そ
ん
な
彼
女
が
わ
ざ
わ
ざ
終
電
に
乗
っ
て
い
る
の
は
 
あ
ま
り
人
  
だ
っ
た
 °
  
こ
の
制
服
は
定
時
制
と
か
そ
う
い
う
の
で
は
な
く
 
普
通
の
高
校
  
学
校
の
生
徒
が
羨
ま
し
い
 °
  
し
い
 °
し
っ
か
し
 
谷
間
や
ら
下
乳
や
ら
が
見
え
放
題
だ
 °
こ
の
  
彼
女
は
い
つ
も
制
服
ら
し
き
も
の
を
着
て
い
た
 °
学
校
の
帰
り
ら
  
  
し
だ
け
電
車
が
傾
い
た
 °
彼
女
の
顔
が
少
し
だ
け
赤
い
気
が
す
る
 °
  
そ
し
て
 
俺
の
隣
に
ゆ
っ
く
り
 
静
か
に
 
腰
を
お
ろ
し
た
 °
  
超
巨
大
な
モ
ノ
を
抱
え
て
 °
  
プ
シ
ュ
|
ッ
と
ド
ア
が
開
く
 °
彼
女
が
背
中
か
ら
入
っ
て
き
た
 °
  
  
て
い
た
 °
  
っ
て
く
る
人
は
ほ
と
ん
ど
い
な
く
 
彼
女
と
は
顔
見
知
り
に
な
っ
  
俺
は
そ
れ
が
楽
し
み
だ
っ
た
 °
こ
の
辺
は
田
舎
だ
か
ら
 
他
に
乗
  
  
今
日
も
彼
女
は
こ
の
終
電
に
乗
っ
て
く
る
だ
ろ
う
:
:
  
  
名
無
し
 
作
  
終
電
 
パ
ロ
デ
ィ
|
3

















≪ <  

  
に
も
は
ち
切
れ
そ
う
だ
 °
き
っ
と
こ
の
ブ
ラ
ウ
ス
で
も
な
か
な
か
  
な
ん
と
か
着
て
い
る
ブ
ラ
ウ
ス
も
ミ
チ
ミ
チ
と
音
を
立
て
て
 
  
ろ
う
 °
  
こ
ん
な
に
大
き
な
胸
を
覆
え
る
ブ
ラ
が
手
に
入
ら
な
か
っ
た
の
だ
  
そ
の
下
に
は
こ
れ
ま
た
巨
大
な
乳
首
が
透
け
て
見
え
る
 °
  
な
し
わ
の
動
き
が
俺
を
興
奮
さ
せ
る
 °
  
胸
が
揺
れ
て
動
い
た
時
に
で
き
る
服
の
は
ち
き
れ
て
し
ま
い
そ
う
  
と
波
打
っ
て
い
る
 °
  
そ
れ
が
 
動
き
出
し
た
電
車
の
揺
れ
に
あ
わ
せ
て
だ
ぷ
ん
だ
ぷ
ん
  
路
を
す
っ
か
り
封
鎖
し
て
し
ま
う
 °
  
座
る
と
 
足
の
上
に
乗
る
ど
こ
ろ
か
 
床
に
つ
い
て
し
ま
い
 
  
も
倍
以
上
大
き
く
 
横
幅
も
2
m
以
上
あ
る
 °
  
そ
の
尋
常
で
な
い
ほ
ど
に
実
っ
た
二
つ
の
瓜
は
 
彼
女
の
体
よ
り
  
る
 °
  
ょ
濡
れ
で
 
球
体
の
輪
郭
に
沿
っ
て
白
い
液
体
が
滴
り
落
ち
て
い
  
ブ
レ
ザ
|
は
羽
織
る
の
が
や
っ
と
 °
そ
の
二
つ
の
胸
は
も
う
び
し
  
か
 °
  
や
下
手
を
す
れ
ば
1
0
0
0
c
m
 
1
0
m
ほ
ど
は
あ
る
だ
ろ
う
  
あ
ま
り
に
も
大
き
す
ぎ
る
胸
 °
彼
女
の
胸
は
 
8
0
0
c
m
 
  
に
見
ら
れ
た
く
な
い
か
ら
だ
ろ
う
 °












   

  
ん
ど
ん
範
囲
を
拡
大
し
て
い
る
 °
  
も
う
一
度
彼
女
を
見
た
 °
彼
女
の
胸
の
下
の
白
い
水
溜
ま
り
は
ど
  
  
っ
て
し
ま
う
 °
  
こ
れ
は
 
飛
び
付
い
た
ら
 
二
度
と
感
じ
る
こ
と
は
で
き
な
き
な
  
な
感
じ
の
微
妙
な
関
係
 °
  
 
他
人
 
で
あ
る
か
ら
こ
そ
生
ま
れ
る
緊
張
感
と
い
う
か
 
そ
ん
  
の
奇
妙
な
:
:
幸
せ
な
関
係
を
続
け
た
か
っ
た
 °
  
だ
が
 
俺
は
ギ
リ
ギ
リ
の
と
こ
ろ
で
そ
の
衝
動
を
こ
ら
え
る
 °
  
っ
た
こ
と
か
 °
  
俺
は
何
度
そ
の
ル
|
ル
を
破
り
 
そ
の
二
つ
に
飛
び
付
こ
う
と
思
  
  
ざ
俺
の
隣
に
座
っ
て
く
れ
る
 °
奇
妙
な
関
係
だ
っ
た
 °
  
し
か
し
 
彼
女
は
こ
ん
な
に
が
ら
空
き
に
も
関
わ
ら
ず
 
わ
ざ
わ
  
暗
黙
の
ル
|
ル
だ
っ
た
 °
  
俺
と
彼
女
は
あ
く
ま
で
 
他
人
 
で
あ
る
と
い
う
の
が
 
二
人
の
  
い
 °
  
彼
女
は
と
っ
く
に
俺
の
視
線
に
気
付
い
て
い
る
 °
が
 
何
も
し
な
  
  
き
つ
い
の
だ
ろ
う
 °


















   

  
そ
の
手
は
 
ゆ
っ
く
り
と
そ
の
超
巨
大
な
胸
へ
あ
て
ら
れ
て
 
  
と
反
対
側
の
手
が
動
い
た
 °
  
胸
は
自
分
の
ミ
ル
ク
で
す
っ
か
り
び
し
ょ
び
し
ょ
だ
 °
彼
女
の
俺
  
が
現
れ
る
 °
  
そ
し
て
 
深
い
深
い
谷
間
と
 
人
の
顔
ほ
ど
も
あ
る
巨
大
な
乳
首
  
さ
れ
 
つ
い
に
は
ブ
ラ
ウ
ス
の
ボ
タ
ン
は
全
て
と
ん
で
し
ま
っ
た
 °
  
そ
の
ボ
タ
ン
は
ま
た
は
ず
れ
る
:
:
と
い
っ
た
悪
循
環
が
繰
り
返
  
そ
の
分
他
の
ボ
タ
ン
に
か
か
る
負
担
が
大
き
く
な
る
 °
  
ボ
タ
ン
が
一
つ
と
れ
る
と
 
支
え
て
い
た
ボ
タ
ン
が
一
つ
へ
り
 
  
彼
女
の
ブ
ラ
ウ
ス
ら
し
き
服
の
ボ
タ
ン
が
一
斉
に
と
ん
だ
 °
  
体
が
傾
い
て
 
普
段
と
は
違
う
力
の
か
か
り
か
た
を
し
た
か
ら
か
 
  
の
瞬
間
 
プ
チ
ッ
 
プ
チ
プ
チ
ッ
プ
チ
ン
ッ
 °
  
ク
|
 
ク
|
:
:
と
 
静
か
な
か
わ
い
い
寝
息
が
聞
こ
え
る
 °
  
し
ま
っ
た
 °
  
な
っ
て
き
た
と
思
っ
て
い
る
と
 
つ
い
に
頭
は
俺
の
肩
に
乗
っ
て
  
お
っ
と
 
こ
れ
は
:
:
彼
女
の
頭
の
角
度
が
だ
ん
だ
ん
あ
や
し
く
  
い
る
の
は
つ
ら
い
だ
ろ
う
 °
  
女
は
普
通
の
学
校
へ
通
っ
て
い
る
の
に
こ
ん
な
時
間
ま
で
起
き
て
  
無
理
も
な
い
 
俺
は
夜
型
の
生
活
を
し
て
る
か
ら
平
気
だ
が
 
  
眠
そ
う
に
 
頭
を
コ
ッ
ク
リ
:
:
コ
ッ
ク
リ
:
:
 °






   

  
俺
は
持
っ
て
い
た
タ
オ
ル
で
顔
だ
け
で
も
と
思
っ
た
が
 
す
っ
か
  
  
彼
女
と
一
緒
に
い
ら
れ
る
の
は
た
っ
た
3
駅
間
だ
け
だ
 °
  
降
り
な
け
れ
ば
な
ら
な
い
 °
  
し
か
し
 
そ
れ
を
浴
び
て
い
ら
れ
る
の
も
次
の
駅
ま
で
だ
 °
俺
は
  
  
で
冠
水
∧
乳
∨
し
て
い
た
 °
  
そ
の
母
乳
の
噴
水
は
俺
に
も
か
か
り
 
辺
り
一
面
す
っ
か
り
母
乳
  
そ
の
ミ
ル
ク
は
 
電
車
の
窓
に
当
た
っ
て
飛
び
散
っ
て
い
く
 °
  
き
て
 
ブ
シ
ャ
ア
ア
ア
ア
・
・
・
と
物
凄
い
音
を
た
て
る
 °
  
そ
し
て
:
:
い
ま
ま
で
よ
り
も
す
ご
い
ペ
|
ス
で
ミ
ル
ク
が
出
て
  
っ
し
ゃ
る
 °
と
う
と
う
反
対
側
の
窓
に
触
れ
て
し
ま
っ
た
 °
  
彼
女
の
胸
の
て
っ
ぺ
ん
は
:
:
さ
ら
に
元
気
に
ご
起
立
し
て
い
ら
  
体
に
も
当
た
り
 
潰
さ
れ
そ
う
に
な
る
 °
  
揺
れ
る
胸
が
 
俺
の
腕
に
当
た
り
 
食
い
込
む
 °
さ
ら
に
は
俺
の
  
暴
れ
る
 °
彼
女
の
顔
が
 
少
し
あ
か
く
な
る
 °
  
細
い
指
が
:
:
腕
ご
と
食
い
込
み
 
巨
大
な
そ
れ
が
上
下
左
右
に
  
そ
の
手
は
 
ゆ
っ
く
り
 
激
し
く
自
ら
の
乳
を
揉
む
 °
  
彼
女
の
顔
を
見
て
も
寝
て
い
る
:
:
無
意
識
の
行
動
だ
ろ
う
か
 °
  
れ
を
揉
み
始
め
た
 °


















   

  
て
み
た
 °
:
:
す
っ
か
り
目
を
覚
ま
し
て
こ
ち
ら
を
見
据
え
て
い
  
ま
た
同
じ
 
閉
じ
る
音
が
し
た
 °
振
り
返
っ
て
 
彼
女
の
方
を
見
  
双
乳
に
挟
ま
れ
た
 °
  
い
影
:
:
:
:
ド
ッ
ス
ン
!
と
い
う
音
と
共
に
肩
ま
で
超
巨
大
な
  
を
た
っ
た
 °
し
か
し
 
俺
は
外
へ
出
ら
れ
な
か
っ
た
 °
頭
上
に
黒
  
:
:
片
方
だ
け
だ
が
 °
プ
シ
ュ
|
ッ
と
 
ド
ア
が
開
き
 
俺
は
席
  
し
て
や
っ
た
 °
  
母
乳
の
噴
き
出
て
い
る
部
分
の
上
に
乗
せ
 
は
ね
る
量
を
少
な
く
  
そ
う
だ
 
せ
め
て
:
:
俺
は
さ
っ
き
の
母
乳
ま
み
れ
の
タ
オ
ル
を
  
で
 
そ
の
ま
ま
に
す
る
 °
  
母
乳
は
出
続
け
て
い
る
が
 
か
わ
い
そ
う
だ
が
成
す
術
が
な
い
の
  
は
別
の
ド
ア
か
ら
出
る
こ
と
に
 °
  
超
巨
大
な
胸
で
通
路
が
封
鎖
さ
れ
て
い
る
の
で
入
っ
て
き
た
の
と
  
彼
女
の
胸
を
が
ん
ば
っ
て
俺
か
ら
お
ろ
す
 °
か
な
り
の
重
労
働
だ
 °
  
  
と
え
拭
い
て
も
あ
ま
り
意
味
が
な
か
っ
た
か
も
し
れ
な
い
 °
  
し
か
し
 
ま
だ
ま
だ
ミ
ル
ク
は
飛
び
散
り
続
け
て
い
る
の
で
 
  
を
あ
か
く
し
て
い
る
の
を
合
わ
せ
た
よ
う
な
か
わ
い
い
顔
だ
っ
た
 °
  
彼
女
の
顔
は
 
快
感
に
浸
り
喜
び
の
笑
顔
と
 
恥
ず
か
し
さ
で
顔
  
り
ミ
ル
ク
に
浸
っ
て
使
い
物
に
な
ら
な
い
 °









   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
本
当
に
寝
て
い
た
の
か
ど
う
か
は
 
こ
れ
か
ら
聞
く
と
し
よ
う
 °
  
ら
め
な
が
ら
笑
っ
て
く
れ
た
 °
  
相
変
わ
ら
ず
母
乳
は
噴
き
出
し
っ
ぱ
な
し
だ
が
 
彼
女
は
頬
を
赤
  
る
 °
























  > ≫