業
し
て
コ
ン
タ
ク
ト
に
な
っ
た
ば
か
り
の
ク
ラ
ス
メ
イ
ト
だ
:
:
  
ど
 °
体
育
は
球
技
が
得
意
で
走
り
は
嫌
い
:
:
最
近
メ
ガ
ネ
を
卒
  
生
徒
の
お
手
本
だ
っ
た
 °
中
肉
中
背
で
学
業
は
ト
ッ
プ
を
争
う
ほ
  
生
徒
会
長
の
ユ
ウ
が
で
て
き
た
 °
ユ
ウ
は
ま
さ
し
く
生
真
面
目
で
  
ご
す
ほ
ど
暇
な
行
事
だ
っ
た
 °
  
生
徒
総
会
は
そ
の
つ
ま
な
ら
さ
か
ら
ほ
と
ん
ど
の
生
徒
が
寝
て
過
  
徒
は
出
た
く
も
な
い
生
徒
総
会
に
出
る
た
め
体
育
館
に
向
っ
た
 °
  
ん
で
 
午
前
は
瞬
く
間
に
過
ぎ
て
午
後
に
な
っ
た
 °
俺
ら
全
校
生
  
  
ら
れ
た
ぁ
|
  
そ
う
か
ぁ
:
:
今
日
は
年
に
2
度
の
生
徒
総
会
だ
っ
た
か
ぁ
!
や
  
は
生
徒
総
会
だ
か
ら
早
引
き
な
し
だ
よ
!
!
 
っ
て
言
わ
れ
た
 °
  
学
校
に
着
く
と
す
ぐ
に
ユ
イ
に
会
っ
た
 °
ユ
イ
の
口
か
ら
 
今
日
  
業
で
今
日
の
計
画
を
練
る
か
!
  
化
さ
せ
る
の
も
面
白
い
か
も
し
れ
な
い
 °
と
り
あ
え
ず
午
前
の
授
  
今
日
の
午
後
は
ど
う
し
よ
っ
か
な
ぁ
|
フ
タ
バ
を
も
う
一
度
爆
乳
  
さ
て
 
俺
の
熱
も
下
が
り
 
再
び
学
校
へ
通
う
毎
日
が
始
ま
っ
た
 °
  
  
武
蔵
∧
物
語
∨
・
ひ
ん
ぐ
る
み
り
は
∧
挿
し
絵
∨
 
作
  
ブ
レ
ス
ト
ジ
ャ
ッ
カ
|

















≪ <  

  
に
大
き
く
し
た
 °
ブ
ツ
ブ
ツ
ッ
!
ブ
ラ
が
外
れ
 
自
由
を
勝
ち
取
  
そ
れ
を
み
た
俺
は
調
子
に
乗
っ
て
し
ま
っ
た
 °
ユ
ウ
の
胸
を
一
気
  
た
 °
  
の
は
わ
ず
か
数
名
で
 
そ
の
数
名
も
す
ぐ
に
下
を
向
い
て
し
ま
っ
  
の
音
は
マ
イ
ク
で
全
校
生
徒
の
耳
に
届
い
た
が
 
気
に
か
か
っ
た
  
ユ
ウ
の
ワ
イ
シ
ャ
ツ
の
ボ
タ
ン
が
ブ
ツ
!
っ
て
は
じ
け
飛
ぶ
 °
  
声
を
出
し
始
め
て
い
た
 °
俺
は
9
5
c
m
I
カ
ッ
プ
に
し
て
み
た
 °
  
ユ
ウ
は
 
っ
ん
!
!
 
と
か
 
く
ぅ
|
 
と
か
空
気
に
あ
わ
な
い
  
ユ
ウ
の
し
ゃ
べ
り
が
つ
ま
り
始
め
る
 °
胸
元
が
き
つ
い
か
ら
だ
 °
  
の
B
カ
ッ
プ
の
胸
を
F
カ
ッ
プ
く
ら
い
に
な
る
よ
う
想
像
し
た
 °
  
ユ
ウ
が
今
年
の
学
校
の
方
針
案
を
し
ゃ
べ
り
始
め
る
 °
俺
は
ユ
ウ
  
い
な
か
っ
た
 °
  
割
の
生
徒
は
み
な
寝
て
た
り
 
携
帯
い
じ
っ
た
り
と
話
を
聞
い
て
  
ユ
ウ
か
ら
の
視
点
は
全
校
生
徒
を
見
渡
す
カ
タ
チ
だ
が
案
の
定
9
  
識
が
一
瞬
吹
っ
飛
ぶ
 °
そ
し
て
気
が
付
く
と
ユ
ウ
の
中
に
い
た
 °
  
を
向
き
始
め
る
:
:
俺
も
目
を
瞑
り
ユ
ウ
を
思
い
浮
か
べ
る
 
  
と
う
と
う
暇
な
生
徒
総
会
が
始
ま
っ
た
 °
周
り
の
奴
ら
の
頭
が
下
  
  
う
か
な
♪
ど
う
せ
暇
だ
し
 °
  
い
い
こ
と
思
い
つ
い
た
!
今
日
は
ユ
ウ
の
胸
を
大
き
く
し
て
み
よ

   

  
を
想
像
し
た
 °
す
る
と
み
る
み
る
う
ち
に
マ
イ
ク
は
原
形
が
分
か
  
出
来
事
に
興
奮
し
た
 °
俺
は
す
か
さ
ず
重
く
て
圧
力
の
強
い
爆
乳
  
に
負
け
マ
イ
ク
は
壊
れ
て
し
ま
っ
た
 °
俺
に
と
っ
て
も
予
想
外
の
  
イ
ク
が
ユ
ウ
の
大
き
な
大
き
な
果
実
に
埋
も
れ
始
め
 
そ
の
圧
力
  
ば
か
り
と
乗
っ
て
 
恐
ら
く
2
0
0
c
m
は
超
え
た
だ
ろ
う
 
  
面
い
っ
ぱ
い
に
広
が
る
の
が
よ
く
わ
か
っ
た
 °
胸
は
机
に
溢
れ
ん
  
ユ
ウ
の
顔
は
既
に
乳
房
に
埋
も
れ
 
俺
に
も
そ
の
柔
ら
か
さ
が
顔
  
く
机
の
悲
鳴
だ
っ
た
 °
  
な
く
 
快
感
に
浸
る
ユ
ウ
の
息
と
大
き
く
な
る
胸
に
限
界
が
近
づ
  
マ
イ
ク
を
通
じ
て
寝
て
い
る
生
徒
の
耳
に
届
く
の
は
ユ
ウ
の
声
で
  
さ
に
段
々
声
が
出
な
く
な
り
 
生
徒
総
会
は
中
断
し
て
し
ま
っ
た
 °
  
超
え
 
机
に
広
が
り
始
め
て
い
た
 °
ユ
ウ
は
あ
ま
り
の
気
持
ち
よ
  
し
た
感
触
が
俺
に
伝
わ
っ
て
き
た
 
ユ
ウ
の
胸
は
1
6
0
c
m
を
  
下
へ
前
へ
突
き
出
し
始
め
る
 °
1
0
秒
と
か
か
ら
ず
に
ヒ
ン
ヤ
リ
  
し
た
か
ら
 
ユ
ウ
の
胸
は
勢
い
よ
く
ブ
レ
ザ
|
か
ら
飛
び
出
し
 
  
無
意
味
に
な
る
だ
ろ
う
 °
俺
は
壇
上
の
机
に
胸
が
乗
る
の
を
想
像
  
ブ
レ
ザ
|
に
よ
っ
て
せ
き
止
め
ら
れ
て
い
た
が
 
そ
れ
も
す
ぐ
に
  
分
か
っ
た
:
:
ユ
ウ
は
ワ
イ
シ
ャ
ツ
が
全
開
に
な
り
ユ
ウ
の
胸
は
  
く
 °
ユ
ウ
の
息
が
荒
く
な
っ
て
い
く
の
が
マ
イ
ク
を
通
し
て
よ
く
  
っ
た
乳
房
は
ワ
イ
シ
ャ
ツ
か
ら
溢
れ
よ
う
と
 
大
き
く
な
っ
て
い

   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
っ
た
 °
  
倒
れ
て
し
ま
っ
た
 °
そ
し
て
そ
の
ま
ま
舞
台
の
下
に
落
ち
て
し
ま
  
ユ
ウ
は
自
分
の
胸
の
重
さ
に
耐
え
切
れ
る
わ
け
が
な
く
 
前
方
に
  
3
0
0
c
m
を
超
え
た
と
共
に
ぺ
し
ゃ
ん
こ
に
潰
れ
て
し
ま
っ
た
 °
  
ら
な
い
ほ
ど
潰
れ
て
し
ま
い
 
机
も
重
さ
に
耐
え
切
れ
ず
傾
き
 

   

  
フ
タ
バ
も
最
初
は
寝
て
い
た
が
 
ユ
ウ
の
息
が
切
れ
る
あ
た
り
か
  
あ
る
 °
  
目
撃
し
た
人
:
:
い
う
ま
で
も
な
い
か
も
し
れ
な
い
が
フ
タ
バ
で
  
に
少
な
い
た
め
に
相
手
に
し
て
も
ら
え
な
か
っ
た
 °
  
謎
の
惨
事
を
警
察
に
届
け
た
が
現
場
を
目
撃
に
し
た
人
が
あ
ま
り
  
連
れ
て
行
か
れ
 
回
復
次
第
事
情
聴
取
ら
し
い
 °
学
校
側
は
こ
の
  
全
校
生
徒
避
難
っ
て
い
う
大
惨
事
に
な
っ
た
 °
ユ
ウ
も
保
健
室
に
  
で
き
な
い
で
い
た
 °
校
舎
か
ら
体
育
館
に
教
諭
た
ち
が
集
ま
り
 
  
女
の
子
‖
ユ
ウ
が
倒
れ
て
い
た
 °
み
ん
な
何
が
起
き
た
の
か
把
握
  
に
な
ら
な
い
グ
ラ
ン
ド
ピ
ア
ノ
が
あ
っ
て
 
そ
の
中
心
に
一
人
の
  
に
な
っ
た
パ
イ
プ
椅
子
と
端
が
押
し
つ
ぶ
さ
れ
こ
れ
も
使
い
よ
う
  
り
取
ら
れ
て
い
る
か
の
よ
う
に
壊
れ
て
い
た
 °
床
に
は
再
起
不
能
  
な
く
消
え
 
舞
台
も
何
か
巨
大
な
ス
プ
|
ン
み
た
い
な
も
の
で
抉
  
よ
う
な
も
の
で
は
っ
き
り
見
え
な
い
が
 
机
と
マ
イ
ク
は
跡
形
が
  
俺
は
自
分
の
身
体
に
戻
り
 
目
を
開
け
る
 °
壇
上
は
ま
だ
砂
埃
の
  
は
強
制
的
に
終
了
し
て
ユ
ウ
の
胸
を
元
に
戻
し
た
 °
  
し
 
ユ
ウ
も
気
持
ち
よ
さ
と
落
ち
た
衝
撃
で
気
を
失
っ
て
い
て
俺
  
て
い
た
 °
こ
の
一
連
の
出
来
事
に
気
づ
か
な
い
人
は
い
な
か
っ
た
  
力
で
潰
し
 
床
に
胸
が
め
り
込
ん
で
し
ま
う
ほ
ど
胸
は
重
く
な
っ
  
舞
台
前
に
並
ん
で
い
た
 
パ
イ
プ
椅
子
を
何
個
も
胸
の
重
さ
と
圧

   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
に
は
生
徒
の
爆
乳
で
廃
校
だ
っ
た
り
し
て
∧
笑
∨
 
  
る
:
:
使
用
不
可
能
が
増
え
て
る
気
が
す
る
ん
だ
な
ぁ
 °
最
終
的
  
な
ん
か
俺
が
爆
乳
化
さ
せ
る
と
学
校
の
寿
命
が
縮
ん
で
る
気
が
す
  
ら
目
を
覚
ま
し
一
部
始
終
を
見
て
い
た
の
だ
っ
た
 °






  > ≫