千
秋
の
超
乳
に
し
が
み
つ
い
て
一
心
不
乱
に
揉
ん
だ
り
顔
を
擦
り
  
  
  
:
今
ま
で
の
お
っ
ぱ
い
な
ん
か
問
題
に
な
ら
な
い
よ
ぉ
:
:
 
  
 
千
秋
ち
ゃ
ん
:
:
:
:
お
っ
き
い
な
あ
:
:
柔
ら
か
い
な
あ
:
  
  
  
に
抵
抗
も
ま
ま
な
ら
な
い
の
だ
 °
  
な
す
す
べ
も
な
く
胸
を
揉
ま
れ
る
千
秋
 °
あ
ま
り
の
気
持
ち
よ
さ
  
  
  
:
 
  
 
:
:
:
:
:
:
や
:
:
や
ん
!
だ
か
ら
:
:
だ
め
だ
っ
て
ぇ
:
  
  
  
見
て
も
す
ご
お
い
:
:
!
 
  
 
え
へ
へ
|
お
っ
ぱ
い
:
:
:
:
千
秋
ち
ゃ
ん
の
お
っ
ぱ
い
何
度
  
  
盛
眼
瑠
笛
 
作
  
超
乳
ハ
ピ
ネ
ス
!



















≪ <  

  
  
千
秋
は
搾
り
出
す
よ
う
に
尋
ね
て
い
た
 °
  
数
分
も
経
っ
て
い
な
か
っ
た
が
 
既
に
絶
頂
が
見
え
か
け
な
が
ら
  
  
  
に
ち
ぃ
:
:
:
:
 
  
の
胸
揉
む
の
:
:
:
:
?
そ
れ
も
:
:
:
:
ひ
ゃ
う
!
ま
 
ま
い
  
 
も
う
:
:
:
:
ね
 
ね
え
ル
リ
ち
ゃ
ん
:
:
:
:
ど
う
し
て
私
  
  
  
た
し
て
も
控
室
に
勝
手
に
侵
入
さ
れ
て
い
た
時
で
あ
る
 °
  
ち
な
み
に
姿
と
名
前
を
確
認
で
き
た
の
は
出
会
っ
た
翌
日
に
 
  
  
い
た
 °
  
乳
を
愛
撫
し
続
け
て
い
る
こ
の
少
女
は
 
 
ル
リ
 
と
名
乗
っ
て
  
ら
ゆ
る
ス
タ
ジ
オ
に
ほ
ぼ
毎
日
付
き
ま
と
い
 
控
室
に
侵
入
し
て
  
あ
の
日
か
ら
数
日
 
ど
こ
で
調
べ
た
の
か
千
秋
が
収
録
に
行
く
あ
  
  
ン
テ
|
ル
で
見
た
目
も
幼
い
 °
  
付
け
た
り
す
る
少
女
 °
茶
髪
で
 
髪
型
は
ウ
サ
ギ
の
よ
う
な
ツ
イ

   

  
  
る
 °
  
く
あ
り
 
乳
へ
の
欲
望
や
観
察
眼
が
人
一
倍
強
い
と
の
こ
と
で
あ
  
幼
い
頃
か
ら
家
族
も
含
め
数
多
く
の
グ
ラ
ド
ル
と
会
う
機
会
も
よ
  
  
家
族
も
芸
能
関
係
者
が
多
い
ら
し
い
 °
  
話
を
聞
く
と
 
ど
う
や
ら
ル
リ
は
グ
ラ
ビ
ア
ア
イ
ド
ル
の
娘
で
 
  
  
  
た
か
ら
 
よ
っ
ぽ
ど
の
お
っ
ぱ
い
じ
ゃ
な
い
と
ダ
メ
な
の
|
 
  
 
そ
れ
に
あ
た
し
ね
:
:
昔
っ
か
ら
た
く
さ
ん
お
っ
ぱ
い
見
て
き
  
  
  
無
邪
気
に
全
身
で
超
乳
の
柔
ら
か
さ
を
味
わ
っ
て
い
る
 °
  
  
  
っ
:
:
!
 
  
柔
ら
か
く
て
お
っ
き
く
て
ふ
わ
ふ
わ
:
:
:
:
虜
に
な
っ
ち
ゃ
う
  
 
む
ふ
ふ
|
だ
っ
て
お
っ
ぱ
い
大
好
き
な
ん
だ
も
ん
:
:
:
:
!
  


























   

  
  
  
 
そ
 
そ
う
:
:
:
:
:
:
あ
あ
ん
!
 
  
  
  
形
も
綺
麗
:
:
:
:
 
  
乳
な
の
に
更
に
大
き
く
な
っ
て
 
ぱ
よ
っ
ぱ
よ
で
感
度
も
い
い
し
 
  
 
千
秋
ち
ゃ
ん
の
お
っ
ぱ
い
は
特
別
だ
よ
ぉ
:
:
た
だ
で
さ
え
超
  
  
  
変
態
少
女
 °
ル
リ
を
表
す
こ
れ
以
上
な
い
簡
潔
な
言
葉
だ
 °
  
  
  
:
 
  
 
た
:
:
い
や
ん
!
た
だ
の
っ
:
:
た
だ
の
変
態
じ
ゃ
な
い
の
:
  
  
  
肥
え
て
い
る
と
い
う
こ
と
の
よ
う
だ
 °
  
ラ
ド
ル
の
胸
を
堂
々
と
揉
ん
で
き
た
ら
し
く
 
乳
に
対
す
る
目
が
  
幼
い
少
女
で
あ
る
と
い
う
ス
テ
|
タ
ス
を
利
用
し
て
数
多
く
の
グ

   

  
あ
る
 °
  
m
と
い
う
た
だ
で
さ
え
常
識
外
の
爆
乳
が
更
に
倍
に
な
っ
た
の
で
  
り
過
ぎ
な
く
ら
い
の
爆
乳
だ
が
 
千
秋
の
場
合
は
元
々
1
7
2
c
  
例
え
ば
7
0
c
m
の
貧
乳
が
2
倍
の
1
4
0
c
m
に
な
っ
た
ら
や
  
  
に
な
っ
た
こ
と
に
な
る
 °
  
た
て
の
時
は
バ
ス
ト
1
7
2
c
m
だ
っ
た
の
で
な
ん
と
2
倍
以
上
  
1
3
3
で
胸
の
重
さ
も
8
6
8
k
g
に
ま
で
達
し
た
 °
女
体
化
し
  
伸
び
て
1
9
6
c
m
 
ス
リ
|
サ
イ
ズ
も
上
か
ら
3
4
6
 
7
9
 
  
こ
の
数
日
で
千
秋
の
体
は
急
激
な
成
長
を
遂
げ
 
身
長
は
4
c
m
  
  
  
 
え
っ
:
:
:
:
ひ
や
っ
:
:
わ
 
わ
か
る
?
 
  
  
  
る
し
:
:
:
:
 
  
 
そ
れ
に
:
:
:
:
な
ん
だ
か
前
よ
り
少
し
ず
つ
大
き
く
な
っ
て
  
  
  
褒
め
ら
れ
て
悪
い
気
は
し
な
か
っ
た
 °











   

  
少
し
ず
つ
乳
首
を
優
し
く
撫
で
て
い
た
の
を
 
急
に
つ
ね
る
よ
う
  
  
  
 
そ
れ
そ
れ
!
母
乳
出
ち
ゃ
え
!
 
  
  
  
で
あ
り
違
和
感
が
あ
っ
た
 °
だ
が
こ
れ
が
ル
リ
の
本
性
で
あ
る
 °
  
ス
ケ
ベ
親
父
の
よ
う
な
口
調
だ
が
 
声
自
体
は
甲
高
い
幼
い
も
の
  
  
  
 
あ
っ
:
:
ん
 
ん
ん
!
!
!
や
だ
!
出
ち
ゃ
う
う
う
!
 
  
  
  
ん
で
気
持
ち
い
い
と
こ
と
か
ぜ
|
ん
ぶ
知
っ
て
る
の
!
 
  
 
う
へ
へ
|
私
も
女
だ
し
 
何
度
も
い
ろ
ん
な
人
の
お
っ
ぱ
い
揉
  
  
  
何
度
も
イ
か
さ
れ
て
い
る
せ
い
で
あ
る
 °
  
そ
れ
も
こ
れ
も
 
ル
リ
の
執
拗
か
つ
テ
ク
ニ
シ
ャ
ン
な
乳
揉
み
で
  


























   

  
 
ん
お
い
し
|
!
い
く
ら
飲
ん
で
も
飽
き
な
い
よ
|
 
  
  
  
受
け
止
め
る
よ
う
に
飲
み
 
喉
を
鳴
ら
し
て
い
た
 °
  
ル
リ
は
乳
首
か
ら
シ
ャ
ワ
|
の
様
に
出
て
く
る
母
乳
を
 
下
か
ら
  
  
  
 
ん
む
う
う
:
:
乳
首
太
す
ぎ
て
口
に
入
ん
な
い
:
:
:
:
 
  
  
  
が
跳
ね
て
暴
れ
る
 °
  
感
に
身
を
委
ね
な
が
ら
噴
乳
し
た
 °
勃
起
し
て
巨
大
化
し
た
乳
首
  
散
々
焦
ら
さ
れ
た
挙
句
射
精
す
る
か
の
よ
う
な
び
っ
く
り
す
る
快
  
  
  
あ
!
は
あ
あ
!
い
や
あ
あ
あ
あ
!
 
  
 
き
ゃ
あ
あ
!
や
っ
!
お
っ
ぱ
い
で
ち
ゃ
:
:
出
ち
ゃ
う
!
あ
あ
  
  
  
に
引
っ
張
っ
た
 °



















   

  
  
千
秋
は
 
顔
が
青
ざ
め
た
 °
歩
だ
っ
た
 °
  
  
  
 
千
秋
さ
|
ん
!
今
日
も
き
:
:
:
:
 
  
  
  
次
の
瞬
間
 
扉
か
ら
別
の
声
が
し
た
 °
  
  
聞
こ
え
て
な
い
よ
う
だ
っ
た
 °
  
乳
首
や
乳
輪
周
辺
に
残
る
母
乳
の
掃
除
に
余
念
の
な
い
ル
リ
に
は
  
  
  
 
し
ゅ
る
れ
ろ
ろ
:
:
甘
い
:
:
舌
が
と
ろ
け
ち
ゃ
い
そ
う
 
  
  
  
な
 
な
い
し
ょ
に
:
:
 
  
 
あ
 
あ
の
:
:
:
:
母
乳
が
出
る
っ
て
こ
と
は
:
:
:
:
ん
ん
!
  
  


























   

  
秋
の
乳
に
向
か
い
合
っ
て
い
た
の
を
後
ろ
に
振
り
向
き
 
そ
の
ま
  
歩
は
目
線
の
先
に
い
る
怪
し
い
少
女
を
注
視
す
る
と
 
ル
リ
は
千
  
  
  
 
お
 
女
の
子
:
:
?
 
  
  
  
狽
え
た
 °
  
だ
っ
た
が
 
千
秋
は
そ
れ
と
は
対
照
的
に
う
る
さ
い
く
ら
い
に
狼
  
す
っ
か
り
硬
直
し
て
口
を
パ
ク
パ
ク
さ
せ
て
う
ま
く
話
せ
な
い
歩
  
  
  
ん
じ
ゃ
な
く
て
!
そ
れ
に
女
の
子
だ
し
!
急
に
こ
ら
れ
て
!
 
  
 
ち
 
ち
ち
ち
ち
が
う
の
!
こ
 
こ
れ
は
そ
の
 
わ
た
し
が
し
た
  
  
  
 
え
:
:
あ
の
 
ち
 
ち
あ
き
さ
:
:
ち
あ
き
さ
ん
:
:
:
:
?
 
  
  
  
今
日
は
歩
と
同
じ
ス
タ
ジ
オ
で
収
録
だ
っ
た
こ
と
を
思
い
出
し
た
 °

   

  
よ
う
と
す
る
 °
ま
さ
に
何
年
も
女
を
演
じ
て
い
る
プ
ロ
の
技
 °
  
営
業
ス
マ
イ
ル
か
つ
女
口
調
で
穏
便
に
対
応
し
 
こ
の
場
を
収
め
  
  
  
方
の
立
ち
入
り
は
ご
遠
慮
し
て
頂
い
て
る
と
思
う
ん
で
す
け
ど
?
 
  
 
そ
の
:
:
:
:
ど
な
た
で
し
ょ
う
?
フ
ァ
ン
の
方
で
も
一
般
の
  
  
  
冷
静
に
い
ら
れ
た
 °
  
急
に
胸
を
触
ら
れ
 
怪
訝
な
顔
を
す
る
歩
 °
だ
が
 
歩
は
意
外
と
  
  
  
 
:
:
:
:
!
?
 
  
  
  
も
大
好
き
な
の
!
 
  
 
へ
へ
|
お
っ
ぱ
い
タ
|
ッ
チ
!
あ
た
し
小
っ
ち
ゃ
い
お
っ
ぱ
い
  
  
  
ま
近
付
い
て
き
た
 °


















   

  
  
:
男
じ
ゃ
な
い
の
?
 
  
 
じ
ゃ
あ
:
:
:
:
も
し
か
し
て
あ
な
た
っ
て
:
:
:
:
:
:
:
  
  
  
え
る
が
 
  
確
か
め
る
よ
う
に
何
度
も
胸
を
触
ら
れ
る
が
 
す
ま
し
た
顔
で
答
  
  
  
 
偽
者
?
い
い
え
 
本
物
の
細
川
歩
で
す
よ
?
ど
う
し
て
か
し
ら
?
 
  
  
  
偽
者
じ
ゃ
な
い
よ
ね
?
 
  
 
ん
:
:
:
:
?
ね
え
 
ア
ン
タ
っ
て
:
:
:
:
細
川
歩
よ
ね
?
  
  
  
は
ず
も
な
か
っ
た
 °
し
か
し
 
  
を
つ
け
て
お
り
 
客
観
的
に
見
て
も
ま
ず
男
の
面
影
な
ど
あ
ろ
う
  
千
秋
と
関
係
を
持
ち
始
め
て
か
ら
も
そ
の
辺
は
き
っ
ち
り
け
じ
め
  


























   

  
  
心
で
は
滝
の
よ
う
な
汗
を
か
い
て
い
た
 °
  
特
に
慌
て
る
そ
ぶ
り
も
見
せ
ず
に
す
ま
し
た
顔
で
答
え
る
が
 
  
  
  
 
な
:
:
な
ぜ
?
確
か
に
私
は
胸
も
小
さ
い
で
す
け
ど
ね
?
 
  
  
  
と
っ
て
は
数
時
間
静
ま
り
か
え
っ
た
よ
う
に
感
じ
た
 °
  
時
間
に
し
て
ほ
ん
の
2
秒
も
な
か
っ
た
が
 
歩
 
そ
し
て
千
秋
に
  
  
一
瞬
 
そ
の
場
が
凍
り
付
い
た
 °
  
  
  
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
 
  
 
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
  
  
  
  


























   

  
 
お
か
し
い
っ
て
:
:
心
当
た
り
は
な
い
け
ど
何
か
し
ら
?
 
  
  
  
よ
う
な
気
が
す
る
:
:
 
  
に
し
て
は
お
か
し
い
っ
て
こ
と
が
ち
ょ
っ
と
だ
け
だ
け
ど
あ
っ
た
  
 
そ
れ
に
|
 
テ
レ
ビ
で
観
て
た
け
ど
仕
草
が
ど
こ
と
な
|
く
女
  
  
  
な
場
合
で
は
な
い
の
に
感
心
し
て
し
ま
っ
た
 °
  
本
当
に
い
ろ
ん
な
胸
を
触
っ
て
き
た
ん
だ
な
ぁ
 
と
千
秋
は
そ
ん
  
  
  
ど
:
:
 
  
触
っ
た
こ
と
あ
る
も
ん
!
ま
あ
男
の
胸
も
実
は
嫌
い
じ
ゃ
な
い
け
  
:
:
:
:
そ
う
!
な
ん
か
少
し
硬
く
て
男
の
胸
み
た
い
!
あ
た
し
  
 
ん
|
だ
っ
て
:
:
胸
の
感
触
が
女
の
子
の
じ
ゃ
な
か
っ
た
し
い
  
  
  
れ
る
 °
  
な
ぜ
?
な
ぜ
わ
か
っ
た
?
と
頭
の
中
で
は
疑
問
符
の
嵐
が
吹
き
荒

   

  
  
 
あ
 
や
っ
ぱ
り
 °
う
わ
っ
:
:
し
か
も
大
き
い
 
  
  
  
迫
真
の
演
技
力
で
冷
静
さ
を
装
っ
た
が
 
  
  
  
っ
く
に
バ
レ
て
:
:
 
  
 
や
だ
わ
:
:
:
:
私
が
男
だ
な
ん
て
 
も
し
そ
う
だ
っ
た
ら
と
  
  
  
も
し
れ
な
い
 °
  
た
人
は
皆
無
だ
っ
た
の
で
ル
リ
が
飛
び
抜
け
て
優
れ
て
い
る
の
か
  
ら
し
い
 °
し
か
し
他
に
も
多
く
の
女
性
が
歩
を
見
て
も
男
と
疑
っ
  
や
は
り
本
物
の
女
性
は
そ
う
い
う
感
覚
は
研
ぎ
澄
ま
さ
れ
て
い
る
  
  
  
 
ん
|
 
わ
か
ん
な
い
 °
女
の
勘
?
 
  
  


























   

  
願
い
!
 
  
 
あ
 
あ
あ
あ
あ
:
:
:
:
そ
 
そ
の
!
い
 
言
わ
な
い
で
!
お
  
  
  
っ
て
な
い
そ
れ
に
感
心
す
る
ル
リ
だ
っ
た
が
 
  
素
直
に
歩
の
ペ
ニ
ス
の
大
き
さ
に
 
し
か
も
完
全
に
は
勃
起
し
切
  
  
  
 
で
っ
か
|
い
:
:
パ
パ
の
よ
り
ず
っ
と
太
い
 
  
  
  
い
た
の
が
致
命
傷
だ
っ
た
 °
  
し
か
も
半
裸
の
千
秋
を
見
て
い
た
せ
い
で
半
勃
ち
し
て
し
ま
っ
て
  
  
あ
る
 °
  
い
つ
の
ま
に
か
ス
カ
|
ト
を
め
く
ら
れ
て
い
た
 °
論
よ
り
証
拠
で
  
  
  
 
は
っ
!
?
 
  


























   

  
  
  
二
人
は
目
が
点
に
な
っ
た
 °
  
  
  
 
う
ん
 
い
い
よ
 °
あ
た
し
も
い
い
た
く
な
い
し
言
わ
な
|
い
!
 
  
  
  
返
っ
て
き
た
 °
  
二
人
し
て
何
度
も
頭
を
下
げ
懇
願
し
て
い
る
と
 
意
外
な
言
葉
が
  
  
  
:
:
!
!
!
 
  
ず
い
か
ら
!
そ
の
 
私
が
母
乳
が
出
る
っ
て
こ
と
も
ど
う
か
:
:
  
 
る
 
ル
リ
ち
ゃ
ん
!
私
か
ら
も
お
願
い
!
ば
れ
た
ら
本
当
に
ま
  
  
  
急
に
狼
狽
し
 
素
に
戻
っ
て
三
拝
九
拝
す
る
歩
 °
  
  


























   

  
 
ぐ
へ
|
い
っ
た
だ
き
ま
:
:
 
  
  
  
ま
う
 °
千
秋
も
同
じ
だ
っ
た
 °
  
り
秘
密
を
ば
ら
す
と
か
言
い
出
さ
れ
る
の
が
怖
く
て
躊
躇
し
て
し
  
歩
は
身
構
え
よ
う
と
す
る
が
 
下
手
に
機
嫌
を
悪
く
し
て
や
っ
ぱ
  
  
指
を
ワ
キ
ワ
キ
さ
せ
な
が
ら
迫
っ
て
き
た
 °
  
  
  
 
じ
ゃ
あ
さ
 
千
秋
ち
ゃ
ん
:
:
:
:
も
っ
と
揉
み
揉
み
し
よ
|
!
 
  
  
  
そ
う
だ
っ
た
 °
  
屈
託
の
な
い
笑
顔
を
見
る
に
少
な
く
と
も
言
葉
通
り
に
し
て
く
れ
  
そ
の
言
葉
が
本
当
か
ど
う
か
は
ま
だ
信
じ
が
た
か
っ
た
が
 
そ
の
  
  
  
人
の
秘
密
と
か
い
う
の
め
ん
ど
く
さ
い
も
ん
!
 
  
 
あ
た
し
は
お
っ
ぱ
い
触
れ
た
ら
そ
れ
で
い
い
し
|
 
い
ち
い
ち

   

  
ま
た
誰
か
の
胸
触
っ
て
な
い
で
し
ょ
う
ね
!
 
  
 
ル
リ
|
!
あ
ん
た
ま
た
ど
っ
か
で
う
ろ
ち
ょ
ろ
し
て
た
で
し
ょ
!
  
  
  
行
っ
た
 °
同
時
に
向
こ
う
側
の
声
も
は
っ
き
り
聞
こ
え
て
き
た
 °
  
弾
か
れ
る
よ
う
に
踵
を
返
す
と
 
ル
リ
は
扉
を
開
け
控
室
を
出
て
  
  
  
 
あ
 
ま
ず
い
!
そ
ろ
そ
ろ
帰
ん
な
き
ゃ
!
じ
ゃ
あ
ね
!
 
  
  
  
扉
越
し
に
く
ぐ
も
っ
た
声
が
聞
こ
え
た
 °
  
  
  
 
リ
|
:
:
リ
|
!
 
  
  
  
そ
の
時
だ
っ
た
 °
  
  


























   

  
  
  
歩
も
向
か
お
う
と
し
た
が
 
千
秋
は
乳
で
塞
い
で
制
止
し
た
 °
  
  
  
 
千
秋
さ
ん
 
あ
の
声
は
き
っ
と
:
:
:
:
え
?
 
  
  
  
千
秋
は
重
い
胸
を
持
ち
上
げ
扉
に
向
か
っ
た
 °
  
  
  
 
ま
 
ま
さ
か
:
:
!
 
  
  
  
聞
き
覚
え
の
あ
る
声
だ
っ
た
 °
  
  
  
 
え
へ
へ
|
お
姉
ち
ゃ
ん
ご
め
ん
!
 
  
  


























   

  
:
:
:
:
 
  
 
柳
瀬
千
秋
:
:
:
:
し
ば
ら
く
見
な
い
間
に
:
:
:
:
で
か
っ
  
  
  
く
合
点
し
た
 °
  
族
は
グ
ラ
ビ
ア
ア
イ
ド
ル
っ
て
言
っ
て
た
っ
け
 °
千
秋
は
よ
う
や
  
ど
う
や
ら
ル
リ
は
ユ
キ
と
姉
妹
だ
っ
た
よ
う
だ
 °
そ
う
言
え
ば
家
  
  
  
 
ま
さ
か
あ
な
た
:
:
:
:
妹
と
何
し
て
た
の
!
!
!
 
  
  
  
篠
崎
ユ
キ
だ
っ
た
 °
  
  
ル
 °
  
く
奇
跡
の
 
だ
が
千
秋
と
比
べ
る
と
非
常
に
貧
相
な
爆
乳
グ
ラ
ド
  
ル
リ
を
呼
ん
で
い
た
声
の
主
は
 
出
る
と
こ
は
出
た
今
を
と
き
め
  
  
  
 
全
く
 
一
体
ど
こ
ほ
っ
つ
き
歩
い
て
:
:
:
:
あ
!
あ
な
た
は
!
 

   

  
  
 
ふ
う
:
:
:
:
 
  
  
  
な
が
ら
去
っ
て
い
っ
た
 °
  
姉
は
逃
げ
る
よ
う
に
 
妹
は
名
残
惜
し
そ
う
に
元
気
に
手
を
振
り
  
  
  
 
千
秋
ち
ゃ
|
ん
!
ば
い
ば
|
い
!
 
  
  
  
る
!
 
  
 
け
 
決
着
は
ま
た
今
度
着
け
る
わ
よ
!
今
日
は
退
散
し
て
あ
げ
  
  
  
身
長
だ
け
で
も
大
変
な
威
圧
感
が
あ
っ
た
 °
  
倒
さ
れ
た
よ
う
だ
っ
た
 °
乳
は
言
わ
ず
も
が
な
だ
が
 
2
m
近
い
  
恨
み
言
を
言
う
前
に
 
前
よ
り
数
段
成
長
し
た
身
長
と
超
乳
に
圧
  
  


























   

  
  
 
い
い
ん
で
す
よ
 
千
秋
さ
ん
 
  
  
  
:
:
:
:
 
  
 
あ
の
:
:
:
:
ル
リ
っ
て
子
は
急
に
私
の
と
こ
に
や
っ
て
き
て
  
  
  
千
秋
は
申
し
訳
な
さ
そ
う
に
顔
を
伏
せ
て
言
っ
た
 °
  
  
  
 
そ
う
み
た
い
ね
:
:
:
:
あ
 
そ
れ
で
 
歩
君
:
:
:
:
 
  
  
  
ん
で
す
ね
 
  
 
そ
う
で
す
か
:
:
:
:
篠
崎
ユ
キ
は
ず
っ
と
妹
を
探
し
て
い
た
  
  
  
千
秋
は
一
息
つ
い
た
 °
よ
う
や
く
嵐
が
去
っ
た
の
だ
 °
  


























   

  
  
に
止
め
て
く
れ
ま
し
た
し
ね
 
  
か
も
 
僕
が
千
秋
さ
ん
の
控
室
に
い
る
こ
と
が
知
ら
れ
な
い
よ
う
  
 
そ
ん
な
こ
と
よ
り
 
千
秋
さ
ん
が
無
事
で
よ
か
っ
た
で
す
 °
  
  
  
感
の
あ
る
手
つ
き
 °
  
ル
リ
よ
り
は
刺
激
は
弱
く
感
じ
る
が
 
支
え
ら
れ
る
よ
う
な
安
心
  
  
  
理
や
り
み
た
い
で
し
た
し
 
そ
れ
に
女
同
士
で
し
た
し
ね
 
  
 
別
に
浮
気
だ
な
ん
て
思
っ
て
ま
せ
ん
よ
:
:
:
:
ほ
と
ん
ど
無
  
  
  
の
に
:
:
:
:
 
  
 
や
ん
っ
:
:
:
:
あ
 
歩
君
:
:
:
:
私
 
浮
気
し
ち
ゃ
っ
た
  
  
  
歩
は
宥
め
る
よ
う
に
千
秋
の
胸
を
撫
で
た
 °
  


























   

  
は
な
か
っ
た
が
 
代
わ
り
に
安
心
感
と
優
し
さ
に
包
ま
れ
な
が
ら
  
ル
リ
の
時
の
様
に
余
り
の
刺
激
に
す
ぐ
絶
頂
す
る
 
と
い
う
こ
と
  
  
し
ば
ら
く
 
二
人
は
パ
イ
ズ
リ
や
乳
揉
み
を
楽
し
ん
だ
 °
  
  
  
 
う
ん
:
:
:
:
し
よ
う
?
 
  
  
  
ま
し
た
ね
 °
僕
も
う
我
慢
で
き
な
い
で
す
よ
:
:
 
  
 
千
秋
さ
ん
:
:
:
:
な
ん
だ
が
 
急
に
体
も
胸
も
大
き
く
な
り
  
  
  
涙
が
浮
か
ぶ
 °
  
た
の
だ
が
歩
は
理
解
し
て
く
れ
た
 °
そ
れ
だ
け
で
も
嬉
し
く
目
に
  
万
一
ば
れ
た
ら
ま
ず
い
人
間
に
ば
れ
な
い
よ
う
 
咄
嗟
に
判
断
し
  
  
  
 
う
ん
:
:
:
:
う
ん
:
:
:
:
 
  


























   

  
に
向
か
う
篠
崎
ユ
キ
 
と
そ
の
背
中
に
お
ぶ
さ
っ
て
い
る
ル
リ
 °
  
足
音
を
響
か
せ
な
が
ら
 
イ
ラ
イ
ラ
し
た
様
子
で
エ
ン
ト
ラ
ン
ス
  
  
  
 
何
馬
鹿
な
こ
と
言
っ
て
ん
の
!
あ
ん
な
牛
の
ど
こ
が
い
い
の
よ
!
 
  
  
  
:
 
  
 
は
う
|
よ
か
っ
た
な
あ
:
:
お
っ
ぱ
い
:
:
お
っ
ぱ
い
:
:
:
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
ゆ
っ
た
り
と
し
た
快
感
を
楽
し
め
た
 °











   

  
 
ほ
ら
!
早
く
乗
り
な
さ
い
!
 
  
  
  
味
わ
っ
て
い
る
 °
  
口
の
中
に
は
母
乳
の
味
も
根
深
く
残
り
 
舌
を
転
が
し
て
そ
れ
を
  
  
感
覚
が
全
身
を
覆
っ
て
い
た
 °
  
先
ほ
ど
ま
で
貪
っ
て
い
た
 
柔
ら
か
い
胸
に
包
ま
れ
た
心
地
よ
い
  
  
  
:
 
  
 
う
|
ん
:
:
:
:
お
っ
ぱ
い
:
:
で
っ
か
い
お
っ
ぱ
い
:
:
:
  
  
  
 
全
く
!
マ
ネ
|
ジ
ャ
|
に
家
ま
で
送
っ
て
も
ら
う
か
ら
ね
!
 
  
  
  
く
ユ
キ
が
お
ぶ
っ
た
の
で
あ
る
 °
  
な
ぜ
か
ル
リ
は
急
に
疲
れ
切
っ
て
座
り
込
ん
で
し
ま
い
 
仕
方
な
  


























   

  
  
  
  
  
  
  
  
お
っ
ぱ
い
:
:
:
:
 
  
 
お
っ
ぱ
い
:
:
お
っ
ぱ
い
:
:
た
ぷ
た
ぷ
で
ふ
わ
ふ
わ
な
超
乳
  
  
  
と
動
い
て
い
た
 °
  
そ
し
て
車
の
中
で
も
 
ま
る
で
超
乳
と
戯
れ
る
よ
う
に
も
ぞ
も
ぞ
  
  
車
に
乗
っ
た
頃
に
は
 
完
全
に
眠
っ
て
い
た
 °
  
  
  
 
う
|
ん
:
:
む
に
ゃ
:
:
 
  
  


























  > ≫