え
?
こ
ん
な
山
奥
に
旅
館
が
あ
っ
た
ん
だ
:
:
 
  
  
風
な
旅
館
が
あ
っ
た
 °
  
竜
也
は
そ
の
灯
り
に
向
か
っ
て
走
り
だ
し
た
 °
す
る
と
そ
こ
は
和
  
  
 
え
 
灯
り
?
も
し
か
し
た
ら
助
か
る
か
も
し
れ
な
い
!
 
  
  
め
た
  
竜
也
は
そ
う
考
え
て
し
ま
っ
た
 °
す
る
と
何
か
灯
り
が
見
え
は
じ
  
  
 
う
う
 
僕
は
こ
こ
で
死
ん
じ
ゃ
う
の
か
な
:
:
 
  
  
り
は
も
う
真
っ
暗
で
い
く
ら
歩
い
て
も
同
じ
背
景
が
続
い
て
た
  
彼
は
竜
也
 °
山
登
り
を
し
て
い
た
ら
迷
子
に
な
っ
て
し
ま
っ
た
辺
  
  
 
う
|
ん
 
非
常
に
不
味
い
ぞ
:
:
 
  
  
K
 
作
  
妖
艶
な
る
女
体
爆
乳
旅
館
















≪ <  

  
  
く
の
か
し
ら
ぁ
:
:
/
/
/
 
  
 
あ
ぁ
ん
/
/
な
ん
て
い
い
男
性
な
の
ぉ
:
:
/
/
泊
ま
っ
て
い
  
  
そ
の
姿
に
竜
也
は
思
わ
ず
赤
面
し
た
  
い
着
物
か
ら
谷
間
が
丸
見
え
で
そ
の
爆
乳
は
盛
大
に
揺
れ
て
い
た
 °
  
し
か
し
そ
の
女
性
は
1
0
0
以
上
の
あ
る
爆
乳
の
持
ち
主
で
黄
色
  
大
人
の
女
性
が
現
れ
た
 °
  
を
着
て
い
た
高
身
長
な
妖
艶
で
絶
世
の
美
女
と
言
わ
ん
ば
か
り
の
  
竜
也
は
眼
に
写
っ
た
の
は
金
髪
の
ロ
ン
グ
ヘ
ア
|
で
黄
色
い
着
物
  
  
 
あ
ぁ
ん
/
/
い
ら
っ
し
ゃ
い
ま
せ
ぇ
|
/
/
 
  
  
竜
也
は
旅
館
の
中
に
入
っ
た
 °
す
る
と
  
  
:
ま
ぁ
考
え
て
も
仕
方
無
い
 °
入
っ
て
み
る
か
 °
 
  
 
う
|
ん
 
こ
ん
な
旅
館
聞
い
た
こ
と
も
見
た
こ
と
も
無
い
な
:
  
  
迎
!
└┘
と
書
か
れ
て
い
た
  
竜
也
は
看
板
を
見
る
と
┌┐
妖
艶
な
る
女
体
爆
乳
旅
館
 
男
性
大
歓

   

  
 
え
え
 
体
が
ウ
ズ
ウ
ズ
し
ち
ゃ
う
わ
ぁ
:
:
/
/
 
  
  
 
あ
ぁ
ん
 
今
夜
が
楽
し
み
だ
わ
ぁ
/
/
 
  
  
竜
也
は
そ
う
考
え
る
と
話
し
声
が
聞
こ
え
た
  
  
∧
な
ん
な
ん
だ
 
こ
の
旅
館
:
:
/
/
∨
  
  
ニ
テ
 
青
色
の
ツ
イ
ン
テ
等
様
々
だ
っ
た
  
う
な
赤
色
の
髪
の
女
性
や
緑
色
の
シ
ョ
|
ト
へ
ア
|
 
紫
色
の
ポ
  
こ
ろ
は
そ
れ
ぞ
れ
違
う
色
の
着
物
を
着
て
お
り
片
目
を
隠
し
た
よ
  
性
と
同
じ
よ
う
な
爆
乳
の
女
性
の
作
業
員
が
何
人
か
お
り
違
う
と
  
案
内
し
て
い
る
な
か
竜
也
は
辺
り
を
見
渡
す
と
そ
こ
は
金
髪
の
女
  
  
金
髪
の
女
性
は
竜
也
を
部
屋
に
案
内
し
て
あ
げ
た
 °
  
  
:
/
/
 
  
 
良
か
っ
た
わ
ぁ
:
:
/
/
部
屋
ま
で
案
内
し
て
あ
げ
る
わ
ぁ
:
  
  
 
は
 
は
い
:
:
止
ま
っ
て
い
き
ま
す
/
/
 








   

  
 
あ
 
あ
の
:
:
泊
め
て
も
ら
え
る
の
は
い
い
の
で
す
が
お
代
は
  
  
女
性
だ
っ
た
  
サ
イ
ズ
と
言
わ
ん
ば
か
り
の
大
き
さ
の
黒
髪
の
ロ
ン
グ
ヘ
ア
|
の
  
そ
の
女
将
は
先
ほ
ど
の
女
性
達
よ
り
も
遥
か
に
胸
が
大
き
く
超
乳
  
  
:
/
/
 
  
 
あ
ぁ
ん
 
よ
く
い
ら
っ
し
ゃ
い
ま
し
た
わ
ぁ
:
:
お
客
様
ぁ
:
  
  
き
た
  
竜
也
は
部
屋
に
し
ば
ら
く
待
機
し
て
い
る
と
そ
の
女
将
が
入
っ
て
  
  
 
は
 
は
ぁ
:
:
 
  
  
 
女
将
様
が
来
る
ま
で
暫
く
待
っ
て
ほ
し
い
わ
ぁ
:
:
 
  
  
竜
也
は
不
思
議
が
る
が
遂
に
部
屋
に
つ
い
た
 °
  
  
  
  


























   

  
  
女
将
は
そ
の
場
を
去
る
と
竜
也
は
服
を
脱
ぎ
湯
船
に
使
っ
た
  
  
 
そ
れ
で
は
ご
ゆ
っ
く
り
楽
し
ん
で
く
だ
さ
い
:
:
/
/
 
  
  
風
呂
だ
っ
た
  
そ
れ
は
と
て
も
広
く
何
人
か
入
っ
て
も
問
題
な
い
く
ら
い
大
き
な
  
  
 
う
わ
ぁ
:
:
凄
い
:
:
 
  
  
女
将
が
竜
也
を
そ
の
風
呂
場
に
案
内
し
た
  
  
 
あ
ぁ
ん
 
と
て
も
嬉
し
い
:
:
/
/
 
  
  
 
そ
 
そ
う
で
す
か
:
:
入
ら
せ
て
い
た
だ
き
ま
す
 °
 
  
  
達
の
自
慢
の
風
呂
に
入
っ
て
く
だ
さ
れ
ば
:
:
/
/
 
  
 
あ
ら
ぁ
:
:
お
代
は
い
い
の
よ
ぉ
:
:
/
/
そ
の
変
わ
り
に
私
  
  
:
:
 























   

  
膨
ら
み
始
め
 
が
に
股
か
ら
内
股
に
変
わ
っ
た
  
竜
也
の
身
長
が
少
し
伸
び
始
め
る
と
太
も
も
と
お
尻
が
ぐ
ん
ぐ
ん
  
  
グ
キ
キ
キ
キ
キ
 
グ
ニ
ュ
グ
ニ
ュ
ン
  
  
す
る
と
そ
の
と
き
  
竜
也
に
急
に
気
持
ち
良
い
快
感
が
襲
っ
た
  
て
と
っ
て
も
気
持
ち
い
い
ん
:
:
/
/
 
  
 
あ
 
あ
れ
ぇ
:
:
何
だ
か
頭
が
ボ
|
ッ
と
す
る
:
:
/
/
そ
し
  
  
す
る
と
突
然
竜
也
の
頭
が
ぼ
ん
や
り
し
は
じ
め
た
  
  
竜
也
は
そ
う
呟
い
た
  
  
る
な
ぁ
:
:
 
  
 
し
か
し
 
こ
の
風
呂
ミ
ル
ク
み
た
い
に
白
く
て
甘
い
臭
い
が
す
  
  
竜
也
は
ゆ
っ
た
り
と
し
た
 °
  
  
 
は
ぁ
:
:
生
き
返
る
:
:
 














   

  
  
に
な
り
盛
大
に
揺
れ
た
  
竜
也
の
胸
が
ぐ
ん
ぐ
ん
膨
ら
み
始
め
先
ほ
ど
の
女
性
と
同
じ
爆
乳
  
  
ダ
ブ
ン
ダ
ブ
|
ン
  
ク
ム
ク
ム
ク
ム
ク
ム
ク
ム
ク
  
ム
ク
ム
ク
ム
ク
ム
ク
ム
ク
ム
ク
ム
ク
ム
ク
ム
ク
ム
ク
ム
ク
ム
ク
ム
  
  
 
あ
 
あ
 
き
 
来
た
わ
ぁ
:
:
あ
ぁ
ん
!
/
/
/
 
  
  
ア
|
へ
と
変
わ
っ
た
  
の
爆
乳
の
女
性
に
変
わ
っ
て
い
き
髪
型
が
ピ
ン
ク
色
の
ロ
ン
グ
ヘ
  
手
足
や
指
が
細
く
長
く
な
り
爪
も
伸
び
 
顔
や
声
 
喋
り
方
が
あ
  
  
グ
グ
グ
グ
グ
グ
 
シ
ュ
ワ
ワ
ワ
ワ
ワ
ワ
ワ
  
 
あ
 
あ
ぁ
ん
:
:
/
/
 
  
  
た
  
し
か
し
竜
也
は
気
づ
か
な
い
所
か
む
し
ろ
当
た
り
前
の
感
覚
だ
っ
  


























   

  
 
あ
ぁ
ん
:
:
ど
う
か
し
ら
ぁ
:
:
/
/
/
 
  
  
大
に
揺
れ
て
い
た
  
女
将
は
服
を
脱
い
で
お
り
そ
の
超
乳
が
ブ
ル
ル
ン
ブ
ル
ル
ン
と
盛
  
入
っ
て
き
た
  
竜
也
は
顔
を
赤
く
し
て
喘
ぎ
な
が
ら
胸
を
揉
ん
で
い
る
と
女
将
が
  
  
 
あ
 
あ
ぁ
ん
/
/
気
持
ち
良
い
わ
ぁ
:
:
あ
ぁ
ん
!
/
/
 
  
  
ム
ニ
ュ
ム
ニ
ュ
ム
ニ
ュ
ム
ニ
ュ
ム
ニ
ュ
  
  
す
る
と
竜
也
は
自
分
の
胸
を
揉
み
は
じ
め
た
  
竜
也
は
も
う
既
に
男
の
頃
の
記
憶
は
無
く
な
っ
て
い
た
  
  
:
:
/
/
 
  
 
あ
 
あ
ぁ
ん
:
:
/
/
何
だ
か
生
ま
れ
変
わ
っ
た
気
分
だ
わ
ぁ
  
  
ク
色
の
ロ
ン
グ
ヘ
ア
|
の
大
人
の
女
性
に
な
っ
て
い
た
  
高
身
長
で
妖
艶
で
爆
乳
な
絶
世
の
美
女
と
言
わ
ん
ば
か
り
の
ピ
ン
  
変
化
は
つ
い
に
終
わ
り
 
そ
こ
に
は
竜
也
は
い
な
く
て
変
わ
り
に

   

  
 
竜
子
よ
ぉ
:
:
/
/
み
ん
な
よ
ろ
し
く
ね
ぇ
ん
:
:
/
/
 
  
  
ら
ぁ
:
:
/
/
 
  
 
今
日
新
た
に
加
わ
っ
た
子
よ
ぉ
:
:
名
前
は
何
と
言
う
の
か
し
  
  
っ
て
い
た
  
そ
こ
に
は
先
ほ
ど
の
爆
乳
な
作
業
員
の
女
性
達
が
全
員
裸
で
集
ま
  
  
い
た
  
二
人
は
自
分
の
胸
を
揺
ら
し
つ
つ
喘
ぎ
な
が
ら
と
あ
る
部
屋
に
つ
  
  
 
は
ぁ
い
:
:
/
/
分
か
り
ま
し
た
わ
ぁ
ん
/
/
 
  
  
/
/
付
い
て
き
て
ぇ
ん
/
/
 
  
 
う
ふ
ふ
:
:
/
/
で
は
あ
な
た
の
歓
迎
会
を
始
め
る
わ
ぁ
:
:
  
  
竜
也
は
女
将
を
当
た
り
前
の
よ
う
に
女
将
様
と
呼
ん
だ
  
  
 
女
将
様
:
:
と
ぉ
っ
て
も
最
高
よ
ぉ
:
:
 
  


























   

  
ュ
ム
ニ
ュ
ム
ニ
ュ
ム
ニ
ュ
ム
ニ
ュ
ム
ニ
ュ
ム
ニ
ュ
ム
ニ
ュ
ム
ニ
ュ
  
ニ
ュ
ム
ニ
ュ
ム
ニ
ュ
ム
ニ
ュ
ム
ニ
ュ
ム
ニ
ュ
ム
ニ
ュ
ム
ニ
ュ
ム
ニ
  
ム
ニ
ュ
ム
ニ
ュ
ム
ニ
ュ
ム
ニ
ュ
ム
ニ
ュ
ム
ニ
ュ
ム
ニ
ュ
ム
ニ
ュ
ム
  
  
員
そ
ろ
っ
て
胸
を
押
し
合
い
を
始
め
た
  
女
将
が
い
う
と
竜
子
と
女
将
 
女
性
達
は
自
慢
の
胸
を
貼
る
と
全
  
  
 
う
ふ
ふ
:
:
で
は
始
め
る
わ
よ
ぉ
:
:
/
/
/
 
  
  
女
性
達
は
盛
大
に
興
奮
し
た
  
  
 
女
将
様
ぁ
:
:
早
く
や
り
ま
し
ょ
う
:
:
/
/
 
  
  
 
何
て
可
愛
い
の
ぉ
:
:
!
 
  
  
 
あ
ぁ
ん
!
/
/
 
  
  
ら
ウ
ィ
ン
ク
し
た
  
竜
也
改
め
竜
子
は
自
分
の
胸
を
揺
ら
し
セ
ク
シ
|
ポ
|
ズ
し
な
が
  


























   

  
  
限
界
だ
わ
ぁ
:
:
!
!
/
/
 
  
 
あ
ぁ
ん
!
出
し
て
も
い
い
の
よ
ぉ
!
/
/
私
も
 
あ
ん
!
/
/
  
  
う
わ
ぁ
:
:
/
/
/
 
  
 
あ
 
あ
ぁ
ん
!
/
/
/
女
将
様
:
:
/
/
私
 
母
乳
が
出
ち
ゃ
  
  
そ
の
乳
首
の
先
か
ら
は
母
乳
が
漏
れ
て
い
た
  
ぐ
ん
ぐ
ん
伸
び
て
い
く
  
女
性
達
が
み
ん
な
で
喘
い
で
い
る
と
竜
子
の
乳
首
が
牛
の
よ
う
に
  
  
 
あ
は
ぁ
ん
!
/
/
/
 
  
 
気
持
ち
良
い
ぃ
ん
!
/
/
/
 
  
  
 
あ
ぁ
ん
!
/
/
/
 
  
  
て
る
か
の
よ
う
に
ぐ
に
ゃ
ぐ
に
ゃ
と
動
い
て
い
る
よ
う
だ
っ
た
  
そ
の
行
為
は
正
に
胸
相
撲
と
言
わ
ん
ば
か
り
の
光
景
で
胸
が
生
き
  
ニ
ュ
ム
ニ
ュ
ム
ニ
ュ
  
ム
ニ
ュ
ム
ニ
ュ
ム
ニ
ュ
ム
ニ
ュ
ム
ニ
ュ
ム
ニ
ュ
ム
ニ
ュ
ム
ニ
ュ
ム

   

  
女
性
達
は
名
前
を
呼
び
な
が
ら
楽
し
ん
で
い
る
と
竜
子
の
前
に
案
  
  
ん
:
:
/
/
/
 
  
 
そ
う
い
う
菜
々
だ
っ
て
と
っ
て
も
ま
ろ
や
か
で
美
味
し
い
わ
ぁ
  
  
た
の
母
乳
甘
く
て
た
ま
ら
な
い
わ
ぁ
:
:
/
/
 
  
 
ん
あ
ぁ
:
:
有
希
:
:
/
/
/
美
味
し
い
わ
ぁ
ん
!
/
/
あ
な
  
  
ん
!
/
/
/
 
  
 
い
い
わ
よ
ぉ
!
加
奈
子
!
そ
の
変
わ
り
に
私
の
胸
を
揉
ん
で
ぇ
  
  
 
あ
 
あ
ぁ
ん
!
/
/
/
明
美
 
も
っ
と
揉
ん
で
ぇ
ん
/
/
 
  
  
い
の
母
乳
を
吸
い
だ
し
始
め
た
  
す
る
と
女
性
達
は
胸
を
揉
み
さ
ら
に
母
乳
を
強
く
出
し
た
り
お
互
  
全
員
の
胸
か
ら
母
乳
が
吹
き
出
し
た
  
  
ブ
ッ
シ
ャ
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
  
  
 
 
 
あ
 
あ
 
で
る
ぅ
|
|
|
|
|
!
!
 
 
 






   

  
  
そ
し
て
こ
の
淫
乱
な
行
為
は
朝
ま
で
続
い
た
:
:
  
  
を
出
し
続
け
た
  
竜
子
と
真
利
は
片
方
の
乳
房
を
吸
い
も
う
片
方
の
乳
房
か
ら
母
乳
  
  
 
あ
ん
/
/
 
  
  
 
ん
/
/
 
  
  
て
た
ま
ら
な
い
わ
ぁ
:
:
/
/
 
  
 
い
い
わ
よ
ぉ
:
:
真
利
:
:
/
/
あ
な
た
の
母
乳
も
飲
み
た
く
  
  
の
母
乳
が
飲
み
た
い
わ
ぁ
:
:
/
/
 
  
 
ふ
ふ
:
:
真
利
っ
て
言
う
の
よ
ぉ
:
:
/
/
竜
子
:
:
あ
な
た
  
  
名
前
は
何
て
言
う
の
ぉ
:
:
/
/
 
  
 
あ
ぁ
ん
 
案
内
し
て
く
れ
て
あ
り
が
と
う
:
:
/
/
あ
な
た
の
  
  
内
し
て
く
れ
た
金
髪
の
女
性
が
出
て












   

  
  
そ
し
て
今
夜
も
ま
た
:
:
  
た
ら
着
物
に
着
替
え
男
性
の
自
分
達
の
仲
間
に
変
え
て
い
る
  
彼
女
達
は
い
つ
ま
で
も
淫
乱
な
行
為
を
楽
し
ん
で
お
り
男
性
が
着
  
め
永
遠
の
絶
世
の
美
女
を
保
て
る
と
い
う
 °
  
は
男
の
存
在
は
消
え
忘
れ
ら
れ
女
神
と
同
様
不
老
不
死
に
な
る
た
  
女
性
に
変
わ
っ
た
男
性
は
男
の
頃
の
記
憶
は
無
く
な
り
世
界
か
ら
  
い
る
 °
  
旅
館
も
普
段
は
不
思
議
な
力
で
絶
対
に
見
え
な
い
よ
う
に
な
っ
て
  
る
 °
  
変
え
少
し
づ
つ
人
数
を
増
や
し
毎
日
淫
乱
な
行
為
を
楽
し
ん
で
い
  
女
神
 °
彼
女
は
自
分
の
母
乳
を
使
い
男
性
を
変
化
さ
せ
る
風
呂
に
  
女
将
の
正
体
 °
そ
れ
は
淫
乱
で
爆
乳
の
大
人
の
女
性
が
大
好
き
な
  
  
に
変
え
る
旅
館
  
そ
れ
は
迷
い
込
ん
だ
男
性
を
妖
艶
で
淫
乱
な
爆
乳
の
大
人
の
女
性
  
妖
艶
な
る
女
体
爆
乳
旅
館
  
  
  


























   

  
  
  
  
終
わ
り
  
  
  
竜
子
は
男
性
に
対
し
て
ウ
ィ
ン
ク
し
な
が
ら
挨
拶
を
し
た
  
  
 
あ
ぁ
ん
 
い
ら
っ
し
ゃ
い
ま
せ
ぇ
|
/
/
 
  
  
館
の
入
り
口
に
い
っ
た
  
ピ
ン
ク
色
の
着
物
を
着
た
竜
子
は
自
分
の
胸
を
揺
ら
し
な
が
ら
旅
  
  
ぁ
す
|
/
/
 
  
 
分
か
り
ま
し
た
わ
ぁ
ん
:
:
/
/
女
将
様
ぁ
:
:
行
っ
て
き
ま
  
  
:
:
 
  
い
仲
間
に
な
る
子
が
来
た
わ
よ
ぉ
:
:
/
/
案
内
し
て
あ
げ
て
ぇ
  
 
う
ふ
ふ
:
:
竜
子
ち
ゃ
ぁ
ん
:
:
/
/
迷
い
込
ん
で
き
た
新
し
  


























  > ≫