書
か
れ
て
い
た
地
域
で
聞
き
込
み
を
し
ま
く
っ
た
 °
で
 
辿
り
着
  
 
俺
は
取
る
も
の
も
取
ら
ず
に
手
紙
を
頼
り
に
中
国
に
渡
る
と
 
  
か
っ
た
 °
  
破
り
捨
て
て
る
と
こ
ろ
だ
が
 
と
も
か
く
今
の
俺
に
は
時
間
が
な
  
じ
る
ほ
ど
落
ち
ぶ
れ
ち
ゃ
い
ね
ぇ
!
な
ん
て
叫
び
つ
つ
 
手
紙
を
  
 
は
っ
き
り
言
っ
て
眉
唾
物
 
い
つ
も
の
俺
な
ら
こ
ん
な
情
報
信
  
悪
友
か
ら
舞
い
込
ん
だ
の
は
一
週
間
前
の
こ
と
だ
 °
  
家
が
い
る
と
い
う
手
紙
が
 
俺
と
似
た
よ
う
な
仕
事
を
し
て
い
る
  
 
そ
ん
な
俺
の
と
こ
ろ
に
 
中
国
の
奥
地
に
と
ん
で
も
な
い
格
闘
  
た
り
す
る
 °
  
今
じ
ゃ
い
つ
ク
ビ
に
な
っ
て
も
お
か
し
く
な
い
立
場
に
な
っ
て
い
  
だ
 °
本
当
は
見
出
し
た
選
手
が
片
っ
端
か
ら
負
け
続
け
て
い
て
 
  
 
:
:
:
:
:
:
い
や
 
す
ま
ん
 
敏
腕
っ
て
の
は
ち
ょ
っ
と
嘘
  
だ
 °
  
 
今
世
界
中
で
人
気
の
総
合
格
闘
技
の
 
敏
腕
外
国
人
ス
カ
ウ
ト
  
 °
  
 
俺
の
名
前
は
福
園
俊
哉
∧
ふ
く
ぞ
の
・
と
し
や
┏┓
2
8
歳
・
男
┗┛
  
  
き
ゃ
べ
っ
た
 
作
  
最
強
に
な
り
た
い
!


















≪ <  

  
 
た
だ
 
今
の
俺
に
と
っ
て
そ
れ
は
小
さ
な
こ
と
で
し
か
な
か
っ
  
死
ぬ
ほ
ど
ぶ
ん
殴
っ
て
や
る
 °
  
そ
れ
な
の
に
奴
と
き
た
ら
:
:
:
:
:
:
と
り
あ
え
ず
帰
っ
た
ら
  
ろ
ん
手
紙
を
送
り
つ
け
て
き
た
悪
友
も
そ
の
こ
と
は
知
っ
て
い
る
 °
  
 
ち
な
み
に
俺
が
探
し
て
い
る
の
は
男
の
格
闘
家
で
あ
る
 °
も
ち
  
 
そ
う
 
そ
の
格
闘
家
は
女
性
だ
っ
た
 °
  
 
そ
う
言
っ
て
俺
は
目
の
前
の
女
性
に
苦
笑
を
向
け
た
 °
  
し
に
来
た
ん
だ
け
ど
ね
:
:
 
  
 
 
い
や
 
凄
い
格
闘
家
が
こ
こ
に
い
る
っ
て
聞
い
た
か
ら
 
  
こ
こ
ま
で
と
ん
で
も
な
い
と
感
じ
た
格
闘
家
は
初
め
て
だ
 °
  
 
成
る
程
 
確
か
に
と
ん
で
も
な
い
格
闘
家
だ
 °
俺
は
初
対
面
で
  
 
俺
は
そ
こ
で
つ
い
に
目
当
て
の
人
物
と
対
面
し
て
い
た
 °
  
た
 
廃
屋
一
歩
手
前
の
古
小
屋
の
前
 °
  
 
ユ
ニ
コ
|
ン
と
か
龍
と
か
の
幻
獣
で
も
出
そ
う
な
山
奥
に
あ
っ
  
と
し
か
出
来
な
か
っ
た
 °
  
 
目
の
前
に
立
つ
人
物
を
見
た
俺
は
 
た
だ
た
だ
立
ち
尽
く
す
こ
  
 
 
私
に
何
か
用
で
す
か
?
 
  
  
出
会
っ
た
の
は
:
:
  
い
た
の
は
 
ま
さ
に
秘
境
と
呼
べ
る
山
奥
だ
っ
た
 °
そ
こ
で
俺
が

   

  
や
赤
子
に
見
え
る
ほ
ど
の
巨
大
さ
だ
 °
メ
ロ
ン
や
ス
イ
カ
ど
こ
ろ
  
な
い
 °
巨
乳
が
売
り
の
グ
ラ
ビ
ア
ア
イ
ド
ル
の
胸
が
子
供
に
 
  
 
彼
女
は
巨
乳
だ
っ
た
 °
た
だ
 
そ
ん
じ
ょ
そ
こ
ら
の
巨
乳
で
は
  
揺
す
っ
た
 °
  
ギ
リ
ギ
リ
に
ま
で
引
っ
張
り
上
げ
て
い
る
巨
大
な
胸
を
ブ
ル
ン
と
  
息
の
よ
う
な
疲
れ
た
声
で
そ
う
言
っ
て
 
彼
女
は
胴
衣
の
生
地
を
  
 
俺
の
視
線
が
向
け
ら
れ
て
い
る
こ
と
に
気
が
付
い
た
の
か
 
  
 
 
:
:
や
っ
ぱ
り
あ
な
た
も
こ
れ
が
目
当
て
で
す
か
 
  
ン
パ
ク
ト
を
与
え
る
と
ん
で
も
な
い
物
を
 
彼
女
は
持
っ
て
い
た
 °
  
 
し
か
し
 
そ
ん
な
も
の
が
全
て
吹
っ
飛
ん
で
し
ま
う
よ
う
な
イ
  
筋
肉
を
身
に
纏
っ
て
い
て
 
な
か
な
か
の
迫
力
が
あ
る
 °
  
に
鍛
え
た
筋
肉
で
は
な
く
 
バ
ラ
ン
ス
の
取
れ
た
格
闘
家
ら
し
い
  
 
ま
た
 
動
き
易
そ
う
な
胴
衣
か
ら
の
ぞ
く
腕
や
脚
は
無
理
や
り
  
し
て
も
か
な
り
大
柄
な
部
類
だ
 °
  
 
身
長
は
俺
よ
り
少
し
高
く
て
1
8
0
c
m
程
 °
女
性
格
闘
家
と
  
年
齢
は
1
6
歳
ぐ
ら
い
だ
ろ
う
か
 °
  
キ
ツ
メ
な
印
象
を
受
け
る
が
 
そ
れ
で
も
か
な
り
の
美
少
女
だ
 °
  
 
可
愛
ら
し
い
顔
 °
今
は
少
し
眉
を
吊
り
上
げ
て
い
て
ち
ょ
っ
と
  
 
俺
は
再
び
彼
女
を
じ
っ
と
見
た
 °
  
た
 °
























   

  
 
チ
ャ
ン
ス
だ
 °
こ
の
険
悪
な
雰
囲
気
の
漂
う
空
間
か
ら
逃
げ
出
  
し
不
審
そ
う
な
目
を
し
な
が
ら
 
彼
女
は
口
を
開
い
た
 °
  
 
さ
っ
き
よ
り
も
不
機
嫌
さ
の
無
く
な
っ
た
 
そ
れ
で
も
ま
だ
少
  
に
会
い
に
来
た
ん
で
す
か
?
 
  
 
 
:
:
:
:
:
:
本
当
で
す
か
?
本
当
に
格
闘
家
と
し
て
の
私
  
 
睨
み
あ
っ
て
か
ら
3
0
秒
ほ
ど
た
っ
た
頃
だ
ろ
う
か
 °
  
を
 
俺
は
逃
げ
ち
ゃ
駄
目
だ
と
負
け
じ
に
見
返
す
 °
  
 
無
言
の
ま
ま
 
彼
女
は
俺
を
見
下
ろ
し
た
 °
そ
ん
な
彼
女
の
目
  
 
 
:
:
:
:
:
:
 
  
本
当
と
繰
り
返
す
 °
  
俺
は
自
分
で
も
不
自
然
だ
と
思
う
ぐ
ら
い
必
死
に
な
っ
て
本
当
 
  
 
滅
茶
苦
茶
不
機
嫌
そ
う
な
視
線
を
俺
に
向
け
て
い
る
彼
女
に
 
  
山
奥
ま
で
来
た
ん
だ
よ
!
本
当
 
本
当
に
!
 
  
凄
い
格
闘
家
が
こ
こ
に
い
る
っ
て
い
う
噂
を
聞
い
た
か
ら
 
こ
の
  
 
 
い
や
 
俺
は
本
当
に
格
闘
家
を
探
し
に
き
た
ん
だ
 °
本
当
に
  
っ
最
中
ら
し
い
 °
  
 
た
だ
 
そ
ん
な
超
巨
乳
格
闘
家
も
 
た
だ
今
不
機
嫌
セ
|
ル
真
  
に
俺
に
向
か
っ
て
ズ
ン
ッ
と
突
き
出
さ
れ
て
い
る
 °
  
|
チ
ボ
|
ル
並
の
双
球
が
 
今
に
も
胴
衣
を
突
き
破
ら
ん
ば
か
り
  
で
は
な
く
 
空
気
を
パ
ン
パ
ン
に
詰
め
込
ん
だ
子
供
の
遊
戯
用
ビ

   

  
手
を
ギ
ュ
ッ
と
握
り
締
め
 
包
み
込
む
か
の
よ
う
に
巨
大
な
胸
に
  
 
震
え
る
よ
う
な
声
で
そ
う
答
え
る
と
 
彼
女
は
両
手
で
僕
の
右
  
 
 
あ
り
が
と
う
ご
ざ
い
ま
す
:
:
 
  
一
気
に
ぶ
ち
壊
さ
れ
た
 °
  
 
だ
が
 
こ
の
後
彼
女
の
取
っ
た
行
動
で
 
俺
の
綿
密
な
計
画
は
  
切
れ
る
だ
ろ
う
 °
  
と
い
う
ハ
ン
デ
を
持
っ
て
い
る
わ
け
だ
し
 
普
通
に
走
れ
ば
逃
げ
  
|
だ
 °
彼
女
は
子
供
一
人
分
ぐ
ら
い
の
重
さ
は
あ
り
そ
う
な
爆
乳
  
目
の
怪
我
で
引
退
し
て
し
ま
っ
た
が
 
こ
れ
で
も
俺
は
元
ボ
ク
サ
  
い
な
い
彼
女
か
ら
 
い
か
に
し
て
逃
げ
る
か
の
算
段
だ
 °
ま
ぁ
 
  
で
頭
を
フ
ル
ス
ピ
|
ド
で
働
か
せ
る
 °
こ
れ
か
ら
怒
り
だ
す
に
違
  
 
心
臓
を
バ
ク
バ
ク
さ
せ
つ
つ
 
ポ
|
ズ
を
決
め
た
ま
ま
の
状
態
  
は
誰
も
信
じ
な
い
だ
ろ
う
 °
  
さ
大
爆
発
じ
ゃ
な
い
か
 °
さ
す
が
に
こ
ん
な
言
い
方
じ
ゃ
 
普
通
  
 
ち
ょ
っ
と
待
て
俺
 °
噛
ん
で
る
わ
声
裏
返
っ
て
る
わ
で
不
自
然
  
 
ビ
シ
ッ
と
右
手
を
差
し
出
し
な
が
ら
 
俺
は
答
え
た
 °
  
君
の
強
さ
を
ズ
バ
ッ
と
見
せ
て
も
ら
え
な
い
か
な
!
?
 
  
中
を
回
っ
て
い
る
流
浪
の
ス
カ
ウ
ト
な
の
さ
!
よ
か
っ
た
ら
今
度
 
  
 
 
も
も
も
も
ち
ろ
ん
!
お
 
俺
は
強
い
格
闘
家
を
探
し
て
世
界
  
す
た
め
に
は
 
こ
の
機
会
を
逃
し
て
は
な
ら
な
い
 °






   

  
 
し
か
し
俺
の
右
手
は
ル
パ
ン
だ
っ
て
脱
出
不
可
能
だ
と
ば
か
り
  
濁
す
気
満
々
だ
っ
た
わ
け
だ
が
 °
  
け
で
は
な
い
か
ら
 
ま
た
後
日
|
て
な
感
じ
で
こ
の
場
は
お
茶
を
  
 
い
や
 
ち
ょ
っ
と
待
て
 °
俺
は
女
性
格
闘
家
を
探
し
て
い
る
わ
  
ど
明
る
く
 
可
愛
ら
し
い
笑
顔
を
見
せ
て
く
れ
た
 °
  
 
彼
女
は
そ
う
言
い
切
っ
て
か
ら
 
最
後
に
見
惚
れ
て
し
ま
う
ほ
  
ね
!
 
  
を
信
じ
ま
す
!
早
速
修
行
場
で
私
の
強
さ
を
披
露
し
て
み
せ
ま
す
  
 
 
だ
か
ら
 
初
め
て
格
闘
家
と
し
て
私
を
見
て
く
れ
た
あ
な
た
  
う
ち
を
ぶ
ち
ま
け
て
く
れ
た
 °
  
 
間
違
い
な
く
泣
い
て
い
た
 °
泣
き
な
が
ら
 
彼
女
は
俺
に
心
の
  
格
闘
家
に
な
る
の
が
夢
だ
っ
た
か
ら
:
:
 
  
物
に
し
て
注
目
さ
れ
た
く
な
か
っ
た
ん
で
す
 °
世
界
で
一
番
強
い
  
出
な
い
か
と
か
 
写
真
集
を
出
そ
う
と
か
:
:
 °
私
 
胸
を
見
世
  
も
格
闘
家
と
し
て
見
て
く
れ
ま
せ
ん
で
し
た
 °
脱
い
で
テ
レ
ビ
に
  
 
 
こ
こ
に
来
る
人
達
は
 
み
ん
な
私
の
胸
だ
け
が
目
当
て
で
誰
  
 
し
か
し
彼
女
は
そ
ん
な
こ
と
を
気
に
せ
ず
に
 
言
葉
を
続
け
た
 °
  
 
俺
 
大
混
乱
中
 °
  
 
 
え
!
?
 
  
押
し
当
て
た
 °




















   

  
な
い
か
?
ほ
ら
 
ゲ
|
ム
な
ん
か
で
音
が
鳴
る
よ
う
な
や
つ
 °
  
 
で
も
こ
れ
は
も
し
か
し
て
:
:
そ
の
 
恋
愛
フ
ラ
グ
が
立
っ
て
  
た
 °
ま
ぁ
 
確
か
に
そ
の
通
り
で
は
あ
る
の
だ
が
 °
  
 
秋
澪
は
甘
え
る
よ
う
に
さ
ら
に
強
く
俺
の
手
を
胸
に
押
し
当
て
  
ね
 °
私
は
そ
れ
が
嬉
し
い
ん
で
す
 
  
噂
だ
け
を
信
じ
て
私
の
こ
と
を
訪
ね
て
く
れ
た
と
い
う
こ
と
で
す
  
 
 
そ
れ
は
つ
ま
り
 
俊
哉
さ
ん
が
純
粋
に
強
い
格
闘
家
と
い
う
  
優
し
い
笑
顔
を
向
け
て
く
れ
た
 °
  
秋
澪
∧
り
・
し
ゅ
う
れ
い
┏┓
1
6
歳
・
女
┗┛
∨
|
は
 
と
っ
て
も
  
 
名
前
を
知
ら
な
い
こ
と
を
正
直
に
伝
え
た
俺
に
 
彼
女
|
|
李
  
来
る
こ
と
は
無
か
っ
た
わ
け
だ
が
 °
  
た
 °
ま
ぁ
 
知
っ
て
い
た
ら
女
性
と
分
か
っ
て
こ
ん
な
場
所
ま
で
  
 
ま
ず
名
前
 °
失
礼
な
こ
と
に
俺
は
彼
女
の
名
前
を
知
ら
な
か
っ
  
れ
た
 °
  
 
修
行
場
へ
向
か
う
途
中
 
彼
女
は
色
々
と
身
の
上
を
話
し
て
く
  
  
場
へ
と
引
き
摺
ら
れ
て
い
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
 
結
局
俺
は
 
そ
こ
か
ら
1
0
キ
ロ
も
離
れ
て
い
る
彼
女
の
練
習
  
と
引
っ
張
ら
れ
て
い
く
 °
  
に
ガ
ッ
チ
リ
と
掴
ま
れ
 
女
と
は
思
え
な
い
程
の
力
で
ズ
ル
ズ
ル

   

  
も
っ
と
自
信
を
持
ち
な
さ
い
っ
て
 °
だ
か
ら
私
 
今
は
こ
の
胸
大
  
い
つ
も
褒
め
て
く
れ
ま
し
た
 °
大
き
い
胸
は
女
の
武
器
だ
か
ら
 
  
 
 
だ
か
ら
昔
は
こ
の
胸
大
嫌
い
で
し
た
け
ど
:
:
お
母
さ
ん
は
  
ジ
ロ
見
ら
れ
て
生
活
す
る
の
は
キ
ツ
イ
よ
な
ぁ
∨
  
 
∧
昔
か
ら
胸
は
で
か
か
っ
た
の
か
 °
そ
り
ゃ
 
周
り
か
ら
ジ
ロ
  
に
こ
の
山
に
住
む
よ
う
に
し
た
ん
で
す
 
  
変
な
目
で
見
て
く
る
か
ら
 
お
父
さ
ん
と
お
母
さ
ん
 
私
の
た
め
  
時
か
ら
私
の
胸
っ
て
大
き
く
て
:
:
そ
れ
で
周
り
の
男
の
人
達
が
  
 
 
昔
は
ふ
も
と
の
街
に
住
ん
で
た
ん
で
す
よ
 °
で
も
 
小
さ
い
  
る
の
か
∨
  
 
∧
な
る
ほ
ど
 
だ
か
ら
秋
澪
は
世
界
一
の
格
闘
家
を
目
指
し
て
  
家
で
し
た
 
  
ん
も
:
:
二
人
と
も
も
う
死
ん
じ
ゃ
っ
た
け
ど
 
や
っ
ぱ
り
格
闘
  
 
 
う
ち
は
代
々
格
闘
家
だ
っ
た
ん
で
す
 °
お
父
さ
ん
も
お
母
さ
  
 
そ
の
後
も
 
秋
澪
は
色
々
と
話
を
し
て
く
れ
た
 °
  
俺
の
顔
も
つ
い
つ
い
ほ
こ
ろ
ん
で
し
ま
う
 °
  
に
よ
る
 
き
っ
と
喜
ん
で
い
い
は
ず
の
シ
チ
ュ
エ
|
シ
ョ
ン
に
 
  
闘
家
に
甘
え
ら
れ
る
:
:
つ
い
さ
っ
き
出
会
っ
た
ば
か
り
の
彼
女
  
肉
質
で
 
で
も
笑
顔
が
滅
茶
苦
茶
可
愛
ら
し
い
超
巨
乳
美
少
女
格
  
 
1
6
歳
と
い
う
犯
罪
的
な
年
齢
な
が
ら
俺
よ
り
も
大
き
く
て
筋

   

  
 
そ
ん
な
落
ち
着
い
て
ら
れ
な
い
彼
女
の
爆
弾
発
言
を
聞
き
な
が
  
る
ぞ
 
そ
れ
 °
  
て
る
グ
ラ
ビ
ア
ア
イ
ド
ル
と
か
が
 
す
げ
|
可
哀
想
に
感
じ
て
く
  
い
で
 
チ
ャ
|
ム
ポ
イ
ン
ト
は
大
き
な
胸
で
す
!
 
な
ん
て
言
っ
  
っ
て
い
う
か
 
3
3
6
c
m
っ
て
な
ん
だ
!
?
1
0
0
c
m
ぐ
ら
  
自
分
か
ら
胸
の
大
き
さ
な
ん
て
言
っ
て
く
れ
な
い
だ
ろ
う
し
:
:
  
く
れ
て
い
る
っ
て
こ
と
だ
よ
な
?
で
な
き
ゃ
聞
い
て
も
無
い
の
に
  
 
な
ん
て
い
う
か
:
:
こ
れ
は
や
っ
ぱ
り
 
俺
に
好
意
を
持
っ
て
  
頬
を
赤
ら
め
て
い
た
 °
  
ま
す
と
ば
か
り
に
 
こ
っ
ち
が
恥
ず
か
し
く
な
る
ほ
ど
真
っ
赤
に
  
 
最
後
の
言
葉
の
時
な
ん
か
 
彼
女
は
恋
す
る
乙
女
が
告
白
し
て
  
に
た
い
し
て
 
俺
は
一
体
ど
う
答
え
れ
ば
い
い
ん
だ
?
お
い
!
∨
  
 
∧
え
!
?
そ
り
ゃ
巨
乳
は
好
き
だ
け
ど
:
:
っ
て
 
そ
の
発
言
  
す
よ
 °
そ
れ
に
 
ま
だ
ま
だ
成
長
途
中
な
ん
で
す
か
ら
:
:
 
  
今
3
3
6
c
m
あ
っ
て
 
重
さ
は
二
つ
で
5
0
キ
ロ
も
あ
る
ん
で
  
 
 
:
:
:
:
:
:
俊
哉
さ
ん
は
ど
う
思
い
ま
す
か
 
私
の
胸
 °
  
強
力
な
武
器
に
は
な
る
だ
ろ
う
が
:
:
∨
  
 
∧
ま
ぁ
 
確
か
に
大
き
な
胸
が
好
き
な
男
は
沢
山
い
る
か
ら
 
  
の
武
器
に
な
り
ま
し
た
し
 
  
好
き
で
す
 °
今
で
は
お
母
さ
ん
の
言
う
通
り
 
私
に
と
っ
て
一
番

   

  
 
で
も
 
多
分
俊
哉
さ
ん
が
考
え
て
る
よ
う
な
も
の
と
は
ち
ょ
っ
  
い
て
言
え
ば
打
撃
で
し
ょ
う
か
?
 
  
 
 
え
え
っ
と
:
:
ま
ぁ
 
ど
ち
ら
も
こ
な
せ
ま
す
け
ど
:
:
し
  
す
る
絞
め
技
か
?
 
  
ク
や
パ
ン
チ
主
体
の
打
撃
系
?
そ
れ
と
も
組
み
合
っ
て
極
め
た
り
  
 
 
と
こ
ろ
で
秋
澪
は
 
ど
ん
な
戦
い
方
が
得
意
な
ん
だ
?
キ
ッ
  
っ
て
や
つ
を
こ
の
目
で
完
璧
に
見
極
め
て
や
る
!
  
俺
だ
っ
て
ス
カ
ウ
ト
の
端
く
れ
だ
 
こ
う
な
っ
た
ら
彼
女
の
強
さ
  
 
し
か
し
:
:
こ
う
な
っ
た
ら
も
う
逃
げ
る
こ
と
は
出
来
な
い
 °
  
た
俺
の
右
手
を
よ
う
や
く
開
放
し
て
く
れ
た
 °
  
 
問
い
か
け
に
答
え
る
と
 
秋
澪
は
爆
乳
に
押
し
当
て
ら
れ
て
い
  
ん
で
す
よ
 
  
 
 
は
い
 °
私
は
毎
日
5
時
間
 
こ
の
あ
た
り
で
修
行
し
て
い
る
  
 
 
こ
こ
が
修
行
場
?
 
  
別
に
変
わ
っ
た
所
は
無
い
 °
  
以
外
に
は
大
き
な
岩
や
幹
の
太
い
大
木
な
ど
が
あ
る
ぐ
ら
い
で
 
  
広
さ
の
空
間
だ
っ
た
 °
そ
こ
は
ま
さ
に
自
然
そ
の
も
の
で
 
砂
利
  
に
あ
る
砂
利
の
敷
き
詰
め
ら
れ
た
2
0
0
m
ト
ラ
ッ
ク
ぐ
ら
い
の
  
 
修
行
場
と
言
っ
て
も
場
所
は
川
原
で
 
簡
単
に
言
え
ば
川
沿
い
  
ら
 
俺
達
は
よ
う
や
く
修
行
場
へ
着
い
た
 °









   

  
一
体
ど
ん
な
準
備
が
必
要
だ
っ
た
の
だ
ろ
う
か
?
  
 
大
体
 
胴
衣
は
初
め
か
ら
着
て
い
た
の
だ
か
ら
 
そ
れ
以
外
に
  
 
秋
澪
の
声
を
聞
い
て
 
俺
は
よ
っ
こ
ら
し
ょ
と
立
ち
上
が
っ
た
 °
  
 
 
は
い
 
お
待
た
せ
し
ま
し
た
 
  
 
そ
れ
か
ら
1
分
後
 °
  
 
仕
方
な
く
 
俺
は
そ
の
場
で
胡
坐
を
か
い
て
座
り
込
ん
だ
 °
  
ン
ル
ン
気
分
ら
し
い
 °
  
面
時
の
不
機
嫌
さ
は
ど
こ
へ
や
ら
 
今
や
秋
澪
は
天
下
無
敵
の
ル
  
 
そ
の
声
に
は
 
間
違
い
な
く
♪
マ
|
ク
が
つ
い
て
い
た
 °
初
対
  
 
 
ま
だ
こ
っ
ち
向
い
ち
ゃ
駄
目
で
す
よ
|
♪
 
  
ト
の
や
り
取
り
と
は
思
わ
な
い
だ
ろ
う
 °
  
し
れ
な
い
 °
少
な
く
て
も
 
こ
の
や
り
取
り
が
格
闘
家
と
ス
カ
ウ
  
 
端
か
ら
見
れ
ば
 
仲
の
い
い
カ
ッ
プ
ル
の
よ
う
に
見
え
た
か
も
  
が
ら
 
秋
澪
は
俺
の
肩
を
掴
ん
で
後
ろ
を
向
か
せ
た
 °
  
 
さ
ぁ
さ
ぁ
さ
ぁ
と
 
な
ん
だ
か
と
て
も
楽
し
そ
う
に
急
か
し
な
  
さ
い
 
  
そ
れ
じ
ゃ
準
備
し
ま
す
か
ら
 
ち
ょ
っ
と
後
ろ
を
向
い
て
い
て
下
  
 
 
と
り
あ
え
ず
 
そ
れ
は
見
て
の
お
楽
し
み
と
い
う
こ
と
で
 °
  
見
せ
た
 °
  
と
違
い
ま
す
よ
 
と
 
小
悪
魔
の
よ
う
に
可
愛
ら
し
く
微
笑
ん
で

   

  
さ
か
文
字
通
り
の
意
味
だ
っ
た
と
は
:
:
  
 
:
:
:
:
:
:
確
か
に
そ
れ
は
聞
い
た
 °
い
や
 
し
か
し
 
  
よ
 
私
の
胸
の
破
壊
力
 
  
私
の
一
番
の
武
器
で
す
っ
て
 °
こ
う
見
え
て
も
結
構
凄
い
ん
で
す
  
 
 
で
す
か
ら
さ
っ
き
言
っ
た
じ
ゃ
な
い
で
す
か
 
こ
の
胸
は
今
  
爆
乳
を
重
た
そ
う
に
両
手
で
ゆ
さ
ゆ
さ
と
揺
ら
し
て
見
せ
た
 °
  
て
い
る
俺
に
 
秋
澪
は
一
度
悪
戯
っ
ぽ
く
微
笑
む
と
そ
の
自
慢
の
  
 
エ
サ
を
待
つ
鯉
の
よ
う
に
情
け
な
く
パ
ク
パ
ク
と
口
を
動
か
し
  
 
 
秋
澪
:
:
そ
の
姿
は
:
:
 
  
が
無
く
て
も
全
く
垂
れ
ず
丸
々
と
し
た
形
を
保
っ
て
い
る
 °
  
一
人
分
は
あ
る
重
量
感
を
感
じ
さ
せ
な
い
ほ
ど
 
そ
の
胸
は
支
え
  
 
で
か
い
 
と
に
か
く
で
か
い
 °
し
か
も
5
0
キ
ロ
と
い
う
子
供
  
印
か
ら
解
き
放
た
れ
て
俺
の
眼
前
に
突
き
出
さ
れ
て
い
た
 °
  
 
3
3
6
c
m
と
い
う
化
け
物
級
の
バ
ス
ト
が
 
胴
衣
と
い
う
封
  
う
や
つ
だ
 °
  
胴
衣
を
脱
い
で
い
た
の
だ
か
ら
 °
い
わ
ゆ
る
ト
ッ
プ
レ
ス
姿
と
い
  
に
へ
た
り
込
ん
で
し
ま
っ
た
 °
だ
っ
て
秋
澪
は
:
:
そ
の
 
上
の
  
 
立
ち
上
が
っ
た
ば
か
り
だ
と
い
う
の
に
 
俺
は
す
ぐ
に
そ
の
場
  
い
:
:
 
  
 
 
準
備
っ
て
い
っ
た
っ
て
何
が
あ
っ
た
ん
だ
よ
:
:
っ
て
 

   

  
や
ば
い
 
ま
さ
か
あ
の
時
立
っ
た
フ
ラ
グ
は
 
恋
愛
フ
ラ
グ
で
は
  
 
自
然
と
 
短
い
一
生
を
走
馬
灯
の
よ
う
に
振
り
返
り
だ
し
た
 °
  
完
膚
な
き
ま
で
に
潰
さ
れ
て
し
ま
う
 °
  
の
頭
は
熟
れ
た
ト
マ
ト
の
よ
う
に
真
っ
赤
な
脳
漿
を
ぶ
ち
ま
け
て
  
 
死
ぬ
 
絶
対
死
ぬ
 °
も
し
こ
れ
以
上
力
を
込
め
ら
れ
た
ら
 
  
 
俺
は
言
葉
に
な
ら
な
い
悲
鳴
を
上
げ
た
 °
  
 
 
z
r
z
q
え
w
s
w
ぇ
d
ヴ
ぁ
c
f
r
v
t
g
b
!
!
 
  
の
強
烈
な
力
で
俺
の
頭
を
締
め
つ
け
る
 °
  
 
そ
し
て
挟
み
込
ん
だ
瞬
間
 
頭
蓋
骨
が
悲
鳴
を
上
げ
る
ぐ
ら
い
  
の
巨
大
な
胸
で
挟
み
込
ん
だ
 °
  
 
す
る
と
突
然
 
秋
澪
は
俺
の
頭
を
正
面
に
向
け
さ
せ
る
と
 
  
や
し
な
い
 °
  
き
つ
け
ら
れ
た
ら
 
凝
視
す
る
な
ん
て
こ
と
恥
ず
か
し
く
て
出
来
  
い
 °
だ
が
 
な
ん
と
い
う
か
:
:
こ
こ
ま
で
圧
倒
的
な
も
の
を
突
  
る
か
ら
 
何
も
実
物
の
女
の
胸
を
見
た
こ
と
が
な
い
わ
け
じ
ゃ
な
  
 
ま
ぁ
俺
も
 
こ
れ
ま
で
何
人
か
の
女
と
付
き
合
っ
た
こ
と
は
あ
  
さ
を
誇
る
そ
の
胸
が
視
界
に
入
っ
て
き
て
し
ま
う
の
だ
 °
  
 
だ
っ
て
真
っ
直
ぐ
正
面
を
向
い
た
ら
 
秋
澪
の
圧
倒
的
な
巨
大
  
と
し
か
出
来
な
か
っ
た
 °
  
 
俺
は
動
揺
隠
せ
ず
に
周
囲
を
見
わ
た
し
て
 
オ
ロ
オ
ロ
す
る
こ

   

  
ろ
を
向
い
た
 °
  
 
可
愛
ら
し
く
顔
の
横
で
小
さ
く
手
を
振
っ
て
か
ら
 
彼
女
は
後
  
 
 
そ
れ
じ
ゃ
俊
哉
さ
ん
 
今
か
ら
始
め
ま
す
ね
 
  
て
い
っ
た
 °
彼
女
が
立
ち
上
が
っ
た
の
だ
 °
  
 
す
る
と
突
然
 
俺
の
目
の
前
に
あ
っ
た
秋
澪
の
顔
が
高
く
離
れ
  
 
俺
は
へ
た
り
込
ん
だ
ま
ま
 
呆
然
と
し
て
い
た
 °
  
ろ
う
か
 °
  
い
う
彼
女
の
こ
の
爆
乳
に
は
 
一
体
ど
れ
ほ
ど
の
力
が
あ
る
の
だ
  
ろ
う
 °
そ
れ
な
の
に
あ
の
威
力
:
:
ま
だ
1
6
歳
で
成
長
途
中
と
  
ほ
ん
の
ち
ょ
っ
と
力
を
込
め
て
じ
ゃ
れ
つ
い
た
に
過
ぎ
な
い
の
だ
  
 
正
直
に
言
う
 
彼
女
の
笑
顔
が
怖
か
っ
た
 °
彼
女
か
ら
す
れ
ば
  
と
首
を
縦
に
振
っ
た
 °
  
 
俺
は
頭
が
取
れ
る
ん
じ
ゃ
な
い
か
と
い
う
ぐ
ら
い
 
ブ
ン
ブ
ン
  
ま
で
見
て
い
て
く
だ
さ
い
ね
 °
私
 
全
力
で
が
ん
ば
り
ま
す
!
 
  
 
 
こ
れ
か
ら
今
ま
で
の
修
行
の
成
果
を
み
せ
ま
す
か
ら
 
最
後
  
り
に
可
愛
い
秋
澪
の
笑
顔
が
俺
の
目
の
前
に
現
わ
れ
た
 °
  
 
頭
を
抱
え
込
ん
で
い
た
爆
乳
が
俺
か
ら
少
し
離
れ
る
と
 
代
わ
  
圧
力
が
弱
ま
っ
た
 °
秋
澪
が
開
放
し
て
く
れ
た
の
だ
 °
  
 
し
か
し
い
よ
い
よ
死
を
覚
悟
し
た
瞬
間
 
ふ
っ
と
頭
に
か
か
る
  
な
く
死
亡
フ
ラ
グ
だ
っ
た
の
か
 °













   

  
 
 
ハ
ァ
!
 
  
 
そ
し
て
岩
に
ぶ
つ
か
る
寸
前
 
  
ス
ピ
|
ド
を
緩
め
ず
向
か
っ
て
い
く
 °
  
 
向
か
う
先
に
あ
る
の
は
 
巨
大
な
岩
 °
秋
澪
は
そ
ん
な
岩
に
 
  
は
駆
け
抜
け
る
 °
  
を
 
人
間
は
こ
ん
な
に
も
速
く
走
れ
る
の
か
と
い
う
速
度
で
秋
澪
  
 
速
い
 
し
か
も
恐
ろ
し
い
ぐ
ら
い
に
 °
足
場
の
悪
い
こ
の
場
所
  
た
 °
  
ば
 
信
じ
ら
れ
な
い
加
速
で
砂
利
の
上
を
秋
澪
が
走
り
出
し
て
い
  
 
乾
い
た
爆
発
音
の
よ
う
な
も
の
が
あ
た
り
に
響
い
た
か
と
思
え
  
 
バ
シ
ュ
ッ
  
る
と
:
:
  
く
ウ
イ
ン
ク
を
飛
ば
し
て
き
た
 °
そ
し
て
ま
た
 
岩
に
向
き
な
お
  
っ
て
い
る
と
 
彼
女
は
チ
ラ
リ
と
俺
の
方
を
振
り
向
い
て
 
可
愛
  
 
一
体
秋
澪
は
何
を
す
る
気
な
の
か
 °
俺
は
固
唾
を
呑
ん
で
見
守
  
ぐ
ら
い
は
あ
る
ん
じ
ゃ
な
い
か
と
思
う
 °
  
ら
見
て
い
る
た
め
奥
行
き
ま
で
は
分
か
ら
な
い
が
 
横
幅
と
同
じ
  
 
高
さ
は
5
m
 
横
幅
は
3
m
ぐ
ら
い
あ
る
だ
ろ
う
か
 °
正
面
か
  
 
視
線
の
先
 
5
0
m
ほ
ど
の
距
離
に
 
大
き
な
岩
が
あ
っ
た
 °
  
 
俺
も
自
然
と
 
彼
女
が
向
い
て
い
る
方
向
に
目
が
い
く
 °



   

  
 
先
程
に
続
き
気
合
を
込
め
た
一
撃
が
 
巨
木
に
向
か
っ
て
振
り
  
 
 
セ
イ
ッ
!
 
  
い
ほ
ど
の
破
壊
力
を
秘
め
た
爆
乳
を
無
造
作
に
横
に
振
り
回
し
た
 °
  
 
秋
澪
は
巨
木
に
向
か
い
一
気
に
間
合
い
を
詰
め
る
と
 
恐
ろ
し
  
抱
え
ら
れ
そ
う
な
ほ
ど
の
太
い
幹
を
持
つ
巨
木
 °
  
の
か
想
像
出
来
な
い
 
大
人
十
人
ぐ
ら
い
で
手
を
繋
い
で
や
っ
と
  
 
そ
こ
に
あ
る
の
は
 
一
本
の
木
 °
一
体
樹
齢
何
年
経
っ
て
い
る
  
 
俺
は
慌
て
て
秋
澪
の
向
か
う
先
に
目
を
や
る
 °
  
ど
∨
で
右
に
跳
ん
で
い
た
 °
  
秋
澪
は
ま
る
で
忍
者
の
よ
う
な
素
早
さ
∧
実
物
見
た
こ
と
な
い
け
  
 
そ
の
巨
大
す
ぎ
る
胸
を
持
つ
と
い
う
ハ
ン
デ
を
背
負
い
な
が
ら
 
  
 
だ
が
 
彼
女
の
動
き
は
そ
れ
だ
け
で
は
終
わ
ら
な
か
っ
た
 °
  
間
が
 
し
か
も
胸
で
あ
の
大
岩
を
粉
々
に
す
る
な
ん
て
:
:
  
か
の
よ
う
に
呆
気
な
く
四
散
し
た
 °
信
じ
ら
れ
な
い
破
壊
力
 °
  
の
一
撃
に
よ
り
 
ま
る
で
大
き
な
鉄
球
ク
レ
|
ン
で
破
壊
さ
れ
た
  
 
俺
の
言
葉
通
り
 
爆
乳
を
ぶ
ち
当
て
ら
れ
た
大
岩
は
秋
澪
の
そ
  
 
 
岩
が
粉
々
に
:
:
 
  
つ
も
な
い
破
壊
音
を
生
ん
だ
 °
そ
し
て
 
  
 
裂
帛
の
気
合
と
共
に
大
岩
に
打
ち
つ
け
ら
れ
た
双
球
が
 
と
て
  
 
ズ
ガ
ガ
ガ
ガ
ッ
!


















   

  
見
せ
つ
け
た
爆
乳
を
 
俺
の
目
の
前
に
突
き
出
し
た
 °
  
わ
ざ
正
座
を
す
る
と
 
今
こ
の
世
の
物
と
は
思
え
な
い
破
壊
力
を
  
 
秋
澪
は
座
り
込
ん
で
い
る
俺
と
目
線
を
合
わ
せ
る
た
め
に
わ
ざ
  
っ
て
見
せ
ま
す
!
 
  
で
す
け
ど
 
こ
の
胸
で
 
い
つ
か
き
っ
と
世
界
一
の
格
闘
家
に
な
  
 
 
ど
う
で
し
た
か
俊
哉
さ
ん
!
私
は
ま
だ
ま
だ
未
熟
な
格
闘
家
  
 
 
秋
澪
:
:
 
  
る
の
に
気
が
つ
か
な
か
っ
た
の
は
 °
  
モ
ン
ス
ト
レ
|
シ
ョ
ン
を
終
え
た
秋
澪
が
自
分
の
前
に
立
っ
て
い
  
破
壊
音
が
完
全
に
収
ま
る
ま
で
 
こ
の
た
っ
た
1
0
秒
ほ
ど
の
デ
  
 
だ
か
ら
だ
ろ
う
 
巨
木
が
完
全
に
倒
れ
 
周
囲
に
響
い
て
い
た
  
の
思
考
は
停
止
寸
前
だ
っ
た
 °
  
 
次
々
と
目
の
前
で
繰
り
広
げ
ら
れ
る
異
次
元
の
出
来
事
に
 
  
ゆ
っ
く
り
と
倒
れ
て
い
く
 °
  
 
支
え
を
失
っ
た
巨
木
は
 
隣
に
生
え
て
い
た
木
を
巻
き
込
ん
で
  
木
っ
端
微
塵
に
砕
け
散
っ
た
 °
  
う
に
あ
っ
さ
り
と
幹
を
抉
ら
れ
 
爆
乳
を
ぶ
つ
け
ら
れ
た
場
所
は
  
 
巨
木
は
 
ま
る
で
実
は
豆
腐
で
し
た
と
で
も
言
い
た
い
か
の
よ
  
 
バ
キ
ィ
ィ
ィ
ィ
ィ
ィ
ッ
!
  
抜
か
れ
る
 °





















   

  
の
よ
う
に
吹
っ
飛
ば
せ
る
は
ず
だ
 °
  
突
き
出
さ
れ
た
胸
を
軽
く
振
り
回
す
だ
け
で
 
俺
な
ん
て
紙
く
ず
  
け
な
ん
だ
 °
そ
れ
に
秋
澪
が
本
当
に
嫌
だ
っ
た
ら
 
こ
の
大
き
く
  
は
全
く
気
に
し
な
い
 °
俺
は
昔
か
ら
 
惚
れ
て
し
ま
っ
た
ら
命
が
  
 
秋
澪
は
顔
を
真
っ
赤
に
し
な
が
ら
動
揺
す
る
が
 
そ
ん
な
こ
と
  
 
 
と
 
と
 
と
 
俊
哉
さ
ん
!
?
 
  
う
だ
 °
  
地
上
最
強
の
爆
乳
格
闘
家
を
 
心
の
底
か
ら
惚
れ
て
し
ま
っ
た
よ
  
 
ど
う
や
ら
俺
は
 
あ
ど
け
な
い
笑
顔
を
見
せ
る
こ
の
1
6
歳
の
  
ま
ま
 
彼
女
に
軽
く
キ
ス
を
し
た
 °
  
首
に
手
を
回
し
て
抱
き
つ
い
て
い
た
 °
そ
し
て
本
当
に
無
意
識
の
  
 
気
が
付
け
ば
 
俺
は
無
意
識
の
う
ち
に
彼
女
に
寄
り
掛
か
り
 
  
を
軽
く
超
越
し
て
い
る
超
人
的
な
身
体
能
力
に
 °
  
の
双
球
の
威
力
に
 °
い
や
 
そ
れ
だ
け
で
は
な
く
 
人
間
の
限
界
  
の
み
っ
し
り
と
筋
肉
の
詰
ま
っ
た
 
全
て
を
破
壊
し
つ
く
す
悪
魔
  
な
い
の
だ
 
自
分
が
い
か
に
強
す
ぎ
る
の
か
と
い
う
こ
と
に
 °
  
 
:
:
:
:
:
:
長
く
山
に
篭
っ
て
い
た
彼
女
は
気
が
付
い
て
い
  
少
し
浅
黒
く
 
そ
し
て
カ
ス
リ
傷
一
つ
付
い
て
い
な
い
 °
  
ン
を
や
る
前
と
何
も
変
わ
ら
ず
 
他
の
肌
と
同
じ
く
日
に
焼
け
て
  
 
汗
一
つ
か
い
て
い
な
い
そ
の
胸
は
今
の
デ
モ
ン
ス
ト
レ
|
シ
ョ

   

  
君
の
大
き
な
胸
に
押
さ
え
つ
け
ら
れ
て
 
逃
げ
出
せ
る
奴
も
き
っ
  
て
 
立
っ
て
ら
れ
る
よ
う
な
格
闘
家
は
多
分
い
な
い
よ
 °
そ
れ
に
  
 
 
あ
あ
 
さ
っ
き
の
岩
を
砕
い
た
よ
う
な
胸
の
一
撃
を
喰
ら
っ
  
 
 
あ
の
 
本
当
に
私
 
世
界
で
一
番
強
い
ん
で
す
か
?
 
  
 
 
な
ん
だ
?
 
  
 
落
ち
着
い
た
秋
澪
の
声
が
 
目
の
前
か
ら
聞
こ
え
る
 °
  
 
 
俊
哉
さ
ん
:
:
 
  
一
緒
に
い
た
か
っ
た
 °
  
く
の
人
間
に
知
ら
せ
て
や
り
た
い
 °
で
も
そ
れ
以
上
に
 
秋
澪
と
  
底
か
ら
 
秋
澪
が
最
強
の
格
闘
家
だ
と
い
う
こ
と
を
一
人
で
も
多
  
い
た
 °
も
ち
ろ
ん
今
言
っ
て
い
る
言
葉
に
嘘
は
な
い
 °
俺
は
心
の
  
 
全
く
用
意
し
て
な
か
っ
た
言
葉
が
 
淀
み
な
く
俺
の
口
か
ら
続
  
緒
に
来
て
く
れ
な
い
か
 
  
と
を
知
っ
て
も
ら
え
る
よ
う
に
す
る
か
ら
 °
だ
か
ら
:
:
俺
と
一
  
も
っ
と
も
っ
と
沢
山
の
や
つ
に
 
君
が
世
界
で
一
番
強
い
っ
て
こ
  
以
外
誰
も
知
ら
な
い
 °
だ
か
ら
:
:
俺
に
任
せ
て
く
れ
な
い
か
?
  
 
 
で
も
 
君
が
世
界
で
一
番
強
い
と
い
う
こ
と
は
 
き
っ
と
俺
  
 
 
え
:
:
 
  
も
い
な
い
 °
俺
は
断
言
で
き
る
 
君
こ
そ
世
界
一
の
格
闘
家
だ
よ
 
  
 
 
:
:
:
:
:
:
秋
澪
 
今
の
君
に
か
な
う
格
闘
家
な
ん
て
誰

   

  
格
闘
家
に
 °
だ
か
ら
 
だ
か
ら
:
:
だ
か
ら
私
を
 
一
緒
に
連
れ
  
ん
な
相
手
も
問
題
に
な
ら
な
い
ぐ
ら
い
 
圧
倒
的
な
強
さ
を
持
つ
  
 
 
は
い
 
私
は
こ
の
胸
と
一
緒
に
 
も
っ
と
成
長
し
ま
す
 °
  
 
 
そ
れ
じ
ゃ
:
:
 
  
か
ら
 
  
私
 
頑
張
り
ま
す
か
ら
 °
俊
哉
さ
ん
に
ず
っ
と
付
い
て
い
き
ま
す
  
 
 
俊
哉
さ
ん
 
私
の
こ
と
を
 
沢
山
の
人
に
伝
え
て
く
だ
さ
い
 °
  
穢
れ
の
な
い
澄
ん
だ
黒
い
瞳
が
 
真
っ
直
ぐ
に
俺
に
向
け
ら
れ
る
 °
  
 
意
を
決
し
た
秋
澪
が
目
を
開
け
て
 
じ
っ
と
俺
を
見
つ
め
た
 °
  
 
 
お
う
 
  
 
 
:
:
:
:
:
:
俊
哉
さ
ん
 
  
 
ど
れ
く
ら
い
待
っ
た
だ
ろ
う
か
 °
  
開
く
の
を
待
っ
て
い
た
 °
  
て
考
え
込
ん
で
い
た
 °
 
俺
は
た
だ
ひ
た
す
ら
に
 
彼
女
が
口
を
  
 
秋
澪
は
目
を
閉
じ
て
 
そ
し
て
自
分
の
巨
大
な
胸
に
手
を
当
て
  
っ
く
り
と
彼
女
か
ら
離
れ
た
 °
  
魔
を
し
て
は
悪
い
と
 
彼
女
の
首
に
回
し
て
い
た
手
を
解
い
て
ゆ
  
 
少
し
の
間
沈
黙
が
続
い
た
 °
俺
は
考
え
込
ん
で
い
る
秋
澪
の
邪
  
 
 
:
:
:
:
:
:
 
  
と
い
な
い
 





















   

  
げ
ら
れ
た
 °
そ
し
て
秋
澪
は
両
手
で
自
分
の
胸
を
左
右
に
広
げ
て
 
  
 
す
る
と
 
俺
の
顔
を
塞
い
で
い
た
爆
乳
が
ゆ
っ
く
り
と
持
ち
上
  
彼
女
と
の
楽
し
い
生
活
に
 
俺
は
胸
を
躍
ら
せ
た
 °
  
 
そ
ん
な
ほ
ん
の
少
し
の
恐
怖
と
 
こ
れ
か
ら
始
ま
る
で
あ
ろ
う
  
な
い
女
の
子
に
惚
れ
て
し
ま
っ
た
の
で
は
な
い
だ
ろ
う
か
?
  
う
と
し
て
い
る
の
で
は
な
い
だ
ろ
う
か
?
と
い
う
か
 
と
ん
で
も
  
 
あ
あ
 
も
し
か
し
て
俺
は
 
と
ん
で
も
な
い
怪
物
を
世
に
放
と
  
 
嬉
し
そ
う
な
声
が
胸
の
向
う
か
ら
聞
こ
え
て
き
た
 °
  
哉
さ
ん
は
こ
の
胸
に
囚
わ
れ
た
 
一
番
初
め
の
人
な
ん
で
す
か
ら
 
  
 
 
だ
か
ら
 
俊
哉
さ
ん
は
私
の
胸
か
ら
逃
げ
れ
ま
せ
ん
よ
 °
  
 
:
:
確
か
に
言
っ
た
 °
  
ら
逃
げ
出
せ
る
人
は
い
な
い
っ
て
 
  
 
 
さ
っ
き
俊
哉
さ
ん
が
言
っ
て
く
れ
ま
し
た
よ
ね
 
私
の
胸
か
  
せ
ら
れ
た
 °
  
 
巨
大
す
ぎ
る
爆
乳
が
俺
の
顔
を
覆
い
つ
く
し
 
完
全
に
組
み
伏
  
い
 °
  
動
き
を
 
元
ボ
ク
サ
|
で
し
か
な
い
俺
が
避
け
き
れ
る
わ
け
が
な
  
れ
ま
で
の
動
き
を
見
て
い
れ
ば
分
か
る
よ
う
に
 
本
気
の
彼
女
の
  
 
そ
う
言
い
切
っ
た
途
端
 
秋
澪
は
俺
に
飛
び
掛
っ
て
き
た
 °
  
て
行
っ
て
く
だ
さ
い
!
 
















   

  
た
せ
る
こ
と
は
出
来
な
か
っ
た
 °
  
 
た
だ
 
結
局
俺
は
彼
女
を
普
通
の
総
合
格
闘
技
の
リ
ン
グ
に
立
  
応
援
し
て
い
る
 °
  
 
も
ち
ろ
ん
俺
は
リ
ン
グ
サ
イ
ド
で
 
セ
コ
ン
ド
と
し
て
彼
女
を
  
 
1
年
後
 
秋
澪
は
と
あ
る
地
下
リ
ン
グ
に
い
た
 °
  
  
た
 °
  
澪
の
反
応
は
 
本
当
に
嬉
し
そ
う
な
笑
顔
で
の
爆
乳
プ
レ
ス
だ
っ
  
 
自
分
で
も
ち
ょ
っ
と
キ
ザ
か
な
と
思
っ
て
言
っ
た
言
葉
へ
の
秋
  
よ
 
  
 
 
俺
だ
っ
て
お
前
の
こ
と
手
放
さ
な
い
か
ら
な
 °
覚
悟
し
と
け
  
や
っ
た
 °
  
 
だ
か
ら
俺
は
彼
女
の
顔
を
見
上
げ
な
が
ら
 
こ
う
言
い
返
し
て
  
け
な
い
じ
ゃ
な
い
か
 °
  
可
愛
い
女
に
こ
こ
ま
で
惚
れ
ら
れ
て
 
こ
っ
ち
か
ら
手
放
せ
る
わ
  
 
あ
あ
 
駄
目
だ
 °
俺
は
き
っ
と
秋
澪
を
手
放
せ
な
い
 °
こ
ん
な
  
 
顔
を
真
っ
赤
に
し
な
が
ら
 
改
め
て
そ
う
言
っ
て
き
や
が
っ
た
 °
  
に
い
て
下
さ
い
ね
 
  
 
 
大
好
き
で
す
か
ら
ね
 
俊
哉
さ
ん
 °
だ
か
ら
 
ず
っ
と
一
緒
  
顔
を
覗
か
せ
た
 °
そ
し
て
コ
ホ
ン
と
小
さ
く
咳
き
を
し
て
か
ら
 

   

  
皇
帝
と
呼
ば
れ
る
大
男
と
の
戦
い
だ
っ
た
の
だ
が
:
:
  
 
そ
し
て
今
日
 
過
去
3
年
間
チ
ャ
ン
ピ
オ
ン
と
し
て
君
臨
す
る
 
  
秋
澪
は
そ
の
巨
大
な
胸
で
圧
倒
的
な
強
さ
を
誇
っ
て
い
た
 °
  
 
だ
が
全
て
に
お
い
て
規
格
外
の
こ
の
戦
い
の
場
に
お
い
て
も
 
  
め
 
一
夜
に
し
て
数
百
億
の
金
が
動
く
と
い
う
噂
も
あ
る
 °
  
 
し
か
も
全
て
の
戦
い
が
ギ
ャ
ン
ブ
ル
の
対
象
に
な
っ
て
い
る
た
  
る
ぐ
ら
い
に
 °
  
く
高
い
 °
そ
れ
こ
そ
普
通
の
総
合
格
闘
技
が
子
供
の
遊
戯
に
見
え
  
と
危
険
な
選
手
が
沢
山
い
る
か
ら
戦
い
の
レ
ベ
ル
は
半
端
じ
ゃ
な
  
 
こ
っ
ち
の
格
闘
技
は
公
に
は
さ
れ
な
い
 °
た
だ
 
そ
の
分
色
々
  
が
 
実
は
こ
っ
ち
の
関
係
者
だ
っ
た
り
す
る
 °
  
 
俺
が
秋
澪
に
会
う
き
っ
か
け
に
な
っ
た
手
紙
を
よ
こ
し
た
悪
友
  
つ
だ
 °
  
:
実
は
こ
れ
 
一
般
に
は
知
ら
れ
て
い
な
い
裏
の
格
闘
技
っ
て
や
  
 
で
 
何
で
今
彼
女
が
リ
ン
グ
に
立
っ
て
い
る
の
か
と
言
う
と
:
  
ら
え
る
わ
け
な
か
っ
た
ん
だ
よ
な
:
:
  
な
ぁ
 
冷
静
に
考
え
れ
ば
い
く
ら
秋
澪
が
強
く
て
も
契
約
し
て
も
  
た
 °
ま
ぁ
 
さ
す
が
に
テ
レ
ビ
放
送
と
か
出
来
な
い
だ
ろ
う
か
ら
  
の
が
ト
ッ
プ
レ
ス
状
態
で
戦
う
彼
女
の
フ
ァ
イ
ト
ス
タ
イ
ル
だ
っ
  
 
彼
女
が
女
性
だ
と
い
う
の
も
あ
っ
た
が
 
何
よ
り
問
題
だ
っ
た

   

  
 
秋
澪
は
ぎ
こ
ち
な
い
動
き
で
 
リ
ン
グ
の
四
方
に
向
け
て
ペ
コ
  
 
 
う
 
う
ん
 
  
が
チ
ャ
ン
ピ
オ
ン
に
な
っ
た
こ
と
喜
ん
で
く
れ
て
る
ん
だ
か
ら
 
  
 
 
ほ
ら
秋
澪
 
観
客
に
向
か
っ
て
お
礼
し
と
け
 °
み
ん
な
お
前
  
た
秋
澪
を
称
え
る
か
の
よ
う
に
一
気
に
沸
き
上
が
っ
た
 °
  
っ
て
い
た
会
場
は
た
っ
た
一
撃
で
新
た
な
チ
ャ
ン
ピ
オ
ン
と
な
っ
  
 
元
チ
ャ
ン
ピ
オ
ン
が
場
外
に
沈
ん
で
か
ら
数
秒
後
 
静
ま
り
返
  
こ
の
裏
の
格
闘
技
の
チ
ャ
ン
ピ
オ
ン
で
も
 °
  
ら
っ
て
 
無
事
で
す
む
人
間
が
い
る
わ
け
が
な
い
 °
例
え
そ
れ
が
  
て
は
4
0
0
c
m
を
超
え
る
超
乳
に
成
長
し
た
彼
女
の
一
撃
を
喰
  
う
 °
た
だ
 
こ
の
一
年
で
身
長
が
2
m
を
超
え
 
バ
ス
ト
に
至
っ
  
 
秋
澪
か
ら
す
れ
ば
 
本
当
に
軽
く
放
っ
た
一
撃
だ
っ
た
の
だ
ろ
  
べ
な
が
ら
 
秋
澪
は
助
け
を
求
め
る
よ
う
に
俺
の
方
を
向
い
た
 °
  
 
1
7
歳
の
少
女
ら
し
い
可
愛
ら
し
い
顔
に
困
惑
の
表
情
を
浮
か
  
だ
け
な
の
に
:
:
 
  
 
 
俊
哉
さ
ん
ど
う
し
よ
う
 
私
軽
く
バ
ス
ト
ア
ッ
パ
|
打
っ
た
  
ん
で
い
っ
た
 °
  
い
た
男
は
 
ロ
|
プ
を
超
え
て
1
0
m
離
れ
た
客
席
へ
と
吹
っ
飛
  
こ
と
な
く
無
敗
の
チ
ャ
ン
プ
と
し
て
こ
の
リ
ン
グ
に
立
ち
続
け
て
  
 
試
合
開
始
か
ら
3
0
秒
後
 
過
去
3
年
間
一
度
も
ダ
ウ
ン
す
る

   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
目
を
細
め
て
見
続
け
て
い
た
の
だ
っ
た
 °
  
 
俺
は
そ
ん
な
 
名
実
共
に
地
上
最
強
に
な
っ
た
秋
澪
の
姿
を
 
  
ペ
コ
と
頭
を
下
げ
て
い
る
 °















  > ≫