こ  さ  疑  ね   ┐    麻  る   ┐ い  あ      ┐ ま  麻   ┐  ┐    救  幕  
  こ  ん  問   ` ま     美  の  あ  た  っ     今  た  美  さ  第     急  末  
  の  が  を  こ   `    と └   れ     ち     度  場  と  て  六     戦  女  
  住  や  持  こ  ま     桜     は     こ     は  所  桜  と  話     士  教  
  職  っ  っ  は  さ     は      `    っ      ` が  は   `└         師  
  ら  て  て  何  か      `    観     ち     何  変   ` 今   ┐    作  続  
  し  来  い  処   `    驚     音     を     処  わ  朝  日  奈        編  
  い  た  る  な  寺     い     様     見     か  っ  廷  も  良       ┌┐ 
        と  の  に     た      `    て     し  て  の  起  時        い  
         ` か  タ           っ     み     ら  い  部  き  代        ろ  
        そ  し  イ           て     る    └   た  屋  ま └         い  
        こ  ら  ム           事     と           か  す           ろ  
        に └   ス           は      `          ら  か           な  
        一     リ            `    観           起 └            時  
        人     ッ           私     音           き              代  
        の     プ           た     様           る             └┘ 
        禿     す           ち     が           と                 
        の     る           寺     立            `                
        お     と           に     っ           ま                 
        っ     は           い     て           た                 
                                                              



   ┐  ┐ 寺   ┐    信  の   ┐ 何   ┐ と   ┐    そ  こ   ┐ な   ┐  ┐    
  と  あ  じ  う     じ  世  あ  処  い  う  そ     な  は  私  所  あ  お     
  こ   ` ゃ  ん     て  界   ` か  い  ご  う     た   ` の  に  な  や     
  ろ  あ   `  `    く  か  や  ら  や  ざ  だ     達  興  名 └   た   `    
  で  り  信  嘘     れ  ら  は  来   ` い  っ     は  福  は     は  き     
   ` が  じ  は     ま  来  り  た  そ  ま  た      ` 寺   `     ` が     
  腹  と  よ  言     す  た  来  の  れ  す  の     そ     こ     私  つ     
  は  う  う  っ     か  未  る  か  は └   で     こ     こ     た  か     
  減  ご  で  て    └   来  か  の   `    す     で     の     ち  れ     
  っ  ざ  は  な        人   `└   い     か     倒     住     は  た     
  て  い  な  い        で  私     い      `    れ     職     い  よ     
  お  ま  い  み        す  た     の     そ     て     で     っ  う     
  ら  す  か  た           ち     だ     れ     い      `    た  で     
  ぬ └  └   い           は     が     で     た     真     い  す     
  か        だ            `     `     `    の     円      ` な     
 └         し           1     お     介     じ     と     何 └      
            `          0     ぬ     抱     ゃ     申     故        
           こ           0     し     を    └      す      `       
           こ           年     達     り            `    こ        
           は           前     は     が           こ     ん        
                              `                               



      ┐  ┐ 私  は  ま  ゃ   ┐  ┐  ┐ 精      ┐ 贅   ┐ よ   ┐  ┐  ┐  ┐ 
     ず  目  の  は  あ     だ  い  と  進     は  沢  何 └   ち  あ  で  そ  
     ば  の  目  な   `    っ  い  こ  料       言  言     ょ   ` は  れ  
     り  保  の  く  働     た  え  ろ  理     い  わ  っ     っ  あ   ` は  
     は  養  保     く     ら   ` で  を    └   な  て     と  り  精   ` 
      ` っ  養     と      ` 特   ` 食        い  る      ` が  進  ま  
     そ  て  に     言     こ  に  行  べ        の  の     お  と  料  あ  
     の └   さ     っ     こ  は  く  る       └    `    姉  う  理   ` 
     胸     し     て     で   ` 宛  二           親     ち  ご  じ  空  
     じ     て     も     働 └   は  人           切     ゃ  ざ  ゃ  い  
     ゃ     貰      `    く     あ              な     ん  い  が  て  
      `    う     尼     が     る              人      ` ま   ` い  
     へ     が     に     良     の              に     私  す  食  ま  
     へ     な     な     い     か              助      `  ` べ  す  
     へ    └      れ      `   └               け     食  喜  ぬ  け  
     へ           と     ど                    て     べ  ん  か  ど  
    └            言     う                    貰     た  で └  └   
                 う     せ                    っ     事 └         
                 訳     暇                    て     な           
                 で     じ                     `    い           
                                                              



   ┐    と   ┐ 彼  そ     に  彼  増  ち  麻   ┐  ┐ の   ┐    年   ┐ 真  
  は      ` あ  は  こ      ` 女  え  ょ  美  今  奈  よ  相     月  な  円  
       寺  の   ` に     一  達  て  う  と  日  良  う  変     が  る  は  
  い     に  う  何  一     所  は  来  ど  桜  は  時  ね  わ     流  ほ   ` 
   `    声   ` か  人     懸   ` た   ` は   ` 代 └   ら     れ  ど  2  
  あ     を  泊  本  の     命  弟     一   ` 7  か     ず      ` ね  人  
   `    か  ま  を  浪     で  子     年  考  1   `     `    次   ` の  
  い     け  ら  持  人     あ  達     が  え  2  何     早     の  ま  爆  
  ら     た  し  っ  が     っ  の     立  て  年  か     い     年  あ  乳  
  っ        て  て  や     た  身     つ  い  か  あ     わ     に   ` を  
  し        く  い  っ        の     と  た   ` る     ね     な  い  見  
  ゃ        れ  た  て        回      `    何  の      `    っ  い  て  
  い        ぬ     来        り     弟     か  か     こ     た  で  言  
   `       か     た        の     子     あ  な     こ        す  っ  
  あ       └               世     達     っ └      は        わ  た  
  な                       話     も     た         `      └      
  た                       を     い     か        奈              
  も                       す     っ     し        良              
  住                       る     ぱ     ら        時              
  職                       為     い    └         代              
                                                              



      ┐ と  と  会   ┐    て   ┐ る   ┐  ┐  ┐ あ  こ   ┐ 変  か   ┐ の  
     勿  手  こ  わ  そ     い  は  ?  と  古  私  な  っ  あ  わ     い  弟  
     論  伝  ろ  な  う     ま  い └   こ  事  は  た  ち   ` っ     い  子  
     で  っ  で  い  か     す   `    ろ  記   ` は  が  ま  た     や  で  
     す  て   ` だ   `   └   帰     で  で  太 └   妹  あ  服      ` す  
      ` く  古  ろ  ま        る      ` す  安     の   ` 装     違  か  
     さ  れ  事  う  あ        宛     お  か  万     桜  そ  を     う └   
     あ  ぬ  記  か   `       も     ぬ   ` 侶        う  し      `    
      ` か  を  ら  こ        な     し  へ   `       で  て     け     
     ど └   書  な  こ        く     達  え  古        す  い     ど     
     う     き     に         `    は   ` 事        ね  る      `    
     ぞ     た     お        こ      ` 凄  記         ` な     お     
    └      い     れ        こ     何  い  を        私 └      ぬ     
           の     ば        で     故  で  書        は        し     
           だ      `       働      ` す  い         `       達     
           が     危        か     こ  ね  て        麻        は     
            `    な        せ     の └   い        生        異     
           ち     い        て     寺     る        麻        国     
           ょ     目        貰     に     者        美        の     
           っ     に        っ     い     だ         `       者     
                                     └                        



  と  ま   ┐ 平     大  死  そ     そ  ま  鑑  2  唐  と  朝     そ  人  古  
  言  あ  さ  安     臣  で  れ     の  あ  真  人  招  言  起     し     事  
  っ   ` て  京     に  爆  か     年   ` に  は  堤  う  き     て     記  
  て  今  と  を     さ  乳  ら     に  神   `  ` 寺  坊  る     寝     を  
   ` 日   ` 都     せ  を   `    は  様  爆  そ  と  さ  と     た     書  
  近  は  今  に     た  飲  道      ` も  乳  こ  言  ん  月      °    き  
  く  寺  度  映     の  ま  鏡     万  許  を  で  う  が  日           始  
  に  で  は  し     だ  せ  を     葉  し  飲  住  寺     は           め  
  あ  寝   ` て        て  太     集  て  ま  み  を      `          る  
  っ  ま  何              政     も  く  れ  込  建     流            ` 
  た  す  処              大     流  れ  て  み  て     れ           万  
  寺  か  か              臣     行  る  い  働  た     て           侶  
  で └   わ              に     り  だ  た  き         `           ` 
  寝     か              さ        ろ     を        7           そ  
  る     ら              せ        う     し        5           れ  
  二     な              る              て        9           を  
  人     い              為               `       年           手  
  だ     け              に              い         `          伝  
  っ     ど               `             つ        鑑           う  
  た      `             必              も        真           二  
   °