千
秋
さ
ん
:
:
お
は
よ
う
ご
ざ
い
ま
す
 
  
  
  
そ
う
 
昨
日
自
分
の
家
に
泊
め
た
の
だ
っ
た
 °
  
  
驚
い
た
が
 
数
秒
で
記
憶
を
整
理
し
思
い
出
す
 °
  
千
秋
は
一
瞬
 
自
分
の
す
ぐ
横
で
も
ぞ
も
ぞ
と
動
い
て
い
る
歩
に
  
  
何
や
ら
胸
を
圧
迫
さ
れ
る
感
覚
で
目
が
覚
め
た
 °
朝
だ
 °
  
  
  
 
ん
ん
:
:
:
:
?
 
  
  
  
 
千
秋
さ
ん
:
:
千
秋
さ
ん
:
:
む
に
ゃ
:
:
 
  
  
盛
眼
瑠
笛
∧
物
語
∨
・
藤
原
恭
介
∧
挿
し
絵
∨
 
作
  
超
乳
ハ
ピ
ネ
ス
!



















≪ <  

  
だ
文
句
は
言
い
つ
つ
も
顔
は
笑
顔
だ
っ
た
 °
  
案
の
定
夢
精
さ
れ
て
し
ま
い
ベ
ッ
ド
は
精
液
で
濡
れ
て
い
る
 °
  
  
  
か
ぴ
に
な
っ
ち
ゃ
う
わ
 
  
 
も
う
っ
 
こ
ん
な
に
出
し
ち
ゃ
っ
て
:
:
:
:
シ
|
ツ
が
か
ぴ
  
  
  
て
い
た
様
だ
 °
  
歩
は
胸
の
下
か
ら
這
い
出
し
顔
を
出
し
た
 °
超
乳
の
下
に
埋
も
れ
  
  
  
た
 
  
 
ふ
わ
あ
あ
:
:
お
っ
ぱ
い
ふ
わ
ふ
わ
で
気
持
ち
よ
く
眠
れ
ま
し
  
  
  
歩
も
目
を
覚
ま
し
た
よ
う
だ
っ
た
 °
  
  
  
 
あ
ら
 
お
は
よ
う
っ
 
















   

  
  
  
 
ど
う
し
た
の
?
 
  
  
  
 
あ
れ
?
で
も
:
:
?
 
  
  
  
っ
た
 °
  
お
互
い
顔
を
赤
ら
め
て
見
つ
め
合
う
光
景
は
な
ん
と
も
可
笑
し
か
  
  
  
 
や
だ
あ
:
:
:
:
そ
れ
は
私
だ
っ
て
同
じ
よ
 
  
  
  
:
!
 
  
と
:
:
:
:
一
晩
中
発
情
し
っ
ぱ
な
し
に
な
っ
ち
ゃ
い
ま
す
よ
:
  
 
だ
 
だ
っ
て
千
秋
さ
ん
の
お
っ
ぱ
い
が
す
ぐ
横
に
あ
る
と
思
う
  
  


























   

  
ふ
と
千
秋
の
胸
を
じ
っ
く
り
と
見
直
し
た
歩
は
震
え
た
声
を
上
げ
  
  
  
 
お
っ
ぱ
い
:
:
:
:
え
っ
!
?
ち
 
千
秋
さ
ん
:
:
:
:
!
 
  
  
  
 
そ
う
ね
え
 °
逆
に
お
っ
ぱ
い
が
覆
い
か
ぶ
さ
っ
ち
ゃ
っ
た
と
か
?
 
  
  
  
下
に
は
行
け
な
い
 °
そ
こ
が
疑
問
な
の
だ
 °
  
寝
相
が
悪
い
に
し
て
も
進
ん
で
潜
ろ
う
と
し
な
け
れ
ば
超
乳
の
真
  
  
で
な
く
人
一
人
分
の
ス
ペ
|
ス
も
十
分
あ
っ
た
 °
  
ベ
ッ
ド
が
縦
に
も
横
に
も
異
様
に
広
い
お
蔭
で
超
乳
の
千
秋
だ
け
  
に
し
て
う
つ
伏
せ
で
 
歩
は
そ
の
す
ぐ
横
で
仰
向
け
に
な
っ
て
だ
 °
  
二
人
は
ベ
ッ
ド
の
上
で
こ
の
よ
う
に
寝
て
い
た
 °
千
秋
が
乳
を
下
  
  
  
に
入
り
込
ん
じ
ゃ
っ
た
ん
で
し
ょ
う
?
 
  
 
僕
 
千
秋
さ
ん
の
横
で
寝
て
い
た
は
ず
な
の
に
ど
う
し
て
真
下

   

  
  
  
片
が
引
っ
付
い
て
い
る
と
い
う
有
様
だ
っ
た
 °
  
ど
ち
ら
も
 
海
苔
の
様
に
引
き
ち
ぎ
れ
 
辛
う
じ
て
ひ
も
状
の
欠
  
  
チ
ュ
|
ブ
ト
ッ
プ
に
ブ
ル
マ
で
寝
て
い
た
千
秋
 °
  
  
  
:
!
?
 
  
 
:
:
:
:
:
:
:
:
い
:
:
い
や
っ
:
:
:
:
き
つ
い
:
:
:
  
  
  
く
そ
の
感
覚
が
わ
か
っ
た
 °
  
ベ
ッ
ド
か
ら
起
き
上
が
り
 
む
ね
を
持
ち
上
げ
た
瞬
間
 
よ
う
や
  
  
  
 
ん
?
お
っ
ぱ
い
が
ど
う
か
し
:
:
:
:
 
  
  
  
た
 °
























   

  
 
服
 
余
裕
持
っ
て
作
っ
て
あ
っ
た
ん
だ
け
ど
な
あ
:
:
:
:
 
  
  
  
き
を
隠
せ
な
い
よ
う
だ
っ
た
 °
  
て
も
出
し
て
も
ま
だ
巻
き
き
れ
な
い
よ
り
巨
大
化
し
た
超
乳
に
驚
  
ユ
リ
ア
は
 
千
秋
の
胸
に
メ
ジ
ャ
|
を
巻
き
付
け
て
い
た
 °
出
し
  
  
  
 
ず
 
ず
い
ぶ
ん
 
大
き
く
な
っ
た
わ
ね
:
:
:
:
 
  
  
  
 
ユ
 
ユ
リ
ア
さ
ん
:
:
:
:
こ
れ
 
ど
う
し
よ
う
:
:
 
  
  
  
  
  
  
  
  


























   

  
  
な
ん
と
2
0
8
c
m
 °
つ
い
に
2
m
の
大
台
を
超
え
て
し
ま
っ
た
 °
  
そ
の
縦
幅
で
あ
る
身
長
で
さ
え
 
先
ほ
ど
測
定
し
た
時
の
数
値
は
  
  
幅
の
方
が
大
き
い
 °
  
お
り
 
全
く
太
っ
て
い
な
い
の
に
乳
の
せ
い
で
体
の
縦
幅
よ
り
横
  
く
な
っ
て
い
た
上
 
特
に
胸
は
明
ら
か
に
直
径
が
1
m
を
超
え
て
  
千
秋
の
顔
を
見
上
げ
る
の
に
も
よ
り
首
を
上
げ
な
け
れ
ば
い
け
な
  
  
い
っ
た
も
の
だ
が
 
今
回
は
目
に
見
え
て
大
き
さ
が
違
っ
た
 °
  
今
ま
で
の
成
長
は
 
ほ
と
ん
ど
が
毎
日
少
し
ず
つ
大
き
く
な
っ
て
  
  
り
体
が
成
長
し
て
る
の
だ
 °
  
く
な
っ
た
服
を
脱
ぎ
全
裸
の
状
態
 °
し
か
も
 
明
ら
か
に
昨
日
よ
  
生
唾
を
飲
み
込
む
歩
 °
今
の
千
秋
は
ほ
と
ん
ど
機
能
を
果
た
せ
な
  
  
  
 
千
秋
さ
ん
:
:
:
:
ん
ぐ
っ
 
  
  


























   

  
歩
の
ペ
ニ
ス
が
膨
れ
上
が
る
 °
も
は
や
千
秋
が
成
長
し
た
と
い
う
  
  
  
 
4
メ
|
ト
ル
:
:
:
:
千
秋
さ
ん
 
も
う
そ
ん
な
に
:
:
:
:
 
  
  
  
 
よ
ん
 
ひ
ゃ
く
:
:
!
 
  
  
  
 
よ
 
4
3
5
c
m
:
:
:
:
 
  
  
  
ユ
リ
ア
は
想
像
以
上
の
数
値
に
驚
愕
す
る
 °
  
  
  
 
何
セ
ン
チ
な
の
ユ
リ
ア
さ
ん
?
 
  
  
  
 
す
っ
:
:
す
ご
っ
!
で
か
い
!
 
  


























   

  
  
  
 
じ
ゃ
あ
次
は
重
さ
測
る
か
ら
:
:
乗
せ
て
み
て
 
  
  
  
ス
ト
ほ
ど
の
成
長
を
寝
て
い
る
間
に
遂
げ
た
の
で
あ
る
 °
  
の
成
長
 °
し
か
も
一
晩
で
で
あ
る
 °
一
般
的
な
巨
乳
な
女
性
の
バ
  
身
長
は
1
2
c
m
 
尻
は
1
5
c
m
で
胸
に
至
っ
て
は
8
9
c
m
  
  
相
当
な
増
大
具
合
で
あ
る
 °
  
ウ
ェ
ス
ト
と
ヒ
ッ
プ
も
さ
き
ほ
ど
測
っ
た
が
 
こ
れ
ら
の
数
値
も
  
  
  
3
5
 
8
1
 
1
4
8
か
:
:
 
  
 
と
い
う
こ
と
は
:
:
:
:
身
長
は
2
0
8
c
m
で
 
上
か
ら
4
  
  
  
バ
ス
ト
も
た
だ
で
さ
え
高
い
身
長
の
倍
以
上
あ
る
の
で
あ
る
 °
  
  
事
実
自
体
が
興
奮
す
る
 °
















   

  
  
  
愕
す
る
こ
と
に
な
る
 °
  
め
い
て
い
る
ユ
リ
ア
を
不
思
議
が
る
が
 
千
秋
自
身
も
同
時
に
驚
  
身
長
の
時
よ
り
一
層
目
の
色
を
変
え
て
驚
く
 
も
と
い
慌
て
ふ
た
  
  
  
 
ど
う
し
た
の
ユ
リ
ア
さ
ん
?
 
  
  
  
 
え
っ
:
:
:
:
あ
れ
!
?
ホ
ン
ト
こ
れ
!
?
あ
れ
!
 
  
  
  
う
と
す
る
圧
力
が
胸
の
付
け
根
に
か
か
っ
て
い
る
 °
  
が
大
幅
に
増
え
て
い
る
の
は
感
じ
ら
れ
る
 °
地
面
に
の
し
か
か
ろ
  
い
る
の
か
そ
れ
ほ
ど
あ
か
ら
さ
ま
に
重
い
わ
け
で
は
な
い
が
重
量
  
何
度
も
使
っ
て
い
る
重
量
計
に
胸
を
乗
せ
る
 °
筋
力
も
上
が
っ
て
  
  
  
 
う
ん
:
:
 




















   

  
ば
話
に
な
ら
な
い
ほ
ど
の
重
量
 °
  
普
通
の
女
性
の
胸
の
重
さ
を
1
0
0
0
人
単
位
で
合
計
し
な
け
れ
  
  
あ
る
 
超
巨
大
な
乳
 °
  
両
乳
で
は
な
い
 °
片
方
で
1
ト
ン
以
上
 °
両
乳
で
2
ト
ン
余
り
も
  
  
現
在
の
千
秋
の
乳
の
重
量
は
 
な
ん
と
 
2
1
3
6
k
g
 °
  
  
返
す
 °
  
三
人
は
衝
撃
の
事
実
を
目
の
前
に
ト
ン
ト
ン
と
同
じ
言
葉
を
繰
り
  
  
  
 
1
ト
ン
:
:
:
:
車
並
の
お
っ
ぱ
い
:
:
:
:
!
?
 
  
  
  
 
1
ト
ン
:
:
:
:
1
ト
ン
!
?
片
方
で
!
?
お
っ
ぱ
い
が
!
?
 
  
  
  
る
!
 
  
 
い
:
:
1
ト
ン
:
:
:
:
お
っ
ぱ
い
の
片
方
が
1
ト
ン
超
え
て

   

  
  
ユ
リ
ア
は
冷
静
に
分
析
す
る
 °
  
  
  
出
し
 
  
 
多
分
:
:
:
:
セ
ッ
ク
ス
し
た
せ
い
ね
 °
し
か
も
直
接
膣
に
中
  
  
  
 
で
も
 
ど
う
し
て
こ
ん
な
に
大
き
く
:
:
:
:
し
か
も
一
晩
で
?
 
  
  
  
調
に
敏
感
に
な
っ
て
い
る
よ
う
だ
 °
  
千
秋
は
 
自
身
の
胸
を
し
み
じ
み
と
触
る
 °
感
度
も
良
好
で
 
  
  
  
 
1
ト
ン
:
:
:
:
両
方
で
2
ト
ン
:
:
:
:
い
や
っ
 
あ
あ
ん
!
 
  
  
  
そ
れ
が
 
今
の
千
秋
の
超
乳
で
あ
っ
た
 °
  


























   

  
し
か
し
た
ら
精
液
が
入
り
込
ん
だ
の
に
反
応
し
て
:
:
 
  
体
が
妊
娠
に
備
え
て
急
激
な
成
長
を
さ
せ
た
の
か
も
:
:
:
:
も
  
 
今
回
は
勘
違
い
じ
ゃ
な
く
て
本
当
に
セ
ッ
ク
ス
し
た
ん
だ
か
ら
 
  
  
  
歩
の
疑
問
を
流
す
と
 
  
  
  
 
え
と
:
:
そ
れ
は
後
で
説
明
す
る
わ
:
:
 
  
  
  
 
き
ゅ
 
急
成
長
遺
伝
子
:
:
!
?
何
で
す
か
そ
れ
?
 
  
  
  
 
う
ん
:
:
 
  
  
  
ス
を
し
た
と
勘
違
い
し
て
成
長
す
る
っ
て
言
っ
た
わ
よ
ね
?
 
  
 
前
に
急
成
長
遺
伝
子
は
 
性
的
刺
激
を
受
け
る
と
体
が
セ
ッ
ク
  


























   

  
  
に
な
れ
た
の
本
当
に
嬉
し
い
し
 
そ
れ
に
:
:
:
:
 
  
 
い
い
の
よ
 
服
ぐ
ら
い
:
:
:
:
私
ね
 
こ
こ
ま
で
立
派
な
体
  
  
  
だ
 °
  
頭
を
下
げ
る
歩
だ
が
 
千
秋
は
怒
る
ど
こ
ろ
か
や
さ
し
く
微
笑
ん
  
  
  
め
ん
な
さ
い
!
 
  
:
:
僕
の
せ
い
で
 
服
を
台
無
し
に
し
て
し
ま
っ
て
:
:
:
:
ご
  
 
そ
の
:
:
何
遺
伝
子
と
い
う
の
は
よ
く
わ
か
り
ま
せ
ん
が
:
:
  
  
  
歩
は
申
し
訳
な
さ
そ
う
に
千
秋
に
駆
け
寄
っ
た
 °
  
  
  
 
精
液
:
:
:
:
僕
の
せ
い
で
す
か
?
 
  
  


























   

  
 
あ
の
|
 
喜
び
を
分
か
ち
合
っ
て
る
と
こ
ろ
悪
い
ん
だ
け
ど
:
  
  
  
歓
喜
し
た
 °
そ
の
ま
ま
二
人
は
見
つ
め
合
い
続
け
て
い
た
が
 
  
心
か
ら
喜
び
の
声
を
上
げ
る
千
秋
に
 
歩
も
涙
を
浮
か
べ
な
が
ら
  
  
  
 
千
秋
さ
ん
:
:
千
秋
さ
ん
!
 
  
  
  
と
う
!
 
  
の
お
か
げ
で
信
じ
ら
れ
な
い
く
ら
い
成
長
し
ち
ゃ
っ
た
!
あ
り
が
  
 
片
方
1
ト
ン
越
え
の
お
っ
ぱ
い
な
ん
て
す
っ
ご
い
も
の
!
歩
君
  
  
  
揺
れ
が
完
全
に
収
ま
っ
た
数
秒
後
 
歩
に
向
き
直
り
 
  
  
上
下
に
何
度
も
弾
み
 
暴
風
ま
で
起
こ
さ
ん
ば
か
り
の
勢
い
だ
 °
  
千
秋
は
大
き
く
ジ
ャ
ン
プ
し
て
2
ト
ン
以
上
の
超
乳
を
揺
ら
す
 °
  


























   

  
 
急
成
長
遺
伝
子
っ
て
:
:
:
:
そ
う
だ
っ
た
ん
で
す
か
!
驚
き
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
な
い
の
よ
ね
:
:
 
  
 
服
ぐ
ら
い
:
:
:
:
っ
て
言
う
け
ど
残
念
な
が
ら
そ
う
も
い
か
  
  
  
け
る
 °
  
呆
れ
気
味
に
口
を
挟
む
ユ
リ
ア
に
 
二
人
は
き
ょ
と
ん
と
顔
を
向
  
  
  
:
 
























   

  
  
  
 
ユ
リ
ア
さ
ん
っ
て
 
す
ご
い
研
究
し
て
る
ん
で
す
ね
:
:
 
  
  
  
の
で
ま
だ
乗
せ
て
走
る
こ
と
は
可
能
で
あ
る
 °
  
ち
な
み
に
車
は
千
秋
の
体
格
や
胸
に
合
わ
せ
て
改
造
さ
れ
て
い
る
  
  
て
い
た
 °
  
道
中
の
車
の
中
で
 
歩
に
急
成
長
遺
伝
子
に
つ
い
て
話
を
明
か
し
  
  
撮
影
を
す
る
予
定
で
あ
る
 °
  
車
で
撮
影
場
所
に
急
ぐ
3
人
 °
今
日
は
千
秋
は
新
作
の
D
V
D
の
  
  
  
た
ん
だ
か
ら
!
 
  
 
そ
う
よ
|
 °
こ
れ
で
も
私
 
最
初
は
1
7
2
c
m
し
か
な
か
っ
  
  
  
ま
し
た
:
:
 




















   

  
  
  
 
そ
れ
も
 
3
4
6
c
m
に
ぴ
っ
た
り
の
や
つ
!
 
  
  
  
た
だ
神
妙
に
ハ
ン
ド
ル
を
動
か
し
な
が
ら
千
秋
に
話
し
か
け
る
 °
  
  
  
 
う
ん
:
:
:
:
 
  
  
  
ア
レ
を
着
る
し
か
な
い
 
  
 
さ
っ
き
も
言
っ
た
け
ど
 
ま
ず
い
わ
よ
千
秋
ち
ゃ
ん
 °
水
着
は
  
  
  
リ
ア
 °
  
調
子
の
い
い
口
調
な
が
ら
 
内
心
は
あ
ま
り
穏
や
か
で
は
な
い
ユ
  
  
  
 
ま
あ
ね
|
 




















   

  
  
  
  
  
場
所
ま
で
静
か
に
向
か
う
の
で
あ
っ
た
 °
  
穏
や
か
だ
が
 
ど
こ
と
な
く
落
ち
着
か
な
い
雰
囲
気
の
ま
ま
撮
影
  
  
  
た
け
ど
 
ア
レ
だ
け
で
な
ん
と
か
耐
え
て
 
  
 
や
る
し
か
な
い
わ
:
:
:
:
念
の
た
め
他
の
衣
装
も
持
っ
て
き
  
  
  
 
大
丈
夫
か
な
:
:
ユ
リ
ア
さ
ん
 
  
  
  
ら
な
け
れ
ば
そ
も
そ
も
撮
影
は
で
き
な
い
こ
と
に
な
る
 °
  
1
メ
|
ト
ル
以
上
も
成
長
し
て
い
る
胸
に
合
う
保
証
は
な
い
 °
  
  
っ
た
 °
  
急
激
に
成
長
し
た
の
で
 
当
然
新
し
く
仕
立
て
る
余
裕
な
ど
な
か

   

  
  
ス
リ
ン
グ
シ
ョ
ッ
ト
 °
  
な
ん
と
か
着
替
え
を
済
ま
せ
 
千
秋
が
到
着
す
る
 °
衣
装
は
白
の
  
  
  
 
は
|
い
!
今
来
ま
し
た
!
お
疲
れ
様
で
す
!
 
  
  
  
ラ
ビ
ア
の
仕
事
を
し
た
時
と
同
じ
場
所
だ
っ
た
 °
  
今
回
の
ス
タ
ジ
オ
は
屋
内
の
プ
|
ル
で
 
奇
し
く
も
は
じ
め
て
グ
  
ス
タ
ッ
フ
の
号
令
に
あ
せ
り
つ
つ
 
千
秋
は
撮
影
場
所
に
急
ぐ
 °
  
  
  
 
で
は
 
千
秋
さ
ん
お
願
い
し
ま
|
す
!
 
  
  
  
  
  
  


























   

  
  
:
:
 
  
 
は
 
は
あ
:
:
:
:
2
m
以
上
あ
る
ん
じ
ゃ
な
い
で
す
か
ね
え
  
  
  
 
ま
あ
ね
:
:
成
長
期
な
の
よ
!
私
も
び
っ
く
り
ね
!
 
  
  
  
ス
タ
ッ
フ
の
一
人
が
当
然
の
疑
問
を
ぶ
つ
け
た
 °
  
  
  
か
っ
た
で
し
た
っ
け
?
 
  
 
あ
の
:
:
:
:
失
礼
で
す
が
千
秋
さ
ん
っ
て
 
あ
ん
な
に
大
き
  
  
  
た
 °
  
晩
で
成
長
す
る
と
明
ら
か
に
違
和
感
を
覚
え
て
し
ま
う
よ
う
だ
っ
  
秋
の
体
格
や
乳
は
だ
い
ぶ
見
慣
れ
て
は
い
た
の
だ
が
 
流
石
に
一
  
千
秋
が
来
た
瞬
間
 
ど
よ
め
き
が
走
っ
た
 °
ス
タ
ッ
フ
一
同
は
千
  


























   

  
  
  
飛
び
そ
う
な
の
で
あ
る
 °
  
そ
れ
だ
け
な
ら
い
い
の
だ
が
 
乳
の
圧
力
で
水
着
が
今
に
も
弾
け
  
  
る
 °
  
ン
グ
シ
ョ
ッ
ト
が
胸
や
尻
な
ど
あ
ち
こ
ち
に
食
い
込
み
快
感
が
走
  
や
は
り
1
メ
|
ト
ル
近
く
も
サ
イ
ズ
が
小
さ
い
水
着
で
は
 
ス
リ
  
  
ポ
|
ズ
と
い
っ
て
も
正
直
そ
れ
ど
こ
ろ
で
は
な
か
っ
た
 °
  
  
  
 
は
い
:
:
:
:
あ
ん
っ
:
:
:
:
 
  
  
  
 
は
い
 
じ
ゃ
あ
千
秋
ち
ゃ
ん
ポ
|
ズ
取
っ
て
下
さ
い
!
 
  
  
  
ユ
リ
ア
の
流
暢
な
言
い
訳
に
も
納
得
し
か
ね
て
い
る
様
子
 °
  


























   

  
か
っ
た
 °
  
れ
た
だ
け
で
も
満
足
だ
っ
た
が
 
心
配
で
あ
る
こ
と
に
変
わ
り
な
  
ユ
リ
ア
と
歩
は
共
に
見
守
る
だ
け
 °
歩
は
千
秋
の
水
着
姿
を
見
ら
  
  
  
 
:
:
:
:
な
ん
と
か
耐
え
き
る
の
を
祈
る
し
か
な
い
わ
 
  
  
  
 
千
秋
さ
ん
 
大
丈
夫
で
す
か
ね
:
:
:
:
 
  
  
  
く
な
る
 °
助
か
っ
た
 
と
思
い
千
秋
は
な
ん
と
か
撮
影
を
続
け
る
 °
  
う
つ
伏
せ
に
し
て
胸
を
平
ら
に
す
る
姿
勢
は
な
ん
と
か
水
着
が
緩
  
  
  
 
は
い
:
:
:
:
 
  
  
  
お
っ
ぱ
い
を
下
に
し
て
 
  
 
え
|
と
:
:
:
:
じ
ゃ
あ
そ
こ
に
 
寝
転
が
っ
て
み
よ
う
か
 °

   

  
す
る
 °
  
こ
の
状
態
で
ジ
ャ
ン
プ
す
る
と
 
間
違
い
な
く
見
え
る
 
ポ
ロ
リ
  
  
る
こ
と
な
ど
は
気
に
し
て
い
る
暇
が
な
か
っ
た
 °
  
乳
輪
が
見
え
な
い
だ
け
で
も
も
う
け
も
の
 
乳
首
が
浮
き
出
て
い
  
少
し
で
も
ず
れ
る
と
乳
首
が
露
出
し
て
も
お
か
し
く
な
い
ほ
ど
で
 
  
  
本
当
に
最
低
限
し
か
覆
え
て
い
な
い
 °
  
水
着
の
サ
イ
ズ
が
想
像
以
上
に
小
さ
く
な
っ
て
い
る
の
で
 
肌
は
  
  
と
察
知
し
た
 °
  
ま
ず
い
 °
ジ
ャ
ン
プ
だ
け
は
ま
ず
い
 °
千
秋
は
本
能
的
に
危
険
だ
  
  
  
 
ジ
ャ
:
:
:
:
ジ
ャ
ン
プ
 
  
  
  
 
よ
|
し
 
じ
ゃ
あ
ジ
ャ
ン
プ
し
て
も
ら
っ
て
も
い
い
か
な
?
 
  
  


























   

  
軽
く
腰
も
動
か
し
 
ジ
ャ
ン
プ
の
準
備
も
万
全
に
整
え
る
 °
  
  
る
 °
  
り
と
意
識
し
な
が
ら
 
外
れ
な
い
よ
う
に
慎
重
に
位
置
を
調
整
す
  
千
秋
は
胸
と
そ
れ
に
接
し
て
い
る
水
着
の
生
地
の
感
覚
を
し
っ
か
  
  
  
 
ゆ
っ
く
り
と
:
:
ゆ
っ
く
り
と
:
:
:
:
 
  
  
  
覚
悟
を
決
め
た
 °
  
だ
が
断
る
わ
け
に
は
い
か
な
い
の
で
頑
張
る
し
か
な
い
 °
千
秋
は
  
  
  
 
で
は
ス
タ
|
ト
!
 
  
  
  
 
わ
 
わ
か
り
ま
し
た
|
:
:
:
:
 
  
  


























   

  
  
て
い
る
 °
  
乳
の
感
覚
を
確
か
め
る
 °
水
着
は
ズ
レ
て
な
い
 °
乳
首
も
守
ら
れ
  
  
  
 
:
:
:
:
:
:
:
:
 
  
  
  
な
だ
け
は
あ
っ
た
 °
  
同
時
に
周
り
か
ら
感
嘆
の
声
が
漏
れ
る
 °
や
は
り
千
秋
の
十
八
番
  
  
に
重
く
 
激
し
く
上
下
す
る
 °
  
超
乳
が
揺
れ
る
 °
サ
ン
ド
バ
ッ
グ
を
思
い
切
り
打
ち
上
げ
た
よ
う
  
  
つ
い
に
心
を
決
め
飛
び
上
が
る
 °
  
  
  
 
っ
っ
!
!
!
 
  
  


























   

  
な
に
や
ら
胸
の
先
が
こ
そ
ば
ゆ
い
 °
先
が
揺
れ
る
感
覚
が
す
る
 °
  
  
  
 
:
:
:
:
:
:
!
?
 
  
  
  
歩
が
安
心
し
か
け
た
瞬
間
 
そ
の
時
は
来
て
し
ま
っ
た
 °
  
  
  
 
千
秋
さ
ん
:
:
:
:
 
  
  
  
 
:
:
:
:
大
丈
夫
み
た
い
 
  
  
  
よ
う
や
く
安
堵
の
溜
息
を
つ
く
 °
  
  
  
 
:
:
:
:
:
:
ほ
っ
 
  


























   

  
い
き
な
り
来
た
涼
し
い
 
解
放
感
 °
  
  
胸
が
急
に
軽
く
な
っ
た
 °
  
  
  
 
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
っ
!
?
 
  
  
  
破
れ
て
る
 °
そ
う
気
づ
い
た
時
に
は
既
に
遅
か
っ
た
 °
  
  
  
 
:
:
:
:
:
:
ビ
リ
ッ
?
 
  
  
  
監
督
に
言
わ
れ
も
し
や
と
思
い
耳
を
澄
ま
す
 °
す
る
と
 
  
  
  
 
:
:
:
:
:
:
あ
れ
!
千
秋
ち
ゃ
ん
 
水
着
が
な
ん
だ
か
:
:
?
 
  
  


























   

  
  
  
  
  
 
い
や
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
!
!
!
!
!
 
  
  
  
水
着
が
 
ス
リ
ン
グ
シ
ョ
ッ
ト
水
着
が
 
千
切
れ
飛
ん
だ
 °
  
  
  
瞬
時
に
分
か
っ
た
 °
  
  
  
 
:
:
:
:
:
:
:
:
い
っ
 
  
  
  
目
の
前
に
布
が
落
ち
た
 °
  
  
同
時
に
感
じ
る
 
胸
の
弾
力
感
と
快
感
 °
  


























   

  
け
な
が
ら
 
超
乳
は
暴
れ
回
っ
て
い
た
 °
  
そ
の
興
奮
で
膨
ら
ん
だ
ピ
ン
ク
色
の
可
愛
ら
し
い
乳
首
を
見
せ
つ
  
  
と
す
る
千
秋
 °
  
隠
せ
る
は
ず
も
な
い
の
に
腕
を
目
一
杯
伸
ば
し
て
乳
首
を
隠
そ
う
  
  
  
 
や
 
や
だ
あ
!
見
な
い
で
え
!
 
  
  
  
あ
ま
り
に
も
大
き
く
 
重
い
 
乳
で
あ
っ
た
 °
  
  
4
3
5
c
m
の
超
乳
 °
  
そ
れ
さ
え
も
意
図
も
簡
単
に
 
軽
く
乳
揺
れ
し
た
だ
け
で
壊
し
た
 
  
  
バ
ス
ト
を
も
支
え
ら
れ
る
は
ず
だ
っ
た
水
着
 °
  
3
4
6
c
m
 °
か
つ
て
の
女
体
化
し
た
て
の
頃
の
自
分
の
2
倍
の
  
  
水
着
は
ほ
ぼ
崩
壊
し
 
裸
同
然
の
姿
と
化
し
た
千
秋
 °
  


























   

  
  
立
ち
上
が
っ
た
 °
  
二
人
が
騒
い
で
い
る
と
 
そ
れ
を
押
し
返
す
か
の
よ
う
に
監
督
が
  
  
  
 
で
 
で
も
こ
ん
な
と
こ
ろ
で
:
:
!
 
  
  
  
 
放
し
て
く
だ
さ
い
!
千
秋
さ
ん
が
!
 
  
  
  
ユ
リ
ア
は
駆
け
だ
そ
う
と
す
る
歩
を
必
死
で
押
さ
え
つ
け
る
 °
  
  
  
 
歩
君
!
待
っ
て
!
 
  
  
  
 
ち
 
千
秋
さ
ん
!
 
  
  


























   

  
 
は
い
 
じ
ゃ
あ
や
っ
て
み
て
ね
|
 
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
思
わ
ず
千
秋
も
騒
ぐ
の
を
忘
れ
た
 °
  
怪
我
を
し
か
ね
な
い
ほ
ど
の
勢
い
で
手
を
叩
く
監
督
を
目
に
し
 
  
  
  
 
え
?
 
  
  
  
 
:
:
:
:
:
:
:
:
そ
れ
だ
!
!
!
!
 
  


























   

  
  
:
:
 
  
 
念
の
た
め
持
っ
て
き
た
衣
装
が
 
こ
ん
な
風
に
役
立
つ
な
ん
て
  
  
  
う
に
溜
息
を
つ
く
 °
  
ユ
リ
ア
は
 
遠
目
で
千
秋
を
見
つ
め
な
が
ら
 
感
心
す
る
か
の
よ
  
  
  
 
ま
 
ま
さ
か
:
:
:
:
 
  
  
  
し
か
し
 
今
度
は
違
う
服
装
で
で
あ
っ
た
 °
  
  
千
秋
は
 
撮
影
を
再
開
し
て
い
た
 °
  
  
  
 
:
:
:
:
:
:
:
:
き
 
き
つ
い
で
す
よ
 
  
  


























   

  
  
な
さ
な
け
れ
れ
ば
な
ら
な
い
 °
  
と
し
て
感
じ
て
く
る
 °
だ
が
そ
ん
な
快
感
に
負
け
ず
に
指
示
は
こ
  
小
さ
な
水
着
が
胸
を
圧
迫
す
る
刺
激
も
も
ち
ろ
ん
 
性
的
な
刺
激
  
  
  
 
ん
っ
:
:
ん
ん
:
:
:
:
あ
っ
:
:
や
あ
ん
 
  
  
  
し
て
い
る
 °
  
部
分
が
覆
え
ず
 
無
理
や
り
生
地
を
引
っ
張
っ
て
乳
首
だ
け
は
隠
  
下
半
身
は
な
ん
と
か
詰
め
た
が
 
上
半
身
は
胸
が
つ
っ
か
え
て
大
  
  
遥
か
に
小
さ
い
も
の
 °
  
m
の
時
に
使
っ
て
い
た
 
先
ほ
ど
の
ス
リ
ン
グ
シ
ョ
ッ
ト
よ
り
も
  
今
 
千
秋
が
着
て
い
る
の
は
ス
ク
|
ル
水
着
 °
バ
ス
ト
3
1
8
c
  
  
  
 
:
:
:
:
:
:
千
秋
さ
ん
 
  


























   

  
千
秋
の
人
気
を
上
げ
る
た
め
 
よ
り
フ
ァ
ン
の
注
目
を
集
め
る
た
  
  
こ
れ
は
 
監
督
の
思
い
付
き
だ
っ
た
 °
  
  
  
 
ふ
ふ
っ
!
お
っ
ぱ
い
丸
出
し
!
ぶ
る
ん
ぶ
る
|
ん
!
 
  
  
  
千
秋
は
ジ
ャ
ン
プ
し
胸
を
揺
ら
し
続
け
る
 °
  
下
半
身
だ
け
は
な
ん
と
か
覆
え
て
い
る
ト
ッ
プ
レ
ス
の
状
態
で
 
  
  
超
乳
が
そ
の
勢
い
で
躍
動
す
る
 °
  
肩
ひ
も
と
上
半
身
の
黒
い
生
地
を
上
空
に
跳
ね
飛
ば
し
な
が
ら
 
  
  
か
の
よ
う
に
破
れ
 
離
れ
た
 °
  
そ
の
途
端
 
ス
ク
|
ル
水
着
は
胸
の
下
辺
り
で
噛
み
千
切
ら
れ
た
  
  
  
 
思
い
切
り
:
:
:
:
胸
を
張
っ
て
:
:
:
:
ふ
ん
!
!
!
 
  


























   

  
  
  
  
く
ト
イ
レ
に
駆
け
込
む
こ
と
に
な
っ
た
 °
  
歩
は
股
間
を
押
さ
え
続
け
て
い
た
が
 
我
慢
し
き
れ
ず
に
間
も
な
  
  
  
 
千
秋
さ
ん
:
:
:
:
つ
い
に
 
そ
こ
ま
で
:
:
:
:
:
:
 
  
  
  
子
を
う
か
が
っ
て
い
る
 °
  
監
督
か
ら
伝
言
さ
れ
た
ユ
リ
ア
は
も
は
や
自
嘲
気
味
に
千
秋
の
様
  
  
  
し
い
わ
 
  
大
お
っ
ぱ
い
 
そ
し
て
乳
首
解
禁
!
:
:
:
:
:
:
っ
て
こ
と
ら
  
 
柳
瀬
千
秋
の
:
:
:
:
超
乳
に
負
け
ち
ぎ
れ
る
水
着
 
弾
む
特
  
  
  
め
の
策
 °






















  > ≫