秋
澪
の
目
の
前
へ
と
移
動
し
た
 °
  
 
俺
は
身
長
を
測
る
た
め
に
乗
っ
て
い
た
脚
立
か
ら
降
り
る
と
 
  
 
お
ま
け
に
 
凄
い
の
は
そ
の
身
長
だ
け
じ
ゃ
な
い
し
:
:
  
り
ゃ
驚
く
さ
 °
  
た
ん
だ
か
ら
な
ぁ
:
:
い
く
ら
長
身
爆
乳
フ
ェ
チ
の
俺
で
も
 
  
 
自
分
の
彼
女
が
 
と
う
と
う
身
長
3
m
の
壁
を
越
え
て
し
ま
っ
  
た
ん
だ
ろ
う
な
ぁ
 
や
っ
ぱ
り
 °
  
 
ま
ぁ
 
笑
み
と
い
う
か
苦
笑
と
い
う
か
:
:
多
分
引
き
攣
っ
て
  
 
恥
ず
か
し
そ
う
に
は
に
か
ん
だ
秋
澪
に
 
俺
は
笑
み
を
返
す
 °
  
 
 
え
え
っ
と
:
:
と
う
と
う
大
台
超
え
ち
ゃ
い
ま
し
た
 
  
う
れ
い
┗┛
に
つ
い
て
は
 
見
誤
っ
て
ば
か
り
だ
 °
  
 
だ
が
俺
の
彼
女
 
無
敵
の
超
乳
格
闘
家
 
李
秋
澪
┏┓
り
・
し
ゅ
  
る
奴
が
多
い
い
が
 
ま
ぁ
 
い
い
奴
ら
だ
 °
  
人
付
き
合
い
に
お
い
て
も
深
い
付
き
合
い
の
あ
る
奴
ら
は
癖
の
あ
  
 
実
際
格
闘
家
の
ス
カ
ウ
ト
と
し
て
多
く
の
選
手
を
見
出
し
た
し
 
  
関
し
て
は
結
構
自
信
が
あ
っ
た
 °
  
 
俺
|
福
園
俊
哉
┏┓
ふ
く
ぞ
の
・
と
し
や
┗┛
は
 
人
を
見
る
目
に
  
  
き
ゃ
べ
っ
た
∧
物
語
∨
・
冷
暖
坊
∧
挿
し
絵
∨
 
作
  
最
強
に
な
り
た
い
!


















≪ <  

  
隔
は
秋
澪
の
成
長
に
合
わ
せ
徐
々
に
狭
ま
っ
て
い
き
 
今
で
は
連
  
 
チ
ャ
ン
ピ
オ
ン
と
な
り
 
当
初
は
1
週
間
ご
と
だ
っ
た
試
合
間
  
戦
績
を
残
し
て
い
る
 °
  
闘
技
界
に
お
い
て
 
1
1
2
戦
1
1
2
勝
と
い
う
信
じ
ら
れ
な
い
  
 
そ
し
て
現
在
 
秋
澪
は
真
の
強
者
だ
け
が
集
ま
る
こ
の
裏
の
格
  
壊
力
も
ま
た
想
像
を
絶
す
る
も
の
と
な
っ
て
い
る
 °
  
 
ち
な
み
に
サ
イ
ズ
の
成
長
に
比
例
す
る
か
の
よ
う
に
 
そ
の
破
  
が
想
像
す
る
だ
ろ
う
か
 °
  
 
そ
れ
か
ら
さ
ら
に
1
年
で
 
2
7
6
c
m
も
で
か
く
な
る
と
誰
  
た
の
だ
 °
  
 
た
だ
そ
れ
は
 
真
の
成
長
期
に
入
る
準
備
期
間
で
し
か
な
か
っ
  
は
4
3
6
c
m
と
い
う
急
成
長
を
遂
げ
た
 °
  
 
出
会
っ
た
当
初
 
3
3
6
c
m
だ
っ
た
バ
ス
ト
は
 
1
年
後
に
  
 
成
長
の
限
界
が
見
え
な
い
 
ス
|
パ
|
モ
ン
ス
タ
|
バ
ス
ト
 °
  
 
こ
れ
が
秋
澪
の
今
の
バ
ス
ト
サ
イ
ズ
だ
 °
  
 
7
0
2
c
m
  
か
ら
だ
 °
  
 
俺
の
視
線
を
 
更
な
る
成
長
を
遂
げ
た
バ
ス
ト
が
遮
っ
て
い
る
  
秋
冷
の
顔
を
見
る
こ
と
が
出
来
な
い
 °
  
 
身
長
差
が
1
3
0
c
m
あ
る
か
ら
と
い
う
の
も
あ
る
が
 
俺
は

   

  
か
に
恐
怖
に
よ
り
震
え
始
め
た
 °
  
 
ま
ず
 
リ
ン
グ
で
二
人
が
相
対
し
た
時
点
で
 
挑
戦
者
は
明
ら
  
な
も
の
だ
っ
た
 °
  
 
も
っ
と
も
:
:
試
合
内
容
は
予
想
通
り
 
相
変
わ
ら
ず
一
方
的
  
ッ
チ
が
組
ま
れ
た
の
だ
 °
  
を
聞
い
た
途
端
に
挑
戦
を
決
め
 
あ
っ
と
い
う
間
に
タ
イ
ト
ル
マ
  
 
そ
ん
な
男
だ
か
ら
 
女
の
チ
ャ
ン
ピ
オ
ン
が
い
る
と
い
う
言
葉
  
た
経
歴
の
持
ち
主
だ
 °
  
パ
ワ
|
と
残
虐
な
性
格
か
ら
怪
我
人
を
多
数
出
し
て
 
破
門
さ
れ
  
 
試
合
の
相
手
は
2
m
を
超
え
る
元
力
士
で
 
力
士
時
代
は
そ
の
  
  
終
え
た
ば
か
り
だ
 °
  
 
今
日
も
つ
い
さ
っ
き
 
命
知
ら
ず
の
挑
戦
者
と
の
準
備
運
動
を
  
の
軽
い
準
備
運
動
と
い
っ
た
も
の
に
す
ぎ
な
い
 °
  
は
名
ば
か
り
の
練
習
 
い
や
 
過
酷
な
ト
レ
|
ニ
ン
グ
を
す
る
前
  
 
た
だ
 
今
の
秋
澪
に
と
っ
て
は
 
試
合
は
タ
イ
ト
ル
マ
ッ
チ
と
  
で
は
な
い
 °
  
 
:
:
一
瞬
相
撲
と
勘
違
い
し
て
い
る
か
と
思
っ
た
が
 
間
違
い
  
の
最
終
日
だ
 °
  
日
試
合
を
行
っ
て
い
て
 
明
日
は
1
5
日
連
続
タ
イ
ト
ル
マ
ッ
チ

   

  
 
 
あ
れ
?
事
前
に
聞
い
て
な
か
っ
た
ん
で
す
か
?
試
合
を
成
立
  
 
 
な
 
な
に
?
 
  
ら
 
  
も
通
り
開
始
か
ら
5
分
間
は
 
こ
ち
ら
か
ら
は
攻
撃
し
ま
せ
ん
か
  
 
 
そ
ん
な
に
緊
張
し
な
い
で
く
だ
さ
い
 
挑
戦
者
さ
ん
 °
い
つ
  
る
挑
戦
者
に
 
秋
澪
は
優
し
い
笑
顔
で
声
を
掛
け
た
 °
  
 
そ
の
巨
体
を
目
に
 
改
め
て
自
ら
の
行
く
末
を
感
じ
て
青
ざ
め
  
に
押
し
潰
さ
れ
て
い
く
 °
  
抑
え
込
ま
れ
た
相
手
は
合
わ
せ
て
2
0
0
k
g
超
の
重
量
に
簡
単
  
 
バ
ス
ト
は
も
は
や
片
方
だ
け
で
1
0
0
k
g
を
超
え
て
お
り
 
  
 
ス
リ
|
サ
イ
ズ
は
 
上
か
ら
7
0
2
|
1
1
1
|
2
0
2
 °
  
 
身
長
3
m
 
体
重
5
0
2
k
g
 °
  
達
し
て
い
る
の
だ
 °
  
肉
で
 
各
部
位
の
太
さ
は
元
力
士
で
あ
っ
た
男
よ
り
も
逞
し
く
発
  
 
ト
レ
|
ニ
ン
グ
に
よ
り
全
身
く
ま
な
く
パ
ン
プ
ア
ッ
プ
し
た
筋
  
て
い
る
 °
  
て
い
る
が
 
そ
れ
ら
を
支
え
る
筋
肉
も
ま
た
桁
違
い
の
迫
力
を
し
  
 
秋
澪
の
肉
体
は
 
つ
い
つ
い
バ
ス
ト
と
身
長
に
隠
れ
て
し
ま
っ
  
だ
ろ
う
 °
  
 
そ
り
ゃ
秋
澪
の
肉
体
を
見
れ
ば
 
誰
だ
っ
て
恐
怖
に
襲
わ
れ
る

   

  
 
 
俊
哉
さ
ん
以
外
は
 
私
の
身
体
に
エ
ッ
チ
な
こ
と
す
る
の
禁
  
 
少
し
真
面
目
な
表
情
で
 
人
差
し
指
を
た
て
な
が
ら
説
明
す
る
 °
  
ら
ね
 
  
し
エ
ッ
チ
な
こ
と
を
さ
れ
た
ら
:
:
そ
の
時
は
容
赦
し
ま
せ
ん
か
  
 
 
は
い
 
5
分
間
 
こ
ち
ら
か
ら
は
攻
撃
し
ま
せ
ん
け
ど
 
  
 
 
注
意
事
項
?
 
  
項
も
知
り
ま
せ
ん
よ
ね
?
 
  
 
 
あ
 
そ
う
だ
 °
聞
い
て
な
か
っ
た
と
い
う
こ
と
は
 
注
意
事
  
の
姿
を
想
像
し
て
し
ま
っ
た
の
だ
ろ
う
 °
  
 
あ
の
バ
ス
ト
が
 
も
し
自
分
に
振
る
わ
れ
た
ら
:
:
そ
の
自
分
  
恐
怖
に
歪
ん
で
い
く
 °
  
 
そ
の
圧
倒
的
な
存
在
感
に
 
男
の
表
情
が
こ
の
上
な
い
ぐ
ら
い
  
と
揺
ら
し
た
 °
  
い
や
 
兵
器
と
も
言
え
る
破
壊
力
を
秘
め
た
バ
ス
ト
を
ぶ
る
ん
っ
  
わ
れ
る
ぐ
ら
い
の
童
顔
に
笑
顔
を
浮
か
べ
た
ま
ま
 
そ
の
武
器
 
  
 
唖
然
と
す
る
男
の
目
の
前
で
 
秋
澪
は
い
ま
だ
中
学
生
に
間
違
  
し
め
そ
う
で
す
ね
 
  
も
聞
か
な
い
で
試
合
を
し
て
く
れ
る
な
ん
て
:
:
今
日
は
少
し
楽
  
も
し
な
い
と
試
合
に
な
り
ま
せ
ん
か
ら
 °
で
も
 
ハ
ン
デ
の
こ
と
  
さ
せ
る
た
め
に
 
毎
回
ハ
ン
デ
を
あ
げ
て
い
る
ん
で
す
 °
こ
う
で

   

  
挟
み
こ
ん
だ
こ
と
に
よ
り
多
少
広
が
っ
て
い
た
胸
の
谷
間
が
 
  
 
ほ
ん
の
一
瞬
 
胸
元
か
ら
音
が
漏
れ
た
か
と
思
う
と
 
鉄
柱
を
  
 
メ
リ
ッ
ッ
:
:
ブ
チ
ッ
  
い
る
か
ら
だ
 °
  
 
秋
澪
が
こ
れ
か
ら
行
う
デ
モ
ン
ス
ト
レ
|
シ
ョ
ン
を
分
か
っ
て
  
 
観
客
の
ボ
ル
テ
|
ジ
が
一
気
に
上
が
る
 °
  
だ
 °
  
 
そ
の
鉄
柱
を
お
も
む
ろ
に
 
モ
ン
ス
タ
|
バ
ス
ト
が
挟
み
こ
ん
  
鉄
柱
 °
  
 
安
全
の
た
め
の
ラ
バ
|
な
ど
巻
か
れ
て
い
な
い
 
正
真
正
銘
の
  
へ
と
向
か
っ
た
 °
  
 
そ
う
言
っ
て
秋
澪
は
歩
き
出
す
と
 
コ
|
ナ
|
ポ
ス
ト
の
一
角
  
置
き
で
す
か
ら
ね
 
  
 
 
い
い
で
す
か
 
も
し
約
束
を
破
っ
た
ら
 
そ
の
時
点
で
お
仕
  
る
 °
  
 
し
か
し
そ
ん
な
こ
と
は
お
構
い
な
し
で
 
秋
澪
は
言
葉
を
続
け
  
て
る
じ
ゃ
な
い
か
 °
  
な
い
人
間
の
名
前
が
出
て
き
た
も
の
だ
か
ら
 
挑
戦
者
も
戸
惑
っ
  
 
こ
ら
 
人
の
名
前
を
出
す
ん
じ
ゃ
な
い
 °
っ
た
く
 
急
に
知
ら
  
止
な
ん
で
す
 °
分
か
り
ま
し
た
か
?
 











   

  
 
 
じ
ゃ
ぁ
時
間
で
す
か
ら
 
終
わ
り
に
し
ま
す
ね
 
  
じ
ゃ
れ
つ
か
れ
た
よ
う
な
も
の
な
の
だ
ろ
う
 °
  
肉
を
持
つ
秋
澪
に
と
っ
て
 
男
の
必
死
の
攻
撃
な
ど
子
猫
に
軽
く
  
 
そ
の
巨
大
で
超
重
量
の
胸
を
含
め
た
巨
体
を
支
え
る
だ
け
の
筋
  
く
す
ぐ
っ
た
そ
う
に
受
け
続
け
た
 °
  
 
秋
澪
は
 
恐
怖
か
ら
か
無
謀
な
突
進
を
繰
り
返
す
男
の
攻
撃
を
  
送
り
に
し
て
試
合
は
終
わ
っ
た
 °
  
 
結
局
こ
の
日
も
 
5
分
た
っ
た
後
に
秋
澪
が
優
し
く
男
を
病
院
  
う
に
慈
愛
の
笑
み
を
浮
か
べ
な
が
ら
頭
を
撫
で
た
 °
  
し
か
で
き
な
い
男
に
手
を
伸
ば
し
 
ま
る
で
子
供
に
諭
す
か
の
よ
  
 
 
男
の
前
に
行
き
そ
う
優
し
く
告
げ
る
と
 
立
ち
尽
く
す
こ
と
  
よ
う
に
し
て
あ
げ
ま
す
か
ら
 
  
で
す
よ
 °
約
束
を
守
っ
た
ら
 
ち
ゃ
ん
と
リ
ン
グ
を
降
り
ら
れ
る
  
 
 
こ
う
な
り
た
く
な
か
っ
た
ら
 
エ
ッ
チ
な
こ
と
し
て
は
駄
目
  
に
引
き
抜
く
と
 
男
の
前
に
放
り
捨
て
た
 °
  
 
さ
ら
に
リ
ン
グ
に
固
定
さ
れ
て
い
た
鉄
柱
だ
っ
た
物
を
無
造
作
  
い
た
 °
  
物
は
紙
の
よ
う
に
薄
く
引
き
延
ば
さ
れ
た
鉄
板
へ
と
姿
を
変
え
て
  
 
そ
し
て
ゆ
っ
く
り
と
秋
澪
が
胸
元
を
広
げ
る
と
 
鉄
柱
だ
っ
た
  
ッ
タ
リ
と
元
の
時
と
同
じ
よ
う
に
埋
ま
っ
て
し
ま
っ
た
 °




   

  
レ
|
ニ
ン
グ
マ
シ
ン
を
注
文
し
て
た
ん
だ
よ
な
 
  
 
 
そ
う
だ
な
:
:
っ
て
 
そ
う
い
え
ば
秋
澪
 
確
か
新
し
い
ト
  
|
ム
で
 
秋
澪
は
俺
に
話
し
か
け
た
 °
  
 
試
合
を
終
え
た
後
 
チ
ャ
ン
ピ
オ
ン
専
用
の
ト
レ
|
ニ
ン
グ
ル
  
ン
グ
を
始
め
ま
し
ょ
う
 
  
 
 
俊
哉
さ
ん
 
身
体
検
査
も
終
わ
り
ま
し
た
し
:
:
ト
レ
|
ニ
  
  
と
し
て
そ
の
歓
声
に
右
手
を
挙
げ
て
応
え
た
の
だ
っ
た
 °
  
変
わ
ら
な
い
歓
声
が
飛
び
交
い
 
彼
女
は
無
敵
の
チ
ャ
ン
ピ
オ
ン
  
 
こ
う
し
て
 
連
勝
記
録
を
伸
ば
し
た
秋
澪
に
対
し
て
い
つ
も
と
  
ボ
ロ
ボ
ロ
に
な
っ
た
と
は
思
う
が
 °
  
た
の
だ
か
ら
良
か
っ
た
の
だ
ろ
う
 
格
闘
家
と
し
て
は
身
も
心
も
  
 
ま
ぁ
 
秋
澪
を
相
手
に
し
て
一
応
生
き
て
リ
ン
グ
を
降
り
ら
れ
  
 
全
身
か
ら
流
れ
た
破
壊
音
か
ら
複
雑
骨
折
は
免
れ
な
い
だ
ろ
う
 °
  
 
2
m
を
越
え
る
大
男
の
叫
び
声
が
 
リ
ン
グ
の
上
で
響
き
渡
る
 °
  
 
ボ
キ
ッ
ボ
キ
ッ
ボ
キ
キ
キ
ッ
  
っ
て
く
だ
さ
い
ね
 
  
 
 
ゆ
っ
く
り
力
を
込
め
て
い
き
ま
す
か
ら
 
出
来
る
だ
け
頑
張
  
さ
り
告
げ
 
優
し
く
そ
の
モ
ン
ス
タ
|
バ
ス
ト
で
挟
み
込
ん
だ
 °
  
 
や
が
て
5
分
が
過
ぎ
る
と
 
秋
澪
は
男
へ
の
最
後
通
牒
を
あ
っ

   

  
グ
に
も
な
り
そ
う
に
な
い
で
す
か
ら
 
  
の
 
今
の
私
に
は
こ
れ
ぐ
ら
い
の
物
を
使
わ
な
い
と
ト
レ
|
ニ
ン
  
 
 
え
え
っ
と
 
安
全
じ
ゃ
な
い
か
も
し
れ
ま
せ
ん
け
ど
:
:
そ
  
 
 
お
い
 
安
全
な
の
か
 
そ
の
マ
シ
ン
:
:
 
  
 
す
で
に
兵
器
と
呼
べ
る
代
物
じ
ゃ
ね
ぇ
か
 °
  
 
そ
こ
ま
で
い
く
と
 
戦
車
で
も
簡
単
に
貫
く
ん
じ
ゃ
な
い
か
 °
  
 
な
 
な
ん
だ
そ
の
モ
ン
ス
タ
|
マ
シ
ン
は
!
  
鉄
球
を
最
速
5
0
0
キ
ロ
で
射
出
で
き
る
ん
で
す
よ
 
  
 
 
特
別
に
作
っ
て
も
ら
い
ま
し
た
 °
こ
の
マ
シ
ン
 
1
0
s
の
  
せ
ら
れ
て
い
る
 °
  
見
え
る
 
が
 
異
常
な
ま
で
に
頑
強
で
力
強
い
作
り
へ
と
改
造
さ
  
 
構
造
と
し
て
は
ピ
ッ
チ
ン
グ
マ
シ
|
ン
と
大
差
は
な
い
よ
う
に
  
う
な
機
械
が
置
か
れ
て
い
た
 °
  
い
 
奇
妙
な
改
造
を
さ
れ
た
巨
大
な
ピ
ッ
チ
ン
グ
マ
シ
|
ン
の
よ
  
 
そ
の
先
に
は
 
ト
レ
|
ニ
ン
グ
ル
|
ム
に
は
似
つ
か
わ
し
く
な
  
 
秋
澪
に
言
わ
れ
 
俺
は
視
線
を
秋
澪
の
横
へ
と
向
け
る
 °
  
 
 
そ
れ
か
:
:
っ
て
 
お
い
 
な
ん
だ
そ
れ
は
!
?
 
  
た
物
の
位
置
へ
と
移
動
し
た
 °
  
 
そ
う
言
っ
て
 
秋
澪
は
部
屋
の
隅
に
あ
る
シ
|
ト
の
掛
け
ら
れ
  
 
 
は
い
!
今
日
届
い
て
 
あ
そ
こ
に
準
備
し
て
あ
り
ま
す
 


   

  
 
嬉
し
そ
う
に
そ
う
答
え
る
と
 
秋
澪
は
あ
っ
と
い
う
間
に
俺
の
  
 
 
は
い
!
あ
り
が
と
う
ご
ざ
い
ま
す
!
 
  
な
 
  
 
 
:
:
分
か
っ
た
 
で
も
危
な
く
感
じ
た
ら
す
ぐ
止
め
る
か
ら
  
秋
澪
の
顔
だ
っ
た
 °
  
 
そ
れ
は
最
近
 
試
合
場
で
は
見
る
こ
と
が
出
来
な
い
 
本
気
の
  
真
剣
に
強
さ
を
追
い
求
め
る
格
闘
家
の
表
情
 °
  
 
真
面
目
で
 
ス
ト
イ
ッ
ク
な
 
出
会
っ
た
頃
と
変
わ
ら
な
い
 
  
じ
っ
と
見
つ
め
て
き
た
 °
 °
  
 
秋
澪
は
そ
れ
ま
で
の
穏
や
か
な
感
情
を
消
し
た
表
情
で
 
俺
を
  
ら
私
を
信
じ
て
 
こ
の
ト
レ
|
ニ
ン
グ
に
付
き
合
っ
て
く
だ
さ
い
!
 
  
自
分
の
た
め
に
も
 
そ
し
て
俊
哉
さ
ん
の
た
め
に
も
:
:
 °
だ
か
  
 
 
俊
哉
さ
ん
 
私
 
も
っ
と
も
っ
と
強
く
な
り
た
い
ん
で
す
 °
  
の
か
:
:
  
 
か
と
い
っ
て
 
こ
ん
な
無
茶
苦
茶
な
マ
シ
ン
を
使
っ
て
い
い
も
  
の
よ
う
な
も
の
に
な
っ
て
し
ま
っ
て
い
る
 °
  
運
動
と
い
う
よ
り
も
は
や
秋
澪
の
無
敵
さ
を
見
せ
つ
け
る
シ
ョ
|
  
 
あ
の
世
界
最
高
レ
ベ
ル
の
格
闘
家
が
集
う
試
合
で
す
ら
 
準
備
  
|
ニ
ン
グ
に
も
な
ら
な
い
 °
  
 
確
か
に
 
も
は
や
秋
澪
に
と
っ
て
 
普
通
の
マ
シ
ン
で
は
ト
レ

   

  
 
確
か
に
そ
の
胸
に
は
痣
一
つ
出
来
て
い
な
い
 °
  
 
胸
の
当
た
っ
た
部
分
を
 
軽
く
擦
っ
て
無
事
を
ア
ピ
|
ル
す
る
 °
  
ら
い
撫
で
ら
れ
た
よ
う
な
も
の
で
す
 
  
 
 
大
丈
夫
で
す
!
力
を
込
め
た
私
の
胸
に
は
 
1
5
0
キ
ロ
ぐ
  
 
俺
は
少
し
心
配
気
味
に
 
声
を
掛
け
た
 °
  
 
 
秋
澪
 
大
丈
夫
か
?
 
  
突
し
た
場
所
が
凹
ん
で
歪
な
物
へ
と
変
化
し
て
い
た
 °
  
 
弾
か
れ
た
鉄
球
の
形
は
当
初
の
丸
い
物
で
は
な
く
 
爆
乳
と
衝
  
 
秋
澪
の
右
胸
を
直
撃
し
た
鉄
球
が
 
弾
き
返
さ
れ
る
 °
  
 
ズ
ド
ン
ッ
ッ
!
  
受
け
止
め
た
 °
  
 
秋
澪
は
そ
れ
を
じ
っ
く
り
と
見
切
る
と
 
右
胸
で
そ
の
鉄
球
を
  
 
一
流
の
プ
ロ
野
球
選
手
が
投
げ
る
 
剛
速
球
並
の
速
度
だ
 °
  
飛
ん
で
い
く
 °
  
 
ピ
ッ
チ
ン
グ
マ
シ
|
ン
か
ら
 
重
々
し
い
音
を
纏
っ
て
鉄
球
が
  
 
ド
ン
ッ
  
 
 
そ
れ
じ
ゃ
始
め
る
ぞ
 °
ま
ず
は
1
5
0
キ
ロ
か
ら
だ
 
 
  
  
っ
た
 °
  
目
の
前
と
近
寄
り
 
そ
の
超
乳
で
優
し
く
抱
き
付
い
て
き
た
の
だ

   

  
 
 
ん
ん
っ
:
:
ち
ょ
っ
と
気
持
ち
い
い
で
す
:
:
 
  
 
だ
が
 
そ
れ
を
受
け
る
秋
澪
に
と
っ
て
は
:
:
  
疑
う
 °
  
 
唸
り
を
上
げ
て
吹
っ
飛
ん
で
い
く
鉄
球
の
勢
い
に
 
俺
は
目
を
  
 
3
5
0
キ
ロ
 
も
は
や
人
力
で
出
せ
る
速
度
で
は
な
い
 °
  
ら
に
球
速
を
上
げ
る
 °
  
 
更
な
る
秋
澪
の
頼
み
に
 
俺
は
驚
き
な
が
ら
も
し
た
が
っ
て
さ
  
 
 
お
 
お
う
!
 
  
て
く
だ
さ
い
!
 
  
た
い
程
度
で
す
 °
俊
哉
さ
ん
 
も
っ
と
も
っ
と
ス
ピ
|
ド
を
上
げ
  
 
 
う
|
ん
:
:
少
し
効
き
ま
し
た
け
ど
 
ま
だ
ま
だ
く
す
ぐ
っ
  
し
た
 °
  
 
そ
の
鉄
球
を
 
秋
澪
は
今
度
は
左
胸
で
し
っ
か
り
と
弾
き
飛
ば
  
速
度
だ
 °
  
 
今
度
は
2
5
0
キ
ロ
 
常
人
で
は
目
で
追
う
こ
と
す
ら
難
し
い
  
 
秋
澪
の
声
に
応
え
 
俺
は
一
気
に
ス
ピ
|
ド
を
上
げ
る
 °
  
で
な
い
と
 
私
の
胸
に
は
効
か
な
い
で
す
!
 
  
 
 
俊
哉
さ
ん
 
も
っ
と
ス
ピ
|
ド
を
上
げ
て
く
だ
さ
い
!
そ
う
  
無
敵
バ
ス
ト
に
は
掠
り
傷
一
つ
負
わ
す
こ
と
が
出
来
な
い
ら
し
い
 °
  
 
装
甲
車
ぐ
ら
い
な
ら
貫
通
し
そ
う
な
威
力
な
の
だ
が
 
秋
澪
の

   

  
の
だ
 °
  
 
秋
澪
の
胸
に
直
撃
し
た
鉄
球
が
 
一
瞬
に
し
て
鉄
板
に
な
っ
た
  
 
信
じ
ら
れ
な
い
光
景
が
 
そ
こ
で
起
き
た
 °
  
 
バ
チ
ン
ッ
ッ
  
 
第
一
球
目
  
ベ
ル
の
威
力
だ
 °
  
 
掠
っ
た
だ
け
で
も
 
普
通
の
人
間
な
ら
無
事
で
は
済
ま
な
い
レ
  
 
M
A
X
の
5
0
0
キ
ロ
 °
  
と
上
げ
た
 °
  
 
俺
は
も
は
や
考
え
る
の
を
や
め
て
 
ス
ピ
|
ド
設
定
を
限
界
へ
  
 
 
:
:
:
:
:
:
:
:
 
  
す
 °
そ
う
で
も
し
な
い
と
練
習
に
な
ら
な
い
よ
う
で
す
か
ら
:
:
 
  
さ
い
 °
つ
い
で
に
残
り
の
球
も
 
全
部
撃
っ
て
も
ら
っ
て
い
い
で
  
 
 
:
:
俊
哉
さ
ん
 
も
う
ス
ピ
|
ド
を
限
界
ま
で
上
げ
て
く
だ
  
い
で
し
か
な
い
よ
う
だ
 °
  
 
そ
れ
な
の
に
秋
澪
に
と
っ
て
は
 
ち
ょ
っ
と
気
持
ち
い
い
ぐ
ら
  
 
こ
の
威
力
 
立
派
な
殺
人
兵
器
だ
ぞ
!
  
 
そ
の
程
度
か
よ
!
  
る
 °
  
 
ほ
ん
の
り
頬
を
赤
ら
め
 
鉄
球
の
当
た
っ
た
場
所
を
擦
っ
て
い

   

  
 
秋
澪
が
最
大
威
力
の
鉄
球
を
1
0
0
球
近
く
受
け
き
っ
た
と
こ
  
 
そ
れ
か
ら
1
時
間
後
 °
  
っ
て
い
く
 °
  
 
秋
澪
の
足
元
に
は
 
彼
女
の
胸
に
よ
り
潰
れ
た
鉄
球
が
山
を
作
  
よ
う
に
時
折
笑
顔
を
向
け
て
鉄
球
を
受
け
続
け
る
 °
  
悩
ま
し
い
声
を
上
げ
な
が
ら
 
そ
れ
で
も
俺
に
心
配
を
か
け
な
い
  
 
痛
み
に
耐
え
て
い
る
の
か
 
そ
れ
と
も
感
じ
て
い
る
の
か
:
:
  
 
 
あ
ん
っ
:
:
ん
ん
っ
:
:
あ
ふ
っ
:
:
 
  
が
ら
 
鉄
球
を
受
け
続
け
る
 °
  
 
声
に
な
ら
な
い
よ
う
な
 
小
さ
な
小
さ
な
う
め
き
声
を
上
げ
な
  
 
流
石
の
秋
澪
も
 
こ
の
威
力
に
は
ダ
メ
|
ジ
を
受
け
る
ら
し
い
 °
  
 
秋
澪
に
言
わ
れ
 
俺
は
一
心
不
乱
に
鉄
球
を
撃
ち
ま
く
っ
た
 °
  
り
そ
う
で
す
 °
俊
哉
さ
ん
 
ド
ン
ド
ン
撃
っ
て
く
だ
さ
い
!
 
  
と
こ
ろ
も
少
し
痣
に
な
っ
て
ま
す
し
 
こ
れ
な
ら
い
い
刺
激
に
な
  
 
 
:
:
う
ん
 
だ
い
ぶ
威
力
が
あ
る
よ
う
で
す
ね
 °
当
た
っ
た
  
貼
り
つ
い
た
鉄
板
を
指
で
剥
が
し
 
地
面
へ
と
投
げ
捨
て
た
 °
  
 
し
か
し
す
ぐ
に
気
を
取
り
直
す
と
 
巨
大
す
ぎ
る
自
分
の
胸
に
  
 
あ
ま
り
の
光
景
に
 
秋
澪
自
身
も
驚
い
た
表
情
に
な
る
 °
  
出
来
な
か
っ
た
よ
う
だ
 °
  
 
も
は
や
鉄
球
の
方
が
 
秋
澪
の
胸
の
破
壊
力
に
耐
え
る
こ
と
が

   

  
も
し
れ
な
い
 °
  
 
こ
の
精
神
的
な
強
さ
こ
そ
 
秋
澪
の
無
敵
の
強
さ
の
核
な
の
か
  
倒
れ
な
か
っ
た
精
神
力
 °
  
 
し
か
し
こ
の
強
靭
さ
 
そ
し
て
最
後
の
鉄
球
を
受
け
て
も
な
お
  
女
を
襲
っ
た
の
か
想
像
に
難
く
な
い
 °
  
 
こ
の
痣
だ
ら
け
の
胸
を
見
れ
ば
 
ど
れ
だ
け
の
ダ
メ
|
ジ
が
彼
  
を
見
せ
ま
い
と
気
丈
に
振
る
舞
い
 
俺
に
笑
顔
を
向
け
た
 °
  
 
明
ら
か
に
疲
労
し
て
い
る
よ
う
だ
っ
た
が
 
秋
澪
は
ダ
メ
|
ジ
  
:
:
 
  
を
も
ら
い
ま
し
た
か
ら
:
:
い
い
ト
レ
|
ニ
ン
グ
に
な
り
ま
し
た
  
 
 
は
:
:
は
い
:
:
大
丈
夫
で
す
:
:
久
し
ぶ
り
に
い
い
刺
激
  
上
が
り
 
そ
の
恐
ろ
し
い
ま
で
の
存
在
感
を
発
揮
し
続
け
て
い
る
 °
  
 
た
だ
そ
れ
で
も
 
超
乳
は
形
を
変
え
る
こ
と
な
く
前
方
に
盛
り
  
斑
に
腫
れ
上
が
っ
て
い
る
 °
  
 
鉄
球
を
受
け
止
め
た
場
所
は
痣
に
な
り
 
あ
の
き
れ
い
な
胸
が
  
受
け
て
い
た
 °
  
 
遠
く
か
ら
見
て
も
 
明
ら
か
に
秋
澪
の
バ
ス
ト
は
ダ
メ
|
ジ
を
  
 
俺
は
マ
シ
|
ン
か
ら
離
れ
る
と
 
秋
澪
の
元
へ
と
駆
け
寄
る
 °
  
 
 
秋
澪
 
大
丈
夫
か
!
 
  
ろ
で
 
つ
い
に
球
切
れ
と
な
っ
た
 °












   

  
 
 
あ
あ
 °
ミ
ル
ク
の
量
は
い
つ
も
と
同
じ
で
い
い
か
?
 
  
お
願
い
で
き
ま
す
か
?
 
  
 
 
お
願
い
し
ま
す
 °
あ
 
あ
と
 
喉
が
渇
い
た
か
ら
ミ
ル
ク
も
  
ち
ょ
っ
と
タ
オ
ル
を
濡
ら
し
て
く
る
 
  
 
 
わ
 
分
か
っ
た
 °
:
:
冷
や
し
て
お
い
た
方
が
い
い
か
な
 °
  
か
ら
:
:
あ
ん
ま
り
乱
暴
に
し
ち
ゃ
駄
目
で
す
:
:
 
  
 
 
俊
哉
さ
ん
:
:
今
の
私
の
胸
 
と
っ
て
も
敏
感
に
な
っ
て
る
  
 
だ
が
感
度
が
 
い
つ
も
以
上
に
上
が
っ
て
い
る
よ
う
だ
 °
  
く
よ
う
な
滑
ら
か
な
肌
質
に
変
わ
り
は
な
い
 °
  
 
痣
だ
ら
け
に
な
り
な
が
ら
も
 
そ
の
感
触
は
い
つ
も
の
吸
い
つ
  
す
る
 °
  
 
そ
の
動
き
に
驚
い
た
が
 
気
を
取
り
直
し
て
胸
の
状
況
を
観
察
  
 
3
m
の
巨
体
が
 
ビ
ク
ン
ッ
と
跳
ね
る
 °
  
 
可
愛
ら
し
い
悲
鳴
が
 
秋
澪
の
口
か
ら
洩
れ
る
 °
  
 
 
あ
ん
っ
♪
 
  
に
手
を
伸
ば
し
た
 °
  
 
で
も
本
当
に
無
事
な
の
か
 
確
認
す
る
た
め
に
俺
は
秋
澪
の
胸
  
無
い
よ
う
だ
 °
  
 
ダ
メ
|
ジ
は
あ
る
も
の
の
 
と
り
あ
え
ず
大
き
な
怪
我
な
ど
は
  
 
 
そ
う
か
:
:
良
か
っ
た
:
:
 












   

  
 
鍛
え
ら
れ
た
大
胸
筋
の
お
陰
で
全
く
垂
れ
下
が
る
こ
と
な
く
 
  
素
晴
ら
し
い
 °
  
さ
せ
ず
に
前
方
に
盛
り
上
が
る
双
球
の
膨
ら
み
は
 
相
変
わ
ら
ず
  
 
か
な
り
を
の
ダ
メ
|
ジ
を
受
け
た
は
ず
な
の
に
 
重
力
を
感
じ
  
同
じ
ぐ
ら
い
だ
 °
  
 
座
っ
て
い
る
秋
澪
と
 
立
っ
て
い
る
俺
と
で
よ
う
や
く
身
長
が
  
る
秋
澪
と
正
面
で
向
き
合
う
 °
  
 
素
直
に
姿
勢
を
変
え
て
 
足
を
崩
し
た
姿
勢
な
が
ら
座
っ
て
い
  
 
 
は
い
 
  
っ
て
く
れ
 
  
 
 
お
待
た
せ
 °
ま
ず
は
胸
を
冷
や
す
か
ら
 
正
面
を
向
い
て
座
  
と
戻
っ
た
 °
  
ミ
ル
ク
を
い
つ
も
の
倍
 
4
0
リ
ッ
ト
ル
用
意
し
て
彼
女
の
元
へ
  
 
続
い
て
業
務
用
並
に
大
き
な
冷
蔵
庫
か
ら
 
秋
澪
が
好
む
濃
厚
  
 
タ
オ
ル
と
冷
水
を
バ
ケ
ツ
一
杯
に
用
意
し
て
 
台
車
に
乗
せ
る
 °
  
揃
え
た
 °
  
 
秋
澪
か
ら
離
れ
る
と
 
俺
は
大
慌
て
で
走
り
回
り
必
要
な
物
を
  
 
 
分
か
っ
た
 
ち
ょ
っ
と
待
っ
て
て
く
れ
 
  
も
の
倍
で
お
願
い
し
ま
す
 
  
 
 
そ
う
で
す
ね
:
:
今
日
は
ち
ょ
っ
と
疲
れ
て
る
か
ら
 
い
つ

   

  
る
 °
  
頭
を
振
っ
て
自
分
が
秋
澪
に
対
し
て
で
き
る
こ
と
を
や
ろ
う
と
す
  
 
俺
は
そ
の
飲
み
っ
ぷ
り
に
一
瞬
呆
け
て
し
ま
っ
た
が
 
慌
て
て
  
|
ニ
ン
グ
が
ハ
|
ド
だ
っ
た
っ
て
こ
と
か
:
:
  
 
す
げ
ぇ
飲
み
っ
ぷ
り
だ
な
:
:
ま
ぁ
 
そ
れ
だ
け
今
日
の
ト
レ
  
キ
に
口
を
付
け
る
 °
  
 
結
局
一
気
に
飲
み
干
す
と
 
俺
が
差
し
出
し
た
新
し
い
ジ
ョ
ッ
  
 
 
:
:
ぷ
は
ぁ
♪
俊
哉
さ
ん
 
お
か
わ
り
お
願
い
し
ま
す
!
 
  
て
い
く
 °
  
 
息
継
ぎ
な
く
 
見
る
見
る
う
ち
に
ミ
ル
ク
が
口
の
中
へ
と
消
え
  
 
ゴ
キ
ュ
ゴ
キ
ュ
ゴ
キ
ュ
:
:
  
れ
た
ミ
ル
ク
に
口
を
付
け
た
 °
  
 
秋
澪
は
 
4
リ
ッ
ト
ル
入
る
巨
大
な
ジ
ョ
ッ
キ
に
並
々
と
注
が
  
 
 
は
い
 
い
た
だ
き
ま
す
!
 
  
キ
ン
キ
ン
に
冷
え
て
る
か
ら
な
 
  
 
 
そ
い
つ
は
良
か
っ
た
 °
ほ
ら
 
ミ
ル
ク
も
持
っ
て
き
た
ぞ
 °
  
 
 
は
ふ
っ
:
:
気
持
ち
い
い
で
す
:
:
 
  
る
か
の
よ
う
に
乗
せ
て
い
く
 °
  
 
そ
の
膨
ら
み
に
 
俺
は
冷
水
で
冷
や
し
た
タ
オ
ル
を
張
り
付
け
  
そ
れ
ど
こ
ろ
か
ツ
ン
と
盛
り
上
が
る
ロ
ケ
ッ
ト
お
っ
ぱ
い
 °



   

  
 
こ
の
短
時
間
で
回
復
す
る
だ
け
で
な
く
 
さ
ら
に
巨
大
化
し
て
  
き
ょ
と
ん
と
し
た
表
情
で
自
分
の
胸
に
目
を
や
る
 °
  
 
俺
の
呼
び
か
け
に
 
最
後
の
ジ
ョ
ッ
キ
を
飲
み
干
し
た
秋
澪
は
  
 
 
え
?
私
の
胸
が
ど
う
し
ま
し
た
か
?
 
  
 
 
お
 
お
い
秋
澪
 
お
前
の
胸
:
:
 
  
し
て
い
る
?
  
や
 
二
回
り
で
か
く
な
っ
て
い
る
:
:
 °
こ
れ
は
:
:
胸
が
成
長
  
 
い
や
 
元
に
戻
る
ど
こ
ろ
で
は
な
い
 
サ
イ
ズ
が
一
回
り
 
  
だ
 °
  
 
秋
澪
の
胸
か
ら
痣
が
消
え
 
徐
々
に
元
に
戻
り
か
け
て
い
る
の
  
 
す
る
と
 
そ
こ
で
奇
妙
な
こ
と
に
気
が
付
い
た
 °
  
さ
に
 
感
動
し
な
が
ら
そ
の
胸
を
冷
や
し
て
い
た
 °
  
は
格
闘
家
と
し
て
の
秋
澪
の
強
さ
と
一
人
の
女
性
と
し
て
の
美
し
  
 
全
く
 
こ
ん
な
痣
だ
ら
け
に
な
る
ま
で
鍛
え
る
な
ん
て
:
:
俺
  
り
の
熱
を
持
っ
て
い
た
た
め
 
タ
オ
ル
は
す
ぐ
に
温
ま
っ
て
い
く
 °
  
 
ハ
|
ド
ト
レ
|
ニ
ン
グ
に
よ
り
ダ
メ
|
ジ
を
受
け
た
胸
は
か
な
  
て
か
ら
ま
た
胸
に
乗
せ
る
 °
  
 
秋
澪
の
胸
に
付
け
た
タ
オ
ル
を
剥
が
し
 
バ
ケ
ツ
に
一
度
浸
し
  
 
 
あ
 
は
い
 
お
願
い
し
ま
す
 
  
 
 
秋
澪
 
タ
オ
ル
も
う
一
回
濡
ら
す
ぞ
 









   

  
な
く
 
回
復
力
や
成
長
力
す
ら
常
識
か
ら
か
け
離
れ
た
 
規
格
外
  
 
驚
く
よ
う
な
美
貌
を
持
ち
が
ら
 
パ
ワ
|
や
ス
ピ
|
ド
だ
け
で
  
え
て
い
た
 °
  
 
分
か
っ
て
は
い
た
が
 
秋
澪
と
い
う
存
在
は
も
は
や
人
知
を
超
  
一
回
り
大
き
く
な
っ
て
い
る
 °
  
 
い
や
身
長
ど
こ
ろ
か
 
鍛
え
抜
か
れ
た
逞
し
い
身
体
も
ま
た
 
  
り
 
身
長
が
高
く
な
っ
て
い
る
よ
う
に
感
じ
る
 °
  
 
俺
は
秋
澪
を
見
上
げ
る
と
 
休
憩
に
入
っ
た
ほ
ん
の
数
分
前
よ
  
 
そ
う
言
っ
て
秋
澪
は
 
ス
ク
ッ
と
立
ち
上
が
っ
た
 °
  
身
が
ま
た
成
長
し
た
み
た
い
 
  
胸
 
ま
た
大
き
く
な
っ
た
み
た
い
で
す
 °
そ
れ
ど
こ
ろ
か
:
:
全
  
 
 
俊
哉
さ
ん
 
さ
っ
き
の
ト
レ
|
ニ
ン
グ
の
お
か
げ
で
 
私
の
  
向
け
る
 °
  
 
成
長
し
た
胸
を
両
腕
で
持
ち
上
げ
な
が
ら
 
俺
の
方
に
視
線
を
  
ね
 
  
う
い
っ
た
自
分
を
追
い
込
む
ハ
|
ド
ト
レ
|
ニ
ン
グ
も
大
事
で
す
  
 
 
科
学
的
な
ト
レ
|
ニ
ン
グ
も
大
事
で
す
け
ど
 
や
っ
ぱ
り
こ
  
と
ほ
ほ
笑
ん
だ
 °
  
 
そ
の
自
分
の
胸
を
確
認
し
て
 
秋
澪
は
満
足
そ
う
に
に
っ
こ
り
  
い
る
モ
ン
ス
タ
|
バ
ス
ト
 °















   

  
か
ら
取
り
出
す
と
 
軽
々
と
放
り
投
げ
た
 °
  
 
秋
澪
は
 
自
分
の
乳
圧
に
よ
っ
て
一
枚
に
な
っ
た
鉄
板
を
胸
元
  
っ
て
し
ま
う
か
も
し
れ
な
い
け
ど
:
:
成
長
し
て
い
い
で
す
か
?
 
  
ま
う
か
も
:
:
俊
哉
さ
ん
 
私
 
今
以
上
に
化
け
物
み
た
い
に
な
  
間
の
中
に
す
っ
ぽ
り
埋
ま
っ
て
し
ま
う
ぐ
ら
い
巨
大
に
な
っ
て
し
  
れ
ま
せ
ん
 °
そ
れ
ど
こ
ろ
か
こ
の
胸
は
:
:
俊
哉
さ
ん
が
こ
の
谷
  
 
 
身
長
が
4
m
:
:
5
m
:
:
そ
れ
じ
ゃ
止
ま
ら
な
い
か
も
し
  
あ
の
鉄
の
塊
だ
っ
た
物
が
纏
め
て
潰
さ
れ
て
い
く
の
だ
 °
  
 
本
当
に
軽
く
 
手
加
減
し
な
が
ら
胸
に
力
を
込
め
た
だ
け
で
 
  
 
必
死
に
力
を
込
め
て
い
る
よ
う
に
は
見
え
な
い
 °
  
と
鉄
板
た
ち
の
悲
鳴
の
よ
う
な
音
が
上
げ
る
 °
  
 
そ
し
て
軽
く
胸
に
力
を
込
め
る
と
 
胸
の
谷
間
か
ら
メ
リ
メ
リ
  
を
 
纏
め
て
巨
大
な
胸
が
作
り
上
げ
る
深
い
谷
間
へ
と
押
し
込
む
 °
  
 
両
手
で
2
0
枚
以
上
 
合
計
2
0
0
s
を
優
に
超
え
る
鉄
の
板
  
り
ひ
し
ゃ
げ
た
鉄
板
を
両
手
で
拾
い
上
げ
た
 °
  
 
秋
澪
は
身
を
屈
め
る
と
 
足
元
に
あ
っ
た
自
分
の
胸
に
ぶ
つ
か
  
れ
か
ら
更
に
成
長
し
て
い
き
ま
す
 
  
ん
の
想
像
を
遥
か
に
超
え
て
い
る
と
思
い
ま
す
が
:
:
き
っ
と
こ
  
 
 
:
:
俊
哉
さ
ん
 
私
の
身
体
 
ど
う
で
す
か
?
も
う
俊
哉
さ
  
の
肉
体
を
持
つ
超
乳
モ
ン
ス
タ
|
美
少
女
 °









   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
ら
は
秋
澪
の
顔
は
見
上
げ
な
け
れ
ば
な
ら
な
い
  
 
先
ほ
ど
よ
り
は
下
が
っ
た
と
は
い
え
 
1
7
0
c
m
程
の
俺
か
  
し
た
 °
  
 
そ
ん
な
俺
の
声
に
答
え
て
 
秋
澪
は
ペ
タ
リ
と
床
に
腰
を
落
と
  
ら
 
目
の
前
に
立
つ
俺
の
位
置
か
ら
秋
澪
の
顔
は
見
え
な
い
 °
  
 
あ
ま
り
の
身
長
差
と
前
方
に
突
き
出
さ
れ
た
超
乳
の
巨
大
さ
か
  
 
 
:
:
秋
澪
 
座
っ
て
く
れ
 
  
屋
の
中
に
響
き
渡
る
 °
  
 
2
0
0
k
g
を
超
え
る
鉄
の
塊
が
床
に
落
ち
 
大
き
な
音
が
部

   

  
 
そ
の
巨
大
す
ぎ
る
胸
か
ら
す
れ
ば
か
な
り
小
さ
い
 
ぷ
っ
く
り
  
ン
ス
タ
|
を
喜
ば
せ
た
く
な
っ
て
し
ま
っ
た
 °
  
 
感
じ
て
い
る
秋
澪
を
見
て
 
俺
は
更
に
こ
の
無
敵
の
バ
ス
ト
モ
  
が
わ
か
る
 °
  
 
秋
澪
の
顔
を
見
る
と
 
赤
く
上
気
し
て
興
奮
し
て
き
て
い
る
の
  
る
 °
  
 
俺
は
全
身
を
使
っ
た
全
力
の
愛
撫
で
 
巨
大
な
胸
を
責
め
た
て
  
な
る
の
か
 
い
つ
ま
で
も
一
緒
に
見
て
い
る
か
ら
な
 
  
 
 
俺
は
秋
澪
が
ど
こ
ま
で
強
く
な
る
の
か
 
ど
こ
ま
で
大
き
く
  
|
ニ
ン
グ
後
と
い
う
こ
と
も
あ
り
し
っ
と
り
と
汗
で
濡
れ
て
い
る
 °
  
 
た
だ
そ
の
肌
質
は
最
高
級
の
絹
布
の
よ
う
に
滑
ら
か
で
 
ト
レ
  
き
付
い
た
よ
う
な
イ
メ
|
ジ
だ
ろ
う
か
 °
  
 
パ
ン
パ
ン
に
空
気
を
張
っ
て
い
る
巨
大
な
ビ
|
チ
ボ
|
ル
に
抱
  
と
少
し
凹
ん
だ
が
 
そ
れ
だ
け
だ
っ
た
 °
  
 
リ
ラ
ッ
ク
ス
し
て
い
る
状
態
な
た
め
 
俺
が
全
力
で
抱
き
付
く
  
巨
大
な
膨
ら
み
 °
  
 
片
乳
で
1
0
0
s
を
優
に
超
え
る
 
ボ
リ
ュ
|
ム
た
っ
ぷ
り
の
  
 
俺
は
更
に
巨
大
化
し
た
秋
澪
の
胸
に
抱
き
付
い
た
 °
  
大
に
な
っ
て
く
れ
 °
も
ち
ろ
ん
こ
こ
も
な
 
  
 
 
:
:
当
た
り
前
だ
秋
澪
 °
俺
の
た
め
に
 
も
っ
と
強
く
 

   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
身
を
使
っ
て
責
め
た
て
て
い
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
 
俺
は
そ
ん
な
彼
女
を
限
界
ま
で
気
持
ち
よ
く
さ
せ
よ
う
と
 
  
え
る
 °
  
 
嬉
し
さ
と
気
持
ち
よ
さ
か
ら
 
秋
澪
の
巨
体
が
艶
め
か
し
く
悶
  
:
は
ぁ
ぅ
ぅ
ん
:
:
 
  
:
:
私
も
っ
と
:
:
ひ
ゃ
ん
!
:
:
強
く
な
り
ま
す
か
ら
ぁ
ぁ
:
  
 
 
ひ
ゃ
う
ぅ
ん
!
:
:
俊
哉
さ
ん
 
あ
り
が
と
う
ご
ざ
い
ま
す
  
と
膨
ら
ん
だ
乳
首
に
口
を
付
け
る
 °












  > ≫