女教師〜タイムスリップ

救急戦士 作
Copyright 2003 by Kyukyusenshi All rights reserved.

ここは、ある城の地下牢、ここに一人の女性が捕まっていた
彼女の服装は、江戸では見られない服装、いやその時代ではなく
現代にいた女性が、過去の江戸にタイムスリップし、浪人達に見つかって
怪しまれ、そこの城の地下牢に入れられたのである
彼女の名前は、河合麗香、スタイル抜群の女性であり、高校の教師をしているのだ
なぜ、彼女がタイムスリップしたのか、それは、彼女の家は父が科学者で
タイムマシンを作って、彼女を過去の時代へ送ってしまったからである
そして、そんな訳で、今地下牢に入っているのだが
一応良かったのは、学校が夏休みだったと言う事である
これが、平日だったら如何しようもないのだが、
仮にここから出れたとして、帰って来れるかどうか判らないのである
まず、麗香は、「ここから、脱出しよう」と思い
自分を見張っている二人の見張りに、「ねえ、見て」と
服を脱ぎ、裸を見せる、美しくたわわな乳房、それに劣らず綺麗な肌
そして、見る者を釘付けにする視線、
見張りは、彼女に近づいた
「ねえ、こっちへ来て」彼女の誘いに見張りの一人がやって来て
牢に入る、麗香は、その見張りに乳を近づけると、
「吸ってえ」と言い出した
見張りは躊躇なく乳を吸う
「ああん、あん」
とても、甘い喘ぎ声が聞こえる、だが、その乳は吸えば吸うほど大きくなり
見張りの顔が挟まってしまった
そして、見張りは窒息してしまったのだ
「うふふ、何だ、もう終わりなの、大した事ないわね」
麗香は、見張りを離した
それを見ていた、もう一人の見張りが
「この爆乳女が」と言い、彼女を後ろから羽交い絞めにする
だが、麗香は、その見張りにも乳房を揉ます
「ああん、もっと、揉んで」
「いいのか、」
「ええ、いいわよ、さあ揉んで」
彼女の言葉に惑わされ、見張りは乳を揉み捲くる
喘ぐ、麗香、その途端、乳房は腕では防ぎきれないぐらいに大きくなり
見張りは、手を離した途端、麗香は、振り向きざま、見張りの顔を
胸に引き寄せ、ぺシ、ぺシ、と乳ビンタをし、そしてそのまま窒息させた
「はあ、とにかく、今のうちね」
城には麗香を見張っていた、見張りしかいなく、麗香は城から逃げたのであった。

続く