そ
の
町
に
威
風
堂
々
と
そ
び
え
た
つ
大
き
な
高
校
が
あ
っ
た
 °
  
田
舎
だ
 °
  
一
方
 
こ
こ
は
天
龍
町
 °
都
会
化
の
進
ん
で
い
る
最
中
で
あ
る
片
  
  
覗
き
穴
か
ら
あ
る
チ
ャ
ン
ス
を
う
か
が
っ
た
 °
  
よ
う
や
く
準
備
を
終
え
た
タ
ン
バ
|
ン
は
一
息
お
い
て
下
界
へ
の
  
た
ち
に
手
伝
っ
て
も
ら
っ
て
い
る
 °
  
流
石
に
老
い
た
体
で
は
全
て
の
仕
事
を
こ
な
せ
な
い
の
で
 
弟
子
  
:
 °
 
  
 
ふ
|
 
こ
ん
な
こ
と
な
ら
準
備
を
サ
ボ
る
ん
じ
ゃ
な
か
っ
た
:
  
大
仕
事
の
た
め
に
て
ん
て
こ
舞
い
し
て
い
た
 °
  
神
様
ら
し
い
白
く
長
い
髭
が
特
徴
的
な
性
格
の
神
 °
今
日
 
彼
は
  
そ
の
中
の
一
人
 
タ
ン
バ
|
ン
は
神
々
を
指
揮
す
る
リ
|
ダ
|
だ
 °
  
天
界
の
性
格
ブ
ロ
ッ
ク
に
て
 
性
格
の
神
が
沢
山
暮
ら
し
て
い
た
 °
  
天
界
:
:
  
  
第
一
話
 
突
然
の
変
貌
 
  
  
ク
ル
ル
ァ
 
作
  
天
龍
の
乙
女





















≪ <  

  
 
重
信
く
|
ん
!
 
  
  
う
も
の
が
大
嫌
い
だ
っ
た
 °
:
:
一
人
を
除
い
て
は
 °
  
特
に
若
い
女
は
節
操
が
無
い
 
と
断
言
す
る
 °
彼
は
若
い
女
と
い
  
て
は
珍
し
く
最
近
の
若
い
人
は
礼
儀
を
知
ら
な
い
と
考
え
て
い
る
 °
  
重
信
も
例
外
で
は
な
か
っ
た
 °
昨
日
1
6
歳
に
な
っ
た
少
年
に
し
  
若
い
人
自
身
が
疑
問
に
思
っ
て
い
る
こ
と
も
あ
る
の
だ
 °
  
し
か
し
 
老
人
ば
か
り
が
呆
れ
て
い
る
わ
け
で
は
な
い
 °
一
部
の
  
そ
の
有
様
に
呆
れ
返
っ
て
い
る
 °
  
っ
て
き
て
い
る
 °
天
龍
町
に
昔
か
ら
住
ん
で
い
る
老
人
は
み
な
 
  
実
は
最
近
 
何
故
か
こ
う
い
う
正
し
い
心
を
持
つ
者
が
少
な
く
な
  
悪
を
嫌
う
正
義
の
少
年
だ
っ
た
 °
  
重
信
は
物
静
か
で
 
大
人
し
い
男
だ
 °
そ
れ
で
い
て
礼
儀
正
し
く
 
  
乱
れ
で
注
意
を
受
け
る
愚
か
な
生
徒
も
現
れ
だ
し
て
い
た
 °
  
6
月
に
な
っ
て
み
ん
な
学
校
に
も
慣
れ
始
め
 
一
部
に
は
服
装
の
  
生
だ
 °
  
名
前
は
氷
上
 
重
信
∧
ひ
か
み
 
し
げ
の
ぶ
∨
 
天
龍
高
校
1
年
  
っ
て
い
る
一
人
の
男
子
生
徒
が
い
た
 °
  
一
世
紀
以
上
続
い
た
歴
史
あ
る
名
門
校
 
天
龍
高
校
に
今
日
も
通
  
龍
高
校
だ
 °





















   

  
る
 °
  
り
と
理
解
し
て
い
る
た
め
 
洗
剤
で
も
惜
し
み
な
く
使
っ
て
あ
げ
  
に
し
か
思
え
な
い
が
 
心
の
広
い
重
信
は
奏
の
気
持
ち
を
し
っ
か
  
普
通
な
ら
誕
生
日
プ
レ
ゼ
ン
ト
に
洗
剤
を
贈
ら
れ
た
ら
嫌
が
ら
せ
  
正
解
だ
っ
た
ね
 °
 
  
 
あ
ぁ
ん
 
い
い
匂
い
ぃ
 °
や
っ
ぱ
り
 
ボ
オ
ノ
レ
ド
 
に
し
て
  
匂
い
を
嗅
い
で
み
な
 °
 
  
 
あ
ぁ
 
早
速
使
わ
せ
て
も
ら
っ
た
よ
 °
ほ
ら
 
こ
の
シ
ャ
ツ
の
  
 
ね
ぇ
ね
ぇ
 
重
信
く
ん
 °
昨
日
贈
っ
た
洗
剤
 
使
っ
て
く
れ
た
?
 
  
て
歩
い
た
 °
  
女
嫌
い
の
重
信
も
奏
に
対
し
て
は
友
好
的
だ
 °
二
人
は
肩
を
並
べ
  
清
楚
な
乙
女
で
あ
る
 °
重
信
に
と
っ
て
は
珍
し
い
存
在
だ
っ
た
 °
  
外
見
だ
け
で
は
な
い
 °
性
格
も
優
れ
て
い
る
 °
優
し
く
慈
悲
深
い
 
  
で
い
て
美
し
く
可
愛
ら
し
い
 °
  
顔
立
ち
だ
っ
て
美
少
女
で
も
美
女
で
も
ど
っ
ち
で
も
い
い
 
そ
れ
  
て
9
4
セ
ン
チ
の
巨
乳
を
誇
る
天
龍
高
校
の
マ
ド
ン
ナ
だ
 °
  
彼
女
の
名
は
市
島
 
奏
∧
い
ち
じ
ま
 
か
な
で
∨
 °
1
年
生
に
し
  
あ
る
女
子
生
徒
だ
っ
た
 °
  
揺
れ
る
二
つ
の
物
体
・
・
・
で
は
な
く
 
そ
の
乳
房
の
持
ち
主
で
  
後
ろ
か
ら
聞
こ
え
る
黄
色
い
声
 °
振
り
向
く
と
 
足
踏
み
の
た
び

   

  
の
例
外
で
あ
る
奏
も
重
信
の
お
嫁
さ
ん
に
し
た
方
が
よ
い
と
ば
か
  
御
影
も
最
近
の
若
い
女
に
は
節
操
が
無
い
と
呆
れ
て
い
た
 °
唯
一
  
と
思
う
 °
 
  
 
冗
談
だ
よ
 
冗
談
 °
で
も
 
重
信
と
奏
は
本
当
に
お
似
合
い
だ
  
友
達
以
上
の
関
係
に
な
っ
た
ん
だ
?
え
?
 
  
 
あ
の
さ
 
俺
ら
は
昔
か
ら
の
ダ
チ
じ
ゃ
な
い
か
よ
 °
い
つ
か
ら
  
重
信
は
そ
の
言
葉
を
ス
パ
ッ
と
否
定
す
る
 °
  
め
た
 °
  
奏
は
 
い
や
ぁ
ん
 
そ
ん
な
ん
じ
ゃ
な
い
の
ぉ
 °
 
と
顔
を
赤
ら
  
か
な
か
止
ま
ら
な
い
男
だ
 °
  
重
信
と
同
じ
く
大
人
し
く
礼
儀
正
し
い
が
 
一
度
喋
り
だ
す
と
な
  
 
御
影
∧
か
い
ば
ら
 
み
か
げ
∨
 °
  
ま
た
ま
た
後
ろ
か
ら
の
声
 °
今
度
は
男
の
声
だ
 °
声
の
主
は
柏
原
  
 
お
い
お
い
 
朝
か
ら
二
人
で
イ
チ
ャ
イ
チ
ャ
し
な
い
で
く
れ
よ
 °
 
  
  
似
合
い
だ
と
冷
や
か
さ
れ
る
ほ
ど
仲
が
良
か
っ
た
 °
  
と
り
あ
え
ず
 
人
間
と
し
て
完
成
し
き
っ
た
二
人
は
周
り
か
ら
お
  
し
て
家
に
あ
っ
た
洗
剤
を
プ
レ
ゼ
ン
ト
し
た
と
い
う
 °
  
を
自
費
で
買
う
こ
と
が
出
来
な
か
っ
た
 °
そ
の
た
め
 
親
に
懇
願
  
奏
の
方
は
 
お
小
遣
い
の
概
念
が
な
い
た
め
誕
生
日
プ
レ
ゼ
ン
ト

   

  
業
の
終
わ
り
の
礼
が
終
わ
れ
ば
す
ぐ
に
友
達
同
士
が
集
ま
る
 °
  
休
み
時
間
の
楽
し
み
と
い
え
ば
皆
で
談
笑
す
る
こ
と
だ
ろ
う
 °
  
  
 
も
う
・
・
・
 °
重
信
く
ん
の
ウ
ブ
・
・
・
 °
 
  
っ
と
膨
れ
た
 °
  
期
待
は
ず
れ
な
言
動
に
奏
の
頬
が
一
気
に
冷
め
 
代
わ
り
に
ぷ
|
  
と
で
も
あ
る
ん
だ
 °
婿
さ
ん
は
慎
重
に
選
べ
よ
 °
 
  
 
お
い
お
い
 
二
人
し
て
冷
や
か
す
な
 °
奏
ぇ
 
お
前
自
身
の
こ
  
る
 °
  
し
か
し
重
信
は
照
れ
る
素
振
り
す
ら
見
せ
な
い
 °
二
人
を
注
意
す
  
 
あ
 
あ
た
し
っ
た
ら
・
・
・
何
言
っ
て
る
ん
だ
ろ
・
・
・
 °
 
  
は
っ
!
と
ば
か
り
奏
は
重
信
に
対
し
て
顔
を
背
け
た
 °
  
 
う
 
う
ん
:
:
 °
重
信
く
ん
の
よ
う
な
・
・
・
 °
 
  
さ
ん
は
礼
儀
の
い
い
男
に
限
る
よ
な
?
 
  
 
フ
フ
ッ
 
で
も
お
前
は
か
な
り
の
い
い
男
だ
ぜ
 °
な
 
奏
 °
婿
  
よ
う
な
素
晴
ら
し
い
女
性
は
勿
体
無
い
よ
 °
 
  
 
御
影
 
冷
や
か
す
の
は
や
め
て
く
れ
 °
俺
み
た
い
な
男
に
奏
の
  
泣
き
 
一
緒
の
時
間
を
共
有
し
て
き
た
最
高
の
友
達
・
・
・
 °
  
重
信
と
御
影
と
奏
は
幼
い
頃
か
ら
の
幼
馴
染
だ
 °
共
に
笑
い
共
に
  
り
一
歩
譲
っ
て
い
る
 °

















   

  
重
信
達
に
は
そ
れ
が
許
せ
な
か
っ
た
 °
し
か
し
広
大
は
そ
の
逆
境
  
存
在
す
る
の
だ
 °
  
い
者
は
多
い
 °
そ
れ
ど
こ
ろ
か
 
犯
罪
者
と
決
め
付
け
る
輩
ま
で
  
見
た
目
だ
け
で
敬
遠
さ
れ
て
い
る
の
で
広
大
の
優
し
さ
を
知
ら
な
  
ン
テ
ィ
ア
精
神
を
持
っ
て
い
る
 °
し
か
し
不
幸
に
も
人
か
ら
は
  
困
っ
て
い
る
人
が
い
た
ら
直
ぐ
に
助
け
て
や
る
素
晴
ら
し
い
ボ
ラ
  
も
優
し
い
所
だ
 °
  
重
信
達
は
広
大
の
意
外
な
内
面
を
知
っ
て
い
る
 °
そ
れ
は
 
と
て
  
あ
げ
ら
れ
る
の
か
 °
  
ち
合
っ
て
い
た
 °
で
も
 
何
故
彼
ら
は
デ
ブ
オ
タ
の
話
を
聞
い
て
  
そ
れ
で
も
彼
の
楽
し
そ
う
に
話
す
様
子
か
ら
 
 
萌
え
 
を
分
か
  
だ
 °
重
信
達
が
振
っ
た
話
題
で
話
が
進
む
の
は
極
稀
で
あ
る
 °
  
話
題
は
広
大
の
好
き
な
ア
ニ
メ
や
漫
画
 
エ
ロ
ゲ
|
の
話
が
中
心
  
っ
た
 °
  
に
と
っ
て
は
そ
ん
な
の
関
係
な
く
オ
ッ
パ
ッ
ピ
|
と
い
う
調
子
だ
  
だ
 °
女
子
の
殆
ど
か
ら
敬
遠
さ
れ
て
い
る
が
 
二
次
元
萌
え
の
彼
  
広
大
は
俗
に
言
う
デ
ブ
オ
タ
 
つ
ま
り
文
字
通
り
太
っ
た
オ
タ
ク
  
の
メ
ン
バ
|
 °
  
も
う
一
人
 
青
垣
 
広
大
∧
あ
お
が
き
 
こ
う
だ
い
∨
が
い
つ
も
  
大
人
し
い
重
信
達
も
た
ま
に
集
ま
る
の
だ
 °
御
影
 
奏
に
加
え
て

   

  
 
そ
の
キ
モ
ガ
キ
と
話
を
し
て
い
る
こ
と
が
キ
モ
イ
ん
だ
よ
!
柏
  
 
何
が
だ
 °
 
  
 
氷
上
 
ア
ン
タ
も
十
分
キ
モ
イ
ね
 °
 
  
そ
う
に
舌
打
ち
を
し
た
 °
麻
原
は
罵
り
の
矛
を
重
信
に
向
け
る
 °
  
重
信
は
 
ま
た
お
前
か
・
・
・
し
つ
こ
い
ん
だ
よ
 °
 
と
言
い
た
  
称
を
広
め
る
ほ
ど
嫌
悪
し
て
い
る
 °
  
言
う
嫌
な
奴
 °
特
に
広
大
に
対
し
て
は
 
キ
モ
ガ
キ
 
と
い
う
蔑
  
麻
原
は
B
組
で
最
も
口
の
悪
い
女
で
 
何
で
も
か
ん
で
も
悪
口
を
  
い
う
女
子
生
徒
だ
っ
た
 °
  
重
信
は
真
っ
先
に
声
の
す
る
方
向
を
睨
ん
だ
 °
声
の
主
は
麻
原
と
  
ね
|
 °
 
  
 
う
わ
ぁ
|
 
キ
モ
ガ
キ
と
話
し
て
る
よ
あ
の
三
人
 °
勇
気
あ
る
  
そ
ん
な
時
 
傍
ら
か
ら
女
子
の
声
が
聞
こ
え
て
き
た
 °
  
指
差
し
な
が
ら
萌
え
る
ワ
|
ル
ド
を
展
開
し
て
い
る
 °
  
広
大
は
広
げ
た
本
に
書
い
て
あ
る
体
操
着
姿
の
美
少
女
キ
ャ
ラ
を
  
ほ
ら
ほ
ら
 
こ
こ
に
・
・
・
 
  
 
で
さ
ぁ
 
や
っ
ぱ
り
箕
面
た
ん
の
ブ
ル
マ
|
と
言
っ
た
ら
さ
 
  
だ
 °
  
・
・
・
と
り
あ
え
ず
 
四
人
が
楽
し
く
話
を
し
て
い
た
と
い
う
所
  
に
も
負
け
ず
に
力
強
く
生
き
て
い
る
 °











   

  
 
ご
め
ん
・
・
・
 °
あ
の
バ
カ
女
を
言
い
落
と
せ
な
く
て
・
・
・
 °
 
  
麻
原
が
出
て
行
く
と
 
重
信
は
広
大
の
方
を
向
い
て
謝
っ
た
 °
  
い
よ
 °
フ
ン
ッ
 °
 
  
 
氷
上
 
悔
し
か
っ
た
ら
ま
た
ア
タ
シ
と
話
を
し
て
や
っ
て
も
い
  
吐
き
捨
て
る
 °
  
な
表
情
を
浮
か
べ
た
 °
麻
原
は
勝
ち
誇
っ
た
表
情
で
重
信
に
こ
う
  
重
信
の
顔
に
は
墓
穴
を
掘
っ
て
し
ま
っ
た
と
書
い
て
あ
る
 °
そ
ん
  
 
ぐ
ぐ
ぐ
・
・
・
 
  
 
ま
ぁ
 
酷
い
!
男
女
差
別
ぅ
!
?
き
ん
も
|
っ
☆
 
  
え
っ
て
の
か
?
じ
ゃ
ぁ
 
お
前
も
女
だ
か
ら
女
言
葉
使
え
よ
!
 
  
 
ど
う
言
お
う
と
勝
手
だ
ろ
う
が
!
若
者
だ
か
ら
若
者
言
葉
を
使
  
あ
る
!
 
  
略
さ
ず
に
 
気
持
ち
悪
い
 
と
言
う
な
ん
て
ジ
ジ
臭
い
に
も
程
が
  
 
あ
|
そ
う
 
で
も
ア
ン
タ
の
方
が
も
っ
と
キ
モ
イ
!
わ
ざ
わ
ざ
  
れ
ば
汚
物
同
然
と
い
う
お
前
の
目
が
一
番
気
持
ち
悪
い
ん
だ
よ
!
 
  
 
そ
の
言
葉
 
そ
の
ま
ま
お
前
に
返
し
て
や
る
!
見
た
目
が
悪
け
  
に
な
る
の
で
 
天
龍
一
年
最
悪
の
コ
ン
ビ
で
あ
る
 °
  
重
信
も
負
け
ず
に
言
い
返
す
 °
彼
と
麻
原
は
し
ょ
っ
ち
ゅ
う
喧
嘩
  
バ
キ
ュ
|
ム
カ
|
の
人
に
で
も
な
る
の
?
 
  
原
も
市
島
も
!
キ
モ
ガ
キ
な
ん
か
と
話
を
す
る
な
ん
て
 
将
来
は

   

  
そ
う
考
え
な
が
ら
 
重
信
は
自
分
の
両
腕
の
中
 
う
つ
伏
せ
に
な
  
 
全
く
 
男
が
い
る
と
い
う
こ
と
ぐ
ら
い
自
覚
し
ろ
よ
・
・
・
 °
 
  
女
子
の
高
笑
い
が
聞
こ
え
る
と
 
少
し
不
愉
快
に
な
っ
た
 °
  
は
お
構
い
無
し
だ
 °
  
目
を
閉
じ
て
い
る
と
 
横
か
ら
話
し
声
が
聞
こ
え
る
 °
そ
ん
な
事
  
眠
っ
て
し
ま
お
う
と
い
う
魂
胆
だ
 °
  
次
の
授
業
も
あ
の
よ
う
に
な
っ
た
ら
ま
ず
い
の
で
 
今
の
う
ち
に
  
っ
た
 °
  
免
れ
た
が
 
眠
気
に
耐
え
る
こ
と
に
夢
中
で
話
が
耳
に
入
ら
な
か
  
実
は
4
時
限
目
の
授
業
中
に
眠
気
に
襲
わ
れ
た
の
だ
 °
居
眠
り
は
  
重
信
は
弁
当
を
済
ま
せ
る
と
 
す
ぐ
に
机
に
身
を
委
ね
た
 °
  
昼
休
み
:
:
  
  
重
信
は
照
れ
な
が
ら
頭
を
掻
い
た
 °
  
っ
た
け
ど
 
麻
原
に
8
回
も
勝
て
る
な
ん
て
凄
い
よ
 °
 
  
 
そ
う
だ
ね
 °
こ
れ
で
重
信
く
ん
は
8
勝
9
敗
 °
負
け
越
し
ち
ゃ
  
原
と
口
喧
嘩
出
来
る
か
ら
 °
 
  
 
重
信
 
よ
く
頑
張
っ
た
な
 °
で
も
 
お
前
す
ご
い
よ
 °
あ
の
麻
  
御
影
や
奏
も
重
信
を
慰
め
た
 °
  
 
べ
つ
に
い
い
さ
 °
あ
あ
言
わ
れ
る
の
は
慣
れ
て
る
し
 °
 



   

  
そ
う
言
っ
て
少
女
A
が
重
信
の
頭
に
手
を
伸
ば
し
た
 °
徐
々
に
徐
  
を
見
せ
て
あ
げ
る
か
ら
 
感
謝
し
な
さ
い
 °
 
  
 
ふ
|
ん
 °
で
も
寝
顔
は
見
せ
ら
れ
る
で
し
ょ
 °
王
子
様
の
寝
顔
  
 
そ
 
そ
ん
な
こ
と
し
た
ら
重
信
く
ん
に
嫌
わ
れ
ち
ゃ
う
よ
ぉ
 °
 
  
 
今
な
ら
大
安
売
り
 °
王
子
様
を
犯
す
こ
と
が
出
来
ま
す
よ
 °
 
  
っ
た
奏
 °
一
人
が
意
地
悪
く
奏
に
囁
く
 °
  
女
子
た
ち
に
押
さ
れ
て
重
信
の
席
へ
ず
り
ず
り
と
移
動
し
て
し
ま
  
 
ほ
ら
ほ
ら
 
王
子
様
の
寝
顔
を
見
る
チ
ャ
ン
ス
だ
よ
|
!
 
  
 
ち
 
ち
が
う
ち
が
う
!
違
う
の
に
ぃ
!
 
  
キ
ャ
ハ
ハ
ハ
!
 
  
 
や
っ
ぱ
り
奏
は
氷
上
の
こ
と
好
き
な
ん
だ
 
好
き
な
ん
だ
ぁ
|
!
  
る
だ
け
だ
っ
た
 °
  
様
が
い
た
 °
奏
は
慌
て
て
否
定
の
言
葉
を
発
す
る
が
 
墓
穴
を
掘
  
指
差
し
た
方
向
に
は
教
室
の
中
で
ぐ
っ
す
り
と
眠
っ
て
い
る
王
子
  
 
へ
へ
|
ん
 
ア
タ
シ
 
知
っ
て
る
ん
だ
ぁ
|
 °
あ
の
子
で
し
ょ
?
 
  
 
も
う
・
・
・
そ
れ
ば
っ
か
り
ぃ
 °
そ
の
話
は
終
わ
り
 °
 
  
 
奏
っ
て
さ
ぁ
 
好
き
な
人
い
る
の
?
 
  
い
た
 °
  
一
方
 
女
子
の
集
団
で
は
 
奏
の
恋
愛
話
で
も
ち
き
り
と
な
っ
て
  
っ
て
眠
り
に
つ
い
た
 °

















   

  
 
今
度
は
何
?
 
  
 
あ
っ
!
 
  
ょ
う
が
!
 
  
 
バ
カ
!
育
毛
剤
が
こ
ん
な
風
に
効
果
を
示
す
わ
け
が
無
い
で
し
  
 
ひ
 
氷
上
く
ん
っ
て
育
毛
剤
使
っ
て
た
の
?
 
  
び
た
ロ
ン
グ
ヘ
ア
|
は
男
に
合
わ
な
い
サ
ラ
サ
ラ
の
髪
だ
 °
  
伸
び
て
伸
び
て
 
最
終
的
に
腰
の
辺
り
で
止
ま
っ
た
 °
腰
ま
で
伸
  
て
る
で
は
な
い
か
 °
  
見
る
と
 
重
信
の
髪
の
毛
が
ゆ
っ
く
り
ゆ
っ
く
り
と
伸
び
て
い
っ
  
 
ま
さ
か
・
・
・
・
・
・
あ
っ
!
 
  
 
氷
上
く
ん
の
髪
の
毛
が
・
・
・
・
・
・
段
々
伸
び
て
い
く
!
 
  
 
ち
ょ
 
な
に
な
に
 °
 
  
突
然
出
て
き
た
意
味
不
明
な
単
語
に
全
員
が
一
斉
に
声
を
上
げ
た
 °
  
 
え
っ
?
 
  
 
・
・
・
・
・
・
氷
上
く
ん
の
髪
の
毛
が
 °
 
  
 
い
 
イ
ラ
つ
い
て
な
い
よ
・
・
・
 °
ね
ぇ
 
も
う
や
め
よ
う
よ
 °
 
  
が
イ
ラ
つ
い
て
る
ぞ
 °
 
  
 
ち
ょ
っ
と
何
や
っ
て
ん
の
 °
さ
っ
さ
と
し
な
さ
い
よ
 
奏
さ
ん
  
き
 
魔
の
手
が
ピ
タ
リ
と
止
ま
っ
た
 °
  
々
に
伸
び
て
い
く
魔
の
手
が
重
信
の
後
頭
部
を
掴
も
う
と
し
た
と

   

  
れ
る
こ
と
を
恐
れ
た
 °
  
御
影
は
重
信
を
揺
り
起
こ
そ
う
と
し
た
が
 
こ
の
可
憐
な
体
に
触
  
 
し
 
重
信
・
・
・
?
 
  
量
で
1
0
0
セ
ン
チ
だ
ろ
う
か
?
  
の
胸
は
巨
乳
の
奏
よ
り
ひ
と
ま
わ
り
大
き
く
な
っ
て
い
た
 °
目
分
  
不
安
と
恐
怖
が
渦
巻
く
 °
重
信
の
胸
が
膨
ら
み
終
わ
っ
た
頃
 
  
 
わ
か
ら
ん
・
・
・
 °
 
  
 
御
影
く
ん
・
・
・
 °
重
信
く
ん
は
・
・
・
ど
う
な
っ
ち
ゃ
う
の
?
 
  
面
影
は
な
か
っ
た
 °
  
そ
し
て
膨
ら
み
続
け
る
胸
 °
そ
の
ど
れ
を
と
っ
て
も
男
と
し
て
の
  
な
だ
ら
か
な
カ
|
ブ
を
描
い
た
肩
 °
き
ゅ
っ
と
引
き
締
ま
っ
た
腰
 °
  
く
 °
  
呼
び
か
け
て
も
答
え
な
い
彼
の
体
は
段
々
女
性
っ
ぽ
く
な
っ
て
い
  
 
お
 
お
い
 
重
信
・
・
・
 °
 
  
中
に
は
御
影
も
含
ま
れ
て
い
る
 °
  
に
か
教
室
に
い
た
全
員
が
重
信
の
周
り
に
集
結
し
て
い
た
 °
そ
の
  
同
時
に
胸
も
膨
ら
ん
で
い
く
 °
こ
の
奇
妙
な
事
態
に
 
い
つ
の
間
  
々
に
丸
み
を
帯
び
て
い
く
 °
  
次
は
重
信
の
体
だ
 °
ガ
ッ
チ
リ
と
角
ば
っ
て
い
た
重
信
の
体
が
徐
  
 
か
 
体
が
・
・
・
変
形
し
て
る
・
・
・
 °
 








   

  
 
重
信
 
声
だ
け
じ
ゃ
な
い
 °
下
を
向
い
て
み
な
 °
 
  
 
あ
 
あ
れ
ぇ
?
 
俺
の
声
が
・
・
・
な
ん
か
お
か
し
い
ぞ
?
 
  
る
 °
  
自
分
の
出
し
た
声
を
聞
い
て
 
え
っ
?
 
と
い
う
表
情
を
浮
か
べ
  
く
寝
て
た
と
言
う
の
に
・
・
・
 °
 
  
 
っ
た
く
 
五
月
蝿
い
ぞ
お
前
ら
・
・
・
 °
人
が
折
角
気
持
ち
よ
  
す
 °
  
重
信
は
目
を
こ
す
り
な
が
ら
目
の
前
の
男
子
た
ち
に
不
満
を
漏
ら
  
子
生
徒
は
 
お
お
お
っ
!
 
と
歓
声
を
あ
げ
た
 °
  
す
る
と
 
そ
の
大
き
な
乳
房
が
強
調
さ
れ
 
重
信
の
前
に
い
た
男
  
が
覚
め
た
の
で
大
き
く
伸
び
を
し
た
 °
  
寝
ぼ
け
て
い
る
美
少
女
は
事
態
を
把
握
し
て
い
な
い
 °
た
だ
 
  
ら
し
い
美
少
女
と
な
っ
て
い
た
 °
  
顔
を
上
げ
た
重
信
の
顔
は
 
奏
に
匹
敵
す
る
ほ
ど
美
し
く
 
可
愛
  
群
集
た
ち
 °
  
も
変
わ
っ
て
し
ま
っ
た
こ
と
に
改
め
て
驚
き
の
表
情
を
浮
か
べ
る
  
ア
ニ
メ
の
美
少
女
の
よ
う
な
声
が
教
室
の
中
に
響
い
た
 °
声
ま
で
  
 
う
ん
・
・
・
 
  
胸
の
膨
ら
み
も
左
右
に
大
き
く
揺
れ
る
 °
  
し
か
し
勇
気
を
振
り
絞
っ
て
重
信
の
背
中
を
揺
ら
し
た
 °
同
時
に

   

  
段
々
訳
が
分
か
ら
な
く
な
っ
て
き
た
 °
そ
れ
も
そ
の
は
ず
 
目
覚
  
 
う
・
・
・
・
・
・
そ
・
・
・
 °
 
  
の
鏡
に
映
る
美
少
女
が
ア
ン
タ
だ
!
 
  
 
ア
ン
タ
ま
だ
分
か
ら
な
い
の
?
ホ
ン
ト
・
・
・
頭
イ
タ
イ
?
そ
  
今
度
は
麻
原
が
重
信
に
言
う
 °
  
少
女
も
同
じ
よ
う
に
喋
る
 °
  
思
わ
ず
重
信
は
こ
う
漏
ら
し
た
 °
重
信
が
喋
る
と
 
鏡
に
映
る
美
  
 
だ
 
誰
だ
よ
っ
 
こ
の
女
・
・
・
 °
 
  
か
せ
る
美
少
女
 °
こ
れ
が
自
分
の
顔
だ
と
い
う
の
か
 °
  
鏡
に
映
っ
て
い
た
の
は
黒
の
ロ
ン
グ
ヘ
ア
|
を
サ
ラ
サ
ラ
と
な
び
  
確
か
め
る
 °
  
こ
こ
で
奏
が
手
鏡
を
差
し
出
し
た
 °
重
信
は
手
鏡
で
自
分
の
顔
を
  
 
だ
が
な
ぁ
重
信
 °
そ
れ
が
実
際
に
起
き
て
い
る
ん
だ
 °
 
  
あ
り
得
な
い
だ
ろ
 
こ
ん
な
こ
と
!
 
  
 
は
ぁ
?
嘘
だ
ろ
!
?
 
性
別
が
変
わ
っ
た
と
い
う
の
か
!
?
 
  
よ
・
・
・
 °
 
  
 
重
信
く
ん
・
・
・
 °
そ
れ
・
・
・
 °
お
 
お
っ
ぱ
い
み
た
い
だ
  
 
ウ
ワ
ァ
|
ッ
!
な
ん
じ
ゃ
コ
レ
!
 
  
え
立
っ
て
い
た
 °
当
然
驚
き
の
声
を
上
げ
る
 °
  
言
わ
れ
た
と
お
り
下
を
向
く
と
 
そ
こ
に
は
大
き
な
山
が
二
つ
聳

   

  
野
郎
ど
も
が
ア
ヘ
ア
ヘ
し
て
い
る
中
 
心
配
で
つ
い
て
来
た
御
影
  
 
可
愛
い
寝
顔
だ
ぜ
 °
そ
そ
る
な
ぁ
・
・
・
 °
 
  
 
お
肌
も
ハ
リ
が
あ
っ
て
い
い
な
 °
あ
ぁ
|
 
触
り
た
い
 °
 
  
 
あ
ぁ
|
 
重
信
っ
て
い
い
匂
い
す
る
な
ぁ
 °
 
  
 
お
お
っ
 
歩
く
た
び
に
オ
ッ
パ
イ
が
揺
れ
て
る
っ
 °
 
  
興
奮
し
て
い
る
の
は
言
う
ま
で
も
無
い
 °
  
そ
の
途
中
 
幾
人
か
の
男
子
が
 
今
運
ん
で
い
る
巨
乳
の
少
女
に
  
影
 
広
大
を
除
く
男
子
全
員
で
重
信
を
運
び
出
す
 °
  
御
影
が
そ
う
呼
び
か
け
る
と
 
沢
山
の
男
子
が
立
候
補
し
た
 °
  
 
重
信
|
ッ
!
 
ク
ソ
ッ
 
誰
か
コ
イ
ツ
を
保
健
室
に
!
 
  
 
し
 
重
信
く
ん
っ
!
大
丈
夫
?
 
  
に
も
た
れ
か
か
る
 °
  
叫
び
終
わ
る
と
同
時
に
 
重
信
は
気
絶
し
て
し
ま
っ
た
 °
ま
た
机
  
 
嘘
だ
ぁ
っ
!
こ
れ
は
 
夢
だ
!
悪
い
夢
だ
ぁ
ぁ
あ
あ
あ
|
!
 
  
叫
ん
だ
 °
  
ぶ
つ
ぶ
つ
と
う
わ
言
の
よ
う
に
呟
い
た
か
と
思
う
と
 
次
は
突
然
  
に
 
目
が
覚
め
た
ら
・
・
・
女
に
・
・
・
 °
 
  
 
俺
が
・
・
・
寝
る
前
は
・
・
・
い
つ
も
通
り
の
体
・
・
・
な
の
  
に
な
ら
な
い
訳
が
あ
ろ
う
か
 °
い
や
 
な
い
 °
  
め
る
と
自
分
の
体
が
女
性
化
し
て
い
る
の
だ
 °
こ
れ
で
パ
ニ
ッ
ク

   

  
サ
ラ
サ
ラ
の
ロ
ン
グ
ヘ
ア
|
が
 
抜
群
の
プ
ロ
ポ
|
シ
ョ
ン
を
生
  
さ
ら
に
 
美
し
さ
の
中
に
あ
ど
け
な
さ
が
残
る
顔
立
ち
に
 
黒
い
  
お
尻
 °
特
に
b
u
s
t
は
 
1
0
0
c
m
を
誇
る
巨
乳
校
医
だ
 °
  
ふ
く
よ
か
な
胸
に
引
き
締
ま
っ
た
腰
 
存
在
感
の
あ
る
色
っ
ぽ
い
  
い
 °
  
業
し
て
い
る
秀
才
だ
 °
 
そ
の
知
識
だ
け
で
な
く
体
も
素
晴
ら
し
  
最
近
赴
任
し
て
き
た
ば
か
り
の
新
米
だ
が
 
大
都
会
の
医
大
を
卒
  
天
龍
高
校
の
校
医
 
神
戸
 
彩
夏
∧
こ
う
べ
 
あ
や
か
∨
 °
  
は
い
 
す
み
ま
せ
ん
 °
確
か
に
保
健
室
で
す
ね
 °
 
こ
の
女
性
は
  
 
保
健
室
で
す
!
 
  
ん
や
ら
と
 
保
健
室
ら
し
い
光
景
が
広
が
る
 °
  
扉
を
開
け
る
と
 
ベ
ッ
ド
二
つ
に
教
卓
 
薬
棚
や
ら
な
ん
や
ら
か
  
 
失
礼
し
ま
す
 °
 
  
と
女
性
の
声
が
聞
こ
え
る
 °
  
男
子
の
一
人
が
保
健
室
の
扉
を
ノ
ッ
ク
し
た
 °
中
か
ら
 
ど
う
ぞ
 
  
  
た
・
・
・
 °
  
そ
の
鶴
の
一
声
に
野
郎
ど
も
は
ダ
ッ
シ
ュ
で
保
健
室
へ
と
向
か
っ
  
 
お
前
ら
 
モ
タ
モ
タ
し
な
い
で
さ
っ
さ
と
保
健
室
に
運
べ
|
ッ
!
 
  
の
怒
鳴
り
声
が
舞
い
込
ん
だ
 °














   

  
 
で
も
・
・
・
制
服
・
・
・
 °
 
  
上
君
じ
ゃ
な
い
で
し
ょ
!
 
  
 
わ
 
悪
い
冗
談
は
や
め
な
さ
い
!
 
こ
の
人
は
ど
う
見
て
も
氷
  
ど
う
見
て
も
女
性
だ
っ
た
 °
  
自
分
と
同
じ
よ
う
に
ふ
く
よ
か
な
胸
 
引
き
締
ま
っ
た
腰
・
・
・
 °
  
な
か
っ
た
 °
  
担
ぎ
こ
ま
れ
る
重
信
 °
し
か
し
 
彼
女
の
知
っ
て
い
る
重
信
で
は
  
 
さ
 
氷
上
君
 
入
っ
て
入
っ
て
 °
 
  
 
う
・
・
・
 °
 
・
・
・
ど
う
で
も
い
い
じ
ゃ
な
い
 
そ
ん
な
事
!
  
 
先
生
 
氷
上
君
の
こ
と
を
何
故
知
っ
て
る
ん
で
す
か
?
 
  
と
り
あ
え
ず
入
っ
て
よ
 °
 
  
あ
の
子
が
気
絶
す
る
よ
う
な
こ
と
な
ん
て
あ
っ
た
か
し
ら
?
 
ま
 
  
 
氷
上
君
・
・
・
?
 
・
・
・
あ
|
 
あ
の
大
人
し
い
子
ね
 °
 
  
・
・
 °
 
  
 
ち
 
違
う
ん
で
す
 °
実
は
 
氷
上
君
が
気
絶
し
て
し
ま
っ
て
・
  
 
な
に
?
 
私
の
体
を
見
に
来
た
だ
け
な
の
?
じ
ゃ
 
帰
っ
て
よ
 °
 
  
る
 °
  
夏
の
耳
に
入
っ
た
よ
う
で
 
彩
夏
は
む
っ
と
し
た
表
情
を
浮
か
べ
  
入
っ
て
き
た
男
子
が
唾
を
ゴ
ク
リ
と
飲
み
込
ん
だ
 °
そ
の
音
が
彩
  
か
す
 °























   

  
野
郎
ど
も
を
無
理
矢
理
締
め
出
し
て
ホ
ッ
と
一
息
つ
く
彩
夏
 °
  
 
い
い
か
ら
帰
り
な
さ
い
!
 
  
 
え
|
 °
イ
ヤ
で
す
よ
|
 °
僕
た
ち
も
看
病
し
た
|
い
 °
 
  
当
然
こ
こ
で
男
子
の
一
人
が
否
定
す
る
 °
  
を
帰
そ
う
と
す
る
 °
  
こ
れ
以
上
こ
の
野
郎
ど
も
に
は
見
せ
ら
れ
な
い
と
思
っ
て
 
彼
ら
  
何
が
何
だ
か
分
か
ら
な
い
 °
で
も
自
分
の
よ
う
な
巨
乳
の
少
女
を
  
寝
か
せ
て
あ
げ
な
さ
い
 °
後
は
私
が
何
と
か
す
る
か
ら
 °
 
  
 
う
|
ん
・
・
・
 °
世
界
初
の
事
態
ね
 °
と
り
あ
え
ず
ベ
ッ
ド
に
  
を
失
っ
た
ん
で
す
 °
 
  
 
そ
れ
で
 
自
分
の
体
が
変
わ
っ
た
こ
と
に
気
づ
い
た
途
端
に
気
  
 
・
・
・
・
・
・
 
  
に
突
然
・
・
・
 °
 
  
 
4
時
限
目
の
時
点
で
は
い
つ
も
通
り
で
し
た
 °
で
も
 
昼
休
み
  
有
り
得
な
い
展
開
に
目
を
丸
く
す
る
彩
夏
 °
男
子
は
続
け
る
 °
  
 
変
異
?
 
  
 
僕
た
ち
に
も
わ
か
り
ま
せ
ん
が
 
突
然
体
が
変
異
し
た
ん
で
す
 °
 
  
 
ち
ょ
・
・
・
な
ん
で
・
・
・
 
  
っ
た
が
 
ち
ゃ
ん
と
男
子
の
制
服
だ
 °
  
制
服
と
言
わ
れ
て
 
重
信
の
体
を
見
る
 °
動
転
し
て
気
付
か
な
か

   

  
突
然
重
信
が
口
を
開
い
た
 °
ど
う
や
ら
意
識
を
取
り
戻
し
た
ら
し
  
 
え
っ
?
 
  
す
よ
 °
 
  
 
・
・
・
い
や
 
遅
か
れ
早
か
れ
内
面
に
惚
れ
た
こ
と
は
立
派
で
  
ん
じ
ゃ
な
い
の
 °
そ
れ
だ
け
は
分
か
っ
て
・
・
・
 °
 
  
 
そ
こ
に
カ
ッ
コ
よ
さ
を
感
じ
た
の
よ
 °
見
た
目
だ
け
に
惚
れ
た
  
こ
と
 °
  
気
づ
い
た
わ
 °
あ
な
た
は
他
の
男
子
と
違
っ
て
礼
儀
正
し
い
っ
て
  
 
あ
な
た
の
見
た
目
に
惚
れ
た
ん
だ
か
ら
・
・
・
 °
で
も
 
後
で
  
く
中
身
で
決
め
る
人
間
で
し
ょ
う
?
 
私
に
は
無
理
よ
 °
  
 
だ
っ
て
 
あ
な
た
の
理
想
の
女
性
は
 
他
人
を
見
た
目
で
は
な
  
い
か
も
し
れ
な
い
わ
 °
  
に
行
っ
た
り
し
た
わ
 °
で
も
 
私
は
あ
な
た
の
お
似
合
い
じ
ゃ
な
  
 
も
っ
と
あ
な
た
の
姿
が
見
た
く
て
 
た
ま
に
あ
な
た
の
顔
を
見
  
た
が
好
き
だ
っ
た
の
 °
  
 
氷
上
君
・
・
・
 °
私
 
偶
然
あ
な
た
を
見
て
か
ら
ず
っ
と
あ
な
  
そ
し
て
重
信
に
語
り
か
け
た
 °
  
ハ
ァ
と
溜
め
息
を
つ
き
 
彩
夏
は
重
信
の
枕
元
に
歩
み
寄
っ
た
 °
  
 
し
か
し
 
何
処
と
な
く
私
に
似
て
い
る
わ
ね
 °
こ
の
娘
 °
 
  
は
重
信
と
彩
夏
ふ
た
り
き
り
だ
 °













   

  
 
ひ
・
・
・
か
・
・
・
み
・
・
・
く
ん
・
・
・
 °
 
  
ん
な
悪
い
奴
で
す
よ
ね
 °
 
  
で
あ
い
つ
は
悪
い
 
こ
い
つ
は
悪
い
と
決
め
付
け
て
い
た
ら
 
  
 
誰
に
も
長
所
や
短
所
が
あ
り
ま
す
 °
で
も
 
短
所
し
か
見
な
い
  
は
勝
手
極
ま
り
な
い
で
す
 °
  
 
そ
の
人
の
意
外
な
長
所
も
知
ろ
う
と
せ
ず
に
そ
う
思
い
込
む
の
  
体
系
が
好
み
で
な
い
な
ら
悪
人
だ
と
か
思
い
込
ん
で
・
・
・
 °
  
 
し
か
し
 
最
近
は
面
食
い
が
多
く
て
嫌
に
な
り
ま
す
ね
 °
顔
や
  
一
息
置
い
て
続
け
た
 °
  
知
っ
て
 
さ
ら
に
気
持
ち
が
強
く
な
る
の
が
恋
だ
と
思
う
ん
で
す
 °
 
  
た
目
に
と
き
め
い
て
か
ら
そ
の
人
を
知
ろ
う
と
し
て
 
良
い
所
を
  
き
は
そ
の
人
に
つ
い
て
は
何
も
知
り
ま
せ
ん
よ
ね
 °
だ
か
ら
 
  
で
判
断
す
る
の
は
良
く
な
い
こ
と
で
す
 °
で
も
 
初
め
て
見
た
と
  
 
え
ぇ
 °
し
っ
か
り
聞
か
せ
て
も
ら
い
ま
し
た
 °
確
か
に
見
た
目
  
 
あ
 
あ
の
・
・
・
私
の
話
・
・
・
 °
 
  
だ
・
・
・
 °
 
  
し
た
 °
ア
イ
ツ
ら
 
中
身
が
俺
だ
と
知
り
な
が
ら
よ
く
言
う
も
の
  
 
意
識
を
取
り
戻
し
た
と
き
は
 
保
健
室
に
担
ぎ
込
ま
れ
て
い
ま
  
 
ひ
 
氷
上
君
っ
・
・
・
!
い
つ
か
ら
起
き
て
た
の
?
 
  
い
 °
























   

  
 
私
と
あ
な
た
は
二
人
の
と
き
は
姉
妹
に
な
る
と
い
う
話
よ
 °
  
 
あ
の
・
・
・
何
の
話
で
す
か
?
 
  
 
そ
れ
か
ら
 
あ
な
た
の
ほ
う
が
ほ
ん
の
少
し
背
が
高
い
か
な
 °
 
  
は
カ
ラ
|
コ
ン
タ
ク
ト
レ
ン
ズ
を
つ
け
て
い
る
か
ら
 
瞳
の
色
ね
 °
  
 
あ
な
た
は
と
て
も
私
に
似
て
い
る
わ
 °
違
い
と
言
っ
た
ら
 
  
 
え
っ
 
え
っ
?
姉
妹
・
・
・
?
 
  
私
た
ち
は
姉
妹
よ
 °
 
  
 
で
ね
 
重
信
は
私
の
こ
と
を
 
お
姉
ち
ゃ
ん
 
っ
て
呼
ぶ
の
 °
  
呆
気
に
と
ら
れ
た
重
信
な
ど
お
構
い
無
し
に
話
を
進
め
て
い
く
 °
  
 
え
っ
?
 
  
 
ね
ぇ
 
二
人
き
り
の
と
き
は
重
信
っ
て
呼
ば
せ
て
 °
 
  
じ
っ
と
見
つ
め
た
 °
彩
夏
の
頬
は
赤
く
色
づ
い
て
い
る
 °
  
よ
う
や
く
解
放
さ
れ
る
と
 
重
信
は
息
を
荒
げ
な
が
ら
も
彩
夏
を
  
い
う
変
な
構
図
が
展
開
さ
れ
た
 °
  
し
ば
ら
く
乳
房
に
顔
を
ぎ
ゅ
う
ぎ
ゅ
う
と
さ
れ
る
巨
乳
の
少
女
と
  
 
先
生
っ
・
・
・
 
苦
し
い
で
す
・
・
・
 °
胸
が
・
・
・
 
  
ら
こ
の
世
は
も
っ
と
平
和
に
な
る
の
に
・
・
・
 °
 
  
 
氷
上
君
っ
 
ス
テ
キ
よ
!
 
あ
な
た
の
よ
う
な
人
が
沢
山
い
た
  
と
す
る
重
信
 °
  
彩
夏
は
重
信
を
ぎ
ゅ
っ
と
抱
き
し
め
た
 °
突
然
の
こ
と
に
ぎ
ょ
っ

   

  
重
信
も
自
分
の
ス
リ
|
サ
イ
ズ
が
気
に
な
る
の
で
 
計
測
に
応
じ
  
 
重
信
 
こ
っ
ち
に
お
い
で
 °
測
っ
て
あ
げ
る
 °
 
  
き
し
た
 °
  
彩
夏
は
自
分
の
机
か
ら
メ
ジ
ャ
|
を
取
り
出
す
と
 
重
信
を
手
招
  
な
っ
た
 °
  
い
た
ラ
ン
ニ
ン
グ
と
ト
ラ
ン
ク
ス
も
脱
が
さ
れ
 
完
全
に
全
裸
と
  
成
さ
れ
る
が
ま
ま
に
素
裸
に
む
か
れ
て
い
く
 °
男
の
時
に
つ
け
て
  
 
あ
・
・
・
そ
う
 °
 
  
 
ス
リ
|
サ
イ
ズ
を
測
る
の
!
 
  
 
ち
ょ
っ
 
何
を
す
る
つ
も
り
?
 
  
を
差
し
出
し
た
 °
  
そ
う
言
う
と
彩
夏
は
重
信
の
シ
ャ
ツ
に
つ
い
て
い
る
ボ
タ
ン
へ
手
  
あ
げ
る
!
 
  
 
決
ま
り
ね
!
私
が
お
姉
さ
ん
だ
か
ら
 
い
っ
ぱ
い
可
愛
が
っ
て
  
頷
い
た
 °
  
何
と
な
く
ク
ラ
ス
の
男
子
に
威
張
れ
る
気
が
し
た
の
で
 
重
信
は
  
姉
妹
に
な
っ
て
も
差
し
支
え
は
無
い
だ
ろ
う
 °
  
確
か
に
手
鏡
で
見
た
自
分
の
顔
は
彩
夏
と
似
て
い
る
気
が
す
る
 °
  
 
姉
妹
・
・
・
で
す
か
 °
 
  
れ
と
 
敬
語
も
無
し
ね
 °
 















   

  
け
て
 °
  
重
信
は
そ
の
こ
と
を
す
っ
か
り
と
忘
れ
て
い
た
 °
今
度
は
気
を
つ
  
 
敬
語
は
二
人
き
り
の
時
は
禁
止
!
 
  
 
え
っ
 
な
ん
で
で
す
か
?
 
  
 
重
信
 
お
っ
ぱ
い
を
持
ち
上
げ
て
 °
 
  
ざ
わ
・
・
・
  
そ
し
て
い
よ
い
よ
バ
ス
ト
を
測
る
と
き
が
来
た
!
 
ざ
わ
・
・
・
  
っ
と
 
ウ
エ
ス
ト
は
6
0
・
・
・
 °
 
  
 
我
慢
よ
我
慢
 °
ス
リ
|
サ
イ
ズ
測
定
は
そ
ん
な
も
ん
 °
 
え
|
  
・
く
す
ぐ
っ
た
い
ん
す
け
ど
 °
 
  
 
先
生
・
・
・
じ
ゃ
な
く
て
・
・
・
お
姉
ち
ゃ
ん
?
 
そ
の
・
・
  
 
ヒ
ッ
プ
は
9
0
・
・
・
 
フ
ム
フ
ム
・
・
・
 °
 
  
測
っ
て
い
く
 °
  
計
測
が
始
ま
っ
た
 °
彩
夏
は
慣
れ
た
手
つ
き
で
下
か
ら
サ
イ
ズ
を
  
 
は
ぁ
い
・
・
・
 °
 
  
た
わ
り
の
言
葉
を
か
け
て
あ
げ
な
さ
い
 °
 
  
 
そ
ん
な
こ
と
言
っ
ち
ゃ
ダ
メ
よ
 °
自
分
の
お
っ
ぱ
い
だ
か
ら
い
  
 
邪
魔
く
さ
い
な
コ
レ
 °
い
ち
い
ち
揺
れ
る
な
よ
 °
 
  
そ
の
度
に
大
き
な
乳
房
は
プ
ル
ン
 
プ
ル
ン
と
上
下
に
揺
れ
る
 °
  
た
 °
校
内
シ
ュ
|
ズ
を
履
い
て
彩
夏
の
も
と
に
歩
む
 °





   

  
と
だ
っ
た
 °
  
彼
女
が
驚
い
た
の
は
ス
リ
|
サ
イ
ズ
全
て
が
重
信
と
一
致
す
る
こ
  
セ
ン
チ
だ
か
ら
そ
れ
に
驚
い
て
も
仕
方
が
無
い
 °
  
彩
夏
は
驚
い
た
 °
何
も
そ
の
サ
イ
ズ
で
は
な
い
 °
自
分
も
1
0
0
  
 
で
 
バ
ス
ト
の
方
は
・
・
・
1
0
0
ぅ
!
?
 
  
 
へ
ぇ
|
 °
 
  
感
覚
を
受
け
る
の
 °
 
  
 
特
に
乳
首
な
ん
か
 
触
ら
れ
た
ら
全
身
に
電
気
が
走
る
よ
う
な
  
ぐ
ら
い
な
ん
だ
 °
  
最
も
感
じ
や
す
い
と
こ
ろ
を
1
0
0
と
す
る
と
お
っ
ぱ
い
は
8
0
  
 
ん
?
知
ら
な
い
の
?
女
の
人
は
お
っ
ぱ
い
が
感
じ
や
す
い
の
 °
  
 
ふ
 
不
思
議
と
感
じ
る
・
・
・
 °
ど
う
し
て
?
 
  
た
 °
  
ら
し
い
声
を
上
げ
る
重
信
 °
自
身
の
そ
の
反
応
が
不
思
議
に
な
っ
  
冷
た
い
メ
ジ
ャ
|
が
乳
首
と
接
触
す
る
た
び
 
あ
ん
っ
 
と
い
や
  
メ
ジ
ャ
|
を
当
て
て
い
く
 °
  
言
わ
れ
た
と
お
り
自
分
の
乳
房
を
持
ち
上
げ
る
 °
彩
夏
は
そ
こ
に
  
 
・
・
・
そ
う
 °
 
  
 
決
ま
っ
て
る
で
し
ょ
 °
そ
う
し
て
測
る
も
ん
な
の
!
 
  
 
・
・
・
で
 
な
ぜ
持
ち
上
げ
る
の
?
 










   

  
と
ね
♪
 
  
り
 
不
意
に
何
か
に
触
れ
た
り
す
る
で
し
ょ
?
慣
れ
て
お
か
な
い
  
あ
な
た
は
私
ぐ
ら
い
の
お
っ
ぱ
い
だ
か
ら
痴
漢
と
か
に
触
ら
れ
た
  
 
フ
ッ
フ
ッ
フ
 °
可
愛
が
っ
て
あ
げ
る
っ
て
言
っ
た
で
し
ょ
|
 °
  
・
・
・
・
・
 
  
 
あ
っ
 
は
ぁ
ん
っ
・
・
・
や
っ
 
お
姉
ち
ゃ
ん
・
・
・
ダ
メ
・
  
は
重
信
の
乳
房
を
揉
み
し
だ
く
 °
  
重
信
は
彩
夏
に
よ
っ
て
ベ
ッ
ド
に
押
し
倒
さ
れ
た
 °
そ
し
て
彩
夏
  
 
休
ん
で
し
ま
い
な
さ
い
よ
ぉ
 °
君
は
病
人
だ
か
ら
ぁ
・
・
・
 °
 
  
 
そ
 
そ
れ
じ
ゃ
 
俺
は
授
業
が
・
・
・
 
  
覚
え
た
 °
と
り
あ
え
ず
こ
の
場
を
去
ろ
う
と
し
た
 °
  
気
味
悪
い
笑
顔
を
浮
か
べ
る
彩
夏
 °
そ
の
笑
い
に
重
信
は
寒
気
を
  
 
へ
っ
へ
っ
へ
・
・
・
 
  
し
く
な
!
 
  
 
そ
う
だ
な
 °
俺
ら
は
姉
妹
と
し
て
や
っ
て
い
け
そ
う
だ
 °
よ
ろ
  
 
重
信
 
や
っ
ぱ
り
私
た
ち
 
姉
妹
よ
!
 
  
イ
ズ
な
ら
モ
デ
ル
で
も
や
っ
て
い
け
そ
う
・
・
・
 °
 
  
 
え
 
そ
う
?
お
姉
ち
ゃ
ん
も
そ
ん
な
感
じ
?
へ
ぇ
|
 
こ
の
サ
  
・
 
  
 
す
ご
い
・
・
・
す
ご
い
よ
重
信
・
・
・
 °
全
部
私
と
同
じ
・
・

   

  
ま
さ
か
自
分
が
美
人
校
医
の
乳
房
を
生
で
見
ら
れ
る
と
は
 °
重
信
  
あ
げ
る
か
ら
待
っ
て
て
 °
 
  
 
ふ
|
ん
 °
ア
ン
フ
ェ
ア
だ
っ
て
言
う
の
ね
 °
い
い
わ
 °
脱
い
で
  
 
だ
っ
て
お
姉
ち
ゃ
ん
だ
け
服
着
て
ず
る
い
ん
だ
も
ん
 °
 
  
 
や
ん
っ
 
な
ん
で
脱
が
そ
う
と
す
る
の
?
 
  
付
け
ら
れ
た
 °
揉
ま
れ
な
が
ら
も
彩
夏
の
服
を
脱
が
そ
う
と
す
る
 °
  
重
信
は
手
首
を
掴
ま
れ
 
そ
の
ま
ま
彩
夏
の
大
き
な
乳
房
に
押
し
  
ら
ぁ
 °
 
  
 
悔
し
か
っ
た
ら
ア
ン
タ
も
私
の
胸
を
揉
ん
で
み
な
さ
い
よ
 °
  
さ
ら
に
彩
夏
は
こ
ん
な
挑
発
を
す
る
 °
  
け
だ
 °
  
る
が
 
乳
房
を
揉
ま
れ
て
い
る
感
触
が
勝
り
 
喘
ぎ
声
を
出
す
だ
  
い
い
加
減
な
根
拠
を
立
て
る
彩
夏
に
重
信
は
噴
き
出
し
そ
う
に
な
  
 
そ
れ
に
 
こ
ん
な
時
間
帯
だ
か
ら
誰
も
来
な
い
わ
よ
 °
き
っ
と
 °
 
  
け
ち
ゃ
っ
た
の
 °
  
 
先
生
は
い
ま
せ
ん
 
と
い
う
札
も
か
け
て
お
い
た
し
 
鍵
も
か
  
 
そ
ん
な
事
も
あ
ろ
う
か
と
 
野
郎
ど
も
を
締
め
出
し
た
と
き
に
  
見
つ
か
っ
た
ら
・
・
・
 °
あ
っ
 
ダ
メ
・
・
・
 
  
・
・
 °
こ
ん
な
所
で
・
・
・
は
ぁ
っ
 
ん
っ
 
せ
 
先
生
に
で
も
  
 
で
 
で
も
っ
・
・
・
ダ
メ
だ
よ
ぅ
・
・
・
ん
っ
・
・
・
あ
ぁ
・

   

  
 
ハ
ッ
ハ
ッ
ハ
ッ
ハ
ッ
ハ
!
 
ど
ぉ
ん
だ
け
ぇ
|
!
 
  
 
あ
っ
・
・
・
 
そ
う
か
 °
氷
上
は
い
な
か
っ
た
ん
だ
な
・
・
・
 °
 
  
き
起
こ
る
 °
  
し
か
し
 
重
信
は
い
な
い
 °
教
室
の
角
か
ら
女
子
の
笑
い
声
が
巻
  
 
え
|
っ
と
 
氷
上
ぃ
 
こ
の
問
い
に
答
え
て
み
な
 °
 
  
を
当
て
よ
う
と
す
る
 °
  
春
日
は
座
席
表
を
適
当
に
ペ
ン
で
押
さ
え
 
問
題
に
答
え
る
生
徒
  
れ
る
 °
  
で
も
普
段
は
温
厚
で
 
生
徒
の
悩
み
を
親
身
に
な
っ
て
聞
い
て
く
  
っ
た
ら
ヤ
ク
ザ
に
も
な
れ
そ
う
な
ぐ
ら
い
怖
い
 °
  
が
い
た
ら
そ
の
生
徒
を
ギ
ロ
リ
と
睨
み
つ
け
る
 °
そ
の
睨
み
と
い
  
葉
が
嫌
い
で
 
授
業
中
に
 
|
系
 
 
|
的
に
 
な
ど
使
う
生
徒
  
と
い
う
の
も
 
彼
は
2
4
歳
と
い
う
若
い
年
に
似
合
わ
ず
若
者
言
  
先
生
に
よ
る
授
業
は
一
部
の
生
徒
か
ら
の
評
判
が
悪
い
 °
  
担
任
で
も
あ
る
新
任
の
春
日
 
幸
之
助
∧
か
す
が
 
こ
う
の
す
け
∨
  
て
い
た
 °
  
1
年
B
組
の
教
室
で
は
い
つ
も
通
り
に
数
学
の
授
業
が
展
開
さ
れ
  
一
方
そ
の
こ
ろ
 °
  
  
は
そ
ん
な
ス
ケ
ベ
な
優
越
感
に
酔
い
し
れ
て
い
た
 °






   

  
な
い
 °
  
座
り
込
ん
で
泣
き
出
し
た
 °
し
か
し
 
春
日
は
そ
れ
で
も
容
赦
し
  
春
日
の
言
葉
に
段
々
苛
立
ち
と
威
圧
感
が
増
し
て
 
遂
に
河
原
は
  
に
な
る
ん
だ
 °
早
く
し
ろ
 °
 
  
 
・
・
・
負
の
数
を
両
辺
に
か
け
る
と
き
は
不
等
号
の
向
き
が
逆
  
ゃ
な
い
だ
ろ
う
か
と
錯
覚
し
 
河
原
は
春
日
か
ら
距
離
を
お
い
た
 °
  
そ
の
声
が
更
に
恐
怖
を
掻
き
立
て
る
 °
自
分
は
何
か
さ
れ
る
ん
じ
  
 
・
・
・
普
通
の
方
程
式
と
同
じ
だ
 °
 
  
が
ま
た
呟
く
よ
う
に
ア
ド
バ
イ
ス
を
し
た
 °
  
恐
怖
感
の
中
で
解
い
て
い
く
不
等
式
に
手
こ
ず
っ
て
い
る
と
春
日
  
て
い
る
 °
手
の
震
え
が
更
に
強
ま
っ
た
 °
  
春
日
の
方
を
ち
ら
と
見
た
 °
腕
組
を
し
な
が
ら
鬼
の
形
相
を
保
っ
  
え
る
手
で
問
題
に
取
り
掛
か
る
 °
  
の
前
へ
と
歩
み
寄
っ
た
 °
そ
し
て
白
い
チ
ョ
|
ク
を
手
に
し
 
  
河
原
と
呼
ば
れ
た
女
子
生
徒
は
 
ま
る
で
死
刑
囚
の
よ
う
に
黒
板
  
 
・
・
・
河
原
 °
お
前
 
こ
の
問
題
を
解
け
 °
 
  
い
声
で
呟
く
よ
う
に
そ
の
女
子
生
徒
の
名
を
指
し
た
 °
  
や
っ
て
し
ま
っ
た
 °
春
日
の
態
度
が
急
変
し
 
ど
す
の
効
い
た
低
  
が
一
気
に
引
き
つ
る
 °
  
ピ
ク
ッ
と
春
日
の
眉
が
動
い
た
 °
笑
っ
て
い
た
女
子
生
徒
の
表
情

   

  
下
を
歩
い
て
い
る
途
中
 
女
子
の
集
団
か
ら
漏
れ
た
若
者
言
葉
を
  
春
日
の
怒
り
は
お
さ
ま
ら
な
い
 °
な
ぜ
な
ら
 
彼
は
昼
休
み
に
廊
  
し
た
言
葉
を
使
う
よ
う
な
奴
は
こ
れ
で
十
分
だ
よ
 °
 
  
 
い
じ
め
じ
ゃ
な
い
 °
こ
れ
は
教
育
だ
 °
あ
ん
な
チ
ャ
ラ
チ
ャ
ラ
  
次
は
奏
が
落
ち
着
か
せ
よ
う
と
し
た
が
 
全
く
効
果
が
無
い
 °
  
思
え
ま
せ
ん
 °
 
  
 
で
も
先
生
 
先
生
の
し
て
い
る
こ
と
は
い
じ
め
の
よ
う
に
し
か
  
 
五
月
蝿
い
 °
部
外
者
は
引
っ
込
ん
で
な
 °
 
  
い
る
ん
で
す
よ
 °
で
す
か
ら
 
も
っ
と
優
し
く
・
・
・
 
  
 
先
生
 
落
ち
着
い
て
く
だ
さ
い
 °
河
原
さ
ん
は
先
生
に
怯
え
て
  
無
い
 °
御
影
は
春
日
を
落
ち
着
か
せ
よ
う
と
し
た
 °
  
怒
鳴
り
な
が
ら
壁
を
蹴
る
 °
こ
れ
で
は
ヤ
ク
ザ
と
何
も
変
わ
り
は
  
 
立
て
っ
つ
っ
て
ん
だ
ろ
う
が
!
 
  
つ
い
に
春
日
は
し
び
れ
を
切
ら
す
 °
  
か
な
か
立
つ
こ
と
を
承
諾
し
な
い
 °
  
春
日
は
立
つ
よ
う
に
要
求
す
る
が
河
原
の
足
は
恐
怖
に
震
え
 
  
立
て
 °
 
  
 
女
だ
か
ら
っ
て
泣
い
て
許
し
て
も
ら
え
る
と
思
う
な
 °
ほ
ら
 
  
 
だ
 
だ
っ
て
・
・
・
ひ
ぐ
っ
 
先
生
が
・
・
・
怖
い
・
・
・
 
  
 
お
前
 
何
泣
い
て
ん
だ
よ
 °
 













   

  
 
先
生
!
そ
れ
は
体
罰
に
な
り
ま
す
!
や
め
て
く
だ
さ
い
!
 
  
直
ぐ
に
御
影
が
止
め
に
入
る
 °
  
 
鉄
拳
制
裁
だ
 °
さ
ぁ
 
歯
を
食
い
し
ば
れ
 °
 
  
 
・
・
・
え
っ
?
 
  
れ
 °
 
  
 
河
原
 °
問
題
は
解
か
な
く
て
も
い
い
 °
だ
が
 
歯
を
食
い
し
ば
  
そ
し
て
春
日
は
と
ん
で
も
な
い
事
を
言
い
出
し
た
 °
  
緊
張
を
高
め
 
見
て
い
る
方
の
心
臓
に
悪
い
 °
  
チ
ョ
|
ク
の
砕
け
る
音
だ
け
が
教
室
に
響
く
 °
重
苦
し
い
静
寂
が
  
粉
々
に
砕
け
た
 °
  
持
っ
て
い
た
チ
ョ
|
ク
を
落
と
し
て
し
ま
い
 
そ
の
チ
ョ
|
ク
が
  
バ
ン
と
黒
板
を
叩
く
 °
河
原
は
完
全
に
春
日
に
怯
え
き
っ
て
い
る
 °
  
 
謝
る
よ
り
先
に
こ
の
問
題
を
解
け
!
 
  
 
・
・
・
す
み
・
・
・
ま
・
・
・
せ
ん
・
・
・
 °
 
  
 
自
分
の
言
動
に
対
し
て
責
任
も
取
れ
な
い
の
か
お
前
は
 °
 
  
こ
う
言
い
放
つ
 °
  
春
日
は
河
原
の
髪
の
毛
を
つ
か
み
 
強
引
に
立
た
せ
た
 °
そ
し
て
  
で
怒
り
が
爆
発
し
て
し
ま
っ
た
の
だ
 °
  
昼
休
み
の
廊
下
だ
か
ら
仕
方
が
無
い
と
押
さ
え
て
い
た
が
 
今
の
  
聞
い
て
し
ま
っ
た
か
ら
だ
 °















   

  
ま
わ
っ
た
 °
  
二
人
で
乳
房
を
揉
み
合
っ
て
い
た
の
だ
が
 
結
局
重
信
が
受
け
に
  
戻
っ
て
保
健
室
 °
  
  
御
影
と
奏
は
 
や
れ
や
れ
・
・
・
 
と
溜
め
息
を
つ
い
た
 °
  
壊
し
て
し
ま
っ
た
 °
  
本
格
的
に
声
を
上
げ
て
泣
き
始
め
る
 °
先
生
に
よ
っ
て
授
業
が
崩
  
|
|
|
ん
!
 
  
 
・
・
・
う
っ
 
ぐ
す
っ
・
・
・
あ
っ
 
あ
っ
・
・
・
う
ぁ
あ
あ
  
倒
れ
こ
む
 °
  
出
し
た
 °
春
日
の
拳
は
河
原
の
頬
に
命
中
し
 
河
原
は
そ
の
場
に
  
・
・
・
御
影
の
呼
び
か
け
も
む
な
し
く
遂
に
春
日
は
生
徒
に
手
を
  
原
!
 
  
 
柏
原
は
心
配
性
だ
な
・
・
・
 °
一
発
殴
る
だ
け
だ
!
行
く
ぞ
河
  
か
も
し
れ
な
い
ん
で
す
よ
!
 
  
で
も
今
は
れ
っ
き
と
し
た
体
罰
な
ん
で
す
!
先
生
が
ク
ビ
に
な
る
  
 
確
か
に
昔
は
先
生
に
叩
か
れ
る
な
ん
て
当
た
り
前
で
し
た
よ
!
  
ま
っ
た
 °
教
師
と
し
て
の
目
が
抜
け
て
し
ま
っ
て
い
る
 °
  
物
凄
く
馬
鹿
げ
た
言
い
訳
を
す
る
春
日
 °
も
う
完
全
に
狂
っ
て
し
  
 
五
月
蝿
い
!
昔
は
そ
れ
が
ま
か
り
通
っ
て
い
た
だ
ろ
う
!
 


   

  
す
る
と
 
彩
夏
の
口
の
中
に
液
体
が
流
れ
込
ん
で
き
た
 °
も
う
片
  
 
あ
あ
あ
あ
ん
っ
 
も
う
だ
め
ぇ
ぇ
ぇ
ぇ
ぇ
ぇ
っ
!
 
  
は
叫
ん
だ
 °
  
ま
た
乳
首
を
吸
い
始
め
る
 °
段
々
限
界
が
近
づ
い
て
き
て
 
重
信
  
 
そ
う
っ
て
 
そ
の
反
応
は
・
・
・
ぁ
あ
ん
っ
!
 
  
 
・
・
・
そ
う
 °
 
  
 
違
う
よ
・
・
・
何
か
が
出
そ
う
な
ん
だ
 °
何
か
 °
 
  
信
 °
そ
ん
な
に
感
じ
る
の
?
 
  
 
ち
ゅ
っ
 
ち
ゅ
ば
っ
・
・
・
ん
っ
 
え
っ
?
 
ど
う
し
た
の
重
  
変
・
・
・
 °
 
  
 
お
 
お
姉
ち
ゃ
ん
・
・
・
な
ん
か
・
・
・
・
・
・
胸
が
・
・
・
  
も
胸
の
ほ
う
に
何
か
変
な
感
じ
が
す
る
の
だ
 °
  
揉
ま
れ
る
上
に
吸
わ
れ
て
は
重
信
も
耐
え
ら
れ
な
い
 °
そ
れ
よ
り
  
 
ん
|
 °
む
|
 °
ち
ゅ
ぅ
|
 °
 
  
 
ふ
あ
あ
あ
ん
っ
・
・
・
や
ぁ
っ
・
・
・
だ
め
っ
・
・
・
 
  
 
ん
ん
っ
・
・
・
ジ
ュ
ル
っ
・
・
・
ち
ゅ
ぅ
ぅ
・
・
・
 
  
・
 
  
 
う
っ
・
・
・
あ
ぁ
っ
・
・
・
・
・
・
ん
ぅ
っ
・
・
・
や
っ
・
・
  
坊
の
よ
う
に
し
ゃ
ぶ
り
つ
い
て
い
た
 °
  
大
き
な
膨
ら
み
の
て
っ
ぺ
ん
に
立
つ
桃
色
の
突
起
を
彩
夏
は
赤
ん

   

  
 
や
ば
っ
 
休
み
時
間
は
多
か
れ
少
な
か
れ
躊
躇
な
く
保
健
室
に
  
彩
夏
は
慌
て
だ
し
た
 °
  
突
然
の
よ
う
に
受
け
取
ら
れ
た
の
だ
ろ
う
 °
  
授
業
終
了
の
チ
ャ
イ
ム
が
突
然
鳴
っ
た
 °
い
や
 
こ
の
二
人
に
は
  
 
ん
な
馬
鹿
な
・
・
・
 °
 
  
今
ま
で
味
わ
っ
た
ど
の
ミ
ル
ク
よ
り
も
美
味
し
い
!
 
  
 
美
味
し
い
・
・
・
美
味
し
い
わ
・
・
・
 °
こ
の
ミ
ル
ク
 
私
が
  
 
え
っ
 
今
度
は
何
?
 
  
 
ん
|
・
・
・
あ
っ
!
 
  
る
白
い
液
体
を
舐
め
た
 °
  
そ
れ
で
も
母
乳
の
味
に
興
味
を
抱
い
た
彩
夏
は
乳
房
の
上
を
流
れ
  
 
知
ら
ん
・
・
・
 °
 
  
ら
は
出
な
い
は
ず
よ
 °
そ
れ
が
ど
う
し
て
出
て
る
わ
け
?
 
  
 
重
信
ぅ
 
母
乳
は
ね
 
男
の
人
と
性
交
を
し
て
い
な
い
女
性
か
  
 
ウ
ソ
・
・
・
あ
っ
 
ホ
ン
ト
だ
!
 
  
 
重
信
 
母
乳
が
出
て
る
わ
!
 
  
 
は
ぁ
・
・
・
は
ぁ
・
・
・
 
ど
う
し
た
?
 
  
 
う
わ
っ
 
な
ん
で
?
な
ん
で
母
乳
が
出
て
く
る
の
!
?
 
  
彩
夏
は
思
わ
ず
声
を
上
げ
た
 °
  
方
の
乳
房
か
ら
も
白
い
液
体
が
ト
ロ
リ
と
出
て
く
る
 °





   

  
表
情
を
浮
か
べ
る
彩
夏
 °
  
見
る
と
 
河
原
の
頬
に
は
青
あ
ざ
が
出
来
て
い
た
 °
心
配
そ
う
な
  
 
河
原
の
顔
に
書
い
て
あ
り
ま
す
よ
 °
 
  
 
あ
 
あ
ら
あ
ら
 
い
ら
っ
し
ゃ
い
 °
何
の
用
で
来
た
の
か
な
?
 
  
御
影
 
奏
の
三
人
だ
 °
  
そ
う
こ
う
し
て
い
る
う
ち
に
三
人
の
生
徒
が
入
っ
て
き
た
 °
河
原
 
  
 
我
慢
!
 
  
 
先
生
・
・
・
 °
シ
|
ツ
が
濡
れ
て
ま
す
 °
 
  
通
り
の
保
健
室
に
し
た
 °
  
そ
の
間
に
彩
夏
は
鍵
を
開
け
 
不
在
を
示
す
札
を
取
り
除
い
て
元
  
来
た
 °
  
格
闘
し
て
い
る
う
ち
に
 
な
ん
と
か
ボ
タ
ン
を
つ
け
る
こ
と
が
出
  
言
わ
れ
た
と
お
り
布
団
を
か
ぶ
る
 °
布
団
の
中
で
自
分
の
制
服
と
  
 
あ
|
 
も
う
い
い
!
重
信
 
布
団
を
か
ぶ
っ
て
て
!
 
  
 
う
わ
っ
 
ボ
タ
ン
届
か
な
い
・
・
・
 °
 
  
こ
ず
っ
て
い
る
よ
う
で
あ
る
 °
男
の
制
服
だ
か
ら
当
然
な
の
だ
が
 °
  
な
の
で
意
外
と
す
ん
な
り
着
ら
れ
た
が
 
重
信
の
方
は
か
な
り
手
  
と
っ
さ
に
服
を
着
始
め
る
二
人
 °
彩
夏
は
サ
イ
ズ
に
合
わ
せ
た
服
  
 
は
 
は
い
・
・
・
 °
 
  
来
る
生
徒
が
多
い
か
ら
 
早
く
開
け
な
き
ゃ
 °
重
信
 
服
着
て
!
 

   

  
信
だ
け
は
厳
し
い
表
情
を
し
て
い
る
 °
布
団
か
ら
出
て
河
原
に
歩
  
恨
み
言
一
つ
言
わ
な
い
河
原
に
み
ん
な
ホ
ッ
と
一
息
 °
し
か
し
重
  
て
言
っ
て
あ
げ
な
き
ゃ
 °
 
  
変
わ
ん
な
い
 °
あ
と
で
春
日
先
生
に
 
気
に
し
て
ま
せ
ん
よ
 
っ
  
 
確
か
に
ア
レ
は
怖
か
っ
た
け
ど
・
・
・
 
ア
タ
シ
の
気
持
ち
は
  
 
で
も
 
泣
い
て
た
で
し
ょ
?
 
  
生
好
き
だ
し
 °
 
  
 
大
丈
夫
 °
あ
ん
な
こ
と
さ
れ
て
も
平
気
だ
よ
 °
だ
っ
て
春
日
先
  
 
河
原
ぁ
 
大
丈
夫
?
 
  
奏
が
河
原
の
顔
を
心
配
そ
う
に
覗
き
な
が
ら
彼
女
に
問
う
た
 °
  
気
は
無
か
っ
た
ん
だ
け
ど
・
・
・
 °
 
  
 
う
|
ん
 °
確
か
に
春
日
先
生
も
や
り
す
ぎ
た
な
 °
あ
れ
で
も
悪
  
壊
し
て
な
ぁ
 
春
日
先
生
も
大
目
玉
を
食
ら
っ
た
そ
う
だ
ぞ
 °
 
  
 
し
 
重
信
・
・
・
 
そ
れ
は
な
い
だ
ろ
 °
お
か
げ
で
授
業
が
崩
  
ば
さ
な
い
限
り
春
日
先
生
が
そ
ん
な
こ
と
を
す
る
は
ず
無
い
か
ら
 °
 
  
 
そ
り
ゃ
 
河
原
が
悪
い
わ
 °
う
ん
 °
無
意
識
に
若
者
言
葉
を
飛
  
口
を
挟
ん
だ
 °
  
河
原
は
事
情
を
話
す
と
 
す
ぐ
に
布
団
を
か
ぶ
っ
て
い
る
少
女
が
  
 
う
ん
・
・
・
 °
実
は
 
か
く
か
く
し
か
じ
か
で
 °
 
  
 
河
原
さ
ん
 
ど
う
し
た
の
?
青
あ
ざ
が
出
来
て
る
け
ど
・
・
・
 °
 

   

  
た
い
 °
 
  
 
氷
上
く
ん
 
説
教
は
や
め
て
よ
 °
神
戸
先
生
に
怒
ら
れ
て
る
み
  
し
た
ら
絶
対
嫌
わ
れ
る
だ
ろ
 °
 
  
 
春
日
先
生
の
前
で
 
ど
ん
だ
け
 
な
ん
て
論
外
だ
 °
そ
ん
な
事
  
た
 °
  
突
然
始
ま
っ
た
重
信
の
説
教
に
 
御
影
た
ち
も
目
を
丸
く
し
て
い
  
め
だ
 °
 
  
ろ
?
な
ら
春
日
先
生
に
好
か
れ
る
よ
う
に
自
分
も
な
ら
な
き
ゃ
だ
  
 
春
日
先
生
と
一
緒
に
な
り
た
い
ん
だ
ろ
?
付
き
合
い
た
い
ん
だ
  
 
へ
っ
?
 
  
ろ
や
 °
 
  
 
お
前
さ
ぁ
 
春
日
先
生
に
振
り
向
い
て
も
ら
う
よ
う
に
努
力
し
  
重
信
は
河
原
の
回
答
に
呆
れ
た
様
子
で
溜
め
息
を
つ
い
た
 °
  
 
も
ち
!
 
  
 
結
婚
・
・
・
い
や
 
お
付
き
合
い
を
し
た
い
と
か
は
?
 
  
 
当
然
 
顔
!
 
  
 
具
体
的
に
言
う
と
?
 
  
 
も
|
 
何
回
言
わ
せ
る
の
 °
好
き
に
決
ま
っ
て
る
で
し
ょ
 °
 
  
 
河
原
 °
お
前
 
本
当
に
春
日
先
生
が
好
き
な
の
か
 °
 
  
み
寄
っ
て
質
問
を
し
た
 °
















   

  
 
い
や
い
や
 
2
時
間
も
保
健
室
で
休
む
わ
け
に
は
い
か
な
い
よ
 °
 
  
 
重
信
 
も
う
一
時
間
休
ん
だ
方
が
い
い
っ
て
 °
 
  
が
 
そ
れ
で
も
授
業
に
参
加
し
た
い
と
勝
手
に
戻
っ
た
そ
う
だ
 °
  
教
室
に
戻
っ
た
四
人
 °
御
影
と
奏
が
重
信
を
休
ま
せ
よ
う
と
す
る
  
  
っ
て
い
る
の
か
・
・
・
 °
 
  
と
か
ほ
ざ
い
て
・
・
・
 °
そ
ん
な
恋
が
現
代
に
お
い
て
ま
か
り
通
  
 
顔
が
良
く
て
好
き
に
な
っ
て
 
何
も
し
な
い
で
付
き
合
い
た
い
  
く
 °
  
構
わ
ず
彩
夏
の
も
と
へ
駆
け
寄
る
河
原
の
背
中
を
睨
み
な
が
ら
呟
  
河
原
の
恋
心
を
否
定
す
る
考
え
を
持
っ
た
 °
  
自
分
流
の
ア
ド
バ
イ
ス
を
甘
ん
じ
て
受
け
な
い
態
度
に
 
重
信
は
  
 
そ
れ
よ
り
 
セ
ン
セ
 °
早
く
手
当
て
し
て
く
だ
さ
い
 °
 
  
 
や
り
も
し
な
い
で
無
理
っ
て
言
う
な
よ
 °
 
  
 
え
|
っ
 
ム
リ
|
 °
 
  
を
つ
け
な
 °
 
  
第
一
歩
と
し
て
 
春
日
先
生
の
前
で
若
者
言
葉
を
使
わ
ぬ
よ
う
気
  
 
い
い
か
ら
聞
け
 °
兎
に
角
 
春
日
先
生
に
振
り
向
い
て
も
ら
う
  
言
わ
れ
て
も
お
か
し
く
は
な
い
 °
  
彩
夏
と
同
じ
よ
う
な
身
体
 
髪
型
 
顔
を
し
た
重
信
だ
か
ら
そ
う

   

  
始
め
た
 °
  
考
え
て
も
変
態
親
父
で
あ
る
 °
幾
人
か
の
女
子
が
ヒ
ソ
ヒ
ソ
話
を
  
し
ば
ら
く
ジ
ロ
ジ
ロ
と
重
信
の
体
を
観
察
し
て
い
る
井
崎
 °
ど
う
  
て
い
ま
す
な
 °
 
  
 
ふ
む
 °
神
戸
先
生
の
お
っ
し
ゃ
っ
た
と
お
り
 
彼
女
に
酷
似
し
  
 
は
い
 °
そ
う
で
す
け
ど
 °
 
  
 
え
|
っ
と
 
神
戸
先
生
が
言
っ
て
た
氷
上
く
ん
は
君
か
い
?
 
  
く
見
回
し
て
い
る
と
 
重
信
の
方
を
向
い
て
止
ま
っ
た
 °
  
そ
う
言
っ
た
後
 
井
崎
は
教
室
の
中
を
見
回
し
始
め
た
 °
し
ば
ら
  
遅
刻
と
し
ま
す
よ
 °
 
  
 
さ
て
さ
て
 
皆
さ
ん
 °
席
に
つ
い
て
く
だ
さ
い
よ
 °
ベ
ル
着
は
  
太
り
の
オ
ジ
サ
ン
で
 
頭
の
て
っ
ぺ
ん
は
少
し
だ
け
禿
げ
て
い
る
 °
  
と
う
と
う
井
崎
が
教
卓
に
つ
い
た
 °
井
崎
は
5
0
代
ぐ
ら
い
の
小
  
か
り
で
あ
る
 °
  
た
し
て
信
じ
て
く
れ
る
の
だ
ろ
う
か
 °
二
人
の
心
配
は
つ
の
る
ば
  
確
か
に
事
情
を
話
せ
ば
少
し
は
分
か
っ
て
く
れ
る
だ
ろ
う
が
 
  
さ
 °
歴
史
の
井
崎
先
生
に
事
情
を
話
し
て
お
い
て
下
さ
い
っ
て
 °
 
  
 
そ
ん
な
こ
と
も
あ
ろ
う
か
と
 
神
戸
先
生
に
頼
ん
で
お
い
た
の
  
以
外
 
ど
の
先
生
も
知
ら
な
い
ん
だ
よ
 °
 
  
 
で
も
ね
 
重
信
く
ん
 °
君
の
体
が
変
わ
っ
た
こ
と
は
神
戸
先
生

   

  
心
は
男
の
ま
ま
な
の
で
 
男
か
ら
の
視
線
は
全
然
気
に
も
な
ら
な
  
い
彼
女
は
恥
じ
ら
う
こ
と
も
な
く
平
然
と
し
て
い
る
 °
  
井
崎
の
目
は
相
変
わ
ら
ず
重
信
の
方
を
向
い
て
い
る
が
 
彼
も
と
  
る
中
 
授
業
は
進
ん
で
い
っ
た
 °
  
男
子
の
制
服
を
着
た
巨
乳
の
少
女
と
い
う
奇
妙
な
人
間
が
一
人
い
  
・
 °
 
  
 
ス
ケ
ベ
な
目
で
見
ら
れ
て
い
る
こ
と
 
分
か
っ
て
ん
の
か
・
・
  
呟
い
た
 °
  
全
然
動
揺
し
て
い
な
い
重
信
の
姿
を
見
て
 
御
影
は
心
配
そ
う
に
  
 
有
難
う
御
座
い
ま
す
 °
 
  
し
か
し
 
重
信
は
平
然
と
答
え
た
 °
  
そ
の
言
葉
で
重
信
が
恥
ら
う
の
か
と
御
影
は
一
瞬
気
に
な
っ
た
 °
  
・
・
・
 °
 
  
の
で
す
な
 °
氷
上
く
ん
 °
君
は
ま
さ
に
美
女
だ
な
ぁ
 °
ア
ハ
ハ
ハ
  
 
え
っ
 
あ
ぁ
ぁ
 °
オ
ホ
ン
 °
い
や
|
 
不
思
議
な
事
も
あ
る
も
  
 
先
生
 
ど
う
さ
れ
ま
し
た
?
 
  
様
子
の
お
か
し
い
井
崎
に
御
影
が
突
っ
込
み
を
入
れ
る
 °
  
・
・
・
 °
特
に
オ
ッ
パ
イ
の
大
き
い
こ
と
と
言
っ
た
ら
・
・
・
∨
  
∧
う
わ
ぁ
・
・
・
 °
神
戸
先
生
に
メ
チ
ャ
ク
チ
ャ
似
て
い
る
な
ぁ
  
で
も
当
の
重
信
は
鈍
い
た
め
に
 
何
の
反
応
も
示
さ
な
い
 °



   

  
三
人
だ
け
の
時
に
し
て
く
れ
よ
 °
T
P
O
は
大
切
だ
か
ら
な
 °
 
  
 
そ
う
か
 °
ま
ぁ
 
い
い
け
ど
さ
 °
二
人
き
り
の
と
き
か
 
僕
と
  
 
は
 
は
い
 °
形
だ
け
で
す
け
ど
 °
 
  
に
な
る
ん
だ
っ
て
?
 
  
 
い
や
 
全
部
神
戸
先
生
か
ら
聞
い
て
い
る
よ
 °
君
た
ち
 
姉
妹
  
 
先
生
 
春
日
先
生
が
い
ら
っ
し
ゃ
る
と
い
う
の
に
・
・
・
 °
 
  
 
あ
っ
 
重
信
 °
こ
っ
ち
よ
 °
 
  
招
き
を
す
る
 °
  
開
け
て
か
ら
で
は
遅
い
の
だ
が
 
と
り
あ
え
ず
言
う
 °
彩
夏
が
手
  
 
失
礼
し
ま
す
 °
 
  
河
原
の
こ
と
だ
な
と
重
信
は
悟
っ
た
 °
  
保
健
室
の
扉
を
開
け
る
と
 
彩
夏
と
春
日
が
話
し
合
っ
て
い
た
 °
  
に
呼
ば
れ
た
の
で
あ
る
 °
  
健
室
だ
 °
男
子
の
制
服
を
学
校
で
処
理
す
る
た
め
の
理
由
で
彩
夏
  
し
か
し
 
重
信
は
御
影
た
ち
と
帰
ら
ず
に
寄
る
所
が
あ
っ
た
 °
  
で
あ
る
 °
  
済
ま
せ
て
 
い
よ
い
よ
お
待
ち
か
ね
の
金
曜
帰
宅
ロ
|
ド
シ
ョ
|
  
そ
の
日
の
授
業
が
終
わ
り
 
掃
除
や
ホ
|
ム
ル
|
ム
を
さ
っ
さ
と
  
  
い
の
だ
 °






















   

  
 
首
を
ち
ょ
ん
切
ら
れ
て
な
い
方
が
お
か
し
か
っ
た
ぐ
ら
い
だ
っ
  
と
り
世
代
た
ち
の
前
で
鉄
拳
制
裁
な
ん
か
し
て
さ
・
・
・
 °
  
 
か
っ
す
ん
 °
同
じ
ミ
ス
は
繰
り
返
し
ち
ゃ
ダ
メ
よ
 °
今
時
の
ゆ
  
か
と
思
っ
た
け
ど
 
許
し
て
く
れ
て
よ
か
っ
た
 °
 
  
 
勿
論
 
河
原
の
こ
と
さ
 °
あ
ん
な
に
酷
い
事
し
て
ク
ビ
に
な
る
  
す
か
?
 
  
 
そ
れ
で
 
春
日
先
生
は
何
の
ご
用
件
で
こ
こ
に
い
ら
し
た
の
で
  
思
え
た
 °
  
彩
夏
に
愛
称
で
呼
ば
れ
る
春
日
を
 
重
信
は
驚
き
つ
つ
も
滑
稽
に
  
 
は
い
は
い
 
神
戸
先
生
か
ら
も
伺
い
ま
し
た
 °
 
  
ぉ
?
 
  
 
あ
|
っ
 
か
っ
す
ん
っ
た
ら
 
私
に
は
謙
譲
語
を
使
わ
な
い
の
  
い
た
か
ら
さ
 °
も
し
か
し
て
本
当
か
な
と
 °
 
  
 
あ
ぁ
 °
井
崎
先
生
か
ら
も
伺
っ
て
る
し
 
神
戸
先
生
か
ら
も
聞
  
ル
だ
 °
春
日
は
重
信
の
目
を
見
た
ま
ま
答
え
る
 °
  
言
い
な
が
ら
乳
房
を
揺
ら
し
て
み
せ
た
 °
重
信
に
出
来
る
ア
ピ
|
  
な
ん
で
す
か
?
 
  
 
あ
れ
?
 
春
日
先
生
 
私
が
こ
の
体
に
な
っ
た
こ
と
は
ご
存
知
  
が
変
わ
っ
た
こ
と
を
春
日
先
生
は
知
ら
な
い
は
ず
・
・
・
 °
  
こ
こ
ま
で
話
を
し
て
お
い
て
重
信
は
異
変
を
感
じ
た
 °
自
分
の
体

   

  
 
お
っ
と
 
い
け
な
い
い
け
な
い
 °
 
  
 
・
・
・
で
 
本
題
と
は
 °
 
  
 
き
ゃ
ぁ
 
か
っ
す
ん
っ
た
ら
ぁ
 
照
れ
な
い
の
ぉ
|
 °
 
  
 
ア
ホ
か
お
前
は
 °
俺
は
そ
ん
な
趣
味
じ
ゃ
な
い
ぞ
 °
 
  
あ
げ
な
よ
 °
 
  
て
き
た
ね
 °
こ
の
際
か
っ
す
ん
を
 
お
兄
ち
ゃ
ん
 
っ
て
呼
ん
で
  
 
う
ん
 °
重
信
 
ア
ン
タ
こ
の
短
時
間
で
妹
っ
ぷ
り
が
板
に
つ
い
  
 
え
っ
 
本
題
っ
て
春
日
先
生
の
こ
と
じ
ゃ
な
か
っ
た
の
?
 
  
 
さ
て
 
本
題
に
入
ろ
う
か
 °
 
  
  
し
ば
し
 
ほ
の
ぼ
の
ム
|
ド
の
中
で
時
間
が
過
ぎ
て
い
っ
た
 °
  
日
は
微
笑
ま
し
く
そ
れ
を
見
つ
め
る
 °
  
彩
夏
が
指
を
刺
し
て
笑
う
 °
重
信
は
き
ょ
と
ん
と
し
て
い
て
 
  
 
あ
っ
 
重
信
の
乳
揺
れ
ぇ
 °
 
  
乳
房
が
ぷ
る
ん
っ
と
揺
れ
た
 °
  
両
手
で
 
頑
張
れ
 
を
意
味
す
る
ガ
ッ
ツ
ポ
|
ズ
を
取
る
重
信
 °
  
 
先
生
 
頑
張
っ
て
く
だ
さ
い
 °
 
  
ど
さ
 °
今
度
は
怒
り
を
抑
え
る
よ
う
に
努
め
る
よ
 °
 
  
 
で
も
 
本
当
に
腹
が
立
っ
た
ん
だ
よ
 °
ま
ぁ
 
や
り
す
ぎ
た
け
  
た
よ
 °
 






















   

  
い
ほ
ど
小
さ
い
 °
田
舎
だ
か
ら
 °
  
|
ル
で
あ
る
 °
だ
が
 
都
会
の
デ
パ
|
ト
と
は
比
べ
物
に
な
ら
な
  
グ
ロ
|
バ
ル
と
は
 
天
龍
町
の
中
で
も
大
き
な
シ
ョ
ッ
ピ
ン
グ
モ
  
 
グ
ロ
|
バ
ル
 
内
の
お
店
で
済
む
と
思
う
ん
で
す
け
ど
・
・
・
 °
 
  
 
で
も
わ
ざ
わ
ざ
全
部
回
ら
な
く
て
も
い
い
じ
ゃ
な
い
ん
で
す
か
?
  
な
い
の
か
と
い
う
疑
問
が
残
さ
れ
て
い
た
 °
  
で
も
 
重
信
の
中
に
は
わ
ざ
わ
ざ
全
部
回
ら
な
く
て
も
い
い
じ
ゃ
  
録
す
る
よ
う
な
事
は
考
え
ら
れ
な
い
 °
  
確
か
に
女
性
用
下
着
を
売
っ
て
い
る
店
を
観
察
し
 
サ
イ
ズ
を
記
  
な
い
じ
ゃ
な
い
 °
だ
か
ら
全
部
回
る
の
 °
 
  
っ
て
な
い
か
ら
 
こ
ん
な
田
舎
で
は
手
に
入
る
か
ど
う
か
分
か
ら
  
こ
の
大
き
な
バ
ス
ト
を
包
み
込
む
ブ
ラ
は
大
き
な
お
店
に
し
か
売
  
 
私
の
下
着
と
か
は
全
部
ふ
る
さ
と
の
都
会
で
買
っ
た
物
な
の
よ
 °
  
 
で
も
 
何
故
全
部
を
回
る
の
で
す
か
?
 
  
る
お
店
や
下
着
店
を
回
っ
て
い
く
の
 °
 
  
 
え
ぇ
 
そ
う
よ
 °
今
か
ら
天
龍
町
内
全
て
の
制
服
を
売
っ
て
い
  
 
は
い
 °
制
服
の
話
で
す
よ
ね
 °
 
  
強
す
る
た
め
に
は
避
け
て
通
れ
な
い
道
な
の
よ
 °
分
か
る
わ
よ
ね
?
 
  
 
重
信
 
今
か
ら
す
る
こ
と
は
あ
な
た
が
ず
っ
と
こ
の
学
校
で
勉
  
彩
夏
は
組
ん
で
い
る
足
を
入
れ
替
え
 
話
を
始
め
た
 °





   

  
き
な
さ
い
 °
 
  
ち
ゃ
っ
た
♪
 
そ
れ
じ
ゃ
 
つ
い
で
に
着
替
え
も
そ
こ
で
し
て
お
  
 
ふ
|
ん
 °
律
儀
な
の
ね
 °
私
ま
す
ま
す
貴
方
の
こ
と
気
に
入
っ
  
く
自
腹
で
買
い
ま
す
 °
 
  
 
い
え
 
最
初
に
私
の
家
に
向
か
っ
て
く
だ
さ
い
 °
私
が
成
る
べ
  
し
 
重
信
は
二
人
に
任
せ
る
の
も
悪
い
と
思
っ
た
 °
  
大
人
二
人
に
か
か
れ
ば
大
き
な
買
い
物
だ
っ
て
こ
な
せ
る
 °
し
か
  
 
あ
ぁ
 °
お
金
の
こ
と
は
心
配
す
る
な
 °
 
  
も
同
伴
で
ね
 °
 
  
 
そ
う
よ
 °
で
も
 
か
な
り
時
間
と
お
金
か
か
る
か
ら
 
私
た
ち
  
す
ね
 °
 
  
 
ふ
ん
ふ
ん
 °
分
か
り
ま
し
た
 °
と
り
あ
え
ず
色
々
ま
わ
る
ん
で
  
る
の
は
あ
そ
こ
し
か
な
い
か
ら
な
 °
 
  
ラ
が
何
処
に
も
無
か
っ
た
場
合
 
都
会
の
店
か
ら
取
り
寄
せ
ら
れ
  
 
 
グ
ロ
|
バ
ル
 
は
最
後
に
す
る
 °
仮
に
大
き
な
サ
イ
ズ
の
ブ
  
春
日
が
彩
夏
の
言
葉
に
注
釈
を
加
え
た
 °
  
に
つ
い
て
の
知
識
が
ま
た
深
ま
る
 °
  
な
る
ほ
ど
と
重
信
は
頷
い
た
 °
女
性
用
下
着
と
言
う
未
知
の
世
界
  
の
所
で
安
く
売
ら
れ
て
い
る
か
も
し
れ
な
い
じ
ゃ
な
い
 °
 
  
 
あ
|
い
う
と
こ
ろ
の
ブ
ラ
は
高
い
で
し
ょ
?
も
し
か
し
た
ら
他

   

  
  
車
は
ゆ
っ
く
り
と
走
り
出
し
た
・
・
・
 °
  
重
信
の
心
配
を
よ
そ
に
 
彩
夏
は
ア
ク
セ
ル
を
ゆ
っ
く
り
と
踏
む
 °
  
く
れ
る
か
な
・
・
・
 °
  
∧
ま
ず
は
家
族
に
伝
え
て
お
か
な
い
と
・
・
・
 °
で
も
 
信
じ
て
  
の
家
だ
 °
  
3
人
は
彩
夏
の
軽
自
動
車
に
乗
り
込
む
 °
最
初
の
目
的
地
は
重
信
  
思
い
知
ら
さ
れ
た
 °
  
重
信
は
 
お
ご
る
 
と
い
う
単
語
を
連
発
で
き
る
大
人
の
凄
さ
を
  
私
に
任
せ
て
 °
 
  
 
重
信
 
あ
な
た
の
財
布
に
あ
ま
り
負
担
は
か
け
さ
せ
な
い
わ
 °
  
し
な
が
ら
言
っ
た
 °
  
職
員
駐
車
場
に
行
く
途
中
 
彩
夏
が
重
信
の
方
を
見
て
ウ
ィ
ン
ク
  
め
た
 °
そ
し
て
 
彩
夏
達
に
同
行
す
る
 °
  
重
信
は
ま
ず
家
の
ほ
う
に
遅
く
な
る
旨
の
連
絡
を
す
る
こ
と
を
決
  
て
あ
げ
る
 °
 
  
も
・
・
・
 °
途
中
の
晩
御
飯
は
何
処
か
で
食
べ
ま
し
ょ
 °
お
ご
っ
  
 
時
間
?
そ
う
ね
|
・
・
・
 °
早
く
て
も
午
後
8
時
は
ま
わ
る
か
  
の
で
す
か
?
親
に
連
絡
し
な
く
て
は
な
ら
な
い
の
で
・
・
・
 °
 
  
 
は
い
 °
・
・
・
あ
っ
 
と
こ
ろ
で
 
何
時
ぐ
ら
い
ま
で
か
か
る

   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
第
二
話
 
巨
乳
女
子
高
生
の
天
龍
町
ツ
ア
|
 
へ
と
続
く
・
・
・
 °

  > ≫