に
涙
を
流
し
て
い
た
 °
  
女
性
な
の
に
 
男
性
用
の
執
事
服
を
手
に
し
た
と
き
 
私
は
静
か
  
の
回
想
を
す
る
 °
  
ダ
ン
ボ
|
ル
に
少
な
い
荷
物
を
詰
め
込
み
な
が
ら
 
私
は
今
ま
で
  
ま
た
深
い
た
め
息
が
で
る
 °
  
 
は
ぁ
:
:
:
:
 
  
た
の
で
あ
る
 °
  
自
分
で
そ
う
判
断
し
た
か
ら
こ
そ
 
自
ら
引
く
べ
き
だ
と
決
心
し
  
お
嬢
様
に
あ
ん
な
失
態
を
さ
せ
て
し
ま
っ
て
は
 
も
う
無
理
だ
 °
  
執
事
の
仕
事
は
も
う
や
っ
て
い
け
な
い
 °
  
部
屋
を
出
て
行
く
た
め
だ
 °
  
掃
除
の
た
め
で
は
な
い
 °
  
私
は
今
 
自
室
の
片
づ
け
を
し
て
い
る
 °
  
 
は
ぁ
:
:
:
:
 
  
  
第
2
話
 
前
編
  
  
黒
猫
大
和
 
作
  
執
事
の
お
仕
事




















≪ <  

  
 
し
か
し
 
お
嬢
様
は
私
を
ち
ら
り
と
見
て
穏
や
か
に
微
笑
ん
だ
  
主
の
悩
み
は
執
事
の
悩
み
 
手
助
け
し
た
い
一
心
で
見
た
 °
  
私
は
意
を
決
し
て
言
っ
た
 °
  
 
お
嬢
様
 
な
に
か
悩
ん
で
ら
っ
し
ゃ
る
ん
で
す
か
?
 
  
に
ゆ
れ
て
い
た
 °
  
が
な
い
 
と
い
う
言
葉
が
ぴ
っ
た
り
当
て
は
ま
る
よ
う
に
控
え
め
  
い
つ
も
は
歩
調
に
合
わ
せ
て
盛
大
に
ゆ
れ
る
の
だ
が
 
今
は
元
気
  
心
な
し
か
 
そ
の
巨
大
な
胸
も
元
気
が
な
い
 °
  
う
だ
っ
た
 °
  
で
き
る
こ
と
は
な
い
か
 
と
こ
っ
ち
ま
で
思
い
悩
ん
で
し
ま
い
そ
  
ん
な
状
態
の
お
嬢
様
を
み
る
の
は
執
事
と
し
て
な
に
か
お
手
伝
い
  
な
に
に
思
い
悩
ん
で
い
る
か
は
私
に
は
分
か
ら
な
か
っ
た
が
 
  
な
こ
と
を
言
っ
て
い
る
場
合
で
は
な
い
 °
  
美
し
い
顔
が
憂
い
を
秘
め
て
神
秘
的
 
で
は
あ
る
が
い
ま
は
そ
ん
  
思
い
悩
ん
で
い
る
 
と
い
う
典
型
な
状
態
だ
ろ
う
 °
  
気
づ
け
ば
た
め
息
 °
  
一
歩
引
い
て
 
一
緒
に
歩
い
て
い
て
も
上
の
空
 °
  
前
々
か
ら
予
兆
は
あ
っ
た
の
だ
 °
  
は
か
か
ら
な
か
っ
た
 °
  
 
沙
織
お
嬢
様
の
様
子
が
変
だ
 
と
気
づ
く
ま
で
に
は
そ
う
時
間

   

  
 
い
え
 
か
ま
い
ま
せ
ん
 °
何
で
し
ょ
う
か
?
 
  
お
嬢
様
が
謝
罪
す
る
 °
  
 
あ
ら
 
ご
め
ん
な
さ
い
 
  
あ
あ
思
い
出
し
た
く
も
な
い
 °
  
な
っ
て
い
る
 °
  
以
前
も
同
じ
よ
う
な
こ
と
が
あ
っ
て
 
私
に
は
若
干
ト
ラ
ウ
マ
と
  
私
は
す
ん
で
の
と
こ
ろ
で
交
わ
し
て
 
事
な
き
を
得
た
 °
  
く
る
 °
  
当
然
 
そ
の
規
格
外
な
大
き
さ
の
胸
が
勢
い
よ
く
私
に
向
か
っ
て
  
 
わ
っ
 
  
お
嬢
様
は
自
室
に
入
る
前
に
 
振
り
返
っ
て
言
っ
た
 °
  
 
そ
う
だ
  
  
  
 
二
人
し
か
い
な
い
廊
下
は
 
と
て
も
静
か
だ
っ
た
 °
  
の
だ
ろ
う
 
と
判
断
し
て
口
を
つ
ぐ
ん
だ
 °
  
そ
う
い
う
ふ
う
に
言
わ
れ
て
は
 
こ
れ
以
上
触
れ
て
は
い
け
な
い
  
 
そ
う
は
見
え
な
い
か
ら
声
を
掛
け
た
ん
だ
け
ど
な
ぁ
 °
  
 
は
ぁ
:
:
:
:
 
  
 
歩
に
言
う
ほ
ど
の
悩
み
じ
ゃ
な
い
わ
よ
 
  
後
 
ま
た
視
線
を
そ
ら
し
て
い
っ
た
 °











   

  
 
:
:
:
:
は
い
 
  
て
頂
戴
 
  
 
い
え
 
な
い
な
ら
い
い
わ
 °
で
も
何
か
必
要
に
な
っ
た
ら
言
っ
  
 
あ
の
:
:
:
:
 
  
私
は
心
底
 
さ
っ
き
の
返
答
を
後
悔
し
た
 °
  
お
期
待
に
添
え
な
い
の
は
 
執
事
の
名
折
れ
 °
  
つ
ま
り
そ
れ
は
お
嬢
様
が
望
ん
で
い
る
答
え
で
は
な
い
わ
け
で
 °
  
あ
あ
 
そ
ん
な
お
顔
も
素
敵
 °
っ
て
言
っ
て
い
る
場
合
じ
ゃ
な
い
 °
  
お
嬢
様
は
困
っ
た
わ
 
と
い
う
表
情
を
し
た
 °
  
 
そ
う
い
う
返
答
が
一
番
こ
ま
る
ん
だ
け
ど
な
ぁ
 
  
文
句
を
つ
け
た
ら
地
獄
に
い
っ
て
も
お
か
し
く
な
い
 °
  
女
神
の
よ
う
に
美
し
い
神
様
の
箱
庭
 °
  
こ
は
天
国
 °
  
今
ま
で
の
生
と
死
の
狭
間
の
よ
う
な
生
活
か
ら
見
て
み
れ
ば
 
  
 
い
え
 
今
の
と
こ
ろ
満
足
し
て
い
ま
す
 
  
あ
あ
 
そ
う
い
う
コ
ト
で
す
か
 °
  
 
だ
か
ら
 
な
に
か
欲
し
い
も
の
は
あ
る
の
?
 
  
質
問
の
意
図
が
よ
く
見
え
な
い
 °
  
 
は
?
 
  
 
そ
う
そ
う
 °
あ
な
た
 
今
な
に
か
足
り
な
い
も
の
あ
る
?
 


   

  
だ
 °
  
そ
れ
ら
を
間
近
で
見
ら
れ
る
の
な
ら
ば
 
心
も
満
た
さ
れ
る
も
の
  
肢
体
 °
  
そ
れ
に
あ
の
美
し
い
お
顔
 
巨
大
な
胸
 
彫
刻
の
よ
う
な
完
璧
な
  
一
緒
に
い
て
楽
し
い
の
だ
 °
  
お
嬢
様
が
い
れ
ば
 
苦
労
も
感
じ
な
い
 °
  
お
嬢
様
?
  
じ
ゃ
あ
な
ん
だ
ろ
う
 °
  
の
に
 °
  
今
の
生
活
に
十
分
満
足
し
て
い
る
か
ら
 
本
当
に
何
も
い
ら
な
い
  
必
要
な
物
?
  
お
嬢
様
は
な
ん
と
い
う
答
え
を
期
待
し
て
い
た
の
で
あ
ろ
う
 °
  
の
こ
と
を
思
い
浮
か
べ
る
 °
  
 
私
は
自
室
に
戻
っ
て
ベ
ッ
ド
の
上
に
寝
転
が
り
 
一
人
さ
っ
き
  
  
思
う
 °
  
思
え
ば
そ
れ
が
き
っ
か
け
で
あ
っ
て
 
ま
た
原
因
だ
っ
た
ん
だ
と
  
  
た
 °
  
結
局
 
私
は
わ
び
る
こ
と
も
出
来
ず
に
お
嬢
様
の
部
屋
を
後
に
し

   

  
誰
か
が
 
私
を
ゆ
す
っ
て
い
る
 °
  
 
:
:
:
:
ゆ
み
 
歩
!
 
  
  
私
は
工
作
道
具
を
取
り
出
し
た
 °
  
 
お
嬢
様
バ
カ
な
ら
バ
カ
ら
し
く
 
徹
底
し
て
み
ま
す
か
 
  
 
私
は
ベ
ッ
ド
か
ら
腰
を
上
げ
る
と
 
準
備
を
し
た
 °
  
 
よ
い
し
ょ
っ
と
 
  
な
ら
ば
 °
  
事
実
 
お
嬢
様
バ
カ
な
の
だ
か
ら
 °
  
な
ん
か
そ
ん
な
こ
と
を
考
え
て
い
た
ら
 
笑
え
て
し
ょ
う
が
な
い
 °
  
 
あ
は
は
 
  
て
い
わ
れ
る
か
も
し
れ
な
い
 °
  
で
す
ね
 °
か
な
り
重
度
で
す
 °
入
院
の
必
要
が
あ
り
ま
す
 
な
ん
  
お
医
者
様
に
見
て
も
ら
っ
た
ら
多
分
 
 
病
名
は
お
嬢
様
症
候
群
  
し
い
 °
  
ど
う
や
ら
 
私
の
お
嬢
様
バ
カ
は
日
を
ま
し
て
進
行
し
て
い
る
ら
  
私
は
噴
き
出
し
て
し
ま
っ
た
 °
  
 
ぷ
っ
 
  
何
が
不
満
な
の
だ
ろ
う
 °
  
お
ま
け
に
 
そ
れ
ら
を
自
由
に
し
て
い
い
と
き
も
あ
る
の
だ
 °


   

  
こ
さ
れ
る
な
ん
て
も
う
執
事
失
格
 °
  
主
よ
り
も
早
く
起
き
て
し
か
る
べ
き
執
事
な
の
に
 
そ
の
主
に
起
  
あ
あ
 
も
う
何
た
る
失
態
 °
  
 
本
当
に
申
し
訳
あ
り
ま
せ
ん
!
 
  
も
の
 °
心
配
に
も
な
る
わ
よ
 
  
 
ホ
ン
ト
よ
 °
い
つ
も
の
時
間
に
な
っ
て
も
部
屋
に
来
な
い
ん
だ
  
ど
う
考
え
て
も
寝
坊
だ
っ
た
 °
  
 
も
 
申
し
訳
あ
り
ま
せ
ん
!
!
 
  
こ
れ
は
も
し
か
し
な
く
て
も
 °
  
 
:
:
:
:
:
:
 
  
時
計
を
見
る
と
8
時
を
過
ぎ
て
い
る
 °
  
目
の
前
に
は
す
こ
|
し
怒
っ
て
い
る
お
嬢
様
 °
  
 
は
っ
!
?
 
  
そ
の
声
で
 
私
は
目
が
覚
め
た
 °
  
 
何
を
寝
ぼ
け
て
い
る
の
?
 
  
 
:
:
:
:
あ
と
 
十
分
だ
け
:
:
:
:
 
  
と
い
う
わ
け
で
 
も
う
少
し
だ
け
 °
  
疲
れ
て
当
然
 °
  
昨
日
深
夜
ま
で
作
業
し
て
い
た
の
だ
 °
  
私
と
し
て
は
も
う
少
し
眠
っ
て
い
た
い
 °










   

  
お
説
教
は
小
一
時
間
続
い
た
 °
  
 
申
し
訳
あ
り
ま
せ
ん
:
:
:
:
 
  
す
ぞ
!
 
  
 
い
い
で
す
か
 °
執
事
が
主
に
起
こ
さ
れ
る
な
ん
て
前
代
未
聞
で
  
ま
ず
 
執
事
長
か
ら
の
き
つ
|
い
き
つ
|
い
お
叱
り
 °
  
な
ん
と
か
お
嬢
様
を
送
り
出
し
て
か
ら
が
大
変
だ
っ
た
 °
  
お
昼
 °
  
  
そ
の
日
は
一
日
ブ
ル
|
だ
っ
た
 °
  
 
:
:
:
:
な
に
や
っ
て
る
ん
だ
ろ
 ° 
  
い
け
な
い
 °
そ
ん
な
こ
と
を
考
え
て
い
る
ヒ
マ
は
な
い
 °
  
な
く
な
る
よ
う
に
し
て
ほ
し
い
 °
  
さ
ら
に
石
を
入
り
口
に
置
い
て
ふ
さ
い
で
 
今
後
十
年
は
出
ら
れ
  
穴
が
あ
っ
た
ら
入
り
た
い
 °
  
何
た
る
失
態
 °
  
お
嬢
様
は
そ
う
い
っ
て
私
の
部
屋
を
出
て
行
か
れ
た
 °
  
 
は
い
っ
 
  
も
の
よ
う
に
お
願
い
 °
今
日
は
時
間
が
押
し
て
い
る
ん
だ
か
ら
 
  
 
:
:
:
:
い
い
か
ら
 
さ
っ
さ
と
着
替
え
て
 °
そ
れ
か
ら
い
つ
  
も
う
泣
き
た
い
 °



















   

  
 
す
こ
し
こ
ち
ら
へ
よ
っ
て
く
だ
さ
い
 
  
お
嬢
様
が
 
小
さ
い
嬌
声
を
上
げ
る
 °
  
 
あ
ん
 
  
た
 °
  
断
り
を
入
れ
て
 
私
は
お
嬢
様
の
巨
大
な
胸
の
片
方
を
持
ち
上
げ
  
 
お
嬢
様
 
失
礼
し
ま
す
 
  
仕
方
な
い
の
で
実
演
す
る
こ
と
に
し
た
 °
  
そ
れ
で
も
ま
だ
掴
み
き
れ
て
い
な
い
ら
し
い
 °
  
 
台
車
?
 
  
 
簡
単
に
言
う
と
 
台
車
 
で
す
ね
 
  
し
か
し
 
そ
れ
が
な
ん
な
の
か
は
伝
わ
っ
て
な
い
ら
し
い
 °
  
完
成
し
た
そ
れ
を
お
嬢
様
に
披
露
し
た
 °
  
お
嬢
様
が
お
帰
り
に
な
ら
れ
て
か
ら
 
し
ば
ら
く
た
っ
た
後
 °
  
お
嬢
様
が
不
思
議
そ
う
に
 
首
を
か
し
げ
た
 °
  
 
で
 
こ
れ
は
な
に
?
 
  
  
そ
し
て
 
そ
の
合
間
を
ぬ
っ
て
昨
晩
の
作
業
の
続
き
を
こ
な
し
た
 °
  
私
は
気
持
ち
を
切
り
替
え
て
 
仕
事
に
取
り
掛
か
っ
た
 °
  
 
過
ぎ
た
こ
と
を
悔
や
ん
で
も
仕
方
が
な
い
か
 
  


























   

  
我
な
が
ら
い
い
出
来
だ
と
思
う
 °
  
ま
さ
し
く
 
お
嬢
様
バ
カ
の
結
晶
 °
  
の
で
あ
る
 °
  
 
そ
こ
で
そ
れ
ら
を
軽
減
で
き
な
い
か
 
と
思
っ
て
作
り
上
げ
た
  
を
費
や
し
て
い
る
こ
と
を
重
々
理
解
し
て
い
た
 °
  
お
嬢
様
が
普
段
か
ら
 
そ
の
巨
大
さ
ゆ
え
に
移
動
に
多
大
な
労
力
  
あ
る
 °
  
そ
う
 
コ
レ
は
そ
の
巨
大
な
お
っ
ぱ
い
を
乗
せ
る
た
め
の
台
車
で
  
よ
う
や
く
理
解
い
た
だ
け
た
よ
う
で
あ
る
 °
  
 
え
え
 
  
 
:
:
:
:
あ
あ
 
そ
う
い
う
こ
と
ね
 
  
お
嬢
様
の
胸
を
支
え
て
い
る
 °
  
重
い
も
の
が
乗
っ
か
っ
た
台
車
は
す
こ
し
悲
鳴
を
上
げ
な
が
ら
も
  
れ
た
 °
  
私
は
 
そ
の
持
ち
上
げ
た
お
嬢
様
の
胸
の
下
に
 
例
の
台
車
を
入
  
 
よ
っ
と
 
  
人
 
3
人
は
簡
単
に
包
み
込
め
そ
う
な
ほ
ど
の
大
き
さ
な
の
だ
 °
  
私
か
ら
見
れ
ば
 
巨
大
な
胸
が
せ
ま
っ
て
く
る
の
で
迫
力
が
あ
る
 °
  
お
嬢
様
は
言
わ
れ
る
が
ま
ま
に
 
私
の
ほ
う
へ
よ
っ
て
き
た
 °
  
 
え
?
え
え
 




















   

  
台
車
が
予
想
以
上
の
重
量
に
く
わ
え
て
 
移
動
す
る
と
き
の
力
に
  
 
お
嬢
様
!
?
 
  
 
き
ゃ
あ
っ
 
  
た
 °
  
私
は
そ
れ
が
何
で
あ
る
か
気
づ
く
前
に
 
そ
れ
は
一
気
に
崩
壊
し
  
み
し
 
っ
と
い
う
い
や
|
な
音
が
部
屋
に
響
い
た
 °
  
そ
れ
は
起
き
た
 °
  
お
嬢
様
が
私
の
ほ
う
に
近
づ
こ
う
と
し
た
瞬
間
 °
  
 
は
い
 
  
 
あ
り
が
と
う
 °
大
事
に
使
わ
せ
て
も
ら
う
わ
 
  
私
は
 
い
ま
確
か
に
幸
せ
で
あ
る
 °
  
お
嬢
様
は
笑
顔
を
花
咲
か
せ
た
 °
  
か
で
き
な
い
か
と
 
  
 
え
え
 
当
然
で
す
よ
 °
普
段
か
ら
大
変
そ
う
だ
っ
た
の
で
な
に
  
 
で
も
 
わ
ざ
わ
ざ
私
の
た
め
に
作
っ
て
く
れ
た
の
?
 
  
私
は
安
堵
す
る
 °
  
 
そ
う
で
す
か
 
よ
か
っ
た
で
す
 
  
お
嬢
様
も
気
に
入
っ
て
く
れ
た
よ
う
で
あ
る
 °
  
 
こ
れ
 
な
か
な
か
い
い
わ
 °
か
な
り
楽
よ
 
  
若
干
 
突
貫
で
作
っ
た
た
め
強
度
が
不
安
だ
が
 °







   

  
お
嬢
様
は
 
申
し
訳
な
さ
そ
う
に
謝
っ
た
 °
  
な
け
れ
ば
な
ら
な
い
わ
 °
ご
め
ん
な
さ
い
 
  
作
っ
て
く
れ
た
の
に
 
壊
し
て
し
ま
っ
て
 
私
の
ほ
う
こ
そ
謝
ら
  
 
い
え
 
か
ま
わ
な
い
わ
 °
そ
れ
よ
り
も
 
あ
な
た
が
せ
っ
か
く
  
私
は
心
か
ら
謝
罪
し
た
 °
  
っ
て
し
ま
っ
た
ば
か
り
に
 
  
 
お
嬢
様
 
申
し
訳
あ
り
ま
せ
ん
:
:
:
:
 °
あ
ん
な
も
の
を
作
  
死
ん
で
も
わ
び
き
れ
な
い
だ
ろ
う
 °
  
ど
う
し
た
ら
い
い
か
分
か
ら
な
い
 °
  
私
の
作
っ
た
も
の
で
 
お
嬢
様
が
怪
我
で
も
さ
れ
た
ら
私
は
も
う
  
私
は
ほ
っ
と
安
堵
し
た
 °
  
 
よ
か
っ
た
 
  
お
嬢
様
は
 
私
に
微
笑
み
返
し
た
 °
  
 
い
た
た
:
:
:
:
 °
え
え
 
な
ん
と
か
大
丈
夫
よ
 
  
私
は
あ
わ
て
て
お
嬢
様
を
抱
き
起
こ
す
 °
  
 
お
 
お
嬢
様
!
大
丈
夫
で
す
か
!
?
 
  
一
瞬
の
静
寂
 °
  
出
来
ず
に
前
の
め
り
に
倒
れ
て
し
ま
っ
た
 °
  
私
の
目
の
前
で
お
嬢
様
は
 
突
然
の
崩
壊
に
受
身
を
取
る
こ
と
も
  
つ
い
に
耐
え
切
れ
な
く
な
っ
て
し
ま
っ
た
 °









   

  
さ
ら
す
と
は
 
な
ん
た
る
こ
と
で
す
か
!
 
  
 
や
は
り
 °
御
神
君
 °
君
が
つ
い
て
い
な
が
ら
お
嬢
様
を
危
険
に
  
私
は
お
嬢
様
を
受
け
止
め
た
 °
  
ど
う
や
ら
 
足
を
く
じ
い
て
し
ま
っ
た
よ
う
だ
 °
  
 
お
嬢
様
は
立
ち
上
が
ろ
う
と
し
て
 
突
然
ま
た
こ
け
た
 °
  
 
な
ん
で
も
な
い
わ
 °
ほ
ら
こ
の
と
お
り
に
:
:
:
:
い
た
っ
 
  
執
事
長
は
に
ら
む
よ
う
に
私
を
見
た
 °
  
に
何
か
起
こ
っ
た
の
で
は
な
い
か
 
と
心
配
に
も
な
り
ま
す
 
  
 
し
か
し
 
先
ほ
ど
も
の
す
ご
い
音
が
聞
こ
え
ま
し
た
 °
お
嬢
様
  
わ
た
し
が
答
え
る
前
に
 
お
嬢
様
が
答
え
た
 °
  
 
な
ん
で
も
な
い
わ
 
  
 
し
 
執
事
長
!
こ
れ
は
 
そ
の
 
  
運
悪
く
執
事
長
が
部
屋
に
入
っ
て
き
た
 °
  
 
何
の
騒
ぎ
で
す
か
な
?
 
  
そ
の
時
 °
  
 
私
は
泣
き
そ
う
に
な
っ
た
  
調
子
に
乗
っ
て
い
た
私
が
悪
い
の
に
 °
  
あ
ん
な
中
途
半
端
の
も
の
を
作
っ
て
し
ま
っ
た
私
が
悪
い
の
に
 °
  
私
は
い
た
た
ま
れ
な
い
気
持
ち
に
な
っ
て
目
を
そ
ら
し
た
 °
  
 
そ
ん
な
 
悪
い
の
は
私
で
す
 













   

  
 
こ
こ
の
生
活
は
 
本
当
に
天
国
の
よ
う
だ
っ
た
 °
  
涙
を
流
し
な
が
ら
 °
  
私
は
自
室
に
こ
も
り
 
荷
物
を
ま
と
め
て
い
る
 °
  
 
そ
し
て
現
在
 °
  
  
 
目
の
前
が
真
っ
暗
に
な
っ
た
 °
  
  
な
さ
い
 
  
 
御
神
君
 °
君
は
ク
ビ
で
す
 °
今
夜
中
に
荷
物
を
ま
と
め
て
お
き
  
 
執
事
長
の
口
か
ら
 
想
像
し
て
い
た
無
情
の
一
言
が
出
た
 °
  
て
い
た
だ
き
ま
す
 °
 
  
神
君
 °
君
は
今
朝
の
失
態
 
及
び
今
回
の
件
を
見
た
上
で
言
わ
せ
  
 
い
え
 
こ
れ
は
さ
す
が
に
見
逃
す
わ
け
に
は
い
き
ま
せ
ん
!
御
  
私
は
つ
い
に
涙
を
流
し
て
し
ま
っ
た
 °
  
今
は
そ
れ
が
逆
に
辛
く
て
 
か
ば
わ
れ
る
だ
け
哀
し
く
な
っ
て
 
  
お
嬢
様
は
私
を
か
ば
っ
て
く
れ
て
い
る
 °
  
す
!
 
  
 
歩
は
悪
く
な
い
っ
て
言
っ
て
い
る
で
し
ょ
う
!
こ
れ
は
事
故
で
  
私
は
い
た
た
ま
れ
な
く
な
っ
て
 
目
元
が
熱
く
な
る
の
を
感
じ
た
 °
  
 
も
 
申
し
訳
あ
り
ま
せ
ん
 














   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
私
は
無
言
で
荷
物
を
ま
と
め
た
 °
  
楽
し
い
ひ
と
時
は
す
ぐ
に
過
ぎ
去
る
 °
  
 
な
ら
ば
 
夢
か
ら
覚
め
る
と
き
が
き
た
ん
だ
ろ
う
 °
  
夢
を
見
て
い
る
よ
う
だ
っ
た
 °
  
楽
し
い
毎
日
だ
っ
た
 °

















  > ≫