っ
た
 °
  
隆
々
と
天
を
突
く
よ
う
に
 
勃
ち
上
が
っ
た
零
海
の
長
乳
首
が
あ
  
海
様
の
乳
首
?
 
  
 
き
ゃ
っ
!
:
:
:
:
え
え
っ
!
?
す
ご
い
:
:
:
:
こ
れ
が
零
  
そ
こ
に
は
 °
  
遅
れ
て
そ
の
超
乳
が
ブ
ォ
ン
と
正
面
に
来
る
 °
  
零
海
は
正
面
に
振
り
返
っ
た
 °
  
よ
 
  
 
ぁ
ん
!
:
:
:
:
お
待
た
せ
し
ま
し
た
ね
 
準
備
で
き
ま
し
た
  
 
零
海
様
?
 
  
 
:
:
ん
っ
:
:
あ
ん
:
:
:
:
ふ
ぅ
ぁ
ん
!
:
:
:
:
 
  
い
よ
う
に
自
分
の
乳
首
に
刺
激
を
与
え
た
 °
  
零
海
は
後
ろ
を
向
い
て
法
衣
を
は
だ
け
る
と
 
成
姫
か
ら
見
え
な
  
言
っ
た
 °
  
次
は
少
し
変
わ
っ
た
形
で
治
療
し
ま
し
ょ
う
 
と
零
海
は
成
姫
に
  
 
  
2
|
2
  
  
黒
猫
大
和
 
作
  
乳
忍
成
海
番
外
編
 
零
海
が
行
く
 












≪ <  

  
こ
れ
は
私
の
胸
で
 
あ
な
た
の
前
に
あ
る
の
は
私
の
乳
首
な
ん
で
  
 
成
姫
様
?
ど
う
し
た
ん
で
す
か
?
:
:
:
:
大
丈
夫
で
す
よ
ぉ
 °
  
で
成
姫
を
誘
っ
た
 °
  
零
海
は
そ
の
様
子
を
見
て
見
ぬ
ふ
り
を
し
 
わ
ざ
と
明
る
い
口
調
  
を
潜
め
て
し
ま
い
 
反
射
的
に
目
を
そ
む
け
て
し
ま
っ
た
 °
  
そ
の
こ
と
が
頭
を
よ
ぎ
っ
た
瞬
間
 
先
ほ
ど
沸
い
た
好
奇
心
は
影
  
あ
っ
た
 °
  
そ
れ
は
成
姫
に
と
っ
て
は
 
心
の
棘
に
と
て
も
よ
く
似
た
も
の
で
  
硬
く
隆
起
し
た
乳
首
が
成
姫
の
眼
前
に
迫
る
 °
  
よ
う
に
持
ち
上
げ
た
 °
  
そ
う
い
っ
て
自
分
の
両
方
の
乳
房
を
ぐ
い
 
と
成
姫
に
差
し
出
す
  
:
触
っ
て
み
て
く
だ
さ
い
 
  
と
い
う
の
も
 
一
つ
の
趣
向
と
し
て
は
い
い
の
で
す
が
 
:
:
:
  
風
に
な
っ
ち
ゃ
う
ん
で
す
 °
:
:
:
:
成
姫
様
?
見
て
い
る
だ
け
  
 
そ
う
で
す
よ
ぉ
 
こ
れ
が
私
の
乳
首
 °
刺
激
す
る
と
こ
う
い
う
  
線
に
 
零
海
は
昂
り
を
覚
え
た
 °
  
そ
ん
な
成
姫
の
好
奇
心
を
語
る
よ
う
な
熱
く
絡
み
つ
く
よ
う
な
視
  
す
ご
い
 
大
き
い
 
触
っ
て
み
た
い
 °
  
け
と
な
っ
た
 °
  
成
姫
は
頬
を
朱
色
に
染
め
て
 
そ
の
立
派
な
乳
首
に
視
線
が
釘
付

   

  
 
:
:
:
:
す
ご
い
 °
柔
ら
か
い
で
す
け
ど
中
か
ら
弾
き
返
し
て
  
 
ふ
ふ
っ
 
ど
う
で
す
か
?
私
の
お
っ
ぱ
い
は
 
  
よ
う
に
動
か
し
始
め
た
 °
  
の
温
も
り
を
感
じ
る
と
安
心
し
た
の
か
 
ゆ
っ
く
り
と
確
か
め
る
  
成
姫
は
び
っ
く
り
し
て
し
ば
ら
く
硬
直
し
て
い
た
が
手
か
ら
零
海
  
 
  
 
  
を
と
り
自
分
の
胸
に
触
ら
せ
た
 °
  
零
海
は
優
し
い
笑
顔
を
成
姫
に
向
け
な
が
ら
 
彼
女
の
小
さ
な
手
  
 
え
っ
!
?
あ
っ
 
  
は
男
性
が
絶
対
持
っ
て
い
な
い
も
の
で
す
よ
 °
ほ
ら
 
  
さ
い
ま
せ
ん
か
?
さ
っ
き
私
が
成
姫
様
に
し
た
み
た
い
に
 °
こ
れ
  
|
|
 
で
は
乳
首
に
は
触
ら
な
く
て
も
い
い
の
で
胸
を
揉
ん
で
下
  
あ
る
意
味
で
は
一
番
男
性
か
ら
遠
い
存
在
で
す
よ
 °
:
:
:
:
ん
  
 
大
丈
夫
で
す
よ
ぉ
!
私
は
女
 °
と
い
う
よ
り
も
尼
で
す
か
ら
 °
  
が
残
っ
て
い
た
 °
  
成
姫
は
視
線
を
零
海
に
向
け
た
が
 
そ
の
顔
に
は
ま
だ
怖
れ
の
色
  
:
:
 
  
 
:
:
で
も
 
私
は
や
は
り
怖
い
の
で
す
 °
そ
の
 
昔
の
こ
と
が
  
す
か
ら
 






















   

  
 
え
 
え
ぇ
 
大
丈
夫
で
す
ぉ
 
  
表
情
が
現
わ
れ
て
い
た
 °
  
し
か
し
心
配
す
る
成
姫
と
は
対
照
的
に
 
零
海
の
顔
に
は
快
楽
の
  
 
れ
 
零
海
様
!
?
大
丈
夫
で
す
か
?
 
  
ま
っ
て
い
た
 °
  
勢
い
余
っ
て
 
零
海
の
乳
首
を
は
た
く
よ
う
に
手
が
当
た
っ
て
し
  
零
海
の
嬌
声
が
響
い
た
 °
  
 
き
ゃ
ん
!
 
  
成
姫
の
手
の
動
き
が
大
き
く
な
っ
て
い
き
 
そ
し
て
 °
  
っ
て
い
た
 °
  
成
姫
は
す
っ
か
り
気
に
入
っ
た
よ
う
に
 
零
海
の
乳
房
を
ま
さ
ぐ
  
る
 °
  
し
か
し
す
ぐ
に
 
ぽ
よ
ん
と
反
発
し
て
元
の
き
れ
い
な
球
形
に
戻
  
形
し
大
き
く
た
わ
む
 °
  
そ
の
手
の
動
き
に
合
わ
せ
る
よ
う
に
 
巨
大
な
二
つ
の
球
体
が
変
  
押
し
上
げ
て
み
た
り
 
円
を
描
く
よ
う
に
捏
ね
ま
わ
す
 °
  
手
の
ひ
ら
を
使
っ
て
押
し
込
ん
で
み
た
り
 
手
を
広
げ
て
下
か
ら
  
揉
み
始
め
た
 °
  
成
姫
は
手
か
ら
伝
わ
る
感
触
に
夢
中
に
な
っ
て
 
両
手
を
使
っ
て
  
き
ま
す
 °
そ
れ
に
ふ
わ
ふ
わ
だ
け
ど
重
い
で
す
 







   

  
そ
の
顔
を
見
て
成
姫
の
顔
か
ら
少
し
ず
つ
緊
張
の
色
が
取
れ
て
い
  
零
海
は
頬
を
紅
潮
さ
せ
な
が
ら
 
優
し
く
成
姫
を
見
つ
め
る
 °
  
う
の
は
素
晴
ら
し
い
こ
と
で
す
よ
ぉ
 
  
 
:
:
で
も
よ
く
触
っ
て
く
れ
ま
し
た
 °
自
分
の
心
に
勝
つ
と
い
  
 
ご
 
ご
め
ん
な
さ
い
 
  
た
よ
う
だ
っ
た
 °
  
成
姫
は
強
張
り
す
ぎ
た
の
が
 
乳
首
を
摘
む
指
に
力
が
入
り
す
ぎ
  
っ
て
く
だ
さ
い
ぃ
:
:
:
:
 
  
 
あ
ぁ
ぁ
ん
:
:
:
:
成
姫
様
ぁ
 
そ
こ
は
も
う
少
し
優
し
く
扱
  
そ
の
瞬
間
 
零
海
の
乳
房
が
ビ
ク
ン
と
跳
ね
る
 °
  
成
姫
の
細
い
指
が
 
零
海
の
長
乳
首
を
き
ゅ
っ
と
摘
ん
だ
 °
  
手
を
恐
る
恐
る
伸
ば
し
た
 °
  
そ
う
繰
り
返
し
自
分
の
心
に
言
い
聞
か
せ
て
 
引
っ
込
め
て
い
た
  
わ
 °
零
海
様
の
胸
の
先
端
部
分
で
あ
っ
て
 
私
の
:
:
:
:
∨
  
∧
:
:
あ
れ
は
零
海
様
の
乳
首
で
 
私
の
恐
れ
る
も
の
で
は
な
い
  
心
に
忘
れ
て
い
た
は
ず
の
好
奇
心
が
よ
み
が
え
っ
て
き
た
 °
  
恐
れ
る
べ
き
部
分
の
は
ず
な
の
に
 
零
海
の
表
情
を
見
て
成
姫
の
  
成
姫
の
視
線
が
 
零
海
の
乳
房
の
先
端
に
向
か
っ
た
 °
  
気
持
よ
か
っ
た
の
で
し
ょ
う
か
?
∨
  
∧
零
海
様
 
も
し
か
し
て
こ
こ
に
手
を
当
て
て
し
ま
っ
た
こ
と
が

   

  
し
く
握
っ
た
 °
  
成
姫
は
言
わ
れ
る
ま
ま
に
零
海
の
乳
首
を
 
棒
を
掴
む
よ
う
に
優
  
 
こ
 
こ
う
で
す
か
 
  
い
ん
で
す
よ
ぉ
 
  
 
:
:
成
姫
様
 
摘
む
だ
け
じ
ゃ
な
く
て
 
握
っ
た
り
し
て
も
い
  
 
  
 
  
数
倍
 
快
感
を
得
て
い
た
 °
  
で
あ
り
 
零
海
は
性
的
倒
錯
状
態
に
陥
っ
た
こ
と
で
普
段
よ
り
も
  
見
か
け
が
本
物
の
成
海
と
変
わ
ら
な
い
の
に
反
応
が
ま
っ
た
く
別
  
悶
え
て
い
た
 °
  
表
面
上
は
優
し
い
女
性
の
顔
を
し
な
が
ら
 
心
の
中
で
は
激
し
く
  
し
さ
と
い
っ
た
ら
!
も
う
 
た
ま
ら
な
い
で
す
よ
ぉ
∨
  
∧
あ
ぁ
ぁ
ん
 
も
う
 
成
海
さ
ん
に
瓜
二
つ
な
上
に
 
こ
の
初
々
  
そ
の
初
々
し
い
様
子
を
み
て
零
海
は
心
の
昂
り
を
覚
え
て
い
た
 °
  
 
  
 
  
乳
首
に
触
れ
た
 °
  
こ
く
ん
と
成
姫
は
う
な
ず
い
て
 
今
度
は
優
し
く
丁
寧
に
零
海
の
  
く
 °
























   

  
 
ぁ
ん
:
:
:
:
大
丈
夫
で
す
よ
 °
実
は
私
 
気
持
ち
良
く
な
る
  
 
零
海
様
!
!
胸
か
ら
 
お
乳
が
!
 
  
そ
れ
と
同
時
に
 
乳
首
の
先
か
ら
母
乳
が
漏
れ
出
す
 °
  
い
っ
た
 °
  
零
海
が
感
じ
て
い
る
様
子
を
見
て
 
成
姫
は
扱
く
速
さ
を
上
げ
て
  
∧
零
海
様
 
気
持
ち
い
い
の
で
す
ね
:
:
:
:
∨
  
ん
で
い
く
 °
  
彼
女
の
興
奮
を
証
明
す
る
か
の
よ
う
に
乳
首
が
ぷ
っ
く
り
と
膨
ら
  
し
て
も
い
い
で
す
よ
ぉ
 
  
 
ん
っ
:
:
:
:
気
持
い
い
で
す
ぅ
:
:
:
:
も
っ
と
 
激
し
く
  
 
ど
う
で
し
ょ
う
?
 
  
た
 °
  
上
下
す
る
た
び
に
ビ
ク
ビ
ク
と
喜
ん
で
い
る
よ
う
に
乳
首
が
震
え
  
成
姫
は
ゆ
っ
く
り
と
零
海
の
乳
首
を
扱
き
始
め
る
 °
  
そ
ん
な
風
に
 
  
 
上
下
に
扱
い
て
み
て
く
だ
さ
い
:
:
:
:
あ
ぁ
ん
!
そ
う
で
す
 
  
 
そ
れ
で
ど
う
し
た
ら
:
:
 
  
に
な
っ
て
い
た
 °
  
零
海
の
長
乳
首
は
す
で
に
成
姫
の
小
さ
な
手
に
余
る
ほ
ど
の
長
さ
  
乳
首
独
特
の
強
い
弾
力
が
 
手
に
返
っ
て
く
る
 °







   

  
わ
せ
た
 °
  
大
き
く
深
呼
吸
し
 
硬
く
目
を
つ
む
っ
て
零
海
の
乳
首
に
舌
を
這
  
成
姫
は
そ
の
顔
を
見
て
心
を
落
ち
着
か
せ
る
 °
  
零
海
は
動
き
の
止
ま
っ
た
成
姫
を
心
配
そ
う
に
見
つ
め
る
 °
  
 
:
:
成
姫
様
 
大
丈
夫
で
す
か
?
 
  
∧
:
:
だ
め
よ
 
今
そ
の
こ
と
は
関
係
な
い
!
∨
  
棘
の
映
像
が
脳
裏
に
よ
ぎ
る
 °
  
の
動
き
が
止
ま
っ
た
 °
  
し
か
し
 
そ
の
矢
先
に
成
姫
の
心
の
棘
が
存
在
を
主
張
し
 
成
姫
  
る
 °
  
目
の
前
の
乳
首
か
ら
に
じ
み
出
て
い
る
母
乳
を
舐
め
と
ろ
う
と
す
  
 
  
 
  
成
姫
は
一
瞬
で
そ
の
味
の
虜
と
な
っ
た
 °
  
し
い
 °
も
っ
と
:
:
∨
  
∧
:
:
甘
い
!
温
か
く
て
 
体
に
し
み
込
ん
で
く
る
 °
:
:
お
い
  
た
 °
  
成
姫
は
そ
の
様
子
を
見
て
 
手
に
付
い
た
母
乳
を
舌
で
舐
め
と
っ
  
零
海
は
照
れ
た
よ
う
に
 
頬
を
朱
に
染
め
た
 °
  
と
母
乳
が
出
ち
ゃ
う
ん
で
す
ぅ
:
:
 











   

  
そ
の
稚
拙
な
が
ら
一
生
懸
命
な
成
姫
の
様
子
と
 
ま
る
で
焦
ら
さ
  
合
わ
せ
て
 
さ
っ
き
よ
り
も
早
く
乳
首
を
上
下
に
扱
く
 °
  
母
乳
が
出
る
の
を
促
し
た
 °
  
成
姫
は
飽
き
る
こ
と
な
く
 
チ
ロ
チ
ロ
と
子
猫
が
舐
め
る
よ
う
に
  
乳
首
を
舐
め
ら
れ
て
い
る
快
感
か
ら
か
 
大
き
く
身
悶
え
し
た
 °
  
零
海
は
母
性
感
覚
を
く
す
ぐ
ら
れ
た
か
ら
か
 
は
た
ま
た
敏
感
な
  
っ
ち
ゃ
っ
て
 
可
愛
す
ぎ
ま
す
ぅ
!
!
:
:
あ
ぁ
ぁ
ん
!
!
!
∨
  
∧
ぁ
ぁ
ん
!
:
:
:
:
成
姫
様
っ
た
ら
あ
ん
な
に
一
生
懸
命
に
な
  
か
す
 °
  
成
姫
は
一
口
舐
め
る
ご
と
に
母
乳
を
よ
り
求
め
る
よ
う
に
舌
を
動
  
て
い
っ
た
 °
  
海
に
と
っ
て
逆
に
そ
れ
は
焦
燥
感
を
煽
ら
れ
て
快
感
へ
と
変
わ
っ
  
決
し
て
う
ま
い
と
は
言
え
な
い
成
姫
の
舌
舐
め
で
あ
っ
た
が
 
  
少
し
ず
つ
漏
れ
出
す
母
乳
の
量
が
増
え
て
く
る
 °
  
と
り
 
再
び
拙
く
舌
を
動
か
し
た
 °
  
初
め
て
の
行
為
に
緊
張
し
て
い
た
が
成
姫
は
零
海
の
様
子
を
感
じ
  
 
:
:
ん
っ
 
ふ
ふ
っ
 
気
持
ち
い
い
の
で
す
ね
?
零
海
様
 
  
海
は
成
姫
の
舌
の
感
覚
に
歓
喜
し
た
 °
  
成
姫
が
止
ま
っ
て
い
た
間
に
よ
っ
て
 
結
果
的
に
焦
ら
さ
れ
た
零
  
 
ぁ
ぁ
ん
!
!
 



















   

  
再
び
母
乳
が
成
姫
の
顔
に
向
か
っ
て
勢
い
よ
く
噴
出
さ
れ
た
 °
  
し
か
し
今
の
零
海
に
は
そ
れ
す
ら
も
甘
美
な
刺
激
に
な
っ
て
お
り
 
  
 
あ
ぁ
ぁ
ん
!
 
  
小
さ
な
手
が
ぎ
ゅ
ぅ
と
零
海
の
乳
首
を
握
り
し
め
て
し
ま
う
 °
  
に
力
が
入
っ
て
し
ま
っ
た
 °
  
成
姫
は
忘
れ
よ
う
と
し
て
い
た
こ
と
を
突
然
言
わ
れ
 
思
わ
ず
手
  
 
え
っ
!
?
そ
ん
な
!
?
 
  
性
の
モ
ノ
も
 
私
の
乳
首
も
似
た
よ
う
な
も
の
な
ん
で
す
よ
?
 
  
 
は
ぁ
は
ぁ
:
:
:
:
素
敵
で
す
よ
ぉ
 
成
姫
様
 °
:
:
:
:
男
  
 
  
 
  
指
に
つ
い
た
母
乳
を
舐
め
て
い
た
 °
  
成
姫
は
顔
を
伝
う
母
乳
を
指
先
で
す
く
い
取
り
 
お
い
し
そ
う
に
  
顔
に
飛
ば
し
た
 °
  
零
海
は
ビ
ク
ン
と
乳
房
を
大
き
く
震
わ
せ
る
と
 
母
乳
を
成
姫
の
  
 
き
ゃ
ぁ
っ
 
  
:
:
気
持
ち
い
い
で
す
ぅ
:
:
:
:
!
!
!
 
  
 
あ
ふ
ぅ
っ
!
!
!
そ
ん
な
風
に
さ
れ
る
と
ぉ
:
:
乳
首
ぃ
:
:
  
そ
し
て
乳
首
が
ピ
ク
ピ
ク
と
細
か
く
震
え
始
め
た
 °
  
れ
て
い
る
よ
う
な
刺
激
に
零
海
は
軽
く
達
し
そ
う
に
な
っ
て
い
た
 °

   

  
好
い
て
し
ま
い
ま
し
た
 
  
あ
な
た
を
た
く
さ
ん
感
じ
て
い
た
い
で
す
 °
:
:
:
:
あ
な
た
を
  
な
ら
殿
方
を
好
き
に
な
れ
そ
う
な
気
が
し
ま
す
 °
:
:
で
も
今
は
  
 
:
:
:
:
零
海
様
 
あ
り
が
と
う
ご
ざ
い
ま
す
 °
:
:
:
:
今
  
っ
た
 °
  
そ
れ
と
同
時
に
華
が
ゆ
っ
く
り
と
咲
く
よ
う
に
笑
顔
に
な
っ
て
い
  
っ
た
 °
  
成
姫
の
心
に
刺
さ
っ
て
い
た
棘
が
 
ゆ
っ
く
り
と
抜
け
お
ち
て
い
  
:
∨
  
父
上
は
 
母
上
を
愛
し
て
い
ら
し
た
か
ら
 
あ
ん
な
に
も
:
:
:
  
∧
:
:
そ
う
な
の
で
す
ね
 °
相
手
が
好
き
だ
か
ら
 °
:
:
だ
か
ら
  
そ
の
笑
顔
と
言
葉
は
成
姫
の
心
に
ゆ
っ
く
り
と
染
み
て
い
く
 °
  
零
海
は
成
姫
に
笑
顔
を
向
け
て
そ
う
言
っ
た
 °
  
な
も
の
な
ん
で
す
よ
 
  
す
ぅ
:
:
:
:
ぁ
ん
!
:
:
:
:
そ
う
い
う
意
味
で
は
似
た
よ
う
  
れ
ば
あ
る
ほ
ど
 
自
分
を
感
じ
て
欲
し
く
て
頑
張
っ
ち
ゃ
う
ん
で
  
う
い
う
風
に
大
き
く
な
っ
ち
ゃ
う
ん
で
す
よ
ぉ
 °
好
き
な
人
で
あ
  
き
な
方
に
本
当
の
自
分
を
見
て
 
触
っ
て
 
感
じ
て
欲
し
く
て
こ
  
 
ぅ
ん
:
:
:
:
え
え
 
確
か
に
全
く
違
う
も
の
で
す
 °
で
も
好
  
成
姫
の
顔
は
す
っ
か
り
零
海
の
母
乳
で
白
く
染
ま
っ
て
い
た
 °


   

  
 
ふ
ふ
っ
 
零
海
様
の
こ
こ
 
可
愛
い
い
 
  
い
弾
力
を
感
じ
乳
首
が
ビ
ク
ビ
ク
と
震
え
た
 °
  
珠
の
肌
に
包
ま
れ
た
成
姫
の
乳
房
の
間
で
 
零
海
は
そ
の
瑞
々
し
  
大
き
さ
を
確
か
め
る
よ
う
に
自
身
の
お
っ
ぱ
い
を
動
か
す
 °
  
:
:
 
  
 
:
:
す
ご
い
 
さ
っ
き
よ
り
も
大
き
く
な
っ
て
い
ま
す
わ
:
:
  
る
 °
  
零
海
の
巨
大
な
乳
首
は
 
成
姫
の
豊
か
な
胸
か
ら
は
み
出
し
て
く
  
太
く
長
い
そ
れ
は
幼
い
子
供
の
腕
程
は
あ
り
そ
う
な
乳
首
だ
 °
  
そ
れ
を
自
ら
の
谷
間
に
挟
ん
だ
 °
  
成
姫
は
零
海
の
右
の
隆
起
し
た
乳
首
を
そ
っ
と
持
ち
上
げ
る
と
 
  
 
  
 
  
そ
の
豊
か
な
乳
房
を
あ
ら
わ
に
し
た
 °
  
成
姫
は
そ
れ
に
呼
応
す
る
よ
う
に
自
ら
の
衣
を
は
だ
け
て
い
き
 
  
に
 °
  
た
乳
首
が
再
び
勃
ち
始
め
た
 °
成
姫
に
感
じ
て
も
ら
い
た
い
よ
う
  
そ
れ
と
同
時
に
 
さ
っ
き
の
噴
乳
で
大
人
し
く
な
り
か
か
っ
て
い
  
く
な
っ
た
 °
  
そ
の
は
に
か
ん
だ
笑
顔
を
見
た
零
海
は
 
心
が
じ
ん
わ
り
と
暖
か

   

  
油
の
代
わ
り
と
な
っ
て
い
た
 °
  
先
端
か
ら
も
少
し
ず
つ
母
乳
が
漏
れ
出
し
て
お
り
 
そ
れ
が
潤
滑
  
乳
首
パ
イ
ズ
リ
の
心
地
い
い
刺
激
に
 
零
海
は
甘
い
声
が
漏
れ
る
 °
  
ん
ん
ん
っ
っ
!
!
 
  
 
ふ
ぅ
あ
ぁ
ぁ
ん
っ
っ
!
!
成
姫
様
ぁ
 
お
上
手
で
す
よ
ぉ
・
・
  
不
慣
れ
な
は
ず
だ
が
 
絶
妙
な
手
つ
き
で
長
乳
首
を
攻
め
る
 °
  
そ
の
間
に
成
姫
は
持
ち
直
し
て
 
再
び
擦
り
始
め
た
 °
  
突
然
の
強
い
刺
激
に
 
零
海
の
体
が
硬
直
す
る
 °
  
 
ひ
ゃ
ぁ
ん
!
 
  
乳
暈
ご
と
ぎ
ゅ
っ
と
掴
ん
だ
 °
  
成
姫
は
思
わ
ず
零
海
の
空
い
た
左
の
乳
首
を
 
昂
り
で
膨
ら
ん
だ
  
 
ぁ
ぁ
ん
!
零
海
さ
ま
ぁ
 
だ
め
で
す
ぅ
!
今
は
私
が
:
:
 
  
則
に
な
る
 °
  
し
か
し
成
姫
に
は
十
分
す
ぎ
る
刺
激
で
あ
り
 
体
を
動
き
が
不
規
  
た
 °
  
零
海
は
思
わ
ず
成
姫
の
乳
房
に
手
を
添
え
て
 
優
し
く
揉
ん
で
い
  
 
あ
あ
 
成
姫
様
の
お
っ
ぱ
い
 
す
っ
ご
く
張
り
が
あ
っ
て
ぇ
!
 
  
敏
感
な
部
分
で
感
じ
た
 °
  
零
海
は
乳
首
の
四
方
か
ら
成
姫
の
温
も
り
を
 
八
方
か
ら
弾
力
を
  
ぎ
ゅ
む
 
と
成
姫
は
両
腕
で
胸
を
寄
せ
て
擦
り
上
げ
る
 °




   

  
成
姫
は
そ
の
卑
猥
な
巨
大
乳
首
に
興
奮
を
隠
せ
な
い
 °
  
匂
い
が
充
満
し
て
い
く
 °
  
溢
れ
出
し
て
い
る
母
乳
の
量
も
多
く
な
り
 
部
屋
に
強
い
甘
美
な
  
う
な
も
の
で
は
な
か
っ
た
 °
  
し
か
し
そ
の
硬
く
な
っ
て
い
く
乳
首
は
 
も
う
成
姫
の
恐
れ
る
よ
  
元
か
ら
長
大
だ
っ
た
零
海
の
乳
首
が
更
に
体
積
を
増
し
て
い
っ
た
 °
  
始
め
る
 °
  
成
姫
の
奉
仕
を
受
け
て
 
乳
首
が
脈
動
し
な
が
ら
さ
ら
に
勃
起
を
  
く
ん
と
動
い
て
・
・
・
ん
ん
っ
!
!
 
  
 
・
・
・
・
っ
!
!
 
ふ
ぁ
ん
っ
!
!
私
の
胸
の
中
で
び
く
ん
び
  
あ
あ
ん
っ
っ
!
!
 
  
 
ひ
あ
あ
ん
っ
っ
っ
!
!
 
あ
あ
あ
・
・
・
成
姫
様
ぁ
・
・
!
!
!
  
は
成
姫
の
乳
房
で
あ
っ
た
 °
  
し
か
し
乳
房
の
大
き
さ
に
差
が
あ
り
す
ぎ
て
 
大
き
く
潰
れ
る
の
  
形
さ
せ
合
っ
て
い
る
 °
  
2
人
の
乳
房
同
士
が
押
し
合
う
ほ
ど
に
ま
で
密
着
し
 
互
い
に
変
  
成
姫
の
動
き
が
だ
ん
だ
ん
と
大
き
く
な
っ
て
い
く
 °
  
:
!
!
 
  
 
ぅ
ぅ
ん
:
:
!
あ
あ
っ
:
:
:
:
零
海
様
の
乳
首
 
す
ご
い
:
  
零
海
の
甘
く
温
か
い
母
乳
は
甘
美
な
誘
惑
だ
っ
た
 °






   

  
も
っ
と
感
じ
て
も
ら
い
た
い
と
思
っ
た
 °
  
ぶ
こ
と
を
す
る
の
は
幸
せ
な
こ
と
だ
と
思
っ
た
 °
  
そ
の
様
子
を
成
姫
は
体
で
感
じ
 
自
ら
の
奉
仕
で
好
い
た
人
が
喜
  
て
い
る
の
だ
ろ
う
 °
  
乳
房
が
そ
う
な
っ
て
い
る
と
い
う
こ
と
は
 
零
海
は
か
な
り
感
じ
  
し
て
い
る
様
子
が
成
姫
に
も
伝
わ
る
 °
  
零
海
の
乳
房
が
張
り
 
全
体
が
脈
打
っ
て
母
乳
を
噴
き
出
さ
ん
と
  
姫
の
息
も
か
な
り
荒
く
な
っ
て
き
て
い
る
 °
  
一
方
で
 
熱
く
硬
く
脈
打
つ
乳
首
を
全
身
に
受
け
止
め
て
い
る
成
  
快
感
に
素
直
な
零
海
は
大
い
に
喘
ぐ
 °
  
も
う
出
ち
ゃ
い
ま
す
ぅ
ぅ
!
!
!
 
  
 
ひ
ゃ
ぁ
ぁ
ん
!
!
す
ご
く
い
い
で
す
よ
ぉ
ぉ
ぉ
!
!
お
っ
ぱ
い
 
  
海
の
乳
首
は
大
き
く
震
え
た
 °
  
敏
感
な
先
端
の
全
体
か
ら
成
姫
の
熱
い
吐
息
と
舌
を
感
じ
て
 
  
穴
を
舐
め
回
す
 °
  
そ
れ
と
同
時
に
小
さ
な
舌
が
 
も
っ
と
母
乳
を
出
さ
せ
よ
う
と
乳
  
は
た
め
ら
う
こ
と
な
く
頬
張
っ
た
 °
  
成
姫
は
そ
の
眼
前
に
迫
る
巨
大
乳
首
を
胸
に
挟
み
な
が
ら
 
今
度
  
成
姫
の
顔
に
届
く
ほ
ど
に
巨
大
化
し
た
乳
首
 °
  
や
が
て
零
海
の
乳
首
が
勃
起
し
き
る
 °











   

  
成
姫
は
零
海
の
母
乳
噴
水
を
浴
び
な
が
ら
絶
頂
を
迎
え
た
 °
  
浴
び
せ
か
け
ら
れ
一
気
に
突
き
抜
け
た
 °
  
今
ま
で
我
慢
し
て
積
み
重
な
っ
て
い
た
も
の
が
 
零
海
の
母
乳
を
  
っ
・
・
!
!
 
  
零
海
さ
ま
ぁ
 
す
ご
ぉ
い
ぃ
ん
っ
っ
!
!
 
ふ
ぅ
あ
あ
あ
ん
っ
っ
  
 
は
ぁ
は
ぁ
・
・
・
あ
あ
あ
ん
ん
っ
っ
っ
!
!
 
ら
め
ぇ
・
・
・
  
ま
る
で
大
雨
が
降
っ
て
い
る
か
の
よ
う
な
噴
乳
 °
  
成
姫
の
視
界
が
一
瞬
で
真
っ
白
に
な
る
 °
  
口
を
零
海
の
乳
首
か
ら
離
し
た
 °
  
一
瞬
で
容
量
が
限
界
に
達
し
 
成
姫
は
吹
き
飛
ば
さ
れ
る
よ
う
に
  
成
姫
の
口
の
中
で
母
乳
が
爆
ぜ
る
 °
  
母
乳
を
溜
め
込
ん
だ
零
海
は
一
気
に
そ
れ
を
噴
射
さ
せ
た
 °
  
 
:
:
:
:
ん
ぐ
ぅ
 
れ
い
は
い
は
ま
ぁ
!
!
 
  
零
海
の
超
乳
が
一
瞬
膨
ら
む
よ
う
に
大
き
く
張
っ
た
 °
  
っ
ぱ
い
出
ま
す
ぅ
ぅ
!
!
イ
っ
ち
ゃ
い
ま
す
ぅ
ぅ
!
!
!
 
  
 
ひ
ぃ
あ
ん
っ
っ
:
:
:
:
な
 
成
海
さ
ぁ
ぁ
ん
!
:
:
:
:
お
  
た
 °
  
成
姫
は
心
を
こ
め
て
全
身
で
零
海
の
超
乳
に
 
乳
首
に
愛
撫
を
し
  
な
く
成
姫
を
襲
い
 
限
界
が
近
付
い
て
い
る
の
が
分
か
っ
て
い
た
 °
  
し
か
し
 
零
海
の
巨
大
な
胸
や
乳
首
か
ら
感
じ
る
刺
激
は
絶
え
間

   

  
 
い
い
え
 °
:
:
た
だ
 
そ
の
:
:
零
海
様
が
達
し
て
い
ら
し
た
  
ま
さ
か
本
当
に
生
き
別
れ
の
双
子
!
?
と
零
海
は
顔
を
上
げ
る
 °
  
 
も
し
か
し
て
ご
存
じ
で
!
?
 
  
の
こ
と
で
す
か
?
 
  
 
な
る
ほ
ど
 °
:
:
:
:
そ
の
方
は
 
成
海
さ
ん
 
と
い
う
お
方
  
お
く
必
要
が
あ
る
と
感
じ
た
の
だ
 °
  
零
海
は
成
姫
の
顔
を
見
て
い
る
と
 
不
意
に
そ
の
こ
と
を
言
っ
て
  
 
え
え
 
生
き
写
し
と
言
え
る
ほ
ど
に
 
  
 
私
が
零
海
様
の
想
い
人
に
 
と
て
も
よ
く
似
て
い
る
と
?
 
  
ら
こ
そ
 
私
は
今
回
の
お
願
い
を
受
け
ま
し
た
 
  
と
 °
姫
様
の
お
顔
が
あ
ま
り
に
も
私
の
好
き
な
人
に
似
て
い
た
か
  
 
成
姫
様
の
顔
に
私
の
好
き
な
人
を
思
い
浮
か
べ
て
し
ま
っ
た
こ
  
零
海
は
神
妙
な
面
持
ち
で
頭
を
下
げ
た
 °
  
も
近
い
距
離
で
 °
  
翌
朝
 
二
人
は
最
初
に
顔
を
合
わ
せ
た
客
間
に
い
た
 °
昨
日
よ
り
  
 
え
?
 
  
 
成
姫
様
に
一
つ
謝
ら
な
く
て
は
な
り
ま
せ
ん
 
  
 
  
 
  
心
に
突
き
刺
さ
っ
た
棘
を
完
全
に
抜
き
去
っ
て
 °







   

  
 
そ
う
言
っ
て
い
た
だ
け
る
と
助
か
り
ま
す
ぅ
!
 
  
だ
い
た
の
で
す
か
ら
 
  
に
お
近
づ
き
に
な
れ
た
だ
け
で
な
く
 
心
の
傷
ま
で
癒
し
て
い
た
  
 
:
:
い
え
 
逆
に
嬉
し
い
で
す
 °
そ
の
方
の
お
陰
で
 
零
海
様
  
あ
と
 
微
笑
み
を
浮
か
べ
て
言
っ
た
 °
  
ど
ん
ど
ん
考
え
が
悪
い
方
向
に
向
か
う
 °
成
姫
は
少
し
思
案
し
た
  
ゃ
な
か
っ
た
の
で
す
ぅ
ぅ
!
∨
  
だ
か
ら
謝
っ
て
お
こ
う
と
思
い
ま
し
た
が
 
や
っ
ぱ
り
言
う
ん
じ
  
:
:
:
:
あ
ぁ
ぁ
ぁ
 
私
の
バ
カ
ぁ
ぁ
ぁ
あ
!
!
成
姫
様
は
聡
明
  
反
動
で
心
の
傷
が
再
発
し
て
 
成
姫
様
の
婚
姻
が
無
に
帰
す
か
も
  
っ
た
の
に
意
味
が
な
く
な
り
ま
す
ぅ
ぅ
:
:
:
:
も
し
か
し
た
ら
  
姫
様
を
治
療
と
称
し
て
弄
ん
だ
と
か
思
わ
れ
た
ら
 
せ
っ
か
く
治
  
様
の
顔
が
見
ら
れ
な
い
で
す
よ
ぉ
ぉ
:
:
:
:
自
分
の
た
め
に
成
  
:
:
:
:
ど
ぉ
し
よ
ぉ
ぉ
ぉ
!
!
恥
ず
か
し
す
ぎ
て
 
も
ぉ
成
姫
  
か
ら
っ
て
 
イ
ク
と
き
に
成
海
さ
ん
の
名
前
叫
ん
じ
ゃ
う
と
か
!
  
∧
い
や
ぁ
ぁ
ん
 
私
っ
た
ら
 
も
ぉ
 
あ
ん
ま
り
に
も
似
て
い
る
  
快
楽
に
溺
れ
て
い
る
と
き
の
こ
と
を
言
わ
れ
零
海
は
縮
こ
ま
っ
た
 °
  
さ
っ
き
の
考
え
は
一
瞬
に
し
て
否
定
さ
れ
た
ど
こ
ろ
か
 
自
分
が
  
 
:
:
:
:
申
し
訳
あ
り
ま
せ
ん
 
  
と
き
に
 
そ
の
方
の
名
前
を
お
っ
し
ゃ
っ
て
い
た
の
で
 




   

  
番
の
笑
顔
と
と
も
に
零
海
に
伝
え
た
 °
  
零
海
が
部
屋
を
出
よ
う
と
し
た
時
 
成
姫
は
一
言
 
今
ま
で
で
一
  
 
あ
っ
 
零
海
様
 
  
室
に
な
ら
れ
ま
し
ょ
う
 °
:
:
:
:
で
は
 
  
 
も
っ
た
い
な
い
お
言
葉
で
す
 °
姫
様
な
ら
ば
き
っ
と
素
敵
な
正
  
 
あ
り
が
と
う
ご
ざ
い
ま
す
 °
本
当
に
 
心
か
ら
感
謝
を
 
  
た
だ
き
ま
す
わ
 
  
 
成
姫
様
の
婚
姻
が
う
ま
く
い
く
よ
う
 
道
中
お
祈
り
さ
せ
て
い
  
成
姫
の
顔
に
寂
し
げ
な
表
情
に
変
わ
る
 °
  
 
:
:
:
:
そ
う
で
す
か
 
  
し
よ
う
と
立
ち
あ
が
っ
た
 °
  
零
海
は
し
ば
ら
く
成
姫
と
会
話
を
楽
し
ん
だ
後
 
出
発
の
準
備
を
  
 
そ
れ
で
は
私
は
そ
ろ
そ
ろ
出
立
い
た
し
ま
す
 
  
 
  
 
  
零
海
は
こ
こ
に
い
な
い
想
い
人
に
深
く
感
謝
し
た
 °
  
守
ら
れ
ま
し
た
よ
ぉ
ぉ
ぉ
!
∨
  
∧
成
海
さ
ぁ
ん
!
あ
な
た
の
お
陰
で
一
国
の
命
運
と
 
私
の
心
が
  
下
げ
た
 °
  
零
海
に
は
成
姫
の
微
笑
み
が
女
神
の
よ
う
に
思
え
て
 
再
び
頭
を

   

  
し
て
平
身
低
頭
し
た
 °
  
若
侍
は
し
ば
ら
く
唖
然
と
し
た
の
ち
 
外
に
も
関
わ
ら
ず
涙
を
流
  
ま
か
せ
ま
し
た
よ
 
  
や
ら
必
要
な
も
の
を
買
っ
て
来
て
く
だ
さ
い
 °
よ
ろ
し
い
で
す
ね
?
  
な
た
に
預
け
ま
す
の
で
 
こ
れ
で
成
姫
様
の
婚
姻
道
具
や
ら
な
ん
  
に
受
け
取
り
ま
し
た
 °
:
:
:
:
で
は
こ
の
 
私
の
 
報
酬
を
あ
  
 
わ
か
り
ま
し
た
 °
:
:
:
:
そ
れ
で
は
こ
ち
ら
の
報
酬
は
確
か
  
困
っ
た
零
海
に
一
つ
の
考
え
が
浮
か
ん
だ
 °
  
と
言
っ
て
頑
と
し
て
き
か
な
い
 °
  
 
受
け
た
恩
義
を
返
さ
ぬ
は
武
家
の
恥
!
 
  
零
海
は
断
っ
た
が
 
若
侍
は
 
  
そ
う
と
し
て
き
た
 °
  
そ
う
言
っ
て
 
旅
に
行
く
に
は
持
ち
切
れ
な
い
ほ
ど
の
報
酬
を
渡
  
我
ら
一
同
出
せ
る
限
り
の
感
謝
の
気
持
ち
で
す
 °
  
曰
く
 
成
姫
の
心
の
病
が
治
っ
た
の
は
あ
な
た
様
の
お
陰
ゆ
え
 
  
屋
敷
を
出
よ
う
と
し
た
瞬
間
 
零
海
は
若
侍
に
呼
び
止
め
ら
れ
た
 °
  
零
海
は
戸
惑
っ
て
い
た
 °
  
∧
別
に
こ
こ
ま
で
律
儀
に
し
な
く
て
も
 
い
い
の
で
す
が
ね
ぇ
∨
  
 
  
零
海
も
ま
た
笑
顔
で
答
え
た















   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
っ
た
 °
  
成
姫
の
笑
顔
を
思
い
出
し
 
零
海
は
無
性
に
成
海
に
会
い
た
く
な
  
|
こ
の
お
礼
は
 
い
つ
か
必
ず
お
返
し
し
に
参
り
ま
す
|
  
 
  
そ
の
姿
を
見
な
が
ら
 
成
姫
の
一
言
が
零
海
の
頭
を
よ
ぎ
っ
た
 °

  > ≫