はセーラー服を着た時くらいの身体かな?やっと子供の身体になってきたよぉ」

そして春香の身体はさらに若返っていき、元の身体へと戻ることができた。

春香「これで私の身体は元通りね‥‥あれ!?私まだ小さくなってる!?」

元の身体になったにも関わらず春香の身体は若返り続けていた。

春香「これいじょうちいさくなったらたいへんだわ。はやくふくをきないとっ!!」

これ以上若返らないように春香は慌てて服を着ようとするが、幼くなり過ぎた身体では上手く服を着ることができない。そして服を着ようとジタバタもがいているうちにも春香の身体はドンドン幼くなっていく。

春香「だれかぁ〜!!たしゅけて〜!!‥‥‥‥‥おぎゃあっ!!おぎゃあっ!!」

春香は若返りを止めることができず、とうとう産まれたばかりの赤ん坊になってしまった。


ガチャッ!

そしてその時を待っていたかのように試着室のドアが開き、30代くらいの女性の店長が入ってきた。

店長「あらあら!試着室で全裸になるなんてどうかしてるわね!そんなことしたら『裸が一番似合う身体』になっちゃうじゃないの」

そう春香は『裸が一番似合う身体』にピッタリになってしまったのだ。それはすなわち産まれた瞬間の赤ちゃんを意味していたのだ。

店長「今のあなた達にはこの服は必要ないわね?だから私がもらってあげる。うふふ‥‥これでまた商品が増えるわね!」

実はこの古着屋に商品として置いてある服は全て、元々客が着ていた服を店長が回収したものだったのだ。そして店長は試着室に春香を残したまま店の奥へと消えていった。

産まれたばかり赤ん坊になってしまった春香。
そしてその胎内に宿る小さな小さな2つの生命。
試着室に残された彼女たちがその後どうなったのか知る者はいない‥‥‥‥

【Aルート END】