で
も
 
あ
い
さ
つ
が
終
わ
っ
て
か
ら
帰
る
時
に
 
油
断
し
ち
ゃ
っ
  
特
に
何
事
も
な
く
終
わ
っ
た
 °
行
く
と
き
は
問
題
な
か
っ
た
の
よ
 °
  
い
か
ら
特
に
準
備
を
し
な
か
っ
た
 °
中
島
さ
ん
へ
の
あ
い
さ
つ
は
  
あ
い
さ
つ
に
行
こ
う
と
思
っ
た
の
 °
歩
い
て
1
0
分
も
掛
か
ら
な
  
に
引
っ
越
し
た
か
ら
是
非
来
て
く
れ
っ
て
言
う
事
だ
っ
た
か
ら
 
  
 
今
日
は
仕
事
で
お
世
話
に
な
っ
て
い
る
中
島
さ
ん
が
こ
の
辺
り
  
  
て
も
結
婚
に
踏
み
切
れ
な
い
理
由
が
:
:
:
:
  
結
婚
も
視
野
に
入
れ
な
き
ゃ
い
け
な
い
訳
な
ん
だ
け
ど
 
ど
う
し
  
サ
|
女
子
 
と
い
う
言
葉
が
相
応
し
く
な
っ
て
き
た
か
ら
 
も
う
  
 
そ
ろ
そ
ろ
私
も
三
十
路
に
近
づ
い
て
き
て
 
い
わ
ゆ
る
 
ア
ラ
  
面
 
で
は
ね
:
:
:
:
  
銭
面
で
は
そ
こ
ま
で
苦
労
は
し
て
な
い
か
な
 °
あ
く
ま
で
 
金
銭
  
 
私
は
企
業
で
働
い
て
る
O
L
 °
生
活
は
一
人
暮
ら
し
だ
け
ど
金
  
  
し
て
た
:
:
:
:
  
 
中
島
さ
ん
の
家
に
あ
い
さ
つ
に
行
く
だ
け
だ
か
ら
っ
て
 
油
断
  
  
き
ん
ち
ょ
 
作
  
電
気
シ
ョ
ッ
ク
の
副
作
用
















≪ <  

  
ち
ょ
ろ
:
:
:
:
  
  
染
み
が
出
来
て
い
て
 
少
し
ず
つ
広
が
っ
て
い
た
 °
  
姿
勢
を
直
し
て
胸
を
見
る
と
 
服
の
二
か
所
 
両
方
の
胸
の
先
に
  
と
覆
わ
れ
て
い
く
の
を
感
じ
た
 °
  
 
私
は
 
胸
の
先
っ
ぽ
が
 
生
温
か
い
湿
っ
た
感
触
で
じ
わ
じ
わ
  
  
 
:
:
:
:
あ
っ
:
:
:
:
 
  
  
水
飲
み
場
に
か
す
れ
て
:
:
:
:
  
 
水
を
飲
も
う
と
 
水
飲
み
場
で
前
に
屈
ん
だ
と
き
に
 
乳
首
が
  
  
っ
た
 °
  
く
の
公
園
で
水
を
飲
も
う
と
思
っ
た
の
 °
そ
こ
で
:
:
や
っ
ち
ゃ
  
が
渇
い
た
 °
汗
を
結
構
か
い
ち
ゃ
っ
た
か
ら
 
家
に
帰
る
前
に
近
  
 
外
は
暑
か
っ
た
か
ら
ほ
ん
の
ち
ょ
っ
と
の
外
出
で
も
す
ぐ
に
喉
  
  
 
ち
ょ
っ
と
:
:
:
:
喉
が
渇
い
ち
ゃ
っ
た
 
  
  
て
:
:
:
:





















   

  
変
が
出
始
め
た
 °
  
た
 °
日
が
経
つ
と
痛
み
は
治
ま
っ
て
き
た
け
ど
 
今
度
は
別
の
異
  
 
は
じ
め
に
数
日
間
 
突
然
胸
に
ズ
キ
ズ
キ
と
痛
み
が
走
っ
て
き
  
  
て
か
ら
私
の
胸
に
異
変
が
起
こ
っ
た
 °
  
っ
た
お
か
げ
で
 
一
命
を
取
り
留
め
ら
れ
た
 °
だ
け
ど
 
退
院
し
  
に
な
っ
た
 °
そ
の
時
は
 
誰
か
が
プ
|
ル
に
あ
っ
た
A
E
D
を
使
  
の
 °
何
年
か
前
に
 
私
は
プ
|
ル
で
溺
れ
て
 
意
識
不
明
の
重
体
  
大
き
く
な
っ
た
胸
 °
で
も
 
も
と
は
こ
ん
な
に
大
き
く
な
か
っ
た
  
私
の
大
き
な
コ
ン
プ
レ
ッ
ク
ス
 °
そ
れ
は
 
こ
の
と
て
つ
も
な
く
  
  
 
:
:
:
:
ま
た
出
て
る
:
:
:
:
 
  
  
い
水
た
ま
り
が
ぽ
つ
ぽ
つ
と
:
:
:
:
  
ど
ん
ど
ん
母
乳
が
垂
れ
て
き
て
 
水
飲
み
場
の
蛇
口
の
周
り
に
白
  
り
と
分
か
る
程
大
き
な
染
み
が
二
つ
出
来
て
い
た
 °
乳
首
か
ら
は
  
は
:
:
:
:
母
乳
な
の
 °
私
の
胸
に
は
遠
く
か
ら
見
て
も
は
っ
き
  
大
き
さ
を
大
き
く
し
て
垂
れ
始
め
て
た
 °
白
い
液
体
っ
て
い
う
の
  
 
染
み
の
中
心
か
ら
 
白
い
液
体
が
ポ
タ
ポ
タ
と
 
次
第
に
粒
の
  


























   

  
た
視
線
を
感
じ
る
よ
う
に
な
っ
た
 °
電
車
で
痴
漢
に
何
回
も
遭
っ
  
行
く
人
や
同
僚
か
ら
珍
し
い
も
の
を
見
る
よ
う
な
ね
っ
と
り
と
し
  
 
そ
の
後
も
私
の
胸
は
ど
ん
ど
ん
と
大
き
く
な
っ
て
い
っ
た
 °
  
か
っ
た
と
か
で
:
:
:
:
  
ら
れ
た
 °
何
で
も
 
私
の
体
が
変
わ
っ
て
い
く
の
を
見
て
ら
れ
な
  
き
合
っ
て
い
た
人
に
こ
の
症
状
を
打
ち
明
け
た
ら
 
別
れ
を
告
げ
  
 
困
惑
し
て
い
る
私
に
 
更
な
る
シ
ョ
ッ
ク
が
襲
っ
た
 °
当
時
付
  
  
違
え
た
ら
し
く
て
:
:
:
:
  
ョ
ッ
ク
だ
っ
た
の
 °
何
で
も
A
E
D
を
使
っ
た
人
が
使
い
方
を
間
  
た
原
因
と
い
う
の
が
:
:
溺
れ
た
時
に
受
け
た
A
E
D
の
電
気
シ
  
て
い
る
と
言
わ
れ
た
 °
そ
し
て
ホ
ル
モ
ン
の
分
泌
が
異
常
に
な
っ
  
た
結
果
 
私
は
胸
に
関
連
す
る
ホ
ル
モ
ン
の
分
泌
が
異
常
に
な
っ
  
 
大
き
く
な
っ
た
原
因
を
知
ろ
う
と
病
院
に
行
っ
て
診
察
を
受
け
  
:
:
:
  
当
時
は
服
を
買
う
余
裕
な
ん
て
な
か
っ
た
か
ら
 
私
は
焦
っ
て
:
  
な
っ
て
い
た
の
 °
学
生
時
代
に
来
て
い
た
服
は
入
ら
な
く
な
っ
た
 °
  
を
持
っ
て
き
た
私
は
驚
愕
し
た
 °
前
よ
り
も
胸
が
か
な
り
大
き
く
  
裕
な
の
に
 
上
着
を
着
る
の
が
苦
し
い
 °
な
ん
と
な
く
メ
ジ
ャ
|
  
 
服
を
着
よ
う
と
し
た
ら
 
な
ん
だ
か
キ
ツ
い
 °
ス
カ
|
ト
は
余

   

  
そ
れ
に
 
こ
の
前
あ
た
り
か
ら
:
:
:
:
  
ス
の
せ
い
で
 
結
婚
ど
こ
ろ
か
 
交
際
を
す
る
こ
と
も
怖
い
の
 °
  
他
者
に
壁
を
作
る
よ
う
に
な
っ
て
い
っ
た
 °
こ
の
コ
ン
プ
レ
ッ
ク
  
て
い
っ
た
 °
母
乳
が
出
る
よ
う
に
な
っ
て
か
ら
 
私
は
ま
す
ま
す
  
 
胸
が
大
き
く
な
る
の
に
加
え
 
母
乳
が
出
る
量
も
次
第
に
増
え
  
  
て
い
な
い
の
に
 
母
乳
が
出
る
な
ん
て
:
:
:
:
  
白
い
液
体
が
乳
首
か
ら
垂
れ
て
き
た
 °
私
は
驚
愕
し
た
 °
妊
娠
し
  
い
た
ら
胸
が
張
っ
て
い
る
感
じ
が
し
て
 
胸
を
揉
ん
で
み
た
ら
 
  
時
は
汗
だ
と
思
っ
て
い
た
ん
だ
け
ど
 
あ
る
時
お
風
呂
に
入
っ
て
  
胸
を
確
認
し
た
ら
 
ブ
ラ
ジ
ャ
|
の
内
側
が
濡
れ
て
い
た
 °
そ
の
  
を
感
じ
た
の
 °
電
車
を
降
り
て
会
社
に
着
き
ト
イ
レ
に
向
か
っ
て
  
つ
け
ら
れ
た
 °
慌
て
て
体
勢
を
戻
し
た
私
は
 
胸
に
何
か
違
和
感
  
私
は
体
の
バ
ラ
ン
ス
を
崩
し
て
 
電
車
の
ド
ア
に
胸
を
強
く
押
し
  
た
の
 °
  
日
 
通
勤
し
て
い
た
ら
電
車
が
急
ブ
レ
|
キ
を
か
け
た
時
が
あ
っ
  
 
そ
の
う
ち
 
私
の
胸
か
ら
母
乳
が
出
る
よ
う
に
な
っ
た
 °
あ
る
  
  
に
も
関
わ
ら
ず
 
胸
は
収
ま
る
ど
こ
ろ
か
 
よ
り
大
き
く
な
っ
た
 °
  
た
 °
私
が
他
人
に
無
意
識
の
内
に
恐
怖
心
を
募
ら
せ
て
い
っ
た
の

   

  
寝
る
と
き
に
付
け
て
い
た
パ
ッ
ド
を
外
し
て
出
来
る
限
り
搾
乳
す
  
私
の
一
日
の
生
活
は
 
朝
起
き
た
ら
ま
ず
お
風
呂
場
に
駆
け
込
み
 
  
  
よ
か
っ
た
:
:
:
:
 
  
 
あ
あ
も
う
服
が
ビ
チ
ョ
ビ
チ
ョ
:
:
:
:
パ
ッ
ド
付
け
と
け
ば
  
  
な
ん
て
:
:
:
:
  
E
D
の
せ
い
で
今
の
私
が
こ
ん
な
に
し
ん
ど
い
思
い
を
し
て
い
る
  
の
時
 
A
E
D
の
お
か
げ
で
一
命
を
取
り
留
め
た
け
ど
 
そ
の
A
  
な
ん
だ
か
私
が
ど
ん
ど
ん
変
に
な
っ
て
い
く
よ
う
な
:
:
:
:
あ
  
て
ト
イ
レ
に
来
た
け
ど
 
絶
対
誰
か
に
見
ら
れ
た
よ
ね
:
:
:
:
  
今
日
は
短
い
距
離
だ
か
ら
っ
て
油
断
し
て
付
け
な
か
っ
た
 °
慌
て
  
服
が
濡
れ
る
と
困
る
か
ら
普
段
パ
ッ
ド
を
し
て
い
る
ん
だ
け
ど
 
  
大
き
い
か
ら
し
ょ
っ
ち
ゅ
う
何
か
に
当
た
っ
ち
ゃ
う
 °
い
ち
い
ち
  
り
す
る
だ
け
で
母
乳
が
出
る
よ
う
に
な
っ
て
き
た
 °
し
か
も
胸
が
  
 
胸
を
揉
ま
な
く
て
も
 
何
か
に
ち
ょ
っ
と
当
た
っ
た
り
擦
れ
た
  
  
:
:
:
:
 
  
 
水
飲
も
う
と
し
て
乳
首
が
当
た
っ
た
だ
け
で
出
ち
ゃ
う
な
ん
て
  


























   

  
い
に
ス
|
パ
|
に
買
い
物
を
行
く
こ
と
に
し
た
 °
ま
ず
私
は
 
  
 
あ
る
日
 
冷
蔵
庫
が
寂
し
く
な
っ
て
き
た
の
で
私
は
食
材
を
買
  
  
ぎ
た
 °
  
り
を
打
っ
た
り
し
て
パ
ッ
ド
が
ず
れ
た
り
し
な
が
ら
数
週
間
が
過
  
 
そ
ん
な
感
じ
で
何
度
か
電
車
で
も
み
く
ち
ゃ
に
さ
れ
た
り
寝
返
  
  
朝
パ
ジ
ャ
マ
と
シ
|
ツ
が
牛
乳
臭
く
な
っ
ち
ゃ
う
の
 °
  
パ
ッ
ド
を
付
け
な
い
で
寝
る
と
 
寝
が
え
り
を
打
っ
た
り
し
て
翌
  
風
呂
に
入
る
時
も
搾
乳
し
て
 
夜
寝
る
前
に
パ
ッ
ド
を
付
け
る
 °
  
で
パ
ッ
ド
は
ず
ぶ
濡
れ
だ
か
ら
パ
ッ
ド
を
外
し
て
服
を
着
る
 °
  
ま
た
搾
乳
し
て
 
仕
事
を
終
え
て
家
に
帰
っ
た
ら
帰
宅
ラ
ッ
シ
ュ
  
て
る
か
ら
新
し
い
パ
ッ
ド
に
替
え
て
仕
事
を
す
る
 °
お
昼
休
み
に
  
も
み
く
ち
ゃ
に
さ
れ
て
パ
ッ
ド
は
ビ
チ
ャ
ビ
チ
ャ
に
な
っ
ち
ゃ
っ
  
着
い
た
ら
ま
ず
ト
イ
レ
に
駆
け
込
む
 °
搾
乳
し
て
い
て
も
電
車
で
  
:
:
:
家
を
出
て
電
車
に
乗
っ
て
最
寄
り
駅
ま
で
行
き
 
会
社
に
  
な
い
の
 °
オ
|
ダ
|
メ
イ
ド
も
高
い
し
す
ぐ
合
わ
な
く
な
る
し
:
  
き
さ
を
収
め
ら
れ
る
も
の
が
無
い
か
ら
ブ
ラ
ジ
ャ
|
は
着
け
ら
れ
  
に
当
て
て
ス
|
ツ
を
着
る
 °
恥
ず
か
し
い
け
ど
 
こ
れ
だ
け
の
大
  
る
 °
搾
乳
し
終
え
た
ら
朝
ご
飯
を
食
べ
 
新
し
い
パ
ッ
ド
を
乳
首

   

  
変
な
身
体
に
な
ら
な
く
ち
ゃ
い
け
な
か
っ
た
の
?
こ
れ
じ
ゃ
ま
る
  
ま
で
よ
り
も
は
っ
き
り
と
示
し
て
い
る
 °
私
 
ど
う
し
て
こ
ん
な
  
首
は
 
濃
い
茶
色
に
な
っ
て
き
て
い
た
 °
母
乳
の
出
る
場
所
を
今
  
 
こ
の
頃
に
な
っ
て
 
今
ま
で
薄
い
ピ
ン
ク
色
だ
っ
た
二
つ
の
乳
  
  
 
や
っ
ぱ
り
最
近
:
:
乳
首
が
黒
く
な
っ
て
き
て
る
:
:
:
:
 
  
  
い
る
体
の
変
化
を
ぼ
そ
っ
と
呟
い
た
 °
  
 
母
乳
を
噴
き
出
す
乳
首
を
眺
め
な
が
ら
 
私
は
最
近
起
こ
っ
て
  
 
  
中
に
 
白
い
煙
が
も
く
も
く
と
立
ち
込
め
て
い
く
 °
  
っ
た
の
で
そ
の
ま
ま
母
乳
を
出
し
続
け
た
 °
浴
槽
に
張
っ
た
水
の
  
栓
を
抜
こ
う
と
し
て
母
乳
が
飛
び
散
っ
て
服
に
掛
か
る
の
が
嫌
だ
  
浴
槽
に
水
が
溜
ま
り
っ
ぱ
な
し
だ
っ
た
こ
と
に
気
づ
い
た
け
ど
 
  
乳
首
か
ら
白
い
筋
が
勢
い
よ
く
出
始
め
た
 °
搾
乳
を
始
め
て
か
ら
  
 
浴
槽
の
ふ
ち
に
両
胸
を
置
き
両
手
で
押
さ
え
つ
け
る
と
二
つ
の
  
  
 
買
い
物
行
く
前
に
 
よ
い
し
ょ
っ
と
:
:
:
:
 
  
  
に
出
る
前
に
お
風
呂
場
に
向
か
い
搾
乳
を
し
た
 °







   

  
き
抜
け
る
よ
う
な
刺
激
が
走
っ
た
 °
  
 
水
飲
み
場
の
蛇
口
を
ひ
ね
ろ
う
と
し
た
そ
の
時
 
私
の
胸
に
突
  
 
  
伸
ば
し
 
水
飲
み
場
の
蛇
口
に
手
を
か
け
た
 °
  
場
に
よ
う
や
く
た
ど
り
着
き
 
一
息
つ
い
た
私
は
 
腕
を
そ
っ
と
  
ッ
ド
を
使
う
の
が
嫌
だ
っ
た
の
 °
お
っ
か
な
び
っ
く
り
で
水
飲
み
  
出
る
前
に
パ
ッ
ド
を
付
け
て
い
こ
う
か
考
え
た
け
ど
 
余
計
に
パ
  
 
今
度
は
ぶ
つ
か
ら
な
い
よ
う
に
慎
重
に
水
飲
み
場
へ
向
か
っ
た
 °
  
た
く
て
:
:
:
:
  
い
つ
も
の
公
園
に
立
ち
寄
っ
ち
ゃ
っ
た
 °
ど
う
し
て
も
水
が
飲
み
  
お
菓
子
を
も
ら
っ
た
私
は
 
帰
り
道
で
ま
た
喉
が
渇
い
ち
ゃ
っ
て
  
な
し
用
の
お
菓
子
が
余
っ
た
の
で
私
に
く
れ
る
と
の
事
だ
っ
た
の
 °
  
お
客
さ
ん
が
く
る
は
ず
だ
っ
た
が
直
前
で
キ
ャ
ン
セ
ル
し
 
も
て
  
 
そ
れ
か
ら
さ
ら
に
後
日
 
私
は
ま
た
中
島
さ
ん
の
家
に
行
っ
た
 °
  
  
  
た
何
と
な
く
強
く
な
っ
た
気
が
し
た
 °
  
 
そ
ん
な
事
を
考
え
て
た
ら
 
衰
え
始
め
て
い
た
母
乳
の
出
が
ま
  
与
え
る
た
め
に
母
乳
出
て
い
る
み
た
い
:
:
:
:
  
で
 
産
後
の
マ
マ
じ
ゃ
な
い
:
:
:
:
赤
ち
ゃ
ん
に
お
っ
ぱ
い
を

   

  
げ
た
 °
  
を
確
認
し
 
両
手
で
服
の
襟
元
を
つ
か
ん
で
思
い
っ
き
り
下
に
下
  
そ
う
思
っ
た
私
は
 
ぐ
る
っ
と
辺
り
を
見
渡
し
て
誰
も
い
な
い
事
  
し
た
ば
か
り
で
今
の
家
に
は
こ
の
大
き
さ
の
胸
が
入
る
服
は
な
い
 °
  
て
し
ま
う
 °
ま
だ
買
い
物
だ
っ
て
行
っ
て
い
な
い
 °
さ
っ
き
洗
濯
  
こ
の
量
で
は
服
の
濡
れ
て
な
い
部
分
を
探
す
ほ
う
が
難
し
く
な
っ
  
 
着
て
い
る
服
に
現
れ
た
二
つ
の
染
み
が
急
速
に
広
が
っ
て
い
く
 °
  
  
 
う
う
っ
 
今
度
は
慎
重
に
水
飲
み
場
に
来
た
の
に
:
:
:
:
 
  
  
な
が
ら
二
つ
の
白
い
滝
壺
に
な
っ
て
た
 °
  
 
噴
き
出
し
た
母
乳
は
水
飲
み
場
に
飛
び
散
り
 
水
飲
み
場
が
さ
  
出
し
た
 °
私
が
叫
び
終
わ
る
前
に
:
:
:
:
  
 
刺
激
の
源
で
あ
る
白
い
筋
は
二
つ
の
乳
首
か
ら
勢
い
よ
く
飛
び
  
  
 
あ
っ
:
:
!
や
ば
っ
!
こ
こ
で
:
:
:
:
出
ッ
!
 
  
  
あ
っ
と
い
う
間
に
乳
首
に
達
し
 
乳
首
を
追
い
抜
い
て
い
く
 °
  
 
乳
首
に
向
か
っ
て
何
か
が
素
早
く
込
み
上
げ
て
く
る
 °
そ
れ
は
  


























   

  
も
そ
の
時
私
の
胸
は
何
か
に
触
れ
た
よ
う
な
感
覚
が
な
か
っ
た
 °
  
 
私
は
す
ぐ
に
気
付
い
た
 °
母
乳
が
 
漏
れ
て
る
:
:
:
:
?
で
  
し
て
き
た
 °
  
作
成
し
て
い
た
と
き
 
乳
首
の
先
か
ら
何
か
が
漏
れ
だ
す
感
覚
が
  
私
は
職
場
で
事
務
の
仕
事
を
や
っ
て
い
た
 °
机
に
つ
い
て
書
類
を
  
乳
首
が
黒
く
な
っ
た
こ
と
に
気
づ
い
て
か
ら
数
日
後
の
あ
る
日
 
  
  
の
 
乳
首
が
黒
く
な
っ
た
辺
り
か
ら
か
な
:
:
:
:
?
 
  
 
:
:
:
:
は
ぁ
|
っ
 
時
々
母
乳
が
噴
き
出
る
よ
う
に
な
っ
た
  
  
を
つ
い
た
 °
  
私
は
も
う
一
回
周
り
の
様
子
を
確
認
し
て
か
ら
 
大
き
な
た
め
息
  
は
 
黒
く
熟
れ
た
乳
首
が
白
い
母
乳
を
勢
い
良
く
噴
い
て
い
る
 °
  
っ
か
か
っ
ち
ゃ
っ
た
 °
露
わ
に
な
っ
た
二
つ
の
お
っ
ぱ
い
の
先
に
  
出
た
瞬
間
に
乳
首
が
上
を
向
い
た
か
ら
周
り
の
草
に
も
母
乳
が
引
  
 
窮
屈
な
服
か
ら
二
つ
の
球
体
が
勢
い
よ
く
飛
び
出
し
た
 °
飛
び
  
  
え
!
 
  
 
も
う
な
り
ふ
り
構
っ
て
ら
れ
な
い
!
誰
も
い
な
い
し
脱
い
じ
ゃ
  


























   

  
  
  
  
  
の
?
  
生
:
:
:
:
何
で
こ
ん
な
ひ
ど
い
目
に
合
わ
な
く
ち
ゃ
い
け
な
い
  
て
ゆ
く
私
の
胸
 °
そ
し
て
そ
ん
な
胸
に
翻
弄
さ
れ
て
い
る
私
の
人
  
 
日
に
日
に
大
き
く
な
っ
て
い
く
だ
け
じ
ゃ
な
く
て
 
変
に
な
っ
  
  
ら
な
い
献
立
に
な
っ
た
 °
  
野
菜
を
み
ん
な
買
っ
て
い
っ
た
 °
そ
の
日
の
晩
御
飯
は
よ
く
わ
か
  
っ
た
 °
い
た
た
ま
れ
な
く
な
っ
た
私
は
 
母
乳
が
引
っ
か
か
っ
た
  
 
母
乳
は
服
を
突
き
抜
け
て
 
野
菜
に
母
乳
が
引
っ
か
か
っ
ち
ゃ
  
た
 °
し
か
も
運
が
悪
く
て
 
パ
ッ
ド
の
位
置
が
ず
れ
て
い
た
の
ね
 °
  
つ
か
の
間
 
次
の
瞬
間
に
は
乳
首
か
ら
白
い
液
体
が
飛
び
出
て
い
  
鋭
い
刺
激
が
走
っ
た
 °
え
っ
:
:
:
:
!
?
と
思
っ
て
い
た
の
も
  
料
が
ほ
し
か
っ
た
の
 °
食
材
を
眺
め
て
い
た
そ
の
時
 
私
の
胸
に
  
 
別
の
日
 
私
は
ス
|
パ
|
で
買
い
物
を
し
て
い
た
 °
夕
食
の
材
  
  
不
思
議
に
思
っ
た
け
ど
 
そ
の
時
の
私
は
仕
事
を
続
け
て
た
 °


  > ≫