て
い
た
 °
俺
の
目
に
映
っ
て
い
る
の
は
ハ
ル
カ
の
腹
部
 
下
向
い
  
俺
は
ハ
ル
カ
の
身
体
を
想
像
し
た
 °
ハ
ル
カ
は
駅
前
通
り
を
歩
い
  
  
で
は
早
速
・
・
・
  
  
ル
カ
の
身
体
に
移
っ
て
 
睡
眠
授
業
だ
 °
  
今
日
は
教
室
移
動
も
な
い
し
 
体
育
も
な
い
 °
あ
と
の
授
業
は
ハ
  
よ
な
 
学
校
サ
ボ
っ
て
何
し
て
る
か
 °
  
か
し
今
日
は
学
校
に
来
て
い
な
い
 °
だ
か
ら
結
構
気
に
な
る
ん
だ
  
ハ
ル
カ
は
ク
ラ
ス
の
盛
り
上
げ
役
 
男
女
問
わ
ず
仲
が
い
い
 °
  
ハ
ル
カ
だ
な
 °
  
ま
ぁ
・
・
・
フ
タ
バ
は
置
い
と
い
て
 
次
は
・
・
・
ん
|
っ
と
 
  
た
ら
ど
ん
ど
ん
大
き
く
し
て
や
っ
ち
ゃ
う
ぞ
!
  
膨
乳
が
そ
ん
な
に
嬉
し
か
っ
た
の
だ
ろ
う
か
 
そ
ん
な
に
喜
ん
で
  
次
の
日
の
学
校
で
は
フ
タ
バ
は
何
や
ら
上
機
嫌
だ
っ
た
 °
昨
日
の
  
も
試
し
て
か
ら
 
フ
タ
バ
の
胸
を
大
き
く
し
よ
う
 °
  
さ
て
 
フ
タ
バ
の
大
胆
さ
に
は
驚
い
た
な
 °
で
も
ま
ず
は
他
の
娘
  
  
武
蔵
 
作
  
ブ
レ
ス
ト
ジ
ャ
ッ
カ
|

















≪ <  

  
を
し
て
い
く
う
ち
に
 
ユ
|
く
ん
は
変
化
す
る
胸
に
魅
了
さ
れ
て
  
ユ
|
く
ん
が
触
れ
ば
 
俺
が
胸
を
大
き
く
す
る
 
こ
の
繰
り
返
し
  
が
大
き
く
な
る
の
を
想
像
し
た
 °
  
ユ
|
く
ん
と
い
う
名
の
男
の
子
に
便
乗
し
て
 
俺
は
ハ
ル
カ
の
胸
  
 
ユ
|
く
ん
 °
だ
め
で
し
ょ
!
お
っ
ぱ
い
さ
わ
っ
ち
ゃ
!
 
  
胸
を
大
胆
に
も
触
っ
て
い
た
 °
  
胸
が
く
す
ぐ
っ
た
い
 °
何
か
と
思
え
ば
あ
る
男
の
子
が
ハ
ル
カ
の
  
ハ
ル
カ
っ
て
保
育
士
に
な
り
た
か
っ
た
の
か
ぁ
|
!
!
・
・
・
!
?
  
の
だ
 °
  
の
子
 
お
茶
目
な
女
の
子
 
み
ん
な
し
て
ハ
ル
カ
を
待
っ
て
い
た
  
小
さ
い
子
供
た
ち
が
ハ
ル
カ
目
が
け
て
戯
れ
て
く
る
 °
元
気
な
男
  
 
ハ
ル
カ
お
ね
え
ち
ゃ
ん
だ
ぁ
|
 
  
 
は
い
!
 
  
ね
 °
 
  
 
あ
ら
ぁ
 
ハ
ル
カ
ち
ゃ
ん
今
日
も
お
昼
ま
で
よ
ろ
し
く
頼
む
わ
  
こ
は
保
育
園
だ
っ
た
 °
  
何
や
ら
 
声
が
す
る
 °
ハ
ル
カ
は
声
の
す
る
ほ
う
へ
進
ん
だ
 °
  
そ
れ
に
し
て
も
何
処
に
向
う
ん
だ
 °
  
ハ
ル
カ
は
比
較
的
胸
が
あ
り
 
C
カ
ッ
プ
は
あ
り
そ
う
だ
っ
た
 °
  
て
歩
い
て
い
る
よ
う
だ
 °
制
服
だ
っ
た
 °










   

  
す
で
に
ハ
ル
カ
の
胸
は
床
に
付
き
 
広
が
っ
て
い
た
 °
子
供
た
ち
  
|
ル
よ
り
大
き
く
な
っ
た
ハ
ル
カ
の
胸
を
揉
み
く
ち
ゃ
に
す
る
 °
  
電
撃
の
よ
う
な
快
感
が
俺
を
襲
う
 °
無
数
の
手
が
今
や
ビ
|
チ
ボ
  
い
た
 °
ど
ん
ど
ん
大
き
く
な
る
子
供
た
ち
は
極
上
の
胸
に
触
る
 °
  
ブ
ラ
ウ
ス
が
全
部
開
き
 
ブ
ラ
は
引
き
ち
ぎ
れ
て
胸
に
埋
も
れ
て
  
う
と
争
い
始
め
た
が
 
ハ
ル
カ
に
止
め
る
意
欲
な
ど
な
か
っ
た
 °
  
供
た
ち
が
ハ
ル
カ
に
群
が
り
 
二
つ
の
ハ
ン
ド
ボ
|
ル
大
を
触
ろ
  
に
大
き
く
し
よ
う
と
思
っ
た
 °
そ
し
て
想
像
し
た
 °
2
0
人
の
子
  
俺
は
こ
の
機
を
見
逃
さ
な
か
っ
た
 °
ガ
キ
が
全
員
触
れ
る
く
ら
い
  
|
く
ん
へ
の
対
抗
を
や
め
受
身
状
態
で
い
た
 °
  
う
な
ほ
ど
快
感
が
身
体
中
を
駆
け
巡
る
 °
ハ
ル
カ
は
い
つ
し
か
ユ
  
小
さ
な
手
が
沢
山
触
っ
て
く
る
 °
気
持
ち
い
い
 °
気
が
遠
の
き
そ
  
ル
カ
の
胸
に
興
味
津
々
で
み
ん
な
触
っ
て
き
た
 °
  
花
瓶
が
割
れ
た
と
思
っ
た
ら
 
子
供
た
ち
は
み
な
大
き
く
な
る
ハ
  
胸
は
制
服
の
ボ
タ
ン
を
弾
き
 
花
瓶
が
割
れ
た
 °
  
ユ
|
く
ん
は
一
向
に
離
れ
な
い
 °
そ
れ
ど
こ
ろ
か
 
大
き
く
な
る
  
注
が
れ
 
手
は
ユ
|
く
ん
を
引
き
離
そ
う
と
し
て
い
た
 °
し
か
し
  
ハ
ル
カ
の
視
線
は
J
カ
ッ
プ
は
あ
る
だ
ろ
う
膨
乳
し
て
い
る
胸
に
  
ん
で
い
る
こ
と
に
気
が
つ
た
 °
  
し
ま
っ
た
 °
ハ
ル
カ
の
ブ
ラ
が
ギ
シ
ギ
シ
な
り
始
め
 
胸
が
膨
ら

   

  
ら
ず
で
女
の
子
の
背
丈
よ
り
大
き
く
な
っ
た
 °
部
屋
い
っ
ぱ
い
に
  
が
巨
大
に
な
り
 
女
の
子
の
親
指
ほ
ど
だ
っ
た
の
が
 
1
0
秒
足
  
せ
た
 °
女
の
子
が
乳
首
を
触
っ
て
い
る
と
み
る
み
る
う
ち
に
乳
首
  
す
 °
俺
は
乳
首
だ
と
す
ぐ
に
わ
か
っ
た
 °
俺
は
乳
首
も
肥
大
化
さ
  
な
 
な
ん
な
ん
だ
!
今
の
感
触
は
!
女
の
子
は
ク
リ
ク
リ
弄
り
回
  
!
!
!
!
!
!
  
し
い
ピ
ン
ク
の
突
起
物
が
あ
っ
て
 
思
わ
ず
触
っ
た
 °
  
て
い
た
 °
谷
間
か
ら
で
て
き
た
 
女
の
子
の
目
の
前
に
は
可
愛
ら
  
伝
わ
る
 °
ハ
ル
カ
は
う
め
き
声
し
か
あ
げ
ら
れ
な
い
ほ
ど
快
楽
し
  
部
屋
の
両
壁
に
あ
た
っ
て
き
た
 °
ヒ
ン
ヤ
リ
し
た
壁
が
ハ
ル
カ
に
  
端
っ
こ
に
移
動
し
 
ハ
ル
カ
の
胸
が
2
5
畳
は
あ
り
そ
う
な
広
い
  
子
供
た
ち
の
お
も
ち
ゃ
は
ハ
ル
カ
の
胸
に
押
し
の
け
ら
れ
部
屋
の
  
し
ま
っ
た
 °
  
渦
に
は
ま
り
 
波
立
つ
胸
は
容
赦
な
く
子
供
た
ち
を
呑
み
こ
ん
で
  
子
供
た
ち
は
大
喜
び
だ
っ
た
 °
ハ
ル
カ
は
既
に
ど
っ
ぷ
り
快
感
の
  
す
る
と
胸
の
膨
ら
む
ス
ピ
|
ド
が
あ
が
り
 
柔
ら
か
さ
が
増
し
て
  
の
を
想
像
し
た
 °
  
俺
は
少
し
躊
躇
し
た
が
 
ハ
ル
カ
の
胸
が
部
屋
い
っ
ぱ
い
に
な
る
  
 
ん
|
は
ぁ
 
気
持
ち
い
ぃ
!
!
 
  
が
ハ
ル
カ
の
胸
に
乗
り
始
め
た
 °













   

  
  
ろ
い
ろ
起
き
る
前
に
俺
は
ハ
ル
カ
か
ら
身
を
ひ
い
た
 °
  
そ
し
て
園
長
先
生
が
来
る
前
に
 
ブ
ラ
ウ
ス
全
開
に
つ
い
て
 
  
  
静
か
に
胸
を
最
初
の
大
き
さ
に
戻
し
た
 °
  
俺
は
ハ
ル
カ
が
目
覚
め
る
前
に
 
子
供
た
ち
が
落
ち
な
い
よ
う
に
 
  
を
破
り
外
に
ま
で
で
て
し
ま
っ
た
よ
う
だ
 °
  
当
た
っ
た
 °
ど
う
や
ら
さ
っ
き
の
音
と
い
い
 
乳
首
は
窓
ガ
ラ
ス
  
痛
い
よ
う
な
気
持
ち
い
い
よ
う
な
感
じ
の
後
 
風
が
妙
に
乳
首
が
  
  
ピ
シ
ピ
シ
ピ
シ
・
・
・
バ
リ
ン
!
!
  
  
に
乳
首
を
思
い
っ
き
り
大
き
く
し
て
み
た
 °
  
ハ
ル
カ
も
気
が
遠
の
い
て
気
絶
し
て
し
ま
っ
て
い
た
 °
俺
は
最
後
  
て
み
ん
な
寝
て
し
ま
っ
た
 °
  
で
て
き
た
 °
そ
し
て
疲
れ
た
顔
し
て
ハ
ル
カ
の
胸
を
ベ
ッ
ド
に
し
  
し
か
し
 
し
ば
ら
く
す
る
と
胸
の
谷
間
か
ら
子
供
た
ち
が
み
ん
な
  
う
か
 
俺
は
背
筋
が
凍
っ
た
 °
  
子
供
た
ち
の
反
応
が
な
い
 °
み
ん
な
窒
息
し
て
し
ま
っ
た
の
だ
ろ
  
ハ
ル
カ
の
胸
で
覆
っ
た
と
こ
ろ
で
俺
は
大
き
く
す
る
の
を
止
め
た
 °

   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
を
・
・
・
  
て
ら
れ
て
し
ま
っ
た
 °
忘
れ
て
た
!
!
今
は
授
業
中
だ
っ
た
こ
と
  
俺
は
起
き
て
 
ニ
ヤ
ニ
ヤ
と
満
足
し
て
い
る
と
 
先
生
に
急
に
当
  
  
ゃ
ぁ
そ
ろ
そ
ろ
起
き
る
か
 °
  
と
は
 
胸
は
誰
に
と
っ
て
も
雄
大
で
あ
る
こ
と
が
わ
か
っ
た
 °
  
く
と
何
し
で
か
す
か
わ
か
ら
な
い
の
も
よ
ぉ
|
く
わ
か
っ
た
 °
  
胸
の
大
き
さ
に
限
り
な
い
こ
と
が
分
か
っ
た
 °
子
供
は
放
っ
て
お

  > ≫