早
々
に
中
退
し
て
し
ま
っ
た
の
を
機
会
に
家
を
飛
び
出
し
て
し
ま
  
そ
ん
な
最
悪
の
家
庭
環
境
に
耐
え
か
ね
 
学
費
が
払
え
ず
高
校
を
  
  
い
た
 °
  
と
も
あ
り
彼
の
母
親
は
疲
れ
果
て
千
秋
に
辛
く
当
た
る
な
ど
し
て
  
れ
た
 °
だ
が
女
手
ひ
と
つ
で
は
生
活
が
一
向
に
よ
く
な
ら
な
い
こ
  
千
秋
は
幼
い
頃
に
両
親
が
離
婚
し
て
し
ま
い
 
母
親
に
引
き
取
ら
  
  
ま
っ
た
の
で
あ
る
 °
  
彼
は
今
 
行
く
あ
て
も
な
く
街
を
さ
迷
っ
て
い
た
 °
家
出
し
て
し
  
  
少
年
で
あ
る
 °
  
瀬
千
秋
∧
や
な
せ
 
ち
あ
き
∨
 °
1
6
歳
で
高
校
1
年
 
だ
っ
た
  
そ
ん
な
こ
と
を
呟
き
な
が
ら
夜
の
街
中
を
歩
い
て
い
る
の
は
 
  
  
  
 
あ
|
あ
:
:
こ
れ
か
ら
ど
う
し
よ
う
か
 
  
  
盛
眼
瑠
笛
 
作
  
超
乳
ハ
ピ
ネ
ス
!



















≪ <  

  
  
  
こ
の
ま
ま
で
は
冗
談
で
は
な
く
本
当
に
野
垂
れ
死
に
そ
う
だ
っ
た
 °
  
  
父
親
の
居
場
所
も
わ
か
ら
な
い
し
親
戚
の
あ
て
す
ら
全
く
な
い
 °
  
千
秋
に
は
 
も
う
家
を
飛
び
出
し
た
以
上
他
に
身
寄
り
は
な
い
 °
  
  
  
 
:
:
:
:
こ
の
ま
ま
 
俺
死
ぬ
の
か
な
 
  
  
  
だ
 °
腹
の
虫
も
な
っ
て
い
る
 °
  
に
走
っ
て
い
た
こ
と
も
あ
り
ず
い
ぶ
ん
疲
れ
て
し
ま
っ
て
い
た
の
  
千
秋
は
路
地
裏
に
座
り
込
ん
だ
 °
家
か
ら
離
れ
よ
う
と
一
心
不
乱
  
  
  
 
は
あ
:
:
で
も
あ
ん
な
と
こ
へ
戻
る
よ
り
は
マ
シ
か
な
 
  
  
  
っ
た
の
で
あ
る
 °



















   

  
る
 °
  
欠
け
た
感
じ
だ
っ
た
が
美
人
だ
っ
た
 °
赤
い
眼
鏡
も
似
合
っ
て
い
  
女
は
茶
髪
の
セ
ミ
ロ
ン
グ
で
 
癖
っ
毛
の
目
立
つ
少
々
清
潔
感
に
  
  
  
 
俺
の
こ
と
?
 
  
  
  
そ
こ
に
は
か
な
り
背
の
高
い
 
白
衣
を
着
た
女
が
い
た
 °
  
千
秋
は
 
も
し
か
し
た
ら
自
分
の
こ
と
か
と
思
い
振
り
向
く
と
 
  
  
  
 
ね
え
 
あ
な
た
ど
う
し
た
の
?
 
  
  
  
や
る
こ
と
も
な
く
数
十
分
も
そ
う
し
て
い
た
時
 
  
寂
し
い
虚
ろ
な
目
を
し
な
が
ら
空
を
見
上
げ
黄
昏
て
い
た
 °
他
に
  
  
  
 
終
わ
っ
た
な
 
俺
の
人
生
:
:
:
:
短
か
っ
た
な
あ
 




   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
 
じ
ゃ
あ
さ
 
よ
か
っ
た
ら
私
の
と
こ
に
来
な
い
?
 
  
  
  
い
と
言
う
と
 
  
妙
な
聞
き
方
だ
っ
た
が
確
か
に
そ
う
と
し
か
言
え
な
い
の
で
 
  
  
  
 
も
し
か
し
て
 
あ
な
た
帰
る
場
所
と
か
な
い
感
じ
?
 
  
  


























   

  
な
い
 °
  
汚
れ
た
白
衣
と
乱
れ
た
髪
型
の
せ
い
で
そ
れ
以
上
に
見
え
な
く
も
  
う
だ
っ
た
 °
せ
い
ぜ
い
2
0
代
後
半
と
い
っ
た
と
こ
ろ
だ
が
 
  
路
地
裏
の
暗
が
り
で
は
わ
か
り
辛
か
っ
た
が
 
ま
だ
若
く
妙
齢
そ
  
  
  
科
学
者
の
小
池
ユ
リ
ア
っ
て
言
う
の
 °
ユ
リ
ア
と
で
も
呼
ん
で
ね
 
  
 
ど
う
い
た
し
ま
し
て
:
:
ま
あ
お
姉
さ
ん
も
い
い
け
ど
 
私
は
  
  
  
側
で
微
笑
み
つ
つ
頷
い
て
い
た
 °
  
咀
嚼
も
止
め
な
い
ま
ま
礼
を
言
う
と
 
女
は
テ
|
ブ
ル
の
向
か
い
  
  
  
か
と
思
っ
た
よ
 
  
 
あ
む
あ
む
:
:
!
う
ま
い
:
:
あ
り
が
と
う
お
姉
さ
ん
 °
死
ぬ
  
  
  
よ
う
に
食
べ
て
い
た
 °
  
千
秋
は
目
の
前
に
出
さ
れ
た
パ
ン
や
ら
缶
詰
 
弁
当
を
が
っ
つ
く

   

  
  
  
ど
う
や
ら
彼
女
は
こ
こ
で
と
あ
る
研
究
を
し
て
い
る
ら
し
い
 °
  
  
く
 
中
も
綺
麗
に
掃
除
さ
れ
て
い
た
 °
  
な
施
設
で
は
な
か
っ
た
が
 
地
下
も
あ
る
の
で
面
積
は
か
な
り
広
  
外
れ
た
郊
外
に
あ
る
建
物
だ
っ
た
 °
見
た
感
じ
は
そ
れ
ほ
ど
大
き
  
千
秋
が
ユ
リ
ア
の
車
に
乗
せ
ら
れ
向
か
っ
た
と
こ
ろ
は
 
街
か
ら
  
  
  
 
そ
の
前
に
説
明
す
る
わ
 °
こ
こ
は
ね
 
私
の
研
究
室
な
の
 
  
  
  
 
で
も
 
ど
う
し
て
俺
を
助
け
て
く
れ
た
の
?
 
  
  
  
m
く
ら
い
あ
り
そ
う
だ
 °
  
背
丈
は
中
肉
中
背
で
あ
る
千
秋
よ
り
一
回
り
大
き
く
 
1
8
0
c
  
  


























   

  
  
  
 
実
験
っ
て
?
 
  
  
  
 
私
の
ね
 
実
験
に
協
力
し
て
欲
し
い
の
 
  
  
  
  
い
つ
も
り
だ
っ
た
 °
  
て
は
感
謝
し
て
い
た
し
 
そ
の
た
め
な
ら
ど
ん
な
こ
と
も
厭
わ
な
  
そ
れ
で
も
赤
の
他
人
で
あ
る
自
分
を
匿
っ
て
く
れ
る
こ
と
に
対
し
  
千
秋
は
 
ユ
リ
ア
に
は
既
に
自
分
の
境
遇
に
つ
い
て
話
し
て
い
た
 °
  
  
  
 
お
願
い
?
助
け
て
く
れ
た
ん
だ
か
ら
何
で
も
協
力
す
る
よ
 
  
  
  
構
わ
な
い
ん
だ
け
ど
 
そ
の
代
わ
り
ひ
と
つ
お
願
い
が
あ
る
の
 
  
 
そ
こ
で
ね
千
秋
君
 °
今
日
か
ら
こ
こ
で
暮
ら
し
て
も
ら
っ
て
も

   

  
  
  
に
比
べ
た
ら
天
国
も
同
然
と
ま
で
考
え
て
い
た
 °
  
少
な
く
と
も
貧
し
い
上
に
母
親
に
き
つ
く
い
び
ら
れ
る
前
の
環
境
  
や
り
ま
す
 
任
せ
て
下
さ
い
と
 
千
秋
は
二
つ
返
事
で
快
諾
し
た
 °
  
  
  
る
の
よ
 
  
と
思
う
け
ど
い
い
わ
よ
ね
?
一
応
こ
の
研
究
所
 
私
の
家
で
も
あ
  
と
思
う
し
安
心
し
て
 °
後
は
 
家
の
用
事
と
か
も
や
っ
て
も
ら
う
  
 
ま
あ
 
死
ん
だ
り
怪
我
し
た
り
す
る
よ
う
な
実
験
は
や
ら
な
い
  
  
  
の
は
何
も
な
い
 °
実
験
体
く
ら
い
怖
く
は
な
か
っ
た
 °
  
さ
っ
き
ま
で
野
垂
れ
死
ぬ
運
命
だ
っ
た
自
分
に
は
 
も
う
失
う
も
  
  
そ
れ
く
ら
い
な
ら
お
安
い
御
用
だ
 
と
千
秋
は
思
っ
た
 °
  
  
  
 
ま
あ
 
主
に
投
薬
か
し
ら
ね
 













   

  
  
  
 
じ
ゃ
あ
ま
ず
は
 
こ
の
薬
を
飲
ん
で
ち
ょ
う
だ
い
 °
 
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
の
で
そ
の
ま
ま
実
験
に
協
力
す
る
こ
と
に
し
た
 °
  
早
い
な
 
と
は
思
っ
た
が
特
に
気
分
が
悪
い
わ
け
で
も
な
か
っ
た
  
  
  
  
 
よ
か
っ
た
!
じ
ゃ
あ
早
速
 
今
か
ら
始
め
て
も
い
い
か
し
ら
?
 
  


























   

  
予
想
以
上
に
早
く
終
わ
っ
た
 °
時
間
に
し
て
5
分
も
か
か
っ
て
い
  
  
  
ね
 
  
 
は
い
 
お
し
ま
い
!
お
疲
れ
様
 °
後
は
朝
ま
で
安
静
に
し
て
て
  
  
  
は
長
め
だ
っ
た
も
の
の
そ
れ
ほ
ど
痛
み
も
な
か
っ
た
 °
  
腕
に
消
毒
液
を
か
け
 
注
射
針
を
刺
す
 °
液
体
を
注
入
す
る
時
間
  
  
  
 
で
は
 
ち
ょ
っ
と
注
射
も
さ
せ
て
も
ら
う
わ
ね
 
  
  
  
も
な
か
っ
た
 °
  
飲
み
干
し
た
直
後
に
気
分
は
ど
う
?
と
聞
か
れ
た
が
特
に
な
ん
と
  
  
ず
拍
子
抜
け
し
て
し
ま
っ
た
 °
  
だ
っ
た
が
飲
ん
で
み
る
と
薄
い
ヨ
|
グ
ル
ト
の
よ
う
な
味
し
か
せ
  
渡
さ
れ
た
の
は
コ
ッ
プ
に
入
っ
た
白
い
液
体
だ
っ
た
 °
少
々
不
安

   

  
ン
ツ
一
枚
で
寝
て
も
問
題
な
か
っ
た
 °
千
秋
は
言
わ
れ
た
通
り
に
  
地
下
の
寝
室
は
暖
房
が
き
い
て
い
る
上
 
毛
布
も
暖
か
い
の
で
パ
  
  
  
実
験
の
た
め
だ
か
ら
!
 
  
 
あ
 
悪
い
け
ど
 
寝
巻
は
つ
け
な
い
で
寝
て
も
ら
っ
て
も
い
い
?
  
  
  
ど
で
あ
っ
た
 °
  
と
ま
で
は
言
え
な
い
が
 
千
秋
一
人
で
寝
る
に
は
十
分
過
ぎ
る
ほ
  
地
下
に
行
く
と
か
な
り
大
き
な
ベ
ッ
ド
が
あ
っ
た
 °
ふ
っ
か
ふ
か
  
  
  
 
こ
ん
な
ベ
ッ
ド
し
か
な
く
て
悪
い
け
ど
 
ゆ
っ
く
り
休
ん
で
ね
!
 
  
  
  
と
に
し
た
 °
  
何
は
と
も
あ
れ
安
静
に
す
る
よ
う
に
言
わ
れ
た
の
で
も
う
寝
る
こ
  
  
な
い
 °























   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
る
と
感
じ
た
が
す
ぐ
収
ま
っ
た
の
で
気
に
も
し
な
か
っ
た
 °
  
た
だ
眠
り
に
落
ち
る
最
中
 
妙
に
胸
が
む
ず
痒
く
 
火
照
っ
て
い
  
  
疲
れ
て
い
た
の
か
 
す
ぐ
に
眠
っ
て
し
ま
っ
た
 °
  
こ
ち
ら
こ
そ
と
返
し
な
が
ら
 
出
て
い
く
ユ
リ
ア
を
見
送
っ
た
 °
  
  
  
 
じ
ゃ
あ
 
今
日
は
あ
り
が
と
う
ね
!
お
や
す
み
|
 
  
  
  
し
た
 °























   

  
  
  
に
し
て
も
変
だ
な
と
思
い
な
が
ら
 °
  
内
さ
れ
る
ま
ま
に
歩
き
出
し
た
 °
妙
に
体
が
重
く
 
疲
れ
て
い
た
  
そ
う
い
え
ば
そ
う
だ
っ
た
と
 
寝
ぼ
け
た
頭
の
ま
ま
ユ
リ
ア
に
案
  
  
  
た
し
 
  
 
そ
う
だ
 
シ
ャ
ワ
|
浴
び
て
来
た
ら
?
昨
日
体
洗
え
て
な
か
っ
  
  
  
と
を
思
い
出
し
た
 °
  
千
秋
は
 
こ
こ
は
ど
こ
だ
と
一
瞬
思
っ
た
が
 
す
ぐ
に
昨
日
の
こ
  
  
昨
日
の
実
験
が
う
ま
く
い
っ
た
ら
し
か
っ
た
 °
  
目
を
覚
ま
す
と
 
目
の
前
に
ユ
リ
ア
が
声
を
挙
げ
喜
ん
で
い
た
 °
  
  
  
 
お
:
:
や
っ
た
!
実
験
大
成
功
ね
!
 
  


























   

  
  
  
  
  
  
  
る
 °
  
そ
こ
に
は
 
巨
大
な
胸
を
持
っ
た
謎
の
女
が
映
っ
て
い
た
の
で
あ
  
  
千
秋
は
 
鏡
を
見
て
思
わ
ず
息
が
止
ま
っ
た
 °
  
  
  
 
え
:
:
:
:
だ
 
誰
?
 
  
  
  
く
に
あ
る
洗
面
台
の
鏡
を
見
た
 °
す
る
と
 
  
寝
室
と
同
じ
く
地
下
に
あ
る
シ
ャ
ワ
|
ル
|
ム
に
入
る
前
に
 
  
  
  
 
は
い
 
こ
こ
が
シ
ャ
ワ
|
ル
|
ム
よ
 °
遠
慮
な
く
使
っ
て
ね
 

  > ≫