零
海
が
こ
ん
な
山
の
中
に
い
る
の
に
は
や
は
り
そ
れ
な
り
の
理
由
  
・
・
・
す
み
ま
せ
ん
 °
  
い
ん
で
す
か
ら
ね
|
 
  
す
よ
ぉ
・
・
・
的
確
に
簡
潔
に
し
な
い
と
読
者
に
は
伝
わ
り
に
く
  
 
山
道
は
疲
れ
ま
す
ね
|
・
・
・
な
れ
|
し
ょ
ん
も
グ
ダ
グ
ダ
で
  
て
い
た
 °
  
巨
大
な
胸
を
ブ
ル
ン
と
盛
大
に
揺
ら
し
な
が
ら
の
ん
び
り
と
歩
い
  
そ
の
零
海
が
い
る
の
は
夕
刻
近
い
大
江
山
の
中
腹
 °
  
そ
の
名
を
 
零
海
 
と
い
う
 °
  
純
日
本
的
で
あ
り
な
が
ら
純
日
本
的
で
な
い
女
性
 °
  
内
側
か
ら
は
じ
け
そ
う
な
ほ
ど
大
き
く
張
り
詰
め
て
い
る
 °
  
足
は
す
ら
り
と
長
く
 
腰
は
折
れ
そ
う
に
細
く
 
乳
房
は
法
衣
を
  
て
 
手
に
は
錫
杖
 °
  
ま
っ
す
ぐ
な
髪
を
持
ち
 
透
き
通
っ
た
白
い
肌
に
法
衣
を
ま
と
っ
  
そ
の
法
師
 
白
い
頭
巾
の
下
か
ら
覗
い
て
い
る
黒
い
目
と
鉄
色
の
  
一
人
の
法
師
が
ゆ
っ
た
り
と
し
た
足
取
り
で
山
道
を
歩
い
て
い
る
 °
  
 
南
ぁ
|
無
|
・
・
・
 
  
  
黒
猫
大
和
 
作
  
乳
忍
成
海
番
外
編
 
零
海
が
行
く
 












≪ <  

  
 
な
ん
で
も
 
そ
の
異
国
の
女
の
人
・
・
・
こ
の
世
の
も
の
と
は
  
い
こ
と
を
耳
に
し
た
 °
  
の
一
言
で
終
わ
っ
た
の
だ
が
 
最
後
の
最
後
で
聞
き
捨
て
な
ら
無
  
 
変
な
話
で
す
ね
|
 
  
そ
れ
だ
け
だ
っ
た
ら
零
海
も
  
そ
の
茶
屋
に
で
て
く
る
食
べ
物
が
と
て
も
お
い
し
い
ん
だ
と
か
 °
  
南
蛮
人
の
女
が
切
り
盛
り
し
て
い
る
と
い
う
 °
  
普
段
は
何
も
無
い
と
こ
ろ
な
の
に
 
ご
く
た
ま
に
茶
屋
が
現
れ
て
  
屋
を
経
営
し
て
い
る
と
い
う
 °
  
そ
の
伝
説
で
名
高
い
大
江
山
に
南
蛮
人
の
女
が
 
時
々
現
れ
て
茶
  
う
伝
説
で
有
名
で
あ
る
 °
  
酒
天
童
子
を
 
勅
命
に
よ
り
神
の
加
護
の
も
と
に
退
治
し
た
と
い
  
源
頼
光
と
彼
に
仕
え
る
4
人
の
武
士
達
が
大
江
山
に
住
み
着
い
た
  
∧
大
江
山
と
い
え
ば
源
頼
光
の
鬼
退
治
で
す
ね
∨
  
大
江
山
 °
  
を
零
海
は
耳
に
し
た
 °
  
立
ち
寄
っ
た
丹
波
国
の
街
で
昼
食
を
取
っ
て
い
る
と
き
そ
ん
な
話
  
|
南
蛮
人
の
女
が
 
大
江
山
に
出
没
す
る
|
  
  
が
あ
る
か
ら
で
あ
っ
た
 °
















   

  
∧
に
し
て
も
 
南
蛮
の
方
の
胸
っ
て
ど
う
い
う
感
じ
な
ん
で
し
ょ
  
零
海
は
大
江
山
に
入
っ
た
の
で
あ
っ
た
 °
  
そ
し
て
今
 
そ
の
南
蛮
人
の
女
性
を
見
に
∧
違
う
意
味
で
襲
い
に
∨
  
  
包
み
隠
さ
ず
答
え
て
し
ま
っ
た
 °
  
 
あ
・
・
・
い
い
わ
よ
・
・
・
・
 
  
 
よ
ろ
し
い
で
す
か
?
 
  
な
2
つ
の
山
に
圧
倒
さ
れ
て
い
た
の
で
あ
っ
た
 °
  
し
か
し
本
当
は
零
海
で
は
な
く
 
目
の
前
に
広
が
る
零
海
の
巨
大
  
い
る
の
が
零
海
は
気
に
か
か
っ
た
 °
  
怖
が
ら
せ
な
い
よ
う
に
勤
め
て
笑
顔
で
い
っ
た
の
に
圧
倒
さ
れ
て
  
噂
話
を
し
て
い
た
人
た
ち
は
圧
倒
さ
れ
て
い
る
 °
  
 
・
・
・
 
  
だ
け
ま
せ
ん
か
?
 
  
 
突
然
で
申
し
訳
あ
り
ま
せ
ん
が
 
そ
の
話
詳
し
く
教
え
て
い
た
  
皆
 
突
然
の
こ
と
に
唖
然
と
し
て
い
る
 °
  
て
つ
か
つ
か
と
噂
話
を
し
て
い
た
人
た
ち
に
近
づ
い
た
 °
  
が
た
|
ん
!
と
 
盗
み
聞
き
し
て
い
た
零
海
は
突
如
立
ち
上
が
っ
  
よ
う
な
大
き
さ
な
ん
で
す
っ
て
・
・
・
 
  
思
え
な
い
く
ら
い
美
人
で
 
そ
の
上
 
胸
も
す
べ
て
を
包
み
込
む

   

  
 
あ
ら
ら
・
・
・
囲
ま
れ
ち
ゃ
い
ま
し
た
ね
 
  
男
に
捕
ら
え
ら
れ
た
ま
ま
不
安
そ
う
に
震
え
て
い
る
 °
  
少
し
離
れ
て
い
る
の
で
よ
く
は
見
え
な
い
が
 
女
性
は
大
将
格
の
  
零
海
は
あ
っ
と
い
う
間
に
山
賊
達
に
囲
ま
れ
て
し
ま
っ
た
 °
  
あ
る
 °
  
む
さ
く
る
し
い
顔
で
い
か
に
も
山
賊
で
す
 
と
い
わ
ん
ば
か
り
で
  
 
な
ん
だ
ぁ
?
法
師
が
な
ん
か
よ
う
か
ぁ
?
 
  
す
る
と
山
賊
た
ち
は
零
海
に
気
づ
き
振
り
返
る
 °
  
近
づ
き
つ
つ
声
で
制
す
 °
  
を
放
し
な
さ
い
!
 
  
 
こ
|
ら
 
あ
な
た
達
何
や
っ
て
る
ん
で
す
か
!
す
ぐ
に
そ
の
人
  
に
襲
わ
れ
よ
う
と
し
て
い
た
 °
  
す
る
と
そ
こ
に
は
女
性
が
数
人
の
山
賊
た
ち
に
囲
ま
れ
て
今
ま
さ
  
駆
け
足
で
声
の
ほ
う
に
向
か
う
 °
  
突
然
 
坂
道
の
先
の
方
か
ら
女
性
の
悲
鳴
が
聞
こ
え
て
き
た
 °
  
 
き
ゃ
ぁ
ぁ
!
!
!
 
  
零
海
は
妄
想
に
文
字
通
り
胸
を
膨
ら
ま
せ
て
い
た
 °
  
す
ね
|
 °
  
そ
れ
と
も
弾
力
が
す
ご
い
ん
で
し
ょ
う
か
?
ふ
ふ
ふ
 
楽
し
み
で
  
う
か
ね
|
?
色
白
ら
し
い
で
す
し
 
柔
ら
か
い
ん
で
し
ょ
う
か
?

   

  
起
こ
っ
た
男
達
が
武
器
を
構
え
て
一
気
に
詰
め
寄
る
 °
  
 
ん
だ
と
こ
の
ア
マ
!
 
  
の
い
い
人
じ
ゃ
な
い
と
 
  
 
ん
|
 
そ
う
い
う
の
は
お
断
り
で
す
 °
や
っ
ぱ
り
も
っ
と
格
好
  
だ
が
 °
  
食
い
込
ん
で
な
ん
と
か
錫
杖
の
あ
る
手
に
届
い
て
い
る
状
態
な
の
  
た
だ
精
一
杯
手
を
伸
ば
し
て
い
る
の
だ
が
 
そ
れ
で
も
胸
に
腕
が
  
零
海
は
困
っ
た
顔
で
 
錫
杖
を
両
手
で
持
っ
て
構
え
る
 °
  
じ
り
じ
り
と
男
達
は
零
海
に
近
寄
っ
て
く
る
 °
  
ら
痛
ぇ
目
は
さ
せ
な
い
か
ら
な
 
暴
れ
ん
じ
ゃ
ね
ぇ
ぞ
 
  
 
お
う
!
・
・
・
お
い
 
姉
ち
ゃ
ん
よ
 
お
と
な
し
く
し
て
い
た
  
え
な
 
  
ば
さ
ぞ
か
し
高
値
が
付
く
だ
ろ
う
よ
!
お
め
ぇ
ら
 
と
っ
つ
か
ま
  
 
こ
い
つ
も
か
な
り
の
い
い
女
じ
ゃ
ね
ぇ
か
 °
花
街
に
で
も
売
れ
  
な
ぜ
か
余
裕
た
っ
ぷ
り
な
感
じ
で
あ
る
 °
  
ね
 °
コ
レ
は
い
つ
か
流
行
る
か
も
し
れ
ま
せ
ん
∨
  
∧
略
す
と
 
き
も
い
 
で
す
ね
・
・
・
・
お
!
語
呂
が
良
い
で
す
  
顔
で
そ
ん
な
風
に
笑
わ
れ
る
と
 
正
直
気
持
ち
悪
い
 °
  
下
品
な
笑
い
方
で
卑
猥
な
視
線
を
向
け
て
く
る
 °
む
さ
く
る
し
い
  
 
兄
貴
 
か
な
り
の
上
玉
で
す
ぜ
 °
へ
へ
へ
 
胸
も
で
け
ぇ
し
 

   

  
 
そ
の
方
を
放
し
ま
し
ょ
う
ね
|
?
 
  
巨
大
な
胸
が
よ
り
強
調
さ
れ
て
威
圧
感
を
出
す
 °
  
な
っ
て
顔
を
近
づ
け
る
 °
  
男
は
腰
が
抜
け
て
そ
の
場
に
へ
た
り
こ
む
 °
零
海
は
前
か
が
み
に
  
 
ひ
っ
!
 
  
振
り
向
く
と
笑
顔
の
法
師
が
こ
っ
ち
を
見
て
い
る
 °
  
錫
杖
が
当
た
っ
た
 °
  
一
人
に
さ
れ
て
逃
げ
出
そ
う
と
後
ろ
を
向
い
た
ら
 
ポ
ン
と
肩
に
  
く
 
く
そ
っ
!
 
  
 
お
 
お
い
!
お
め
ぇ
ら
 
勝
手
に
逃
げ
ん
じ
ゃ
ね
ぇ
!
・
・
・
  
手
下
ど
も
は
我
先
に
と
大
将
格
の
男
を
置
い
て
逃
げ
出
し
た
 °
  
 
う
 
う
わ
ぁ
ぁ
!
 
  
笑
顔
で
言
っ
て
い
る
の
が
怖
い
 °
  
 
さ
て
さ
て
 
武
器
の
次
は
生
身
を
斬
っ
ち
ゃ
い
ま
す
よ
ぉ
?
 
  
男
達
は
顔
を
見
合
わ
せ
て
顔
面
蒼
白
に
な
っ
た
 °
  
棍
棒
が
真
っ
二
つ
に
切
れ
る
 °
  
シ
ャ
キ
ン
 
と
刀
が
お
さ
ま
る
音
と
同
時
に
男
達
の
持
っ
て
い
た
  
を
仕
込
ん
で
お
い
て
正
解
で
し
た
 °
 
  
 
・
・
・
ふ
っ
ふ
っ
ふ
 
こ
ん
な
こ
と
も
あ
ろ
う
か
と
錫
杖
に
刀
  
シ
ュ
ン
 
と
一
瞬
の
き
ら
め
き
が
走
っ
た
 °









   

  
燃
え
る
よ
う
な
紅
色
の
肩
口
ま
で
あ
る
ま
っ
す
ぐ
な
髪
・
大
き
く
  
て
そ
の
女
性
が
何
者
で
あ
る
か
を
理
解
し
た
 °
  
零
海
は
捕
ま
っ
て
い
た
女
性
に
声
を
か
け
る
 
と
そ
の
と
き
始
め
  
 
大
丈
夫
で
す
か
?
・
・
・
・
!
 
  
  
そ
の
場
か
ら
逃
げ
出
し
た
 °
  
男
は
身
震
い
し
て
割
に
合
わ
な
い
こ
と
は
も
う
や
め
よ
う
と
思
い
 
  
ろ
を
み
か
け
た
ら
た
た
っ
斬
っ
ち
ゃ
い
ま
す
よ
?
 
  
 
も
う
こ
ん
な
こ
と
は
や
め
ま
し
ょ
う
ね
|
 °
次
や
っ
て
る
と
こ
  
さ
れ
て
い
た
か
も
し
れ
な
い
 °
  
男
の
顔
面
を
か
す
っ
た
 °
あ
と
少
し
で
も
近
か
っ
た
ら
吹
っ
飛
ば
  
零
海
が
振
り
向
い
て
言
う
 °
つ
ら
れ
て
ブ
オ
ン
と
胸
も
回
る
 °
  
 
あ
 
そ
う
そ
う
 °
 
  
男
は
助
か
っ
た
 
と
安
堵
の
息
を
漏
ら
し
た
 °
  
そ
う
い
っ
て
零
海
は
女
性
に
近
づ
く
 °
  
 
そ
う
そ
う
 
素
直
な
男
性
は
嫌
い
じ
ゃ
あ
り
ま
せ
ん
か
ら
ね
|
 
  
手
を
離
す
 °
  
震
え
た
声
で
男
は
答
え
る
 °
ゆ
っ
く
り
と
女
性
を
捕
ら
え
て
い
た
  
 
あ
 
あ
あ
・
・
・
わ
わ
わ
わ
 
わ
か
っ
た
・
・
・
 
  
笑
顔
の
ま
ま
な
の
が
怖
い
 °















   

  
の
よ
さ
そ
う
な
笑
顔
を
し
て
い
た
 °
  
い
 °
口
答
な
の
で
ど
う
い
う
字
を
書
く
か
は
分
か
ら
な
い
が
 
  
勧
め
ら
れ
て
席
に
着
く
 °
女
性
は
サ
カ
ア
マ
ド
ウ
コ
と
い
う
ら
し
  
 
あ
 
あ
り
が
と
う
ご
ざ
い
ま
す
 
  
・
・
・
と
に
か
く
こ
こ
に
か
け
て
お
待
ち
く
だ
さ
い
 
  
 
え
え
 
準
備
万
端
の
と
き
に
し
か
開
店
し
な
い
ん
で
す
け
ど
 °
  
で
知
っ
て
は
い
た
が
あ
え
て
知
ら
な
か
っ
た
フ
リ
を
し
た
 °
  
零
海
の
目
の
前
に
は
至
っ
て
普
通
の
茶
屋
が
あ
っ
た
 °
事
前
調
査
  
 
へ
|
 
峠
茶
屋
を
や
っ
て
る
ん
で
す
か
 
  
  
異
論
も
な
く
す
ぐ
に
承
諾
し
た
 °
  
 
と
に
か
く
お
礼
が
し
た
い
の
で
 
私
の
お
店
に
来
て
く
だ
さ
い
 
  
意
外
に
流
暢
な
日
本
語
を
話
す
 °
  
や
ら
 
  
 
は
い
・
・
・
命
を
助
け
て
い
た
だ
い
て
な
ん
と
感
謝
し
て
よ
い
  
ま
さ
し
く
零
海
の
探
し
て
い
る
南
蛮
人
の
女
で
あ
る
 °
  
そ
の
人
物
が
涙
目
で
零
海
を
見
て
い
た
 °
  
り
き
っ
て
お
ら
ず
上
半
分
が
は
み
で
て
い
る
 °
  
零
海
に
勝
る
と
も
劣
ら
な
い
巨
大
な
胸
 °
と
い
う
か
着
物
に
収
ま
  
て
青
い
目
・
作
り
物
の
よ
う
に
完
璧
な
顔
立
ち
・
そ
し
て
何
よ
り

   

  
ド
ウ
コ
さ
ん
が
胸
に
お
盆
を
乗
せ
な
が
ら
∧
実
際
そ
う
に
し
か
見
  
 
は
い
お
待
た
せ
し
ま
し
た
 °
特
製
の
甘
酒
と
お
団
子
で
す
 
  
と
零
海
は
感
心
す
る
 °
  
突
然
 
こ
の
店
が
現
れ
る
仕
組
み
は
そ
う
い
う
こ
と
だ
っ
た
の
か
  
 
へ
|
 
す
ご
い
で
す
ね
|
 
  
て
 
突
然
こ
の
店
が
現
れ
る
よ
う
に
思
え
る
ん
で
す
 
  
る
ん
で
す
 °
だ
か
ら
そ
の
道
を
通
る
人
に
は
一
本
の
道
し
か
な
く
  
の
ほ
う
に
移
動
さ
せ
て
こ
っ
ち
の
道
に
し
か
こ
れ
な
い
よ
う
に
す
  
よ
う
に
す
る
ん
で
す
が
 
開
店
す
る
と
き
は
そ
れ
を
何
も
な
い
道
  
る
道
の
入
り
口
に
置
い
て
お
い
て
何
も
な
い
道
に
し
か
い
け
な
い
  
木
々
草
草
を
置
い
て
お
く
ん
で
す
 °
普
段
は
こ
ち
ら
に
入
っ
て
く
  
で
い
ま
し
て
 
ち
ょ
う
ど
分
か
れ
る
と
こ
ろ
に
移
動
式
の
擬
装
用
  
 
あ
あ
 
そ
れ
は
で
す
ね
 °
実
は
こ
こ
2
本
の
道
が
平
行
に
並
ん
  
け
ど
 °
 
  
も
前
こ
こ
を
通
っ
た
と
き
は
何
も
な
か
っ
た
よ
う
な
気
が
し
ま
す
  
 
え
?
じ
ゃ
あ
普
段
は
店
を
閉
め
て
い
る
ん
で
す
か
?
・
・
・
で
  
零
海
は
さ
り
げ
な
く
探
り
を
入
れ
て
み
た
 °
  
で
あ
る
 °
  
な
ん
と
も
落
ち
着
く
 °
3
6
0
度
ど
こ
か
ら
見
て
も
立
派
な
茶
屋
  
ド
ウ
コ
は
い
そ
い
そ
と
中
へ
入
っ
て
い
っ
た
 °








   

  
 
ぅ
|
ん
・
・
・
朝
は
弱
い
ん
で
す
ぅ
・
・
・
・
あ
と
少
し
・
・
  
 
お
き
な
さ
い
 
  
 
・
・
・
ん
・
・
・
ぅ
ぅ
ん
・
・
・
あ
と
 
少
し
だ
け
・
・
・
 
  
 
お
は
よ
う
 
零
海
さ
ん
 
  
  
口
元
が
笑
っ
て
い
た
 °
  
そ
の
様
子
を
奥
か
ら
サ
カ
ア
マ
ド
ウ
コ
は
見
て
い
た
 °
  
零
海
は
猛
烈
な
睡
魔
に
襲
わ
れ
て
そ
の
ま
ま
眠
っ
て
し
ま
っ
た
 °
  
成
海
さ
ん
を
つ
れ
・
・
・
れ
・
・
・
?
・
・
・
z
z
z
 
  
な
に
お
い
し
い
甘
酒
と
お
団
子
に
出
会
え
ま
し
た
か
ら
ね
 °
今
度
 
  
 
い
や
ぁ
 
人
助
け
っ
て
す
る
も
の
で
す
ね
|
 °
お
か
げ
で
こ
ん
  
ド
ウ
コ
さ
ん
は
ま
た
中
へ
入
っ
て
い
っ
た
 °
  
 
は
|
い
 
  
ね
 °
 
  
 
あ
り
が
と
う
ご
ざ
い
ま
す
 °
ゆ
っ
く
り
し
て
い
っ
て
く
だ
さ
い
  
く
て
・
・
・
 
  
 
こ
れ
と
っ
て
も
お
い
し
い
で
す
ね
 °
お
団
子
も
口
当
た
り
が
よ
  
零
海
は
ズ
ズ
ズ
と
ゆ
っ
く
り
甘
酒
を
飲
む
 °
  
 
わ
ぁ
・
・
・
お
い
し
そ
う
で
す
ね
|
 °
い
た
だ
き
ま
す
|
 
  
え
な
い
∨
品
物
を
持
っ
て
き
た
 °













   

  
コ
こ
と
酒
天
童
子
の
お
店
へ
 °
あ
な
た
が
ち
ょ
う
ど
記
念
す
べ
き
  
 
そ
う
い
う
こ
と
 °
よ
う
こ
そ
零
海
さ
ん
 °
私
 
サ
カ
ア
マ
ド
ウ
  
 
準
備
万
端
だ
っ
た
っ
て
こ
と
で
す
か
・
・
・
 
  
山
賊
も
私
が
雇
っ
た
の
よ
 
  
る
で
し
ょ
う
?
つ
い
で
に
い
う
と
あ
な
た
が
追
っ
払
っ
て
く
れ
た
  
 
そ
う
 
胸
が
大
き
い
と
付
け
加
え
れ
ば
イ
ヤ
で
も
あ
な
た
は
来
  
た
?
 
  
 
・
・
・
も
し
か
し
て
う
わ
さ
も
意
図
的
に
流
し
た
り
し
て
ま
し
  
ド
ウ
コ
は
不
適
に
笑
っ
て
い
る
 °
  
と
零
海
さ
ん
 
  
 
ご
名
答
 °
に
し
て
も
お
待
ち
し
て
い
ま
し
た
わ
 
爆
乳
法
師
こ
  
つ
で
す
か
 
  
 
あ
れ
れ
・
・
・
こ
れ
っ
て
も
し
か
し
て
 
は
め
ら
れ
た
っ
て
や
  
お
か
げ
で
零
海
の
胸
は
か
な
り
迫
力
が
あ
っ
た
 °
  
手
は
後
ろ
に
組
ま
さ
れ
 
胸
を
突
き
出
す
状
態
に
な
っ
て
い
る
 °
  
分
の
両
手
は
鎖
に
つ
な
が
れ
て
身
動
き
が
取
れ
な
い
 °
  
う
す
暗
い
空
間
に
ド
ウ
コ
と
2
人
し
か
い
な
い
 °
よ
く
見
る
と
自
  
零
海
が
眠
い
目
を
無
理
や
り
開
い
て
周
囲
を
見
る
 °
  
 
お
き
ん
か
い
!
!
!
 
  
・
 
























   

  
そ
れ
で
も
何
と
か
逃
げ
延
び
た
童
子
は
 
復
讐
す
る
こ
と
を
誓
い
  
あ
る
胸
を
剥
ぎ
取
ら
れ
て
し
ま
っ
た
 °
  
神
様
の
力
を
借
り
て
彼
女
が
眠
っ
た
と
こ
ろ
を
襲
い
 
力
の
源
で
  
と
こ
ろ
が
そ
れ
を
都
で
聞
き
つ
け
た
源
一
行
が
や
っ
て
き
た
 °
  
い
つ
し
か
大
江
山
の
鬼
と
し
て
う
わ
さ
が
な
が
れ
て
い
っ
た
 °
  
ら
う
こ
と
を
繰
り
返
し
た
 °
  
そ
れ
で
味
を
し
め
た
童
子
は
 
通
り
か
か
る
女
性
を
襲
い
胸
を
食
  
く
な
り
体
中
に
力
が
わ
い
て
き
た
と
い
う
 °
  
い
 
胸
の
肉
は
食
ら
っ
た
ら
と
て
も
美
味
で
 
自
分
の
胸
も
大
き
  
そ
れ
が
爆
発
し
た
ま
た
ま
大
江
山
を
通
り
か
か
っ
た
お
姫
様
を
襲
  
わ
れ
て
い
た
が
 
胸
が
な
い
こ
と
に
劣
等
感
を
も
っ
て
い
た
 °
  
も
と
も
と
こ
の
大
江
山
に
住
ん
で
い
た
童
子
は
美
人
聡
明
と
う
た
  
酒
天
童
子
の
話
を
ま
と
め
る
と
 °
  
ま
し
ょ
う
か
 °
 
  
 
え
え
 
源
頼
光
に
成
敗
さ
れ
て
か
ら
ね
 °
ア
レ
の
事
実
を
教
え
  
よ
ね
?
 
  
 
酒
天
童
子
っ
て
・
・
・
あ
れ
は
6
0
0
年
以
上
も
前
の
話
で
す
  
事
前
調
査
は
向
こ
う
の
ほ
う
が
し
っ
か
り
し
て
い
た
よ
う
だ
 °
  
1
0
0
0
人
目
は
あ
な
た
だ
と
決
め
て
い
た
の
 °
 
  
1
0
0
0
人
目
の
お
客
様
 °
風
の
う
わ
さ
で
あ
な
た
を
知
っ
て
 

   

  
そ
う
 
さ
っ
き
か
ら
零
海
は
体
が
火
照
っ
て
き
て
疼
く
の
だ
 °
  
か
し
ら
ね
 °
・
・
・
ほ
ら
 
な
ん
だ
か
体
が
疼
い
て
こ
な
い
?
 
  
 
あ
ら
 
ま
だ
そ
ん
な
軽
口
た
た
け
る
の
 °
で
も
い
つ
ま
で
持
つ
  
ん
で
す
か
ら
ね
 
  
 
ち
ょ
っ
と
 
乱
暴
に
扱
わ
な
い
で
く
れ
ま
す
 °
大
事
な
も
の
な
  
が
ば
っ
 
と
法
衣
が
開
か
れ
零
海
の
胸
が
飛
び
出
て
く
る
 °
  
 
こ
ん
な
立
派
な
胸
が
私
の
も
の
に
な
る
ん
で
す
も
の
 °
 
  
や
す
い
性
質
の
よ
う
だ
 °
  
ど
う
や
ら
童
子
は
 
普
段
は
冷
静
を
装
っ
て
い
る
が
カ
ッ
と
な
り
  
童
子
は
冷
静
を
装
い
零
海
に
近
づ
く
 °
  
 
・
・
・
ふ
 
ま
あ
い
い
わ
 °
 
  
 
だ
っ
て
そ
う
じ
ゃ
な
い
で
す
か
 °
 
  
童
子
が
顔
を
真
っ
赤
に
染
め
て
怒
る
 °
  
て
る
の
!
?
 
  
 
な
|
ん
で
す
っ
て
ぇ
!
!
?
あ
な
た
こ
の
状
況
分
か
っ
て
言
っ
  
ん
で
す
ね
 °
 
  
 
へ
|
 
単
な
る
6
0
0
歳
の
お
ば
あ
ち
ゃ
ん
の
若
作
り
だ
っ
た
  
寿
命
を
維
持
し
な
が
ら
 °
  
そ
し
て
6
0
0
年
生
き
延
び
た
ら
し
い
 °
胸
を
食
ら
っ
て
若
さ
と
  
隠
れ
な
が
ら
女
性
の
胸
を
食
ら
い
続
け
た
 °









   

  
思
わ
ず
声
が
出
て
し
ま
っ
た
 °
  
 
ぁ
・
・
・
 
  
の
胸
が
ム
ギ
ュ
と
寄
せ
合
っ
て
柔
ら
か
く
変
形
し
た
 °
  
童
子
は
零
海
の
胸
に
手
を
伸
ば
し
 
じ
ら
す
よ
う
に
揉
む
 °
2
つ
  
 
ふ
|
ん
 °
こ
れ
で
も
?
 
  
 
あ
ん
ま
り
じ
ろ
じ
ろ
見
な
い
で
く
れ
ま
す
?
 
  
は
持
ち
そ
う
ね
 °
 
  
ど
れ
ほ
ど
の
お
い
し
さ
か
味
わ
っ
て
み
た
い
わ
 °
1
0
年
く
ら
い
  
 
ほ
ん
と
素
敵
な
お
っ
ぱ
い
ね
 °
こ
ん
な
立
派
な
胸
は
は
じ
め
て
 °
  
て
く
る
の
を
感
じ
る
の
だ
 °
  
零
海
は
落
ち
着
か
な
い
 °
視
線
を
浴
び
る
だ
け
で
胸
が
熱
く
な
っ
  
そ
う
や
っ
て
零
海
の
胸
を
じ
ろ
じ
ろ
見
て
く
る
 °
  
に
し
っ
か
り
感
じ
な
さ
い
 °
 
  
い
る
と
き
の
胸
が
最
高
に
お
い
し
い
の
よ
 °
だ
か
ら
 
食
べ
る
前
  
 
そ
れ
は
簡
単
だ
け
ど
お
い
し
く
な
い
の
 °
思
い
っ
き
り
感
じ
て
  
眠
っ
て
る
と
き
に
食
べ
れ
ば
い
い
の
に
 °
 
  
 
そ
ん
な
こ
と
し
て
ど
う
す
る
ん
で
す
か
?
ど
う
せ
食
べ
る
な
ら
  
力
な
も
の
だ
か
ら
少
量
で
も
効
果
抜
群
だ
け
ど
ね
 
  
 
あ
な
た
が
眠
っ
て
い
る
間
に
 
媚
薬
を
少
々
 °
と
い
っ
て
も
強
  
 
な
に
し
た
ん
で
す
か
 
















   

  
首
も
ど
ん
ど
ん
大
き
く
な
っ
て
き
て
る
し
 
  
 
・
・
・
そ
の
わ
り
に
は
落
ち
着
か
な
い
じ
ゃ
な
い
?
そ
れ
に
乳
  
せ
ん
よ
 
  
 
い
い
え
 
そ
|
ん
な
や
り
方
じ
ゃ
1
日
か
か
っ
た
っ
て
イ
け
ま
  
ら
 
  
 
し
っ
か
り
反
応
し
ち
ゃ
っ
て
 
そ
ん
な
に
気
持
ち
良
い
の
か
し
  
童
子
は
胸
の
頂
上
に
あ
る
乳
首
に
触
れ
る
 °
  
ぶ
ら
れ
て
よ
り
童
子
を
夢
中
に
さ
せ
る
だ
け
で
あ
っ
た
 °
  
か
ら
逃
れ
よ
う
と
し
き
り
に
体
を
動
か
す
が
 
胸
が
大
き
く
揺
さ
  
一
方
 
当
の
零
海
も
媚
薬
の
効
果
か
落
ち
着
き
が
な
く
童
子
の
手
  
童
子
は
す
っ
か
り
零
海
の
胸
に
魅
せ
ら
れ
て
い
た
 °
  
れ
る
 °
  
た
だ
揉
む
と
い
う
動
作
な
の
に
こ
れ
ほ
ど
ま
で
に
夢
中
に
さ
せ
ら
  
は
じ
け
る
 °
  
そ
れ
に
あ
わ
せ
て
零
海
の
巨
大
な
双
球
も
や
わ
ら
か
く
変
形
し
 
  
手
の
動
き
を
だ
ん
だ
ん
激
し
く
し
て
い
く
 °
  
童
子
は
宝
物
を
手
に
入
れ
た
か
の
よ
う
な
喜
び
よ
う
だ
っ
た
 °
  
れ
を
と
っ
て
も
一
級
品
だ
っ
た
 °
  
手
に
返
す
弾
力
 
程
よ
い
や
わ
ら
か
さ
 
肌
の
き
め
細
か
さ
 
  
 
な
ん
て
も
み
心
地
が
い
い
の
か
し
ら
 
癖
に
な
り
そ
う
 



   

  
立
っ
て
い
た
 °
  
酒
天
童
子
の
愛
撫
を
受
け
て
い
る
零
海
は
け
ろ
っ
と
し
た
表
情
で
  
 
な
・
・
・
な
ん
で
あ
ん
た
 
そ
ん
な
平
然
と
し
て
る
の
よ
!
?
 
  
そ
の
と
き
初
め
て
異
変
を
察
知
し
た
の
だ
 °
  
童
子
は
動
か
し
て
い
る
手
を
止
め
て
し
ま
っ
た
 °
  
そ
う
で
し
ょ
う
?
そ
の
と
き
胸
を
食
ら
っ
て
あ
げ
る
・
・
・
ん
?
 
  
て
気
を
失
っ
た
娘
も
い
た
わ
 °
あ
な
た
も
気
持
ち
よ
す
ぎ
て
い
き
  
 
ど
う
か
し
ら
百
戦
錬
磨
の
私
の
技
は
 °
こ
れ
で
気
持
ち
よ
す
ぎ
  
零
海
の
胸
が
乳
首
を
震
わ
せ
つ
つ
 
い
び
つ
に
変
形
す
る
 °
  
 
あ
ぁ
ぁ
!
 
  
の
胸
を
揉
み
だ
し
た
 °
  
そ
う
い
う
と
童
子
は
乳
首
を
は
じ
き
な
が
ら
あ
ま
っ
た
手
で
零
海
  
 
ま
だ
ま
だ
こ
れ
か
ら
よ
 °
 
  
 
ぁ
ぁ
ん
!
 
  
零
海
の
乳
首
は
残
像
を
残
す
ほ
ど
の
速
さ
で
上
下
す
る
 °
  
そ
う
い
う
と
童
子
は
も
の
す
ご
い
指
の
速
さ
で
乳
首
を
は
じ
く
 °
  
 
こ
れ
で
も
ま
だ
耐
え
れ
る
か
し
ら
ね
?
 
  
 
き
ゃ
!
 
  
童
子
は
乳
首
を
指
先
で
つ
ま
む
 °
  
 
・
・
・
 





















   

  
自
分
の
6
0
0
年
で
築
き
上
げ
て
き
た
技
術
が
こ
ん
な
小
娘
に
通
  
童
子
は
途
中
か
ら
話
を
聞
か
ず
に
わ
な
わ
な
震
え
て
い
る
 °
  
 
・
・
・
こ
の
ぉ
!
!
!
!
 
  
零
海
は
あ
の
2
人
に
つ
い
て
の
講
釈
に
夢
中
に
な
っ
て
い
る
 °
  
ま
せ
ん
よ
 °
ま
ず
あ
の
方
た
ち
の
技
っ
て
い
う
の
は
ぁ
・
・
・
・
 
  
の
で
す
 °
そ
ん
な
へ
ぼ
技
じ
ゃ
 
い
く
ら
媚
薬
が
あ
っ
て
も
感
じ
  
ね
|
 °
よ
っ
て
こ
の
世
で
私
を
イ
か
せ
れ
る
人
物
は
2
人
だ
け
な
  
の
快
感
じ
ゃ
な
い
と
イ
け
な
い
体
に
な
っ
て
し
ま
っ
た
ん
で
す
よ
  
さ
れ
ま
し
て
 °
悲
し
い
こ
と
に
そ
れ
以
来
 
あ
る
一
定
以
上
は
あ
  
以
前
あ
る
意
味
胸
に
関
し
て
は
神
が
か
り
的
な
2
人
の
技
で
イ
か
  
ま
 
た
し
か
に
あ
な
た
の
技
は
一
流
か
も
し
れ
ま
せ
ん
け
ど
 
私
 
  
 
そ
ん
な
に
声
を
荒
げ
て
は
せ
っ
か
く
の
美
人
が
台
無
し
で
す
よ
?
  
童
子
は
顔
を
真
っ
赤
に
し
て
声
を
荒
げ
た
 °
  
 
な
ん
で
?
あ
ん
た
感
じ
て
た
ん
じ
ゃ
な
い
の
!
?
 
  
の
隙
に
隠
し
て
あ
っ
た
針
金
で
手
錠
を
は
ず
し
た
の
だ
 °
  
そ
こ
で
感
じ
て
い
る
演
技
を
し
て
童
子
を
胸
に
夢
中
に
さ
せ
 
  
だ
っ
た
 °
  
零
海
は
媚
薬
で
体
が
疼
い
て
は
い
た
が
そ
れ
は
耐
え
ら
れ
る
程
度
  
 
い
や
|
 
演
技
し
た
お
か
げ
で
す
ん
な
り
外
れ
ま
し
た
 
  
お
ま
け
に
手
錠
ま
で
外
れ
て
い
た
 °












   

  
 
ひ
ゃ
ん
!
!
 
  
い
っ
き
り
揉
ん
だ
 °
  
零
海
は
童
子
の
服
の
中
の
胸
を
ま
さ
ぐ
り
あ
る
一
定
の
場
所
を
思
  
 
こ
の
辺
で
し
た
っ
け
?
 
  
し
か
し
零
海
に
は
多
少
し
か
与
え
て
い
な
か
っ
た
 °
逆
に
  
え
よ
う
と
す
る
 °
  
零
海
が
は
な
し
て
い
る
間
に
も
童
子
は
懸
命
に
零
海
に
刺
激
を
与
  
も
う
あ
な
た
の
体
で
抑
え
て
も
ら
う
し
か
あ
り
ま
せ
ん
 °
 
  
う
か
ら
 
変
に
体
が
疼
い
ち
ゃ
っ
た
じ
ゃ
な
い
で
す
か
 °
こ
れ
は
  
を
聞
い
て
ほ
し
い
の
に
 °
大
体
で
す
ね
 
媚
薬
な
ん
て
も
っ
ち
ゃ
  
 
あ
ら
あ
ら
 °
ま
だ
話
の
中
だ
っ
た
ん
で
す
け
ど
 °
最
後
ま
で
話
  
し
か
し
  
釈
中
だ
っ
た
零
海
の
胸
を
精
一
杯
に
も
み
し
た
 °
  
そ
う
い
う
と
童
子
は
ま
だ
 
2
人
の
イ
か
せ
技
に
つ
い
て
 
の
講
  
て
や
る
ん
だ
か
ら
!
 
  
 
あ
た
し
の
6
0
0
年
の
技
を
バ
カ
に
し
て
!
!
絶
対
 
イ
か
し
  
顔
だ
っ
た
の
か
も
し
れ
な
い
 °
  
そ
の
様
子
こ
そ
ま
さ
し
く
古
人
が
  
と
呼
ん
だ
酒
天
童
子
の
  
童
子
は
顔
を
真
っ
赤
に
し
て
怒
っ
た
 °
  
用
し
な
か
っ
た
の
だ
 °

















   

  
童
子
は
感
じ
っ
ぱ
な
し
で
あ
っ
た
 °
  
 
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
・
・
・
 
  
乳
首
が
跳
ね
回
る
 °
  
し
た
 °
  
そ
う
い
う
と
零
海
は
 
童
子
の
乳
首
を
す
ご
い
速
さ
で
は
じ
き
出
  
 
あ
 
つ
い
で
で
す
か
ら
あ
な
た
の
技
も
真
似
し
て
み
ま
し
ょ
う
 °
 
  
童
子
は
快
感
に
耐
え
る
の
で
精
一
杯
で
あ
っ
た
 °
  
完
全
に
形
成
が
逆
転
し
て
い
た
 °
  
零
海
は
さ
ら
に
童
子
の
胸
を
は
げ
し
く
こ
ね
回
す
 °
  
ち
の
よ
う
で
す
 °
こ
ね
る
に
限
り
ま
す
ね
 °
 
  
 
南
蛮
人
の
方
の
胸
は
柔
ら
か
か
っ
た
ん
で
す
ね
 °
ま
る
で
お
も
  
童
子
の
胸
が
 
零
海
の
手
に
よ
っ
て
縦
横
無
尽
に
暴
れ
る
 °
  
し
て
絶
え
間
な
く
刺
激
を
与
え
る
 °
  
零
海
は
童
子
の
胸
を
 
押
さ
え
つ
け
た
り
上
下
に
揺
さ
ぶ
っ
た
り
  
い
で
し
ょ
う
?
 
  
 
ふ
っ
ふ
っ
ふ
 °
成
海
さ
ん
の
見
よ
う
見
ま
ね
で
す
が
気
持
ち
い
  
 
あ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
!
!
!
 
  
て
思
い
っ
き
り
胸
を
わ
し
づ
か
み
に
し
た
 °
  
そ
の
隙
に
零
海
は
童
子
の
後
ろ
側
に
回
り
 
着
物
を
は
だ
け
さ
せ
  
そ
の
瞬
間
 
童
子
の
体
中
に
電
撃
の
よ
う
な
刺
激
が
走
っ
た
 °


   

  
出
て
き
た
 °
  
そ
れ
に
呼
応
す
る
か
の
よ
う
に
あ
と
か
ら
あ
と
か
ら
母
乳
は
吹
き
  
零
海
は
よ
り
飲
も
う
と
 
思
い
っ
き
り
吸
う
 °
  
も
あ
る
 °
  
そ
し
て
膨
乳
丸
に
代
表
さ
れ
る
よ
う
に
胸
を
大
き
く
さ
せ
る
効
果
  
用
可
能
な
も
の
だ
っ
た
 °
  
乳
忍
た
ち
の
母
乳
は
万
能
薬
に
な
る
 °
薬
 
食
料
な
ん
に
で
も
転
  
童
子
の
母
乳
は
成
海
た
ち
乳
忍
の
出
す
母
乳
の
味
に
似
て
い
た
 °
  
し
ま
す
!
 
  
 
こ
 
こ
れ
は
・
・
・
乳
忍
さ
ん
た
ち
が
出
す
母
乳
に
近
い
味
が
  
れ
て
い
た
も
の
が
一
気
に
出
て
く
る
か
の
よ
う
に
 °
  
よ
り
母
乳
が
吹
き
出
て
く
る
 °
ま
る
で
6
0
0
年
間
せ
き
止
め
ら
  
零
海
は
前
に
回
っ
て
乳
首
に
吸
い
付
い
た
 °
  
 
母
乳
も
出
る
な
ん
て
・
・
・
イ
っ
た
ん
で
す
ね
 °
 
  
出
し
始
め
た
 °
  
突
如
 
童
子
の
体
が
ビ
ク
ン
と
大
き
く
動
き
乳
首
か
ら
母
乳
を
噴
  
零
海
は
指
で
乳
首
を
は
じ
き
な
が
ら
胸
を
激
し
く
も
み
だ
し
た
 °
  
 
で
 
さ
ら
に
こ
う
で
し
た
ね
 °
 
  
い
る
 °
  
乳
首
は
天
を
突
こ
う
と
す
る
ほ
ど
に
勃
起
し
 
胸
は
張
り
詰
め
て

   

  
零
海
は
心
底
嬉
し
そ
う
だ
 °
  
 
え
 
ホ
ン
ト
で
す
か
!
 
  
 
あ
な
た
ね
・
・
・
ま
あ
い
い
わ
 °
タ
ダ
よ
 °
 
  
 
・
・
・
甘
酒
と
お
団
子
 
い
く
ら
で
し
た
っ
け
?
 
  
零
海
は
言
い
に
く
そ
う
に
い
い
だ
し
た
 °
  
 
な
に
?
 
  
 
あ
の
 
  
も
う
体
の
半
分
以
上
 
消
え
て
い
る
 °
  
で
も
よ
か
っ
た
の
 °
あ
り
が
と
う
 °
 
  
し
も
あ
の
世
で
い
け
る
 °
6
0
0
歳
の
お
ば
あ
ち
ゃ
ん
の
若
作
り
  
 
で
も
あ
な
た
が
イ
か
せ
て
く
れ
た
お
か
げ
で
 
よ
う
や
く
あ
た
  
に
な
っ
て
飛
ん
で
い
っ
て
い
る
 °
  
そ
う
い
い
な
が
ら
童
子
は
自
分
の
手
を
見
る
 °
す
こ
し
ず
つ
燐
粉
  
の
 
  
あ
の
都
一
の
色
男
 
源
頼
光
で
も
あ
た
し
を
イ
か
せ
れ
な
か
っ
た
  
て
く
れ
る
も
の
が
現
れ
る
の
を
舞
っ
て
い
た
の
か
も
し
れ
な
い
 °
  
 
6
0
0
年
間
長
か
っ
た
わ
 °
思
え
ば
あ
た
し
は
自
分
を
イ
か
せ
  
こ
と
が
終
わ
っ
た
後
 
童
子
は
そ
う
紡
ぎ
だ
し
た
 °
  
 
あ
た
し
は
生
ま
れ
て
は
じ
め
て
イ
く
こ
と
が
で
き
た
わ
・
・
・
 
  
・
・
・























   

  
  
  
|
終
|
 
  
  
零
海
は
今
日
始
め
て
 
真
剣
に
 
悩
ん
で
い
た
 °
  
 
・
・
・
露
出
し
て
帰
り
ま
す
か
・
・
・
・
 
  
な
っ
て
い
て
着
物
に
ど
う
し
て
も
収
ま
ら
な
か
っ
た
 °
  
零
海
の
胸
は
 
童
子
の
母
乳
の
せ
い
か
1
周
り
2
周
り
も
大
き
く
  
き
く
な
り
す
ぎ
で
す
・
・
・
 
  
 
ん
ん
|
|
|
・
・
・
ど
う
や
っ
て
も
こ
れ
入
り
ま
せ
ん
よ
 °
  
し
か
も
  
胸
が
は
だ
け
た
ま
ま
だ
っ
た
 °
  
 
こ
れ
ど
う
し
ま
し
ょ
う
・
・
・
 
  
結
構
す
ぐ
に
見
つ
か
り
今
に
も
旅
立
て
る
状
態
で
あ
っ
た
 °
が
 °
  
そ
う
い
っ
て
自
分
の
荷
物
を
探
す
 °
  
 
さ
て
行
く
準
備
で
も
し
ま
す
か
 °
 
  
し
ば
ら
く
零
海
は
そ
の
ま
ま
で
い
た
が
 °
  
 
・
・
・
な
ん
だ
 
わ
か
っ
て
た
ん
で
す
か
 °
 
  
そ
う
い
っ
て
酒
天
童
子
は
消
え
て
な
く
な
っ
た
 °
  
 
じ
ゃ
あ
ね
 
源
の
末
代
の
娘
さ
ん
 °
 










  > ≫