り
は
な
か
っ
た
 °
  
し
か
し
な
ん
だ
か
ん
だ
二
人
は
大
の
親
友
で
あ
っ
た
こ
と
に
変
わ
  
茜
 °
後
者
が
牡
丹
だ
っ
た
訳
で
あ
る
 °
  
の
欲
求
と
相
手
の
欲
求
を
鑑
み
た
と
き
に
 
前
者
を
取
っ
た
の
が
  
っ
ち
か
っ
て
い
う
と
貧
乳
さ
ん
が
お
好
み
だ
っ
た
ら
し
い
 °
自
分
  
こ
の
こ
ろ
の
ク
ラ
ス
の
牡
丹
が
気
に
な
っ
て
い
た
男
の
子
は
 
  
こ
と
と
 
こ
の
こ
ろ
の
女
の
子
は
胸
よ
り
恋
で
あ
っ
た
 °
  
と
い
う
よ
り
も
 
茜
の
深
い
胸
に
対
す
る
愛
情
に
敵
わ
な
か
っ
た
  
  
わ
ず
か
二
か
月
で
挫
折
 °
  
  
る
!
と
い
う
淡
い
夢
を
抱
い
た
が
 
  
た
と
え
親
の
遺
伝
子
が
ど
う
で
あ
れ
 
巨
乳
に
な
る
こ
と
が
出
来
  
か
つ
て
茜
と
一
緒
に
 
巨
乳
愛
好
会
 
を
設
置
し
た
女
の
子
 °
  
  
新
井
 
牡
丹
 °
  
  
ま
た
た
び
 
作
  
乳
神
様
コ
ン
ト
ロ
|
ラ
|
 
1
8
話












≪ <  

  
な
ん
か
テ
ン
シ
ョ
ン
が
低
い
 °
  
  
な
あ
:
:
 °
 
  
 
ぐ
す
っ
:
:
な
ん
で
や
ね
ん
:
:
私
な
ん
か
悪
い
こ
と
し
た
か
  
  
最
悪
や
ん
け
 °
  
  
果
 
し
ぼ
む
の
は
お
腹
で
は
な
く
お
胸
 °
  
そ
し
て
そ
の
恐
怖
心
か
ら
な
ん
と
か
離
脱
し
よ
う
と
頑
張
っ
た
結
  
き
く
な
っ
た
お
腹
 °
  
と
か
冷
た
い
高
カ
ロ
リ
|
食
品
を
食
べ
す
ぎ
た
こ
と
で
一
回
り
大
  
真
夏
で
あ
る
こ
と
を
い
い
こ
と
に
か
き
氷
 
冷
や
し
中
華
 
素
麺
  
最
近
B
カ
ッ
プ
も
緩
く
な
っ
て
き
た
気
が
す
る
 °
  
と
い
う
エ
セ
関
西
弁
が
部
屋
中
に
こ
だ
ま
す
る
 °
  
  
 
う
が
|
!
!
!
お
っ
ぱ
い
お
お
き
ゅ
う
な
り
た
い
わ
|
!
!
!
 
  
  
で
:
:
 °
  
と
い
う
と
 
よ
う
は
そ
の
こ
ろ
の
欲
求
が
ぶ
り
返
し
て
き
た
わ
け
  
そ
し
て
な
ぜ
牡
丹
が
久
し
ぶ
り
に
茜
の
こ
と
を
思
い
出
し
た
の
か

   

  
ろ
な
ぁ
:
:
∨
 
  
 
∧
ど
う
し
て
女
の
体
っ
て
う
ま
く
い
い
ス
タ
イ
ル
に
な
ら
ん
や
  
  
ン
ツ
を
脱
い
で
 
心
な
し
か
緩
く
な
っ
た
ブ
ラ
を
外
す
 °
  
そ
う
考
え
 
下
着
も
脱
ぎ
始
め
る
 °
心
な
し
か
き
つ
く
感
じ
る
パ
  
な
ん
だ
か
考
え
す
ぎ
か
な
:
:
  
  
 
ま
 
気
の
せ
い
か
:
:
 
  
  
ま
る
で
監
視
さ
れ
て
い
る
よ
う
な
:
:
  
な
に
か
背
中
に
視
線
を
感
じ
る
 °
  
  
 
な
ん
か
 
誰
か
に
見
ら
れ
て
い
る
よ
う
な
:
:
気
の
せ
い
か
?
 
  
  
し
か
し
 
そ
こ
で
彼
女
は
何
か
部
屋
に
違
和
感
を
覚
え
る
 °
  
脱
衣
所
で
服
を
脱
ご
う
と
す
る
牡
丹
 °
  
  
体
調
が
良
く
な
い
と
き
は
寝
る
の
に
限
る
 °
  
に
入
っ
て
寝
よ
う
 °
  
も
う
こ
の
ま
ま
起
き
て
も
仕
方
が
な
い
の
で
 
と
っ
と
と
お
風
呂

   

  
牡
丹
の
お
椀
 
も
と
い
 
お
っ
ぱ
い
が
激
し
く
打
ち
震
え
る
 °
  
  
 
ふ
ぅ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
!
?
 
  
 
プ
ル
ン
ッ
プ
ル
ゥ
ウ
ン
ッ
!
!
 
  
  
さ
て
 
体
で
も
洗
:
:
  
牡
丹
は
気
分
転
換
す
る
の
は
異
常
に
早
い
ら
し
い
 °
  
  
 
∧
な
ん
か
 
悩
む
の
も
馬
鹿
馬
鹿
し
い
わ
!
∨
 
  
  
そ
う
す
る
と
今
ま
で
の
悩
み
や
背
筋
の
悪
寒
も
す
ぐ
に
な
く
な
る
 °
  
熱
を
帯
び
て
血
行
が
良
く
な
っ
た
の
か
 
頭
の
回
転
も
良
く
な
る
 °
  
で
ほ
ん
の
り
熱
を
帯
び
る
 °
  
そ
れ
を
頭
か
ら
被
る
牡
丹
 °
ち
ょ
っ
と
あ
っ
た
か
い
お
湯
の
お
陰
  
変
わ
る
 °
  
シ
ャ
ワ
|
 
最
初
は
冷
た
か
っ
た
が
 
す
ぐ
に
人
並
み
の
水
温
に
  
シ
ャ
ワ
|
ル
|
ム
に
向
か
い
 
シ
ャ
ワ
|
を
出
す
 °
  
の
女
の
子
は
気
に
な
る
ら
し
い
 °
  
別
に
そ
ん
な
こ
と
は
な
く
 
牡
丹
の
考
え
す
ぎ
な
の
だ
が
 
年
頃
  


























   

  
い
っ
ぱ
い
に
い
い
い
ぃ
ぃ
!
!
 
  
 
い
っ
や
あ
あ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
あ
あ
!
い
っ
き
ぃ
に
ぃ
!
!
?
増
え
て
 
  
 
グ
グ
グ
ゥ
ッ
!
!
!
タ
ッ
プ
ゥ
ン
!
!
ブ
リ
ュ
リ
ュ
ン
!
!
 
  
  
は
真
っ
赤
に
な
り
な
が
ら
 
乳
首
自
身
も
大
き
さ
を
増
し
て
い
く
 °
  
乳
首
が
ド
ン
ド
ン
視
界
の
上
の
方
に
伸
び
て
い
き
 
同
時
に
乳
首
  
プ
ン
タ
プ
ン
な
柔
ら
か
さ
を
持
ち
始
め
る
 °
  
重
み
を
持
っ
た
お
っ
ぱ
い
は
前
に
前
に
伸
び
て
い
き
 
同
時
に
タ
  
お
椀
だ
っ
た
お
っ
ぱ
い
は
一
気
に
体
か
ら
せ
り
出
し
て
く
る
 °
  
  
ぱ
:
:
は
ぐ
ぅ
う
!
?
 
  
 
お
っ
き
:
:
お
っ
き
く
な
っ
と
る
ぅ
!
?
あ
た
し
の
:
:
お
っ
  
 
ビ
ク
ッ
!
ビ
ク
ッ
!
!
ム
ク
!
グ
グ
グ
グ
グ
:
:
 
  
  
打
ち
震
え
る
速
度
は
グ
ン
グ
ン
上
昇
し
て
:
:
  
  
 
ひ
ぐ
う
う
う
う
う
う
う
う
う
う
!
?
 
  
 
プ
ル
ゥ
ン
!
!
プ
ル
ル
ル
ル
ル
ル
ル
ル
!
 
  
  
乳
首
も
急
激
に
そ
の
身
を
強
張
ら
せ
 
ピ
|
ン
と
そ
そ
り
立
つ
 °

   

  
  
そ
こ
に
あ
る
の
は
シ
ャ
ワ
|
の
ホ
|
ス
と
鏡
 °
  
余
り
の
重
さ
か
 
前
に
倒
れ
る
 °
  
ま
っ
た
牡
丹
の
お
っ
ぱ
い
 °
  
す
っ
か
り
富
士
山
を
超
え
て
エ
ベ
レ
ス
ト
級
の
高
山
に
な
っ
て
し
  
  
い
い
い
!
!
!
 
  
 
は
ふ
ぅ
う
う
う
う
う
う
う
う
!
!
!
お
っ
き
い
お
っ
ぱ
い
い
い
  
 
ム
グ
グ
グ
:
:
バ
リ
ュ
ウ
ゥ
ゥ
ウ
ウ
ン
!
!
 
  
  
揺
れ
ま
く
る
 °
  
首
の
あ
る
先
端
が
プ
ル
ン
ブ
ル
ン
!
と
上
下
左
右
 
縦
横
無
尽
に
  
こ
の
牡
丹
の
釣
鐘
型
の
お
っ
ぱ
い
な
せ
い
か
 
震
え
る
た
び
に
乳
  
た
の
は
 
こ
の
た
め
か
も
し
れ
な
い
 °
  
ち
ょ
っ
と
小
さ
く
な
っ
た
だ
け
で
牡
丹
が
小
さ
く
な
っ
た
と
思
っ
  
大
化
し
た
よ
う
に
見
え
る
 °
  
な
の
で
 
ち
ょ
っ
と
お
っ
き
く
な
る
と
 
視
覚
的
に
は
一
気
に
巨
  
出
て
い
る
タ
イ
プ
の
お
っ
ぱ
い
 °
  
元
々
 
牡
丹
の
お
っ
ぱ
い
は
釣
鐘
の
よ
う
に
ボ
|
ン
と
横
に
突
き
  


























   

  
て
し
ま
う
 °
  
思
わ
ず
尻
も
ち
を
つ
き
そ
う
に
な
り
 
ず
る
ず
る
と
膝
か
ら
倒
れ
  
  
 
ひ
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
:
:
 
  
  
す
っ
か
り
火
照
っ
た
体
に
も
は
や
痛
み
す
ら
覚
え
る
感
覚
 °
  
た
感
覚
 °
  
す
っ
か
り
敏
感
に
な
っ
て
る
お
っ
ぱ
い
突
然
来
る
ヒ
ン
ヤ
リ
と
し
  
  
 
あ
ぐ
ぅ
う
う
!
?
 
  
  
風
船
を
壁
に
押
し
付
け
た
よ
う
に
凹
む
 °
  
張
り
つ
め
た
牡
丹
の
乳
房
は
鏡
に
当
た
っ
て
パ
ン
パ
ン
に
張
っ
た
  
  
 
う
っ
く
ぅ
う
ぁ
あ
あ
!
!
?
 
  
 
グ
ニ
ュ
ウ
ウ
ウ
ウ
ウ
ウ
ゥ
ゥ
ゥ
ゥ
ゥ
ゥ
:
:
 
  
  
そ
し
て
そ
の
ま
ま
鏡
に
お
っ
ぱ
い
が
激
突
 °
  
シ
ャ
ワ
|
の
ホ
|
ス
を
綺
麗
に
包
み
込
む
 °
  
 
ズ
ブ
リ
ュ
ウ
!
!
 
と
す
っ
か
り
巨
大
化
し
た
牡
丹
の
爆
乳
は

   

  
そ
の
感
覚
は
徐
々
に
徐
々
に
大
き
く
な
っ
て
い
っ
て
:
:
  
な
に
か
出
て
き
そ
う
な
 
で
も
出
し
た
く
な
い
よ
う
な
感
覚
 °
  
何
か
こ
そ
ば
ゆ
い
感
覚
が
乳
首
に
あ
る
か
ら
だ
 °
  
し
か
し
そ
れ
は
巨
大
化
し
た
乳
首
が
恥
ず
か
し
い
の
で
は
な
く
 
  
す
っ
か
り
巨
大
化
し
た
そ
れ
を
見
て
身
も
だ
え
る
牡
丹
 °
  
  
 
あ
 
あ
あ
ぁ
:
:
 
  
  
い
が
あ
り
そ
う
だ
 °
  
お
っ
き
く
な
っ
た
乳
輪
の
上
に
く
っ
つ
い
て
い
る
 
し
ゃ
ぶ
り
が
  
す
る
と
 
さ
っ
き
よ
り
も
二
回
り
膨
張
し
た
乳
首
が
 
こ
れ
ま
た
  
急
い
で
重
心
を
ず
ら
し
て
 
鏡
か
ら
胸
を
離
す
 °
  
  
 
  
 
ひ
ゃ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
!
!
!
い
ぃ
た
い
い
い
い
い
い
い
!
!
!
  
  
ら
か
い
乳
肉
で
は
な
く
 
固
ま
っ
た
乳
首
で
あ
っ
た
 °
  
擦
れ
て
し
ま
う
わ
け
で
 
そ
こ
で
一
番
摩
擦
を
受
け
た
の
は
 
  
牡
丹
の
お
っ
ぱ
い
は
ガ
ラ
ス
に
く
っ
つ
い
た
ま
ま
 
上
か
ら
下
に
  
当
然
 
そ
う
す
る
と
重
心
が
乗
っ
て
い
る
の
は
鏡
の
方
な
の
で
 

   

  
乳
首
が
迫
り
く
る
何
か
の
た
め
に
そ
の
身
を
振
動
さ
せ
て
:
:
  
  
て
る
の
が
わ
か
る
ぅ
っ
!
!
!
 
  
 
ひ
 
ひ
ぃ
!
?
出
て
く
る
!
?
わ
か
る
っ
!
わ
か
る
っ
!
!
来
  
 
ム
ギ
ュ
ウ
:
:
ビ
ク
ッ
!
!
ビ
ク
ビ
ク
ビ
ク
ゥ
ウ
!
!
!
 
  
  
け
で
快
感
が
湧
い
て
く
る
 °
  
ま
だ
挟
ま
っ
て
い
た
シ
ャ
ワ
|
の
ホ
|
ス
に
乳
房
を
擦
ら
せ
る
だ
  
 
ん
ん
:
:
挟
ま
っ
て
る
の
:
:
え
え
ぇ
:
:
 
  
 
ス
リ
ス
リ
ス
リ
:
:
 
  
  
爆
乳
を
揉
み
し
だ
き
な
が
ら
悶
え
る
牡
丹
 °
  
 
は
っ
:
:
は
っ
:
:
い
い
:
:
い
い
ぃ
:
:
 
  
 
モ
ミ
ュ
モ
ミ
ュ
:
:
グ
ニ
ュ
ウ
ウ
ウ
!
:
:
 
  
  
何
か
を
出
し
た
く
て
た
ま
ら
な
い
  
て
な
ぁ
:
:
 
  
 
何
か
:
:
で
て
く
る
ぅ
:
:
切
な
い
や
ん
け
ぇ
:
:
は
よ
 
  
 
ム
ミ
ュ
ウ
:
:
モ
モ
モ
モ
モ
:
:
 
  


























   

  
 
ふ
ふ
ふ
ふ
ふ
:
:
:
:
:
:
 °
 
  
  
_
_
_
_
_
_
  
_
_
_
_
_
_
_
_
_
_
_
_
_
_
_
_
_
_
_
_
_
_
_
_
_
  
  
て
し
ま
っ
た
:
:
 °
  
そ
ん
な
映
像
を
み
な
が
ら
 
牡
丹
は
す
っ
か
り
母
乳
の
虜
に
な
っ
  
あ
た
り
一
面
を
白
濁
ま
み
れ
に
し
て
し
ま
う
 °
  
ぼ
れ
る
 °
  
す
っ
か
り
巨
大
化
し
た
爆
乳
の
先
端
か
ら
大
量
の
母
乳
が
吹
き
こ
  
  
!
!
 
  
 
あ
ぐ
う
う
う
う
う
う
う
う
う
う
う
う
う
う
う
う
う
う
う
う
う
う
!
!
  
  
  
ウ
ウ
ウ
ウ
ウ
ウ
ウ
ウ
!
!
!
!
 
  
 
ブ
ル
ル
ル
ル
ッ
!
!
ブ
リ
ュ
ン
!
ゴ
ゴ
ッ
ゴ
:
:
ブ
シ
ュ
ウ
ウ
  
  
!
!
!
!
 
  
 
き
て
っ
!
!
き
て
き
て
き
て
ぇ
え
え
え
え
え
え
え
え
え
え
え
え
!
!

   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
そ
し
て
茜
は
更
な
る
標
的
を
選
ぶ
の
で
あ
っ
た
:
:
  
  
だ
感
じ
だ
わ
:
:
げ
へ
へ
 °
 
  
 
面
白
い
な
あ
こ
の
カ
メ
ラ
 °
な
ん
か
さ
ら
に
神
様
に
一
歩
進
ん
  
  
そ
の
笑
み
は
も
は
や
悪
役
の
そ
れ
で
あ
る
 °
  
カ
メ
ラ
の
映
像
を
見
な
が
ら
ほ
く
そ
笑
む
茜
 °
  


























  > ≫