フ
ン
:
:
雑
魚
が
 °
何
を
押
さ
れ
て
い
る
 °
 
  
  
気
力
を
吸
い
取
り
き
る
前
に
自
分
の
気
力
が
尽
き
て
し
ま
う
 °
  
魔
剣
が
少
し
ず
つ
気
力
を
吸
い
取
っ
て
い
る
が
 
こ
の
ま
ま
で
は
  
ガ
ツ
ン
と
君
を
押
す
 °
  
な
ん
と
 
女
剣
士
は
巨
大
な
剣
を
い
と
も
容
易
く
扱
い
 
ガ
ツ
ン
  
か
く
し
て
試
合
は
始
ま
っ
た
 °
  
  
 
ふ
ふ
ふ
:
:
面
白
い
:
:
口
だ
け
で
は
な
い
の
だ
ろ
う
な
?
 
  
 
さ
ぁ
 
そ
の
魔
剣
ご
と
叩
き
き
っ
て
や
る
!
!
 
  
  
ど
の
剛
腕
と
思
え
る
 °
  
身
の
丈
ほ
ど
の
巨
大
な
刀
 °
こ
ん
な
大
剣
を
扱
え
る
と
は
 
よ
ほ
  
そ
し
て
 
そ
の
噂
を
聞
い
た
一
人
の
女
剣
士
が
立
ち
は
だ
か
っ
た
 °
  
  
勿
論
 
悪
評
で
あ
る
 °
  
先
の
事
件
で
君
は
す
っ
か
り
有
名
に
な
っ
た
ら
し
い
 °
  
  
ま
た
た
び
 
作
  
復
活
す
る
魔
剣
 
弐
話

















≪ <  

  
し
か
し
 
切
っ
た
後
か
ら
 
何
か
湯
気
の
よ
う
な
紫
色
の
蒸
気
が
  
一
つ
つ
か
な
い
 °
  
ス
パ
ァ
ア
ア
ア
ン
!
!
と
音
が
鳴
る
が
 
女
剣
士
の
胸
元
に
は
傷
  
  
ド
で
女
剣
士
の
胸
元
を
叩
き
切
る
 °
  
と
言
っ
た
が
最
後
 
両
腕
が
魔
剣
に
操
ら
れ
 
凄
ま
じ
い
ス
ピ
|
  
 
お
前
:
:
あ
の
憎
き
一
族
の
子
孫
か
っ
!
?
 
  
  
 
こ
の
太
刀
筋
:
:
誰
か
に
似
て
い
る
と
思
っ
た
ら
:
:
 
  
と
 
ふ
と
 
魔
剣
が
声
を
出
す
 °
  
 
こ
い
つ
:
:
 
  
  
咄
嗟
の
出
来
事
に
対
処
し
き
れ
な
い
女
剣
士
 °
  
 
な
 
な
ん
だ
:
:
今
の
力
は
:
:
っ
?
 
  
抜
け
 
飛
ん
で
行
っ
た
大
剣
は
 
深
く
地
面
に
突
き
刺
さ
っ
た
 °
  
こ
れ
が
魔
剣
の
力
な
の
か
 °
彼
女
の
手
か
ら
巨
大
な
剣
は
す
っ
ぽ
  
か
 °
  
な
ん
と
女
剣
士
の
大
剣
を
い
と
も
容
易
く
払
い
の
け
た
で
は
な
い
  
に
か
と
て
つ
も
な
い
力
が
宿
っ
た
感
触
を
覚
え
る
 °
  
す
る
と
 
魔
剣
が
怪
し
く
光
り
始
め
る
 °
同
時
に
自
分
の
腕
に
な

   

  
 
い
:
:
痛
い
い
い
い
い
い
い
い
い
!
!
こ
ん
な
に
胸
が
張
る
な
  
  
ボ
ゴ
ォ
:
:
ミ
チ
ミ
チ
ィ
:
:
ブ
ル
ル
ル
ン
ッ
!
!
!
!
  
  
あ
る
 °
そ
れ
を
い
ま
 
急
速
に
失
い
つ
つ
あ
る
の
だ
か
ら
 °
  
そ
れ
も
そ
う
だ
ろ
う
 °
剣
士
に
と
っ
て
身
軽
さ
が
重
要
な
要
素
で
  
勇
敢
な
姿
で
は
な
く
 
絶
望
に
う
ち
ひ
し
が
れ
た
よ
う
な
声
で
 °
  
自
分
の
変
化
に
気
づ
い
た
女
剣
士
が
叫
ぶ
 °
し
か
し
 
先
ほ
ど
の
  
お
!
!
!
 
  
 
う
ぅ
あ
っ
:
:
な
ん
だ
:
:
こ
れ
っ
は
ぁ
!
?
:
:
っ
止
め
ろ
  
  
ま
る
で
中
身
に
あ
る
何
か
が
急
激
に
増
加
し
て
い
る
か
の
よ
う
だ
 °
  
起
す
る
 °
  
彼
女
の
筋
肉
質
な
胸
元
∧
豊
か
と
は
言
っ
て
い
な
い
∨
が
歪
に
蜂
  
ム
グ
グ
:
:
モ
ゴ
ゴ
ォ
オ
!
!
ボ
ク
ン
ッ
!
!
ム
ク
ク
ゥ
:
:
と
  
徐
々
に
そ
の
封
印
は
解
け
始
め
る
 °
  
女
剣
士
も
そ
の
変
化
に
気
づ
く
が
 
も
う
遅
い
 °
  
 
う
:
:
ぐ
ぁ
:
:
な
 
な
ん
だ
:
:
こ
れ
は
ぁ
?
 
  
  
出
て
く
る
 °





















   

  
ム
グ
グ
:
:
モ
グ
ッ
ム
ク
ゥ
!
?
と
張
り
つ
め
る
乳
房
 °
女
剣
士
  
剣
な
ん
て
ぇ
:
:
ひ
ぐ
ぅ
う
!
?
 
  
 
う
 
ぐ
:
:
そ
ん
な
ぁ
:
:
こ
ん
な
の
が
あ
っ
た
ら
:
:
も
う
  
  
程
度
の
刀
な
ら
弾
き
飛
ば
せ
そ
う
だ
 °
  
ん
で
お
り
 
外
か
ら
見
て
も
わ
か
る
ほ
ど
張
り
つ
め
て
い
る
 °
  
っ
張
っ
た
釣
り
鐘
型
に
な
っ
た
 °
そ
の
身
に
は
毛
細
血
管
が
浮
か
  
す
る
が
 
そ
の
身
は
全
く
垂
れ
る
こ
と
が
な
く
 
横
に
ド
ン
と
突
  
メ
コ
メ
コ
:
:
ム
グ
グ
グ
グ
ゥ
ウ
!
!
!
と
更
に
乳
房
は
巨
大
化
  
:
こ
ん
 
な
ぁ
あ
!
?
 
  
 
う
あ
あ
ぁ
あ
あ
あ
あ
 
も
う
:
:
や
め
ろ
ぉ
!
?
こ
ん
な
ぁ
:
  
  
す
さ
ま
じ
い
乳
房
だ
 °
  
張
り
つ
め
た
結
果
 
所
有
者
に
さ
え
痛
み
を
覚
え
さ
せ
る
と
は
 
  
乳
腺
が
び
っ
し
り
と
敷
き
詰
め
ら
れ
て
い
る
の
だ
ろ
う
 °
限
界
に
  
理
や
り
爆
乳
の
く
っ
つ
け
た
よ
う
な
も
の
 
中
に
は
膨
大
な
量
の
  
ま
る
で
爆
弾
の
よ
う
だ
 °
一
切
の
無
駄
な
脂
肪
の
な
い
体
に
 
  
一
段
と
パ
ン
パ
ン
に
張
り
つ
め
て
い
る
 °
  
こ
の
女
剣
士
の
乳
房
は
 
ど
う
も
前
の
巫
女
の
乳
房
と
は
違
い
 
  
ん
て
:
:
つ
う
ぅ
う
う
う
う
う
!
!
 











   

  
ビ
ク
ゥ
ウ
!
!
!
と
こ
れ
ま
た
限
界
に
張
り
つ
め
た
乳
房
の
先
端
 
  
 
さ
て
 
力
を
返
し
て
も
ら
お
う
 
  
  
剣
が
如
く
 
重
力
に
逆
ら
い
 
そ
び
え
た
っ
て
い
る
 °
  
そ
の
乳
房
は
彼
女
が
倒
れ
て
い
る
の
に
も
関
わ
ら
ず
 
ま
る
で
大
  
で
 
彼
女
の
乳
房
は
ぱ
ん
ぱ
ん
に
な
っ
て
い
る
 °
  
も
は
や
空
気
に
触
れ
て
い
る
だ
け
で
も
痛
み
を
感
じ
る
ほ
ど
に
ま
  
 
  
 
い
 
い
た
い
 
胸
が
:
:
張
り
裂
け
そ
う
だ
:
:
つ
ぅ
う
う
っ
!
?
  
  
た
の
だ
ろ
う
 °
  
魔
剣
が
五
月
蠅
い
ほ
ど
に
騒
ぎ
立
て
る
 °
よ
ほ
ど
封
印
が
嫌
だ
っ
  
だ
は
は
は
は
!
!
 
  
あ
ま
り
 
歩
く
こ
と
も
で
き
ぬ
か
も
な
ぁ
!
?
は
|
っ
は
は
は
!
!
  
 
ふ
は
は
は
は
は
は
!
!
!
そ
れ
が
貴
様
の
真
の
姿
よ
!
痛
み
の
  
  
も
は
や
剣
を
構
え
る
こ
と
は
で
き
な
い
だ
ろ
う
 °
  
確
か
に
 
自
分
の
体
の
前
に
こ
ん
な
巨
大
な
乳
房
が
あ
っ
た
な
ら
 
  
か
っ
た
 °
  
は
泣
き
じ
ゃ
く
り
な
が
ら
自
分
の
体
の
変
化
を
見
る
し
か
で
き
な

   

  
  
勢
い
で
あ
る
 °
  
さ
の
も
の
な
ら
ば
 
そ
の
奔
流
に
よ
り
粉
々
に
砕
け
そ
う
な
ほ
ど
  
ま
る
で
滝
を
逆
向
き
に
し
た
か
の
よ
う
な
勢
い
で
 
並
大
抵
の
硬
  
出
て
く
る
 °
  
女
剣
士
の
悲
鳴
と
共
に
 
乳
首
か
ら
す
さ
ま
じ
い
勢
い
で
母
乳
が
  
あ
!
!
!
!
 
  
 
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
  
  
ア
!
!
!
!
!
!
!
!
  
モ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
:
:
ブ
シ
ョ
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
  
  
し
ゃ
に
な
っ
て
:
:
  
今
ま
で
に
な
い
痛
み
を
主
張
す
る
女
剣
士
 °
涙
で
顔
は
ぐ
し
ゃ
ぐ
  
い
っ
!
!
 
  
 
き
ゃ
あ
あ
あ
あ
ぁ
あ
あ
あ
!
?
い
だ
い
!
?
い
だ
い
い
い
い
い
  
  
た
げ
る
 °
  
ま
た
乳
首
そ
そ
り
立
ち
 
真
っ
赤
に
充
血
し
な
が
ら
そ
の
身
を
も
  
乳
首
が
蠢
く
 °




















   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
に
も
 
ど
う
で
も
い
い
よ
う
だ
 °
  
し
ば
ら
く
後
ろ
で
悲
鳴
が
聞
こ
え
る
が
 
も
は
や
君
に
も
 
魔
剣
  
  
の
た
め
 
迷
い
を
振
り
払
い
 
君
は
旅
立
つ
 °
  
そ
の
気
の
強
さ
に
 
一
瞬
恐
怖
を
覚
え
る
が
 
力
の
た
め
 
最
強
  
る
 °
  
そ
う
い
う
と
 
魔
剣
の
気
が
さ
ら
に
増
幅
さ
れ
る
の
を
君
は
感
じ
  
 
さ
て
:
:
あ
と
封
印
は
3
つ
:
:
 











  > ≫