い
や
|
千
秋
ち
ゃ
ん
ま
す
ま
す
色
っ
ぽ
く
な
り
ま
し
た
ね
|
 
  
  
  
険
で
あ
る
 °
  
緩
や
か
な
揺
れ
で
も
今
に
も
ビ
キ
ニ
が
取
れ
そ
う
で
な
ん
と
も
危
  
  
下
が
る
胸
を
両
側
か
ら
挟
み
な
が
ら
弾
け
る
よ
う
に
揺
ら
す
 °
  
千
秋
は
前
か
が
み
に
な
っ
て
 
形
を
損
な
わ
ず
に
重
た
げ
に
吊
り
  
  
の
マ
イ
ク
ロ
ビ
キ
ニ
で
あ
る
 °
  
千
秋
は
ス
タ
ジ
オ
で
撮
影
中
だ
っ
た
 °
今
回
の
衣
装
は
ピ
ン
ク
色
  
  
  
 
は
い
:
:
:
:
 
  
  
  
 
じ
ゃ
あ
そ
の
ポ
|
ズ
の
ま
ま
体
を
揺
ら
し
て
く
だ
さ
|
い
!
 
  
  
盛
眼
瑠
笛
 
作
  
超
乳
ハ
ピ
ネ
ス
!



















≪ <  

  
に
達
し
て
お
り
 
重
さ
も
3
4
5
k
g
と
な
っ
て
い
た
 °
女
体
化
  
数
日
前
計
測
し
た
と
こ
ろ
 
胸
が
急
成
長
し
て
い
て
2
7
6
c
m
  
  
  
 
え
え
:
:
:
:
も
う
す
ぐ
更
新
す
る
予
定
で
す
よ
 
  
  
  
 
も
し
か
し
て
:
:
ま
た
胸
大
き
く
な
っ
た
ん
じ
ゃ
な
い
で
す
か
?
 
  
  
  
な
っ
た
よ
う
だ
と
ユ
リ
ア
も
感
じ
て
い
た
 °
  
事
実
 
ど
こ
と
な
く
だ
が
 
千
秋
は
依
然
と
比
べ
 
女
の
顔
 
に
  
  
た
 °
  
ス
タ
ッ
フ
と
ユ
リ
ア
は
雑
談
し
な
が
ら
千
秋
の
撮
影
を
眺
め
て
い
  
  
  
 
ふ
ふ
:
:
あ
り
が
と
う
ご
ざ
い
ま
す
 
  
  


























   

  
  
  
け
る
千
秋
を
尻
目
に
 
ユ
リ
ア
は
そ
の
場
を
去
っ
て
い
っ
た
 °
  
相
変
わ
ら
ず
ポ
ロ
リ
し
そ
う
な
危
な
っ
か
し
い
様
子
で
撮
影
を
続
  
  
  
 
あ
 
は
い
:
:
 
  
  
  
 
で
は
 
小
池
さ
ん
 °
ち
ょ
っ
と
打
ち
合
わ
せ
を
:
:
 
  
  
  
た
 °
  
の
成
長
が
再
開
し
て
い
る
点
は
ユ
リ
ア
に
と
っ
て
も
不
思
議
だ
っ
  
身
長
や
尻
は
変
わ
っ
て
い
な
い
が
 
な
ぜ
か
止
ま
っ
て
い
た
は
ず
  
  
れ
ば
胸
の
上
に
寄
り
か
か
っ
て
乗
る
こ
と
が
で
き
る
ほ
ど
 °
  
バ
ラ
ン
ス
ボ
|
ル
ほ
ど
の
大
き
さ
に
な
っ
て
お
り
 
そ
の
気
に
な
  
  
し
た
て
の
こ
ろ
か
ら
1
0
0
c
m
以
上
成
長
し
た
こ
と
に
な
る
 °

   

  
  
か
ら
ペ
ニ
ス
を
い
き
り
立
た
せ
て
い
た
 °
  
ツ
姿
 °
歩
は
ア
イ
ド
ル
衣
装
の
ま
ま
だ
が
 
既
に
ス
カ
|
ト
の
中
  
千
秋
は
水
着
の
ブ
ラ
を
取
っ
て
お
り
 
上
半
身
裸
の
ビ
キ
ニ
パ
ン
  
  
千
秋
の
控
室
で
向
か
い
合
う
二
人
 °
  
  
  
 
う
ん
:
:
 
  
  
  
 
千
秋
さ
ん
:
:
今
日
も
 
お
願
い
し
ま
す
!
 
  
  
  
  
  
  
  
  


























   

  
ナ
ニ
|
し
て
ま
し
た
:
:
 
  
 
千
秋
さ
ん
:
:
:
:
僕
我
慢
で
き
な
く
て
 
毎
日
1
0
回
も
オ
  
  
  
射
精
さ
せ
た
り
と
性
欲
を
解
放
す
る
絶
好
の
機
会
と
な
っ
て
い
た
 °
  
あ
ま
り
頻
繁
に
は
で
き
な
か
っ
た
が
 
お
互
い
胸
を
揉
ん
だ
り
 
  
  
情
事
を
繰
り
返
し
て
た
 °
  
あ
れ
か
ら
二
人
は
 
同
じ
ス
タ
ジ
オ
や
撮
影
現
場
に
入
る
度
に
 
  
  
だ
 °
  
挨
拶
代
わ
り
に
胸
を
揉
み
な
が
ら
 
歩
は
千
秋
と
の
再
開
を
喜
ん
  
  
  
 
ふ
ふ
っ
:
:
私
も
よ
 °
あ
ん
っ
 
  
  
  
き
れ
ま
せ
ん
で
し
た
よ
:
:
!
 
  
 
久
し
ぶ
り
で
す
ね
 °
い
つ
同
じ
ス
タ
ジ
オ
に
な
ら
な
い
か
待
ち
  


























   

  
  
  
 
う
ん
:
:
私
も
同
じ
く
ら
い
か
な
?
 
  
  
  
 
千
秋
さ
ん
も
オ
ナ
ニ
|
す
る
ん
で
す
か
?
 
  
  
  
 
あ
ら
:
:
:
:
そ
ん
な
に
私
で
す
る
の
気
持
ち
よ
か
っ
た
?
 
  
  
  
ス
ト
レ
ス
や
迷
い
が
な
く
な
っ
た
こ
と
も
大
き
く
あ
っ
た
 °
  
そ
の
裏
に
は
 
こ
う
し
て
思
い
切
り
甘
え
ら
れ
る
相
手
が
生
ま
れ
 
  
  
る
活
躍
も
期
待
で
き
る
ほ
ど
と
評
さ
れ
る
ほ
ど
に
な
っ
て
い
た
が
 
  
歩
も
 
依
然
と
輪
を
か
け
て
仕
事
に
精
彩
が
増
し
 
今
後
の
更
な
  
  
歩
は
千
秋
の
超
乳
に
顔
を
う
ず
め
な
が
ら
甘
え
て
く
る
 °
  
  


























   

  
  
 
じ
ゃ
あ
 
行
き
ま
す
ね
:
:
 
  
  
  
日
1
5
回
ほ
ど
と
歩
よ
り
遥
か
に
多
い
 °
  
ち
な
み
に
 
千
秋
の
オ
ナ
ニ
|
回
数
は
 
実
際
は
少
な
く
と
も
1
  
  
思
い
出
す
だ
け
で
十
分
な
オ
カ
ズ
に
な
る
 °
  
し
な
い
は
ず
が
な
か
っ
た
 °
写
真
な
ど
を
使
わ
な
く
と
も
情
事
を
  
直
接
胸
を
揉
ん
だ
り
搾
精
し
て
も
ら
っ
て
い
る
歩
な
ど
オ
カ
ズ
に
  
ま
し
て
や
 
他
の
フ
ァ
ン
は
見
て
い
な
い
千
秋
の
乳
首
を
拝
み
 
  
  
|
し
た
く
な
る
こ
と
も
よ
く
あ
る
ら
し
か
っ
た
 °
  
と
 
他
の
も
の
を
オ
カ
ズ
に
し
た
時
に
比
べ
ま
た
復
活
し
オ
ナ
ニ
  
不
思
議
な
こ
と
に
 
千
秋
を
オ
カ
ズ
に
オ
ナ
ニ
|
し
て
射
精
す
る
  
  
っ
た
 °
  
事
で
 
ネ
ッ
ト
上
で
は
 
精
子
泥
棒
 
と
ま
で
称
さ
れ
る
ほ
ど
だ
  
千
秋
は
そ
の
美
貌
と
超
乳
で
オ
カ
ズ
に
さ
れ
る
こ
と
は
日
常
茶
飯
  


























   

  
  
  
り
も
し
て
い
た
 °
  
も
も
に
ひ
た
す
ら
顔
を
擦
り
付
け
た
り
 
二
の
腕
や
腋
に
触
れ
た
  
歩
は
千
秋
の
胸
だ
け
で
は
な
く
全
身
が
好
き
な
よ
う
で
 
前
は
太
  
  
  
 
も
う
:
:
髪
の
毛
好
き
ね
:
:
ん
っ
:
:
 
  
  
  
髪
の
匂
い
を
嗅
ぎ
な
が
ら
も
腕
は
留
守
に
せ
ず
乳
を
揉
み
続
け
る
 °
  
  
歩
は
千
秋
の
麗
し
い
黒
髪
の
香
り
を
味
わ
っ
て
い
た
 °
  
  
  
 
す
|
っ
:
:
ふ
|
っ
:
:
あ
あ
:
:
い
い
匂
い
:
:
 
  
  
  
後
ろ
に
回
り
込
ん
だ
歩
は
千
秋
の
後
頭
部
に
顔
を
押
し
付
け
た
 °
  


























   

  
  
 
当
た
っ
て
る
:
:
歩
君
の
大
き
い
の
が
:
:
!
 
  
  
  
背
中
に
 
固
い
感
触
が
あ
っ
た
 °
  
  
  
 
す
|
ふ
|
:
:
:
:
す
|
:
:
 
  
  
  
何
よ
り
も
気
に
な
っ
た
の
が
 
  
  
た
 °
  
て
く
れ
て
る
こ
と
に
喜
ん
だ
り
と
複
雑
な
思
い
が
心
を
巡
っ
て
い
  
え
て
た
か
気
に
な
っ
た
り
 
自
分
の
体
全
て
に
興
味
津
々
に
な
っ
  
千
秋
は
顔
を
赤
ら
め
 
心
臓
を
高
鳴
ら
せ
る
 °
髪
は
ち
ゃ
ん
と
洗
  
  
  
:
:
心
が
安
ら
ぎ
ま
す
:
:
 
  
 
本
当
に
も
う
い
い
匂
い
で
す
:
:
果
物
の
よ
う
な
花
の
よ
う
な

   

  
  
  
  
  
  
 
そ
ろ
そ
ろ
 
し
な
い
?
 
  
  
  
千
秋
は
優
し
く
声
を
か
け
る
 °
  
  
  
 
い
い
の
:
:
:
:
そ
れ
よ
り
:
:
 
  
  
  
 
あ
っ
:
:
ご
め
ん
な
さ
い
 
  
  
  
た
歩
の
巨
大
な
ペ
ニ
ス
が
背
中
で
脈
を
打
っ
て
い
る
の
だ
 °
  
思
わ
ず
 
手
の
ひ
ら
で
顔
を
隠
し
て
し
ま
う
 °
髪
だ
け
で
勃
起
し
  


























   

  
  
 
あ
っ
:
:
歩
く
:
:
ん
:
:
来
る
!
 
  
  
  
痛
気
持
ち
よ
さ
に
勃
起
さ
せ
ら
れ
る
 °
  
手
前
に
向
か
っ
て
搾
り
出
さ
れ
る
よ
う
に
乳
首
を
引
っ
張
ら
れ
 
  
  
  
 
う
ん
:
:
:
:
き
ゅ
ん
っ
:
:
ん
ん
!
 
  
  
  
前
方
に
戻
っ
た
歩
は
 
千
秋
の
乳
首
を
執
拗
に
い
じ
る
 °
  
  
  
 
今
日
も
搾
り
ま
す
ね
:
:
 
  
  
  
  
  


























   

  
  
  
を
搾
る
よ
う
で
あ
る
 °
  
c
m
ほ
ど
に
な
る
の
で
揉
む
の
も
一
苦
労
で
 
ま
さ
に
牛
の
乳
房
  
千
秋
の
乳
輪
は
直
径
1
5
c
m
 °
乳
首
も
勃
起
す
る
と
太
さ
が
5
  
  
  
た
く
さ
ん
出
る
よ
う
に
:
:
:
:
や
あ
ん
!
 
  
 
さ
 
最
近
ま
た
お
っ
ぱ
い
大
き
く
な
っ
た
か
ら
ぁ
:
:
母
乳
も
  
  
  
 
わ
あ
:
:
今
日
も
た
く
さ
ん
出
て
ま
す
ね
 
  
  
  
搾
ら
れ
る
と
母
乳
が
出
る
よ
う
に
な
っ
て
い
る
の
だ
 °
  
最
近
で
は
絶
頂
し
な
く
て
も
 
あ
る
程
度
性
感
を
覚
え
た
状
態
で
  
  
ば
る
 °
  
間
も
な
く
噴
乳
し
た
 °
乳
首
か
ら
シ
ャ
ワ
|
の
様
に
母
乳
が
散
ら
  


























   

  
  
  
 
じ
ゃ
あ
 
そ
ろ
そ
ろ
:
:
:
:
 
  
  
  
っ
た
 °
  
超
乳
の
中
は
広
く
 
大
き
い
の
で
念
入
り
に
じ
っ
く
り
塗
っ
て
い
  
  
歩
は
母
乳
を
す
く
う
と
 
千
秋
の
胸
の
谷
間
に
塗
り
始
め
た
 °
  
  
  
 
は
い
 
そ
う
で
す
ね
:
:
 
  
  
  
し
て
欲
し
い
な
っ
:
:
 
  
 
ん
ん
っ
:
:
歩
君
 
飲
む
の
も
い
い
け
ど
:
:
:
:
そ
ろ
そ
ろ
  
  
  
よ
 
  
 
ん
く
っ
:
:
お
い
し
い
:
:
ま
す
ま
す
お
い
し
く
な
っ
て
ま
す

   

  
母
乳
が
ロ
|
シ
ョ
ン
代
わ
り
に
な
っ
て
滑
り
を
良
く
し
て
い
る
 °
  
  
て
お
り
 
い
わ
ゆ
る
 
縦
パ
イ
ズ
リ
 
の
ス
タ
イ
ル
で
あ
る
 °
  
千
秋
の
真
正
面
か
ら
歩
が
ペ
ニ
ス
を
挿
し
込
ん
で
前
後
に
動
か
し
  
  
  
:
擦
れ
て
:
:
い
い
!
 
  
 
ん
ん
:
:
あ
ん
っ
:
:
:
:
い
い
:
:
お
ち
ん
ち
ん
が
:
:
:
  
  
  
か
く
て
:
:
:
:
気
持
ち
い
い
:
:
:
:
!
 
  
 
く
う
ぅ
:
:
や
っ
ぱ
り
:
:
:
:
お
っ
ぱ
い
が
ふ
ん
わ
り
柔
ら
  
  
  
そ
う
 
パ
イ
ズ
リ
で
あ
る
 °
  
  
歩
は
お
も
む
ろ
に
 
自
分
の
ペ
ニ
ス
を
千
秋
の
谷
間
に
挿
入
し
た
 °
  
  
  
 
は
い
 
で
は
挿
れ
ま
す
ね
:
:
 












   

  
  
千
秋
に
も
わ
か
っ
た
 °
  
ら
せ
る
よ
う
で
 
挿
入
前
よ
り
明
ら
か
に
巨
大
化
し
て
い
る
の
が
  
ま
た
 
母
乳
は
ペ
ニ
ス
の
大
き
さ
も
通
常
よ
り
大
き
く
膨
れ
上
が
  
  
す
さ
ま
じ
い
快
感
に
身
を
震
わ
せ
る
こ
と
に
な
る
 °
  
だ
が
絶
頂
し
て
い
る
わ
け
で
は
な
い
の
で
果
て
ず
に
続
い
た
ま
ま
 
  
  
通
の
刺
激
も
射
精
並
み
の
快
感
に
な
る
 °
  
な
ぜ
か
千
秋
の
母
乳
を
か
け
る
と
 
ペ
ニ
ス
の
感
度
が
増
し
 
  
  
  
 
あ
ら
:
:
:
:
歩
君
に
吸
わ
れ
て
る
時
の
私
と
同
じ
ね
:
:
 
  
  
  
:
:
も
っ
と
も
っ
と
:
:
気
持
ち
よ
く
な
っ
て
き
ま
す
:
:
 
  
 
射
精
し
て
る
み
た
い
に
気
持
ち
い
い
の
に
 
ま
だ
出
な
い
:
:
  
  
  
更
に
 
そ
れ
だ
け
で
は
な
く
 














   

  
  
  
は
少
な
か
ら
ぬ
快
楽
を
も
た
ら
す
も
の
と
な
っ
て
い
る
 °
  
乳
肉
全
体
が
性
感
帯
と
化
し
て
い
る
千
秋
に
と
っ
て
は
パ
イ
ズ
リ
  
普
通
の
女
性
な
ら
ば
パ
イ
ズ
リ
で
気
持
ち
よ
く
は
な
れ
な
い
が
 
  
  
的
な
快
感
を
与
え
て
く
れ
て
い
た
 °
  
っ
た
 °
長
大
な
触
手
が
超
乳
の
谷
間
を
激
し
く
行
き
来
し
 
刺
激
  
疑
似
的
な
パ
イ
ズ
リ
な
ら
例
の
触
手
で
何
度
も
や
っ
た
こ
と
が
あ
  
  
  
:
:
:
:
 
  
 
あ
あ
:
:
:
:
歩
君
の
が
:
:
:
:
私
の
お
っ
ぱ
い
犯
し
て
る
  
  
  
ま
る
ご
と
包
み
込
め
て
し
ま
う
の
だ
が
 °
  
も
っ
と
も
 
千
秋
の
超
乳
の
前
で
は
そ
ん
な
常
識
外
の
巨
根
す
ら
  
  
て
今
の
歩
の
ペ
ニ
ス
は
3
0
c
m
近
い
長
さ
と
な
っ
て
い
る
 °
  
母
乳
を
飲
ん
で
も
巨
大
化
を
促
進
す
る
ら
し
く
 
そ
れ
と
合
わ
せ

   

  
は
ど
う
で
も
い
い
と
ば
か
り
に
 
パ
イ
ズ
リ
の
快
感
に
よ
が
り
続
  
な
ぜ
だ
か
は
千
秋
本
人
に
も
わ
か
ら
な
か
っ
た
が
 
そ
ん
な
こ
と
  
  
ゅ
ん
と
鳴
る
な
る
く
ら
い
だ
っ
た
 °
  
な
ら
な
い
ほ
ど
感
じ
て
お
り
 
思
わ
ず
子
宮
や
心
臓
が
切
な
く
き
  
い
る
は
ず
の
歩
の
ペ
ニ
ス
だ
っ
た
が
 
な
ぜ
か
触
手
な
ど
問
題
に
  
大
き
い
が
触
手
よ
り
は
か
な
り
小
さ
く
 
激
し
さ
も
見
劣
り
し
て
  
  
  
歩
君
の
お
ち
ん
ち
ん
を
く
わ
え
て
喜
ん
で
る
ぅ
!
 
  
 
う
ん
:
:
き
ゃ
あ
ん
!
あ
!
そ
 
そ
う
ね
:
:
私
の
お
っ
ぱ
い
 
  
  
  
び
く
と
跳
ね
 
喜
び
に
打
ち
震
え
る
 °
  
ん
で
い
る
 °
時
折
陰
茎
が
 
谷
間
の
中
で
新
鮮
な
魚
の
様
に
び
く
  
2
7
6
c
m
の
超
乳
の
圧
倒
的
乳
圧
が
 
歩
の
ペ
ニ
ス
を
包
み
込
  
  
  
:
:
:
:
お
っ
ぱ
い
が
 
僕
を
食
べ
ち
ゃ
い
ま
す
:
:
:
:
 
  
 
ふ
う
:
:
は
あ
:
:
き
 
気
持
ち
よ
過
ぎ
て
:
:
腰
が
震
え
る

   

  
て
る
!
精
液
が
:
:
:
:
く
る
!
 
  
 
ほ
っ
:
:
あ
 
あ
あ
!
歩
君
の
お
ち
ん
ち
ん
が
!
た
 
高
鳴
っ
  
  
  
の
追
い
打
ち
に
な
っ
た
 °
  
し
か
も
こ
れ
は
同
じ
く
絶
頂
を
前
に
し
た
千
秋
に
と
っ
て
も
格
好
  
歩
は
射
精
直
前
の
快
感
の
急
上
昇
に
合
わ
せ
腰
の
動
き
を
速
め
る
 °
  
  
お
互
い
に
絶
頂
が
近
い
の
を
知
ら
せ
合
う
 °
  
  
  
 
わ
 
私
も
:
:
:
:
き
ち
ゃ
う
:
:
か
も
:
:
:
:
 
  
  
  
:
:
:
:
も
っ
と
す
ご
い
の
が
:
:
:
:
!
!
!
 
  
ち
ゃ
い
ま
す
!
い
 
今
も
射
精
し
て
る
く
ら
い
気
持
ち
い
い
の
に
  
 
あ
:
:
:
:
き
 
来
ま
す
:
:
:
:
す
ご
い
の
が
:
:
で
 
  
  
  
け
て
い
た
 °





















   

  
  
  
が
:
:
:
:
私
の
お
っ
ぱ
い
に
:
:
:
:
中
出
し
ぃ
:
:
:
:
 
  
 
あ
:
:
あ
っ
:
:
:
:
精
子
:
:
:
:
精
液
:
:
:
:
!
歩
君
  
  
  
噴
き
出
し
て
き
た
 °
  
あ
っ
と
い
う
間
に
深
い
は
ず
の
谷
間
か
ら
精
液
が
湧
き
水
の
様
に
  
  
液
体
が
爆
ぜ
る
よ
う
な
音
を
立
て
な
が
ら
 
歩
は
射
精
し
た
 °
  
  
  
 
ぐ
っ
:
:
:
:
あ
あ
あ
!
で
 
出
る
う
!
 
  
  
  
来
る
の
を
感
じ
た
 °
  
に
歩
の
ペ
ニ
ス
か
ら
の
脈
動
が
伝
わ
り
 
精
液
が
せ
り
上
が
っ
て
  
も
う
何
回
も
パ
イ
ズ
リ
を
し
て
い
る
の
で
わ
か
っ
た
が
 
乳
越
し
  
  


























   

  
  
二
人
の
絶
頂
が
止
ま
っ
た
の
は
数
分
後
だ
っ
た
 °
  
  
  
ん
!
あ
あ
あ
:
:
い
や
あ
あ
!
 
  
 
わ
:
:
:
:
わ
た
ひ
も
:
:
:
:
き
も
ち
よ
す
ひ
:
:
:
:
ん
  
  
  
:
:
と
ま
ら
な
い
:
:
 
  
 
ち
 
千
秋
さ
ん
:
:
:
:
射
精
が
:
:
ふ
あ
あ
:
:
し
ゃ
せ
い
  
  
  
母
乳
を
再
び
噴
き
な
が
ら
 
千
秋
は
絶
頂
に
達
し
た
 °
  
  
  
が
:
:
イ
ッ
:
:
:
:
イ
ッ
っ
て
る
う
う
う
う
!
!
!
!
 
  
 
き
ゅ
:
:
ん
ん
!
は
う
ぅ
!
き
 
き
た
あ
あ
!
!
!
お
っ
ぱ
い
  
  
  
精
液
の
熱
と
 
匂
い
が
と
ど
め
に
な
っ
た
 °









   

  
絶
頂
し
た
直
後
は
 
乳
首
は
ひ
ど
く
敏
感
に
な
る
 °
だ
が
 
千
秋
  
  
  
我
慢
 
ん
ん
!
で
き
な
い
じ
ゃ
な
い
:
:
!
 
  
 
も
 
も
う
っ
:
:
:
:
い
 
今
吸
わ
れ
た
ら
:
:
:
:
あ
ん
っ
!
  
  
  
歩
は
千
秋
の
乳
首
を
し
ゃ
ぶ
り
 
母
乳
を
吸
っ
て
い
た
 °
  
  
  
:
:
:
:
ん
く
っ
 
全
然
飽
き
ま
せ
ん
:
:
 
  
 
僕
も
:
:
:
:
ち
ゅ
|
:
:
千
秋
さ
ん
の
お
っ
ぱ
い
最
高
で
す
  
  
  
:
:
:
:
パ
イ
ズ
リ
気
持
ち
よ
か
っ
た
ぁ
|
 
  
 
は
|
っ
:
:
:
:
は
|
:
:
:
:
何
度
や
っ
て
も
気
持
ち
い
い
  
  
  
か
ら
な
い
 °
  
周
り
は
白
い
液
体
塗
れ
で
 
ど
れ
が
母
乳
で
ど
れ
か
精
液
か
も
わ

   

  
  
  
千
秋
は
何
か
思
い
立
っ
た
 °
  
  
  
 
あ
 
待
っ
て
 °
そ
の
前
に
:
:
:
:
 
  
  
  
せ
つ
け
ん
と
ば
か
り
に
浮
き
出
て
い
る
 °
  
し
か
も
さ
っ
き
よ
り
も
固
さ
が
増
し
て
お
り
 
血
管
も
血
流
を
見
  
  
既
に
そ
び
え
立
っ
て
い
た
 °
  
歩
の
ペ
ニ
ス
は
 
出
し
て
1
0
分
も
経
っ
て
い
な
い
と
い
う
の
に
  
  
  
 
ん
く
っ
:
:
:
:
さ
あ
 
ま
た
し
ま
し
ょ
う
 
パ
イ
ズ
リ
!
 
  
  
  
良
く
し
よ
う
と
す
る
 °
  
は
本
気
で
は
嫌
が
っ
て
お
ら
ず
 
む
し
ろ
自
ら
の
乳
を
揉
み
出
を

   

  
  
い
る
ら
し
い
と
は
わ
か
っ
た
 °
  
言
わ
れ
る
が
ま
ま
に
手
伝
っ
て
い
る
歩
 °
何
か
衣
装
に
着
替
え
て
  
  
  
 
は
い
:
:
こ
う
で
す
か
?
 
  
  
  
 
そ
う
 
こ
れ
を
乳
首
に
付
け
て
:
:
 
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
 
い
い
も
の
が
あ
る
ん
だ
け
ど
:
:
:
:
手
伝
っ
て
く
れ
る
?
 

   

  
  
ニ
プ
レ
ス
 °
  
そ
し
て
乳
首
の
先
端
に
は
鼻
輪
の
よ
う
な
リ
ン
グ
を
取
り
付
け
た
  
  
カ
ウ
ベ
ル
 °
  
二
本
の
角
の
様
な
も
の
を
あ
し
ら
え
た
カ
チ
ュ
|
シ
ャ
に
首
に
は
  
  
ト
 °
  
尻
肉
に
食
い
込
ん
だ
同
じ
く
白
黒
の
ビ
キ
ニ
パ
ン
ツ
と
赤
い
ベ
ル
  
  
白
黒
模
様
の
ア
|
ム
ウ
ォ
|
マ
|
と
ソ
ッ
ク
ス
 °
  
  
歩
は
目
を
輝
か
せ
た
 °
千
秋
の
姿
に
目
を
奪
わ
れ
た
の
だ
 °
  
  
  
 
お
お
:
:
:
:
千
秋
さ
ん
 
こ
れ
は
!
 
  
  
  
 
は
い
 
完
成
!
ど
う
?
 
  


























   

  
  
 
ど
 
ど
う
し
た
ん
で
す
か
こ
の
衣
装
:
:
:
:
 
  
  
  
の
痴
女
に
し
か
見
え
な
い
 °
  
な
ん
て
言
葉
で
も
足
り
な
い
ほ
ど
の
衣
装
 °
傍
か
ら
見
れ
ば
た
だ
  
股
間
と
乳
首
以
外
は
肌
を
さ
ら
け
出
し
て
い
る
 
そ
ん
な
際
ど
い
  
  
ず
 
ソ
ッ
ク
ス
も
膝
ま
で
し
か
な
い
 °
  
い
込
ん
だ
パ
ン
ツ
の
せ
い
で
何
も
履
い
て
な
い
よ
う
に
し
か
見
え
  
下
半
身
も
ま
と
も
に
隠
れ
て
い
る
の
は
女
性
器
だ
け
で
 
尻
は
食
  
  
く
ら
い
で
 
胸
は
何
に
も
支
え
ら
れ
て
い
な
い
解
放
状
態
で
あ
る
 °
  
そ
れ
も
相
当
露
出
度
が
高
く
 
上
半
身
で
隠
し
て
い
る
の
は
乳
首
  
  
そ
う
 
完
全
に
牛
 
そ
れ
も
乳
牛
を
模
し
た
格
好
だ
っ
た
 °
  
  
  
 
ふ
ふ
っ
:
:
:
:
ホ
ル
ス
タ
イ
ン
千
秋
で
す
!
 
  


























   

  
歩
も
何
か
思
い
つ
い
た
よ
う
だ
っ
た
 °
  
  
  
 
あ
 
千
秋
さ
ん
 
そ
れ
な
ら
:
:
:
:
 
  
  
  
と
す
る
と
 
  
千
秋
が
歩
の
ペ
ニ
ス
を
受
け
入
れ
よ
う
と
胸
を
前
に
付
き
だ
そ
う
  
  
  
:
:
 
  
 
じ
ゃ
あ
 
ホ
ル
ス
タ
イ
ン
パ
イ
ズ
リ
 
た
っ
ぷ
り
味
わ
っ
て
ね
  
  
  
欲
望
は
日
々
エ
ス
カ
レ
|
ト
し
て
い
く
の
で
あ
る
 °
  
今
度
だ
す
D
V
D
で
披
露
す
る
予
定
の
衣
装
だ
っ
た
 °
フ
ァ
ン
の
  
  
  
 
そ
の
:
:
さ
っ
き
の
撮
影
で
ね
:
:
 
  


























   

  
歩
は
 
千
秋
の
胸
を
下
か
ら
支
え
た
 °
す
る
と
 
  
  
  
 
じ
 
実
は
:
:
:
:
ち
ょ
っ
と
ご
め
ん
な
さ
い
 
  
  
  
も
圧
死
し
か
ね
な
い
 °
  
バ
イ
ク
2
台
分
の
重
さ
で
の
し
か
か
ら
れ
た
ら
大
の
男
で
あ
っ
て
  
  
身
の
体
重
と
合
わ
せ
る
と
4
0
0
k
g
は
軽
く
超
え
る
 °
  
当
然
反
対
だ
っ
た
 °
千
秋
の
超
乳
は
今
や
3
4
5
k
g
 °
千
秋
自
  
  
  
 
え
え
!
そ
 
そ
れ
は
ダ
メ
よ
:
:
:
:
 
  
  
  
か
っ
て
パ
イ
ズ
リ
し
て
く
れ
ま
せ
ん
か
?
 
  
 
あ
の
 
僕
が
仰
向
け
に
な
り
ま
す
か
ら
 
千
秋
さ
ん
が
の
し
か
  
  


























   

  
  
  
 
実
は
僕
 
か
な
り
力
付
い
て
る
み
た
い
な
ん
で
す
 
  
  
  
乳
に
隠
れ
て
見
え
な
か
っ
た
が
 
真
下
か
ら
聞
こ
え
た
 °
  
  
  
 
ふ
ふ
:
:
千
秋
さ
ん
 
黙
っ
て
い
た
ん
で
す
け
ど
 
 
  
  
  
戸
惑
っ
て
い
る
と
 
声
が
か
か
っ
た
 °
  
  
線
だ
っ
た
は
ず
が
 
歩
の
姿
が
な
い
 °
  
突
如
視
線
が
上
が
っ
た
 °
立
膝
に
な
っ
て
い
た
の
で
歩
と
同
じ
視
  
  
  
 
お
 
お
お
お
!
な
 
な
に
!
?
 
  
  


























   

  
秋
は
悟
っ
た
 °
  
母
乳
に
も
力
を
増
強
す
る
効
果
が
あ
る
の
か
も
し
れ
な
い
 
と
千
  
ど
う
や
ら
 
自
分
も
成
長
す
る
に
つ
れ
筋
力
が
付
い
た
よ
う
に
 
  
  
  
分
で
も
信
じ
ら
れ
ま
せ
ん
が
:
:
:
:
 
  
し
て
か
ら
段
々
体
に
力
が
湧
く
よ
う
に
な
っ
た
と
思
い
ま
す
 °
  
 
な
ぜ
か
は
わ
か
り
ま
せ
ん
け
ど
 
千
秋
さ
ん
の
母
乳
を
飲
み
だ
  
  
  
他
人
に
持
ち
上
げ
ら
れ
る
新
鮮
な
感
覚
を
無
邪
気
に
喜
ぶ
 °
  
  
  
 
ど
 
ど
う
し
て
!
わ
あ
|
す
ご
い
!
す
ご
い
わ
歩
君
!
 
  
  
  
ど
う
や
ら
 
力
が
付
い
て
る
と
い
う
の
は
本
当
ら
し
か
っ
た
 °
  
  
千
秋
は
完
全
に
足
が
地
上
か
ら
離
れ
て
い
た
の
だ
 °
  
な
ん
と
 
歩
が
千
秋
ご
と
超
乳
を
ま
る
ま
る
持
ち
上
げ
て
い
た
 °

   

  
た
 °
  
今
ま
で
に
な
い
惚
け
た
顔
を
し
な
が
ら
快
諾
し
 
歩
を
押
し
倒
し
  
  
  
 
う
ふ
:
:
し
ょ
う
が
な
い
わ
ね
ぇ
:
:
 
  
  
  
た
ま
た
力
強
く
な
っ
た
歩
の
た
く
ま
し
さ
に
惚
れ
た
の
か
 
  
そ
の
い
じ
ら
し
い
様
子
を
た
ま
ら
な
く
可
愛
く
思
っ
た
の
か
 
  
  
千
秋
を
下
ろ
し
 
待
ち
き
れ
な
い
様
子
で
せ
が
む
歩
 °
  
  
  
い
!
 
  
 
じ
ゃ
あ
 
い
い
で
す
よ
ね
!
の
し
か
か
り
パ
イ
ズ
リ
し
て
下
さ
  
  
  
ま
で
筋
肉
の
か
け
ら
も
付
い
た
様
子
は
な
か
っ
た
が
 °
  
た
だ
 
千
秋
自
身
も
そ
う
で
あ
る
よ
う
に
 
今
の
歩
は
華
奢
な
ま
  


























   

  
  
  
 
う
ん
:
:
も
 
モ
|
!
 
  
  
  
 
大
丈
夫
で
す
:
:
:
:
あ
の
 
牛
の
真
似
し
て
下
さ
い
!
 
  
  
  
な
い
 °
  
預
け
て
い
る
が
 
悲
鳴
を
あ
げ
た
り
ひ
し
ゃ
げ
た
り
す
る
様
子
も
  
完
全
に
歩
の
ペ
ニ
ス
を
挟
み
込
み
 
超
乳
の
重
さ
を
歩
の
胴
体
に
  
  
  
 
あ
り
が
と
う
ご
ざ
い
ま
す
:
:
で
も
 
平
気
で
す
よ
 
  
  
  
ぐ
言
っ
て
ね
?
 
  
 
ど
 
ど
う
?
苦
し
く
な
い
?
ち
ょ
っ
と
で
も
危
な
か
っ
た
ら
す
  
  


























   

  
リ
を
続
け
る
 °
ニ
プ
レ
ス
の
隙
間
か
ら
母
乳
が
染
み
出
て
き
て
い
  
ま
だ
絶
頂
か
ら
間
も
な
く
 
谷
間
も
敏
感
に
な
っ
た
ま
ま
パ
イ
ズ
  
  
  
全
部
搾
っ
ち
ゃ
う
わ
よ
|
!
 
  
ぱ
い
の
淫
乱
な
牛
さ
ん
が
 
は
ぁ
:
:
あ
な
た
の
ミ
ル
ク
 
ん
ん
!
  
 
ん
:
:
あ
う
:
:
い
い
わ
よ
:
:
:
:
モ
|
!
こ
の
特
大
お
っ
  
  
  
お
願
い
し
ま
す
:
:
 
  
:
:
搾
り
つ
く
さ
れ
ち
ゃ
い
ま
す
:
:
:
:
も
っ
と
激
し
く
:
:
  
 
は
あ
:
:
は
あ
:
:
お
っ
ぱ
い
の
重
み
が
:
:
心
地
い
い
で
す
  
  
  
ま
っ
す
ぐ
と
立
っ
た
ま
ま
だ
っ
た
 °
  
か
か
っ
て
い
る
は
ず
だ
っ
た
が
 
少
な
く
と
も
折
れ
た
り
は
せ
ず
  
実
際
に
は
横
方
向
に
も
動
い
て
い
る
の
で
歩
の
ペ
ニ
ス
に
重
さ
が
  
  
上
下
に
動
か
し
て
い
っ
た
 °
  
鳴
き
真
似
を
し
な
が
ら
 
千
秋
は
母
乳
で
濡
れ
た
ま
ま
の
乳
房
を

   

  
意
外
に
も
早
く
絶
頂
が
再
び
来
た
 °
  
  
  
 
う
っ
:
:
:
:
ふ
ぁ
あ
あ
!
も
う
出
る
ぅ
!
 
  
  
  
ミ
ル
ク
搾
ら
れ
て
喜
ぶ
:
:
:
:
ん
ん
!
 
  
わ
た
し
は
 
い
や
ら
し
い
メ
ス
牛
:
:
:
:
!
ミ
ル
ク
搾
っ
て
 
  
 
そ
 
そ
う
よ
:
:
:
:
わ
 
わ
た
し
:
:
:
:
ん
ん
!
い
や
!
  
  
  
や
 
  
冗
談
っ
ぽ
く
微
笑
む
歩
に
対
し
 
千
秋
は
反
論
す
る
か
と
思
い
き
  
  
  
よ
 °
や
 
や
っ
ぱ
り
牛
さ
ん
で
す
ね
:
:
 
  
 
千
秋
さ
ん
も
:
:
:
:
く
っ
:
:
ふ
う
:
:
ミ
ル
ク
出
て
ま
す
  
  
  
た
 °
























   

  
  
で
き
ず
 
先
ほ
ど
と
負
け
ぬ
勢
い
で
射
精
し
た
 °
  
歩
も
乳
の
重
量
感
あ
ふ
れ
る
柔
ら
か
さ
と
ス
ト
ロ
|
ク
に
は
我
慢
  
  
え
た
 °
  
ニ
プ
レ
ス
を
勢
い
よ
く
吹
き
飛
ば
し
な
が
ら
噴
乳
し
 
絶
頂
を
迎
  
  
  
 
あ
う
う
う
!
や
っ
ぱ
り
耐
え
切
れ
な
い
!
 
  
  
  
う
う
!
!
!
!
 
  
ッ
チ
な
メ
ス
牛
な
の
お
お
お
お
お
!
あ
あ
あ
あ
ん
!
イ
 
イ
く
う
  
母
乳
噴
く
の
大
好
き
!
歩
君
の
お
ち
ん
ぽ
ミ
ル
ク
も
欲
し
が
る
エ
  
あ
!
こ
の
で
っ
か
く
て
敏
感
な
お
っ
ぱ
い
で
気
持
ち
よ
く
な
っ
て
  
 
私
は
:
:
あ
あ
ん
!
牛
よ
り
も
牛
ら
し
い
:
:
:
:
ん
!
い
や
  
  
  
千
秋
は
超
乳
を
 
体
全
体
も
揺
さ
ぶ
ら
せ
な
が
ら
続
け
る
 °
  


























   

  
  
  
っ
ぱ
い
:
:
:
:
大
好
き
で
す
 
  
 
僕
し
か
見
た
こ
と
も
 
飲
ん
だ
こ
と
も
な
い
 
千
秋
さ
ん
の
お
  
  
  
い
た
 °
  
ま
だ
射
精
し
な
が
ら
 
歩
は
乳
首
に
吸
い
付
い
て
母
乳
を
飲
ん
で
  
  
  
 
で
も
:
:
:
:
ん
く
っ
:
:
最
高
の
 
母
乳
で
す
 
  
  
  
淫
語
を
呟
き
な
が
ら
 
母
乳
を
溢
れ
さ
せ
て
い
く
千
秋
 °
  
  
  
:
:
!
 
  
点
の
千
秋
ち
ゃ
ん
特
製
 
エ
ッ
チ
な
想
い
の
詰
ま
っ
た
母
乳
:
:
  
 
あ
あ
:
:
あ
あ
:
:
:
:
お
っ
ぱ
い
出
て
る
:
:
:
:
栄
養
満
  


























   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
い
ま
ま
三
た
び
勃
起
し
だ
し
た
 °
  
そ
の
言
葉
に
反
応
す
る
よ
う
に
 
歩
の
ペ
ニ
ス
は
射
精
を
終
え
な
  
  
  
強
く
な
っ
て
ね
:
:
:
:
!
 
  
 
も
っ
と
:
:
:
:
あ
ん
:
:
:
:
も
っ
と
お
っ
ぱ
い
飲
ん
で
 
  
  
  
快
感
に
溺
れ
た
ま
ま
声
を
か
け
た
 °
  
キ
ス
を
す
る
よ
う
に
乳
首
を
吸
い
尽
く
す
歩
を
前
に
し
 
千
秋
は

  > ≫