俺
は
暫
く
迷
っ
た
末
に
泣
き
崩
れ
る
ル
ミ
を
後
ろ
か
ら
椅
子
ご
と
  
あ
っ
た
よ
う
な
気
も
す
る
:
:
 °
  
ま
地
上
に
連
れ
て
行
く
事
は
出
来
な
い
:
:
な
ん
て
話
し
が
結
構
  
物
を
口
に
し
て
し
ま
う
と
例
え
神
の
力
を
も
っ
て
し
て
も
そ
の
ま
  
そ
う
言
え
ば
神
話
の
な
か
に
も
死
者
が
一
度
で
も
あ
の
世
の
食
べ
  
:
:
 °
  
る
よ
う
な
シ
ロ
モ
ノ
に
知
ら
ず
に
触
れ
て
し
ま
っ
た
ん
だ
ろ
う
か
  
当
た
り
前
に
あ
る
物
の
な
か
で
守
護
天
使
に
と
っ
て
は
猛
毒
に
な
  
う
の
は
あ
ま
り
に
可
哀
想
だ
 °
:
:
い
や
 
掟
で
は
な
く
地
上
に
  
し
て
も
何
の
説
明
も
警
告
も
な
し
に
そ
の
力
を
封
じ
ら
れ
て
し
ま
  
も
し
彼
女
が
知
ら
ず
に
な
に
か
の
掟
に
触
れ
て
し
ま
っ
て
い
た
と
  
泣
き
崩
れ
る
ル
ミ
に
対
し
て
俺
が
か
け
ら
れ
る
言
葉
は
無
か
っ
た
 °
  
 
:
:
 
  
日
で
終
わ
り
な
ん
で
す
か
:
:
 
  
 
せ
っ
か
く
:
:
あ
ん
な
に
頑
張
っ
て
来
た
の
に
:
:
た
っ
た
一
  
  
第
3
話
 
牛
乳
∧
う
し
ち
ち
∨
娘
七
変
化
っ
!
 
  
  
美
咲
 
作
  
お
と
ぎ
ス
ト
|
リ
|
天
使
の
し
っ
ぽ
ル
ミ
の
守
護
日
記





≪ <  

  
 
謝
ら
な
く
て
い
い
よ
 
お
陰
で
ル
ミ
の
水
着
姿
が
見
れ
た
ん
だ
  
 
す
み
ま
せ
ん
:
:
 
  
ら
今
日
の
ル
ミ
は
失
敗
続
き
じ
ゃ
無
い
か
 
  
 
1
回
ぐ
ら
い
の
失
敗
が
ど
う
し
た
ん
だ
よ
:
:
そ
れ
を
言
っ
た
  
風
呂
で
見
せ
た
以
上
に
真
っ
赤
に
な
っ
て
い
た
 °
  
と
に
な
る
が
:
:
絶
望
的
な
ぐ
ら
い
の
蒼
白
か
ら
 
さ
っ
き
の
お
  
と
言
う
の
で
あ
れ
ば
こ
の
世
に
い
ら
れ
る
の
が
終
わ
り
と
い
う
こ
  
う
な
:
:
い
や
 
 
め
い
ど
の
世
界
 
と
や
ら
に
呼
び
戻
さ
れ
る
  
 
後
ろ
か
ら
覗
き
込
ん
だ
ル
ミ
の
表
情
は
こ
の
世
の
終
わ
り
の
よ
  
  
き
ま
で
と
違
っ
て
イ
ヤ
な
感
じ
じ
ゃ
な
い
で
す
:
:
 
  
 
い
え
:
:
ま
だ
:
:
ド
キ
ド
キ
し
て
ま
す
:
:
で
も
:
:
さ
っ
  
 
少
し
は
:
:
落
ち
つ
い
た
か
い
:
:
ル
ミ
:
:
 
  
 
:
:
ご
主
人
様
:
:
 
  
俺
の
腕
の
中
で
次
第
に
ル
ミ
は
落
ち
着
き
を
取
り
戻
す
 °
  
な
か
っ
た
ん
だ
 °
  
に
ル
ミ
の
方
か
ら
で
俺
か
ら
は
頭
を
撫
で
る
ぐ
ら
い
し
か
し
て
い
  
腔
を
擽
っ
た
 °
そ
う
言
え
ば
い
ま
ま
で
 
抱
き
つ
く
の
は
基
本
的
  
呂
か
ら
上
が
り
立
て
の
少
女
か
ら
の
独
特
の
甘
い
香
り
が
俺
の
鼻
  
抱
き
し
め
た
 °
そ
し
て
頭
や
う
な
じ
を
軽
く
撫
で
続
け
る
 °
お
風

   

  
一
度
変
身
し
て
も
ら
う
 °
さ
っ
き
の
な
ら
イ
メ
|
ジ
し
や
す
い
の
  
使
う
こ
と
自
体
は
出
来
る
の
で
試
し
に
 
さ
っ
き
の
水
着
に
も
う
  
着
:
:
し
か
も
ブ
ラ
ジ
ャ
|
の
方
だ
け
だ
 °
  
っ
た
 °
い
や
 
今
着
て
い
る
も
の
で
も
と
く
に
問
題
な
る
の
は
下
  
か
っ
た
よ
う
な
気
が
し
た
が
 
今
着
て
い
る
も
の
ほ
ど
で
は
な
か
  
そ
う
言
え
ば
お
風
呂
の
時
に
出
し
た
水
着
も
サ
イ
ズ
は
や
や
小
さ
  
手
く
い
か
な
い
状
態
で
あ
る
ら
し
い
事
だ
け
は
判
っ
た
の
だ
 °
  
全
に
使
え
な
く
な
っ
て
い
る
の
で
は
な
く
 
サ
イ
ズ
の
調
整
が
上
  
出
そ
う
と
集
中
し
始
め
て
見
る
と
 
ど
う
や
ら
ル
ミ
の
能
力
は
完
  
考
え
る
こ
と
く
ら
い
だ
 °
ル
ミ
は
と
り
あ
え
ず
落
ち
つ
い
て
服
を
  
結
局
 
俺
に
出
来
る
の
は
ル
ミ
の
話
し
を
聞
い
て
や
り
 
一
緒
に
  
  
だ
が
:
:
 °
  
た
い
彼
女
に
何
が
し
て
や
れ
る
の
か
:
:
正
直
困
っ
て
し
ま
う
の
  
っ
ぽ
ど
い
い
状
態
だ
 °
で
も
 
神
で
も
天
使
で
も
な
い
俺
に
い
っ
  
な
く
と
も
さ
っ
き
み
た
い
に
悲
痛
な
表
情
で
泣
か
れ
る
よ
り
は
よ
  
ル
ミ
は
恥
ず
か
し
い
の
か
真
っ
赤
な
顔
の
ま
ま
う
つ
む
い
た
 °
  
す
る
の
は
当
然
で
す
:
:
 
  
 
:
:
別
に
失
敗
し
な
く
て
も
:
:
あ
の
ぐ
ら
い
の
お
手
伝
い
を
  
し
 
























   

  
し
っ
か
り
と
し
た
仕
立
て
の
上
着
と
白
い
フ
リ
ル
の
つ
い
た
ミ
ニ
  
淡
い
ピ
ン
ク
を
基
調
に
し
た
衣
装
を
着
て
立
っ
て
い
た
 °
  
ち
ど
こ
ろ
に
煙
は
薄
れ
 
ル
ミ
は
か
っ
ち
り
と
し
た
デ
ザ
イ
ン
の
  
ク
色
の
煙
が
上
が
り
ル
ミ
の
姿
を
覆
い
隠
し
た
か
と
思
う
と
 
  
次
の
瞬
間
ポ
ン
と
小
気
味
の
良
い
小
さ
な
破
裂
音
と
と
も
に
ピ
ン
  
 
は
い
:
:
 
  
頼
む
 
  
 
:
:
じ
ゃ
あ
次
は
一
番
得
意
:
:
と
言
う
か
出
し
慣
れ
た
の
を
  
 
:
:
ご
主
人
様
:
:
や
っ
ぱ
り
恥
ず
か
し
い
で
す
:
:
 
  
ゃ
な
い
だ
ろ
う
か
:
:
 °
  
だ
け
越
え
た
小
柄
な
体
に
反
し
て
9
0
セ
ン
チ
は
楽
に
あ
る
ん
じ
  
|
を
当
て
て
測
っ
た
わ
け
で
は
な
い
が
 
1
4
0
セ
ン
チ
を
少
し
  
る
と
ル
ミ
の
胸
の
膨
ら
み
の
サ
イ
ズ
は
凄
い
も
の
だ
:
:
メ
ジ
ャ
  
く
り
と
来
て
い
る
様
に
見
え
る
 °
:
:
し
か
し
改
め
て
近
く
で
見
  
呂
で
見
た
時
よ
り
も
む
し
ろ
食
い
こ
み
が
減
っ
て
サ
イ
ズ
が
し
っ
  
正
確
に
は
さ
っ
き
よ
り
も
一
回
り
:
:
と
く
に
胸
の
部
分
は
お
風
  
じ
ゃ
な
い
け
ど
 
さ
っ
き
と
変
わ
ら
な
い
:
:
 
  
 
:
:
い
や
 
お
風
呂
の
時
に
は
そ
こ
ま
で
じ
っ
く
り
見
た
わ
け
  
 
ど
こ
か
:
:
変
な
所
あ
り
ま
す
か
?
:
:
 
  
で
は
な
い
か
と
思
っ
た
か
ら
だ
 °













   

  
 
:
:
 
  
 
:
:
胸
の
辺
り
が
凄
く
き
つ
い
で
す
:
:
 
  
が
ら
応
じ
る
 °
  
俺
の
言
葉
に
 
ル
ミ
は
恥
ず
か
し
そ
う
に
顔
を
伏
せ
気
味
に
し
な
  
 
ど
の
辺
が
:
:
 
  
 
:
:
は
い
:
:
や
っ
ぱ
り
サ
イ
ズ
が
違
っ
て
ま
す
:
:
 
  
 
も
し
か
し
て
:
:
そ
れ
も
:
:
?
 
  
え
な
い
:
:
 °
  
別
に
お
か
し
な
と
こ
ろ
は
見
え
な
い
の
だ
が
 
ル
ミ
の
表
情
は
冴
  
居
た
と
き
に
は
こ
れ
に
リ
ン
グ
と
翼
が
加
わ
る
ん
で
す
が
:
:
 
  
 
:
:
守
護
天
使
の
制
服
:
:
で
す
:
:
 
め
い
ど
の
世
界
 
に
  
 
:
:
そ
れ
は
?
 
  
る
 °
  
ス
に
は
翼
を
模
っ
た
小
さ
な
刺
繍
が
縫
い
込
ま
れ
て
い
た
り
も
す
  
天
使
だ
け
あ
っ
て
な
の
か
ご
丁
寧
に
も
上
着
の
裾
や
ニ
|
ソ
ッ
ク
  
性
を
同
時
に
追
及
し
た
感
じ
が
す
る
衣
装
だ
 °
  
ス
の
制
服
め
い
た
 
女
の
子
ら
し
さ
と
作
業
を
す
る
と
き
の
機
能
  
の
様
な
黄
色
い
ス
カ
|
フ
や
帯
が
付
い
て
い
る
:
:
ウ
エ
イ
ト
レ
  
ニ
|
ソ
ク
ッ
ス
 
さ
ら
に
は
襟
元
と
背
中
に
は
蝶
結
び
の
リ
ボ
ン
  
ス
カ
|
ト
 
白
で
統
一
さ
れ
た
二
の
腕
ま
で
の
長
い
薄
手
の
手
袋
 

   

  
瞬
間
ポ
ン
と
い
う
軽
い
破
裂
音
と
と
も
に
濃
密
な
ピ
ン
ク
色
の
煙
  
数
分
の
沈
黙
を
破
る
よ
う
に
ル
ミ
の
気
合
の
声
が
上
が
り
 
次
の
  
待
つ
事
し
か
出
来
な
い
身
に
と
っ
て
は
永
遠
に
も
感
じ
る
よ
う
な
  
 
そ
れ
で
は
行
き
ま
す
よ
ぉ
:
:
せ
|
の
!
 
  
  
ぶ
っ
て
意
識
を
集
中
し
は
じ
め
た
 °
  
ル
ミ
は
暫
く
自
分
の
体
を
く
ま
な
く
眺
め
た
あ
と
 
軽
く
目
を
つ
  
て
見
ま
す
:
:
ち
ょ
っ
と
待
っ
て
下
さ
い
ね
:
:
 
  
 
え
|
っ
と
:
:
正
直
上
手
く
行
く
か
は
判
り
ま
せ
ん
け
ど
や
っ
  
ら
い
キ
ッ
チ
リ
と
し
た
デ
ザ
イ
ン
の
服
を
出
せ
な
い
か
な
?
 
  
い
る
け
ど
今
ま
で
出
し
た
こ
と
が
無
い
服
の
中
で
そ
れ
と
同
じ
ぐ
  
 
ル
ミ
 
ち
ょ
っ
と
気
が
付
い
た
こ
と
が
あ
る
ん
だ
:
:
知
っ
て
  
目
に
な
る
気
が
す
る
 °
も
し
も
俺
の
推
測
が
正
し
い
の
な
ら
:
:
 °
  
が
お
か
し
く
な
っ
て
い
る
の
な
ら
サ
イ
ズ
の
ず
れ
は
も
っ
と
出
鱈
  
れ
た
も
の
 
ほ
ど
激
し
い
様
に
思
え
る
 °
サ
イ
ズ
の
調
整
の
能
力
  
部
分
が
小
さ
い
の
だ
 
し
か
も
そ
の
サ
イ
ズ
の
不
足
は
 
出
し
慣
  
不
意
に
あ
る
こ
と
に
閃
い
た
 °
今
見
せ
た
3
つ
の
服
は
全
て
胸
の
  
イ
ン
だ
か
ら
サ
イ
ズ
が
小
さ
け
れ
ば
苦
し
い
だ
ろ
う
が
:
:
俺
は
  
ク
ト
ッ
プ
や
水
着
に
比
べ
た
ら
は
る
か
に
き
っ
ち
り
と
し
た
デ
ザ
  
確
か
に
 
ル
ミ
が
さ
っ
き
ま
で
着
て
い
た
ゆ
っ
た
り
と
し
た
タ
ン

   

  
制
服
だ
 °
  
・
み
ち
る
さ
ん
が
通
っ
て
い
た
高
校
の
:
:
ル
ミ
が
死
ん
だ
頃
の
  
ル
ミ
が
出
し
た
制
服
は
 
前
世
で
ル
ミ
が
飼
わ
れ
て
居
た
家
の
娘
  
で
見
た
事
が
あ
る
よ
う
な
気
が
し
て
い
た
理
由
が
氷
解
し
た
 °
  
 
1
4
年
前
:
:
と
い
う
ル
ミ
の
言
葉
に
 
そ
の
制
服
が
ど
こ
か
  
な
ん
で
す
!
 
  
見
た
通
り
の
デ
ザ
イ
ン
に
な
っ
て
い
ま
す
し
サ
イ
ズ
も
ぴ
っ
た
り
  
 
失
敗
す
る
と
ば
か
り
思
っ
て
い
た
ん
で
す
け
ど
 
1
4
年
前
に
  
を
傾
げ
て
み
せ
る
 °
  
 
俺
の
言
葉
に
ル
ミ
は
胸
元
の
布
地
を
引
っ
張
り
な
が
ら
軽
く
首
  
 
不
思
議
で
す
:
:
 
  
 
で
:
:
サ
イ
ズ
は
大
丈
夫
な
の
か
?
 
  
こ
ち
を
チ
ェ
ッ
ク
し
は
じ
め
る
 °
  
 
ル
ミ
は
自
分
の
出
し
た
服
の
出
来
映
え
を
確
認
す
る
べ
く
あ
ち
  
 
ふ
ぅ
:
:
な
ん
と
か
出
せ
ま
し
た
:
:
 
  
制
服
ら
し
き
緑
色
の
セ
|
ラ
|
服
姿
で
立
っ
て
い
た
 °
  
:
で
も
何
処
か
で
見
た
こ
と
あ
る
よ
う
な
デ
ザ
イ
ン
の
 
学
校
の
  
嘘
の
様
に
消
え
 
ル
ミ
は
こ
の
近
辺
で
は
見
か
け
な
い
よ
う
な
:
  
そ
し
て
あ
っ
と
い
う
間
に
煙
は
あ
ら
ゆ
る
痕
跡
を
残
す
こ
と
な
く
  
が
上
が
る
 °





















   

  
の
調
整
能
力
が
お
か
し
く
な
っ
て
い
る
の
で
は
無
い
よ
う
だ
 °
  
っ
た
り
の
サ
イ
ズ
に
な
る
と
は
考
え
に
く
い
:
:
や
は
り
サ
イ
ズ
  
い
れ
ば
 
全
く
体
形
が
違
う
以
上
 
 
偶
然
に
 
今
の
ル
ミ
に
ぴ
  
ん
が
着
て
た
制
服
を
サ
イ
ズ
の
調
整
が
出
来
な
い
ま
ま
再
現
し
て
  
っ
て
い
た
が
 
も
し
も
当
時
の
:
:
1
7
才
の
頃
の
み
ち
る
姉
さ
  
そ
し
て
 
ル
ミ
は
 
1
4
年
前
に
見
た
通
り
の
デ
ザ
イ
ン
 
と
言
  
裕
だ
 °
  
か
ぶ
か
と
い
う
の
で
は
な
く
適
度
な
ゆ
と
り
と
い
う
意
味
で
の
余
  
引
っ
張
っ
て
見
せ
る
ぐ
ら
い
の
余
裕
す
ら
あ
る
:
:
も
ち
ろ
ん
ぶ
  
双
丘
だ
が
 
そ
の
緑
色
の
セ
|
ラ
|
服
の
胸
元
は
窮
屈
ど
こ
ろ
か
  
1
3
才
に
し
て
は
規
格
外
の
サ
イ
ズ
と
も
言
え
る
ル
ミ
の
豊
か
な
  
し
ま
す
 
  
 
:
:
そ
れ
に
し
て
も
サ
イ
ズ
ま
で
ぴ
っ
た
り
な
ん
て
変
な
気
が
  
で
気
が
つ
か
な
か
っ
た
の
だ
 °
  
ら
 
見
慣
れ
て
居
た
制
服
の
は
ず
な
の
に
ル
ミ
の
言
葉
を
聞
く
ま
  
は
4
年
前
:
:
そ
の
頃
に
は
制
服
が
ブ
レ
ザ
|
に
な
っ
て
居
た
か
  
俺
も
同
じ
高
校
に
通
っ
た
と
は
い
え
俺
が
そ
こ
に
通
っ
て
い
た
の
  
ど
あ
の
頃
は
毎
日
の
様
に
見
て
い
た
服
で
す
か
ら
:
:
 
  
 
え
え
 
ご
主
人
様
 °
こ
う
し
て
着
て
み
る
の
は
初
め
て
で
す
け
  
 
そ
れ
っ
て
:
:
み
ち
る
さ
ん
が
着
て
居
た
制
服
だ
よ
ね
:
:
 

   

  
を
測
る
の
に
邪
魔
に
な
ら
な
い
よ
う
に
薄
手
の
ビ
キ
ニ
水
着
の
よ
  
流
石
に
全
裸
と
言
う
わ
け
に
も
い
か
な
い
の
で
 
ル
ミ
は
サ
イ
ズ
  
な
っ
た
 °
  
脱
衣
所
に
行
っ
て
洗
面
台
の
鏡
の
前
で
俺
と
一
緒
に
測
る
こ
と
に
  
結
局
 
ル
ミ
は
自
分
一
人
で
は
上
手
く
測
れ
な
い
と
い
う
こ
と
で
 
  
  
れ
 
  
 
ル
ミ
 
一
度
こ
い
つ
で
今
の
サ
イ
ズ
を
測
り
な
お
し
て
み
て
く
  
き
た
こ
い
つ
で
も
結
構
重
宝
す
る
の
だ
 °
  
に
中
古
屋
め
ぐ
り
を
す
る
な
ら
ば
1
0
0
円
シ
ョ
ッ
プ
で
買
っ
て
  
の
ス
ペ
|
ス
に
キ
チ
ン
と
収
ま
る
家
具
を
安
く
手
に
入
れ
る
た
め
  
俺
は
机
の
引
出
し
か
ら
安
物
の
メ
ジ
ャ
|
を
取
り
出
す
:
:
部
屋
  
:
:
お
そ
ら
く
:
:
 °
  
:
:
少
な
く
と
も
俺
の
推
測
は
か
な
り
近
い
と
こ
ろ
に
あ
る
様
だ
  
0
・
8
0
で
す
:
:
 
  
 
一
応
 
2
ヶ
月
ほ
ど
前
に
測
っ
た
の
が
上
か
ら
8
6
の
E
・
6
  
ル
ミ
は
不
意
の
質
問
に
対
し
て
耳
ま
で
真
っ
赤
に
な
る
 °
  
必
要
は
無
い
ん
で
す
け
ど
:
:
 
  
 
:
:
え
?
:
:
服
は
こ
の
能
力
で
出
せ
ま
す
か
ら
正
確
に
測
る
  
 
ル
ミ
:
:
キ
ミ
の
ス
リ
|
サ
イ
ズ
っ
て
ど
の
ぐ
ら
い
?
 



   

  
る
と
 
確
か
に
ル
ミ
の
大
き
く
て
柔
ら
か
そ
う
な
二
つ
の
膨
ら
み
  
 
な
る
べ
く
見
な
い
よ
う
に
意
識
し
て
い
た
正
面
の
鏡
に
目
を
や
  
だ
さ
い
!
!
 
  
 
引
っ
張
り
す
ぎ
で
す
!
!
ご
主
人
様
ぁ
!
!
も
っ
と
緩
め
て
く
  
す
る
 °
  
り
な
が
ら
0
の
と
こ
ろ
と
8
6
セ
ン
チ
の
と
こ
ろ
を
重
ね
よ
う
と
  
た
の
を
見
て
 
俺
は
メ
ジ
ャ
|
に
た
る
み
が
出
な
い
様
に
引
っ
張
  
ル
ミ
が
メ
ジ
ャ
|
を
そ
の
熟
し
た
メ
ロ
ン
の
よ
う
な
乳
房
に
当
て
  
か
の
弾
み
で
脱
げ
た
り
し
て
い
た
に
違
い
な
い
 °
  
出
し
た
上
に
サ
イ
ズ
が
間
違
っ
て
い
た
の
な
ら
 
そ
れ
こ
そ
な
に
  
い
て
正
解
だ
っ
た
様
だ
 °
う
っ
か
り
こ
ん
な
デ
ザ
イ
ン
の
水
着
を
  
や
は
り
さ
っ
き
の
風
呂
で
は
 
ス
ク
|
ル
水
着
の
ま
ま
に
し
て
お
  
り
場
に
か
な
り
困
る
状
態
だ
 °
  
い
や
 
後
ろ
は
ほ
と
ん
ど
紐
み
た
い
な
も
の
だ
け
に
逆
に
目
の
や
  
な
ん
て
普
通
の
男
子
学
生
に
は
体
験
で
き
る
行
為
で
は
無
い
:
:
  
し
か
し
:
:
後
ろ
か
ら
と
は
言
え
女
の
子
の
体
の
サ
イ
ズ
を
測
る
  
を
要
し
た
ら
し
い
の
だ
が
:
:
 °
  
な
ん
と
か
問
題
は
な
い
ら
し
い
 °
も
っ
と
も
い
つ
も
以
上
の
集
中
  
や
や
大
き
目
の
サ
イ
ズ
 
を
意
識
し
て
い
た
せ
い
か
サ
イ
ズ
に
は
  
う
な
も
の
を
身
に
つ
け
て
い
る
 °
鏡
の
前
に
立
ち
し
っ
か
り
と
 

   

  
 
ル
ミ
は
ち
ょ
っ
と
顔
を
赤
ら
め
な
が
ら
自
分
の
左
の
乳
房
を
軽
  
 
そ
れ
は
:
:
 
  
 
え
っ
と
:
:
ア
ン
ダ
|
っ
て
何
処
の
サ
イ
ズ
?
 
  
を
か
し
げ
る
 °
  
ら
発
せ
ら
れ
た
意
外
な
言
葉
に
俺
は
怪
訝
な
声
を
上
げ
な
が
ら
首
  
ッ
プ
と
呼
ぶ
:
:
と
言
う
程
度
な
ら
俺
に
も
判
る
が
ル
ミ
の
口
か
  
て
胸
囲
・
胴
回
り
・
腰
を
上
か
ら
順
に
バ
ス
ト
・
ウ
エ
ス
ト
・
ヒ
  
女
性
の
身
体
の
サ
イ
ズ
を
 
ス
リ
|
サ
イ
ズ
 
と
言
う
だ
け
あ
っ
  
ダ
|
が
減
っ
て
る
ん
で
す
:
:
 
  
 
お
か
し
い
で
す
ね
:
:
ウ
エ
ス
ト
は
変
わ
っ
て
無
い
の
に
ア
ン
  
小
さ
い
サ
イ
ズ
で
服
を
出
し
て
い
た
ら
き
つ
い
の
も
当
然
だ
 °
  
っ
た
り
す
る
 °
本
人
は
成
長
し
た
自
覚
が
無
い
ま
ま
6
セ
ン
チ
も
  
し
て
ウ
エ
ス
ト
や
ヒ
ッ
プ
は
ほ
ぼ
ル
ミ
の
申
告
通
り
の
サ
イ
ズ
だ
  
結
局
 
も
う
一
度
俺
が
測
る
と
9
2
セ
ン
チ
だ
と
わ
か
っ
た
 °
  
 
:
:
本
当
に
4
 
5
セ
ン
チ
は
違
い
ま
し
た
ね
:
:
 
  
持
っ
て
測
り
な
お
す
:
:
 °
  
疑
う
ル
ミ
に
メ
ジ
ャ
|
を
渡
し
 
今
度
は
彼
女
自
身
が
端
っ
こ
を
  
 
え
?
本
当
で
す
か
!
?
 
  
 
こ
れ
で
こ
の
メ
ジ
ャ
|
の
8
6
セ
ン
チ
の
所
だ
よ
?
 
  
に
し
っ
か
り
と
メ
ジ
ャ
|
が
食
い
込
ん
で
い
る
の
が
見
て
取
れ
た
 °

   

  
原
因
さ
え
判
れ
ば
 
あ
と
は
そ
う
難
し
い
事
で
は
な
い
は
ず
だ
 °
  
指
を
折
っ
て
し
ま
う
 °
  
思
わ
ず
俺
は
ア
ル
フ
ァ
ベ
ッ
ト
を
A
か
ら
順
に
つ
ぶ
や
き
な
が
ら
  
 
:
:
H
カ
ッ
プ
っ
て
:
:
 
  
の
は
当
然
で
す
よ
ね
:
:
 
  
に
 
E
カ
ッ
プ
の
つ
も
り
で
下
着
や
服
を
出
し
て
い
た
ら
き
つ
い
  
あ
と
1
セ
ン
チ
で
H
カ
ッ
プ
に
な
る
ぐ
ら
い
の
サ
イ
ズ
が
あ
る
の
  
は
普
通
に
着
れ
て
い
た
は
ず
な
ん
で
す
け
ど
:
:
:
:
実
際
に
は
  
 
う
|
ん
:
:
制
服
は
 
め
い
ど
の
世
界
 
か
ら
出
発
す
る
ま
で
  
然
だ
 °
  
つ
い
て
い
る
と
な
れ
ば
数
字
以
上
に
凄
い
存
在
感
に
な
る
の
も
当
  
字
だ
と
思
っ
て
い
た
ん
だ
が
 
そ
れ
が
1
3
才
の
小
柄
な
少
女
に
  
 
G
カ
ッ
プ
:
:
そ
ん
な
も
の
は
グ
ラ
ビ
ア
ア
イ
ド
ル
だ
け
の
数
  
ん
で
す
:
:
 
  
 
2
7
セ
ン
チ
の
差
が
あ
る
ん
で
G
カ
ッ
プ
と
い
う
こ
と
に
な
る
  
 
あ
あ
:
:
な
ん
と
な
く
判
る
 
  
る
こ
と
に
な
る
:
:
っ
て
の
は
ご
主
人
様
も
判
り
ま
す
よ
ね
?
 
  
バ
ス
ト
で
も
そ
こ
が
細
い
人
の
ほ
う
が
大
き
い
乳
房
が
つ
い
て
い
  
 
:
:
お
っ
ぱ
い
の
下
側
の
胴
ま
わ
り
の
サ
イ
ズ
で
す
:
:
同
じ
  
く
持
ち
上
げ
る
と
 
そ
の
下
側
を
示
し
て
み
せ
た
 °






   

  
ル
ミ
は
今
に
も
泣
き
出
し
そ
う
な
顔
を
し
な
が
ら
こ
っ
く
り
と
う
  
 
:
:
つ
ま
り
:
:
他
に
は
な
に
も
服
を
出
し
て
無
い
っ
て
事
?
 
  
で
し
た
:
:
 
  
出
そ
う
と
し
た
ら
 
う
っ
か
り
し
て
て
そ
れ
し
か
考
え
て
ま
せ
ん
  
 
:
:
ブ
ラ
ジ
ャ
|
の
サ
イ
ズ
を
キ
チ
ン
と
体
に
合
わ
せ
た
の
を
  
な
り
大
慌
て
で
し
ゃ
が
み
込
ん
で
し
ま
っ
た
 °
  
ル
ミ
は
自
分
の
服
装
を
確
認
し
 
次
の
瞬
間
 
耳
ま
で
真
っ
赤
に
  
 
あ
あ
っ
!
!
ご
主
人
様
っ
!
!
見
な
い
で
く
だ
さ
い
!
!
 
  
着
だ
け
に
集
中
し
て
:
:
 °
  
ま
ず
練
習
と
言
う
こ
と
で
 
使
い
な
れ
た
デ
ザ
イ
ン
の
も
の
で
下
  
う
感
じ
で
こ
の
タ
イ
プ
の
を
愛
用
し
て
い
た
ん
だ
ろ
う
 °
  
と
組
み
合
わ
せ
る
の
な
ら
ブ
ラ
の
肩
紐
は
無
い
ほ
う
が
良
い
と
い
  
え
て
い
た
下
着
の
ラ
イ
ン
か
ら
す
る
と
 
ル
ミ
は
タ
ン
ク
ト
ッ
プ
  
を
覆
う
だ
け
の
シ
ン
プ
ル
な
デ
ザ
イ
ン
だ
 °
今
ま
で
服
ご
し
に
見
  
た
 °
淡
い
ブ
ル
|
の
生
地
で
彼
女
の
豊
か
な
乳
房
の
下
半
分
程
度
  
急
速
に
ピ
ン
ク
の
煙
が
晴
れ
る
と
:
:
次
の
服
は
下
着
だ
け
だ
っ
  
気
合
の
声
を
上
げ
な
が
ら
 
ル
ミ
は
次
の
服
を
出
現
さ
せ
る
:
:
  
 
そ
れ
で
は
行
き
ま
す
よ
|
 
え
い
!
!
 
  
服
が
出
せ
る
よ
う
に
何
度
か
練
習
す
れ
ば
事
は
足
り
る
 °
  
能
力
自
体
に
問
題
が
無
い
以
上
 
現
在
の
ス
タ
イ
ル
に
合
わ
せ
た

   

  
ま
で
の
形
を
強
調
し
 
ち
ょ
っ
と
し
た
動
き
だ
け
で
そ
の
弾
力
を
  
圧
力
か
ら
解
放
さ
れ
た
せ
い
か
 
逆
に
そ
の
柔
ら
か
さ
と
見
事
な
  
谷
間
は
姿
を
消
し
た
が
 
ル
ミ
の
そ
の
膨
ら
み
は
ブ
ラ
ジ
ャ
|
の
  
サ
イ
ズ
の
合
わ
な
い
小
さ
な
下
着
の
せ
い
で
出
来
あ
が
っ
て
い
た
  
|
の
ラ
イ
ン
は
不
自
然
に
食
い
込
む
事
は
な
く
な
っ
て
い
た
 °
  
ン
ズ
と
か
わ
ら
な
い
が
 
タ
ン
ク
ト
ッ
プ
越
し
に
判
る
ブ
ラ
ジ
ャ
  
服
自
体
は
さ
っ
き
ま
で
と
同
じ
く
緑
色
の
タ
ン
ク
ト
ッ
プ
に
ジ
|
  
ル
ミ
は
も
の
の
3
分
も
し
な
い
う
ち
に
脱
衣
所
か
ら
出
て
き
た
 °
  
誤
差
は
無
意
識
に
合
わ
せ
て
い
た
ん
だ
し
:
:
 °
  
合
わ
せ
る
の
は
難
し
い
こ
と
で
は
な
い
と
思
う
:
:
実
際
多
少
の
  
て
い
る
こ
と
さ
え
実
感
で
き
れ
ば
 
出
す
服
の
サ
イ
ズ
を
そ
れ
に
  
ら
し
い
か
ら
 
自
分
が
思
っ
て
い
た
の
と
身
体
の
サ
イ
ズ
が
違
っ
  
も
と
も
と
服
を
変
え
る
の
は
守
護
天
使
に
と
っ
て
基
本
的
な
能
力
  
  
が
良
い
だ
ろ
う
と
思
い
俺
は
脱
衣
所
を
後
に
し
た
 °
  
も
の
で
な
い
だ
け
に
気
が
済
む
ま
で
ル
ミ
一
人
で
練
習
さ
せ
た
方
  
あ
る
が
こ
の
状
態
で
は
ど
ん
な
無
茶
な
格
好
に
な
る
か
わ
か
っ
た
  
か
出
せ
て
い
な
か
っ
た
よ
う
だ
:
:
流
石
に
ち
ょ
っ
と
心
配
で
は
  
に
よ
く
解
ら
な
い
が
 
ど
う
も
下
着
だ
け
し
か
も
ブ
ラ
ジ
ャ
|
し
  
な
ず
く
 °
彼
女
は
俺
の
す
ぐ
前
で
し
ゃ
が
み
込
ん
で
い
る
の
で
逆

   

  
思
い
出
し
て
し
ま
う
の
を
ど
う
に
か
ル
ミ
に
悟
ら
れ
ま
い
と
必
死
  
意
識
す
る
以
上
気
に
な
っ
て
し
ま
っ
て
い
る
証
拠
だ
が
:
:
つ
い
  
た
と
え
気
に
し
な
い
様
に
意
識
し
て
も
:
:
い
や
気
に
し
ま
い
と
  
水
着
の
上
か
ら
き
つ
く
メ
ジ
ャ
|
が
食
い
込
ん
で
い
た
こ
と
を
 
  
と
き
に
そ
れ
が
背
中
に
押
し
付
け
ら
れ
て
い
た
こ
と
や
 
ビ
キ
ニ
  
そ
う
な
る
と
 
先
ほ
ど
ま
で
風
呂
で
頭
を
洗
っ
て
も
ら
っ
て
い
る
  
胸
元
か
ら
覗
く
豊
か
な
双
丘
に
つ
い
 
目
が
行
っ
て
し
ま
う
 °
  
の
席
に
着
い
て
い
る
ル
ミ
の
ゆ
っ
た
り
と
し
た
タ
ン
ク
ト
ッ
プ
の
  
ル
ミ
の
そ
の
ス
タ
イ
ル
は
正
直
刺
激
的
過
ぎ
る
 °
向
か
い
合
わ
せ
  
し
か
し
  
と
言
っ
て
お
い
た
あ
と
か
ら
不
謹
慎
な
話
し
だ
が
 
  
思
っ
た
 °
  
ぶ
ん
妹
が
い
た
ら
こ
ん
な
感
じ
な
の
か
な
:
:
な
ん
て
ち
ょ
っ
と
  
事
実
だ
 °
俺
は
一
人
っ
子
だ
っ
た
か
ら
よ
く
解
ら
な
い
け
ど
 
  
ど
 
な
ん
か
ル
ミ
を
見
て
い
る
と
そ
れ
以
上
に
楽
し
か
っ
た
の
も
  
:
:
確
か
に
迷
惑
が
か
か
っ
た
と
い
え
ば
迷
惑
か
も
し
れ
な
い
け
  
ド
バ
イ
ス
だ
け
な
ん
だ
か
ら
 
  
 
だ
か
ら
気
に
す
る
な
っ
て
 
俺
が
し
た
の
は
ち
ょ
っ
と
し
た
ア
  
を
お
か
け
し
て
し
ま
っ
て
:
:
 
  
 
ご
め
ん
な
さ
い
ご
主
人
様
:
:
ま
た
わ
た
し
の
せ
い
で
ご
迷
惑
  
見
せ
つ
け
て
い
る
 °


















   

  
白
の
縦
襟
の
ブ
ラ
ウ
ス
に
ひ
ざ
上
1
5
セ
ン
チ
ぐ
ら
い
の
ピ
ン
ク
  
の
ほ
う
へ
と
振
り
向
く
の
だ
が
そ
の
ま
ま
思
考
が
停
止
す
る
 °
  
俺
は
レ
ポ
|
ト
を
書
く
手
を
休
め
 
軽
く
伸
び
を
し
て
か
ら
ル
ミ
  
 
あ
あ
:
:
あ
り
が
と
:
:
 
  
休
憩
さ
れ
て
は
い
か
が
で
す
か
?
 
  
 
ご
主
人
様
:
:
コ
|
ヒ
|
を
お
淹
れ
し
ま
し
た
の
で
 
す
こ
し
  
ル
ミ
は
気
を
利
か
せ
て
淹
れ
て
く
れ
て
い
た
の
だ
ろ
う
  
ほ
の
か
に
コ
|
ヒ
|
の
香
り
が
漂
い
だ
し
た
と
こ
ろ
を
見
る
と
 
  
く
ル
ミ
は
俺
の
方
へ
と
や
っ
て
く
る
 °
  
め
て
い
る
内
に
ど
う
や
ら
ル
ミ
の
方
の
作
業
が
一
段
落
し
た
ら
し
  
集
中
こ
そ
出
来
な
い
と
は
言
え
課
題
の
レ
ポ
|
ト
を
な
ん
と
か
進
  
:
 °
  
か
の
こ
と
を
意
識
し
過
ぎ
て
全
然
集
中
で
き
や
し
な
い
の
だ
が
:
  
姿
や
激
し
く
食
い
込
ん
で
見
事
な
谷
間
を
作
っ
て
い
た
胸
元
な
ん
  
や
ら
を
片
付
け
始
め
る
 °
も
っ
と
も
先
刻
の
ル
ミ
の
ビ
キ
ニ
水
着
  
あ
る
程
度
の
助
言
は
必
要
だ
っ
た
が
:
:
俺
は
課
題
の
レ
ポ
|
ト
  
剤
の
置
き
場
所
や
ら
洗
い
終
わ
っ
た
お
皿
の
収
納
場
所
と
い
っ
た
  
洗
い
も
の
や
洗
濯
も
の
は
ル
ミ
に
任
せ
て
:
:
と
言
っ
て
も
 
  
  
に
な
り
な
が
ら
 
な
ん
と
か
長
い
長
い
夕
飯
も
終
わ
っ
た
 °



   

  
て
半
袖
と
は
言
え
袖
が
つ
い
て
い
る
し
 
ス
カ
|
ト
の
短
さ
な
ら
  
確
か
に
冷
静
に
考
え
れ
ば
ブ
ラ
ウ
ス
に
は
タ
ン
ク
ト
ッ
プ
と
違
っ
  
ル
ミ
は
不
思
議
そ
う
な
表
情
で
自
分
の
服
装
を
点
検
し
始
め
る
 °
  
造
り
の
も
の
に
し
て
ま
す
か
ら
大
丈
夫
で
す
が
:
:
 
  
し
 
布
地
や
ボ
タ
ン
と
か
は
ち
ゃ
ん
と
意
識
し
て
し
っ
か
り
し
た
  
元
は
キ
ツ
目
で
す
け
ど
 
こ
の
服
は
こ
う
い
う
感
じ
ら
し
い
で
す
  
 
:
:
ど
こ
か
:
:
デ
ザ
イ
ン
変
で
し
た
か
?
:
:
ち
ょ
っ
と
胸
  
 
:
:
ル
ミ
:
:
い
っ
た
い
そ
の
格
好
は
:
:
 
  
服
に
し
か
見
え
な
い
ん
で
す
が
:
:
 °
  
る
有
名
な
フ
ァ
ミ
リ
|
レ
ス
ト
ラ
ン
の
ウ
ェ
イ
ト
レ
ス
さ
ん
の
制
  
も
現
物
を
見
た
こ
と
も
な
い
の
だ
が
 
こ
れ
は
ど
う
見
て
も
と
あ
  
:
:
:
:
え
っ
と
:
:
:
:
貧
乏
学
生
の
俺
は
実
際
に
行
っ
た
事
  
書
か
れ
て
い
る
 °
  
つ
い
て
い
て
 
こ
れ
ま
た
な
ぜ
か
平
仮
名
で
 
る
み
 
と
名
前
が
  
そ
し
て
な
ぜ
か
胸
の
と
こ
ろ
に
は
ピ
ン
ク
の
ハ
|
ト
型
の
名
札
が
  
る
と
こ
ろ
だ
っ
た
 °
  
ら
の
圧
力
に
対
し
て
猛
然
と
立
ち
向
か
い
限
界
へ
と
挑
戦
し
て
い
  
さ
え
つ
け
 
や
や
小
さ
め
の
サ
イ
ズ
ら
し
い
ブ
ラ
ウ
ス
は
内
側
か
  
ン
の
幅
広
の
紐
は
ル
ミ
の
豊
か
な
胸
の
ふ
く
ら
み
を
左
右
か
ら
押
  
の
ミ
ニ
ス
カ
|
ト
 
ス
カ
|
ト
の
前
側
を
覆
う
ピ
ン
ク
の
エ
プ
ロ

   

  
あ
る
い
し
っ
ぽ
:
:
つ
ま
り
バ
ニ
|
ガ
|
ル
の
格
好
で
ル
ミ
は
立
  
た
カ
チ
ュ
|
シ
ャ
 
お
尻
の
と
こ
ろ
に
は
白
く
て
ふ
わ
ふ
わ
の
ま
  
う
見
て
も
ウ
サ
ギ
の
耳
以
外
の
何
も
の
に
も
見
え
な
い
物
が
つ
い
  
蝶
結
び
の
リ
ボ
ン
が
つ
い
た
チ
ョ
|
カ
|
そ
し
て
頭
に
は
誰
が
ど
  
た
デ
ザ
イ
ン
の
ワ
イ
ン
レ
ッ
ド
の
レ
オ
タ
|
ド
に
編
み
タ
イ
ツ
 
  
跡
も
残
さ
ず
煙
は
消
え
 
今
度
は
胸
元
を
大
き
く
開
い
て
強
調
し
  
な
く
な
る
ほ
ど
濃
い
煙
に
も
か
か
わ
ら
ず
次
の
瞬
間
に
は
何
の
痕
  
天
使
の
能
力
が
生
み
出
し
た
煙
だ
け
あ
っ
て
 
ル
ミ
の
姿
が
見
え
  
で
す
よ
ね
!
!
 
  
 
え
っ
!
?
あ
:
:
す
み
ま
せ
ん
!
い
ま
は
夜
で
す
か
ら
こ
っ
ち
  
音
が
し
て
ピ
ン
ク
色
の
煙
が
上
が
る
 °
  
っ
た
お
盆
を
机
に
置
く
と
次
の
瞬
間
ポ
ン
と
小
気
味
の
よ
い
爆
発
  
俺
の
指
摘
に
ル
ミ
は
硬
直
す
る
が
 
い
そ
い
そ
と
コ
|
ヒ
|
の
乗
  
時
に
着
る
服
じ
ゃ
な
い
気
が
す
る
ん
だ
け
ど
:
:
 
  
 
い
や
:
:
デ
ザ
イ
ン
の
問
題
じ
ゃ
な
く
て
 
そ
れ
は
こ
う
い
う
  
り
す
る
わ
け
で
:
:
 °
  
調
さ
れ
ぶ
り
は
布
地
は
余
っ
て
い
な
い
が
目
に
余
る
状
態
だ
っ
た
  
き
回
る
と
 
限
界
に
挑
戦
中
の
ブ
ラ
ウ
ス
に
包
ま
れ
た
胸
元
の
強
  
に
お
か
し
い
と
こ
ろ
が
な
い
か
を
必
死
で
探
し
て
い
る
た
め
に
動
  
守
護
天
使
の
制
服
も
い
い
勝
負
で
は
あ
る
ん
だ
が
:
:
自
分
の
服

   

  
呆
然
と
な
る
俺
の
目
の
前
で
ル
ミ
が
し
き
り
に
手
を
振
っ
て
見
せ
  
 
あ
の
ぉ
:
:
 
  
け
で
:
:
 °
  
応
な
し
に
俺
の
視
界
に
飛
び
込
ん
で
く
る
の
は
自
然
の
摂
理
な
わ
  
り
の
ワ
イ
ン
レ
ッ
ド
の
果
皮
か
ら
零
れ
落
ち
そ
う
に
な
る
様
が
否
  
ボ
リ
ュ
|
ム
を
見
せ
つ
け
る
甘
い
二
つ
の
果
実
が
 
申
し
訳
ば
か
  
に
引
か
れ
て
搗
き
た
て
の
お
餅
の
よ
う
な
柔
ら
か
さ
と
圧
倒
的
な
  
を
折
り
曲
げ
て
覗
き
込
ん
で
く
る
わ
け
だ
が
 
そ
う
な
れ
ば
重
力
  
つ
ま
り
椅
子
に
座
っ
て
い
る
俺
の
顔
を
立
っ
て
い
た
ル
ミ
が
上
体
  
て
ル
ミ
は
不
安
気
な
表
情
で
顔
を
近
づ
け
て
く
る
 °
  
不
意
に
出
現
し
た
バ
ニ
|
ガ
|
ル
に
思
わ
ず
硬
直
し
た
俺
に
対
し
  
 
あ
の
:
:
ご
主
人
様
?
?
 
  
 
:
:
:
:
 
  
て
い
る
 °
  
球
が
は
み
出
さ
ん
ば
か
り
の
状
態
で
レ
オ
タ
|
ド
の
中
に
納
ま
っ
  
格
の
せ
い
で
実
質
H
カ
ッ
プ
の
ボ
リ
ュ
|
ム
を
誇
る
た
わ
わ
な
双
  
さ
を
醸
し
出
し
て
い
た
り
も
す
る
の
だ
が
 
な
に
し
ろ
小
柄
な
体
  
:
:
ま
あ
逆
に
そ
の
ア
ン
バ
ラ
ン
ス
さ
が
不
思
議
な
か
わ
い
ら
し
  
1
3
才
の
女
の
子
が
こ
ん
な
格
好
を
し
て
も
普
通
は
似
合
わ
な
い
  
っ
て
い
た
 °





















   

  
そ
こ
ま
で
言
っ
て
何
故
か
ル
ミ
は
言
葉
を
切
っ
て
し
ま
っ
た
為
 
  
ご
主
人
様
を
守
護
さ
れ
つ
づ
け
て
い
る
方
で
:
:
:
:
 
  
え
 
今
で
も
あ
え
て
昇
格
試
験
を
受
け
ず
に
地
上
界
に
と
ど
ま
り
  
様
が
守
護
天
使
だ
っ
た
頃
に
は
メ
ガ
ミ
様
と
同
じ
ご
主
人
様
に
仕
  
れ
た
:
:
地
上
界
の
言
い
か
た
だ
と
妹
に
あ
た
る
方
で
 
メ
ガ
ミ
  
天
使
の
方
で
す
!
な
に
よ
り
メ
ガ
ミ
様
と
同
じ
聖
な
る
丘
で
生
ま
  
 
:
:
め
い
ど
の
世
界
の
守
護
天
使
達
の
間
は
凄
く
有
名
な
上
級
  
す
 °
  
俺
は
軽
い
頭
痛
を
覚
え
な
が
ら
や
っ
と
の
こ
と
で
言
葉
を
搾
り
出
  
 
:
:
先
輩
っ
て
 
ど
ん
な
先
輩
だ
よ
:
:
 
  
た
ん
で
す
け
ど
:
:
 
  
の
格
好
か
こ
の
格
好
を
す
る
の
が
決
ま
り
だ
っ
て
先
輩
に
教
わ
っ
  
 
そ
ん
な
:
:
ご
主
人
様
に
飲
み
物
を
持
っ
て
行
く
時
は
さ
っ
き
  
て
居
た
 °
  
て
ル
ミ
は
こ
れ
以
上
な
い
と
言
う
ぐ
ら
い
に
目
を
丸
く
し
て
驚
い
  
 
や
っ
と
の
こ
と
で
そ
れ
だ
け
の
言
葉
を
搾
り
出
し
た
俺
に
対
し
  
 
え
え
!
?
 
  
る
服
じ
ゃ
な
い
:
:
 
  
 
:
:
ご
め
ん
:
:
悪
い
け
ど
そ
れ
も
普
通
は
こ
う
い
う
時
に
着
  
る
 °
























   

  
て
 °
  
も
な
い
ル
ミ
の
先
輩
と
や
ら
の
姿
が
浮
か
ん
だ
よ
う
な
気
す
ら
し
  
れ
 
俺
は
思
わ
ず
天
を
仰
ぐ
:
:
そ
の
視
線
の
先
に
は
見
た
こ
と
  
例
し
な
い
:
:
と
言
う
実
例
を
今
ま
さ
に
目
の
前
で
見
せ
つ
け
ら
  
:
:
:
:
役
職
や
能
力
の
高
さ
と
人
格
の
レ
ベ
ル
は
必
ず
し
も
比
  
こ
う
で
す
よ
ね
?
 
  
 
:
:
先
輩
は
ウ
サ
ギ
の
守
護
天
使
で
す
か
ら
わ
た
し
の
場
合
は
  
り
す
る
 °
  
御
丁
寧
に
チ
ョ
|
カ
|
に
つ
い
て
い
る
の
は
大
き
な
ベ
ル
だ
っ
た
  
付
け
耳
や
角
は
ま
さ
に
牛
だ
っ
た
 °
  
牛
の
模
様
そ
の
も
の
な
柄
 
し
っ
ぽ
や
カ
チ
ュ
|
シ
ャ
に
付
い
た
  
所
々
に
:
:
つ
ま
り
一
般
的
な
人
が
持
っ
て
い
る
イ
メ
|
ジ
の
乳
  
し
ら
わ
れ
 
手
の
ひ
ら
ぐ
ら
い
の
サ
イ
ズ
の
黒
の
ま
だ
ら
模
様
が
  
レ
オ
タ
|
ド
は
基
本
的
に
は
白
で
縁
取
り
に
は
白
い
フ
ァ
|
が
あ
  
部
は
あ
ち
こ
ち
が
違
っ
て
い
た
 °
  
あ
た
ら
し
い
ル
ミ
の
服
は
バ
ニ
|
ガ
|
ル
に
よ
く
似
て
い
る
が
細
  
が
上
が
り
 
次
の
瞬
間
に
は
何
の
痕
跡
も
残
さ
ず
煙
は
消
え
た
 °
  
突
如
 
本
当
に
記
号
的
な
爆
発
音
が
し
て
濃
密
な
ピ
ン
ク
色
の
煙
  
 
:
:
:
:
あ
 
わ
た
し
勘
違
い
し
て
ま
し
た
:
:
え
っ
と
:
:
 
  
し
ば
ら
く
奇
妙
な
沈
黙
が
あ
た
り
を
支
配
す
る
 °







   

  
こ
ち
ら
を
振
り
か
え
っ
た
ル
ミ
と
一
瞬
目
が
合
う
が
 
ル
ミ
は
再
  
 
:
:
ご
主
人
様
:
:
 
  
ら
肩
を
掴
ん
で
引
き
と
め
た
 °
  
思
わ
ず
立
ち
あ
が
り
そ
の
ま
ま
消
え
入
り
そ
う
な
ル
ミ
を
後
ろ
か
  
り
な
が
ら
机
の
上
に
お
い
た
お
盆
を
取
り
に
戻
ろ
う
と
し
 
俺
は
  
ル
ミ
は
見
て
判
る
ほ
ど
が
っ
く
り
と
肩
を
落
す
と
半
ば
涙
目
に
な
  
っ
た
の
に
:
:
失
敗
:
:
で
し
た
か
:
:
 
  
し
い
の
を
我
慢
し
て
:
:
先
輩
に
教
わ
っ
た
通
り
に
一
生
懸
命
や
  
 
:
:
せ
っ
か
く
:
:
ご
主
人
様
に
喜
ん
で
も
ら
お
う
と
恥
ず
か
  
よ
:
:
 
  
け
ど
:
:
百
歩
譲
っ
て
も
 
普
段
は
 
そ
う
い
う
決
ま
り
は
な
い
  
要
が
あ
る
場
面
:
:
じ
ゃ
な
く
て
場
所
な
ら
あ
る
に
は
あ
る
ん
だ
  
 
:
:
飲
み
物
を
持
っ
て
い
く
と
き
に
そ
う
い
う
格
好
を
す
る
必
  
  
っ
て
の
は
確
か
な
ん
だ
ろ
う
け
ど
:
:
 °
  
女
神
さ
ま
の
妹
の
上
級
天
使
:
:
っ
て
い
う
か
ら
に
は
 
凄
い
 
  
ん
て
:
:
 
  
 
え
え
っ
!
?
で
も
先
輩
は
す
ご
い
方
な
ん
で
す
よ
?
担
ぐ
だ
な
  
か
?
 
  
 
ル
ミ
:
:
そ
れ
っ
て
 
そ
の
先
輩
に
担
が
れ
て
る
ん
じ
ゃ
な
い

   

  
 
確
か
に
先
輩
の
言
っ
た
こ
と
は
間
違
っ
て
い
た
け
れ
ど
 
間
違
  
は
り
ル
ミ
の
頬
に
は
一
筋
の
涙
が
伝
っ
て
い
た
の
だ
 °
  
注
意
し
な
く
て
は
判
ら
な
い
ぐ
ら
い
の
か
細
い
痕
と
は
言
え
 
  
 
ル
ミ
は
 
黒
目
が
ち
な
目
を
大
き
く
見
開
い
て
俺
を
見
上
げ
る
 °
  
  
  
い
な
 
  
 
む
し
ろ
そ
の
 
先
輩
 
と
や
ら
に
は
感
謝
し
な
く
ち
ゃ
い
け
な
  
を
少
し
ば
か
り
溶
か
し
て
い
た
様
だ
:
:
 °
  
:
:
さ
っ
き
ま
で
の
俺
の
中
に
あ
っ
た
 
先
輩
 
に
対
す
る
偏
見
  
 
謝
ら
な
く
て
い
い
:
:
 
少
女
の
幽
か
な
火
照
り
と
悲
し
み
は
  
議
な
ハ
|
モ
ニ
|
を
奏
で
な
が
ら
俺
の
中
に
溶
け
込
ん
で
く
る
 °
  
体
の
軋
み
と
少
女
に
不
釣
合
い
な
サ
イ
ズ
の
乳
房
の
弾
力
が
不
思
  
回
す
と
き
つ
く
抱
き
締
め
る
:
:
 °
1
3
才
の
少
女
の
華
奢
な
肢
  
俺
は
い
ま
に
も
泣
き
崩
れ
そ
う
な
ル
ミ
の
体
に
無
言
の
ま
ま
手
を
  
 
:
:
ご
め
ん
な
さ
い
:
:
 
  
流
し
た
涙
だ
っ
た
の
か
も
し
れ
な
い
:
:
が
目
に
入
っ
た
 °
  
で
い
る
の
が
:
:
い
や
 
俺
に
見
せ
ま
い
と
し
て
俯
い
た
ま
ま
に
  
照
り
 
う
な
じ
や
胸
の
谷
間
に
は
う
っ
す
ら
と
だ
が
汗
が
に
じ
ん
  
の
恥
ず
か
し
さ
は
相
当
な
も
の
だ
っ
た
の
か
 
少
女
の
肢
体
は
火
  
び
視
線
を
落
す
 °
努
め
て
平
静
を
装
っ
て
居
た
も
の
の
あ
の
格
好

   

  
  
∧
第
3
話
 
了
∨
  
  
も
り
に
包
ま
れ
て
い
る
気
が
し
た
:
:
 °
  
ル
ミ
の
優
し
さ
が
込
め
ら
れ
た
コ
|
ヒ
|
は
 
い
つ
も
と
違
う
温
  
ヒ
|
の
入
っ
た
カ
ッ
プ
を
取
り
上
げ
る
 °
  
か
が
っ
た
仕
草
で
ル
ミ
が
机
の
上
に
置
い
て
い
た
お
盆
か
ら
コ
|
  
い
た
事
に
気
が
付
き
 
照
れ
隠
し
に
 
微
笑
む
と
ち
ょ
っ
と
芝
居
  
そ
こ
ま
で
言
っ
て
か
ら
 
俺
は
ル
ミ
を
力
い
っ
ぱ
い
抱
き
締
め
て
  
い
ん
だ
よ
?
 
  
て
い
た
:
:
っ
て
の
が
こ
う
し
て
伝
わ
ら
な
か
っ
た
か
も
知
れ
な
  
を
教
え
な
か
っ
た
ら
 
ル
ミ
が
そ
こ
ま
で
俺
の
事
を
考
え
て
く
れ
  
 
そ
の
 
先
輩
 
が
 
そ
の
格
好
を
す
る
の
が
決
ま
り
 
っ
て
嘘
  
 
ご
主
人
様
:
:
 
  
い
て
く
れ
た
事
は
充
分
に
嬉
し
い
事
だ
し
ね
:
:
 
  
 
急
だ
っ
た
か
ら
驚
い
た
だ
け
で
 
そ
こ
ま
で
俺
の
事
を
思
っ
て
  
俺
は
ル
ミ
の
頬
に
手
を
伸
ば
す
と
ゆ
っ
く
り
と
涙
の
痕
を
拭
う
 °
  
か
ら
:
:
 
  
で
も
ら
う
 
為
の
こ
と
だ
っ
て
言
う
の
は
間
違
っ
て
い
な
い
ん
だ
  
っ
て
居
た
の
は
 
決
ま
り
 
だ
っ
て
こ
と
で
 
ご
主
人
様
に
喜
ん

  > ≫