同
じ
メ
ガ
ネ
を
か
け
て
い
る
|
  
女
も
黒
い
メ
ガ
ネ
を
身
に
着
け
て
い
た
 °
と
い
う
か
ど
う
見
て
も
  
俺
は
黒
縁
の
メ
ガ
ネ
を
か
け
て
い
る
は
ず
だ
っ
た
が
 
目
の
前
の
  
|
な
女
だ
 °
  
か
そ
う
な
体
つ
き
だ
 °
聖
川
茉
莉
に
は
劣
る
が
桁
違
い
に
グ
ラ
マ
  
っ
た
腹
回
り
を
除
き
全
体
的
に
万
遍
な
く
肉
が
付
い
て
お
り
柔
ら
  
そ
う
だ
 °
乳
首
も
手
の
ひ
ら
大
ほ
ど
あ
る
 °
そ
し
て
比
較
的
締
ま
  
胸
も
荒
ま
じ
い
 °
ほ
ぼ
球
形
で
直
径
だ
け
で
も
頭
二
つ
分
は
あ
り
  
腰
か
ら
急
激
な
カ
|
ブ
を
描
い
て
い
る
 °
  
き
い
 °
尻
は
そ
の
体
に
比
べ
遥
か
に
大
量
の
肉
を
蓄
え
て
お
り
 
  
し
か
し
特
筆
す
べ
き
は
そ
の
体
だ
 °
胸
や
尻
が
馬
鹿
み
た
い
に
大
  
ま
つ
毛
も
長
い
 °
  
顔
つ
き
は
整
っ
て
お
り
 
ク
|
ル
な
印
象
で
い
か
に
も
な
美
人
だ
 °
  
い
た
 °
少
し
低
め
の
大
人
び
た
色
気
の
感
じ
る
声
だ
 °
  
や
は
り
予
想
通
り
姿
見
の
中
の
女
が
唇
を
動
か
し
女
声
で
呟
い
て
  
 
  
 
嘘
だ
ろ
:
:
 
  
  
盛
眼
瑠
笛
 
作
  
超
乳
ア
イ
ド
ル
 
プ
ロ
デ
ュ
|
ス
伝
説
 
第
4
話







≪ <  

  
 
ま
だ
完
全
に
は
分
析
で
き
て
い
る
訳
で
は
な
い
の
だ
け
れ
ど
 
  
 
  
そ
う
な
の
か
 °
そ
ん
な
魔
法
の
よ
う
な
こ
と
が
 °
  
 
  
母
乳
の
力
な
の
 °
 
  
 
信
じ
ら
れ
な
い
と
思
う
け
ど
 
女
の
子
に
な
っ
た
の
は
茉
莉
の
  
 
  
社
長
が
苦
笑
交
じ
り
に
声
を
か
け
て
き
た
 °
  
 
  
 
悪
い
わ
ね
 
円
君
 °
騙
す
よ
う
な
こ
と
を
し
て
 
 
 
 
  
 
  
れ
る
 °
  
自
分
が
爆
乳
に
な
っ
た
こ
と
 
女
に
な
っ
た
こ
と
を
思
い
知
ら
さ
  
真
下
を
見
る
と
ほ
と
ん
ど
が
胸
で
肌
色
し
か
見
え
な
い
 °
改
め
て
  
ら
れ
な
か
っ
た
の
も
あ
っ
た
の
だ
ろ
う
 °
主
に
胸
が
だ
 °
  
俺
は
力
が
抜
け
そ
の
場
に
へ
た
り
込
ん
だ
 °
体
が
重
く
て
立
っ
て
  
っ
た
よ
う
だ
 °
  
だ
 °
間
違
い
な
い
 °
な
ぜ
か
は
知
ら
ん
が
俺
は
女
に
な
っ
て
し
ま
  
い
い
加
減
現
実
逃
避
は
や
め
よ
う
 °
目
の
前
の
女
は
俺
 
円
拓
斗
  
 

























   

  
た
の
よ
 °
 
  
 
い
え
 
ど
う
し
て
も
 
元
男
の
女
マ
ネ
|
ジ
ャ
|
が
欲
し
か
っ
  
 
  
雇
え
ば
す
む
話
で
は
な
い
の
か
 °
  
母
乳
で
俺
を
女
に
し
た
の
か
 °
最
初
か
ら
女
の
マ
ネ
|
ジ
ャ
|
を
  
ま
さ
か
そ
ん
な
こ
と
で
わ
ざ
わ
ざ
仕
組
み
も
よ
く
知
ら
な
い
謎
の
  
 
  
と
欲
情
し
て
仕
事
に
な
ら
な
い
ん
だ
っ
て
 °
 
  
 
私
っ
て
こ
の
通
り
す
ご
い
体
で
し
ょ
?
男
の
マ
ネ
|
ジ
ャ
|
だ
  
 
  
し
胸
を
揺
ら
し
な
が
ら
答
え
る
 °
  
俺
が
気
絶
す
る
前
と
同
様
ト
ッ
プ
レ
ス
の
茉
莉
が
 
腕
を
頭
に
回
  
 
  
 
う
ん
 
そ
れ
は
社
長
の
方
針
ら
し
い
ん
だ
け
ど
ね
|
 °
 
  
 
  
し
て
な
ぜ
俺
を
女
に
し
た
 °
  
実
に
い
い
加
減
な
説
明
で
助
か
る
 °
で
は
 
も
う
そ
れ
は
い
い
と
  
 
  
の
よ
 
  
母
乳
に
含
ま
れ
る
ホ
ル
モ
ン
が
な
ぜ
か
体
を
変
化
さ
せ
る
ら
し
い

   

  
快
感
が
走
っ
た
の
に
面
食
ら
っ
た
が
 
 
 
だ
が
同
時
に
社
長
が
 
  
俺
は
ほ
っ
と
胸
を
な
で
下
ろ
し
た
 °
そ
の
時
触
れ
た
胸
に
切
な
い
  
そ
う
か
 
戻
れ
る
の
か
 °
  
 
  
ん
で
も
性
転
換
す
る
か
ら
 °
 
  
 
私
の
ミ
ル
ク
を
も
う
一
度
飲
め
ば
元
に
は
戻
る
わ
よ
 °
女
が
飲
  
 
  
し
な
が
ら
 °
  
不
安
げ
に
聞
く
 °
今
す
ぐ
戻
せ
 
と
怒
鳴
り
た
く
な
る
の
は
我
慢
  
 
  
 
元
に
は
 
 
 
戻
れ
な
い
の
で
す
か
?
 
  
 
  
の
爆
乳
は
揺
れ
た
 °
  
は
あ
 
と
俺
は
溜
息
つ
い
で
の
相
槌
を
打
っ
た
 °
そ
れ
だ
け
で
俺
  
 
  
 
今
説
明
し
て
も
い
い
ん
だ
け
ど
 
 
 
ま
あ
い
ず
れ
分
か
る
わ
 °
 
  
 
  
い
が
 °
意
味
が
わ
か
ら
な
い
 °
  
即
座
に
答
え
る
社
長
 °
何
か
思
惑
が
あ
る
の
か
?
全
く
わ
か
ら
な
  
 

























   

  
 
  
が
 
 
 
  
と
は
い
え
流
石
に
女
に
な
る
と
い
う
の
は
と
ん
だ
大
番
狂
わ
せ
だ
  
弱
く
は
な
い
 °
で
な
け
れ
ば
わ
ざ
わ
ざ
上
京
な
ど
す
る
も
の
か
 °
  
る
こ
と
な
ど
日
常
茶
飯
事
だ
 °
こ
ん
な
こ
と
で
へ
こ
た
れ
る
ほ
ど
  
芸
能
界
に
は
予
想
だ
に
し
な
い
事
態
や
理
不
尽
な
状
況
に
晒
さ
れ
  
こ
ろ
だ
 °
  
|
ジ
ャ
|
と
し
て
働
け
れ
る
の
な
ら
ど
ん
な
条
件
で
も
望
ん
だ
と
  
元
に
戻
れ
る
こ
と
だ
け
を
確
認
で
き
る
だ
け
で
よ
か
っ
た
 °
マ
ネ
  
 
  
せ
て
下
さ
い
 °
 
  
 
い
え
 
後
で
も
構
い
ま
せ
ん
 °
茉
莉
の
マ
ネ
|
ジ
ャ
|
 
や
ら
  
 
  
た
 °
  
と
 
言
い
た
い
と
こ
ろ
だ
っ
た
が
最
初
か
ら
覚
悟
は
決
ま
っ
て
い
  
や
は
り
そ
う
か
 °
元
の
体
と
仕
事
 °
ど
ち
ら
を
優
先
す
べ
き
か
 
 
 
  
 
  
る
け
ど
い
い
の
?
 
  
 
今
す
ぐ
に
戻
っ
て
も
い
い
け
ど
 
 
 
そ
の
場
合
は
ク
ビ
に
な
  
 

























   

  
ス
|
ツ
を
着
た
ま
ま
女
体
化
し
て
し
ま
っ
た
た
め
 
ワ
イ
シ
ャ
ツ
  
も
っ
と
も
帰
る
以
前
に
服
に
困
っ
た
訳
だ
が
 °
  
た
 °
  
俺
は
社
長
に
命
じ
ら
れ
ホ
テ
ル
か
ら
直
接
家
路
に
つ
く
こ
と
に
し
  
 
  
 
ふ
う
 
 
 
今
日
は
大
変
だ
っ
た
 °
 
  
 
  
 
  
い
に
甘
い
声
を
あ
げ
た
 °
  
わ
ず
か
に
下
が
っ
た
俺
の
胸
が
茉
莉
の
超
乳
に
ぶ
つ
か
り
 
お
互
  
重
い
乳
を
震
わ
せ
な
が
ら
立
ち
上
が
り
 
茉
莉
に
軽
く
会
釈
し
た
 °
  
こ
ち
ら
こ
そ
よ
ろ
し
く
 °
  
 
  
 
そ
れ
じ
ゃ
あ
 
改
め
て
よ
ろ
し
く
ね
 
マ
ネ
|
ジ
ャ
|
!
 
  
 
  
か
ら
 °
  
ど
ち
ら
で
も
い
い
 °
男
で
も
女
で
も
な
く
マ
ネ
|
ジ
ャ
|
な
の
だ
  
 
  
を
待
っ
て
い
た
ん
だ
か
ら
!
 
  
 
そ
う
そ
う
 
そ
の
意
気
よ
!
君
み
た
い
な
男
 
あ
|
 
 
 

   

  
の
こ
と
な
の
で
変
え
さ
せ
ら
れ
た
 °
言
葉
遣
い
も
気
を
つ
け
ろ
と
  
 
女
に
な
っ
た
ん
だ
か
ら
 
一
人
称
が
  
だ
と
ま
ず
い
 
と
  
胸
を
縦
横
無
尽
に
揺
ら
し
な
が
ら
私
は
家
へ
と
歩
く
 °
  
と
い
う
わ
け
で
セ
|
タ
|
一
枚
に
包
ま
れ
た
だ
け
で
拘
束
の
な
い
  
 
  
 
  
ク
ス
∨
は
幸
い
き
つ
い
な
が
ら
も
入
っ
た
の
で
問
題
な
か
っ
た
 °
  
不
本
意
だ
が
了
承
す
る
こ
と
に
し
た
 °
ズ
ボ
ン
と
下
着
∧
ト
ラ
ン
  
 
  
い
立
派
な
お
っ
ぱ
い
な
ら
形
が
崩
れ
る
こ
と
も
な
い
か
ら
 
 
 
 
  
 
悪
い
け
ど
 
今
日
は
ノ
|
ブ
ラ
で
い
て
!
ま
あ
 
あ
な
た
ぐ
ら
  
 
  
|
は
全
く
サ
イ
ズ
が
合
わ
な
い
 °
  
そ
う
で
 
伸
び
縮
み
し
や
す
い
セ
|
タ
|
は
と
も
か
く
ブ
ラ
ジ
ャ
  
 
せ
い
ぜ
い
1
5
0
セ
ン
チ
く
ら
い
に
な
る
と
思
っ
て
て
 
い
た
  
が
 
ど
う
や
ら
 
  
服
と
し
て
セ
|
タ
|
や
ブ
ラ
ジ
ャ
|
を
用
意
は
し
て
く
れ
た
 °
  
と
は
い
え
社
長
は
一
応
そ
こ
は
想
定
し
て
い
た
の
か
 
代
わ
り
の
  
た
の
だ
 °
  
の
ボ
タ
ン
が
が
爆
乳
に
弾
き
飛
ば
さ
れ
て
着
ら
れ
な
く
な
っ
て
い

   

  
  
を
一
瞬
振
り
払
う
と
家
へ
と
足
を
早
め
た
 °
  
顔
が
赤
い
の
は
夕
日
の
せ
い
だ
ろ
う
と
無
理
や
り
結
論
づ
け
 
  
紅
潮
し
て
い
る
よ
う
な
気
が
す
る
 
 
 
  
な
ぜ
か
そ
れ
ほ
ど
嫌
だ
と
も
思
わ
な
か
っ
た
 °
む
し
ろ
顔
が
熱
く
  
周
囲
の
奇
異
の
目
に
晒
さ
れ
る
の
は
流
石
に
恥
ず
か
し
か
っ
た
が
 
  
っ
と
見
つ
め
て
く
る
者
も
多
い
 °
  
な
胸
だ
 °
す
れ
違
っ
て
か
ら
目
を
丸
く
し
て
急
に
振
り
返
り
 
  
注
目
を
集
め
て
い
た
 °
言
う
ま
で
も
な
く
視
線
の
先
は
私
の
巨
大
  
新
居
に
向
か
っ
て
歩
を
進
め
る
中
 
や
は
り
と
い
う
か
通
行
人
の
  
ら
れ
た
の
だ
 °
こ
ち
ら
と
し
て
は
返
っ
て
助
か
っ
た
 °
  
社
長
か
ら
ま
た
し
て
も
指
示
を
受
け
 
そ
こ
に
住
む
よ
う
に
命
じ
  
迂
闊
だ
っ
た
 °
  
え
運
が
悪
け
れ
ば
路
上
生
活
を
す
る
は
め
だ
っ
た
の
で
我
な
が
ら
  
住
む
家
を
決
め
て
い
な
か
っ
た
 °
結
果
的
に
見
つ
か
っ
た
と
は
い
  
そ
う
 
私
は
上
京
し
た
そ
の
足
で
事
務
所
に
訪
れ
て
い
た
た
め
 
  
る
 
 
 
ら
し
い
 °
  
ッ
ト
プ
ロ
ダ
ク
シ
ョ
ン
か
ら
ホ
テ
ル
ま
で
の
ほ
ぼ
中
間
地
点
に
あ
  
私
の
家
は
 
先
程
の
ホ
テ
ル
か
ら
歩
い
て
1
5
分
程
 
キ
ャ
メ
ロ
  
い
う
 °























  > ≫