君の乳は 〜会社員〜

またたび 作
Copyright 2016 by Matatabi All rights reserved.

「どうなってるのぉ…」

まぁ、邪魔だな。と思ったことは多々ある。
なくなってしまえと思ったことは、結構、両手で数えられるぐらいはある。
しかし、実際になくなるとは思わないじゃん?
いや、絶望ではないけど…希望でもないっていうか…なら普通なのかな?

「いやいや!なに考えてるんだ私は!?」

頭がこんがらがってきた。
つまり、あれ?一夜にして、あんだけあったおっぱいが一気に退化したってこと?
それとも、私が寝ている間に、マフィアとかなんかがきて、私のおっぱい体から抜いて、誰かに提供したとか?
それとも、黒い服の男から毒薬でも盛られて、胸だけ縮んでしまったのか?胸だけ子供?

(………)

考えるだけ時間の無駄だな…
でも、こんなになっちゃったから、どうしよう…。
昨日まで巨乳だったひとが、いきなり成長期のおっぱいに逆戻り、なんて、誰が信じる?
大方、『縮乳手術っすか!?』みたいで、社内で噂になるにちがいないな…。

「……」

よし、隠そう。
運よく社員服はウチにはない。スーツOKだ。
なにかタオルでもなんでも詰め込んでおこう。
それを毎日徐々に減らしていけば、自然にみんなこの胸に慣れる。はず。

「まったく…小さくなるなら、段階踏んでよね…。」

ため息をつきながら、すっかり控えめになったおっぱいを触る。
なんか、これ、中学校くらいの頃だよね。なんかやっと張りつめてきました、て感じ。
今になったら慣れてた快感よりかは、思春期特有のちょっと痛みを含んだ快感。
なんか、懐かしいな、こんな感触。

あれ、いつごろのおっぱいだっけな、この感覚。なんかさっき中学校とか言ってたけど、もうちょっと若くなかったっけ?記憶にないな…。

「ま、いいや…いくか!会社」

と自分に渇を入れて、下着やブラウスの準備。さて、何を入れようか…。