の  ど  着  主   ┐ て   ┐ 行  お   ┐ に  麗  名  れ  う  て  城     救  女  
  よ  う  し  人  え  欲  ご  っ  ゆ  よ  預  香  前  た └   し  か     急  教  
  う  や  た  は   ` し  主  た  い  う  け  は  は     と  ま  ら     戦  師  
  で  ら      ` あ  い  人     は  し  て   `  `    迷  っ  逃     士  ∫  
  あ   `    お  あ  ん  様      `  ` 金  彼  お     っ  た  げ        タ  
  る  こ     ゆ └   で   `    そ  そ  を  女  ゆ     て  為  た     作  イ  
     こ     い     す  ど     う  れ  貰  の  い     い  に  麗        ム  
     の     の     け  う     言  じ  っ  計   `    る  こ  香        ス  
     主     言     ど  か     う  ゃ  た  ら  彼     麗  こ  だ        リ  
     人     う    └   こ     と  あ  の  い  女     香  の  っ        ッ  
     は     通        の     麗   ` で  で  は     そ  金  た        プ  
      `    り        子     香  私  あ   ` 村     こ  が  が           
     お      `       に     を  に  っ  来  の     に  な   `          
     ゆ     麗         `    呉  つ  た  て  娘     一  い  こ           
     い     香        一     服  い     い  だ     人   ` こ           
     と     の        着     屋  て     た  と     の   ┐ の           
     知     着        差     に  来     服  言     少  ど  時           
     り     物        し     連  て     を  う     女  う  代           
     合     を        上     れ └      質        が  し  に           
     い     新        げ     て        屋        現  よ  来           
                                                              



   ┐  ┐ 家   ┐ で  に  初  を  麗   ┐  ┐ そ   ┐  ┐  ┐  ┐ っ  お   ┐  ┐ 
  え  お  の  さ   ` 理  め  お  香  う  あ  の  だ  特  い  あ  た  ゆ  あ  そ  
  え  ゆ  中  あ  お  解  は  ゆ  は  ん  り  自  っ  に  い  り     い  り  れ  
   ` い  に   ` ゆ  し  信  い   `└   が  分  た  は  の  が     と  が  じ  
  私  さ  は  ど  い  て  じ  に  ど     と  の  ら └   よ  と     麗  と  ゃ  
  が  ん  年  う  の  来  ら  話  う     う  世   `     ` う     香  う  あ  
  面   ` 老  ぞ  家  た  れ  し  や      ` 界  私     そ   `    は └    ` 
  倒  二  い └   に  よ  な  た  ら     じ  へ  の     れ  お      `    こ  
  み  人  た     入  う  か  よ   `    ゃ  帰  家     よ  ゆ     主     れ  
  な  き  老     る  だ  っ  う  自     あ  れ  で     り  い     人     ね  
  い  り  人     麗  っ  た  で  分      ` る  暮      ` さ     に      ` 
  と  で  が     香  た  お  あ  が     そ  日  ら     行  ん     礼    └   
   ` 暮  一     と     ゆ  る  今     う  が  さ     く └      を        
  御  ら  人     お     い     ま     す  来  な     場        言        
  爺  し  い     ゆ     だ     で     る  る  い     所        う        
  ち  て  た     い     っ     体     わ  ま   `    あ        と        
  ゃ  い   °          た     験    └   で  あ     る        帰        
  ん  る              が     し       └   な     の        っ        
  だ  の               `    た           た    └         て        
  け  ね              徐     事           の              行        
    └               々                                         



  ま  お   ┐  ┐  ┐ お   ┐ す  手  そ   ┐  ┐  ┐  ┐ だ  そ  っ  お   ┐ じ  
  あ  ゆ  あ  い  で  い  お  る  伝  し  う  い  あ  じ     れ  た  ゆ  そ  ゃ  
  買  い  り  い  も  で  ゆ  だ  い  て  ん  い  り  ゃ     で  ら  い  の  大  
  い  の  が  ん   `└   い  け  と   `└   の  が  あ      ` し  の  気  変  
  物  祖  と  じ  お     や  だ  言  麗     よ  と   `    今  い  両  持  だ  
  も  父  う  ゃ  爺      ` け  っ  香      ` う  帰      `    親  ち  し  
  あ  の └    ` ち     麗  ど  て  は     お   ` れ     お     は  判 └   
  る  気     ど  ゃ     香     も   `    礼  麗  る     ゆ      ` る     
  事  配     う  ん     さ      ` お     だ  香  時     い     お  わ     
  で  り     せ └      ん     た  ゆ     か  さ  ま     は     ゆ └      
  あ  で     す        と     だ  い     ら  ん  で     祖     い        
  り   `    る        一     家  の    └  └    `    父     が        
  町  お     事        緒     の  手           私     と     小        
  へ  ゆ     も        に     中  伝           が     暮     さ        
  行  い     な        遊     を  い           手     ら     い        
  っ  と     い        び     掃  を           伝     し     頃        
  た  麗     し        に     除  し           う     て     に        
     香    └         行     し  た           わ     い     亡        
     は              っ     た             └      る     く        
      `             て     り                    の     な        
                                                              



   ┐  ┐ 何   ┐  ┐ 麗   ┐ つ  そ  麗  い   ┐ 上  店  て   ┐  ┐ い  と  町  
  は  そ  な  ぶ  何  香  お  か  し  香  る  ふ  げ  に  い  え  あ  た   ` で  
   ` れ  ん  つ   ` は  い  っ  て  は  も  う  る  入  る  え  れ     同  は  
  ご  は  だ  か  何   `  ` た   `  ` の  ん   ` っ  ヤ   ` っ     じ   ` 
  め   `└   っ  か  一  待  の  買  感  ね   ` と  て  ク  寺  て     く  沢  
  ん  ご     と  よ  人  て  で  い  心 └┘ そ  ん  わ  ザ  島 └       ` 山  
  で  め     い  う  の  よ  あ  物  し └   う  で   ` よ  一        チ  の  
  す  ん     て └   男  姉  る  の  た     な  も  勝     家        ン  店  
  み  な      `    に  ち     途  よ     ん  な  手     だ        ピ  が  
  ゃ  さ     挨     呼  ゃ     中  う     だ  い  に     わ        ラ  出  
   ` い     拶     び  ん     で  に    ┌┐ 奴  因      `       達  て  
  奉 └      も     止 └       `  `    何  ら  縁     こ        が  い  
  行        な     め        ヤ  お     処  よ  を     こ        う  た  
  所        し     ら        ク  ゆ     に └   付     の        じ   ` 
  は        か     れ        ザ  い     で     け     土        ゃ  そ  
  い         `    た        の  を     も     て     地        う  し  
  ら        え              男  見      `    金     を        じ  て  
  ね        え              達  上     悪     を     仕        ゃ   ` 
  え         `             と  げ     党     巻     切        し  そ  
  ん        如              ぶ  た     は     き     っ        て  れ  
                                                              



   ┐  ┐ ま  麗  来  だ   ┐ 何   ┐ ぶ  遊  ど  男   ┐ っ   ┐ 男   ┐  ┐ だ  
  て  い  れ  香  い  で  ほ  が  冗  と  ぶ  う  の  そ  て  そ  は  そ  じ  よ  
  め  っ  た  は └   す  う  悲  談  言  と  や  言  の  も  う   ` う  ゃ └   
  え  た   `  `    む   ` し  じ  う  言  ら  葉  気  い  だ  麗  だ  あ     
  が  あ  そ  男     と  そ  く  ゃ  事  う   ` に  っ  い  な  香  な   `    
   ` い  し  に     思  こ  て  な  な  事  そ  麗  て  ん   ` を └   如     
  俺   ` て  胸     っ  ま  あ  い  の   ` の  香 └   だ  あ  見     何     
  達  何  放  倉     て  で  ん  わ  だ  つ  男  は     ぜ  ん  た     す     
  に  す  り  を     る  俺  た   ` が  ま  達   `   └   た        れ     
  刃  ん  投  捕     の  達  達  せ     り  と  直        さ        ば     
  向  の  げ  ま     か  に  と  っ     は  遊  感        え        い     
  か  よ  ら  れ        刃 └   か     麗  ぶ  し        そ        い     
  う └   れ   `       向     く     香  事  た        の        の     
  か     た  山        か     あ     の  で           気       └      
  ら        の        う     や     体  あ           な              
  だ        中        と     ま     を  る           ら              
  よ        へ        は     っ     男              許              
   `       連        な     た     達              し              
  俺        れ         `    の     が              て              
  達        込        た     に     弄              や              
                           `                                  



  は  彼  で  の  麗   ┐ ぶ  後  そ   ┐ し  相  裸  な  そ  早  五  麗  に  寺  
  彼  女   ` 胸  香  あ  り  の  し  う  て  手  に  っ  の  速  人  香  教  島  
  女  の  聞  に  の  あ  つ  四  て   ` 胸  を  な  た  瞬   ` だ  は  え  一  
  の  お  こ  し  言  ん  く  人   ` う  が  掻  っ     間  男  っ   ` て  家  
  乳  っ  え  ゃ  っ   `    は  そ  ぶ   ` い  た      ` が  た  相  や  に  
  房  ぱ  る  ぶ  た  一      ` の  ぶ  相  潜   `    麗  麗     手  る  刃  
  か  い  喘  り  と  人     麗  ま   ` 手  る  麗     香  香     を  よ  向  
  ら  を  ぎ  つ  お  ず     香  ま  く  の  様  香     は  に     見   ` か  
  で  吸  声  く  り  つ     の  窒   ` 顔  に  は      ` 殴     た  行  っ  
  る  い   `     ` よ     誘  息  苦  を  抱   `    着  り      ` く  た  
  ミ   `       男 └      惑  さ  し  塞  き  相     物  か     相  ぞ  も  
  ル  乳        た        に  せ  い  ぐ  付  手     を  か     手 └   の  
  ク  ビ        ち        よ  た └      き  の     脱  る     は     が  
  を  ン        は        り           押  拳     ぎ         `    ど  
  飲  タ        一         `          し  を     捨        麗     う  
  ん  さ        人        乳           倒  よ     て        香     な  
  だ  れ        ず        房           し  け      `       を     る  
      `       つ        に           た   `    全        囲     か  
     男        麗        し            ` 跪     裸        ん      ` 
     達        香        ゃ           そ  き     に        で     体  
                                       `                      



  ヤ  関  で  道  る  そ  て  ミ  意  ら  ミ  実  麗  る   ┐ あ  の  男   ┐  ┐ 
  ク  係  あ  部  前  れ  い  ル  識  離  ル  は  香  か  さ  る  途  達  う  ど  
  ザ  の  り  と  は  と  な  ク  不  れ  ク   ` は └   て     端  四  ん  う  
  や  方  武   `  `  ` く  を  明  て  を  彼   `    と     男  人 └    ` 
  悪  向  術  家  高  麗  て  飲  に  は  出  女  余      `    達  は     お  
  党  で  は  も  校  香  は  ん  な  い  し  の  裕     お     は   `    い  
  の  生  も  父  の  は   ` だ  る  け   ` 乳  の     ゆ     倒  満     し  
  相  き  ち  親  教   ` 生  人  か  な  そ  は  表     い     れ  足     か  
  手  て  ろ  が  師  た  き  間  ら  い  れ  特  情     ち     た  そ     っ  
  を  来  ん  科  を  だ  て  は  で   ` を  別  で     ゃ      ` う     た  
  す  た   ` 学  し  の  い   ` あ  も  飲  な  帰     ん     意  に     で  
  る  為  格  者  て  女  け  一  る  し  ん  物  っ      `    識  麗     し  
  時  に  闘  だ  い  教  な  生   ` 彼  だ  で  て     待     不  香     ょ  
  は  さ  技  け  て  師  い  彼  つ  女  人   ` 行     っ     明  か    └   
   ` っ  な  で  ク  で  の  女  ま  か  間  彼  っ     て     に  ら        
  乳  き  ど   ` ラ   ` だ  の  り  ら  は  女  た     い     な  離        
  を  み   ` 普  ブ  こ     乳   ` 離   ` が        る     っ  れ        
  吸  た  全  通  は  こ     を  彼  れ  彼  乳        し     た  た        
  わ  い  然  の   ` へ     吸  女  た  女  か         `    の   `       
  せ  に  無  家  華  来     っ  の  ら  か  ら        帰     で  そ        
      `                                                       



                                         続     て  そ  や  だ  る  
                                         く     い  ん  っ  が  事  
                                               け  な  て   ` し  
                                               る  こ  い  こ  か  
                                               の  ん  た  の  出  
                                               で  な  事  乳  来  
                                               あ  で  で  を  な  
                                               る   ` あ  吸  い  
                                                  麗  る  わ  の  
                                                  香  の  せ  で  
                                                  は  だ  る  あ  
                                                   ` が  事  る  
                                                  こ   ` は     
                                                  の      `    
                                                  時     現     
                                                  代     代     
                                                  で     に     
                                                  暮     い     
                                                  ら     て     
                                                  し     も