茜
は
顔
を
歪
め
 
可
愛
ら
し
い
声
を
上
げ
る
 °
に
や
に
や
と
司
は
  
 
 
ふ
ん
 
と
鼻
で
笑
う
と
司
は
茜
の
胸
を
掴
み
 
強
く
つ
ね
る
 °
  
さ
∨
 °
司
は
三
人
の
悪
友
と
共
に
茜
を
苛
め
て
い
た
の
だ
 °
  
で
あ
る
眼
鏡
で
ブ
ス
の
少
女
・
五
十
嵐
 
司
∧
い
が
ら
し
 
つ
か
  
め
て
い
る
女
子
の
グ
ル
|
プ
は
四
人
で
 
苛
め
っ
子
の
リ
|
ダ
|
  
の
名
前
は
結
城
 
茜
∧
ゆ
う
き
 
あ
か
ね
∨
 °
そ
し
て
 
茜
を
苛
  
 
学
校
の
教
室
で
苛
め
ら
れ
て
い
る
可
憐
な
少
女
が
い
た
 °
少
女
  
 
  
 
  
*
第
一
話
 
其
れ
は
儚
い
少
女
の
心
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
|
  
 
や
が
て
少
女
は
心
の
傷
が
深
く
な
り
 
傷
つ
き
や
す
く
な
る
|
  
  
マ
リ
オ
 
作
  
エ
リ
カ
 
|
悲
し
み
と
孤
独
|














≪ <  

  
存
在
が
非
常
に
邪
魔
で
あ
る
た
め
 
消
し
去
っ
て
ほ
し
い
か
ら
茜
  
に
耐
え
て
い
た
の
で
あ
る
 °
司
は
茜
の
事
が
大
嫌
い
で
 
彼
女
の
  
た
 °
茜
は
司
達
に
酷
い
仕
打
ち
を
受
け
て
た
だ
た
だ
抵
抗
で
き
ず
  
女
は
机
や
椅
子
 
箒
を
持
っ
て
茜
を
衝
い
た
り
叩
い
た
り
し
て
い
  
 
司
は
連
れ
で
あ
る
三
人
の
少
女
に
命
令
を
す
る
と
 
三
人
の
少
  
 
  
 
任
し
と
き
な
 
  
 
あ
い
よ
  
  
 
い
い
気
味
だ
ね
 °
あ
ん
た
達
 
こ
の
乳
牛
を
や
っ
ち
ま
い
な
 
  
 
あ
っ
:
:
:
:
 
あ
ぁ
:
:
:
:
!
 
  
 
  
茜
は
激
痛
が
走
り
 
顔
を
歪
め
 
小
さ
な
悲
鳴
を
上
げ
る
 °
  
に
叩
き
付
け
た
 °
ガ
ツ
ン
と
固
い
壁
に
茜
の
後
頭
部
に
ぶ
つ
け
て
  
 
そ
し
て
司
は
右
手
で
茜
の
胸
を
 
左
手
で
茜
の
頭
を
掴
ん
で
壁
  
 
  
っ
て
わ
け
?
 
生
意
気
に
も
程
が
あ
る
ん
だ
よ
!
 
  
 
ふ
ん
 
何
さ
 °
そ
の
大
き
な
胸
は
 °
そ
れ
で
男
子
の
虜
に
な
る
  
 
  
に
対
し
て
見
下
す
よ
う
な
態
度
で
言
っ
た
 °
  
嘲
笑
う
か
の
よ
う
に
其
の
儘
強
く
つ
ね
っ
た
 °
そ
し
て
彼
女
は
茜

   

  
 
う
る
う
る
と
瞳
を
潤
い
な
が
ら
茜
は
教
室
の
床
に
座
り
込
み
 
  
何
を
さ
れ
て
も
抵
抗
せ
ず
に
其
の
日
ま
で
耐
え
て
い
た
の
で
あ
る
 °
  
し
た
 °
茜
は
何
も
抵
抗
で
き
ず
に
た
だ
た
だ
耐
え
て
い
る
だ
け
 °
  
て
と
暴
力
的
な
行
動
を
し
た
後
 
茜
を
ぶ
ん
と
乱
暴
に
突
き
飛
ば
  
 
ガ
ン
ガ
ン
と
壁
を
押
し
付
け
て
は
離
し
 
押
し
付
け
て
は
離
し
  
 
  
た
な
ん
か
消
え
ち
ま
い
な
!
 
  
し
て
さ
 
男
子
の
虜
に
す
る
な
ん
て
ム
カ
つ
く
ん
だ
よ
!
 
あ
ん
  
 
其
の
牛
の
よ
う
な
胸
を
し
て
 
其
の
胸
を
ブ
ル
ン
ブ
ル
ン
揺
ら
  
ド
が
出
る
!
  
し
に
と
っ
て
あ
ん
た
は
目
障
り
な
存
在
だ
 °
姿
を
見
る
だ
け
で
ヘ
  
 
大
体
あ
ん
た
は
其
の
存
在
が
気
に
入
ら
な
い
ん
だ
よ
!
 
あ
た
  
 
き
ゃ
あ
っ
!
 
  
 
何
だ
 
其
の
目
は
 °
生
意
気
な
ん
だ
よ
ッ
!
 
  
 
  
女
は
力
強
く
茜
の
頭
を
押
さ
え
つ
け
な
が
ら
怒
鳴
り
つ
け
た
 °
  
り
を
覚
え
た
も
の
の
 
茜
の
頭
を
掴
ん
で
壁
に
押
し
付
け
た
 °
  
て
い
て
 
体
中
も
痣
だ
ら
け
に
な
っ
て
い
た
 °
睨
ま
れ
た
司
は
怒
  
 
茜
は
泣
き
そ
う
な
顔
で
司
達
を
睨
み
つ
け
る
 °
顔
も
赤
く
腫
れ
  
を
苛
め
て
い
る
の
で
あ
る
 °















   

  
る
ほ
ど
大
き
か
っ
た
の
で
あ
ろ
う
 °
其
の
た
め
 
ク
ラ
ス
の
女
子
  
 
ク
ラ
ス
の
女
子
は
皆
巨
乳
で
あ
る
が
 
特
に
茜
の
胸
が
仰
天
す
  
否
 
赤
ち
ゃ
ん
を
四
人
ぐ
ら
い
抱
え
た
感
じ
の
大
き
さ
で
あ
る
 °
  
の
大
き
な
胸
で
あ
る
 °
妊
娠
十
ヶ
月
く
ら
い
の
大
き
な
胸
で
あ
る
 °
  
で
も
出
来
る
 
天
才
 
で
あ
っ
た
 °
し
か
も
 
最
も
驚
く
の
は
茜
  
運
動
神
経
抜
群
で
あ
る
 °
ま
た
 
美
術
も
得
意
で
あ
る
と
い
う
何
  
キ
ロ
 °
高
校
一
年
生
の
中
で
も
最
も
成
績
が
優
秀
で
 
容
姿
端
麗
 
  
 
結
城
 
茜
 
十
六
歳
 °
身
長
百
六
十
四
セ
ン
チ
 
体
重
四
十
七
  
 
  
 
  
 
  
 
  
*
  
 
  
 
  
 
  
た
の
で
あ
る
 °
  
を
止
め
て
三
人
の
連
れ
に
声
を
か
け
る
と
 
其
の
儘
去
っ
て
い
っ
  
見
て
は
ぁ
 
と
溜
め
息
を
一
つ
吐
い
た
 °
ず
っ
と
や
っ
て
い
た
手
  
涙
を
流
し
て
泣
い
て
い
た
の
で
あ
る
 °
司
は
そ
ん
な
彼
女
の
顔
を

   

  
 
  
 
  
 
  
*
  
 
  
 
  
 
  
 
  
ま
り
 
今
の
状
況
に
な
っ
て
い
っ
た
の
で
あ
る
 °
  
対
照
的
な
二
人
の
因
縁
は
出
会
っ
て
か
ら
三
ヶ
月
過
ぎ
た
頃
に
始
  
太
っ
て
い
る
た
め
な
の
か
胸
も
大
き
い
の
で
あ
る
 °
デ
ブ
と
ガ
リ
 
  
太
っ
て
い
る
方
で
顔
が
丸
く
 
二
重
顎
に
な
っ
て
い
る
の
で
あ
る
 °
  
 
一
番
の
コ
ン
プ
レ
ッ
ク
ス
は
勿
論
体
型
と
顔
 °
女
子
の
中
で
は
  
め
 
其
の
顔
に
似
合
わ
ず
 
ピ
ア
ノ
も
ヴ
ァ
イ
オ
リ
ン
も
出
来
る
 °
  
そ
れ
以
外
は
全
て
成
績
優
秀
の
少
女
で
あ
る
 °
音
楽
も
得
意
な
た
  
百
六
十
九
セ
ン
チ
 
体
重
七
十
キ
ロ
 °
体
育
と
英
語
は
苦
手
だ
が
 
  
 
苛
め
っ
子
の
司
は
茜
と
同
じ
く
十
六
歳
の
高
校
一
年
生
 °
身
長
  
 
  
れ
た
い
る
の
で
あ
ろ
う
 °
  
に
散
々
苛
め
ら
れ
て
い
る
の
で
あ
ろ
う
 °
特
に
司
に
散
々
苛
め
ら

   

  
哀
し
い
の
で
あ
る
 °
  
ろ
友
達
に
な
ろ
う
と
も
し
な
い
と
い
う
ク
ラ
ス
の
皆
が
い
る
か
ら
  
た
の
で
あ
る
 °
そ
れ
に
対
し
て
茜
は
友
達
が
誰
一
人
い
な
い
 °
  
い
じ
め
に
つ
い
て
話
し
合
い
 
理
解
し
あ
え
る
仲
間
を
見
つ
か
っ
  
て
い
た
の
で
あ
っ
た
 °
今
の
美
樹
は
ク
ラ
ス
の
友
達
が
い
る
の
だ
 °
  
友
で
あ
っ
た
た
め
 
放
課
に
な
れ
ば
二
人
は
出
会
い
 
話
し
合
っ
  
 
其
れ
か
ら
美
樹
と
茜
は
ク
ラ
ス
は
違
え
ど
も
 
中
学
か
ら
の
親
  
ら
し
て
き
た
の
だ
 °
  
大
き
な
胸
の
と
こ
ろ
に
当
て
ら
れ
た
り
し
て
 
哀
れ
な
生
活
を
暮
  
除
道
具
の
倉
庫
に
閉
じ
込
め
ら
れ
 
ま
た
あ
る
時
は
黒
板
消
し
で
  
う
な
仕
打
ち
を
受
け
て
い
た
の
で
あ
っ
た
 °
あ
る
時
は
教
室
で
掃
  
だ
っ
た
か
ら
で
あ
る
 °
其
の
大
き
な
胸
の
せ
い
で
 
茜
と
同
じ
よ
  
 
そ
う
 
美
樹
も
ま
た
 
茜
に
次
ぐ
ほ
ど
の
大
き
な
胸
の
持
ち
主
  
胸
の
こ
と
が
影
響
で
 
い
じ
め
 
を
受
け
て
い
た
の
で
あ
る
 °
  
徴
で
あ
る
 °
境
遇
は
何
処
か
茜
に
似
て
い
る
の
か
 
其
の
大
き
な
  
チ
 
体
重
三
十
八
キ
ロ
 °
其
の
細
身
に
似
合
わ
ぬ
大
き
な
胸
が
特
  
い
じ
め
を
受
け
て
い
る
哀
れ
な
少
女
だ
 °
身
長
は
百
五
十
五
セ
ン
  
は
真
田
 
美
樹
∧
さ
な
だ
 
み
き
∨
 °
彼
女
も
ま
た
 
茜
と
同
じ
  
て
く
れ
て
い
る
の
は
小
柄
で
可
憐
な
少
女
で
あ
る
 °
彼
女
の
名
前
  
 
毎
日
の
よ
う
に
司
や
男
子
な
ど
に
苛
め
ら
れ
て
い
る
茜
を
思
っ

   

  
経
は
抜
群
 
成
績
は
男
子
の
中
で
も
学
年
ト
ッ
プ
で
何
で
も
出
来
  
高
校
生
の
中
で
は
大
柄
で
あ
る
 °
体
重
は
六
十
七
キ
ロ
 °
運
動
神
  
じ
く
美
樹
の
ク
ラ
ス
メ
イ
ト
 °
身
長
は
百
八
十
セ
ン
チ
と
い
っ
た
  
 
少
年
の
名
前
は
宍
戸
 
和
哉
∧
し
し
ど
 
か
ず
や
∨
 °
葵
と
同
  
し
い
性
格
で
あ
る
た
め
 
滅
多
に
怒
ら
な
い
 °
  
で
も
最
も
背
が
高
く
 
成
績
が
優
秀
な
の
で
あ
る
 °
ま
た
 
大
人
  
重
が
五
十
一
キ
ロ
と
細
身
な
の
だ
 °
彼
女
は
美
樹
の
ク
ラ
ス
の
中
  
ラ
ス
メ
イ
ト
 °
身
長
は
百
七
十
三
セ
ン
チ
と
大
柄
で
あ
る
が
 
  
 
少
女
の
名
前
は
後
藤
 
葵
∧
ご
と
う
 
あ
お
い
∨
 °
美
樹
の
ク
  
 
  
だ
け
ど
ね
:
:
:
:
 
  
 
そ
う
な
ん
だ
:
:
:
:
 °
茜
ち
ゃ
ん
 
い
い
人
柄
だ
と
思
う
ん
  
れ
な
の
に
先
生
に
も
言
わ
な
い
ん
だ
よ
:
:
:
:
 
  
ク
ラ
ス
の
女
子
か
ら
ず
っ
と
い
じ
め
を
受
け
て
い
る
ん
だ
よ
 °
  
 
あ
あ
 
葵
∧
あ
お
い
∨
ち
ゃ
ん
に
和
哉
∧
か
ず
や
∨
君
 °
茜
が
  
 
美
樹
ち
ゃ
ん
 
こ
の
子
 
ど
う
し
た
の
?
 
  
 
  
ラ
ス
で
の
親
友
で
あ
る
 °
  
声
を
か
け
た
の
は
二
人
の
男
女
で
あ
る
 °
彼
等
こ
そ
が
美
樹
の
ク
  
 
す
る
と
 
美
樹
の
友
人
が
彼
女
に
声
を
か
け
て
き
た
の
で
あ
る
 °

   

  
え
抜
く
と
こ
ろ
が
茜
の
忍
耐
力
の
凄
さ
で
あ
る
 °
  
て
い
た
の
で
あ
る
 °
苦
し
く
て
も
 
哀
し
く
て
も
 
最
後
ま
で
耐
  
抗
も
せ
ず
 
ず
っ
と
苛
め
ら
れ
て
い
る
の
に
も
拘
ら
ず
我
慢
を
し
  
ど
ん
な
い
じ
め
を
受
け
て
い
て
も
ず
っ
と
我
慢
を
し
て
き
た
 °
  
 
茜
は
黙
っ
た
ま
ま
縦
に
首
を
振
っ
た
 °
そ
う
 
茜
は
こ
れ
ま
で
  
 
  
 
ね
ぇ
 
茜
ち
ゃ
ん
 °
大
丈
夫
な
の
?
 
辛
く
な
い
?
 
  
 
  
 
和
哉
は
茜
に
心
配
そ
う
に
声
を
か
け
る
 °
彼
の
声
も
高
め
だ
 °
  
か
っ
た
の
で
あ
る
 °
  
く
 °
当
然
 
和
哉
と
葵
は
茜
が
苛
め
ら
れ
て
い
る
事
す
ら
知
ら
な
  
葵
は
驚
き
を
露
に
し
な
が
ら
言
い
 
あ
ん
ぐ
り
と
口
を
大
き
く
開
  
茜
ち
ゃ
ん
が
其
処
ま
で
さ
れ
て
し
ま
う
な
ん
て
:
:
:
:
!
 
と
  
二
人
は
驚
き
を
露
に
し
て
い
た
の
で
あ
る
 °
 
ま
さ
か
:
:
:
:
  
 
す
る
と
美
樹
は
葵
と
和
哉
に
茜
か
ら
聞
い
た
事
を
全
て
話
す
と
 
  
 
  
い
る
た
め
 
女
と
間
違
え
ら
れ
や
す
い
の
で
あ
る
 °
  
 
ま
た
 
和
哉
は
男
な
の
に
女
の
よ
う
な
美
し
い
顔
立
ち
を
し
て
  
性
に
は
優
し
い
の
で
あ
る
 °
  
る
 
天
才
 
な
の
だ
 °
ま
た
 
紳
士
的
な
性
格
で
あ
る
た
め
 

   

  
 
  
の
言
動
を
振
り
返
っ
て
み
る
 °
  
 
司
の
言
動
や
行
動
に
重
い
罅
が
入
っ
て
し
ま
っ
た
の
だ
 °
彼
女
  
の
鬱
に
な
る
の
だ
ろ
う
 °
  
な
行
為
を
受
け
て
し
ま
っ
て
は
普
通
の
人
は
立
ち
直
れ
な
い
ほ
ど
  
ぼ
し
て
い
る
に
違
い
な
い
 °
我
慢
強
い
茜
で
も
 
其
処
ま
で
残
虐
  
の
は
相
当
司
達
に
苛
め
ら
れ
て
精
神
的
に
大
き
な
ダ
メ
|
ジ
を
及
  
 
や
は
り
 
茜
の
顔
が
笑
っ
て
い
て
も
目
が
死
ん
で
い
る
と
い
う
  
 
  
か
ら
:
:
:
:
 
  
 
う
ん
:
:
:
:
大
丈
夫
だ
よ
 °
う
ち
 
そ
う
い
う
の
慣
れ
て
る
  
 
  
樹
達
に
見
せ
た
 °
  
 
茜
は
顔
は
笑
っ
て
い
て
も
目
が
死
ん
で
い
る
よ
う
な
表
情
で
美
  
殺
を
す
る
と
い
っ
た
行
動
が
多
い
だ
ろ
う
 °
  
ろ
う
 °
あ
る
い
は
 
ニ
ュ
|
ス
で
よ
く
あ
る
よ
う
に
不
登
校
や
自
  
き
な
ダ
メ
|
ジ
を
受
け
て
し
ま
い
 
鬱
病
に
な
っ
て
し
ま
う
事
だ
  
今
ま
で
耐
え
抜
い
て
き
た
の
だ
 °
普
通
の
人
な
ら
ば
精
神
的
に
大
  
あ
る
 °
い
じ
め
を
受
け
て
い
て
も
 
辛
い
事
を
さ
れ
て
い
て
も
 
  
 
普
通
の
人
に
は
な
い
忍
耐
を
持
ち
 
今
ま
で
耐
え
て
き
た
の
で

   

  
 
:
:
:
:
:
:
:
:
 
  
茜
の
力
に
な
る
か
ら
:
:
:
:
 
  
 
茜
 
ず
っ
と
黙
っ
て
な
い
で
 
其
の
事
を
話
し
な
 °
あ
た
し
達
 
  
 
  
ね
た
 °
  
 
美
樹
は
茜
の
手
を
当
て
て
 
彼
女
に
い
じ
め
の
件
に
つ
い
て
訊
  
女
に
協
力
を
し
た
い
と
い
う
思
い
が
大
き
い
の
だ
 °
  
ろ
う
か
?
 
も
し
 
茜
が
辛
い
と
思
っ
た
と
き
に
は
美
樹
達
は
彼
  
い
る
か
ら
い
い
と
思
う
の
だ
が
:
:
:
:
本
当
に
大
丈
夫
な
の
だ
  
 
し
か
し
 
い
じ
め
を
受
け
て
い
た
茜
は
 
大
丈
夫
 
と
言
っ
て
  
い
事
に
な
る
の
で
あ
る
 °
  
け
て
い
た
の
で
あ
る
 °
と
て
も
辛
い
事
に
な
る
だ
ろ
う
し
 
哀
し
  
彼
女
は
司
の
言
葉
を
受
け
て
 
精
神
的
に
大
き
な
シ
ョ
ッ
ク
を
受
  
た
に
違
い
な
い
 °
普
通
の
人
な
ら
ば
鬱
と
な
っ
て
不
登
校
に
な
る
 °
  
だ
け
で
ヘ
ド
が
出
る
 
と
い
う
言
葉
が
茜
の
心
を
深
く
突
き
刺
し
  
 
 
存
在
が
気
に
入
ら
な
い
 
 
 
目
障
り
だ
 
 
 
姿
を
見
る
  
 
  
ド
が
出
る
!
 
  
し
に
と
っ
て
あ
ん
た
は
目
障
り
な
存
在
だ
 °
姿
を
見
る
だ
け
で
ヘ
  
 
大
体
あ
ん
た
は
其
の
存
在
が
気
に
入
ら
な
い
ん
だ
よ
!
 
あ
た

   

  
込
ん
で
い
る
だ
け
だ
っ
た
の
で
あ
る
 °
  
泣
い
て
い
る
茜
の
傍
に
い
る
美
樹
 
和
哉
 
葵
は
た
だ
た
だ
黙
り
  
床
下
に
座
り
込
み
 
喘
ぎ
声
の
よ
う
な
声
を
発
し
て
泣
き
始
め
た
 °
  
輝
い
た
一
筋
の
涙
が
頬
に
伝
っ
た
 °
両
手
で
顔
を
覆
い
 
廊
下
の
  
 
話
し
て
い
く
う
ち
に
茜
の
目
か
ら
ぽ
ろ
ぽ
ろ
と
宝
石
の
よ
う
に
  
 
  
:
 
  
と
思
っ
た
の
 °
中
学
校
の
と
き
か
ら
そ
う
や
っ
て
う
ち
を
:
:
:
  
 
本
当
は
辛
い
:
:
:
:
辛
い
の
 °
で
も
 
ず
っ
と
耐
え
な
き
ゃ
  
 
:
:
:
:
:
:
:
:
 
  
を
殴
っ
た
り
 
箒
で
突
っ
つ
い
た
り
し
て
ね
:
:
:
:
 
  
ち
を
蹴
飛
ば
し
た
り
し
て
:
:
:
:
其
れ
か
ら
教
室
の
椅
子
で
頭
  
 
例
え
ば
 
う
ち
の
胸
を
鷲
掴
み
に
し
た
り
 
揺
ら
し
た
り
 
  
と
連
れ
の
女
子
に
い
じ
め
ら
れ
て
い
る
ん
だ
 °
  
そ
う
思
っ
た
ん
だ
 °
う
ち
 
今
も
そ
う
だ
け
ど
五
十
嵐
 
司
さ
ん
  
 
:
:
:
:
ず
っ
と
言
わ
な
か
っ
た
ん
だ
け
ど
何
時
か
話
そ
う
と
  
 
  
の
で
あ
る
 °
い
じ
め
の
件
の
こ
と
も
全
て
を
話
し
た
 °
  
 
茜
は
口
ご
も
っ
た
ま
ま
暫
く
す
ぎ
た
後
 
そ
し
て
口
を
開
い
た
  
 

























   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
せ
ん
か
?
  
|
|
其
の
傷
つ
い
た
体
と
心
を
癒
し
て
も
ら
え
る
も
の
は
あ
り
ま
  
 
  
 
  
 
  
 
  
ど
の
限
界
に
達
し
て
い
る
の
だ
 °
  
 
普
通
の
人
な
ら
現
実
逃
避
を
し
た
い
ほ
ど
 °
自
殺
を
し
た
い
ほ
  
い
た
 °
  
差
し
伸
べ
た
い
ほ
ど
に
も
う
精
神
的
な
ダ
メ
|
ジ
を
酷
く
な
っ
て
  
茜
は
辛
く
て
も
其
処
ま
で
我
慢
を
し
て
い
る
の
だ
 °
そ
っ
と
手
を
  
 
こ
ん
な
に
も
辛
い
思
い
を
し
て
い
る
の
に
 
こ
の
少
女
は
|
|

  > ≫