大
手
は
採
用
さ
れ
に
く
い
と
い
う
の
も
あ
っ
た
が
 
新
興
事
務
所
  
の
ア
イ
ド
ル
プ
ロ
ダ
ク
シ
ョ
ン
に
志
願
す
る
す
る
こ
と
に
し
た
 °
  
そ
し
て
 
俺
は
大
手
で
は
な
く
あ
え
て
最
近
設
立
さ
れ
た
ば
か
り
  
に
上
京
し
て
き
た
 °
無
論
マ
ネ
|
ジ
ャ
|
と
し
て
 °
  
た
が
 
親
の
反
対
を
押
し
切
っ
て
芸
能
関
係
の
仕
事
に
就
く
た
め
  
何
も
な
い
地
方
の
田
舎
で
暮
ら
し
て
い
た
ア
イ
ド
ル
オ
タ
ク
だ
っ
  
の
若
僧
だ
 °
  
円
拓
斗
 
そ
れ
が
俺
の
名
前
だ
 °
高
校
を
出
た
ば
か
り
の
1
8
歳
  
 
  
ど
か
 
た
く
と
∨
で
す
が
 
  
 
も
し
も
し
 
キ
ャ
メ
ロ
ッ
ト
プ
ロ
ダ
ク
シ
ョ
ン
の
円
拓
斗
∧
ま
  
 
  
す
ぐ
に
扉
を
ノ
ッ
ク
し
た
 °
  
味
も
な
く
一
人
ご
ち
た
 °
  
都
内
某
ホ
テ
ル
の
と
あ
る
一
室
 
そ
の
扉
の
前
に
立
っ
た
俺
は
意
  
 
  
 
え
|
と
:
:
こ
の
部
屋
だ
よ
な
 
  
  
盛
眼
瑠
笛
 
作
  
超
乳
ア
イ
ド
ル
 
プ
ロ
デ
ュ
|
ス
伝
説
 
第
1
話







≪ <  

  
 
  
 
:
:
:
:
:
:
:
:
は
|
い
?
 
  
 
  
 
  
た
り
だ
 °
  
社
長
の
思
惑
は
知
ら
な
い
が
こ
ち
ら
と
し
て
は
願
っ
た
り
な
か
っ
  
ッ
ド
の
ス
|
ツ
を
着
こ
な
す
3
0
後
半
ぐ
ら
い
の
見
目
麗
し
い
女
  
こ
じ
ん
ま
り
し
た
事
務
所
を
見
回
し
な
が
ら
思
っ
た
 °
ワ
イ
ン
レ
  
も
足
り
ず
人
材
も
選
べ
な
い
の
だ
ろ
う
 
と
ホ
コ
リ
一
つ
な
い
が
  
運
が
い
い
と
思
う
こ
と
に
し
た
 °
き
っ
と
設
立
し
た
て
で
人
も
金
  
流
石
に
こ
ん
な
簡
単
に
採
用
さ
れ
た
の
に
は
少
々
戸
惑
っ
た
が
 
  
他
あ
っ
さ
り
と
採
用
さ
れ
た
 °
  
と
 
社
長
で
あ
る
朝
桐
君
子
∧
あ
さ
ぎ
り
 
き
み
こ
∨
に
思
い
の
  
 
  
 
え
え
 
わ
か
っ
た
わ
 °
あ
な
た
を
採
用
し
ま
す
 °
 
  
 
  
そ
こ
に
直
接
出
向
い
た
 °
す
る
と
す
ぐ
に
 
  
い
た
 
 
キ
ャ
メ
ロ
ッ
ト
プ
ロ
ダ
ク
シ
ョ
ン
 
に
 
ア
ポ
も
そ
こ
  
あ
っ
た
か
ら
だ
 °
そ
こ
で
俺
は
丁
度
マ
ネ
|
ジ
ャ
|
を
募
集
し
て
  
で
活
躍
し
 
自
分
の
力
で
大
き
く
し
て
い
き
た
い
と
い
う
欲
望
も

   

  
ド
ル
を
置
い
て
お
け
る
だ
け
の
余
裕
な
ど
あ
る
の
だ
ろ
う
か
 °
  
ロ
ダ
ク
シ
ョ
ン
で
金
も
な
い
だ
ろ
う
に
わ
ざ
わ
ざ
ホ
テ
ル
に
ア
イ
  
の
だ
ろ
う
 °
だ
が
 
そ
れ
に
し
て
も
疑
問
が
残
る
 °
ま
だ
弱
小
プ
  
ル
と
の
こ
と
ら
し
い
 °
設
立
間
も
な
い
の
だ
か
ら
し
ょ
う
が
な
い
  
聖
川
茉
莉
 °
キ
ャ
メ
ロ
ッ
ト
プ
ロ
ダ
ク
シ
ョ
ン
の
唯
一
の
ア
イ
ド
  
 
  
ら
あ
な
た
の
マ
ネ
|
ジ
ャ
|
に
な
る
円
拓
斗
で
す
 °
 
  
 
聖
川
茉
莉
∧
ひ
じ
り
か
わ
 
ま
り
∨
さ
ん
で
す
よ
ね
?
今
日
か
  
 
  
 
  
て
い
る
の
だ
ろ
う
 °
  
と
告
げ
ら
れ
た
 °
お
安
い
御
用
だ
 °
お
そ
ら
く
顔
合
わ
せ
も
兼
ね
  
 
  
ね
 
  
ド
ル
を
迎
え
に
行
っ
て
欲
し
い
の
 °
ま
だ
一
人
し
か
い
な
い
け
ど
  
 
そ
れ
じ
ゃ
あ
早
速
初
仕
事
を
し
て
も
ら
い
ま
す
 °
ウ
チ
の
ア
イ
  
 
  
俺
は
採
用
さ
れ
た
矢
先
に
社
長
か
ら
  
い
声
だ
 °
間
違
い
な
い
 °
  
部
屋
の
中
か
ら
声
が
返
っ
て
き
た
 °
扉
越
し
で
も
よ
く
通
る
可
愛

   

  
男
の
俺
を
遥
か
に
凌
駕
す
る
体
格
の
 
凄
ま
じ
く
巨
大
な
胸
と
尻
  
 
  
な
ぜ
な
ら
俺
の
目
の
前
に
は
|
  
な
ど
な
か
っ
た
 °
  
先
に
挨
拶
と
自
己
紹
介
を
し
よ
う
と
思
っ
て
い
た
が
そ
ん
な
余
裕
  
 
  
|
さ
ん
ね
?
よ
ろ
し
く
!
 
  
 
初
め
ま
し
て
!
私
は
聖
川
茉
莉
!
あ
な
た
が
私
の
マ
ネ
|
ジ
ャ
  
 
  
う
と
決
心
し
つ
つ
扉
を
開
け
る
 °
す
る
と
|
  
イ
ド
ル
で
も
う
ま
く
プ
ロ
デ
ュ
|
ス
し
て
や
ろ
う
 
や
っ
て
や
ろ
  
瞬
躊
躇
す
る
が
お
言
葉
に
甘
え
る
こ
と
に
し
た
 °
ま
あ
ど
ん
な
ア
  
仮
に
も
ア
イ
ド
ル
な
の
に
ず
い
ぶ
ん
と
不
用
心
な
 °
そ
う
思
い
一
  
 
  
|
 
  
 
あ
 
社
長
か
ら
聞
い
て
い
る
わ
!
鍵
あ
い
て
い
る
か
ら
入
っ
て
  
 
  
 
  
イ
ド
ル
と
会
う
の
が
先
だ
 °
  
は
い
え
今
は
そ
ん
な
こ
と
は
気
に
し
な
く
て
も
い
い
だ
ろ
う
 

   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
で
立
っ
て
い
た
か
ら
だ
 °
  
を
持
つ
水
着
姿
の
女
が
 
俺
に
視
線
を
合
わ
す
よ
う
に
前
か
が
み

  > ≫