優
勝
す
れ
ば
 
一
週
間
は
優
雅
に
暮
ら
せ
る
だ
け
の
資
金
が
手
に
  
し
か
し
そ
こ
で
 
君
は
い
い
催
し
を
見
つ
け
た
 °
剣
客
の
大
会
だ
 °
  
  
う
な
資
金
は
な
い
 °
  
も
必
要
最
低
限
の
資
金
し
か
な
い
 °
と
て
も
繁
華
街
で
遊
べ
る
よ
  
ふ
ら
ふ
ら
と
し
て
い
る
 
結
構
暇
で
あ
る
 °
剣
客
な
の
で
 
お
金
  
と
に
か
く
魔
剣
が
捜
索
し
て
い
る
間
 
暇
な
の
で
 
そ
こ
ら
辺
を
  
解
除
で
こ
こ
ま
で
で
き
る
よ
う
に
な
る
の
か
:
:
 °
  
と
 
魔
剣
は
な
ん
と
空
高
く
に
飛
び
た
っ
た
 °
さ
ら
な
る
封
印
の
  
 
お
前
は
そ
こ
ら
へ
ん
で
女
で
も
捕
ま
え
て
お
れ
 
  
  
結
局
は
魔
剣
任
せ
に
な
る
 °
  
し
か
し
 
君
は
封
印
の
一
族
に
関
し
て
は
何
も
知
ら
な
い
 
の
で
  
捜
索
を
し
て
い
た
 °
  
君
は
繁
華
街
で
の
多
く
の
情
報
を
入
手
し
て
 
次
な
る
封
印
一
族
  
  
次
に
君
は
繁
華
街
へ
向
か
っ
た
 °
  
  
ま
た
た
び
 
作
  
復
活
す
る
魔
剣
 
参
話

















≪ <  

  
お
互
い
に
驚
き
 
後
ず
さ
る
 °
  
す
る
と
 
上
空
か
ら
凄
ま
じ
い
勢
い
で
剣
が
降
っ
て
き
た
 °
  
  
こ
の
ま
ま
だ
と
 
押
し
負
け
る
:
:
  
ら
笑
い
な
が
ら
 
容
赦
な
い
攻
撃
を
与
え
て
く
る
 °
  
一
方
の
彼
女
は
 
息
を
あ
げ
る
ど
こ
ろ
か
 
ク
ス
ク
ス
 
と
せ
せ
  
す
 °
ま
る
で
す
べ
て
の
攻
撃
が
読
ま
れ
て
い
る
よ
う
だ
 °
  
全
く
ス
キ
が
な
い
ど
こ
ろ
か
 
ス
ラ
ス
ラ
と
君
の
剣
筋
を
躱
す
躱
  
し
か
し
 
こ
の
女
性
の
腕
前
は
本
物
で
あ
っ
た
 °
  
  
 
フ
フ
フ
:
:
お
手
柔
ら
か
に
 
お
願
い
し
ま
す
ね
?
 
  
  
剣
技
を
な
め
て
い
る
の
か
?
  
し
か
も
一
見
す
る
と
娼
婦
の
よ
う
な
 
雅
な
格
好
を
し
て
い
る
 °
  
そ
し
て
な
ん
と
 
決
勝
戦
で
の
相
手
は
女
性
だ
っ
た
 °
  
た
 °
  
君
は
そ
こ
そ
こ
に
強
い
剣
客
な
の
で
 
簡
単
に
決
勝
に
ま
で
進
め
  
  
こ
れ
は
参
加
す
る
ほ
か
な
い
 °
早
速
君
は
参
加
し
た
 °
  
入
る
 °























   

  
る
 °
  
魔
剣
は
そ
う
い
う
と
 
君
の
腕
を
操
り
 
大
き
く
振
り
か
ぶ
ら
せ
  
 
ク
ク
ク
:
:
な
か
な
か
や
る
じ
ゃ
あ
な
い
か
 °
 
  
力
が
上
が
っ
て
い
る
の
に
も
関
わ
ら
ず
 
と
ら
え
切
れ
な
い
 °
  
そ
れ
ど
こ
ろ
か
 
更
に
早
く
な
っ
て
い
る
 °
魔
剣
の
お
陰
で
君
の
  
し
か
し
 
真
剣
に
な
っ
た
と
て
 
彼
女
の
戦
闘
速
度
は
落
ち
な
い
 °
  
 
さ
ぁ
 
あ
の
女
を
や
れ
!
!
 
  
  
同
時
に
魔
剣
は
女
以
上
の
速
度
で
君
の
手
元
に
向
か
っ
て
く
る
 °
  
そ
う
い
う
と
 
凄
ま
じ
い
速
度
で
君
に
向
か
っ
て
く
る
 °
  
  
 
覚
悟
:
:
こ
こ
で
 
終
わ
ら
せ
る
!
!
 
  
  
そ
う
い
う
と
女
は
大
会
用
の
木
刀
で
は
な
く
 
真
剣
を
抜
く
 °
  
 
あ
ん
た
:
:
ま
さ
か
 
魔
剣
の
っ
!
?
 
  
ま
さ
か
 
こ
の
春
婦
の
よ
う
な
女
 
魔
剣
封
印
の
一
族
:
:
っ
!
?
  
  
 
見
つ
け
た
ぁ
:
:
こ
う
も
順
調
に
い
く
と
は
な
ぁ
あ
あ
:
:
 
  
  
そ
こ
に
は
よ
く
見
た
魔
剣
が
あ
る
で
は
な
い
か
 °







   

  
ム
ク
ム
ク
:
:
ム
ク
ク
ゥ
!
  
ム
グ
ッ
:
:
ボ
コ
ォ
!
?
バ
ル
ッ
ブ
ル
ル
:
:
ム
グ
ゴ
ゴ
ォ
オ
!
!
  
 
う
ぐ
っ
!
?
な
に
っ
!
?
胸
が
 
あ
つ
 
あ
つ
ぅ
い
!
!
 
  
当
然
 
女
に
は
傷
が
つ
か
な
い
 
代
わ
り
に
:
:
 °
  
  
ぶ
る
 °
ス
バ
ァ
ン
!
と
叩
き
切
る
 °
  
そ
の
隙
を
つ
い
て
 
魔
剣
が
君
の
腕
を
操
り
思
い
っ
き
り
振
り
か
  
  
れ
こ
む
 °
  
 
き
ゃ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
!
!
 
と
悲
鳴
を
上
げ
て
 
床
に
倒
  
け
れ
な
か
っ
た
 °
  
い
く
ら
彼
女
が
早
か
ろ
う
と
 
会
場
い
っ
ぱ
い
に
広
が
る
剣
は
避
  
と
 
剣
客
会
場
が
一
気
に
崩
れ
る
 °
  
ド
ガ
ァ
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ア
ン
!
!
!
!
  
  
そ
の
ま
ま
思
い
っ
き
り
魔
剣
を
振
り
落
と
す
 °
  
巨
大
で
あ
る
 °
  
そ
の
大
き
さ
は
 
剣
客
大
会
の
会
場
を
丸
ご
と
包
み
込
む
ほ
ど
に
  
と
い
う
と
 
な
ん
と
魔
剣
は
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
:
:
と
巨
大
化
し
た
!
  
 
な
ら
:
:
こ
れ
を
避
け
て
見
せ
よ
!
!
 









   

  
 
う
っ
:
:
戻
し
て
:
:
戻
し
て
よ
ぉ
!
!
こ
な
ん
じ
ゃ
も
う
:
  
所
が
な
い
 
と
い
っ
た
と
こ
ろ
か
 °
  
て
も
 
指
の
隙
間
か
ら
乳
肉
が
こ
ぼ
れ
出
て
 
ま
さ
し
く
 
掴
み
  
女
が
一
生
懸
命
着
物
に
胸
を
戻
そ
う
と
わ
し
づ
か
み
し
よ
う
と
し
  
着
物
か
ら
湧
き
出
て
き
た
乳
房
は
タ
プ
ン
タ
プ
ン
に
柔
ら
か
く
 
  
 
ひ
い
い
い
い
い
い
ぃ
!
!
こ
ん
な
っ
:
:
こ
ん
な
ぁ
あ
!
!
 
  
  
の
乳
房
 
も
う
君
は
三
度
も
み
て
い
る
 °
  
凄
ま
じ
い
大
き
さ
だ
 
こ
の
大
陸
で
二
度
も
見
れ
な
い
と
思
う
こ
  
ウ
ウ
ン
!
と
こ
ぼ
れ
出
た
 °
  
い
く
乳
房
に
さ
す
が
に
耐
え
ら
れ
な
く
な
り
 
着
物
か
ら
ブ
リ
ュ
  
プ
ヌ
プ
と
入
り
込
ん
で
く
る
 °
し
か
し
ど
ん
ど
ん
と
巨
大
化
し
て
  
る
と
い
う
よ
り
 
肉
が
動
い
て
 
少
し
で
も
容
量
の
あ
る
所
に
ヌ
  
着
物
か
ら
ム
ニ
ュ
ム
ニ
ュ
と
あ
ふ
れ
出
る
が
 
服
を
は
だ
け
さ
せ
  
ま
じ
い
柔
ら
か
さ
を
誇
っ
て
い
る
 °
  
か
つ
て
の
女
剣
士
と
は
う
っ
て
か
わ
っ
て
 
こ
の
女
の
乳
房
は
凄
  
ミ
チ
ミ
チ
と
肉
が
増
幅
さ
れ
る
 °
  
着
物
の
内
部
を
乳
房
が
蠢
く
 °
ま
っ
平
で
あ
っ
た
彼
女
の
胸
元
に
  
:
:
あ
た
し
の
体
が
ぁ
あ
!
!
!
 
  
 
ひ
ぐ
っ
!
う
っ
:
:
や
め
っ
:
:
い
や
ぁ
あ
あ
!
!
あ
た
し
の

   

  
も
出
し
て
 
女
の
乳
首
付
近
を
い
た
ぶ
る
 °
  
そ
う
い
っ
て
魔
剣
は
 
今
度
は
自
身
の
刀
身
か
ら
細
い
管
を
何
本
  
  
 
な
ん
だ
 
な
ぜ
出
な
い
?
早
く
出
せ
!
!
 
  
  
ま
さ
か
陥
没
し
て
い
る
と
 
出
る
も
の
も
出
な
い
の
か
?
  
よ
く
見
て
み
る
と
 
な
ん
と
女
の
乳
首
は
陥
没
し
て
い
る
 °
  
と
さ
っ
き
か
ら
女
は
喘
い
で
い
る
が
 
な
か
な
か
出
て
こ
な
い
 °
  
 
で
る
:
:
で
る
ぅ
う
!
!
!
!
 
  
  
:
:
と
高
速
で
波
打
つ
 °
  
た
ぷ
た
ぷ
な
女
の
乳
房
が
波
打
つ
 °
特
に
先
端
付
近
は
ぶ
ぶ
ぶ
ぶ
  
 
ひ
う
う
う
!
!
い
た
っ
い
:
:
あ
ぁ
あ
あ
!
?
 
  
ム
ゴ
:
:
ボ
コ
ォ
ッ
!
!
ム
グ
グ
グ
グ
グ
ゥ
ウ
ウ
:
:
  
  
て
も
ら
お
う
 °
 
  
 
さ
て
 
で
は
封
印
も
解
け
た
こ
と
だ
し
 
さ
っ
さ
と
力
を
返
し
  
  
涙
を
流
し
な
が
ら
懇
願
す
る
が
 
魔
剣
は
一
切
を
無
視
す
る
 °
  
:
舞
え
な
い
よ
ぉ
:
:
 
















   

  
な
い
か
も
し
れ
な
い
 °
  
半
身
を
平
気
で
覆
い
つ
く
す
く
ら
い
の
大
き
い
乳
房
に
は
似
合
わ
  
今
ま
で
見
て
き
た
乳
房
の
中
で
は
 
小
さ
め
の
方
だ
 
確
か
に
上
  
つ
い
に
巨
大
化
し
た
乳
首
が
出
て
き
た
 °
  
ヌ
プ
ゥ
ウ
!
?
と
す
っ
か
り
ぬ
る
ぬ
る
に
な
っ
た
乳
輪
の
中
か
ら
 
  
魔
剣
が
思
い
っ
き
り
 
乳
首
ら
し
き
も
の
を
引
っ
張
る
 °
  
 
我
の
た
め
に
 
力
を
 
よ
こ
せ
え
!
!
 
  
つ
い
に
呂
律
す
ら
回
ら
な
く
な
っ
て
き
た
 °
  
こ
と
:
:
な
:
:
 °
 
  
 
あ
ぅ
:
:
ひ
ぐ
っ
:
:
こ
ん
ぁ
な
こ
ぉ
と
ぉ
:
:
し
ゃ
 
れ
た
  
  
増
や
し
て
い
く
 °
  
び
く
っ
び
く
!
!
と
増
々
感
度
を
増
す
女
 °
更
に
乳
房
も
脂
肪
を
  
 
は
ぅ
!
な
に
っ
!
?
な
ん
か
あ
:
:
あ
つ
:
:
あ
ぁ
あ
あ
!
?
 
  
き
て
い
る
 °
  
ぬ
ち
ゅ
ぬ
ち
ゅ
:
:
と
徐
々
に
乳
輪
付
近
か
ら
白
い
液
体
が
出
て
  
ぐ
姿
は
 
ほ
ん
と
の
春
婦
の
よ
う
だ
 °
  
顔
を
真
っ
赤
に
し
て
喘
ぐ
女
 °
汗
を
だ
ら
だ
ら
垂
ら
し
な
が
ら
喘
  
 
は
ぅ
:
:
く
っ
!
う
ぅ
う
ん
!
?
だ
め
:
:
あ
う
ぅ
ぅ
う
ん
!
?
 
  
乳
輪
を
い
じ
り
 
中
に
あ
る
乳
首
を
無
理
や
り
引
っ
張
る
 °



   

  
  
め
る
 °
  
そ
ん
な
こ
と
で
迷
っ
て
な
ど
い
ら
れ
ぬ
 °
ふ
た
た
び
君
は
歩
き
始
  
こ
の
ま
ま
で
い
い
の
か
:
:
と
不
安
が
る
が
 
自
分
の
夢
の
た
め
 
  
再
び
魔
剣
の
気
力
が
膨
れ
上
が
る
 °
  
  
つ
 °
は
は
は
は
は
は
!
 
  
 
ま
ぁ
 
良
い
 °
結
果
と
し
て
封
印
は
ま
た
解
け
た
 °
残
る
は
2
  
  
い
 °
人
間
と
同
じ
性
的
感
覚
も
な
さ
そ
う
だ
 °
  
ど
う
も
こ
の
魔
剣
は
自
分
が
行
っ
た
行
動
に
罪
悪
感
は
な
い
ら
し
  
と
を
連
呼
し
お
っ
て
 
気
色
が
悪
い
ぞ
 °
 
  
 
ま
っ
た
く
 
な
ん
と
不
快
な
女
だ
 °
汗
だ
く
で
意
味
不
明
な
こ
  
  
同
時
に
女
も
果
て
た
の
か
 
失
神
し
た
 °
  
い
い
!
!
!
!
 
  
 
ひ
 
い
ぎ
!
!
!
い
ぐ
い
い
い
い
い
い
い
い
い
い
い
い
い
い
い
  
  
ふ
れ
て
く
る
 °
  
と
 
同
時
に
そ
の
乳
首
か
ら
莫
大
な
量
の
母
乳
が
ド
バ
ド
バ
と
あ

  > ≫